« 2015年4月17日 | トップページ | 2015年4月19日 »

2015年4月18日

2015年4月18日 (土)

私は明日,「報道や表現を自粛しない人たちのオフ会」に参加し,短いながらも自分の意見を述べてきます。

私は明日,「報道や表現を自粛しない人たちのオフ会」

https://hanyokusan.wordpress.com/

に参加し,短いながらも自分の意見を述べてきます。

当然,帰宅したらドアにボンドなり攻撃をされている可能性があること,これまで4回のボンド攻撃+スプレー1回を受けたこと,日本だけでなくアメリカやドイツに訴えても無視されたこと,日立製作所に関して経済産業省に対して公益通報したにも関わらず,懲戒解雇された後に亡命申請しても強制送還されたこと。

それでも控訴審で菅野博之裁判長は,私の主張を検討すべきと聞き入れていただけたこと。
然るに菅野博之裁判長は安倍晋三のいる閣議決定にて大阪高裁長官にすげ変えられたこと。
ここまで主張します。

古賀さんやマスコミ関係者の前で必ず発言します。

そのためにいま,先週大阪で行われた,同様の内容を記載されたものをチェックしています。

今日もあん禿しません。ラッスンゴレライ仕込めてないし。

しばらくお休みかも・・・

・・・755にソフトランディングなんて方法はない。 → そもそも、今出ているソフトランディングの方向性は全然思いつかなかったでしょ?

http://onicchan.cocolog-nifty.com/blog/2015/04/755-78a6.html#comment-110838619

IPアドレス:     124.146.175.103

内容:
--------
おーにっちゃんは理系出身とは思えない結果論で物を言う人だなあ。
企画としてはてこ入れが必要だけど、
ウォッチの総数における企画関連の割合を見たら、
企画がフォロワーやウォッチ数の増加に一役買っているのは一目瞭然。
そもそも、今出ているソフトランディングの方向性は
全然思いつかなかったでしょ?

投稿: | 2015年4月18日 (土) 20時44分

”企画がフォロワーやウォッチ数の増加に一役買っているのは一目瞭然。”
って,3x3=9人分?

年末年始にAKBを使ってCMしたのとケタが違うやろ。

”焼け石に水”って言葉知ってる?

アキブータンはまたアホなこと言うとる。755自体おかしい。→ ”755の企画で明らかにおかしな状況なのをどうやってソフトランディングさせるか”

http://onicchan.cocolog-nifty.com/blog/2015/04/akb48a20150417-.html#comment-110833869

IPアドレス:     124.146.175.99

内容:

--------

おーにっちゃんは目のつけ処が良いんだから

逆の立場でアイドルと関わるべきだったのかなあ。

そういう意味では、755の企画で明らかにおかしな状況なのを

どうやってソフトランディングさせるかなんだけど、

建設的な意見は出せてないなあ。

おかしいと言うのは普通のファンと同じ目線だからなあ。

投稿: | 2015年4月18日 (土) 10時14分

 

・・・いやソフトランディングもなにも,755自体がビジネスとして成り立ってない。

だいたいそもそも,本当にメンバーの写真集が写真集としてだけでペイするならば,AKBはどんどんメンバーの写真集を次から次へと出しているハズやねん。

なのに,フライデーに掲載していた”友撮”でさえ,Google+や755などが一般的になって売れんようになり,連載終了してもた。


だから,写真集も当然もっと売れんハズやねん。


なのになんで写真集の企画がこんなにポンポンと,AKBに対して来たのか?


それを考えると,写真集の企画を各誌に持ち込んだのは,AKS・755側というのがわかる。

ようは755の宣伝で,本来AKBとかE-Girls,乃木坂,三代目などを使って,ユーザ数をうなぎのぼりにすべきところ,うなぎのぼりにできんかったから,AKS・755側が困って,755のユーザ数が多いように水増しするための,赤字覚悟の宣伝やねん。

具体的にどういうルートかワカランけど,おおまかに言って755 → AKS → 出版社におけるカネの流れがあると見たほうがええやろなあ。


もともとこういう裏事情があるから,755の企画が明らかにおかしな状況であるのは当然の結果であって,さらにそこからどうにかするというのは無理。

だいたいいまもう写真集が売れる時代ではない。


755とかなんとか完全に忘れて,初心に戻って,地道に劇場劇場に励む。
それに応じた程度のファンはつく。
それしかないやろ。

ボロ儲けする必要なんて一切ないんやから。

ちょっと引用の仕方変えてみました。

AKB48チームA岩田華怜様20150417

AKB48 チームA 岩田華怜様

こんばんわ。おーにっちゃんです。

1週間も開いてしまいました。
ドイツから帰国するときも毎日書いていた気がするのに,だいぶ開きましたよね。

一昨日チーム4公演を観ていて改めて,どうして私はAKBに足を突っ込んでしまったのかと改めて思い返していました。

私はもともとイチファン,ってかアイドルヲタでさえなかったです。
それどころか,私は自分はしがないフツーの人間だと思って生きてきたのです。

ただ違っていたのは,物心つく前から両親が毎日のように夫婦喧嘩していて,それを必死で止めるために毎日のように泣いていたこと,そして大学時代には既に,「ハムレット」の通説のおかしさを,定年後一生かかってでも,世界に向かって説明し切ると心の中に誓ったことでした。
いやそれだけじゃないか。これ以外にもエピソードがいくらでも出てきますよね。

とにかく自分は将来夫婦喧嘩なんてしないんだ,どんな相手に対しても自分の意見はしっかり主張するのだ,という意思はこのときからありました。

その代わりに,普通人間には先生とか師匠というものがいますが,私には明確に先生とか師匠といえる人物はいません。
見たことはないにもかかわらず,自分の目指す理想を追い求めていました。
この人は違う,こうはなりたくない,と思いながら。

見たことがないものなんて,追い求められるものなのか?と思うのかも知れませんが,子供の私から見て大人は,“見たことがないものを理解できる能力”を持っているように思えました。
だから素直に追い求められました。

だから大人が持っているらしき,“見たことがないものを理解できる能力”を得たいと思って必死になって努力したのです。

けれども,大人になってみて,“見たことがないものを理解できる能力”なんて,大人は持っているように見せかけながら実は持っていないことが分かりました。
それどころか子供も,“見たことがないものを理解できる能力”の存在自体を,ハナから信じていないことが分かりました。

ようは私は大人からまんまと騙されてきたのです。
いないはずのサンタクロースを信じるように。

だから大人から見れば,サンタクロースを信じた子供よろしく,私はとてもしつけのよい子供だったのだろうとも思います。

じゃあなぜ,ふつうの子供が“見たことがないものを理解できる能力”の存在自体を信じていないにもかかわらず,私は子供時代に信じてしまったのでしょうか?

・・・その答えは,つまるところ両親が頼りなかったからだと思います。
だってどの物語を見ても,いくら親が嫌いでも両親って絶対的な存在ですもの。

たとえば,「ソロモンの偽証」の大出くんでさえ,父親には絶対に逆らいませんでしたよね。
私が「ソロモンの偽証」の大出くんの立場であれば,父親を警察に突き出すか,それさえも拒否されたら,父親を本気でぶっ殺しています。
大出くんの父親が生きていく理由なんて到底見出せず,死刑に十分相当すると私は判断してしまいました。

にもかかわらず,なぜ大出くんは父親を本気でぶっ殺すほどの行動ができなかったのか。
私は大出くんの弱さに対して,ものすごく理不尽に感じます。
けれども大出くんのお母さんも,そんなに辛いならばとっとと離婚すればいいのに,なんで子育てのプラスにさえもならない結婚生活をダラダラと続けたのか,それも不可思議で腹立たしいです。

ちなみに私の父親は,そこまではひどくなかったです。
(もちろん,小さいころにはものすごい暴君に見えましたが,それなりに分かってくると,大西弘子のほうがよりおかしいのだと理解しました。)

神奈川の殺人事件があり,いまも“不良”がいることが浮き彫りになりました。
しかし,私は小さいころ,なぜ不良が不良になってしまうのかについてもサッパリ理解できなかったのです。
が,いま考えると,なんのことはない,不良は大出くんのように,親に対して理解して欲しいと甘えているからこそ不良の素振りを見せるのだと思います。

私は,高校生くらいになると,親に対して理解して欲しいと全く思ってこなかったので,“不良になる”という選択肢自体が全く想像できなくて,不良になれなかっただけです。

けっきょく人間,親が頼りなかったら不良になれないんですよ。
不良になっても暴走を受け止めてくれる人がいないから。
逆に親が頼れすぎて暴力団とかだったりすると,すんなり不良になれるのかも知れませんけど。

まあ,そのおかげで私はいまになって,日本の無法独裁政府組織から,不良のレッテルを貼られることになっているのですが。

・・・・なんか私の愚痴みたいになってしまいましたが,とにかくこういう人生だったと,「ソロモンの偽証」を観て改めて思いました。

藤野さんも三宅さんも浅井さんも,親の影響をすごく受けていますよね。

神原くんはそれほどでもないか。神原くんは親との葛藤がひとつのキーですからね。
けど結局神原くんも,最後は親を理解するのですよね。

そうすると,親さえをも理解していなかったらしき柏木くんはどうして死んだのかが,どうも突出しているように思えます。
映画では理不尽な主張をする子,という程度の描き方でしかありません。
が,そういう意味では,親が頼りなかったら不良にさえなれずに,やむなく自殺するしかなかったとするほうが,ストーリーとしては綺麗な気がします。
それにきっと,小説のストーリーもそうなっている気がします。

けれども,私が神原くんのような立場であれば,大出くんのところでも書いたように,親がおかしければ親を殺すまでだろうと思っています。
このため,親に屈服して自殺するとしても,柏木くんは私には理解できないですし,柏木くんに対して,「いやもっと違う生き方があるだろう」と,手を替え品を替えて主張できたと思います。

それはそうと。
一昨日のチーム4公演を観て,なんでこんなど素人の私が首を突っ込んでしまったのだろうと,改めて思ってしまいました。
何度か振り返ってきましたが,久々に改めて。

私はなんとなくAKBを観に来て,伊達娘の顔も知らないのに,この子は絶対にいいと思って応援し出したんですよね。
ルックスとかではなくて,声とかブロードウェイの夢とか,ルックス以外のものから入って推すアイドルヲタってまあいないですよね。
というか歌手や女優のヲタ,さらには芸能関係者でさえ,ルックスではないものから推し出すっていないと思います。

そういえばあーや推しと言っていたあん誰の関係者がいましたが,あーやに十分なチャンスを与えたのでしょうか?
あーやもまあそこそこあん誰に呼ばれたとは思いますが。

けれども,私があん誰を企画したらゼンゼン違うものになったという自信もあります。
私があん誰を企画したらもっと低予算でスタッフを削って,メンバーのすべき仕事を増やし,その代わりにメンバーの日当も増やしたと思います。

それに,自慢にもなりますが,私は伊達娘だけを推していても絶対にAKBから受け入れられないだろうと思って,それぞれのメンバーに対していちばん最適と思う解法を常に考え続けました。
それは当たっていることもあるでしょうし,外れていることもあるでしょう。

けれども,人間押し付けられるから重苦しいのであって,あくまで一案として押し付けにならなければ受け入れられると思って,私はコメントし続けました。
それで,ヲタ連中に囲まれたことが何回もありましたよね。

私は,自分の経験をいろいろ考えて,相手が「一般的にはこうするべき」と言ってきているものよりも,自分の感情のほうが正しいと思って,大勢のヲタの前でも考えを一切曲げませんでした。

とにかく私は,周りの人々が言っていても,それを鵜呑みにして信用することはまずありません。(時間がないので暫定的に鵜呑みにして信用することはありますが)
基本的には自分が,誰に教わったのではなくても,自分の納得するストーリーに沿ってようやく信用するのです。

ここまで考える人はいないですよね。
伊達娘もここまで考えられるようになって欲しいです。

それでは。

2015/04/18 4:56:17 おーにっちゃんより

------

2ちゃんねるに私について突然”モラル・ハラスメント”とするコメントがありました。来週のAKB(AKS),キングレコード,グーグル日本法人との控訴審判決文に,”モラル・ハラスメント”という文章なり要旨の判決が記載される前振りと私は考えます。

AKSやキングレコードらが,事前に裁判所から判決文を入手していて,その内容をここに書き込んだと思います。

・・・・と,こう釘を刺しておけば,果たして判決文にその内容が書いてあった場合に,事前に裁判所から判決文が漏れた可能性の証拠として,裁判官訴追委員会に対して主張できます。

そもそも私は,法務省の高級官僚を裁判官に据えたうえで,司法と行政がグルになって不当な判決を為したと主張しているのです。
今回の判決も当然,三権分立の一方である立法府が慎重に検討せねばなりません。

立法府が慎重に検討しないのであれば,私は最高裁に上告し,それも棄却された場合は国連に訴えるだけです。

逆に裁判所がそれを否定したければ,”モラル・ハラスメント”に当てはまらない筋書きをこれから作らねばならず,それはそれで非常に難しいですよね。

------------
ドルフィンクラブ2 [転載禁止]©2ch.net
http://peace.2ch.net/test/read.cgi/intro/1429243467/105-109

105 :おーにっちゃん ◆CsvquZNDeKXO :2015/04/18(土) 00:21:58.61 ID:R4/OI6om0
・・・いろいろ否定していくけど,自分が伊達娘であることは否定してかんよなあ。
伊達娘のツンデレ具合にはなんといっていいのやら。

ぜんぜんファンレター進まんやないか。
てか私も私なりにいろいろ考えるところがあるの。

とはいえそんなこと言ったって,家庭にちゃんと配慮できるところも,将来の嫁に対しては配慮せななあ。

ちなみにもともとの日本語では,”妻”というのが正式で,”嫁”というのは親目線やねん。

だから”俺の嫁”という言葉はおかしくて,本来は”俺の妻”のはずなんやけど,”俺の嫁”という言葉のほうが定着してきて逆に”俺の妻”のほうが古臭い言い方になってもとるよなあ。

・・・私理系なんやけど,言葉の定義をいろいろ調べていたら,いつの間にかちょっとした国語学者みたいになっとるよなあ。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BF%BA%E3%81%AE%E5%AB%81

俺の嫁(おれのよめ)とは主に男性が理想的な女性(架空のキャラクターを含む)に対して発する言葉で[1]、主にアニメや漫画、テレビゲームなどのファンの間で、また商業の場においても用いられるようになっている[2]。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AB%81

嫁(よめ)は、元来は息子の妻や新婚の女性を指す語。対義語は婿。家制度が前提の時代には、外部から「家」に入ってくる女性という意味合いが強かった。

106 :シロイルカ:2015/04/18(土) 00:24:45.76 ID:???0
>>105
モラハラ代表みたいな奴が何言ってんの?

107 :はじめまして名無しさん:2015/04/18(土) 00:34:33.79 ID:???0
シロイルカもさぁ、ネタの落とし所考えろよダラダラと大西おちょくってさ結構みんな飽きてきてるぞ

108 :生イルカ:2015/04/18(土) 00:34:40.27 ID:???0
>>105
自分の両親を大切にできない人が家庭に配慮ってできるの?
信用できないんだけど!

109 :シロイルカ:2015/04/18(土) 00:34:52.01 ID:???0
当てはまりすぎて怖いww

モラル・ハラスメント加害者の特徴・行動パターン wikiより

・罪悪感を持たない。責任を他人に押し付ける。
・強い者には弱く弱い者には強い。
・猫なで声や慇懃無礼など反動形成が目立つ。
・ある事柄においてのみ感情的恐喝をするのではなく、もともと感情的恐喝が出来る人格である。
(感情的恐喝=「隣同士仲良くすることは私の願いです」、「あなたのためを想って」といった言動)
・「あなたと仲良くしたい」(=あなたを丸め込みたい)。
相手がとまどいを見せれば「あなたは私の事を信じてくれないのでしょうか。私はあなたのことを信じているのに…」。
そのように美辞麗句や大義名分で相手が反対しにくい状況を拵える。
人は皆同じであるという倫理は利用される。優しく弱い者から搾取する。
・「それは許されることではない」
・立派な言葉を使う。しかしその人の日常生活や内面の世界は、その立派な言葉に相応しいほど立派ではない。
・際限もなく非現実的なほど高い欲求を周囲の人にする。
・縁の下の力持ちとなり、自分は「愛の人」となる(本質にあるのは憎しみと幼児性)。

« 2015年4月17日 | トップページ | 2015年4月19日 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近の記事

カテゴリー

最近のトラックバック