« 工作員からの工作コメント来ました。証拠示して反論します。→ 警察に乗り込んだ時の音声ファイルちゃんと聞きなおしてみなさい。 | トップページ | それそのまま訴追委員会に出すから。 → 法務省に長期に出向するのは裁判官としては出世街道と言われており、最高裁判事や高裁長官などのエリート裁判官の中には、同様のキャリアの方が沢山いると聞いております。 »

2015年2月23日 (月)

そこが論点ではない → 住所にしろバイト先にしろどこの誰とも判らんヤツが言うのと本人が言うのでは信頼性に大分差があるよ

”どこの誰とも判らんヤツ”が私の家にボンドをしてきたから,警察は捜査できんとか言うとるんやんな?

けど,その”どこの誰とも判らんヤツ”が,私が隠していた勤務先を,恐らく尾行により特定してきた事実がある。

ということは,私の引越しにかかる作業をその”どこの誰とも判らんヤツ”が尾行して,新しい住所を特定することだって容易や。

すなわち,私が引っ越すことは解決策にはならんねん。

だからといって,福祉事務所なり警察なり行政の者が,ブログ閉鎖とか訴訟の取り下げを解決策にした上で強制してくるとすれば,それは言論統制・思想弾圧以外のなにものでもないしさあ。

------------
http://onicchan.cocolog-nifty.com/blog/2015/02/post-52b1.html#comment-109977748

IPアドレス:     126.152.43.128

内容:
--------
住所にしろバイト先にしろどこの誰とも判らんヤツが言うのと本人が言うのでは信頼性に大分差があるよ

投稿: | 2015年2月23日 (月) 13時03分

« 工作員からの工作コメント来ました。証拠示して反論します。→ 警察に乗り込んだ時の音声ファイルちゃんと聞きなおしてみなさい。 | トップページ | それそのまま訴追委員会に出すから。 → 法務省に長期に出向するのは裁判官としては出世街道と言われており、最高裁判事や高裁長官などのエリート裁判官の中には、同様のキャリアの方が沢山いると聞いております。 »

日本の国家的隠蔽に関して」カテゴリの記事

日本の無法独裁政府組織(JLDGO)工作活動」カテゴリの記事

コメント

今日はちゃんと日数変更てきましたね!ドアノブくんは偉いですね~

自分のブログをよく見直しましょう。
福祉事務所に申請する書類や、裁判所から送られた書類を載せてますが、住所が、はっきりと書いてますね。
それでは「ドアボンドしてください。」と、自ら、お願いしてることになりますね。
住所が特定されるのが嫌なら、最初から書類を見せないか、見せる場合は、住所だけ見せないように工夫すれば、よかったと思います。
私の書いてること、間違ってますか?

まずやってみて出たとこ勝負が売りなんじゃないのか?
であるあらば、警察や以前の江東寮でも言われたように
まずブログを止める。
これでもなにがしかの被害があってはじめて主張できる。
怖がって現状維持に甘んじるのは言行不一致甚だしい。
これで支援者が出ると思うのが間違い。

反論ある?

後、尾行されてると思うんだったらまず尾行者を特定しないとな。
警戒してるのに好き勝手に尾行されるのは自己責任。
警察も相手にしてくれないだろう。

尾行していると思しき人物の写真をアップするなりして牽制する
努力を見せろよ。

>”どこの誰とも判らんヤツ”が私の家にボンドをしてきたから,警察は捜査できんとか言うとるんやんな?

そんなこと言ってないよ。まあそうなんだろうけど。
誰かが引越し先突き止めたとしても大西君がダンマリ決め込んでいればボンドまでする奴はそうそう出てこないよ

働かずにナマポにすがるしか脳がねえのかよ。

ネットなんかに自分の存在を求めずに、身の丈にあった生活をしなよ。

このままだと、ドアボンド程度に収まらなくなっても知らねえぞ。

https://m.youtube.com/watch?v=TnCkzMtPwfQ

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1860320/59034043

この記事へのトラックバック一覧です: そこが論点ではない → 住所にしろバイト先にしろどこの誰とも判らんヤツが言うのと本人が言うのでは信頼性に大分差があるよ :

« 工作員からの工作コメント来ました。証拠示して反論します。→ 警察に乗り込んだ時の音声ファイルちゃんと聞きなおしてみなさい。 | トップページ | それそのまま訴追委員会に出すから。 → 法務省に長期に出向するのは裁判官としては出世街道と言われており、最高裁判事や高裁長官などのエリート裁判官の中には、同様のキャリアの方が沢山いると聞いております。 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近の記事

カテゴリー

最近のトラックバック