« 2015年9月3日 | トップページ | 2015年9月5日 »

2015年9月4日

2015年9月 4日 (金)

大西弘子の思考プロセスから考えると、博昭の検査=私も脳障害の疑いがある、と暗に言ってるのでしょうね。

私、暗に言う人間大嫌い。


言いたいことはストレートに言えよ。


仮に大西博昭が、他の人間の前でもあまねくおかしな言動をしていれば、大西博昭がおかしいと考えられる。

ところが、私の記憶によれば、大西博昭がおかしかったのは大西弘子の前だけ。


逆に大西弘子は、私の前だけでなく、他の人間の前でもあまねくおかしな言動をしていた。

博昭の兄富士弥の子供達に対して、恨みの手紙を何回も送ったとか、到底親戚がやる行為ちゃうやろ。

大西弘子はおかしいんやけど、親戚から厄介者にされとるから、誰も話しかけてこんねん。


そうそう、その手紙で、大西弘子は大西博昭の名前を何度も出しながら、相変わらず゛弘子゛とは署名さえしてない。
博昭名で署名しとる。

その上、゛県知事のひしょをしていたいとこ(ママ)゛と、役職名は書きながら、ガマガエル藤井昭子の名前も伏せとる。


ホンマに卑怯な手紙、なにからなにまで自分で責任を負わない、卑怯なヤツやなあ。

大西弘子は、大西博昭がおかしい、日赤で異常がなかったから違う病院で診てもらう、昔からおかしかった、と書いています。

私は、大西弘子こそ脳障害やろ!と主張しているのですが・・・

大西弘子はそれをいくら指摘しても分からないようです。

周りの人間も、それを発見しようという程度の情熱がないのでしょうね。

あ、よくよく読んだら、゛仕送り状況の確認゛やった。しかしいずれにせよ私に隠れて福祉事務所が行動しとるのは間違いない。

もしかして、私のフライングか。

まあええわ。

いずれにせよ、福祉事務所はおかしい。

゛毒にも薬にもならない゛という諺があるけれども、大西弘子みたいに、毒にしかならん人間っておるんやなあ。

私の生活保護は、私の今回考えるストーリーでの廃止以外に、私を覚醒剤販売と殺害予告の、いずれも冤罪をデッチ上げての逮捕からの生活保護廃止、という手順も考えられる。

しかし不当逮捕となれば、より大勢が騒がねばならなくなり、できるだけ隠蔽したい日立製作所や日本政府としてはデッドロックになると思うねん。


やっぱ福祉事務所、日本政府としては、大西弘子が、福祉事務所側から持ちかけた話を大西弘子がバラしてもたのが計算違いなんちゃう?

証拠はもう私が持っとるしなあ。

足立北部福祉事務所が、大西弘子と結託して仕掛けてきました。そろそろ終わりが見えてきた!チャンス到来!

大西弘子が8/20付で18万円を送ってきたのは、福祉事務所加担した工作と睨んでいたのですが、昨日に、9/1付の、生活保護の廃止に言及した、福祉事務所の通知文書を配達証明で受けました。

どうも福祉事務所の筋書きが見えてきたと思っていたのですが、今日、大西弘子から、福祉事務所から扶養意思があるかの確認が来たので、意思があると、9/1に出したと手紙が来ました。

福祉事務所の使う手が完全に読めました。

次は法律に違反したあの手(詳しくは書けません)を、実力行使で出して来るしかありません。


然るに私は、私の関係する人々に対して、福祉事務所の使う手をピタリと当ててアラートとして強力に発信します。

使う手を先に読むことにより、福祉事務所が策謀を張り巡らしていることを強調します。
ピタリと当たれば当たるほど、私の主張の信用性が上がります。

そもそも3年近く前に、扶養ができないと記載してきた当時68歳の老人に対して、今回扶養意思を再度問うこと自体、福祉事務所は通常の判断をしていないことは明らかです。


また、それでも福祉事務所が強硬に手を打ち、かつ私に賛同してくれる人がいない場合は、私はことの全貌をインターネット上に公開します。

それでさえも隠蔽してくるならば、まことにやむなく、実家に帰って大西弘子を殺害し、大西弘子の生首を多可町役場に飾った上で、大西弘子の殺害画像をインターネット上に公開します。


さて、これは殺害予告になるのでしょうか?

私は前提条件がいくつもあることからも、到底ならないと考えますが。

宮崎駿はウソつきか?について。

宮崎駿がウソつきかといえばウソつきやけど。

大人がいま自分が抱える問題をそのまま述べんことが、さて追及されるべきか?
という問題はあると思う。


宮崎駿のついたウソでいちばんハラがたったのは、これだけ環境破壊などに対抗する映画を作ってきたにもかかわらず、環境破壊について聞かれて
「自分は文化人だから」
と逃げたことや。


悪かったと反省したのか、辺野古問題にはクビ突っ込んだらしいけど。


私のハラ立つレベルで庵野氏を見たら、やはり、エウ"ァンゲリオンでの訴えはやはり、
「自分は文化人だから」
と、作品の中で完結しているようにしか見えん。


「風立ちぬ」は菜穂子を見殺しにして残酷な物語とも思うけれども、そもそもがゼロ戦開発の物語やからなあ。


残酷さはもっと前面に出されて然るべきやったんちゃう?

ゼロ戦が人殺しする場面は描かなくともいいけど、自分の設計が人殺しに利用される理不尽には踏み込んで、苦悩を表して欲しかった。

自分の設計が人殺しに利用される理不尽に対する苦悩を、日本は憲法第九条のもと、そんなことはあり得ないとして、戦後70年近く言論統制・思想統制をしてきたんやから。

« 2015年9月3日 | トップページ | 2015年9月5日 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック