« 3/11の控訴審第2回口頭弁論で,日立製作所が出してきた資料について如何におかしいかについて説明します。 | トップページ | 今日あん禿しません »

2015年3月14日 (土)

メルケル首相からも報道の自由がないと思われたに違いない日本

「メルケル首相の二日間にわたる訪日の報道で、改めて大手メディアの「病状の進行」を思い知った。」
http://www.asyura2.com/15/senkyo181/msg/375.html

私が亡命申請却下され強制送還されたドイツに関する記事で,興味があったので。

いくらドイツが私に対して理不尽な判断をしてきたと私が主張しようが,メルケル首相が何を言い,日本がどう報道したかについては事実です。
その事実から「両者とも嫌いだから」という理由で目を背けるわけにはいかないため(人々は往々にして頻繁にそうしてしますが),コメントします。

とくにこの引用が気になりました。

---------------
ですが、言論の自由は政権にとって、政府にとっては脅威ではありません」(朝日)
http://bit.ly/1EyUIl7

「34~35年間、私は言論の自由のない国(東ドイツ)で育ちました。それは多くの側面において大変難しい、厳しいことでした。その国で暮らす人々は常に不安におびえ、もしかすると逮捕されるのではないか、何か不利益を被るのではないか、家族全体に何か影響があるのではないかと心配しなければならなかったのです。そしてそれは国全体にとっても悪いことでした。人々が自由に意見を述べられないところから革新的なことは生まれないし、社会的な議論というものも生まれません」

「最終的には競争力がなくなり、人々の生活の安定を保障することができなくなります」
---------------

日本は民主主義国家でありながら,どうしてメルケル首相からこのようなことを言われないといけないのか?
そう考えると,ドイツから見て日本には,言論の自由がないように映っているとしか捉えるしかないです。

この記事をよく読めば,講演内における発言ではなく,その後の質疑応答における発言なので,絶対とまでは言えません。
しかしさすがに首相クラスですので,質疑応答内容も事前にメルケル首相により取捨選択されていたと考えるほうが自然と思います。

これ以外にも,日本に対するメッセージはたくさんあると思います。

■隣国との関係 は,日本と韓国,中国,ロシアなどとの関係改善を促したものと取れます。
■脱原発の決定 は,日本に原発廃止を強く提案しているとしか取れません。
■格差の問題 は,日本も積極的に移民を労働力として受け入れるべきとのメッセージと思います。

それだけ熱く講演したにもかかわらず,それが朝日新聞でしか報道されてないとすれば,メルケル首相は相当心証を害し,やはり日本には言論の自由がないと思われたと思います。

« 3/11の控訴審第2回口頭弁論で,日立製作所が出してきた資料について如何におかしいかについて説明します。 | トップページ | 今日あん禿しません »

日本の腐敗について」カテゴリの記事

コメント

阿修羅でも「投げたボールに対して関係ないボールを投げ返すな」と言われただろ。

今のオマエには全く関係ないことをコジツけんじゃねえよ!

そんなに自分が好きなのか?
だったらネットなんてせずに自分の醜い姿を考えながら、一人でマスタベーションしていなよ。

阿修羅でもサーバリソースが無駄だよ。

ドイツは脱原発に向けて進んでるよ。でもあいつら自前以外でフランスとか原子力発電してるとこから電気輸入するんだぜw
地理的要因なり外的要因でそれぞれ国の事情があるよね。
島国の日本が中国なり他国に海上封鎖されたらどうするよ。石油天然ガスは当然ストップ。火力発電出来ません。その時になって慌てて原発動かすのか?w

ちょっと話逸れるけど公共事業もそう。欧州は日本と比べると地震は少ないし台風も来ない。圧倒的に自然災害が少ない。それなのに「先進国の中で日本は~」なんて言葉に騙されてはいけない。

何が言いたいかっていうと何でもかんでも向こうを真似れば良いってことじゃないんだよ。

だからメルケルの主張も尊重こそすれど真似る必要は無いと思うよ。、

報道の自由がないの?
言論の自由がないの?

タイトルと本文で変わってるんですが。

日立製作所のエリート社員から、犯罪者に堕ちたおーにっちゃんこと大西秀宜さん、おはようざいます。
ドイツで自転車を盗み、強制帰国された過去がある犯罪者に、自分のことを語るとは、メルケル首相も思ってみないことでしょう。

誰からも愛されず、居場所である阿修羅や岩田華怜スレからも相手にされない犯罪者・大西秀宜。彼の居場所は、多可町か、秋葉原のガード下の段ボールハウスでしょうねえ。

最近全然コメントも付いてないね。
もう潮時なんじゃないの?
改心して田舎に帰って仕事しなよ

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1860320/59269872

この記事へのトラックバック一覧です: メルケル首相からも報道の自由がないと思われたに違いない日本:

« 3/11の控訴審第2回口頭弁論で,日立製作所が出してきた資料について如何におかしいかについて説明します。 | トップページ | 今日あん禿しません »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

最近のトラックバック