« 2015年9月15日 | トップページ | 2015年9月17日 »

2015年9月16日

2015年9月16日 (水)

090-4964-1320から、大麻の購入を持ちかけられました。そのやりとりです。  

大麻なので、彼を麻さんとしましょう。

麻:(電話)
私:もしもーし!
麻:(ゴソゴソして言わない)
私:もっしもっしかーめよーかーめさーんよー せーかいーのうーちでーおーまえーほどー あーゆみーののーろいーもーのはーないー どーしーてそーんなーにのーろいーのかー ♪(まさか最後まで歌いきれるとは思ってなかったw)
麻:・・・野菜売ってます?
私:野菜ってなんですか?かき氷が覚醒剤ってのは知ってますが。
麻:大麻です。
私:大麻って草じゃないんですか。
麻:野菜売ってもらえませんか?
私:いや私大麻売ってないですから。それくらい気づけませんか?それでは。

AKBの握手会よりもよっぽどオモロイ。

今後もイタ電レポ上げようかなw


イタ電レポがオモロかったら、そのうち話題になる可能性ある。

なんせ一般人の知り得ぬ違法薬物応対やし。

 

そうそう、大西弘子は、都合悪い事実を隠蔽する証拠です。

前回の手紙で、

・博昭は精神病だろう、昔からおかしかった、今度精密検査する

と書いてきたのに、今回

・博昭はアルツハイマー

と書いてきたということは、私の読んだ通り、博昭にはなんらの精神疾患も認められなかったということです。


大西弘子が本当に誠実な人間であれば、博昭が精神疾患でなかった事実を書き、博昭に詫びねばならぬところです。


然るに大西弘子は、博昭が精神疾患かどうかはどうでもよくて、博昭のことが書きたいだけ、と考えれば理解できます。


私、大西弘子のような人間、世界でいちばん嫌いです。

大西弘子から、署名も日付もない、保身の手紙を受け取りました。大西弘子は未だに何も理解していないことにあきれます。

1枚半弱の手紙なのですが、そのうち1枚分くらいが、


・博昭の兄が多額の借金をした
・博昭は嫌いだ


のリフレインばかりで、大西弘子はガチの馬鹿と改めて思います。


その中で2点だけ(1枚半弱でたった2点w)新たな情報がありました。


・博昭がアルツハイマーと診断された
・実家の東側の田んぼを売ろうとしているが買い手がない

2点とも、多可町が全世界の大西弘子からすれば、私を改心させる会心の一撃なのでしょう。

しかし私は、弘子も博昭も多可町も過去であり、家や土地、墓ごと捨てるつもりですので、なんとも思いません。


てか、どうして弘子が山や土地に拘るのか、小さい時から理解できませんでした。

もちろん、ナショナルトラスト運動のように、残すべき自然があるのは理解します。

然るに、働いただけでは返せない額の借金があるのですから、財産投げ売ってでも返してチャラにするのが先と思いました。


糀屋ババア大西弘子死刑囚は、財産投げ売ってでも返してチャラにすることなく、私の人生をチャラにすることを強要してきましたし、これからも望む気持ちは変わらないのです。

博昭が先に死ぬのは心残りですが、仕方ありません。

私には、親よりも人類を守るべき使命があるという信念があります。

私の電話番号とか、メチャクチャなんやからな。一般人がマイナンバーを不正使用されているのを知ったら、それだけで自殺理由になるやろ。

流出したマイナンバーが元で怪しいメールなどが来だしたら、一般人は恐怖だと思います。


日本政府が言っているような安全は守られません。

安全はシステムで守るものではなく、個人個人が意思として思うべきものだから。


原発は安全でないのは、当初より議論されていて、フクイチで現実になった公然の事実ですが、日本政府はこれまでも安全と言ってきましたし、これからもいい続けるつもりのようです。

戦争も、日本政府はこれまでやらないと言ってきましたし、これからもやらないといい続けるつもりのようです。

然るに日本の自衛隊は、最近になり、アメリカ軍に混ぜてもらって、先制攻撃の演習をしているそうです。

このように、人々が不安に思うことがらは、あまねく、日本政府の発表と異なる、不安に思った通りの結果に至ります。

いわんやマイナンバーをや。

戦争法案のウラで、マイナンバーに関する議論が為されていないのは問題です。

アングラ板に、私が覚醒剤売っているだの、私がデリヘルやってるだので、私に電話やメールじゃんじゃん来るぞ。マイナンバーでこういうヤツの個人情報収集し放題やなあ。

マイナンバー制って、私は実は原発問題と同じと思っている。

原発はその周辺でしか事故は起こらんけど、マイナンバー制っていろんなところで取り返しのつかない事故が起こる。

私がされているように、違法取引と引き替えにマイナンバーを売買するヤツらが出てくるやろな。

マイナンバーで架空の人物を作り出す方法がそのうち出てきて、それが海外からの違法滞在の売春婦の温床になったりするやろ。


また、オレオレ詐欺、振り込め詐欺、母さん助けて詐欺と言われるように、
「母さん助けて!マイナンバー教えて!」
と言う詐欺も出てくるやろ。

そうやって得たマイナンバー情報から、上手く情報を引き出して、詐欺に結びつける。

日本の無法独裁政府組織は、最初からマイナンバーの違法収集に対して責任を持つ気もなければ、マイナンバーの違法収集に対して警察に動けと命令する気もないやろ。

そしていつのまにか、個人情報つつ抜けがアタリマエの世の中になるねん。


そういう世の中になることが、どうして一般人には見抜けんかなあ?

憲法第九条があることが戦争の抑止力にはなってないことが、ほとんどの人間に見抜けんかったんやし。

私は安倍政権が戦争法案を言い出す前の、野田政権のときから、"憲法第九条があることが戦争の抑止力にはなってない"と散々言うとったんやぞ。

今日は知る人ぞ知る、第6回AKB48じゃんけん大会。そこで、「アドレナリンの夜」のドラマ化が示されたそうです。

このとおり。

ーーーーー
http://www.tv-asahi.co.jp/akb-horror/

AKBメンバー40名が主演!
秋元康が仕掛ける
地上波放送とネット配信が融合する
新感覚ホラードラマ!!
「AKBホラーナイト アドレナリンの夜」
さらに…演技バトルでグランプリを選出
手にするのは…
2016年秋、連続ドラマ主演の座
40人、恐怖演技のガチバトル開幕!

時空を超えて若者の心をつかみ続ける“ホラー”の世界に新企画!!

AKB48グループメンバーが出演する、戦慄のホラードラマがテレビ朝日の深夜枠に登場!!
秋元康原作の珠玉のホラーストーリーズ「アドレナリンの夜」(竹書房)をベースにオリジナルのストーリーも加えて映像化。
AKB48グループメンバーたちの恐怖に歪んだ表情を、ショッキングな演出と共に大写し!
AKB48グループファンはもちろん、生粋のホラーファンをも満足させる刺激的な内容でお送りします。


みどころ

連続ドラマ主演の座をかけた戦いが始まる!!

さらに本ドラマは、2016年秋、テレビ朝日で放送する連続ドラマ作品主演の座を争うオーディションでもあります!
演技の基本はホラーにあり。女優の登竜門ともいえるホラードラマに、AKB48グループから選出した総勢40名がそれぞれの作品で挑戦!見事、女優としての素質を見出されたメンバーには、連続ドラマ作品主演というさらなるステップアップが待っている、新感覚の番組でもあるのです。
主演をかけた彼女たちの壮絶な演技バトルは、ホラー以上にホラー?
果たしてレギュラー主演の座を掴みとるのは誰なのか?

ーーーーー

コレ、ネタとしては面白いと思う。
アキブータン、久々にプロデューサーらしい仕事しとるやん。

けど、それでも失敗する。
発想が3,4年古かった。


AKB最盛期だと、深夜放送でももう少しいい時間を取れたやろし、ネット配信でも観てもらえたやろ。

けどいまでは、握手会でヲタから資金を搾取する商法を極めた結果、一般人の興味は完全にない。


演技ができてルックスもあるまゆゆでさえ、「書店ガール」で大惨敗してもた。
これは私でさえ想像できんかった。

フツーのメンバーが出演したところで、誰が興味示すねん?
1人一票とか規制もないし、じゃんけん大会が八百長で人々から興味を持たれんようになったのと同様に、演技力とは違うところで決められてゴリ推しメンバーが選ばれるところまでもが、人々の想定内になってもた。


IF,のハナシをすれば。

じゃんけん大会を毎回ガチにして、人気の低いメンバーが養成されるシステムにしていれば、世間の見方もだいぶ変わったやろ。

メンバーだって、「優勝した娘はこうやって演技力を付けている」と見ていて、自分でもマネして、結局グループ全体のモチベーションが上がったやろ。

優勝したメンバーが心の優しい娘であれば、直接教えるやろし。


"AKB学校化"とか言うとった頃は、まだそういう雰囲気があった。


私はAKBをそういうグループにしてやろうと思うとったのに、アキブータン自身が拒絶したんや。

いまさら遅い。

【追記】アキブータン( 秋元康: IP “126.159.136.199” )、小朝公演などイタいところを突かれたのか、饒舌にコメントしてきたけど、自己弁護に終始しとる。

こんな仔細なコメントをヲタや評論家ができるはずがない。
だいたいヲタも評論家も、メンバーを苗字で呼び捨てなんかしてない。
ヲタや評論家のAKB評を読みまくったらイッパツで分かるのに、誰もそれに気づかんとはなあ・・・・。

とりあえずこの2コメントが同一IPによる証拠は下記。

ーーーーー
表示 コメント (65480件)  |  スパム (77件)   ||   フィルター: 検索条件 IPアドレス が “126.159.136.199”   変更 または リセット
コメントの内容 ライター コメント先 日付
おーにっちゃんさあ、 川栄の「AZUMI」は観てくれた? ヲタ以外の人が観る前の印象としては、「元アイドルが主演をする、漫画の設定を変えた舞台」という印象で...
元秋
2015/9/15 AKB48 「イヴはアダムの肋骨」公演 感想 (記事)
15/09/16
M01 初日 (B3rd)  好みもあると思うけど、無難というか、オープニングとしてのチョイスは間違ってないと思うね。 僕もこの曲には思い入れがある。 ...
元秋
2015/9/15 AKB48 「イヴはアダムの肋骨」公演 感想 (記事)
15/09/16
ーーーーー

内容は下記。
インラインで回答する。

ーーーーー
http://onicchan.cocolog-nifty.com/blog/2015/09/2015915-akb48-2.html#comment-111753121

M01 初日 (B3rd) 
好みもあると思うけど、無難というか、オープニングとしてのチョイスは間違ってないと思うね。
僕もこの曲には思い入れがある。

→無難に纏めるなよ。
公演のストーリー、小朝公演のインパクトを考えたら、いきなり南京玉簾の方がまだ良かったんちゃうの?


M02 スカート、ひらり (A1st) 
ただかわいいだけではない曲だけど、若くてなおかつそこの所の表現ができるメンバーばかりなので割と適した曲では。 
岡田のダンスがきまってるよね。
こじまこ、田野の表情がとてもいい。

→オンデマで観たからこそ言える評価。
なぁちゃんのダンスは、いったいどこで評価してもらえるのかワカラン。
もっとキチンと指導しろ。

そもそも定番かつ動きがなくて、げんなりする。


M03 ボーイフレンドの作り方 (K4th)
細かいメンバー同士のじゃれ合いが見ていて楽しい。

→メンバーがじゃれ合いを工夫するのはいいけど、プロデューサーとしては、じゃれ合いで喜んどるのは無責任やろ。
パフォーマンスで魅せろよ。


M04 雨のピアニスト (S2nd) 
始まった時には、小柄でダンスのキレを持ち味とする田野・平田に対してサイズの大きい大森が鈍く見えるのでは、という懸念があったのだけれど。 
なかなかどうして、全然負けてない。 
むしろ動きから表情から、大森が1番よかったんでないのと思うくらい。

→私もぽんみゆのダンスは評価した。
そのウラ返しで、田野が思ったほど活躍できてないことを心配しろよ。


M05 ハート型ウイルス (A5th) 
岩田ってこんなにかわいかったんだと思い直しました。 
あと、まだまだ高城もアイドルできるんだなと。

→私にアテツケみたいに書いとるなあ。
どう観ても可愛さを出してない。

年長でも、ちぃちゃんなんか、歌詞や曲調に合わせて可愛くできとったのに。
コレどう考えても中高生の気持ちやから、中高生っぽい動きにならなおかしいやろ。衣装も含めて。

伊達娘のガニ股直らんなあ。


M06 禁じられた2人 (K2nd) 
まずは、この2人の関係を知ってくれていた小朝師匠を評価します。 
もうこの曲は向井地に尽きます。 
念願かなった向井地がこの曲を大事に、繊細に表現してくれてるのがよくわかります。

→ゴメン私は知ってない。
だいたい一般人と同等の機会を与えてなくてよう書くわ。

てか茂木は褒めんねんな。


M07 それでも好きだよ (指原ソロ1st) 
小朝師匠blogを見ると、ゆりあソロは最初から想定していたようで。 いいんじゃないかな。

→想定がどうのではなくて、ソロやデュエット曲を増やすと、その分公演を楽しめる人数が減る。

そのあたりのバランスもちゃんと考えな。
小朝がナニ考えようが、ソロやデュエットのメンツをいじれるかは、戦略を大きく誤ったセットリストの中で可能な、小さな戦術変更ちゃうの?


M08 てもでもの涙
研究生パジャマドライブで岡田はてもでもやっていたけれど、この2人でやる事に意味があると思う。
この2人のユニットってないし(てんとうむChuは別として) 
でも、この公演の主役であるはずのこじまこがなぜ小森ポジだったのか? 
まぁ2人ユニットでどちらが上みたいな見方がナンセンスかもしれないですが。

→この2人だからどうということはないやろ。
なぁちゃんの変化ぶりには気がついたけど。

あと怪しい演出やめろよ。ヲタだけでなくメンバーも気が散る。


M09 黒い天使 (A5th)
これまで様々なメンバーで黒天やってきたけど、最もセクシー寄りで組んでるんじゃないかな。 
それを察してなのか、村山は大人っぽさ全開。 
阿部もすごくいい雰囲気出してる。 
大場4では「僕とジュリエット~」横山Kでは「奇跡は間に合わない」とかイケメン系のユニットを割り振られる事が多かったので意外にセクシー系で見せる機会なかったんだよね。

→もっとセクシーな組み合わせあったぞ。
あべまるにとっていい見せ場とは思う。


M10 「南京玉簾」
これは、小笠原がいるから成り立つんだよなあ・・・

→面白い試みではあるけど、なんか違う。

最初か、或いはアンコール明けにやったら良かったのに。
衣装まで落語風にしたら単なる素人なので、AKBっぽいほうがまだ良かったと思う。


M11 ヘビーローテーション (17th) 
定番で盛り上がれる曲を入れた点では良いと思う。

→盛り上がってなかったやろ。
古くさいねん。
過去は捨て去れ。


M12 ハロウィン・ナイト (41st) 
大家のハロナイのダンスはぎこちないよなあ。

→観てなかったのでなんとも。
しかし、一般人でも踊れるダンスを公演に持ってくるなよな。
ヲタはパフォーマンスが観たいんやから。


M13 君だけにChu! Chu! Chu! (33rd)
こじまこのかわいさ爆発。 
大森も西野並みの全力感。 
阿部・名取もまだまだいける。

→伊達娘を褒めてない・・・・。
私も、褒めるところが見つからんかったのは事実やけど。

"まだまだいける"だって、死ぬ直前のジジババにかける言葉であって、いいところをみつけたならばもっと具体的に褒めなさい。


M14 シャムネコ (K4th) 
ここでこの曲は変化球的な感じだなあ。
でもよくまとまっていたなあ。
よく見るとこの公演メンバー、ネコっぽい顔が多い。

→シャムネコって大した曲でもないのによう使うよなあ。
アキブータンの好みなんやろなあ。

ちなみに、伊達娘はネコよりもイヌに似ていると個人的には思う。

てか人間はキツネ顏とタヌキ顏に分かれる、というのをふとしたことから先日聞いて、私はひとり大爆笑した。
いや私自身どっからどう見てもタヌキ顔やと思うて。


M15 転がる石になれ (K2nd) 
終盤に来てこの曲。 
転石に最も重要な全力感をそれぞれが強く出せていてよかった。 
特に田野の鬼気迫る表情とギラついた目がすごかった。 あと、腹筋もねw

→アキブータンが、思ってもいないことをしゃあしゃあと書いていて、個人的に気に食わない曲。

しかも"またかよ"感満載。"スカート、ひらり"なんかと含めて。
メンバーは、大先輩の曲をさせてもらえる、なんて喜んだらアカン。

アキブータンは"転がる石"をプロデュースしたことないやろ。
田野だって、宮本あーもん呼んできた後はココで褒めるだけ、では腐ってしまう。


EN1 大声ダイヤモンド (10th)
Bメロまではまずまずだった。 
大森はもうちょい安定感がほしいよなあ。
初日の日は、峯岸がBメロ前半8小節で大森の不安定さを見抜いてBメロ後半フォローに入ってたんだよなあ。

→引き続きベタベタな曲。

てか、個人的にはシアターの女神公演とRESET公演にもいい曲あるのに、コレと目撃者公演も含めてひとつも入ってない。

こういうのを見ても、小朝公演にいろいろ運営が制約を課して、運営公演にしているのは自明。

もし小朝がホンマにAKBのことを考えるファン目線ならば、せめてあまり知られてない曲から選ぶよなあ。

ベスト100とか200とかから外れるけど、自分はいいと思う曲を掘り起こしたい、くらいは考えんのかなあ?

古典落語だって、きっと、あまり知られてないけどコレは面白い!というのを掘り返してくる楽しさはあると思うんやけど。


EN2 盗まれた唇 (16th c/w)  
渋い選曲だなあ。
でも今回のメンバーに非常にFitする曲。 
踊ってる姿がみんな美しい。

→観てないなら観てないと素直に言いなさい。


EN3 君のことが好きだから (14th c/w) 
やっぱり若い娘に似合う曲なので、このメンバーならピッタリだと思うなあ。
この曲に限っての高城は明らかに自信と喜びに満ち溢れてるんだよなあ。

→"やっぱり若い娘に似合う曲なので、このメンバーならピッタリだと思うなあ。"
って、この公演以外のメンバーはもうオバハンと言いたいんだっけ?

個人的に好きな曲ではあるけど、毎回見せられて飽きる。


総括
小朝師匠の考えとして 、
「メンバーそれぞれに見せ場があって、彼女たちが楽しめるようにすること」 
それはよく表現できていたと思う。 
各曲で、それぞれのメンバーの魅力がよく出ていた。 
・・・南京玉簾を除いては。 
アレは小笠原への試練だな。 
てか、後藤はもっと別の使い方があっただろう。 
あとは曲順かな。 
ヘビロテ・ハロウィンを後ろにしてシャムネコ・盗まれた唇を前に持ってくるだけでも違うんじゃないかな。 
あまりうまく表せないけど 
「点はいいのだけれど線にならない」という印象。


→" 「メンバーそれぞれに見せ場があって、彼女たちが楽しめるようにすること」 "
なんて、小朝だろうが翌朝だろうが考えるやろ。
それは前提条件。

課題はそこではなく、"どうやったら新規性を出せるか?"
全く出せてない。

曲順でもう少し変わるところもあるけど。

てか、点を線にするのが、プロデューサーの仕事ちゃうんだっけ?
それさえ放棄して、
"「点はいいのだけれど線にならない」という印象。"
ってアホか。
オマエが上手く言い表せんでどないする。


投稿: 元秋 | 2015年9月16日 (水) 01時17分


おーにっちゃんさあ、
川栄の「AZUMI」は観てくれた?
ヲタ以外の人が観る前の印象としては、「元アイドルが主演をする、漫画の設定を変えた舞台」という印象で、あまり期待してないんじゃないかな?
でも、始まってみると、物語に飲み込まれるんだよ。
展開はとても速い。けどそれは舞台だからしょうがないところがあるよね。
けれどその速い展開であずみが置かれている状況を、アクションやコミカルな演技を交えて表現してます。
全体的に「舞台」と言うより「映画」に近い演出だったかなあと思う。
うまく言えないけど、過去や回想を表現する事が多く「映像作品」と言うイメージを持ちました。
殺陣シーンやアクションシーンは圧巻。
飛び散る汗や声は生ならでは、という印象を持ったなあ。
川栄の演技を知らない人は「元アイドル」だから「かわいい」演技だと思うかも知れないけど、実際はちゃんとメリハリのついた演技をしてたなあ。
ああ、よく考えたら刺客はクールビューティーじゃなくていいんだなと。
話が進むにつれ、ちゃんと感情移入することができます。
舞台に立つ彼女はこの間までアイドルとは思えない演技をしてました。

幕末と言う時代が変わりゆくなか、どの立場が正しいのか、何と戦えば正しいのか。
そういった葛藤の中生きる主人公や登場人物が表現できている話でした。

女優「川栄李奈」の今後の活躍を期待してます。

投稿: 元秋 | 2015年9月16日 (水) 01時58分


→おかげさまで、「AZUMI」を観に行くカネがないので行けません。

観に行ったら観に行ったで、福祉事務所に通報する工作までやっとるんやろが。


"川栄の演技を知らない人は「元アイドル」だから「かわいい」演技だと思うかも知れないけど、実際はちゃんとメリハリのついた演技をしてたなあ。"

は全く明後日のことを言っている。

アキブータンが、「元アイドル」という肩書きを取るところまで、本当は見たらなアカン。

それが本当のプロデューサーのすること。


とにかく、アキブータンからは、日本の他のヤツらと同様に、"責任感"というものを感じない。

どうやってカネを儲けるか?しか考えてない。

080-6715-0287と090-8588-6892から、掲示板で゛かき氷゛販売として電話してきたと。 

日立製作所もAKSも日本政府も、私のことが怖くて仕方がないから、たくさん工作活動してくる。


今日はいつにも増して電話が多い。

タイトルは、覚醒剤の購入意思を伝えてきた電話番号。


日立製作所もAKSも日本政府も、私に勝ったと思ってない証拠や。


今日最高裁判所第1小法廷から、日立製作所に対する個人情報の開示請求の特別抗告棄却が、やはり簡易書留で来た。

最高裁判所が決定する以前に、高裁・地裁に文書を送付していたことを問題として問える。

為されるべき審理が為されてないんやから。

野田伊佐也容疑者が逮捕されたけど、肝心な動機が報道されてない。「JR東日本が電力を使う」なんて動機ではない。私が弁護士ならば、刑事弁護を受ける。

たとえば、以下のニュース記事で、野田伊佐也容疑者の作った歌詞を読みました。

http://www.huffingtonpost.jp/2015/09/15/akka-guerilla-lyrics_n_8143124.html

過激ではありますが、言い分としてはそこそこ的を射ていると思います。

野田伊佐也容疑者は、私と同じく、日本政府のありかたに怒っているのです。

然るに、Twitterのコメント

https://mobile.twitter.com/nekosuppa


を読んでも、私よりもよほど短気で、目先の怒りにかまけてしまうところも受け取れます。


そうすると、日本政府に対して怒っている(恐らく戦争法案可決の流れでしょう)が、自分の思うようにならず、怒りに任せて、野田伊佐也容疑者が日本政府に最も影響を与えられると考えた、JR東日本に対して放火事件を起こしたと考えた方が自然です。

そして、野田伊佐也容疑者の怒りの真実を報道してしまえば、日本政府に対する反感が爆発するので、そこは敢えて報道統制が行われ、報道されていないと考えられます。


だいたい、野田伊佐也容疑者は両親ともに知識人です。
子供がイカれるとは想像しづらいですし、事実、歌詞はそれなりのものを書いているのです。

そんな人間が、最も環境に優しい乗り物である鉄道に対して、「JR東日本が電力を使う」なんて主張で犯罪を犯すとは、思想信条的にもおおよそ想像できません。


「JR東日本は日本政府の手先だから」であれば、スジが通ります。
私が弁護士ならば、野田伊佐也容疑者の刑事弁護を受けるところです。


この歌詞を読んで、野田伊佐也容疑者がイカれていると思ってしまい、短絡的に野田伊佐也容疑者を一方的に悪いと考えてしまう人間は、手法の過激さという意味ではその思いも正しいのですが、日本政府からだいぶ偏った価値観を押しつけられていることに気づいていません。

アキブータン( 秋元康: IP “126.159.136.199” )、小朝公演などイタいところを突かれたのか、饒舌にコメントしてきたけど、自己弁護に終始しとる。

こんな仔細なコメントをヲタや評論家ができるはずがない。
だいたいヲタも評論家も、メンバーを苗字で呼び捨てなんかしてない。
ヲタや評論家のAKB評を読みまくったらイッパツで分かるのに、誰もそれに気づかんとはなあ・・・・。

とりあえずこの2コメントが同一IPによる証拠は下記。

ーーーーー
表示 コメント (65480件)  |  スパム (77件)   ||   フィルター: 検索条件 IPアドレス が “126.159.136.199”   変更 または リセット
コメントの内容 ライター コメント先 日付
おーにっちゃんさあ、 川栄の「AZUMI」は観てくれた? ヲタ以外の人が観る前の印象としては、「元アイドルが主演をする、漫画の設定を変えた舞台」という印象で...
元秋
2015/9/15 AKB48 「イヴはアダムの肋骨」公演 感想 (記事)
15/09/16
M01 初日 (B3rd)  好みもあると思うけど、無難というか、オープニングとしてのチョイスは間違ってないと思うね。 僕もこの曲には思い入れがある。 ...
元秋
2015/9/15 AKB48 「イヴはアダムの肋骨」公演 感想 (記事)
15/09/16
ーーーーー

内容は下記。
インラインで回答する。

ーーーーー
http://onicchan.cocolog-nifty.com/blog/2015/09/2015915-akb48-2.html#comment-111753121

M01 初日 (B3rd) 
好みもあると思うけど、無難というか、オープニングとしてのチョイスは間違ってないと思うね。
僕もこの曲には思い入れがある。

→無難に纏めるなよ。
公演のストーリー、小朝公演のインパクトを考えたら、いきなり南京玉簾の方がまだ良かったんちゃうの?


M02 スカート、ひらり (A1st) 
ただかわいいだけではない曲だけど、若くてなおかつそこの所の表現ができるメンバーばかりなので割と適した曲では。 
岡田のダンスがきまってるよね。
こじまこ、田野の表情がとてもいい。

→オンデマで観たからこそ言える評価。
なぁちゃんのダンスは、いったいどこで評価してもらえるのかワカラン。
もっとキチンと指導しろ。

そもそも定番かつ動きがなくて、げんなりする。


M03 ボーイフレンドの作り方 (K4th)
細かいメンバー同士のじゃれ合いが見ていて楽しい。

→メンバーがじゃれ合いを工夫するのはいいけど、プロデューサーとしては、じゃれ合いで喜んどるのは無責任やろ。
パフォーマンスで魅せろよ。


M04 雨のピアニスト (S2nd) 
始まった時には、小柄でダンスのキレを持ち味とする田野・平田に対してサイズの大きい大森が鈍く見えるのでは、という懸念があったのだけれど。 
なかなかどうして、全然負けてない。 
むしろ動きから表情から、大森が1番よかったんでないのと思うくらい。

→私もぽんみゆのダンスは評価した。
そのウラ返しで、田野が思ったほど活躍できてないことを心配しろよ。


M05 ハート型ウイルス (A5th) 
岩田ってこんなにかわいかったんだと思い直しました。 
あと、まだまだ高城もアイドルできるんだなと。

→私にアテツケみたいに書いとるなあ。
どう観ても可愛さを出してない。

年長でも、ちぃちゃんなんか、歌詞や曲調に合わせて可愛くできとったのに。
コレどう考えても中高生の気持ちやから、中高生っぽい動きにならなおかしいやろ。衣装も含めて。

伊達娘のガニ股直らんなあ。


M06 禁じられた2人 (K2nd) 
まずは、この2人の関係を知ってくれていた小朝師匠を評価します。 
もうこの曲は向井地に尽きます。 
念願かなった向井地がこの曲を大事に、繊細に表現してくれてるのがよくわかります。

→ゴメン私は知ってない。
だいたい一般人と同等の機会を与えてなくてよう書くわ。

てか茂木は褒めんねんな。


M07 それでも好きだよ (指原ソロ1st) 
小朝師匠blogを見ると、ゆりあソロは最初から想定していたようで。 いいんじゃないかな。

→想定がどうのではなくて、ソロやデュエット曲を増やすと、その分公演を楽しめる人数が減る。

そのあたりのバランスもちゃんと考えな。
小朝がナニ考えようが、ソロやデュエットのメンツをいじれるかは、戦略を大きく誤ったセットリストの中で可能な、小さな戦術変更ちゃうの?


M08 てもでもの涙
研究生パジャマドライブで岡田はてもでもやっていたけれど、この2人でやる事に意味があると思う。
この2人のユニットってないし(てんとうむChuは別として) 
でも、この公演の主役であるはずのこじまこがなぜ小森ポジだったのか? 
まぁ2人ユニットでどちらが上みたいな見方がナンセンスかもしれないですが。

→この2人だからどうということはないやろ。
なぁちゃんの変化ぶりには気がついたけど。

あと怪しい演出やめろよ。ヲタだけでなくメンバーも気が散る。


M09 黒い天使 (A5th)
これまで様々なメンバーで黒天やってきたけど、最もセクシー寄りで組んでるんじゃないかな。 
それを察してなのか、村山は大人っぽさ全開。 
阿部もすごくいい雰囲気出してる。 
大場4では「僕とジュリエット~」横山Kでは「奇跡は間に合わない」とかイケメン系のユニットを割り振られる事が多かったので意外にセクシー系で見せる機会なかったんだよね。

→もっとセクシーな組み合わせあったぞ。
あべまるにとっていい見せ場とは思う。


M10 「南京玉簾」
これは、小笠原がいるから成り立つんだよなあ・・・

→面白い試みではあるけど、なんか違う。

最初か、或いはアンコール明けにやったら良かったのに。
衣装まで落語風にしたら単なる素人なので、AKBっぽいほうがまだ良かったと思う。


M11 ヘビーローテーション (17th) 
定番で盛り上がれる曲を入れた点では良いと思う。

→盛り上がってなかったやろ。
古くさいねん。
過去は捨て去れ。


M12 ハロウィン・ナイト (41st) 
大家のハロナイのダンスはぎこちないよなあ。

→観てなかったのでなんとも。
しかし、一般人でも踊れるダンスを公演に持ってくるなよな。
ヲタはパフォーマンスが観たいんやから。


M13 君だけにChu! Chu! Chu! (33rd)
こじまこのかわいさ爆発。 
大森も西野並みの全力感。 
阿部・名取もまだまだいける。

→伊達娘を褒めてない・・・・。
私も、褒めるところが見つからんかったのは事実やけど。

"まだまだいける"だって、死ぬ直前のジジババにかける言葉であって、いいところをみつけたならばもっと具体的に褒めなさい。

以下については改めて記載する。


M14 シャムネコ (K4th) 
ここでこの曲は変化球的な感じだなあ。
でもよくまとまっていたなあ。
よく見るとこの公演メンバー、ネコっぽい顔が多い。

M15 転がる石になれ (K2nd) 
終盤に来てこの曲。 
転石に最も重要な全力感をそれぞれが強く出せていてよかった。 
特に田野の鬼気迫る表情とギラついた目がすごかった。 あと、腹筋もねw

EN1 大声ダイヤモンド (10th)
Bメロまではまずまずだった。 
大森はもうちょい安定感がほしいよなあ。
初日の日は、峯岸がBメロ前半8小節で大森の不安定さを見抜いてBメロ後半フォローに入ってたんだよなあ。

EN2 盗まれた唇 (16th c/w)  
渋い選曲だなあ。
でも今回のメンバーに非常にFitする曲。 
踊ってる姿がみんな美しい。

EN3 君のことが好きだから (14th c/w) 
やっぱり若い娘に似合う曲なので、このメンバーならピッタリだと思うなあ。
この曲に限っての高城は明らかに自信と喜びに満ち溢れてるんだよなあ。

総括
小朝師匠の考えとして 、
「メンバーそれぞれに見せ場があって、彼女たちが楽しめるようにすること」 
それはよく表現できていたと思う。 
各曲で、それぞれのメンバーの魅力がよく出ていた。 
・・・南京玉簾を除いては。 
アレは小笠原への試練だな。 
てか、後藤はもっと別の使い方があっただろう。 
あとは曲順かな。 
ヘビロテ・ハロウィンを後ろにしてシャムネコ・盗まれた唇を前に持ってくるだけでも違うんじゃないかな。 
あまりうまく表せないけど 
「点はいいのだけれど線にならない」という印象。

投稿: 元秋 | 2015年9月16日 (水) 01時17分


おーにっちゃんさあ、
川栄の「AZUMI」は観てくれた?
ヲタ以外の人が観る前の印象としては、「元アイドルが主演をする、漫画の設定を変えた舞台」という印象で、あまり期待してないんじゃないかな?
でも、始まってみると、物語に飲み込まれるんだよ。
展開はとても速い。けどそれは舞台だからしょうがないところがあるよね。
けれどその速い展開であずみが置かれている状況を、アクションやコミカルな演技を交えて表現してます。
全体的に「舞台」と言うより「映画」に近い演出だったかなあと思う。
うまく言えないけど、過去や回想を表現する事が多く「映像作品」と言うイメージを持ちました。
殺陣シーンやアクションシーンは圧巻。
飛び散る汗や声は生ならでは、という印象を持ったなあ。
川栄の演技を知らない人は「元アイドル」だから「かわいい」演技だと思うかも知れないけど、実際はちゃんとメリハリのついた演技をしてたなあ。
ああ、よく考えたら刺客はクールビューティーじゃなくていいんだなと。
話が進むにつれ、ちゃんと感情移入することができます。
舞台に立つ彼女はこの間までアイドルとは思えない演技をしてました。

幕末と言う時代が変わりゆくなか、どの立場が正しいのか、何と戦えば正しいのか。
そういった葛藤の中生きる主人公や登場人物が表現できている話でした。

女優「川栄李奈」の今後の活躍を期待してます。

投稿: 元秋 | 2015年9月16日 (水) 01時58分
ーーーーー

« 2015年9月15日 | トップページ | 2015年9月17日 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック