« 私がもし古賀さんの立場だと,どうするか?考えてみます。 | トップページ | 永谷典雄に関する訴追請求資料も作成しました。都築政則を含む判検交流制度自体に問題があると主張しています。 »

2015年3月31日 (火)

足立区北部福祉事務所に対する弁明書の反論書,書き上げました。

以下のとおり書き上げました。

あとは出すだけ。

-----------
反 論 書

26総総法審第2187号について,以下のとおり反論します。

平成27年3月31日

請求人住所 東京都足立区竹の塚 1-29-11
菅野ビル401
氏 名  大西 秀宜   印  
年 齢  39歳
受理者との関係 本人

東京都知事 舛添 要一 殿

1.反論の趣旨及び理由

ア 趣旨
1.足立区福祉事務所長の弁明は,審査請求人が犯罪被害に遭った結果として玄関鍵の交換をせねばならなくなったことを前提としておらず,証拠と照らし合わせても虚偽の答弁であることは明らかである。
2.審査請求人は犯罪被害に遭ったために,生活保護法第14条に基づく住宅扶助として鍵の交換費用を申請しているのは自明であり,鍵の交換費用は認められねばならない。

イ 理由
以下のとおり,経過及び認否に関して反論する。
なお,足立区福祉事務所長による記載は斜字体とする。
5 本件処分に至るまでの経過
(2)平成26年12月3日、審査請求人は、足立区足立福祉事務所長(以下「処分庁」という。)に対し、平成26年12月分の収入申告書及び給与明細書を提出した。その際、併せて、平成26年11月25日付の「解錠シリンダー交換代金」の名目の34,560円の領収書を添付のうえ、当該収入申告書の今月分(12月分)の収入の必要経費欄に「鍵交換費用」として同額の記載があった。同日、処分庁は、これを受理した。

1.足立区北部福祉事務所は,事実を正確に記してはいない。
2.平成26年12月3日に審査請求人が提出したものには,平成26年12月分の収入申告書及び給与明細書だけではなく,資料1に記すとおり,鍵交換に要した相見積資料も含まれる。
3.資料1は,前日の犯罪を受け,平成26年11月10日に,審査請求人が担当喜多と本件鍵の交換について相談した際に,「最低3社分の相見積がなければ費用負担できない」という旨を伺ったために,見積を取ったものである。足立区北部福祉事務所から審査請求人に対して指示がなければ,審査請求人が3社から,相見積を取った上でわざわざ証拠となる資料を収集することなどなかった。

6 審査請求書記載事実の認否
 審査請求書1ページ目の理由中「私が、平成26年11月10日に」から同2ページ目1段落中「言い放たれ」までのうち、平成26年11月10日、審査請求人から鍵の交換費用が、勤労に伴う収入の必要経費として認められるかを質問されたことに対し、足立福祉事務所北部福祉課第五係担当の喜多が、鍵の交換費用は、勤労に伴う経費としては認められない旨を回答したことは認め、その余は不知。

1.資料2を聞いていただければ分かるとおり,録音9分頃より塚原が登場した上で,
塚原:「鍵代は出せません。あなたが撒いた種でしょ。」
審査請求人:「あなたが撒いた種もなにも,犯罪ですよ。」
塚原:「それは警察に言ってください。」
という趣旨の不毛なやりとりがあった。
2.このため,足立福祉事務所が“その余は不知”とするのは事実ではないことが証明される。これをはじめとして,足立福祉事務所による,審査請求書記載事実の認否に関しては,事実でないことが多々含まれており,到底認められない。

3.福祉事務所は,審査請求人の言い分を可能な限り聞いた上で判断を為すべきものであって,審査請求人の言い分を恣意的に聞かない上で “その余は不知”とすることはあり得えない。そもそも用語として“不知”の用法を誤っており,失当である。
4.なお塚原は執拗に審査請求人のブログ上の記載に関して咎めているが,審査請求人がブログ上に記載したことは,審査請求人の裁判の経過など,審査請求人の政治姿勢を説明するために必要なものである。塚原がどのように認識しようが,審査請求人のブログ上における記載は,行政として日本国憲法第21条によって守るべき審査請求人の言論の自由に該当するため,資料2における塚原の発言は全て失当である。

5.また,審査請求人は詳細に主張してはいないが,福祉事務所は弁明書に“勤労に伴う経費としては認められない”などとして記載してきており,事実と全く異なるために主張する。
6.審査請求人は当初より,あくまで生活保護法第14条に規定する住宅扶助として認められないかどうかを主張した。それに対して担当喜多は,上職の塚原に相談した上で,審査請求人に対して「費用の項目にないために認められない」と言った。このため審査請求人は,「それでは勤労を継続するために,勤労に必要な費用として認められないか?」と,住宅扶助として認められない場合の他の案として主張したことがあるのは事実である。

7.然るに弁明書には,“勤労に伴う経費としては認められ”るかどうかに関する記載しか為されていない。これではあくまで審査請求人が“勤労に伴う経費”として,用途を限定して主張してきたかのような誤解を,東京都知事舛添要一殿に対して敢えて与える記載である。

8.また福祉事務所は,仮に審査請求人が“勤労に伴う経費”として申請してきた場合も,地方公務員法第30条に規定するとおり,“全体の奉仕者として公共の利益のために勤務”することが求められていることから,審査請求人が生活保護法の詳細を理解していなくとも,より適した適用が可能でないか検討する義務を負うはずである。
9.そしてその上で,どのような理由によって“経費としては認められない”かについて説明せねばならないが,資料2のやりとりを聞いていただければ明らかなとおり,福祉事務所側から審査請求人に対して“勤労に伴う経費としては認められない”などと限定して主張した事実は一切ない。この点からも,足立区福祉事務所による弁明書の記載は全く事実に反する。
10.また審査請求人が調べたところ,一般的に,資料3に示すとおり,転入時においてさえも,安全確保を目的とした鍵交換までもが,安全確保の必要性から,生活保護法上認められる場合があるようである。
11.そうすると,審査請求人の場合は,犯罪行為に起因し,鍵を交換せねば居住できない状態であるため,生活保護法第14条に規定する住宅扶助として認められない理由とはならない。
12.審査請求人に対して国が保障すべき,日本国憲法第25条に規定する生存権は,足立区北部福祉事務所係長塚原が言うように,“あなたが撒いた種”かどうかが判断基準となるはずはない。福祉事務所は,生存権を認めて生活保護法第14条に規定する住宅扶助を為した上で,それでも問題と思えば別途指導などをすればよいことである。
13.審査請求人が自らの主張をインターネット上に記載することは,日本国憲法第21条に規定する言論の自由に該当し,福祉事務所塚原には,審査請求人に対して日本国憲法第21条を侵害した命令をする権利がない。その上で,審査請求人の玄関ドア鍵にボンドを塗るという犯罪行為については,明らかに犯罪行為を起こした者にその責があるのであって,犯罪行為までをも審査請求人の責とする塚原ら福祉事務所の主張は到底認められない。

14.なお塚原は,資料2からも明らかなとおり,見た目も発言も高圧的で,いわゆる「暴力団員」そのものであり,地方公共団体が雇うにはおおよそ不適格な人材であると,審査請求人は判断する。
15.東京都知事舛添要一殿においても,資料2と弁明書を比較した場合,塚原の弁明はあまりにも実態と乖離していることが容易に判断できるはずである。
16.審査請求人だけでなく,足立区民が塚原のような非人間的な者と会話をし,恣意的で強引な判断を為されるのは,区民全体の問題である。足立区が塚原を雇うのが適切かどうか,面接などを実施の上確認をしていただくことを,審査請求人は切に要望する。

 同2ページ1段落目「私が概ね本資料における主張と同様の主張を記載した理由を添付し主張した」については、平成26年12月3日に、審査請求人が主張を記載した書面を、収入申告書に添付してきたことは認める。

1.その内容は資料4に示すとおりである。このことからも,資料4に示す内容,ならびに資料2において審査請求人と福祉事務所喜多,塚原との会話内容に関しては,福祉事務所は他の場面において頻繁に使用しているように,“不知”であるはずはない。

これ以降の内容すべてにおいて,資料2ならびに資料4において,福祉事務所は認知している内容である。審査請求人と争うことはあり得ても,“不知”であるはずがなく,福祉事務所の“不知”との主張は失当である。

なお,審査請求人のブログの記載に関してのみ引用して主張する。

 付加事項同6ページ4段落日から付加事項同7ページ1段落目までのうち、「足立区北部福祉事務所に対して、私が生活保護費用を不正受給している可能性の指摘がたくさん来たとして、私は塚原及び喜多から、私のブログを示して、事実確認を何度も受けている」については、審査請求人が生活保護に関するものをブログに掲載していることにより、区民から苦情がきている旨及び生活保護の不正受給を疑われるような内容のものをブログに記載しないよう、平成26年5月から数回にわたって、北部福祉課の職員が審査請求人に伝えたことは認め、その余は不知ないし争う。

1.審査請求人は,生活保護費の不正受給が疑われる行為を為したこともないし,本件鍵代金の支払いを福祉事務所が拒否することにより,生活保護費だけでは生活を続けることが困難と審査請求人が判断するまでは,審査請求人は生活保護を受給している旨をも隠してきたので,“審査請求人が生活保護に関するものをブログに掲載していること”というのは,本件鍵代金の問題発生前にはあり得ず,福祉事務所の主張は事実に反する。
2.また資料2に示したとおり, 塚原が,“生活保護の不正受給を疑われるような内容のものをブログに記載しないよう”という範囲を大幅に逸脱して,審査請求人に対してブログの削除を強要してきたのは疑いようのない事実である。

3.なお,弁明書記載の内容のうち,昨年11月9日に発生した犯罪に起因する鍵代金以外についての新たな被害額については,審査請求人は,本件鍵の交換費用を認められない状態において,金額を申請したとしても認められないと考えたため,福祉事務所がその金額を不知としたことについてのみ認める。
4.然るに,昨年11月9日以後も犯罪行為があったことについては,たとえば本年2月3日に受けた犯罪について資料5を担当喜多にも提示し説明していたことをはじめとして,その都度説明をしており,福祉事務所は不知ではない。
5.その上で,付加事項にも記載したとおり,審査請求人はいつ被害に遭うか分からない状態であるために就業もままならず,現在はやむなく離職している状態である。
6.なお,現在は既に,審査請求人は昨年11月9日に発生した犯罪以外の被害金額についても福祉事務所に対して申請しており,福祉事務所はその被害金額についても,現在においては不知ではない。

2.現状についての追加説明
1.審査請求人は,福祉事務所から鍵の交換費用が認められなかったために,鍵屋さんと相談し,鍵をガードする工具を取り付けていたところ,本年3月8日になり,玄関ドアにスプレーを塗られる被害を受けた。(資料6)
2.審査請求人はスプレーの被害を受けるに至り,不動産業者からも面倒な居住者と思われるようになり,一刻も早い退去を迫られている。
3.その上で,資料7に示すとおり,そのような状態であっても塚原は,審査請求人がいつ犯罪被害に遭うか分からないにも関わらず,①ドアに犯罪を受けてさえも費用としての支払いを認めないと一方で執拗に言いながら,また一方では②審査請求人に対して新たな職を探すように口頭注意を為しており,塚原は審査請求人に対して多大な精神的苦痛を与え続けている。

4.審査請求人は,犯罪被害者等基本法に基づいた対処を,福祉事務所に対して要望しているが,福祉事務所が資料7や弁明書に示すとおり,審査請求人の主張を概ね“不知”としてきていることから,福祉事務所が審査請求人の状況を考えて真摯に対応をしているかについては確証を持てず,疑念を抱いている状況である。
5.東京都知事舛添要一殿においては,本件の鍵の費用の認定だけでなく,審査請求人に対するトータルケアとして検討していただけるよう,福祉事務所に対する指導を合わせて要望する。

3.結論
以上により,審査請求人は犯罪被害に遭ったために,生活保護法第14条に基づく住宅扶助として鍵の交換費用を申請しているのは自明であり,鍵の交換費用は認められねばならない。

参考書類一覧
資料1 鍵交換に要した相見積資料
資料2 20141203_足立区北部福祉事務所塚原らとの会話内容
(2014年12月3日録音のもの。USBメモリ内部に保存)
資料3 賃貸の引越しの際、鍵交換費用は出ますか? _ 生活保護の総合情報(条件 申請 基準 他)サイト
資料4 福祉事務所への主張書_20141203
資料5 ボンド犯行写真 犯人と思しき者及び,犯罪内容
資料6 スプレー犯行写真 犯罪内容
資料7 20150311_足立区北部福祉事務所塚原らとの会話内容
(2015年3月11日録音のもの。USBメモリ内部に保存)

- 以 上 - 
-----------

資料一式はこちらです。

東京都への生活保護不服審査請求書
https://drive.google.com/folderview?id=0B1zRzD_3tvlRUTVScHBXalhoaEU&usp=sharing

« 私がもし古賀さんの立場だと,どうするか?考えてみます。 | トップページ | 永谷典雄に関する訴追請求資料も作成しました。都築政則を含む判検交流制度自体に問題があると主張しています。 »

日本の腐敗について」カテゴリの記事

コメント

お前こそ非人間的だろがwwww高圧的なひでぶwww

いくら書面出したところで鍵修理代なんか出さないし
生活保護も停止なるし
こんな無駄なことやってんなら早く仕事しろよバカ

塚原係長はおかしい!
塚原係長はおーにっちゃんに公的に謝罪すべきだ!
おーにっちゃんへの給付を停止させると脅すなんて、迫害以外の何物でもない!

重要な前提が抜けてますよ。
日本において(基本的には世界でも)基本的人権は“公共の福祉に反しない限り”認められるものであり、外見が醜悪で内面的なクズ具合が染み出しており、声は気持ち悪く、話し方は不快感をあおり、服装のセンスも皆無でかつ社会性・生産性・協調性のカケラもない無能力者の寄生虫である大西秀宜は存在自体が公共の福祉に反するので基本的人権を認める必要なし、が地球人の共通見解です。

古賀さんが言ってるように、実家に帰って仕事を探したほうがいいよ。ネットはもうやめなよ。

タマゴさん。
京大卒の元日立製作所社員。日立製作所では、自分の思うことができないと転職を決意。
転職したものの、日立製作所が良かったと後悔。

大西秀宜
阪大卒の元日立製作所社員。日立製作所では、部長秘書をストーカーしたり、上司のキャビネットを盗んだり、社内SNS を私用に使うなど、問題を起こし懲戒解雇。
懲戒解雇を不服として、裁判を起こすが不知な文章を書き、敗訴。
今は、何とか、お金を得る為に、福祉事務所の塚原さんを東京都に訴えたり、古館さんと喧嘩した古賀さんの知恵を借りようとしてるが、相手にされない。

おいハゲ、塚原さんに対して侮辱的な作文書いてるのはお前だぞ!

早く東京から出ていけ!

コイツの存在自体が公共の福祉に反している

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1860320/59472818

この記事へのトラックバック一覧です: 足立区北部福祉事務所に対する弁明書の反論書,書き上げました。:

« 私がもし古賀さんの立場だと,どうするか?考えてみます。 | トップページ | 永谷典雄に関する訴追請求資料も作成しました。都築政則を含む判検交流制度自体に問題があると主張しています。 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック