« 2015年5月2日 | トップページ | 2015年5月4日 »

2015年5月3日

2015年5月 3日 (日)

「おーにっちゃんの,あんた,禿!」まもなく放送します。「花は咲く」の歌詞変更など。

「花は咲く」の歌詞が変更になったこと。
黒木さんの件。


カンパよろしくお願いします。
ゆうちょ銀行 店名 四〇八(ヨンゼロハチ)普通預金 口座番号 0693265

----------------

【ニコ生の見方マニュアル】

一般会員は、無料です。
プレミアム会員は、月額540円・税込です。

おーにっちゃんの番組を観るだけなら、一般会員で十分です。

 1.ニコニコの会員登録をする・・・無料

 2.http://com.nicovideo.jp/community/co2295489  をクリックしてパネル画面にジャンプ

 3.開演時間(22:30ごろ)になったら、パネル画面の上部に「閲覧」ボタンが出現するから、それをクリック

----------------

「花は咲く」の歌詞がようやくひとつ変更された件

私,「花は咲く」を聴き,歌詞を読んですぐにものすごく違和感を感じたのですが,ようやくほんの少し私の考えるものになったようです。

私は詞だけでなく,曲も,のほほんとしていて気に入ってません。
菅野よう子さんの作曲姿勢についても,当時結構非難しました。

ようやく少し理解してくれたか,という感じです。


NHK「花は咲く」歌詞1カ所変更 東北地方向け放送

朝日新聞デジタル 5月3日(日)1時18分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150503-00000004-asahi-musi

NHK「花は咲く」歌詞1カ所変更 東北地方向け放送

 NHKの復興応援ソング「花は咲く」の歌詞が、震災4年を経て、1カ所変わった。亡くなった人の視点で語っていた「わたしは何を残しただろう」の3度の繰り返しのうち、最後の1回だけを、これからを生きる者の視点で「わたしは何を残すだろう」に。東北地方向けにMay J.さんが歌うバージョンが、4月24日から放送されている。

 NHK仙台放送局によると、詞を変えることを考えたのは、作曲者で仙台出身の菅野(かんの)よう子さん。「4年が経ち、自分もやっと一歩立ち上がってみようという気分になった。そこで初めて曲の最後で、何を残すだろう、と言えた」「東北の人が一歩前へ進む勇気に、寄り添えたらと思う」と語っている。作詞者の岩井俊二さんにも相談し、賛成してもらったという。

 「花は咲く」は2012年3月から放送され、千昌夫さん、西田敏行さん、荒川静香さん、中村雅俊さんら東北にゆかりのある人が歌い手を務めている。著作権料などは義援金にあてられる。被災地でも、仮設住宅の催しや学校などで広く歌われてきた。

 仙台出身の岩井さんは震災後、石巻の先輩が「僕らが聞けるのは生き残った人間の話。死んでいった人間たちの体験を聞くことはできない」と語った言葉に背を押された。死者の思いに想像力を働かせて、詞を書き上げたという。(石橋英昭)

朝日新聞社

めっちゃ頑張って主張していた証拠 です。

元日立製作所勤務?大西秀宜の事情70.20
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/company/1362074801/485

485 :hidenobu onishi 忍法帖【Lv=4,xxxP】(3+0:5) ip-80-226-24-5.vodafone-net.de:2013/03/09(土) 20:04:40.87 ID:Ma8RN+vN0
岩井さんのは、"わたしは何を残しただろう" というのが、ものすごく死者の視点と思う。
生きているヒトならば、せめて "わたしは何を残せるだろう" やと思うねん。

過去形になっとるのは、亡くなってしまったから。
亡くなってしまったからこそ、"いつか生まれる君に" というような曖昧な
言い方しかできんのとちゃうか?と思うてん。

その延長で考えたら、"花は咲く" の花も、死者を弔う花、という意味になる。
まあ、それだけを意図したのでもないとも思うけれども("いつか生まれる君に" であるし)、
そういう意図も間違いなくあると思う。

ワタシは、もっと、いまを生きているヒトそのものに視点を当てて、
そのヒトに語りかけ、応援する歌にしたいと思った。
だからワタシの詞には、過去形が一切入ってないねん。

だから、ワタシの詞が、"壮大な鎮魂歌"、と言われるのはどうしても腑に落ちず、
秋元康のトラップちゃうかと思うねん。

花は咲く 歌詞
http://j-lyric.net/artist/a0563ad/l02849a.html

私が,花は咲くの歌詞をアレンジしたもの
http://onicchan.cocolog-nifty.com/blog/2013/03/post-b747.html

春風薫る 海のほとりで
あの日と 変わらぬ
水平線を 見つめる

あの人は なにが叶えたかった
思いにふける いまこの瞬間に
生を授かる 人がいる

愛の歌が聞こえる
わたしは喜びに満ちる
みんなが笑顔になる
悲しみを吹き飛ばして

花は 花は 花は咲く
生まれようとしている君に
花は 花は 花は咲く
わたしも育み咲かせたい

照りつける 日差しの下で
あの日と 変わらぬ
生き様を 見つめる

わたしの 思い描いた未来とは
変わってしまった けれど
ここから始まる 未来がある

希望の歌が聞こえる
わたしは励まされる
みんなが前を向いている
悲しんでいる時間はない

花は 花は 花は咲く
生まれようとしている君に
花は 花は 花は咲く
わたしも育み咲かせたい
花は 花は 花は咲く
生まれようとしている君に
花は 花よ 花よ咲け!

日本の防衛費について,tweetを契機に調べてみました。

もともと,「駐留米兵1人当たりの負担1,293万円~」

https://twitter.com/hopi_domingo/status/594437559561814016

というtweetを見て,なんじゃこりゃと思ってコメントしていたのです。
そこで,日本とドイツを比較すればよいと教えていただき,さらに調べました。

2010年3月号のデータと,ちょっと古いですが日本とドイツの陸海空軍の人数を見つけてきました。
最新のデータもリンク先から見ればいいのですが,私もドイツ語ほとんどできないので・・・

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1038725165

たとえば,日本の陸上自衛隊はドイツの陸軍とそれほど劣っていません。
給与が高いはずの常備自衛官の数は日本のほうが明らかに多いです。

陸上自衛隊って,災害復旧にはすごく大事ですが,有事の際を考えると大して要らない組織ですよね。
戦車約 900両も持っていますが,本土決戦に備えているのでしょうか?
海を越えて他国に戦車を持っていくのは非常に難しいですし。

日本が本土決戦になる事態があれば,もう白旗上げるしかない気がするのですが。
太平洋戦争だってそうでしたし。

日本は島国なので,有事における最小限の軍備を考えた場合,海上自衛隊と航空自衛隊は相応に持ったほうがいいとも思います。
その数がこれなのかはよく分かりませんが。

しかし,これを調べていて,ドイツはかつての敵国であるフランスと協力しているらしきことも知りました。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%B9%E8%BB%8D

そうすると,日本も民主主義に近い,韓国や台湾と協力していく方策もあると思います。
さすがに中国やロシアはあり得るか分かりませんが,過去の戦争でも自国が暴走しない限り四面楚歌になる事態はないはずですし。

なお最新の,自衛官の定員及び現員についてはこちらから分かります。

http://www.mod.go.jp/j/profile/mod_sdf/kousei/


さて,これを見ても,日本の自衛隊はドイツにさえ決して劣っていないと考えられます。

私が個人的に気になるのは,それでも日本は防衛費が他国と比較して低い,1%枠内に綺麗に収まっていることです。

http://www.globalnote.jp/post-3874.html

中東はオマーンが11%ですが,それだけ危険だからでしょう。
じゃぶじゃぶに使っているイメージのあるアメリカは3.81%,ドイツは1.34%ですね。

永世中立国スイスが軍隊を持っていることが,私の子供の頃に引き合いに出されていましたが,0.78%です。
比較的先進国であるアイスランドなんて,0.13%しかありません。

アイスランドの憲法がどうなっているのか知りませんが,小国の上に防衛費が0.13%しかなければ,憲法論ではなくて実態としておいそれと戦争を起こせないのは目に見えています。
ある意味こういうのこそ,真の戦争放棄なんでしょうね。

そして日本の防衛費1%枠については,どうせ日本のことだから,さまざまな名目をつけて,防衛費外から取り崩しているに違いないと考えます。

ひとつ見つけたのですが,こちらのブログで記載されている内容では,米軍駐留費だけで2004年に44億ドル,4,000億円くらいある

http://blog.goo.ne.jp/jpnx05/e/0640f35212c2ae45493466be781bdfc2

にも関わらず,今年度の基地対策費4,489億円には計上されていにように見えます。

http://www.mod.go.jp/j/yosan/2015/yosan.pdf

・・・と思ってよくよく見比べてみたら,在日米軍関係経費(平成27年度予算)とあり,その中の”SACO関係経費、米軍再編関係経費のうち地元負担軽減分”,さらには”在日米軍駐留経費 負担”について言及があり,数字も一致します。

http://www.mod.go.jp/j/approach/zaibeigun/us_keihi/keihi.html

”SACO関係経費、米軍再編関係経費のうち地元負担軽減分”に関しては防衛費1%枠外の費用ですね。
防衛費1%枠外の費用も明示的に存在しました。明らかに隠していると叩かれるべき数字でもありませんが。

しかし,自衛隊員はこれだけ人数も多く,米軍に思いやり予算も当たっているにも関わらず,ほぼ防衛費1%に収まっているのは,未だになんか釈然としません。

« 2015年5月2日 | トップページ | 2015年5月4日 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カテゴリー

最近のトラックバック