« 2015年9月22日 | トップページ | 2015年9月24日 »

2015年9月23日

2015年9月23日 (水)

ゆかるんと伊達娘の違いは、反抗も辞さないとこやろなあ。

イタズラ電話に起こされた。

ゆかるんがどうしても孤立してまうのは、自分の将来や夢を考えて、しんどい道を取ってしまうから。

ゲームだったり、必ずしも私は賛成してないものもあるけど、セルフプロデュースという意味で目的は明確や。


伊達娘は最初から、ラクな道を取ってきた。

夢を追い求めるより、周囲から孤立せん、いちばん・・・とまではいかずとも、ラクな方法を取ってきた。

それで、当座のところは誤魔化せても、4年経てば大きな差になって現れる。

いまパフォーマンス力で見たらゆかるんのほうが圧倒的に上手いのは、誰もが認めざるを得ん。


私が頑張って応援すれば、ゆかるんはその他の能力を伸ばす伸びしろがまだまだある。

伊達娘にはもう伸びしろがほとんどというか全くないねん。
パフォーマンスも歌唱力も、最初より落ちとるんやから。


私が伊達娘を裏切るのではなく、ゆかるんの可能性に期待するだけや。

私はゆかるんを幸せにできるのか?伊達娘は無理やったけど。

私は一人の女の子には重すぎる存在なのかも知れん。

しかし、伊達娘の行動には大西弘子と通じる優柔不断さがあって、私の方がなんかもう無理と思った。


ゆかるんは、重い女と思われとるけど、ウラを返せば優柔不断なところがない。

十夢から、「優佳里はイライラさせる天才」とかなんとか言われとったけど、私が見る限り、竹を割ったような素直な性格しとる。

だから何でものめり込んでしまう。

私のファンレターを読んで、ダンスのスタイルをガラッと変える決断を下したのなんか、典型的やん。


これからゆかるんに向けて、もっといろんな演技とか学ぶように書いていけたらとも思う。

表立って聞き入れることは難しいかも知れんけど、声だけでなく演技もして、それを広げたら、必ず伸びる。

ブロードウェイの女優だって、ゆかるんみたいにリズミカルに踊っていたワケではないと、10年近く前の記憶を呼び戻して思う。

以前、劇団四季のヒトが、ダンスは身に付くけど、声質は生まれ持ったモノなんて言っていて、それは一理あると思うし、伊達娘にはそうやって励ましたけど、ゆかるんを見る限り、リズム感は本当に天性のモノと思う。

リズム感というか、どう動くのがいちばんスムーズかが、体感として理解できている。

どう動くのがいちばんスムーズかが、体感として理解できている人間に演技をやらせたら、めちゃくちゃ上手いに決まっとるやん。

ただそのためには、例えばゆかるんが絶対にやったことない、
「女王様とお呼び!」
みたいなキャラを、楽しんで演じられるかもあるやろなあ。


まあ、私にはいろんな課題がある。

2015/9/23 AKB48 「青春はまだ終わらない」 17:00公演 感想

総括

ゆかるんは私の言うとおりにしてくれた、と、私は受け止めました。

ゆかるんはリスクを負ってまで、良いパフォーマンスをしたのです。
公演を観てものすごく久々に胸が熱くなりました。
ドイツ亡命以来はじめてではないでしょうか?

私はゆかるんのために一生を捧げるのだろうと思います。

パフォーマンスが認められて、女優だけでなく結果的にアニメ声優にもなれるようなストーリーを、必ずやプロデュースしたいと思います。

今後、ゆかるんについて考えることが出てくるでしょうが、カテゴリに"佐々木優佳里"を追加し対応します。


ゆかるんのパフォーマンスが落ちた件について、なんとか概ね状況が理解できたわけですが、私もどうも一人のメンバーだけ観ていても解決法にならないと思います。


今後は、ほとんど触れてないけれどもまだまだ若い(13期以降と高校生以下というのが基準かな)、ゆあみ、なーにゃ、ひなな、ノザ、あやか、あえりあたりに重点を絞って、どうすれば改善するか?を考えていきたいと思います。


ちなみに、今朝8:28に投稿したのは偶然ではなく、意図して投稿しました。
こういう細かい気配りが、ゆかるんのココロを動かすかなあとまで考えて。

EN3 ファースト・ラビット (4th AL) 

ノザ惜しい。
なんか遅れとった。


EN2 ひこうき雲 (A5th) 

みきちゃん、すごく良くなったなあ。
やっぱ、全力だけではなくて、いろいろ"ハマる"ものがあるねん。
ゆかるんも相変わらずいい。

ゆかるんはこのまま、誰からも邪魔されんかったらええよなあ。


EN1 僕のYELL (16th c/w) 

ゆかるんとみきちゃんが目立つ。


映像「岩本輝雄のフリーキック」 

アンコール 


M19 僕の桜 (B3rd) 

ノザ、ちょい音程高いんちゃう?
ふしぎちゃんキャラやと、なかなかヲタがつかんやろ。
オトコはどうしてもオンナに母性を求めるからなあ。

ふしぎちゃんキャラを続けてもいいから、音程は合わせて欲しい。
言葉以外の感性が合うってのもあると思うから。


M18 大声ダイヤモンド (10th) 

ゆかるん、いちばん端なのにいい。

ちより、なんか今日は2人パートになったメンバーを尻で突いとるんちゃう?
前の曲でも見た。


M17 好きと言えば良かった (B4th) 

"他メン観ようと思うたのに、ゆかるんが心配で観てまうやん。
どうも最初のほうはちゃんとダンスしとるけど、途中から元気なくなる感じ。"

を、今日は感じん。

なんでゆかるんは、他メンの真似できん、あんな自然な動きができるんかなあ?


M16 永遠プレッシャー (29th) 

ゆかるんがいちばんいいぞ。その調子。


M15 君のことが好きだから (14th c/w) 

みきちゃんがいちばんいい。

いや、端のほうにいるゆかるんが見えたら、ゆかるんのほうがいいか。
やっぱ書いてみるもんやなあ。


M14 心のプラカード (37th) 

さややが良かったけど、最後の8人ではゆかるんがいい。
まだもう少し表現磨けると思う。


M13 ハロウィン・ナイト (41st) 

"ゆかるん、ココでは目立っとるなあ。
どう解釈したらええんかなあ?"

と、前回書いたのに、今日はさほど目立ってない。
いや、1曲の最後になればなるほど目立っとる。

前回とは逆やなあ。


M12 希望的リフレイン (38th) 

"やっぱゆかるん、曲によって強弱つけとる。ココでは目立たん。
うーむ。運営から言われとるんやろか?"

と、前回書いたのに、今日はいちばん目立っている。


M11 呼び捨てファンタジー (24th c/w チームB) 

歌い出しなーにゃ、のハズなんやけど、パフォーマンスでイマイチ目立たんなあ。
てか地声の発声ええのに、いまになってもその発声で歌えんのは惜しいよなあ。


MC ノザ/なーにゃ/さっほー/さやや/りょーちゃん/ひなな/あやか/いずりな
お題:自分たちが24時間できること

私ならば、24時間話し続けるとか、文章を書き続けることができるんちゃう?と思うけど。

さっほーが、80年代アイドルのライブDVDを観るとか言うとる。
私なんか80年代アイドルは、松田聖子と小泉今日子くらいしか知らんぞ。


あやかが、小学生のときに観たモノをいま観たら全然感想が違う、と言うとる。
それけっこう面白い。
24時間できるかどうかはワカランけど。


MC ちより/ゆかるん/ちぃちゃん/あえり/なっつん/こみはる/ゆあみ/みきちゃん
お題:観客から、私たちに言って欲しいセリフを言う企画

ちより2回

「ツインテールなんてお断りよ!」

それを言うなら、やっぱ

「月に代わってお仕置きよっ!」
って言って欲しいよなあ。

なっつんの

「今日のごはんはカレーよ」

って言うのがなかなかリアルやった。


M10 BINGO! (4th) 

なっつんは前回よりも動けてないんちゃう?

ちよりが動いたり動かんかったり、怪しいダンスしとる。
まりやぎとダブる。

ココは完全にゆかるんダントツやなあ。
けど、前回と同じか。


M09 ギンガムチェック (27th)

さやや目立っとるやん。
こみはるも。


M08 クマのぬいぐるみ (A4th) 

ゆかるん、ぬいぐるみをもらってから全力になったぞ。
それまではそこまででもなかったけど。


M07 青空カフェ (32nd c/w) 

こみはる、タイミングの遅さ改善したと思う。

ゆかるんは私の目にはまだ抑えて見える。


M06 ツンデレ! (A5th) なっつん、ゆあみ、りょーちゃん

なっつん、だいぶ声安定してきたんちゃう?もうちょっと声量欲しいとこやけど。
あと、変なキレは相変わらずやけど。

ゆあみ、なんかタイミング遅くないか?
ズラす演出とは違うところで。
なんとなくいつもよりも気になる。

りょーちゃんは、発声をなんかカッコつけとる部分がなあ。
それ以外はまずまずなんやけど。


みきちゃん/りょーちゃん/なっつん/ゆあみ/こみはる
さやや/さっほー/なーにゃ/ひなな/ゆかるん/ノザ
あやか/いずりな/あえり/ちより/ちぃちゃん
お題:最近やっちまったなあと思うこと

さっきちぃちゃんとりょーちゃんを勘違いしたかも。

ゆあみが、電車が揺れた瞬間におばちゃんから"壁ドン"されたと言うとる。

こみはるが、岩本テルは親より年上でまだ独身とか言うとるぞ。

さっほーってパフォーマンスしとるときは、あんま目立たんのが惜しいなあ。

なーにゃツインにしとる。
てかみんなでツインテール公演なんか。

ひななもいま見たら分かった。

ゆかるんはツインにしとるように見えんぞ。さっほーもやけど。

ゆかるんは8/30に新幹線で、名古屋からのお土産を買って忘れたと言うとるぞ。
私なんか1995年くらいに、小田原で新幹線を降りて、服を忘れたことに気づいて、次の日に東京駅まで取りに行ったことあるぞ。
松竹の大船の映画・・・なんとか(名前忘れた)に行った。
渥美清を一度だけ見たんや。

いずりなが水着でパンツ忘れたネタを言うとる。
めっちゃ釣り師やなあ。


M05 Everyday、カチューシャ  (21st)  

みきちゃんだいぶ背伸びたなあ。

私を警戒したのか、メンバーの元気が前回よりいいと思う。


M04 ラブラドール・レトリバー (36th)

今日もれなっちではなくゆあみか。

ピンクのあのツイン判別できん。誰や?

いまのとこみきちゃんがいちばんよく見える。

ゆかるんはなんかタイミングがたまに違う。


M03 真夏のSounds good! (26th) 

ノザ、こみはる、りょーちゃん、なっつんも発見。
こみはる、りょーちゃん、なっつんは書いてなかっただけで最初から発見していた。

ちぃちゃんがツインにしとるんか?


M02 さよならクロール (31st) 

さややとあえりみっけた。

みきちゃんが目立っとるなあ。


M01 バラの果実 (31st c/w)

ツインで明らかに遅れとるのがおる。

いずりなみっけた。

ゆかるんはなんかタイミングおかしいなあ。
私の思った通りやなあ。
けど、どっかでエンジン全開来るぞ。

Mr.hがいきなり私をdisりだした件。私はMr.hの化けの皮を剥がしたのです。

Mr.hが、電車で人々の会話を盗み聞きするのは、知見のトレーニングにはならない等と言っています。

もちろん別にMr.hがそう思うのは自由です。

然るに、本当にそう思うならば、私が電車で人々の会話を盗み聞きする話題をしたときに、苦言を呈するべきでした。

人に対して、苦々しく思うことは素直に主張する。
それが、本当の人間関係を築くのに大事です。
人間付き合いが長ければ長くなるほど、その点についてどこかで指摘せざるを得なくなるからです。

けれどもMr.hは私に対して苦言を呈しませんでした。

ということは、私はMr.hは工作アカウントと睨んでいますが、仮にMr.hが工作アカウントではないとした場合も、Mr.hは私に対しておべっかを使いながら、私の上を取ることを虎視眈々と狙っていたことになります。

もうその時点で、Mr.hは私にとって、会話の成り立たない人物だったのです。


そして、電車で人々の会話を盗み聞きするのは、なんら恥ずべき行為とは思いません。

たとえば人々は、道行く人々のファッションを参考にしますよね?(私は費用的に無理なので、しませんが)

そうすると、ファッションは参考にするのに、どうして道行く人々の発言を参考にしてはならないのか?ということになります。


ファッションでは、写真で顔出しした場合に肖像権が問題となりますが、それだって発言で個人を特定できる形で掲載する場合に、ようやく問題となるのです。


Mr.hの言い分がすべて誤っているとは私は言いませんし、今後も活動を続けられたらと思いますが、イチアカウントでできることって少ないとも思います。


インターネット上だけでもダメですし、リアルだけでもダメなのです。

仲間が集まれば大勢に見えるけれども、世界中から見たらごく一部なのです。


私は、「がんばっていきまっしょい」の時から、インターネットとリアルをどう結びつけるかを、常に考え続けてきたとも思います。


まだ人類はインターネットを、本来あるべきほどには使いこなしていない。

山田秋波が頑張って、私のTwitterアカウントの凍結に成功したようです。

Twitterの工作アカウント達も、それを意図して撤収したっぽいですねえ。

私もしばらく様子を見ます。
山田秋波の電話番号記載はとりあえずそのままのはずですし。

私がAKBを観はじめた頃は、研究生が一番元気よくて、二十歳はパフォーマンスを抑えて当然でした。

いま、ゆかるんにしろ田野にしろ、最近はぽんみゆがアカペラのセンターを任されたり、5年目の12期がいちばん活きがいいのが、鼻が高いです。


伊達娘が、せっかく自ら掴んだチャンスにもかかわらず、期待の8割くらいで満足して、継続できてないのが、いまとなってはいちばんの誤算です。

ニコ動も2ヶ月くらいほったらかしですよね。

私が嫌う゛自分の居場所゛を伊達娘は強調するのに、自分の核とする゛自分の居場所゛を伊達娘は全部おざなりにしてきました。


私が必要と思う゛自分の居場所゛というのは、チームAとかいう肩書きではありません。
自分が、これだけは誰にも負けないという心意気です。

私が必要と思う゛自分の居場所゛においては、相手の期待の8割ではなく、相手の想像を絶するくらいの活躍ができて当然なのです。

今日は17時公演に行きます

とにかくゆかるんがどういうパフォーマンスをするのか、最も重点的に観ます。

AKSやメンバー内で、面と向かってさまざまに言われるのは苦痛ですし、とりわけ舞台監督などは、理論でゆかるんを責めると思います。

ゆかるんがそれに屈しても、仕方がないと思います。

もし屈しなければ、私ができることを最大限やりたい、ということです。


ちなみに、何度も書いてきましたが、一人だけタイミングがズレたダンスをしたり、音程がズレた歌を歌ったりするのであれば、直さねばならないと思います。

然るにゆかるんは、田野でさえ持ってないような天性のリズム感を持っているので、決して和を乱しているわけではなく、自由に踊ればいいと思うのです。

もし、ゆかるんが端にいて目立ち過ぎると、舞台監督が言うならば、じゃあどうして目立つゆかるんをセンターに持ってこないんだ、と私は言い返します。


これも何度も書いてきましたが、どうしてこれだけ光っているメンバーを、ミュージカル関係者が見つけないのか、苛立たしいです。

ゆかるんも、もっといろんなところに売り込みに行かねばならないのですが、一般家庭のようなので、難しいのでしょうか。

やっぱり私が一刻も早く有名になって、私がプロデュースしたいです。

ゆかるんがもし、これまでのパフォーマンスを維持して運営や他メンから追及されるならば、私は全責任を負います。

責任を負うとは、ゆかるんにその気があれば、私はゆかるんと結婚してもいい、ということです。

その選択権をゆかるんに与えるということです。


私が責任を負える身分になるのが先ですが、私は私で必ず、責任を負える身分になります。

いまの私ができるのは、その約束だけです。


ゆかるんが体制に抗してさえも挑むならば、私からもなんとかして最大限の努力をしたいと考えます。

ゆかるんのパフォーマンスが落ちるのを、クチを開けて見ているのは、本当に耐えがたいですから。


ここで妥協すれば、ゆかるんは凡人になってしまいます。

もちろん、周りのメンバーのパフォーマンスを向上したり、AKSの体質を変えることに尽力するのは可能ではあるのですが、見ている限り、AKSの体質を変えるのは不可能と判断せざるを得ませんから。


私としても熟慮の上の結論です。


ゆかるんは、アイスの実以外は、必ずしも推されてきませんでした。

精神的にもかなり不安定なところがあると認識しています。

だからこそ、なんとかしてブログで応援を書く以上の手助けがしたいと思うのです。


ゆかるんの場合は、お母さんがかなりの肝っ玉母さんのようで、お母さんにかなり助けられている側面もあるとも思います。

普通の親ならば、「AKSの言うことを聞いていなさい」になるでしょうから。

ゆかるんのお母さんは、ゆかるんを思うあまり、恐らくAKSの意図に反して、Google+にアカウントを作って応援したりもしました。


とにかくゆかるんは、私がいちばん評価する、アツいものを持っていて、然るにそれでも、劇場でひとりで矢面に立つには、荷が重すぎると思うのです。


もちろん、ゆかるんのパフォーマンスが落ちても、ゆかるんを責める気はありません。

私にできることを考えたまでです。

« 2015年9月22日 | トップページ | 2015年9月24日 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック