« 2015年8月25日 | トップページ | 2015年8月27日 »

2015年8月26日

2015年8月26日 (水)

8/26 しずる館フェスティバル感想というか、あれこれ思ったこと

昼の部

他のアイドルは全く知りません。

リリカルスクールは、背格好が田野みたいな子がいました。

渋谷のアイドルとかの9人組は、発声がボイトレやっている感じでしたが、それでも歌は完全に合ってはいませんでした。

ツインテール協会の3人組の一人は、ツインテールといいつつフツーにロングで、しかも靴下が片方下がっていて、ダンスの激しさとおっちょこちょいなところに笑ってしまいました。


AKBは、出だしのなぁなはすごく良かったです。

ポニーテールとシュシュ、波乗りかき氷、ハロウィンナイトの順での披露でした。

なぁなは自分が主役と思ったときに、突然輝くパフォーマンスを見せるのに、脇役と思ったときに輝きが消えている感じがします。

伊達娘は、出演者中一番緊張したっぽくて、声がゆらいでました。
舞台で鍛えたはずの歌唱力が披露できてなくて残念でした。
MCを挟んで、だいぶ落ち着いたようにも思いましたが、私のイメージからはまだまだ。

ぽんみゆは、リアルで見たらやたら顔が小さいと思いました。
雰囲気がさっほーみたいになってきました。

なっつん、やっぱ歌あんま上手くないなあ。
聴けないというわけではないし、ちゃんとした
ヲタはなっつんヲタがいちばん多い気がしました。
ピンクの生誕Tシャツがよく目立ちました。


たくさんのアイドルグループを見て、いろいろと思いました。
まず、AKB以外のアイドルは、総じて楽曲が似ていることです。

はじめて来たファンに対して自己紹介を兼ねて、似たような歌になっているのだろうと感じました。

そこは敢えて外さないと、他のアイドルと差別化できないと思いました。
しかしそれだけでも、アイドルが売れるかというと難しいです。
たとえば衣装だって、他のグループはさほど華やいでおらず、費用もデザイン力もない気がしました。

アキブータンはそれだけAKBを当てに行ったんでしょうね。
その前にはモー娘があったし、モー娘の前にはおニャン子があった。


私がAKBの公演を観て、これまで歌やダンスを重要と言ってきましたが、それはAKBにいられるというだけで、セルフプロデュースが要らないという利点があることに、改めて思い至りました。


夜の部

全部ではなく途中まで観たのですが、私的には劇もコントも大して面白くないと思いました。

私が書いたらもっと面白くできるはずです。
もっとはらわたがよじれるくらいに笑えるお話ってあるでしょう。

普通の人間の想像の範囲外の回答をポンポン出せば、それはじゅうぶんお笑いになり得ると思うのですが。

たとえば、子供が思いもつかぬ行動を取って、笑えることって多いでしょう。


友達同士で一緒に旅行行こうという話題になって、ふつうはハワイとかになると想像できるところ、一人がいきなりジンバブエに行きたいと言ったら、観客はずっこけるでしょう。

どうしてジンバブエに行きたいか聞いたら、それがいちばんマイルが貯まるからと答えたら、やはり笑いが取れるでしょう。

マイラーの実態を掘り下げるとか面白いのでは?

いやそれならば、もう直球でアイドルヲタのイタい一面を笑い飛ばす方法だってあるでしょう。

話しは変わって。

伊達娘が、演技とはいえ、自分のことを堀北真希と言っていたのは笑えました。
それで、ファンレターを山本耕史よりもはるかにたくさん書いた私のことを、どうして嫌いと言い切れるでしょうか?

けど伊達娘は私の期待からすると、今日はまだまだ。
てか台本をもっと面白くするくらいでないと。

« 2015年8月25日 | トップページ | 2015年8月27日 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

最近のトラックバック