« 2015年5月15日 | トップページ | 2015年5月17日 »

2015年5月16日

2015年5月16日 (土)

【ネタバレあり】「広い宇宙の中で」5/16夜公演感想。というかそこからいろいろ思ったこと。

出演者について褒めてなかったので、いいところを先に書いて、後から改善すべきと思ったところを。

「フットルース」のときにけっこう指摘した、"間"の取り方ですが、かなり良くなって、ナチュラルな感じにできていると思いました。
その後の作品で、"間"の取り方について苦情を書いた気もしませんが、褒めた記憶もないので、そこは確実に良くなったと思うところとして指摘しておきます。

それと、音程もリズムも良くなりましたね。
今回、音程をたまに外すように感じることはまだちょくちょくありますが、皆さん指摘するほどではありません。
昨日の黒田さん、最初のほうでなんか音程怪しい歌が1曲ありましたが、今日は気になりませんでしたし。


あとは、しんどいと思ったところです。

観ていて、改めて、登場人物を泣かせ過ぎ、と思いました。
それがいちばんしんどいですよね。

私は、登場人物を泣かせるのは、たとえ1回であっても禁じ手と思っています。
というのも、登場人物が泣いたら無条件に泣く観客が、一定数出てくるからです。
だから、ストーリーの中で伝えたいことがあれば泣かせてはいけない。
「火垂るの墓」で清太が泣くところさえ、私は良く思っていません。

逆に、伝えたいことがなければ、じゃんじゃん泣かせてしまえばいいとも言えます。(いや、アカンけど)

エレベーターを出て、カップルの会話で、女性が「宗教じみてた」と言っていましたが、この感想は正しいと思いました。
昨日もヒトラーと同じと書きましたが、壇上の者が泣いているから観客も泣く、では、オウム真理教の説法と実のところなんら違いがないと考えます。

壇上の者が泣いているからとして、反射的に泣く観客を作り出すことが、将来の日本を考える上でどれだけ罪深いことか、もっともっと慎重に考えて作って欲しいものです。


その関連ですが、2幕8場の和子と照代の歌、を伊達娘はいちばん感動したところに挙げていましたが、私は全く感動しませんでした。

だって、照代が、自分は悪魔に取り憑かれていることを主張したところで、全部自分の身から出たサビなのですから。
・・・まあ、そこまで言ってしまうにはかわいそうな人生があったのだろうとは思いますが、"悪魔"のせいじゃないですよね。
私の不安を基にすると、もっと描き方があると思うのです。

それにしてもこの作品は、3回観てもまだ記憶に入り込んでない場面が多いです。
それだけ設定が複雑で、行動ではなく言葉で済ませてしまっており、正直言って観客の誰も理解していないと思います。


1回で理解できるストーリーであることが如何に重要か、説明しましょう。

1回で理解できるストーリーであっても、たとえば皆さん学校の教科書を何回読んだところで、テストで30点しか取れなかったような現実を覚えておられると思いますが、人間の理解なんて斯様にあやふやなものなのです。

であれば、2時間1回こっきりの作品なんて、平均して10点分も理解されないと考えたほうが自然です。
評論家が何回も観て、ようやく60点取れる程度なのですから。
インターネット上に、「広い宇宙の中で」の感想がほとんどないことも、それを実証してます。
だからこそ、もっとシンプルなストーリーが重要だと思うのです。


それにしても、日本ってどうしてこうもウエットな作品を好むのだろう、とも思います。
この作品を英語に訳して、ブロードウェイで通用するか?という観点から見ても、全く通用しないと考えます。

それは、日本とアメリカの文化の違いだけでは埋まらないと思います。
ブロードウェイで通用する作品を作ってみようよ、と思います。

それから、横浜の街を描く、ってどういうことだろう、と改めて考えました。
たとえば「フットルース」で、ボーモントの街を詳しく紹介なんてしませんよね。
他の作品でもそうそうない気がします。

旅番組の要素のある映画ならばともかく、舞台作品だと、もう少し理由が欲しいかなと思います。
積極的な理由あるでしょうか。
必ずしも否定するのではなくて、上手いこと肯定的に横浜を描く理由が思いつかないと思うのです。
言葉で説明しているところを、演技に振り分けるほうが優先度高かったかなと。

幽霊のダンスの描写なんかも、要らないのかなあなどとも思いながら、まあ幽霊であることを端的に表せているし、こういう理由の繋がりならばいいかなとも思いましたが。


それと、20代の長女と次女が父親の再婚を否定するって、あまりあり得ないんじゃないかと思うのです。
たとえば恋愛を知らない10代前半ならば純粋に否定できるかも知れませんが、23歳くらいで身籠っている長女ならば、父親にも恋愛が必要とすんなり理解できると思うのです。

たとえば、「フットルース」のアリエルのように、本来あるべき父親の愛情がないのであれば、その屈折した延長として父親の恋愛をも否定するのはアリエルと思いますが。(・・・なんちゃってw)
そういう意味では、お祖母さんから厳しくしつけられ、まだ箱入り娘の次女には、親に対する屈折した愛情が出ているとも言えなくないのですが。

そういえばお祖母さんは、和子の死後、次女を躾けて死んだようですが、そうすると家庭の他の人々が全く話題にしないのもおかしいですよね。
また、父親は結婚のときにはお祖母さんに大見得を切り、照代にも同様に接しているにもかかわらず、次女はほっといたとするとそこの整合性も取れません。

・・・そうやって検証すると、この作品では次女の扱いが、かなりぞんざいなことが浮き彫りになります。
ミュージカルといっても、観客がきちんとした証拠を実感して感動するのと、出演者が泣いているからなんとなく感動した雰囲気になってしまうのとでは、天と地の差があると考えます。
そこはきちんと理解して作って欲しいです。

ちなみに、
父親 51歳
母親 和子 45歳(33歳没)
長女 23歳
次女 22歳
長男・三女 19歳
四女 12歳
靖 35歳
照代 靖より上

という感じです。

和子と付き合って、和子のほうが結婚を言い出したとしても、結婚したのは和子21歳で6歳年上と、設定に少々難があると思います。
また、長女と靖の年齢も12歳違いで、しかもヒモというのも、ちょっとあり得ないです。

長男と源さんのゲイ設定と比較すると違和感少ないのですが、それでも、違和感が多ければ多いほど設定を受け入れづらいと思いますので、ここも指摘しておきます。

私は、コーヒーお代わりしました。彼らはお代わりもせず、満席で居続けてます。本当に必要なのはキーワードの羅列ではない。

GHQだの、欧州的価値観だの、いろいろなキーワードが出てきます。

けれども、本当に必要なのはキーワードの羅列ではなく、キーワードのひとつひとつに苦心惨憺している人々のストーリーがあり、そのストーリーのひとつでも、心から理解したいと思う心と思います。

それぞれの言葉ごとに、当然のように賛成派反対派がいて、自分の思うゴールに向かって、いろいろな隘路をくぐり抜けているのです。

その人たちは、多くの私利私欲と、若干の公益とを考えて行動しています。


たとえば、なにが本当の公益なのか、なにが公益のように見せかけた私利私欲なのかについても、じゅうぶん検討に値します。

しかし、あらゆるキーワードを羅列しているだけでは、いつまで経っても情報の波に翻弄されるだけです。


ところが困ったことに、あらゆるジャーナリズムが、情報に翻弄される人々向けの記事のほうが儲かるために、なにが公益なのかまで検討することを放棄しています。
それどころか、もうジャーナリズムに加わっている人々自身が、"情報に翻弄される人々向けの記事"を書いているという認識さえもないのです。


"公益"という言葉を使いましたが、"公益"という言葉も実のところ危険ですよね。

というのも、言葉でいくら決めても、言葉の解釈って移ろいゆくものだからです。
憲法第九条が骨抜きになった経過を見れば明らかですよね。


行く川の流れは絶えずして、しかも元の水にあらず。


大切なのは言葉ではなく、いくら困難辛苦に遭おうが、大切なものを守り通したいという信念です。

新橋のスタバなうです。満席なのに4人テーブル席で、新聞とか本とかいっぱい広げて社会人若者4人組が、編集局長がどうのとか新聞について講釈垂れてて迷惑です。

男女2人ずつ。

フィリピンがTPPでAIIB参加、とかどうとか言ってます。

編集局長がどうのとか、読売新聞とか神戸新聞とか、朝日とか毎日とか、学生はどうとか言っているから、若い記者の勉強会なんでしょうねえ。

しかし、満員のスタバでやるのは反則と思います。
私もいいかげんに聞いていますが、もっとハッキリ聞かれて拡散されたときに、この人たち問題でしょう。
或いはこの勉強会姿を、顔が分かるように投稿されたら。


本当に記事について勉強したければ、スタバではやらないと思いますし、それぞれがたくさん資料持って来ないと思います。

いっぱい資料持ってきて、難しいこと言える自分たちカッコいい!と、ギャラリーに対して見せたい主張が、透けて見えるように思います。


新聞社ってこんな上っ面だけの社員ばっかなんやろなあ・・・

ネタはひとつだけでいいから、それがあなたの生活にどういう意味を持つの?というのを掘り下げて考えないと、上っ面の言葉を追いかけるのって、幼稚園児の言葉遊び以上の意味を持たないって。

【ネタバレあり】「広い宇宙の中で」5/16昼公演感想。というかそこからいろいろ思ったこと。

昨日、伊達娘が代わったシーンについて書きましたが、記憶がけっこういいかげんで勘違いでした。
いろいろ考えているうちに、記憶が入れ替わったようです。

とはいえ、昨日と演技が若干変わっているところもあるのでは?
黒田さんが、吉田さんと福田さんの掛け合いをバッタリ見るところとか、もっと演技があった気がしますが。

それ以外は昨日と比べて、特にどうとも変わった気がしませんでした。
もっと1回1回ライブの面白さがあると思うのですが、セリフで説明してしまうところが多いからか、ライブの面白さも少ない感じがします。


また、細かいお話ですが、ミュージカルだから、そこそこつじつまが合わないストーリーでもいいとは思うのですが、横浜に住んでいる家族が、横浜の街を舞台に、まるでおのぼりさんかのように踊るというのが、なんか気になりました。

地方で公演したらそういうのも面白いのでしょうが、なんかテーマと離れている気がしてイマイチです。

もっと素直に、いま都会で生きる苦悩と楽しさみたいなストーリーにするならアリとも思いますが。


ところで吉田さん、私いつも気になるのですが、裏声みたいな感じで出されてますよね。
別に地声のほうが素敵でいい気がするのですが。
今晩ニコ生で、吉田さんの発声と普通の声の違いを実演してみましょうか。

けれども、私は文句言うためだけに観ているわけではなくて、福田さんが家から出れる手前で、吉田さんが神様のお告げを聞いて手を合わせて、その後に結界を破るしぐさがあることを発見しました。

私もこういう細かいしぐさ見ているのですよ。


やっぱ、細かいネタにこだわる以前に、もっと大きなストーリーの流れを良くして欲しいように思います。

大きなテーマとして、大きく2つ、「命の大切さ」「生きたいように生きることの大切さ」が上げられると思います。

この2つは当然のようにリンクしているのですが、このテーマは上手に伝えないとありきたりになってしまうと思います。

たとえば、田中麗奈の「はつ恋」なんて、お母さんがガンで死んでしまう、というベタ過ぎるストーリーでした。
ベタ過ぎて、「命の大切さ」を描いているにもかかわらず、説得力に欠けると思いました。

この例からも、やっぱストーリーって説得力だと思うんですよね。
ストーリーに説得力を持たせるためには、登場人物の背景の生活をしっかり描かねばならない。
なのに、登場人物の生活が描かれていないからこそ、ラストに向かって説明口調がどんどん増えるのだと思います。

そもそも、福田さんは12年の間に、もうだいぶ心の整理がついているはずですよね。
もちろんそこをすっ飛ばしてもいいのですが、12年の間に家族みんなが考えた結果として物語を始めねばならぬところ、その考察が足りない気がします。

・・・やっぱ12年って長すぎる気がします。
阪神大震災だって12年の間覚えていられた人間ほとんどいませんし。


そうそう、タイトル「広い宇宙の中で」というより、「広い家の中で」のほうがしっくりきますよね。

いまのところ、"宇宙"が出てきた理由が薄いです。


ちなみになんと、私のちょうど真後ろの席に、ひらりーが座ってきました。
さらに、右斜め前も、マネージャーが話していて、メンバーかOGと思うのですが、後ろ姿からでは誰か分かりませんでした。

そういえば、1995年だったと思うのですが、「眠る男」の試写会で、高畑勲さんの後ろ側で(真後ろだったかは忘れましたが)、映画監督は映画をどう観るのだろう、と思って後ろからチラチラ見たよなあ、なんて思い出しました。

精神科で手のしびれを訴えたら、"手根管症候群の可能性あり"とのことで、整形外科に行くように言われました。

精神的なものではないのかな?

”障がい者自立支援組織「あけぼの」の中村忠義”なる,架空の人物を作ってきましたね。

次から次へと怪しい書き込みがあります。

http://peace.2ch.net/test/read.cgi/intro/1430155354/874-876

874 :中村忠義 ◆K9E0ECwc5Y :2015/05/16(土) 06:29:49.07 ID:hcE0mB+M0
はじめまして
障がい者自立支援組織「あけぼの」の中村忠義と申します

こちらで障がい者に対する執拗なイジメが行われてるという情報をいただき調査に参りました

「おーにっちゃん ◆CsvquZNDeKXO」
この方が対象の人物でよろしいのでしょうか?

875 :はじめまして名無しさん:2015/05/16(土) 06:49:57.41 ID:???0
>>874
健常者に対する執拗な誹謗中傷が行われていますので
はやく施設に入れて更正してください。

「おーにっちゃん ◆CsvquZNDeKXO」
この方が対象の人物です。

876 :おーにっちゃん ◆CsvquZNDeKXO :2015/05/16(土) 08:01:31.65 ID:S7z7yCzP0
障がい者自立支援組織「あけぼの」
中村忠義

でそれぞれ検索しても,それぞれいるようやけど当該人物はいない。

そのうえ,"◆K9E0ECwc5Y"は検索したら以前ちょくちょく使われていたトリップ
https://www.google.co.jp/webhp?tab=mw&ei=K59VVfPhLYXaUZqRgWA&ved=0CAYQqS4oAw#q=%E2%80%9D%E2%97%86K9E0ECwc5Y%E2%80%9D

やけど,”中村忠義”ではない模様やなあ。

これを,”菱形の武道派”であったとしてお茶を濁すのですかねえ?
警察はこれのことでしょうと言い逃れて捜査しないでしょうし。

http://peace.2ch.net/test/read.cgi/intro/1430155354/850

850 :ヴィドゲンシュタイン神:2015/05/16(土) 00:25:41.05 ID:???0
知識と知性の違い、感情と感性の違い、道徳と倫理の違い
全て分かった人、次スレ立てといて下さいね( ・∇・)
哲学板とか面白いよ、ロビー板、なんでも板、ガールちゃんもね(*´∀`)
上から目線の足立区在住の生ポ高齢者はもうすぐ駆逐されるよ!
一線を越えたからね( ´_ゝ`)菱形の武道派に正式なオファー
入ったからねp(^-^)q

私への脅迫来ました。”菱形の武道派”って暴力団山口組を使うということでしょうね?警察はこれでは動かないので,私がなんらかの事件に巻き込まれたときに,どなたか覚えておいてください。

このスレの書き込みですが,それまでの私の書き込みを総合して,私への脅迫のようです。


http://peace.2ch.net/test/read.cgi/intro/1430155354/850

850 :ヴィドゲンシュタイン神:2015/05/16(土) 00:25:41.05 ID:???0
知識と知性の違い、感情と感性の違い、道徳と倫理の違い
全て分かった人、次スレ立てといて下さいね( ・∇・)
哲学板とか面白いよ、ロビー板、なんでも板、ガールちゃんもね(*´∀`)
上から目線の足立区在住の生ポ高齢者はもうすぐ駆逐されるよ!
一線を越えたからね( ´_ゝ`)菱形の武道派に正式なオファー
入ったからねp(^-^)q


そして,”菱形の武道派”で検索しますと

https://www.google.co.jp/webhp?tab=mw&ei=K59VVfPhLYXaUZqRgWA&ved=0CAYQqS4oAw#q=%E8%8F%B1%E5%BD%A2%E3%81%AE%E6%AD%A6%E9%81%93%E6%B4%BE

全体的に暴力団がヒットしますし,”菱形”は山口組を表すようなので,山口組を使って私になにかをすると言っているようです。

「おーにっちゃんの,あんた,禿!」まもなく放送します。「広い宇宙の中で」感想など。

ある意味想像した通りで,残念です。


カンパよろしくお願いします。
ゆうちょ銀行 店名 四〇八(ヨンゼロハチ)普通預金 口座番号 0693265

----------------

【ニコ生の見方マニュアル】

一般会員は、無料です。
プレミアム会員は、月額540円・税込です。

おーにっちゃんの番組を観るだけなら、一般会員で十分です。

 1.ニコニコの会員登録をする・・・無料

 2.http://com.nicovideo.jp/community/co2295489  をクリックしてパネル画面にジャンプ

 3.開演時間(22:30ごろ)になったら、パネル画面の上部に「閲覧」ボタンが出現するから、それをクリック

----------------

« 2015年5月15日 | トップページ | 2015年5月17日 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近の記事

カテゴリー

最近のトラックバック