« 2015年8月17日 | トップページ | 2015年8月19日 »

2015年8月18日

2015年8月18日 (火)

穀田屋十三郎をほぼ読みました

いまの日本に、自己責任が取れる人間は私以外におらず、加えて役人は江戸時代からなんら変わっていないと思いました。

やっぱり日本は敗戦から何も学んでいません。

穀田屋よりも、穀田屋に知恵をつけた菅原屋、それと代官の橋本に興味を持ちました。

詳しくは明日書きます。

新聞社勤務を騙る者が追加でコメントしてきたぞ

工作バレバレ。

私の今後についてネガティブな書き方をしているのは、工作員のホンネやろなあ。

私はココに書かれているような将来も取りませんし、そもそもそこが勝敗の分かれ目だったとも思っていません。
だって、いま現に、工作活動を受けているのですから、JLDGOは私に勝ったとは到底思っていないのです。


こんなコメントを書かざるを得ないのもその証拠です。

ものごとは、言った通りになるというのを実践したのでしょう。
然るに誰が言ったこともその通りになるわけではありません。

"強い意思を持った者が、行動力を伴った場合に"ものごとは、言った通りになるのです。

コイツはそれを理解してないでしょう。


ーーーーーーーー
http://onicchan.cocolog-nifty.com/blog/2015/08/post-4e8a.html#comment-111603692

大西様

新聞社勤務の者です。
大西さんが拾ってIPを調べたのはちゃんねらシンガー?ヤマシン?がコピーペーストした書き込みです。
シンガー?ヤマシン?がコピーペーストする数時間前にコメント欄に書き込んだのは私です。よく調べてみて下さい。

私のメッセージを拾ってくださりありがとうございます。

大西さんにヒントです。

日本政府や日立製作所はメディアなどに大西さんの事を報道するなと圧力を掛ける事はありません。メディア側は所詮は国や企業から仕事をもらう立場。空気を読んで大西さんの存在を見て見ぬふりするだけです。

前回メッセージの通りです。大西さんが一人くらい、発狂しようが死のうが、大局的に見れば、どうでもいいニュースなのです。

私はそうは思いませんが‥‥けれども、自分の今の人生と天秤に掛ければ見て見ぬ振りをせざるを得ないのです。

日本という国は酷いと思います。

大西さんはそんな国と戦う英雄である事は事実ですが、報道側からすれば、大西さんは大変都合の良い人間です。

大西さんは逮捕を恐れて今一歩のところで攻撃の手を緩めています。
逮捕されてしまったら報道せざるを得ません。しかし大西さんは逮捕を恐れているので報道しないで済みます。

国に宣戦布告したところで、逮捕を恐れてどうせ何もしないだろうと、メディアも安心して無視を決め込めます。

秋元氏らも、以前は確かに焦っていましたが、今では大西さんは生活保護を需給していればおとなしく生活するだろうから無害な相手だと今は一安心しているでしょう。

敵から見れば大西さんは弱体化し、生活保護に甘んじて余生を送ると国もメディアも睨んでいます。すなわち、野良猫以下の影響力しかないと思われてしまいました。

安倍総理に殺害予告をした時、もっと勢いよく行い逮捕させていれば、さすがに報道しないわけにはいかなく、取り調べ時にノエル少年のように吠えまくればそれが報道されたでしょう。
日立製作所の問題点を主張すれば全国ニュースになったでしょう。

ところが実際には、逮捕を恐れてブログを削除して国に降参の態度をとってしまいました。

あの日が運命の分かれ道だったと私は見ています。

あの日から大西さんは焦り、弱体化が始まりました。

わたしも報道の使命に悩みましたが、大西さんの為になると考え、上部に対し、大西氏は精神病。ニュースにする必要無しと報告しました。
だから生活保護を需給できているのです。

戦いを諦めるのなら、日本政府、秋元氏らの目につかないように静かに余生を送るべき。
戦いを続けるのなら、生活保護需給を優先して弱気で守りに回ることなく、ノエル少年のように吠えまくれば報道されるはずです。
私はノエル少年のニュースを数本扱いました。無視できない存在なのは確かでした。

私は、大西さんが勇気を持つなら応援したいところですが、ノエル少年のように勇気は無いでしょうと思います。

でも、それが良いのだと思います。

生活保護需給していれば生きていけます。本当は大西さんもそれで良いと思っているでしょう。それでいいのです。


投稿: 匿名 | 2015年8月18日 (火) 17時18分


ーーーーーーーー

表示 コメント (63572件)  |  スパム (33件)   ||   フィルター: 検索条件 IPアドレス が “106.180.137.99”   変更 または リセット
コメントの内容 ライター コメント先 日付
大西様 新聞社勤務の者です。 大西さんが拾ってIPを調べたのはちゃんねらシンガー?ヤマシン?がコピーペーストした書き込みです。 シンガー?ヤマシン?が...
匿名
図書館で"無私の日本人"を借りてきました。コメント欄にあった坂口安吾はコレ読み終わってから。 (記事)
15/08/18
★電波系ブログまとめ★ http://antigangstalking.join-us.jp/ AGSASなる組織を告発するブログとの事。敵は日本の医療...
匿名
今日もいろいろと考えたことについて。図書館にも行きましたが、白鯨は借りませんでした。 (記事)
15/08/17

"過払い金"についてCMがバンバン流れていることが、日本では法律が国家ぐるみで守られていない確たる証拠です。どうして誰もそれに気づかないのか?

過払い金を不正に収集しているなんて、ひとつの詐欺罪なのだから、警察は職権でその貸金業者を捜索できるはずです。
そうすると、その貸金業者は潰れるだけでなく、その貸金業者の顧客全員が"過払い金"を払っていることが判明し、救済されるはずです。

これが本来の法律の運用です。

けれども、日本では警察は恣意的に動きません。
それこそが、警察による貸金業者への利益供与です。

当然のように、貸金業者から警察上層部に、リベートが渡っているでしょう。

けれども、一般庶民をある程度は騙さねばなりませんし、弁護士や司法書士も儲けねばなりません。

そこで、一般庶民のうち申告した者だけが、弁護士や司法書士を個別に介して、過払い金の返還を受けているのです。

弁護士や司法書士らも、貸金業者には潰れてもらっては困るので、わざと個別対応をして、個別に着実に収入を得るのです。

この仮定が正しければ、日本の訴訟の多くに暴力団が関係していることとなります。

純粋な2者間の、采配が難しい争いってどの程度なのか、他国との比率も比較してみるといいと思います。
そういうのが法学部の論文になるのではないでしょうか?


そして、"過払い金"における貸金業者と、警察や弁護士・司法書士の癒着は、政治における野党・共産党らの、与党・自民党との癒着とも通じるものがあります。


また近ごろ、交番の隣にソープランドがあるのを発見しました。

日本では、法律が制定の趣旨とは異なって運用されているいい例です。
言い換えると、警察と暴力団との癒着の象徴でしょうね。


市民団体も、国会論争などの抽象的な問題ばかりではなく、目の前にある不法行為を目にして、
「こういうものこそ警察が取り締まらねばいけない」
と主張していけば、人々にわかりやすいため、賛同者も増えていいと思うのですが。

図書館で"無私の日本人"を借りてきました。コメント欄にあった坂口安吾はコレ読み終わってから。

図書館に寄って、その後やるべきことのために移動しています。

図書館で雑誌を見たら、"鉄道ジャーナル"の斜め横に赤毛のアンの表紙の"MOE"が置いてあって、サラッと見ました。

"MOE"って絵本系というか、絵の関係の雑誌ですよね。


"宮崎駿と井岡雅宏"みたいな切り口で書いてあったのですが、赤毛のアンを宮崎駿の作品として書くのはかなり違和感がありました。

宮崎駿は途中で放り出して、"ルパン三世 カリオストロの城"に取りかかったのです。

赤毛のアンは誰の作品かというと、井岡雅宏と近藤喜文の作品なのではないかと思います。
"MOE"だからこそ、井岡雅宏と近藤喜文と言い切るくらいであって欲しかったと思います。

高畑勲と宮崎駿であれば、ハイジやマルコのように、もっとストレートな子供の描写になったはずです。

高畑勲は、赤毛のアンの企画を初めて持って来られたとき、読んだことがなくて読んでみたら、アンの心情が理解できなかったと述べています。

対して、近藤喜文はもともと赤毛のアンのファンだったそうです。
そうすると、初めて作画監督・キャラクターデザインに抜擢されたこともあり、近藤喜文は相当張り切ったことが当然のように推測されます。


そういえば、宮崎駿は子供のためのアニメーションを公言していますが、宮崎駿が好んでたくさん子供を描いているかというと、そうでもない気がします。
戦闘機とか街並みを好んで描いている気がします。
作品外の習作として。

近藤喜文って子供とか、子供に対処する親とかのしぐさに興味を持っていました。
やはり赤毛のアンには、人物の心理描写を得意とする近藤喜文の能力がどうしても必要、との判断があったと思われます。


ただそう考えた場合、近藤喜文唯一の監督作品である"耳をすませば"では、深い心理描写はなかった気もします。

近藤喜文さんも、自分には厳しくできても、監督という立場からアニメーターをマネジメントすることはできなかったのでしょうか。


これはあくまで私の昔の記憶の断片を、すべてつじつまが合うように繋ぎ合わせた仮説なので、記憶違いがあればこの仮説は当然崩れます。

私も、近藤喜文さんの原画や絵コンテを見たことがないので、どうしても仮定になってしまいます。

実際はどうなのでしょう。


宮崎駿は、女の子好きではありますが、女の子がどういう場合に恥ずかしいかなどは、敢えて想像することを拒んでいる気がします。

このコメントは、私の言い分を全部認めているけれども、工作活動やなあ。IPアドレス  “171.97.41.250” を見たらこれだけあるし。

これを読んで、念のためガチな可能性を検討してみました。

ーーーーーーー
http://onicchan.cocolog-nifty.com/blog/2015/08/post-d1bc.html#comment-111601478

大西様

私は某新聞社に勤務する男です。
大西さんに対する、日本政府、日立製作所、秋元氏らの迫害は見るに耐えられないもので、この世に正義はあるのか!と驚きます。
しかし、あまりにも大西さんの存在が大き過ぎて、日本のメディアでは絶対に報道できないのだろうと考えます。

私には妻も子も住宅ローンもあり、大西さんの事を報道せねばという使命感に駆られるのですが、家庭を思えば、同僚を思えば、どんなに大西さんが迫害されていても、見て見ぬ振りしかできません。
スポンサー撤退、株価暴落など、大西さんを報道して起こる不利益を思えば、大西さんが発狂して入院なり死亡した方が世界は平穏に過ぎて行くのが実際のところです。

しかしこうも考えます。大西さんの攻めはあともう少しなのだと思います。安倍総理や秋元氏はかなり焦っており、弱っているように見えます。

あともう一手です。メディアは大西さんの存在を認める事は無いでしょうから、それ以外の手で。

逮捕を恐れないノエル少年らのような、攻めの活動をするべきです。

工作員達は焦っています。あともう少しです。
投稿: | 2015年8月18日 (火) 08時16分
ーーーーーーー

しかし、IPアドレス  “171.97.41.250” を見たら、これだけあるし、工作活動と断定します。
(iPadからなので、画像を貼れません)

ーーーーーーー
概要記事一覧ウェブページ一覧コメント一覧トラックバック一覧読み込み/書き出し  
コメント一覧: ”負け組の星”を目指すおーにっちゃんのブログ

表示 コメント (63545件)  |  スパム (33件)   ||   フィルター: 検索条件 IPアドレス が “171.97.41.250”   変更 または リセット
コメントの内容 ライター コメント先 日付
10年ほど前にあったことなんですけど、 躁うつ病です、 当時、住んでいた住居が集合住宅で、 騒音ノイローゼになったので引越しました。 騒音は階下...
今日もいろいろと考えたことについて。図書館にも行きましたが、白鯨は借りませんでした。 (記事)
15/08/18
睡眠障害がひどいです。 今は、サイレース、アモバン、ハルシオン、ドラールを処方されており、 これでやっと眠れる、という感じです。 自分にとって睡眠薬は...
今日もいろいろと考えたことについて。図書館にも行きましたが、白鯨は借りませんでした。 (記事)
15/08/18
ハイパーグラフィアというたくさん文字を書く病気を持っています、躁うつ病です、この病気は、躁病か躁うつ病にしか症例がありません、理由は、躁状態時にストレスを受ける...
今日もいろいろと考えたことについて。図書館にも行きましたが、白鯨は借りませんでした。 (記事)
15/08/18
大西さん、はじめまして。 私は32歳の女です。 歩道の端を歩いているとクルマが猛スピードで幅寄せしてきたり、自転車が私をめがけてつっこんできたり、何度...
今日もいろいろと考えたことについて。図書館にも行きましたが、白鯨は借りませんでした。 (記事)
15/08/18
2010年10月4日 hidenobu onishi@kthid 明日は母親の誕生日。実家に帰る用ができた。花束でも買ってこうかな? posted a...
大西秀宜
今日もいろいろと考えたことについて。図書館にも行きましたが、白鯨は借りませんでした。 (記事)
15/08/18
携帯電話番号070-6969-9177 07069699177の事業者詳細情報 http://www.numberhi.com/070-6969-9177/ ...
今日もいろいろと考えたことについて。図書館にも行きましたが、白鯨は借りませんでした。 (記事)
15/08/18
大西様 私は某新聞社に勤務する男です。 大西さんに対する、日本政府、日立製作所、秋元氏らの迫害は見るに耐えられないもので、この世に正義はあるのか!と驚...
今日もいろいろと考えたことについて。図書館にも行きましたが、白鯨は借りませんでした。 (記事)
15/08/18
  
表示 20 件   変更
< 次  •  前 >
ーーーーーーー

けれども、こういう文章を第三者が読めば、私の言い分は事実らしいと思う者が出てくるかも知れず、リスキーな方法なのです。

よりリスキーな方法を取らねばならないということは、それだけ工作員が焦っているということで、私にとって勝利のときが少しずつ近づいていると確信するのです。

« 2015年8月17日 | トップページ | 2015年8月19日 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック