« 2015年3月29日 | トップページ | 2015年3月31日 »

2015年3月30日

2015年3月30日 (月)

「おーにっちゃんの,あんた,禿!」間もなく放送します。すたみな太郎でガチ火災が発生した件ほか

すたみな太郎,これからたまに行こうと思っていたのに火事って。
ここ最近私の近くで火事だの踏切事故だのありすぎます。

すたみな太郎の火事なんてホントに偶然なんですかねえ。
警察ぐるみで隠蔽して,出火原因をわざと異なるものに断定することだって,できなくはないですよねえ。
日本は本当に物騒な国です。


カンパよろしくお願いします。
ゆうちょ銀行 店名 四〇八(ヨンゼロハチ)普通預金 口座番号 0693265

----------------

【ニコ生の見方マニュアル】

一般会員は、無料です。
プレミアム会員は、月額540円・税込です。

おーにっちゃんの番組を観るだけなら、一般会員で十分です。

 1.ニコニコの会員登録をする・・・無料

 2.http://com.nicovideo.jp/community/co2295489  をクリックしてパネル画面にジャンプ

 3.開演時間(22:30ごろ)になったら、パネル画面の上部に「閲覧」ボタンが出現するから、それをクリック

----------------

こころはタマゴさんのコメントが,キャリコネニュースに記事として投稿されました。→ 元日立社員が転職を激しく後悔! 「土下座してでも戻りたい」にネット「失敗じゃない。次行けばいい」

元日立社員が転職を激しく後悔! 「土下座してでも戻りたい」にネット「失敗じゃない。次行けばいい」
https://news.careerconnection.jp/?p=9400

この記事を見ていたら,こころはタマゴさんに対してそれほど悪意がないように思えますが・・・いや,やっぱ悪意ありますよね。
”後悔は果てしない。”とか書かれるとそれが正になります。

いまこころはタマゴさんは,日立製作所に戻る気はないとも主張しているので,それと対立するので,やはりこの記事はショックだと思います。
(ただ,私から見ても,”後悔は果てしない。”としか取れないのですが)

私そういえば本当に,ただの一度たりとも「日立製作所に戻りたい」と言ったことないですよね。

自ら進んで厳しい道を選んだのですから。

それでもまだ,精進が足りていないと思っています。

てか古賀茂明さんってここからどうされようとしているのでしょうね。

いくら独立系ジャーナリズムが煽り立てたところで,マスメディアは正面切って問題として取り上げないのです。

そうするとたとえば古賀茂明さんみたいな方が,日本を捨てて突然アメリカなどに亡命申請したら,これは一気に問題になりますよね。

古賀茂明さんはそういう手段は検討されていないのでしょうか。
直接twitterで聞いてみようか。

なるほど,古賀さんに対してツイートされるとイヤ,ってことですね。毎日のようにつぶやいていきます。→ 古賀さんと面識があるので、おーにっちゃんのことを話しておきましたよ。

そもそもこんなすぐに行動起こすヤツおらんって。
しかも面識があっても会話できるはずないって。

http://onicchan.cocolog-nifty.com/blog/2015/03/post-549c.html#comment-110601271

IPアドレス:     126.253.46.93

内容:
--------
古賀さんと面識があるので、おーにっちゃんのことを話しておきましたよ。
ブログも見せて説明したら、失笑しながら「実家に帰ってちゃんと働いた方がいい」って言っておられました。さすが古賀さんです。

投稿: | 2015年3月30日 (月) 18時34分

秋元康のコメントですよねコレ。もう何年か前のじゃんけん大会で,プロレスの八百長を肯定していた書き込みと同じです。

このとおり。
元ネタどこ行ったっけなあ・・・

じゃんけん大会の八百長指摘も,毎年の恒例行事になってしまったから,もういつどこで記載されとったかも記憶になかったりするw

それにしてもひどいですよね。

自分で予定調和はダメと言いながら予定調和を肯定していたり,なにかよくわからないけれども3/26以降のマスメディアの取り上げ方を例にあげてきたり,サッパリわかりません。

マスメディアなんてAKS-電通自体が牛耳っているので,なんら指標になりません。
大切なのは,ファンの心に届いたかどうかなのです。

私のレスも合わせて記載します。

--------------
AKB商法はダイエー商法の真似。必ず失敗する [転載禁止]©2ch.net
http://mastiff.2ch.net/test/read.cgi/akb/1427462959/l50

135 :47の素敵な(関西・東海)@転載は禁止:2015/03/30(月) 18:09:29.26 ID:YxYaTIe2O
おーにっちゃんはわかってないなあ。
じゃんけん大会の時に説明したはずなんだけどなあ。
ガチほどつまらないものはなくって、
格闘技の話でいうと桜庭和志対ホイスグレイシーの試合は、
試合の殆どか膠着状態で一見さんが見たら二度と観に来ないと言う。
なんでそうなるかと言うと、お互いが勝負論に拘って相手の持ち味を消しにいくから面白くない。
ただ、これがプロレスになると違って、勝負論以外のガチでない部分に頭を使うから
一見の観客が見ても楽しめる。
今朝やってたWWEがまさにそれで、それこそがエンターテイメントなんだよね。
つまり、AKBも一見ガチに見せつつ、
内側には予定調和の流れがあって、
どうしたらセンセーショナルな刺激を観客に与えるかなんだと思う。
そういう意味で言うと、3月26日の後のメディアの取り上げ方を見る限り
AKBはまだまだ観客から見て
予定調和に見えないのはまだまだ刺激を与え続けられると確信できると思う。

139 :おーにっちゃん ◆CsvquZNDeKXO (東京都)@転載は禁止:2015/03/30(月) 20:26:27.96 ID:XhWiMuNF0
>>135

> じゃんけん大会の時に説明したはずなんだけどなあ。

それ2年半前,いやもう3年半前の話か?アキブータンよ。めっちゃ前やぞ。

> つまり、AKBも一見ガチに見せつつ、
> 内側には予定調和の流れがあって、
> どうしたらセンセーショナルな刺激を観客に与えるかなんだと思う。

要は予定調和がいいと言うとるんやな。

> そういう意味で言うと、3月26日の後のメディアの取り上げ方を見る限り
> AKBはまだまだ観客から見て
> 予定調和に見えないのはまだまだ刺激を与え続けられると確信できると思う。

メディアを牛耳っとるオマエが自画自賛で言うなよな。

単発IDである証拠もこのとおり。

http://hissi.dev48.com/read.php/akb/20150330/WXhZYVRJZTJP.html

東京都知事宛の26総総法審第2187号に関する反論書,ちょっと書きました

1日で書けるかと思いましたが,もう少しかかるかも。

とりあえず書いたところまで。

--------------

反 論 書

26総総法審第2187号について,以下のとおり反論します。

平成27年3月31日

請求人住所 東京都足立区竹の塚 1-29-11
菅野ビル401
氏 名  大西 秀宜   印  
年 齢  39歳
受理者との関係 本人

東京都知事 舛添 要一 殿

1.反論の趣旨及び理由

ア 趣旨
1.足立区福祉事務所長の弁明は,審査請求人が犯罪被害に遭った結果として玄関鍵の交換をせねばならなくなったことを前提としておらず,証拠と照らし合わせても虚偽の答弁であることは明らかである。
2.審査請求人は犯罪被害に遭ったために,生活保護法第14条に基づく住宅扶助として鍵の交換費用を申請しているのは自明であり,鍵の交換費用は認められねばならない。

イ 理由
以下のとおり,経過及び認否に関して反論する。
なお,足立区福祉事務所長による記載は斜字体とする。
5 本件処分に至るまでの経過
(2)平成26年12月3日、審査請求人は、足立区足立福祉事務所長(以下「処分庁」という。)に対し、平成26年12月分の収入申告書及び給与明細書を提出した。その際、併せて、平成26年11月25日付の「解錠シリンダー交換代金」の名目の34,560円の領収書を添付のうえ、当該収入申告書の今月分(12月分)の収入の必要経費欄に「鍵交換費用」として同額の記載があった。同日、処分庁は、これを受理した。

1.足立区北部福祉事務所は,事実を正確に記してはいない。
2.平成26年12月3日に審査請求人が提出したのは,平成26年12月分の収入申告書及び給与明細書だけではなく,資料1に記すとおり,鍵交換に要した相見積資料である。
3.これは,平成26年11月10日に,担当喜多と本件犯罪について相談した際に,本来ならば早急に鍵を交換したいところ,最低3社分の相見積がなければ費用負担できない旨を伺ったために,見積を取ったものである。
4.足立区北部福祉事務所から審査請求人に対して指示がなければ,審査請求人が3社から,資料を明示して相見積を取る必要などない。

5.平成26年11月10日に,
6.なおそこまで説明してさえも,

6 審査請求書記載事実の認否
 審査請求書1ページ目の理由中「私が、平成26年11月10日に」から同2ページ目1段落中「言い放たれ」までのうち、平成26年11月10日、審査請求人から鍵の交換費用が、勤労に伴う収入の必要経費として認められるかを質問されたことに対し、足立福祉事務所北部福祉課第五係担当の喜多が、鍵の交換費用は、勤労に伴う経費としては認められない旨を回答したことは認め、その余は不知。

1.資料2を聞いていただければ分かるとおり,喜多だけではなく9分頃より塚原が登場し,

塚原:「鍵代は出せません。あなたが撒いた種でしょ。」
審査請求人:「あなたが撒いた種もなにも,犯罪ですよ。」
塚原:「それは警察に言ってください」

2.という不毛なやりとりがあった。
3.到底“その余は不知”ではなく,審査請求書記載事実の認否が如何に事実に基づかないいい加減なものかが分かる。

4.そもそも福祉事務所は審査請求人の言い分を可能な限り聞いた上で判断を為すべきものであって,審査請求人の言い分を恣意的に聞かない上で “その余は不知”とするのはあり得ず,“不知”の用法を誤っており失当である。

5.なお塚原は執拗に審査請求人のブログ上の記載を咎めているが,ブログ上の記載は審査請求人の裁判の経過など,審査請求人の政治姿勢を説明するために必要なものであって,塚原は日本国憲法第21条によって守るべき審査請求人の言論の自由を守っておらず,失当である。

6.また,審査請求人は詳細に主張してはいないが,弁明書に“勤労に伴う経費としては認められない”などとして記載してきたので,主張する。
7.審査請求人はあくまで,生活保護法第十四条に規定する住宅扶助として認められないかどうかを主張したのである。それでも担当喜多は,上職の塚原に相談して認められないと言って来たために,それでは勤労を行うために,勤労のための費用として認められないかと主張したことはある。

8.然るに弁明書には,“勤労に伴う経費としては認められない”などと,あくまで審査請求人が“勤労に伴う経費”と限定して主張してきたかのような誤解を与える記載をしている。

9.福祉事務所は,仮に審査請求人が“勤労に伴う経費”として申請してきた場合も,審査請求人が生活保護法の詳細を理解していない前提の上で,より適した適用が可能でないか検討する義務を負う。

10.そしてその上で,どのような理由で不可能か説明せねばならないが,資料2のやりとりをもってしても明らかなとおり,福祉事務所側から審査請求人に対して“勤労に伴う経費としては認められない”などと主張した事実は一切なく,弁明書の記載は全く事実に反する。

11.一般的に,資料3に示すとおり,転入時においてさえも,安全確保のための鍵交換までもが生活保護法上認められる場合が多いようである。
12.そうすると審査請求人の場合は,犯罪行為に起因した上で,鍵を交換せねば居住できない状態となり,生活保護法第十四条に規定する住宅扶助として認められない理由とはならない。
13.塚原が言うように,“あなたが撒いた種”かどうかが判断基準になるはずはない。いくら審査請求人が主張をインターネット上に記載しようが,犯罪行為を起こした者にその責があるのであって,犯罪行為までをも審査請求人の責とする塚原の主張は認められない。

14.なお塚原は,見た目も発言も高圧的で,いわゆる暴力団員そのものであり,地方公共団体が雇うにはおおよそ不適格な人材であると,審査請求人は判断する。東京都知事舛添要一殿においても,資料2と弁明書を比較した場合,塚原の弁明はあまりにも実態と乖離していることが容易に判断できるはずである。
15.審査請求人だけでなく,足立区民が塚原のような非人間的な者と会話をし,恣意的な判断に委ねられるのは,区民全体の問題である。足立区が塚原を雇うのが適切かどうか,面接などを実施の上確認をしていただきたい。

 同2ページ1段落目「私が概ね本資料における主張と同様の主張を記載した理由を添付し主張した」については、平成26年12月3日に、審査請求人が主張を記載した書面を、収入申告書に添付してきたことは認める。

1.その内容は資料4に示すとおりであり,資料4に示す内容,ならびに資料2において審査請求人と福祉事務所喜多,塚原との会話内容に関しては,福祉事務所が不知とはできない。

これ以降の内容についても,資料2ならびに資料4において,福祉事務所は認知している内容であるので,争うことはあり得ても,不知はあり得ず失当である。

なお,ブログの記載に関してのみ追加して主張する。

 付加事項同6ページ4段落日から付加事項同7ページ1段落目までのうち、「足立区北部福祉事務所に対して、私が生活保護費用を不正受給している可能性の指摘がたくさん来たとして、私は塚原及び喜多から、私のブログを示して、事実確認を何度も受けている」については、審査請求人が生活保護に関するものをブログに掲載していることにより、区民から苦情がきている旨及び生活保護の不正受給を疑われるような内容のものをブログに記載しないよう、平成26年5月から数回にわたって、北部福祉課の職員が審査請求人に伝えたことは認め、その余は不知ないし争う。

1.審査請求人は,生活保護費の不正受給が疑われる行為を為したこともないし,本件鍵代金の支払いを福祉事務所が拒否するまでは,生活保護を受給している旨を隠してきたので,事実に反する。

2.また資料2に示したとおり, 塚原が,“生活保護の不正受給を疑われるような内容のものをブログに記載しないよう”という範囲を大幅に超えて,審査請求人に対して記載しないように強要してきたのは疑いようのない事実である。

3.なお,記載の内容のうち,新たな被害に関する申請については,本件鍵の交換費用を認められない状態において金額は認められないと考えたため,資料提出時に特に費用を算定して申請していないために,福祉事務所がその金額を不知としたことのみ認める。

2.現状についての追加説明

1.審査請求人は,その後も引き続き攻撃を受けた。
2.鍵の交換費用が認められないために,鍵をガードしていたところ,玄関扉にスプレーを塗られる被害を受けた。

3.スプレーの被害を受けるに至り,不動産業者からも,面倒なのために

4.資料にあるとおり,そのような状態であっても塚原は,いつ犯罪被害に遭うか分からない審査請求人に対して,を

5.本件において

3.結論

以上により,審査請求人は犯罪被害に遭ったために,生活保護法第14条に基づく住宅扶助として鍵の交換費用を申請しているのは自明であり,鍵の交換費用は認められねばならない。

参考書類一覧
資料1 鍵交換に要した相見積資料
資料2 20141203_足立区北部福祉事務所塚原らとの会話内容
(USBメモリ内部に保存)
資料3 賃貸の引越しの際、鍵交換費用は出ますか? _ 生活保護の総合情報(条件 申請 基準 他)サイト
資料4 福祉事務所への主張書_20141203
資料5 ボンド犯行写真 犯人と思しき者及び,犯罪内容
資料6 スプレー犯行写真 犯罪内容
資料7 20150311_足立区北部福祉事務所塚原らとの会話内容
(USBメモリ内部に保存)

- 以 上 - 

--------------
「_2015033001.pdf」をダウンロード

足立福祉事務所からの弁明書のテキストデータです。如何に福祉事務所がおかしな言い分を記載しているか。

一字一句反論するためにテキスト化しました。

とにかく私は,犯罪被害を受けたことを主張しているのですが,この資料には”犯罪”の文字すら見えません。

あくまで私が自主的に交換でもしたかのような言い分です。

私の主張内容についても,”不知ないし争う。”がいっぱいあって,福祉事務所と頻繁に会話しその都度犯罪被害を申告していることさえも”知らない”こととしてきています。

東京都は,こういう言い分でさえ恣意的・一方的に認めてしまうのでしょうか。

------------

26足足福北収第1981号
平成27年3月3日
審査庁
東京都知事 舛添 要一 様
処分庁
足立区足立福祉事務所長
今井伸幸

弁明書

下記のとおり弁明します。

1 事件の表示
審査請求人 大西 秀宜以下「審査請求人」という。)が、平成27年2月2日に提起した保護変更決定処分についての審査請求(26総総法審第2187号)

2 弁明の趣旨
本件審査請求を棄却するとの裁決を求める。

3 審査請求人の住所・氏名及び年齢
東京都足立区竹の塚一丁目29番11号 菅野ビル401
大西 秀宜(39歳)

4 審査請求に係る処分
足立福祉事務所長が平成26年12月5日付で審査請求人に対して行った生活保護変更決定処分

5 本件処分に至るまでの経過
(1)平成25年11月25日、足立区北部福祉事務所長(現 足立区足立福祉事務所北部福祉課長)は、審査請求人に対し、生活保護法に基づく生活保護を開始した。
(2)平成26年12月3日、審査請求人は、足立区足立福祉事務所長(以下「処分庁」という。)に対し、平成26年12月分の収入申告書及び給与明細書を提出した。その際、併せて、平成26年11月25日付の「解錠シリンダー交換代金」の名目の34,560円の領収書を添付のうえ、当該収入申告書の今月分(12月分)の収入の必要経費欄に「鍵交換費用」として同額の記載があった。同日、処分庁は、これを受理した。
(3)平成26年12月5日、処分庁は、前記(2)の収入申告書等に基づき、審査請求人に係る勤労に伴う収入を認定し、同月分及び平成27年1月分の収入を推定認定し、保護費を変更する処分(以下「本件処分」という。)を行った。

6 審査請求書記載事実の認否
 審査請求書1ページ目の理由中「私が、平成26年11月10日に」から同2ページ目1段落中「言い放たれ」までのうち、平成26年11月10日、審査請求人から鍵の交換費用が、勤労に伴う収入の必要経費として認められるかを質問されたことに対し、足立福祉事務所北部福祉課第五係担当の喜多が、鍵の交換費用は、勤労に伴う経費としては認められない旨を回答したことは認め、その余は不知。
 同2ページ1段落目「私が概ね本資料における主張と同様の主張を記載した理由を添付し主張した」については、平成26年12月3日に、審査請求人が主張を記載した書面を、収入申告書に添付してきたことは認める。
 同2ページ1段落目「平成26年12月5日付第6076822号の、足立区福祉事務所長の採決に示すとおり費用として認められなかった」については、平成26年12月5日、本件処分において、当該鍵の交換費用を、勤労に伴う必要経費として認めなかったことは認める。
 同2ページ2段落目「然るに」から同4ページ2段落日「要望するものである」までは、不知ないし争う。
 同4ページ3段落目のうち、「都営住宅の入所申請に関する書類を、都の定めた配布期間から1日遅れているにもかかわらず、私のポストに投函し」たこと及び審査請求人に、都営住宅の「申請の権利のない」ことは認めるが、その余は不知ないし争う。
 同4ページ4段落目「その内容について」から5ページ3段落目「意思がある」までは、不知ないし争う。
 審査請求書に付加して主張する事項(以下「付加事項」という。)1ページ 1「審査請求書の不服の理由に付加して主張する事項」第1段落目のうち、「その修理費用を現在においても福祉事務所より認められていない状態」については、処分庁は、審査請求人の玄関鍵の修理費用を収入に伴う必要経費と認めていないことは認め、その余は不知。
 付加事項同1ページ2段落目「そのような中で」から付加事項3ページ5段落目「上回る出費をすることになる」までは、不知。
 付加事項同3ページ6段落及び付加事項同4ページ1段落目のうち、「そのような状況を、足立区北部福祉事務所5係担当喜多及び係長塚原に対して私は主張してきた」こと及び鍵代を勤労に伴う必要経費として認めなかったことは認め、その余は争う。
 付加事項同4ページ2段落目から付加事項同6ページ3段落目までは、不知ないし争う。
 付加事項同6ページ4段落日から付加事項同7ページ1段落目までのうち、「足立区北部福祉事務所に対して、私が生活保護費用を不正受給している可能性の指摘がたくさん来たとして、私は塚原及び喜多から、私のブログを示して、事実確認を何度も受けている」については、審査請求人が生活保護に関するものをブログに掲載していることにより、区民から苦情がきている旨及び生活保護の不正受給を疑われるような内容のものをブログに記載しないよう、平成26年5月から数回にわたって、北部福祉課の職員が審査請求人に伝えたことは認め、その余は不知ないし争う。
 付加事項同7ページ2段落目「私は」から8ページ1段落目「併せて主張する」までは、不知ないし争う。

7 審査請求人に対する処分庁の意見
 生活保護法(昭和25年法律第144号)第8条において、保護は、厚生労働大臣の定める基準により測定した要保護者の需要を基とし、そのうち、その者の金銭又は物品で満たすことのできない不足分を補う程度において行うものと規定する。これに基づき、「生活保護法よる保護の実施要領について(昭和36年4月1日 厚生省発社第123号 厚生事務次官通知。以下「次官通知」という。)第10において、保護の程度は、当該被保護者の世帯につき認定した最低生活費と認定した収入との対比によって決定することとされている。
 収入額の認定は、次官通知第8の3に認定指針が定められている。この中で、勤労に伴う収入額は、同第8の3(1)アにおいて、「官公署、会社、工場、商店等に常用で勤務し、又は日雇その他により勤労収入を得ている者については、基本給、勤務地手当、家族手当及び超過勤務手当等の収入総額を認定すること」としている。
 そして、勤労に伴う必要経費は、基礎控除として、次官通知第8の3(1)イにおいて、勤労に伴う必要経費として別表「基礎控除額表」の額及び社会保険料、所得税、労働組合費、通勤費等の実費の額を認定することとしている。この場合における基礎控除の収入金額別区分は、「生活保護法による保護の実施要領について(昭和38年4月1日 社発第246号 厚生省社会局長通知。以下「局長通知」という。)第8-3において、次官通知第8の3(1)アによる勤労収入については、通勤費等の実費を控除する前の収入額としている。
 すなわち、生活保護において、収入の必要経費と認められるのは、その収入を得るために要した費用であるから、審査請求人が収入の必要経費として主張する鍵の交換費用は、勤労に伴い発生したものでないことは明らかであり、次官通知及び局長通知に定める勤労に伴う必要経費にも当たらない。
 審査請求人が必要経費として主張する鍵の交換費用の発生は、別紙領収書によれば平成26年11月に発生していることから、審査請求人における平成26年12月分の保護費算定について以下述べる。
 審査請求人における収入及びそれに伴う必要経費についてに伴う必要経費の算定は、次のとおりである。
 審査請求人の収入は、勤労に伴う収入であるため、これは、別紙●給与明細のとおり、収入総額は、205,126円である。当該収入額から算定する勤労に伴う必要経費は、次官通知第8の3(1)イの別表より34,000円、明細より社会保険料22,981円(健康保険7,976円、厚生年金13,979円及び雇用保険1,026円の合計)及び所得税3,950円、通勤費14, 960円(実際に要した交通費)であり、これらを合計した75, 891円となる。
 そして、前記のとおり、審査請求人の平成26年12月の保護費の算定に係る勤労に伴う必要経費は、次官通知及び局長通知の定めに従い、算定している。
 以上のとおり本件処分は、法及び法に基づく通知等に従い、適正に処理されており、なんら違法、不当なものでない。

参考書類一覧
1 平成26年12月3日収受収入。無収入申告書の写し
2 平成26年12月5日交付保護決定通知書(控)の写し

------------

[1] 足立区からの弁明書.pdf
https://drive.google.com/file/d/0B1zRzD_3tvlRYm1NdmVYSUlaUm8/view?usp=sharing

[2] 審査請求書_20150129.pdf
https://drive.google.com/file/d/0B1zRzD_3tvlRUU1xcmp4OVgtcTg/view?usp=sharing

私の隠れ支援者の方へ,ひとつだけお願いです。私の存在を,なんとかして古賀茂明さんに知らせてもらえませんか?

私のことを表立って支援すると,それが知れ渡るのが怖い方もおられると思います。

それでは,私の存在を,なんとかして古賀茂明さんに知らせてもらえませんか?

https://twitter.com/kogashigeaki

私は経済産業省に公益通報してそれを無碍に却下されているので,経済産業省を辞めさせられた古賀茂明さんならば,他の誰よりも私に対して理解を示していただけると思います。

私も古賀さんに対してtweetを続けますが,皆さんも何らかの手段で,古賀さんに私の存在を伝えてもらえませんでしょうか?

私の人生を賭けた勝負です。なにとぞ宜しくお願いいたします。

AKB48チームA岩田華怜様20150329

AKB48 チームA 岩田華怜様

こんばんわ。おーにっちゃんです。

組閣(人事異動と言われていますが,組閣と同じと思います)がありましたね。

伊達娘はチームAのままですが,私はこれは良いこととは思っていません。
みおりんのブログにもありましたが,やはり異動がなかったほうが,期待されてないと思って焦るべきと思います。

同じ残留でも,ダンスメンを集めたチームK残留の田野のように,理由が見つけられる残留のほうがいいと思います。

てか私は,伊達娘にもチームKに移籍して欲しいのです。
研究生のときに,昇格するならチームKと言ってましたよね。
あの頃のチームKとはだいぶ違っていますが,やはりチームKの色はあると思います。
運営からダンスを評価されてないのだろうか,という思いがあります。

そういう意味では,チームAに移籍となったゆかるんもひらりーも,同様にダンスを評価されてないのだろうかという不安もあります。

別に朱里とかぽんみゆのように,ダンス以上にそれなりに自分の色があるならばいいと思うのですが。
いや色があるというか,単に私自身が,朱里とぽんみゆは女優を目指してないと思っているのかなあ。

女優を目指すために,ダンスは基礎的なスキルのひとつと思っています。
田野を何度も褒めるのは,結局ダンスによって基礎ができていることを,大勢に知らしめたからともいえます。

何度もしつこくて恐縮ですが,やはりリズムに合わせた基礎的なダンスができてこそ,人々の心に残る,自分の基礎としてリズムミカルな演技ができると思っています。

いやしかし,やっぱ,毎年のように組閣に頼らざるを得ないところに,いまのAKBの問題があると思います。
それはもう,以下のスレでいろいろと書いてます。

AKB商法はダイエー商法の真似。必ず失敗する [転載禁止]©2ch.net
http://mastiff.2ch.net/test/read.cgi/akb/1427462959/l50

てか私も,こういう相似性を見つけるのって本当に得意だと思います。
いまでこそいくらでもポンポンと思いつきますが,そうでなかったときと比較したら,我ながら自画自賛ですが発想が飛びぬけていると思います。

だからこそ,いくら弁護士や裁判官からアレコレ言われても,言い合いで負ける気がしません。
けど裁判所って最初から不公平だから・・・
フットルースの議会なんて,あんなのあり得ないと思うでしょうが,あの程度でも生ぬるいのが,日本の裁判所の実態です。

こういうのを,本とかインターネットで見聞きするだけではなく,自分で経験した上に証拠を掴むというのは,将来に繋がる大きな経験と思います。

それはそうとして。
伊達娘も,自分はAKBに貢献できていないなんて書いていましたが,公演ができてこそのAKBと思います。
伊達娘に関しては,公演がないにもかかわらずAKBにいる意味は,私にはあまりないと思います。

それでもAKBにいる意味を考えたら,これまた私は何度も書いていますが,いくら人気のある先輩が大勢いようが,チームAの中でミュージカルに出た経験があるのは伊達娘しかいないのです。
伊達娘がミュージカルの経験をチームAに活かせるならば,それだけでいる意味はあると思います。

にもかかわらず,伊達娘はどうも,ミュージカルの経験をチームAに活かしていません。

フットルース後に,富山のツアーでしたっけ,私は伊達娘の歌声を聴いて怒って映画館から出てしまったこともありました。
なぜ伊達娘は積み上げたはずのものを土台に活かせないのか,いらだたしく思います。
そうするようにAKSから言われているのでしょうか?

田野は積み上げたものをキチンと土台にしてくるので,そこをどうにかして欲しいのですが。
なにが,積み上げたものを土台にできない妨げになっているのか。
私には伊達娘にはそれをきちんと認識するのが課題と思います。

AKSの工作活動について。先日2ちゃんねるで伊達娘が叩かれたときも伊達娘のアンチがいましたが,最後はとりわけ伊達娘というよりも私へのアンチ活動と化していたのを見て,コレは伊達娘へのアンチ活動ではなく,伊達娘を通して私へのアンチ活動をしていると受け取りました。
そうすると,伊達娘もAKSからけっこう執拗な嫌がらせ・いじめを受けていてもおかしくないと思うに至りました。

その場合は,私の責任でもあって申し訳ないのですが,ちょっとそこは許してもらいたいです。
私の受けている苦痛と比較したら,私のほうが遥かに大きいことは,さすがに理解してもらえると思います。
(大西弘子のように一切理解しないのもいますが・・・)

けれども,私はAKSは腐っているとつねづね言ってきましたが,そうは言っても,いまの状態にいるメンバーを放っておくことができないと思ったりもしています。
この姿勢は最初から同じつもりです。
しかしマジな話,AKBグループをどうやって立て直すか,これはかなり難しいと思います。

AKSはやること為すことがすべて裏目に出ています。
コンサートも,せめてコンサートくらいは楽しめる演出だったかと思って,評判を見ましたが,全く評判が良くない。
握手会だって劇混みのようですし,総選挙も盛り上がりに欠けるようです。

AKSは,自分たちの出すものに自信が持てていないから,弊害がいろんなところに出ていると思います。

AKBの活動の頂点は,AKBショップを展開して,Google+を始め,部活動を推進したあたりだったかなあと私は思います。
そのあたりまではまだ,新公演もあり得ると思えましたよね。
チームKⅡのラムネの飲み方公演っていつ出たんでしたっけ。
検索したら2011年10月1日か。結構前やなあw

そのあたりまでは,概ね前向きな拡大だったのです。
それが,その後のはすべて行き当たりばったりになってしましました。

アキブータンがすん詰まって私に対していろいろ聞いてきながら,なんら採用せずにそのまま突き進んだ結果がコレです。

私にももうどうなるかワカラン。
なるようにしかなりません。

それでは!

2015/03/30 3:13:12 おーにっちゃんより

----------

755,ここ数日でググっと上がって,私が集計開始して以来最高の377万ウォッチになりました。これはE-Girls効果のようです。

データは以下から拝借しています。

デイリー755ウォッチ数ランキング(限定)
http://idol.dokusyu.net/home/755watch

このページに含まれるアイドル全員(関係者含む)の1日のウォッチ数をすべて足してみた推移です。


ここ3日ほど300万ウォッチを超え,とりわけ今日は377万ウォッチでした。
上で10位中7位をE-Girlsが占めているために,E-Girlsのイベントでなにかあったのかと思って調べたら,土日でE-Girlsのコンサートがあったようです。

http://m.egirls-m.jp/q?i=artist/e-girls/live/2015/index

AKBは握手会もコンサートもあったのに奮ってません。
また乃木坂も奮っていません。

てか検索したら,もうCMは”三代目”に取って替わっているんですね。
やっぱ乃木坂では方向性が同じだから増えないと思ったのでしょうか。

とりあえず男性ではなくて女性に向けて訴求したのは正解と思えます。
755ってエロを前面に出していた気がしますが,遂に方向転換したのでしょうか。

ただ正解とはいえ,人間には男と女しかいないのも事実であって,女を増やした上でこれ以上どう増やすかという根本的な問題は残るとは思います。


日付 曜日 ウォッチ数 ウォッチ数増減 期間中の平均比(%) 投稿数 ウォッチ数÷投稿数 前週との増減 備考
2/20 (金) 2,306,906 - 0.0  - - - 
2/21 (土) 2,304,717 -2,189 0.0  - - - 
2/22 (日) 2,551,597 246,880 6.9  4,451 573.3  - 
2/23 (月) 2,165,952 -385,645 -7.1  3,645 594.2  - 
2/24 (火) 2,109,123 -56,829 -7.8  3,086 683.4  - 
2/25 (水) 1,041,672 -1,067,451 -49.9  1,333 781.4  - システム障害発生
2/26 (木) 1,312,895 271,223 -33.4  2,623 500.5  - システム障害発生
2/27 (金) 1,923,951 611,056 -2.1  3,283 586.0  -382,955 システム障害発生
2/28 (土) 2,210,014 286,063 11.0  4,322 511.3  -94,703 
3/1 (日) 3,041,923 831,909 45.1  4,776 636.9  490,326 
3/2 (月) 2,388,517 -653,406 12.5  4,578 521.7  222,565 
3/3 (火) 2,372,081 -16,436 10.6  3,060 775.2  262,958 
3/4 (水) 2,494,501 122,420 14.9  3,763 662.9  1,452,829 
3/5 (木) 2,697,970 203,469 22.2  3,869 697.3  1,385,075 
3/6 (金) 2,176,568 -521,402 -1.4  3,564 610.7  252,617 
3/7 (土) 2,627,344 450,776 17.7  4,453 590.0  417,330
3/8 (日) 3,025,553 398,209 32.7  4,287 705.8  -16,370
3/9 (月) 2,481,235 -544,318 8.3  3,016 822.7  92,718
3/10 (火) 2,540,475 59,240 10.3  3,834 662.6  168,394
3/11 (水) 1,459,629 -1,080,846 -35.5  1,181 1235.9  -1,034,872
3/12 (木) 1,540,463 80,834 -30.8  2,953 521.7  -1,157,507
3/13 (金) 1,816,859 276,396 -17.7  3,309 549.1  -359,709
3/14 (土) 1,952,870 136,011 -11.1  3,186 613.0  -674,474
3/15 (日) 2,015,274 62,404 -8.0  3,735 539.6  -1,010,279
3/16 (月) 1,991,663 -23,611 -8.7  2,767 719.8  -489,572
3/17 (火) 1,555,557 -436,106 -27.9  3,333 466.7  -984,918
3/18 (水) 1,593,675 38,118 -25.4  3,457 461.0  134,046
3/19 (木) 1,732,183 138,508 -18.4  3,998 433.3  191,720
3/20 (金) 2,159,769 427,586 1.7  3,978 542.9  342,910
3/21 (土) 2,253,402 93,633 5.9  5,018 449.1  300,532
3/22 (日) 2,673,017 419,615 24.6  5,239 510.2  657,743
3/23 (月) 2,510,687 -162,330 16.4  4,732 530.6  519,024
3/24 (火) 2,229,697 -280,990 3.3  4,617 482.9  674,140
3/25 (水) 2,509,500 279,803 15.7  3,450 727.4  915,825
3/26 (木) 2,516,159 6,659 15.4  3,340 753.3  783,976
3/27 (金) 3,509,696 993,537 58.3  4,082 859.8  1,349,927
3/28 (土) 3,158,256 -351,440 40.9  3,906 808.6  904,854
3/29 (日) 3,770,675 612,419 65.2  4,178 902.5  1,097,658

« 2015年3月29日 | トップページ | 2015年3月31日 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック