« 2015年10月1日 | トップページ | 2015年10月3日 »

2015年10月2日

2015年10月 2日 (金)

同じような話を何度も何度も聞くのはめんどくさい。

同じ人が同じ話を何度も語っても、集まるのは賛同者しかいません。

同じ人が毎回新しい話を語れば、人々は、コイツからは知識が得られると思い出します。

同じ人が毎回新しい話を、ひとつのストーリーに従って語れば、人々(といっても一部ですが)は、コイツからは知見が得られると思います。

人々の思考課程を考えた場合、人をどのように説得したらいいのかは明白なのですが、同じ人が同じ話を何度も語ることでイデオロギーが形成されるのが実態なため、なかなか革新的な考え方が出てきません。

古賀茂明(だっけ)が提唱した゛フォーラム4゛なんて、イデオロギーのプラットホームですし。


中核派の総括事件が明るみに出ました(ココへの工作コメントにより知りました)が、私は過激派内部に、敢えてイデオロギーに走らせるための、日本政府の工作員が、一定数いると想像します。

だって日本共産党のトップが、実はアメリカのスパイだったのですよ。

日本政府だって、それくらいの工作活動はしているでしょう。

伊達娘はどうして、演技の面白さを理解できないのか?

私が伊達娘の立場ならば、与えられたチャンスはそれぞれ10倍は活かしてアピールし、与えられていないチャンスまでも見つけ出します。


自分のいまの演技や歌声が上手いかどうかに関係なく、とにかく考え出せる全てを出すのです。


そうやって、自分の中から表現をひねりだせるようになってようやく、新たな境地に達することができるのです。

なかなか理解できないかとは思いますが、ようは

・主演をやらせてもらうには自分には何が足りないのか?
・他の主演者は、何が鍵となって採用されたのか?

を、自ら考え出せるようになるのが第一歩と思います。

間違っても、主演者はアキブータンらのコネで決まったと思ってはいけません。

自力でつかみとる意思が必要なのです。

ワカランかなあ・・・
その覚悟を持てるかどうかだけなのですが。

AKBのダンスの先生は、ガチでゆかるんの才能を理解してなかったのか?

私が、ゆかるんのダンスは非常にいいと言い出したのは、いつのことだったでしょう?

ヲタってどうしても、知識自慢をしてしまうから、ゆかるんのダンスは下手と言われて、それが長らくヲタの常識になってしまっていました。


私は少なくとも、ヲタの間で最初に、ゆかるんのダンスをお世辞ではなく、ココロから褒めた自信があります。

私はゆかるんの人生も、だいぶ塗り替えてしまったのでしょうか。


けど、二十歳ではまだ分かりません。
モチベーションを保つって難しいから。

昨日のゆかるんのパフォーマンスについて、あれくらいならば、どんなセットリストでもそこそこ楽しめます。

コメントで、セットリストがいいかのように言っていますが、私はそうとは思いません。

たとえばゆかるんをチェックしていれば、センターに来る機会が少ないのですから。

そういう意味では、小朝公演も同じですけどね。

私は、セットリストが悪いと主張し、もっとストーリー性を持たせた演技を望むのです。
それは、ストーリー性を持たせた演技のほうが、メンバーの演技力向上に役立ち、メンバーのモチベーション維持にも役立ち、さらには長期的に見て人々からも必ず支持されるからです。


それにしても、ゆかるんは自分で想像できる限りのことをしていると思います。

決して天才だから、なにも考えずにアレだけできるとは思いません。

パフォーマンスに演技の要素をかなり取り入れている気がするし、将来、ゆかるんはミュージカル観劇にハマるのではないでしょうか。

私だってミュージカルをはじめて観たのなんて、二十歳を超え、就職してからですし。

昨日は川島なお美の通夜でしたね。

テレビに参列者としてアキブータンが出ていて、なんでアイツ映すねん?

忙しいアピールどこ行ってん?

と思いました。

私は、アキブータンは大して忙しくないことを知っていますが。

755にうつつを抜かしていたり、非生産的な仕事が多いと認識しています。

« 2015年10月1日 | トップページ | 2015年10月3日 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近の記事

カテゴリー

最近のトラックバック