« 日本企業でどうして下請けイジメがなくならないのか,その構造に関する私の独自解釈について説明します。 | トップページ | とりあえずAKSの訴訟のキングレコードに対する反論1個書いたぞ。これが一番の法的根拠の核心。 »

2015年3月17日 (火)

食糧自給率は実のところ大した問題ではない。まやかしである。重要なのはエネルギーをどう供給するかである。

こんな記事が出ているのですが,食糧自給率って実のところ大した問題ではないと思います。

-----------
食料自給率目標初引き下げ 2015年3月17日(火)13時54分配信
http://news.nifty.com/cs/headline/detail/kyodo-2015031701001582/1.htm

 農林水産省は17日、今後10年間の農業政策の基本となる新たな「食料・農業・農村基本計画」の案を審議会に提示した。カロリーベースの食料自給率目標を初めて引き下げ、従来の50%から45%にした。今月中に閣議決定する。

 自給率の実績は40%を切っており、現実的な目標へと見直した。自給率向上を最優先する政策から脱却し、低カロリーでも付加価値の高い作物を重視する狙いもある。生産額ベースの目標は70%から73%に引き上げた。
-----------

私以前よりどこかで主張していますが,仮に食糧がなくなったって備蓄もあるし,どこかの国から融通することもできます。
休耕田とかいっぱいあるのですし,いざとなればなんとかなります。

たとえばシンガポールとかスイスなんて,都市だったり山間部だったりして,食糧自給率が高いとは思えません。

むしろ食糧自給率よりも,「一次エネルギーの自給率」のほうが比較的問題と思います。
この記事重要と思ったのですが,阿修羅さんに転載されていなかったので,転載しました。

-----------
世界最低水準!日本「6%」の不安 2015年2月28日(土)11時2分配信 R25
http://www.asyura2.com/13/lunchbreak53/msg/365.html#c32

日本6.0%、韓国18.0%、アメリカ85.0%、オーストラリア235.4%――これが何を指す数字かお分かりになるだろうか? 答えは「一次エネルギーの自給率」である。IEAの資料によると、日本はOECD加盟34か国のうち、下から2番目の水準。簡単にいえば、日本は一次エネルギーの94%を輸入に頼っていることになる。「資源の乏しい国ゆえ、日本のエネルギー自給率は低い」と知っている人でも、そんなに低かったのか!と改めて驚かされる数字ではないだろうか。(なにせお隣の韓国の1/3に過ぎないのだから)

ちなみに「エネルギー自給率」とは、その国の経済活動や暮らしに必要なエネルギーのうち、自国内で確保できる割合を指す。化石燃料の乏しい日本で「自給」できるエネルギーといえば、水力や太陽光、地熱、原子力(※)などのみ。それらを全部ひっくるめても6%しか自国で賄えないのだから、よく懸念される食料自給率どころの話ではない。食料自給率は約4割(カロリーベース)に及んでおり、エネルギー自給率に比べればはるかにマシだ。庶民感覚としても、「こんな状態で大丈夫なの?」と心配になってしまう。
(略)
だが、日本のエネルギー自給率は昔からこんなに低かったわけではない。2010年には20%ほどあったが、東日本大震災に伴う原発停止により一気に落ち込んでしまったのだ。やむを得ない事態とはいえ、これは危機的な状況である。
(略)
こうした危機感を背景に、世界各国はエネルギー自給率の向上に取り組んでいる。エネルギー環境は国ごとに大きく異なるが、供給源を他国に頼って良しとする国は世界中どこにもない。

ロシアからの天然ガスに依存していた欧州諸国も、かつて痛い目にあった教訓から、依存度を下げつつある。日本と同じく資源のないフランスが原子力を重視しているのは、まさにそうしたリスクを避けるためだ。アジア新興国が原発導入に積極姿勢を示しているのも、自国の責任でエネルギー需要の高まりに対応していくためである。
-----------

これは大問題なのですが,日本国民全体の暗黙の了解だからか,とりたてて問題にされません。

いや,記憶をたどれば,震災・原発事故の前は言っていたけれども,言わなくなった,というほうが正解でしょうか。

私は原発推進派ではなく,反対派ですが,このような事情を考慮すると,諸手を挙げて原発反対をできるわけではありません。

どのように代替燃料を確保するか,そこまで整理してはじめて,原発反対を唱えられると思います。

日本の場合を考えましたが,現状結局は,

① 従前どおりアメリカと手を組む
② ロシアと手を組む(新パイプライン建設,北方領土問題の解決を含む)
③ 中国と手を組む(尖閣諸島問題の解決を含む)

この3本の柱を全部活かして,情勢を見ながら比較検討するしかないと思います。
日本って独立国家として立てない弱さがあるんですよね。

それでいえば,まだ高度経済成長以前は石炭もあり,日本のエネルギーの自給率はそれなりに高かったはずなのですが,日本は石炭を採らなくなり,オイルショックもあった経緯から,アメリカ追従が強くなったのではと思わざるを得ません。

その結果,いまのところ①しか生きてないですよね。それが問題と思います。

食糧自給率だけ取り上げてどうのと言っても,エネルギーがなくなれば輸送が全滅する上に,ハウス栽培の電源,トラクターなどの農機具も全て使えなくなってしまいますよね。

けれども阿修羅さんでも,食糧自給率の問題だけを取り上げた記事が掲載されているだけで,これでは解にたどり着かないと思います。

「食料自給率目標切り下げ 政策転換が危うくする食料安保:農業情報研究所」
http://www.asyura2.com/15/senkyo181/msg/582.html

それで思い出すのは,国鉄の分割・民営化です。

いくらJRに残りたくても,人員を見直したら不要となる人は必ず出てくるし,その方々が職業を続けられる面倒を見る義務は日本政府にありますが,同じ職業を続けられる面倒を見る義務までは日本政府にはないと思います。

農業も一緒で,TPPを受け入れて,海外と戦ってそれでも勝ち残れるように方策を練る一方,どうしても勝ち残れない農家に対しては,違う職業への転換を促すなり,違う土地での再出発を促すなりしたほうが現実的と思います。

« 日本企業でどうして下請けイジメがなくならないのか,その構造に関する私の独自解釈について説明します。 | トップページ | とりあえずAKSの訴訟のキングレコードに対する反論1個書いたぞ。これが一番の法的根拠の核心。 »

ニュース」カテゴリの記事

日本の将来像」カテゴリの記事

日本の腐敗について」カテゴリの記事

コメント

生活保護を不正に受給している詐欺師からそんな話は聞きたくありません

大西は、菅野ビル追い出されてどうすんだ?
ホームレスは自給自足辛いぞwww

エネルギー自給率の方が課題なのはその通り。
ただ、食料自給率が下がると、食料の価格が安定しなくなる。

大西さんが中学生の頃、凶作で米がなくなって
タイ米を輸入したりした事あったでしょ。
あの時、米の価格は信じられないほど上がった。
そんな事があっても文句言わないなら、いいと思うよ。
大西さんみたいな困窮家庭は大変だと思うけど。

お前の存在そのものがエネルギーの無駄

大西くん。
褒めてあげたのにね。
いらんことしなくていいから、本命を頑張ってね。

裁判所がそのままシュレッダーかける始末書面なんて書いてる暇あんなら
仕事探せやボケが

凶作でタイ米輸入した時期はこの豚はもう高校3ぐらいだよ。空気のような存在のなか密かに阪大受かったんだろ。

こんなバカがまともにやって受かるわけないじゃん
カンニングだよ

さすが大西。

これからは自分が自給自足のホームレス生活になるからな。

違うよ、浅いな

大したことないと思うならいちいちブログにあげるな!かまってほしいのか?

日本と米国の耕作面積知ってるか?20倍以上だぞ。
それこそ工業製品のように大量に出荷できる米国と違って日本は土地の特性として「絶対に」歯が立たない。(日本は国土上、山岳地帯ばかりだから)

そんな条件で日本の農家に「攻めの農業」とか言ってる現政権。
こんなのどう考えてもアンフェアだろ。ヘビー級のボクサーとバンタム級辺りのボクサーが同じリングで試合するようなもんだ。
TPPなんてやったら食料自給率なんて絶対に上がらないよ。米国は売るためには日本に合わせて「安くて安全」な製品を送り込んでくるんだから

お前が一番要らない存在だろ。
早く、阿修羅からも、マンションからも、この世からも消えてしまえ!!

豚西のナマポ不正受給の通報と足立区北部福祉事務所塚原係長に励ましのメッセージを!

朝、8:30からあいています。

足立福祉事務所北部福祉課

電話番号:03-3883-6800

ファクス:03-3860-5077

Eメール:hokubu-fukushi@city.adachi.tokyo.jp


北部福祉課の上位部署は足立福祉事務所生活保護指導課

電話番号:03-3880-5482

ファクス:03-3880-5663

Eメール:seiho-sidou@city.adachi.tokyo.jp

Mr Lee Kuan Yew, Singapore's founding father, died on March 23 at the age of 91. He was Prime Minister from 1959 to 1990 and instrumental in transforming the country from a colonial trading post to an independent, thriving city state.

See more at: http://www.straitstimes.com/

წაიკითხეთ “გლობალური ჯანდაცვის სისტემების” ბლოგი. სარა ბენეტი, HSG-ის ბორდის თავმჯდომარე საუბრობს “გლობალური ჯანდაცვის სისტემების” ახალ სამდივნოზე, რომელსაც 2015 წლის მარტის თვიდან საერთაშორისო ფონდი კურაციო წარმოადგენს.

Read the Blog post from Sara Bennett, HSG Board Chair, about HSG new secretariat - Curatio International Foundation.

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1860320/59303960

この記事へのトラックバック一覧です: 食糧自給率は実のところ大した問題ではない。まやかしである。重要なのはエネルギーをどう供給するかである。 :

« 日本企業でどうして下請けイジメがなくならないのか,その構造に関する私の独自解釈について説明します。 | トップページ | とりあえずAKSの訴訟のキングレコードに対する反論1個書いたぞ。これが一番の法的根拠の核心。 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック