« 2015年3月8日 | トップページ | 2015年3月10日 »

2015年3月9日

2015年3月 9日 (月)

昨日の755データです。収集したけど処理できてなかった。300万ウォッチ超えました。

データは以下から拝借しています。

デイリー755ウォッチ数ランキング(限定)
http://idol.dokusyu.net/home/755watch

このページに含まれるアイドル全員(関係者含む)の1日のウォッチ数をすべて足してみた推移です。


日曜だからかだいぶ増えましたね。
それでも前週比は減ってますが。



日付 曜日 ウォッチ数 ウォッチ数増減 期間中の平均比(%) 投稿数 ウォッチ数÷投稿数 前週との増減 備考
2/20 (金) 2,306,906 - 0.0  - - - 
2/21 (土) 2,304,717 -2,189 0.0  - - - 
2/22 (日) 2,551,597 246,880 6.9  4,451 573.3  - 
2/23 (月) 2,165,952 -385,645 -7.1  3,645 594.2  - 
2/24 (火) 2,109,123 -56,829 -7.8  3,086 683.4  - 
2/25 (水) 1,041,672 -1,067,451 -49.9  1,333 781.4  - システム障害発生
2/26 (木) 1,312,895 271,223 -33.4  2,623 500.5  - システム障害発生
2/27 (金) 1,923,951 611,056 -2.1  3,283 586.0  -382,955 システム障害発生
2/28 (土) 2,210,014 286,063 11.0  4,322 511.3  -94,703 
3/1 (日) 3,041,923 831,909 45.1  4,776 636.9  490,326 
3/2 (月) 2,388,517 -653,406 12.5  4,578 521.7  222,565 
3/3 (火) 2,372,081 -16,436 10.6  3,060 775.2  262,958 
3/4 (水) 2,494,501 122,420 14.9  3,763 662.9  1,452,829 
3/5 (木) 2,697,970 203,469 22.2  3,869 697.3  1,385,075 
3/6 (金) 2,176,568 -521,402 -1.4  3,564 610.7  252,617 
3/7 (土) 2,627,344 450,776 17.7  4,453 590.0  417,330
3/8 (日) 3,025,553 398,209 32.7  4,287 705.8  -16,370

阿修羅さんに記載した,”こもれび”における歌詞の引用の是非,JASRACの見解と著作権法などについて

>>228. 知る大切さ 2015年3月09日 16:30:01 : wlmZvu/t95VP. : rXmQVSTR26

(略)

> 2012/01/20の該当コラムに貴方はこう記してます。
>
> ーーーコラムコメント引用ーーーー
>
> 表現の上でどうしても著作権に違反する部分のニュアンスを、どうやって
>
> ナレッジとして残しておくか、考えるからです。
>
> ーーーーコラムコメント引用ここまでーーー
>
> 2012年1月当時は歌詞引用が許されると大西氏は
>
> 少しも認知されてませんが?

こもれび規約上,ですよね。JASRACといってもいい。
実のところ,この頃は法律の定義とかまだ認識があやふやで,JASRACと著作権法の定義もごっちゃになっていたのですが。

しかし,”小説は引用が許されるのに,歌詞の引用が許されないのはおかしい”と,私ずっと主張しています。

たとえばコレ

------------
tetsuya komuro  -  2012/05/03 つぶやきで、素朴に昔のTMも音楽が良質なものもあるので、選んで、
https://plus.google.com/+tetsuyakomuro/posts/HX2eXMuPMPc

曲の引用を認めない著作権法は間違ってると思ってます。
引用を認めないから、曲について自由に議論できなくなってる。
そういう本なんかも出ないから、業界のヒトですら曲について議論しないもんだと思ってるみたい。
------------

なんか,”曲の引用を認めない著作権法”と書いていることからも,小説は認められていることを前提として記載していることは明らかです。
(著作権法について誤解していたこともわかりますが)

この主張,日立グループの人間からは全く理解されませんでしたが,小室哲哉さんから"+1"されていますので,アーティストからすると納得できたのでしょう。

そもそも,小説だって詩だって歌詞だって,文章であることに違いはありませんよね。

それではどうして,それにメロディがついたら”引用”でさえも認められないのか?議論できなくなってしまうのか?
そう思いませんか?

実際,私と同様に思った人がいたからこそ,JASRACは規約を変えて,著作権法に合わせてきたのです。

この主張は3年前より一貫していて,なんらぶれていません。

さらに加えると,「規約のほうがおかしいならば規約を変えたらいい」という主張,これは,私は当時”国際標準化推進室”に勤務し,JIS規格とかISO/IEC規格制定に関わったからこそ出てきたものです。

そしていま,「法律や憲法がきちんと実行されていないから実行しよう,実行しづらい内容ならば変えてしまおう」と主張していることとも,すべて一貫しています。

> 逆に私が今日2015/3/9に200番コメント提示しこの阿修羅でナ
> レッジを共有された事が、何故か過去の自身の出来事に適用さ
> れて有利な補強根拠として活用されてますよね。

すみません,>>200 で為されたコメントが私に対してどのように不利に働くのでしょう?
むしろ,>>200 で指摘されたところ[1]を改めて読んでみますと,

------------
日本音楽著作権協会(JASRAC)の常務理事が
「歌詞をつぶやけば使用料が発生する」と発言しています。
本当に歌詞をつぶやくだけで使用料が発生するのでしょうか?
------------

とありますとおり,完全に私に有利な判断です。

ところで,この記事の日付は2013.3.29ですよね。
然るに,私が >>186 で示した記事[2]においては,2013-03-02となっており,実のところ[1]の記事は,JASRACの規約が著作権法に合わせて改訂されたことを知らずに書かれているようです。

というのも,「歌詞をつぶやけば使用料が発生する」という発言は,それだけで著作権法に反しているのは明らかだからです。
ブログ主はそれについて,JASRACが規約を修正していない前提の上で疑問に思い,法に触れないことを主張し証明されているのです。

いずれにせよ,[1]の記事に従って考えても,JASRACがどのように規定しようが,私が”こもれび”にて歌詞を引用したことは,当初より私が主張しているとおり,全く問題なかったのです。

ですから,いくら”こもれび規約”があろうが,そこで主張されている”著作権”があろうが,そのような誤った前提でこもれび運営事務局が私を裁くこと自体が問題なので,単に私がその当時歌詞の引用が”著作権”として認められていないと認識していたからといって,”こもれび規約”に則らねばならないという主張には結びつきません。

私はその前提の上でさえも,歌詞の引用に関しては”こもれび規約”に則ってやむなく削除に応じたのですから,情報を収集される理由にはなりません。

逆にそれを言われるならば,上に記したこもれび運営事務局からの,2012/1/26 16:17 付のメール[3]にある,

-----------
禁止事項
(7)他社や他組織について,以下に該当する事
(中略)
・知的財産権(特許権,商標権,著作権,肖像権等),プライバシー権,その他一切の権利を侵害する事
・個人情報を掲載する事
-----------

に私が抵触するとされたことって,なにをどう抵触するとされたのでしょう?

ここのコメントでも”美愛”を名乗る者が何度も記載してきているとおり,私が見て感じたことって”事実”とはいえないのですよね?
そうするとそれは,知的財産権や個人情報には当たりませんよね。

もちろん,アイドルにも個人情報はないとはいえませんが,それは会社が組織として認定して収集してはじめて”個人情報”となるのであって,少なくとも1ファンが見て理解た内容はあくまで”感想”でしかなく,おおよそ知的財産権や個人情報には当たりません。

それについてはどう思われます?

日立製作所を除外して,私に対してだけ,非常に厳しく解釈を適用しようとされていると思われませんか?

> (時系列を分けた自己の言動を区分けできずに自身の有利に働くように
> 書き換えが無意識に成ってませんか?)

この場合の”時系列”とは,私の認識の時系列を主張されていると思います。

しかし厳然たる法解釈があるのですから,当時どのように認識していたかどうかは,さしたる問題ではないと考えます。

> 当時は少しも歌詞引用の正当性を主張されてませんし、逆に違反
> を認識されてその上でナレッジとして残す方法を事務局が考える
> べき!とコメント残されてますが?

歌詞引用の正当性について,こもれび運営事務局に対して主張しても仕方ないと思ったのは,既に >>215 にて記した通りです。

あくまで,こもれび運営事務局が議論する土俵の上で話をしようと思って記載したまでで,私の主張の根幹は,ほんの3ヶ月ほど後に書いた小室哲哉さん宛の内容となんら変わっていません。

> ps:数回にもなる 玄関への悪質なイタズラですが、
> (お答えいただけなくてもOKです)
> やった人間が国家や企業が一切関与してなかったら?
> もちろんifのお話
> 他にどんな方が考えられるか?大西氏からお聞かせいただければとおもいます。
> 私にはあんな人やこんな人が国家や企業の関与より先に浮かんでますが
> 同じ人物像が大西氏から出てくるか興味があります。

たとえば,”ヤミ金 オーシャン”[4] の掲示板は,私の個人情報を執拗に掲載されて,機能不全に陥っていますので,動機がありそうに思えます。
しかし,”ヤミ金 オーシャン”の者が私に対して危害を加えるとは,やはり思いづらいです。

”ヤミ金 オーシャン”の者からすると,私ではなく,”ヤミ金 オーシャン”に対して私の個人情報を記載し,掲示板をめちゃくちゃにした者に対して怒りをぶつけるのではないでしょうか?
しかも単に”大西”と記載したコメントをブロックすれば,”ヤミ金 オーシャン”の掲示板がめちゃくちゃになることもないのですから。

尤もこの,”ヤミ金 オーシャン”の掲示板,何故だか私の情報が最上位に出てくるように工作してあり,その結果私に対して毎日たくさんの融資の依頼の電話がが来ています。
ですから,”ヤミ金 オーシャン”の者が私に悪意を持っている可能性は完全には否定できないのですが,それにしてもわざわざ犯行に及ぶかというと怪しいと思います。

それ以外,全く身に覚えがありません。

関わった方々を思い浮かべると,鍵屋さんだって不動産屋さんだって,わざわざやらないでしょう。
元バイト先の人間から恨まれる理由もありませんし。

それに私,”電波”とかも一切信じてませんし。

本当に分かりません。
逆に興味がありますので,”知る大切さ”さん,仰ってください。

”知る大切さ”は一方的なもので完結するはずはなく,”教える大切さ”であると思いますし。

[1] 好きな曲の歌詞をブログやフェイスブックに載せることはOKか?
http://gvalaw.jp/venturelaw/archives/707.html

[2] いつの間にかJASRACの「引用」の定義が変更されていた件について (抗議一切受け付けません - 個人ブログ)
http://focuslights.blog102.fc2.com/blog-entry-466.html

[3] 日立製作所による不正のもととなった証拠(私のグーグルドライブ内の証拠資料より引用)
https://drive.google.com/file/d/0B1zRzD_3tvlRcWhXVTMtMjBLajA/view?usp=sharing

[4] ヤミ金 オーシャン
http://cashing-ocean.com/ocbbs/ocbbs.php

阿修羅さんにコメントした,”考えること”の大切さについて

http://www.asyura2.com/13/nametoroku7/msg/424.html#c237

237. 大西秀宜 2015年3月09日 20:49:46 : nk2YiIWGHDNks : TDr9gIRVDg
>>228. 知る大切さ 2015年3月09日 16:30:01 : wlmZvu/t95VP. : rXmQVSTR26
(略)

> 今貴方は個人情報で他(企業)と争っていますよね。
> (経済的損失と精神的損失を伴いながら)
> その人物がURLを貼る事でネットで無頓着に他人の個人情報を無許可
> で開示してますがこの事を認知されてますか?
> (2012/01/19と29のコラムのコメントの方々を言ってます)
>
> まず貴方の忌み嫌った行為を自身がなされないように最大限配慮すべきだと
> 考えます。

認識してます。裁判資料なのでそのまま出しました。
彼らは嫌がるとは思いますが,直接ここに実名を記載するのではなく,あくまでリンク先を興味を持って見た者だけが知る情報と思ってリンクしました。

そもそも私は,ここだけでなく2ちゃんねるにおいてもブログにおいても,自分の主張は変えず,本名として掲載しています。
ですから,2ちゃんねるやブログにおいて過去にいろいろ記載したことについて,このコメントにもいろいろと引用して記載され,非難を受けるのです。

なので,”知る大切さ”さんは,”貴方の忌み嫌った行為”と仰いますが,個人により個人の記載した内容を利用されることについては,実のところ忌み嫌ってなどいません。
私は発言に責任を持っているからこそ,こうして回答しています。(エッチなgdgd内容を引用したコメントなどには,釈明する必要がないと思い,返答してませんが)

ここで名前と発言内容を比較して,開示されるのは嫌と,それぞれのコメント者は思うかも知れませんが,嫌と思うならばどうしてそのようなコメントを私に向かってできたのだ,という苛立たしい思いが私にあるのも事実です。

その上で,日立製作所ら大企業と,私個人とが,対等ではないことについても認識していただきたいです。

個人の過ちであれば許せることであっても,大企業が組織的にやると許せないことってたくさんあります。

それどころか,一般人が「日教組!」と叫んだり,Facebookでアクセスブロックしても,それを非難する者はいませんが,安倍晋三は非難を受けますよね?

なにかの行動に関して,安倍晋三のように非難を受けるべきなのは,日立製作所と私とどちらと思います?日立製作所ですよね。

個人情報保護法はそもそも,”個人情報データベース等を事業の用に供している者(民間部門)をいいます”[1]。

そして日立製作所は,IT戦略本部こもれび運営事務局らが主体となり,組織ぐるみで個人情報を収集したから問題なのです。
私はずっと主張しています。

ちなみに,個人が特定の人物の名前や発言を収集したり開示するのは,個人情報保護法とは関係なく,プライバシーの問題です。

ただそれでも,プライバシー侵害と言われればそれまでで,個人として謝るしかないです。

> 本題:
> URLにて大西氏の2012/01/19のコラムとコメントを見ました。
> コメントが一切入らなかったコラム単体で見ると、
> 企業内のSNS(目的はナレッジ?)なのに
>
> アイドルグループに対する濃いファーンの思いが詰まった当日コラム
> としか見えませでした。
>
> 企業のナレッジに結びつける工夫も何も見受けられません。
>
> 「この考え、アイドルのAさんとBさん、Cさに教えたる。」
>
> とはコラムにはありますが、この話で企業内のナレッジを語るなら
> このコラム内容と企業のナレッジが結びつく何らかの話がこの後に
> 続かなければなりませんが?ありませんね。
>
> (元々このコラム全文がAKBにあてた文書をそのまま、こもれびに
> 貼っただけでは?)

・・・というのも,それをさらにこもれび用に編集していろいろ主張すれば,「遊んでいる」と捉えられかねなかったから,休み時間に書いたファンレターを敢えてそのまま貼っただけです。

実際それをアップすること自体,「遊んでいる」と捉えられたのですし。

実のところ,”こもれび”上においては,私どころの比ではなく常駐し,「コイツいつ働いているのだ!?」と思うような方もいました。

しかし,日立グループにおいて”こもれび”は,メンタルヘルスのケアの一面も持っていたと私は認識しており,「コイツいつ働いているのだ!?」状態の方でもとりたてて問題にされませんでした。

そういえば,あまりに友達を短期間で作りすぎて自己顕示欲の強く,かなり目立っていた人が,一瞬で消えたことはありました。
あれこそ”躁状態”だったのではと思っています。

そういう方はたまにいますし,ここのユーザさんからも,突然出てきた私のことを”躁状態”なのではないかと考える方がいてもおかしくないとも思います。

話を戻して。

”このコラム内容と企業のナレッジが結びつく何らかの話がこの後に続かなければ”などというのはあくまで”知る大切さ”さんの主観でしかありません。

簡単なたとえを挙げますと,小説家が小説を書きます。その小説内には,「ココはこういう意図で書いた」なんていちいち書きませんよね。
けど,なんらかの意図があって書いたことは,前後の関係や,全体の構成から考えると明らかだったりします。

そもそも”知る大切さ”さんだって,小学校中学校高校と進み,そうやって小説家が裏になにを意図しているかを授業において考察し,テストに悩んでこられたのではないですか?

では,”知る大切さ”さんをはじめとして,どうして人々は社会人になった途端に,書き手が裏になにを意図しているかを考察しなくなるのでしょう?
どうして学校で覚え,考えたはずのことがらを,全て捨て去ってしまうのでしょう?

私にはその問題意識があったからこそ,敢えてファンレターをそのまま掲載した,というのもあります。

”こもれび”上にてAKBとナレッジを結びつけた投稿は,もっと以前2011年9月ごろからやっておりまして,最初はもっと分かりやすく主張していたのです。
しかし,日立グループの人間らは一向に理解しようとしなかったので,2012/01/19の投稿は,

「日立グループの人間らがこのファンレターの内容を理解する気がないならば,もうこもれびから学べるものはない」

という最後通牒のような感じで投稿しました。

だから,”こもれび”運営事務局に対するメールでも,私は非常に痛烈な批判をしています。

> それにコメント欄の対話でやっとナレッジなる言葉がでてます。
> 誰もコメントしなかったらナレッジの言葉すら無かった。

・・・日立グループの人々は誰も理解する気がないのだなあ,と呆れただけです。

このコメントをするにおいて,”知る大切さ”さんも実のところ,”知る大切さ”を理解されていないと私は思います。

いや,”知る”という行為にこだわって,”考える大切さ”を理解されていないといったほうが正確かも知れません。

”知ること”って実のところ,たいして重要ではないのです。むしろ知りすぎることは,前へ進めない弊害となりかねません。
イノベーションを生み出す人々はよく,”知ること”の弊害を説いてますよね。

なかなかいい文章を検索できないのですが,たとえばこの阿修羅さんのトップでも,

------------
情報解析
その情報が 誰によって 流されているか?
なぜ今 流されているか?

事象解析
その事象・情報で だれが利益を得るか?
歴史上、その事象の時何があったか?
------------

と書いてありますが,”知る大切さ”さんは,”情報解析”,”事象解析”を為されているでしょうか?

私に関して自分で”情報解析”をしますと,私は,私がいま日立製作所と訴訟を起こし,ドアに攻撃を受けて生死の境を生きているから流しているのです。
また,”事象解析”しますと,国家ぐるみでの日立製作所による個人情報保護法違反という事象で,人々に利益を還元しようとしています。歴史はいまですから解析できませんが。

逆に十分な理屈も述べずに,私自身に対してインターネット上・或いは現実上で対抗してくる者は,
”情報解析”をしますと,おそらく日立製作所の関係者が何人か書いていると思われます。いま掲題のタイトルがアクセスランキング上位にあるのは好ましくないからです。
また,”事象解析”しますと,国家ぐるみでの日立製作所による個人情報保護法違反を隠蔽し通すことにより,トップページ右上に書いてあります

------------
 日本という国は、そういう特権階級の人たちが、楽しく、幸せに暮らせるように、あなたたち凡人が、安い給料で働き、高い税金を払うことで、成り立っているんです。
 そういう特権階級の人たちが、あなたたちに何を望んでいるか知ってる?
  今のままずーっとおろかでいてくれればいいの。世の中のしくみや、不公平なんかに気づかず、テレビや漫画でもぼーっと見て何も考えず、会社に入ったら、上司の言うことを大人しく聞いて、戦争が始まったら、真っ先に危険な所に行って戦ってくればいいの。
------------

このような状態を続けることにより,特権階級の人たちが利益を得るのです。
そして歴史上,安倍晋三を頂点として,日本がさらに危うい国へと進んでいます。

私は,”特権階級の人たち”にとって,最も都合の悪いことをしているのです。

そう思えませんか?

考えること,解析することに重点を置くと,たとえば歴史教育なんて,人間は何千年と同じようなことを延々と続けてきているのですから,すべての時代についてあまねく教え,”暗記”してしまういまの教育は得策と思っていません。

ある一時代だけを切り取って,たとえば「その状態で織田信長はどう考え,どう行動したのか」というようなことを,”情報解析”,”事象解析”し考察するほうが,自分が大人になったとき,現実に問題にぶち当たったときのシミュレーションとして有効であると私は考えます。

長いのでとりあえずここで切ります。

[1] 個人情報保護法に関するよくある疑問と回答 消費者庁
http://www.caa.go.jp/planning/kojin/gimon-kaitou.html

Q2-12
個人情報保護法の義務の対象である「個人情報取扱事業者」とは、どのような者をいうのですか。
A2-12
  個人情報保護法第4章から第6章に定める義務の対象となる「個人情報取扱事業者」とは、個人情報データベース等を事業の用に供している者(民間部門)をいいます(法第2条第3項。Q1-4も参照)。
  ただし、事業の用に供する個人情報データベース等を構成する個人情報によって特定される個人の数の合計が、過去6か月以内のいずれの日においても5,000を超えない者は、除外されます。

【ネタバレあり】THE WIZ 2014/3/8夜公演を観た感想

まずもって,田野が良かったと思いました。

歌はトロイメライのときはまだ低かったのに,”THE WIZ”では概ね音程合ってました。
とはいえ,ミュージカルってフツーの歌とは違うので,2幕途中の歌唱をはじめとしてまだ音程がどうかな?というのもありました。

最後のほうのドロシーのソロ,最初なんか音程もタイミングも合ってないんちゃう?と思ったのですが,その後が圧巻でした。

たとえば長渕剛とか,いい意味でハチャメチャな歌い方する歌手いるじゃないですか。
田野はそういう域に達したと思いました。少なくとも最後のソロに関しては。

あの域に達すれば,もうあとは感情に任せて,好き放題音程を上げ下げしても,タイミングをずらしてもいいと思いました。
本当に,こんな感情を持ったの,田野が初めてです。

なにが違うのか,と言っても言いづらいのですが,メロディに合わせるとかいうレベルではなくて,その歌に気持ちが入るかどうかだと思います。

その歌に気持ちが入るかどうか,なんて,それはもう音程がどれだけ合っているかとかでは表現することはできずに,私がそう心に抱いた,田野と共鳴したと勝手に思っただけなのですが,とにかく田野からはそれを感じました。

そもそも,腹式呼吸もできていて,発声が非常に良かったです。
これはどの出演者さんにもいえました。
さすが宮本亜門と思いました。初めて観たのですが。

そんな中,ブリキ男さんだけがイマイチで,”発声悪いし聞き取りづらい”と,1幕終わりでコメントしたのですが,2幕を続けて観ていて,コレは体調不良とかなんだろうなあと思い直しました。

まあ,プロが体調を管理できなくてどうする!と言ってもいいのかも知れませんが,”THE WIZ”については公演期間も長いですし,期間を通じて直していただけたらと思いました。

田野の残りの課題のひとつとして,共演者との3人とかのダンスは,なんかバラッと見えたので,もう少し練習要と思います。
これは田野が悪いとまでは言い切れないのですが,私はトロイメライとかそれ以前から主張しているとおり,他の共演者のパフォーマンスについても検討できてこそ,真の意味でのプロと思いますから。

いや我ながら鬼教官だなあと思います。
自分は家のドアにペンキ塗られる極めて悪質なイタズラをされて,それどころではないはずなのですが,私ってどこか自分のことはほったらかしにしてさえも人にアレコレ言う癖があると思います。

ストーリーについて。
1幕を観た感触では,宮澤賢治の「セロ弾きのゴーシュ」のように,ドロシーが会う者達を助けているつもりで,自分が助けられるような展開かなと思ったのですが,そういう要素を感じながらも少し違うかも・・・という感じでした。

そして,1幕で頻繁に言われる,”西の魔女”とやらが本当に悪いのか?と,2幕開けるまで思いました。

実のところ,ドロシーらが西の魔女に会いに行ったところ,西の魔女は実は悪い人ではないことが分かり,ドロシーはむしろ,WIZとか他の魔女ら,人々の偏見こそが最大の問題と気づいて,

”私は信じるこの目で 見て感じたことだけ”

という歌詞に繋がるのかなあ,などと勝手に想像していました。

ところが,2幕が開けると,実際は西の魔女はひどいヤツで,家臣を平気で処刑していました。

・・・ならば,西の魔女はドロシーをも処刑して,ドロシーの履いている”銀の靴”を手に入れたらいいのです。
それにもかかわらず,西の魔女はドロシーを処刑せずに,ドロシーの人権を尊重してモタモタしているうちに,ドロシーからたまたま,弱点である水をかけられて,殺されてしまいました。

なんかこのあたりのストーリー展開が,”つじつま合わせ”感満載でイマイチと思いました。

そして,その続きがさらに目が当てられないのです。

WIZの命により西の魔女を(結果として)なんとか討ち取ったドロシーですが,WIZの城に戻ると,WIZからは見向きもされず,すげない対応をされました。
そこでWIZは,実はドロシーらを利用しているだけと分かりました。

そこでドロシーらは,なんとか門番を騙してWIZの城に入り,WIZを捕まえました。

私は見ていて,WIZの言い分なんてウソッパチ感満載と思ったのですが,ドロシーは若いからか,WIZの口車にまんまと騙されてしまいました。

WIZの”私は分かってます”感の演出が宗教じみていてウソ臭く,個人的にはいちばん見るに耐えませんでした。
リアルに「マジうぜー・・・こんなストーリー見せるなよ」と思いました。
ココマジでどうにかなりませんかねえ。

私が苦労しているとおり,人間,相手を理解しないものなのです。
ある日突然相手(自分)を完全に理解した風をしてすり寄ってきた人間がいるとすれば,それは100%詐欺師です。
WIZは私からは100%詐欺師そのものにしか見えなかったのです。出てきたときから去るまで。

ちなみに,WIZが主張した,”気球に乗ればもと来た村に帰れる”というのは,現実世界を見れば違うのは明らかですよね。

例えば大阪から気球で東京に来ることは,風向きから可能かも知れませんが,東京から気球に乗って大阪に行くことはまあ不可能です。
気球に乗り,日本から太平洋に出た時点で,それはもう自殺行為です。

丁度なぁなの”Live Airline”を観たので書きますが,たとえば東京とニューヨークの間を行き来するのでも,西から東へと東から西へとでは,偏西風の影響で所要時間が1時間ちょい異なるのです。

成田/羽田空港からニューヨーク ジョン・F・ケネディ国際空港までのフライト時間
http://www.flighttime.jp/us/new_york.html

だから,地球上で片方に向けて風が吹いているというのは常識なので,気球に乗ったらあたかも自由自在に元いたところに帰れると,ドロシーどころかWIZさえも考えたとすると,極めて不可解です。

いま改めて考えると,WIZは詐欺師だし,城の既得権益を手放したくないのだから,数キロ先で気球を下ろして,城に戻ったと考えるほうが自然ですよね。
ドロシーらはそこまで気が回らなかったのです。

とにかく2幕は,WIZの城に入るところで,ドロシーらがみんなで画策したことくらいしか,ストーリー上見るべきところがありませんでした。
ドロシーらは,それ以外自らの意思で動いていないのですから。
全部他人任せ,道具任せになってますよね。

宮本亜門はそのあたりどう考えているのでしょう?

田野のソロがすごくいいのですが,ストーリー的に理路整然と成り立ってないのが惜しいです。

やっぱ私の案のように,”ドロシーらが西の魔女に会いに行ったところ,西の魔女は実は悪い人ではないことが分かり,ドロシーはむしろ,WIZとか他の魔女ら,人々の偏見こそが最大の問題と気づい”たほうが,スッキリすると思うのですが。

また,今回は観れていませんが,梅ちゃんはどんな感じに仕上げているのか,気になります。
私が仮にドロシーを演じても,田野に勝てる自信がないので,なんとか違うものを魅せることを考えることになるはずですが,そこで梅ちゃんにはどんな考えがあるのでしょう。

それにしても,私も梅ちゃんを焚き付けるため,

”フリーのダンスと同じようにフリーの歌を”

とか,なんとかいろいろ2ちゃんねるに書きましたが,あくまで理屈上のお話で,具体的にどんな歌にすればいいかまでイメージしてませんでした。

なのに田野が,具体的に歌にして表現してきたので,本当に驚きました。

オーディションとも,テレビ特番とも違います。

あの感じですと,回を追うごとに歌い方を変えてくる可能性が高いです。

もちろん,最初にも書きましたが,他の歌ではそこまで入り込めずに,なんか低いような合ってないのがありましたし,最後のソロもフリーだからこそ,たまに外した気もしたので,改善点はあると思います。

宮本亜門に纏めてもらう気持ちではなくて,自分が全責任を持って纏める気でやってみな。
そして,宮本亜門とケンカのひとつでもしてみな。

田野や梅ちゃんだけでなく,全員に言えることですが。

阿修羅さんにしたコメントより。日本の三権分立は極めて怪しいことについて改めて認識し調べたこと。

http://www.asyura2.com/13/nametoroku7/msg/424.html#c192

192. 大西秀宜 2015年3月09日 01:47:39 : nk2YiIWGHDNks : TDr9gIRVDg
>>184 のドアへの書き込みについて,警察官と話した内容についてちょっと。
私は,警察官に対して,

「私がいくらインターネット上に,ドアに書き込まれた内容を書いたとしても,隣人などに知られたくない”事実の摘示”であるので,名誉毀損罪になりますよね?

って言ったのですが,

「では,あなたがいま,黒い服を着ているという事実を摘示したとして,それは名誉毀損ではないですよね?」

って回答されました。

だから私は,

「服がそうとかじゃなくて,たとえば自分が仮に精神疾患であれば,そのことは人に対して伝えたくないので,名誉毀損罪に当たりますよね?」

と言ったのですが,それでも警察官は,事実の摘示であれば名誉毀損罪には問えないとの主張を繰り返しました。

私,以前より思っているのですが,警察をはじめとして,行政府内部において,立法や司法の趣旨と異なる法律の運用解釈がまかりとおっていて,それを一般市民は知らされていないと感じるのです。

名誉毀損罪における事実の摘示に関する解釈について,[1]に示します。

立法府や司法府が,日本国憲法に従って行政府を監督せねばならないと考えるのですが,どうも日本国憲法における三権分立の規定[2]だけではユル過ぎて,実質的に機能していないと考えます。

だって企業は定期的に監査をされるのですから,三権だってそれぞれに定期的に監査を受け,その情報を国民に対して開示することを,日本国は規定しないといけないと考えます。

にもかかわらず,三権相互間の監査に関して私が知っているのは,裁判官弾劾法による訴追請求くらいです。
それさえをも第十条[3]3項により,日本国は議事を公開しないと規定しているのですから,日本政府のやりたい放題になるわけです。

-------------
[1] 名誉毀損罪 Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%90%8D%E8%AA%89%E6%AF%80%E6%90%8D%E7%BD%AA#.E4.BA.8B.E5.AE.9F.E3.81.AE.E6.91.98.E7.A4.BA

事実の摘示[編集]
摘示される事実は、人の社会的評価を害するに足りる事実であることが要求されており、事実を摘示するための手段には特に制限がなく、『インターネットの掲示板で書き込む』『張り紙で噂を広める』『街宣車を動かして噂を宣伝する』などの場合であっても成立する。

その事実の内容の真偽を問わない(信用毀損罪の場合は虚偽の事実でなければならない)。つまり、例え真実の犯罪行為の公表であれ、ただ発言内容が真実であるというだけでは免責されない(後述する真実性の証明による免責の問題となる)。また、公知の事実であるか非公知の事実であるかを問わない。「公然と事実を摘示」すれば成立する罪だからである(大判大正5年12月13日刑録22輯1822頁)。公知、非公知の差は情状の考慮事由となる。事実を摘示せずに、人に対する侮辱的価値判断を表示した場合は、侮辱罪の問題となる。

[2] 日本国憲法における三権分立 日本国憲法の基礎知識 行政書士試験など憲法の試験対策に TOP
http://kenpou-jp.norio-de.com/sanken-bunritu/

この権力分立の一場面・典型例と言えるのが三権分立というものですが、
日本国憲法における三権分立をみてみましょう。

第41条(国会の地位・立法権)
国会は、国権の最高機関であつて、国の唯一の立法機関である。

第65条(行政権)
行政権は、内閣に属する。

第76条1項(司法権)
すべて司法権は、最高裁判所及び法律の定めるところにより設置する下級裁判所に属する。

[3] 裁判官弾劾法(昭和二十二年十一月二十日法律第百三十七号)
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S22/S22HO137.html

第十条 (議事)  訴追委員会は、衆議院議員たる訴追委員及び参議院議員たる訴追委員がそれぞれ七人以上出席しなければ、議事を開き議決することができない。
○2  訴追委員会の議事は、出席訴追委員の過半数でこれを決し、可否同数のときは、委員長の決するところによる。但し、罷免の訴追又は罷免の訴追の猶予をするには、出席訴追委員の三分の二以上の多数でこれを決する。
○3  訴追委員会の議事は、これを公開しない。

今日あん禿なしね。

壁スプレー事件もあるけど,いろいろやってるから。

失敗しました。犯人の画像撮り損ねました。

この画像見ていただいたら分かるのですが,カメラから発光しています。
これは赤外線で,実はこの状態でも撮影できています。

スプレー攻撃再投稿します

ところが,犯人の画像をチェックしてみたところ,3/8未明の3:29頃に,うっかりレコーダーを動かしてしまったようで,そこで画像が途切れていました。

接続しなおしたら,赤外線でも撮影はできているようです。

いつもは不審な物音がしたりしたらすぐチェックするのですが,よりによって今日出かける前に,画像が途切れてないかのチェックをしていませんでした。

これでは,前回の犯人かどうかさえ特定できません・・・・。

痛恨のミスです。

« 2015年3月8日 | トップページ | 2015年3月10日 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック