« 私が訴訟に合わせて被害を受けている事実を主張することは可能。日立製作所もAKSも私のブログを見ているので,私の窮状も知っていると解するべき。じゃあ裁判官とか国会議員の心証は? | トップページ | 工作員,次から次へとウソをついてきます。さまざまな言い訳を考えねばならないのはAKSです。 → あまりにも非現実的で被害妄想が激しい準備書面を受け取ったAKB側が、提訴人の精神鑑定を依頼することも可能なんだよ。 »

2015年2月28日 (土)

裁判所は精神科医ではないので,病気と判断する権限がないのですが。→ 病気が進んでるだけやと思われるよん

そもそも,精神科医自体が私のことを,睡眠障害以外の症状は認められんと言うてくれとるんやし,他の控訴妄想の方々と比較しても,淡々と事実を書証として出しているし。

仮に裁判所が私のことを病気と判断するならば,大阪高裁の所長になった菅野博之さんなど,どうして私の件を検討に値するとして,さらに資料まで提示したの?

病気というのはそもそも意思の疎通が難しいから,当然必要な書類を提示できず,1回で口頭弁論終結するわなあ?

フツーの訴訟,とりわけ本人訴訟は,1回で口頭弁論終結しとるぞ。

-----------
http://onicchan.cocolog-nifty.com/blog/2015/02/32aks-3fbf.html#comment-110090691

IPアドレス:     110.0.37.226

内容:
--------
勝手にどうぞ。
証拠をしっかり提出してな。
病気が進んでるだけやと思われるよん

投稿: | 2015年2月28日 (土) 04時14分

« 私が訴訟に合わせて被害を受けている事実を主張することは可能。日立製作所もAKSも私のブログを見ているので,私の窮状も知っていると解するべき。じゃあ裁判官とか国会議員の心証は? | トップページ | 工作員,次から次へとウソをついてきます。さまざまな言い訳を考えねばならないのはAKSです。 → あまりにも非現実的で被害妄想が激しい準備書面を受け取ったAKB側が、提訴人の精神鑑定を依頼することも可能なんだよ。 »

AKS工作活動」カテゴリの記事

日本の無法独裁政府組織(JLDGO)工作活動」カテゴリの記事

日立製作所工作活動」カテゴリの記事

コメント

権限はなくとも、病気と思って審理を進めるんだから圧倒的不利だろうな
そして、たとえ病気でもすべてが間違いでなく、一部でも検討すべき点が
存在すれば、裁判官の職務として検討するのは当然のこと

ただ9割方ハチャメチャという前提での検討だろうけどな

完全に病気だな。

精神科医自体が私のことを,睡眠障害以外の症状は認められんと言うてくれとるんやし
※ボンド攻撃に対して警察自体がボンド犯を逮捕していないしその犯人が日立製作所もしくはAKSの関係者とは断定していない。
お前自分が否定している事を相手側には平気でするんだな。
そういう所が矛盾しているんだよ。
勝手に準備書面に記載していいし控訴審で発言していいよ。
でも被告側がやったという証拠もないし立証も出来ないし裁判しているから被告側がやった犯行と言っても裁判の進行の邪魔になるだけだからな。
やりたきゃ勝手にやってください。

金もいよいよなくなってきたし
ブログもニコ生も以前より明らかに勢いが無い
いよいよ大西も追い詰められてきましたねぇ
大多数の人が「こいつはここまでだな」と飽きてしまったようですねぇ

「社会死」という概念があるんだから、敷衍して「社会精神病」という判断もありうる。

医師が判断しないと「死亡」とはならない。それまではあくまでも「心肺停止状態」。
しかし、医師が判断によらず、誰にでも「死亡」と認定できる「社会死」という概念もある。
具体的には、
・頭がもげている(断頭)
・真っ二つになっていて呼吸していない(体幹部の離断)、
・死後硬直を起こしている
・死斑が出ている
・腐敗している
・炭化している
・ミイラ化している。
・その他

お前のブログを読めばだれにでも明らかに「精神病」と判断できる。

今度精神科医を受診する時には、ブログのハードコピーを持参することをお勧めする。

裁判官には精神鑑定を決める権限はあるぜ!

あまりにも非現実的で被害妄想が激しい準備書面を受け取ったAKB側が、提訴人の精神鑑定を依頼することも可能なんだよ。

というか、岩田の代わりにママンを証人に召喚すれば「親を殺すなんて言ってる出来損ないの息子の言うことは信憑性はありません。過去にも女性とつき合える子ではないので、勝手な思考で被告側に迷惑をかけています」と証言したら、裁判官の心証は最悪だろうなあ、

裁判後の言い訳を考えておけよ。まあ、精神鑑定を受けて認定されれば裁判費用負担も免除になるかもよ。アハハ

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1860320/59087961

この記事へのトラックバック一覧です: 裁判所は精神科医ではないので,病気と判断する権限がないのですが。→ 病気が進んでるだけやと思われるよん :

« 私が訴訟に合わせて被害を受けている事実を主張することは可能。日立製作所もAKSも私のブログを見ているので,私の窮状も知っていると解するべき。じゃあ裁判官とか国会議員の心証は? | トップページ | 工作員,次から次へとウソをついてきます。さまざまな言い訳を考えねばならないのはAKSです。 → あまりにも非現実的で被害妄想が激しい準備書面を受け取ったAKB側が、提訴人の精神鑑定を依頼することも可能なんだよ。 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック