« 2015年10月7日 | トップページ | 2015年10月9日 »

2015年10月8日

2015年10月 8日 (木)

25歳はAKBにいるべきではないけど、15歳はいてもいい。学校と同じや。ついでに私は学校大嫌いや。

私は、AKBはいい意味でも悪い意味でも学校と思っている。

いい意味でいえば、仲間と共に学べる点。
しかもどの学校よりも実用的や。
それはいまでも認める。

しかし、悪い意味もある。
学校って結局、先生を食わせるために生徒(家庭)が身銭を切っている。

だから、学校には三流の先生しかおらん。

私はいい風潮とは思わんけど、一流は官僚になり、二流は大企業に行くから、学校の先生なんて事実上三流以下やねん。

だから、゛GTO゛のような先生を皆が望みながら、゛GTO゛の鬼塚のような先生なんか出て来んねん。

そしてAKBも、先生を食わせるための組織になってもとる。

だから、いても大学生と同じ22歳が、ひとつの判断の分岐点と考える。

そして、学校の繁栄を考える生徒なんかおるか?

それは先生達が考えるべきで、生徒はちゃんと就職することを第一に考えるべきや。


ちぃちゃんは後輩への優しさから言うたかもワカランけど、本当の優しさとは、キチンとした就職先を開拓して、後輩に希望を持たせることちゃうかなあ?


私の場合は、日立製作所がキチンとした就職先ではないし、日本にはキチンとした就職先がなく、その根本に日本政府のおかしさがあると判断したからこそ、いま日本政府と徹底的に戦っている。


ちなみに、鍵穴(明治大学の夏井高人と私は読む)がまたツマランことグダグダ書いとるけど、政府と戦う人間が他国に亡命するのはよくある話やぞ。

2015/10/8 AKB48 「青春はまだ終わらない」 公演 ちぃちゃん生誕 感想

総括

ちぃちゃんの、生誕での発言が生ぬる過ぎて、あまり聞きたくないと思ってしまった。

"攻撃は最大の防御なり"というのはまさにそうで、逆に言えば攻撃する気がない人間が防御を語るのはおかしい。

たとえば平和だって、平和を続けるためのたゆまぬ努力(それだってある意味攻撃である)があってようやく達成できる。
原爆の悲惨さをいくら伝える人間がいたところで、原発事故で、原爆以上の悲惨な状態が発生したのと同じように、反戦を語り継ぐだけでは足りん。

なんで自分の大切な20代をAKBという、後で世界中から黒歴史にされてまう組織に捧げなアカンのか。

"後で世界中から黒歴史にされてまう"というのが理解できんかったり、イヤやと思うたりするんやろとは思う。
けど、遠くない将来そうなる。
だっていま、アキブータンの"握手券"商法がどんどん落ち込んで、公演どころではなくなっとるやろ。

もう公演が普通にある状態にはならん。
私がいくら、AKBを公演集団にしろと言うても、アキブータンが頑なにして来んかったのは、ひとえにカネのためだけやねん。


それだけ罪深いことをやっとるのに、ワカランとはなあ・・・

ちぃちゃん生誕

ちよりが、まるで自分の生誕かのように踊り狂っとる。
いいけど、公演中に踊り狂って欲しいよなあ。
秋葉原の舞台監督に対する抵抗なんかなあ?

麻里子が手紙読んどるけど、麻里子ちゃうんか?
ずっとチームが同じって。
けど、麻里子はまゆゆポジやっとったんかなあ?
あ、あーみんか。
あーみんがちぃちゃんとチーム同じって気づかんかった。

そういえば、麻里子はチーム4に昇格したしなあ。

ちぃちゃんは、自分のポジションがどうかと言いながら、涙声になっとる。

しかし、具体的になにがやりたいかは出てこず。
"劇場を守る"とか、発言がちょっと保守的過ぎるんちゃうか?
別に頑張ること、ファンに対して約束することないし。

EN3 ファースト・ラビット (4th AL) 

ひななもところどころ、ハッとする動きがある。
そういう動きをひとつずつ増やせていけたらいい。

りょーちゃんフロントメンバーやのに、期待されとる動きではないなあ。


EN2 ひこうき雲 (A5th) 

私がようやく気づいたのかもやけど、そういう目で見れば見るほど、ゆかるんに疲れが見えるなあ。
2回公演でも全く疲れを見せんからなあ。

EN1 僕のYELL (16th c/w) 

ゆかるん、ここ数日の中ではなんとなく動きにムラがあるなあ。
朗読の練習が忙しいのかもなあ。


映像「岩本輝雄のフリーキック」 


アンコール ちぃちゃんコール


M19 僕の桜 (B3rd) 

ゆかるんの手を下げるタイミングがビミョーに早くて、ちょっとそれちゃうやろ、というのがあった。
珍しくキレが出とった。
こういう演技のとこでキレが抜けたら、もう一歩上手くなるんやろなあ。


M18 大声ダイヤモンド (10th) 

先日さややに対して、入って来た時ほどにはダンスできてない、と書いた時からしたら、さややだいぶダンスできとるやん。


M17 好きと言えば良かった (B4th) 

下と同じようなことを考えとった。


M16 永遠プレッシャー (29th) 

ゆかるんのパフォーマンスに、苦しさを感じて、それを嫌うヲタも当然おるやろなあ。

けど私はやっぱ、そういうのも全て含めての"好き"やと思うし。
それはもう人生哲学やなあ。


M15 君のことが好きだから (14th c/w) 

ゆかるんだけが、好きな気持ちに苦しい気持ちまで入れとる気がするなあ。

好きな気持ちは喜びだけでは表現できんもんなあ。


M14 心のプラカード (37th) 

やっぱこの曲だけゆかるんの動きが小さくなる理由はセリやろなあ。

それで、後ろにセリがないところでも、他の印象と変えんためにわざと小さめに踊っとるように見える。


M13 ハロウィン・ナイト (41st) 

脚遣いに注目したら、やっとるのはゆかるんとさややの2人に見える。


M12 希望的リフレイン (38th) 

みきちゃんのパフォーマンスが、頑張っているほどには良く見えんのは、やっぱ脚遣いなんやろなあ。
できてないというワケちゃうけど、上半身とか顔とかと比較したらどうしても動いてない気がする。
コレは大勢に当てはまるけど。


M11 呼び捨てファンタジー (24th c/w チームB) 

なーにゃもちぃちゃんも、もっと声が太ければなあ。
なーにゃは出てきた時に思ったほどには、歌唱力が伸びてないのが惜しいよなあ。


MC あえり/なーにゃ/さっほー/さやや/りょーちゃん/ひなな/あやか/いずりな
お題:自分達が25歳になったら

40歳の私が見たら、25歳でなにができるかは難しい。
本当に合った結婚相手だって出てくるかワカランし。

なーにゃが、10年後にタケコプターみたいなんが欲しいと言うとるけど、空を飛ぶのは無理やぞ。

ひななが、2LDKの家に住みたいとか、夢かなんかワカランの言うとるぞ。

さややは初めて、優子みたいな髪型にしたと言うとる。
そういや優子ってもうすぐ27歳やんなあ。


MC ちより/ゆかるん/ちぃちゃん/麻里子/なっつん/こみはる/れなっち/みきちゃん
お題:ちぃちゃんのお悩み相談

ゆかるんは「ちいさん」呼びしていて、「ちぃちゃん」呼びしたいなんて言うとる。

「ちさとさんにとって、ちよりはどういう存在ですか?」
そういう質問を自分が受けたら、一瞬どう返すか迷うなあ。

みきちゃんは、食べたらスグ胃もたれすると言うとる。
私はそもそも"胃もたれ"という概念がない。
"胃もたれ"はハラいっぱいとどこが違うねん?


M10 BINGO! (4th) 

ちよりってなんかゼンゼン踊れてないぞ。
まーちゅんもそうやけど、AKBに来てパフォーマンス落ちたメンバーがポツポツおるのはどういうことやねん?

ひなな、まだまだリズムに乗れてない。

それでもさややは、この曲見るとなんか妙な"タメ"があるよなあ。
ココは素直にリズムに乗ってない。

ゆかるんの動きは別格やなあ。


M09 ギンガムチェック (27th)

前々回気づいたけど、さややってガニ股気味やなあ。
そう思って見たら余計にそう見える。
てかこれまでよりパフォーマンス上げた分見えてきた面があるんやろなあ。
見れば見るほど、ゆかるんに影響されとると思う。飛び方とか。


M08 クマのぬいぐるみ (A4th) 

ゆかるんは後ろ足上げた時の足の位置が尻より高いよなあ。
こういうちょっとしたことが、他の誰よりもできているって重要。


M07 青空カフェ (32nd c/w) 

ゆかるんがダントツやけど、全体を見ても、さややとかみきちゃんとか、上手側のほうが下手側よりも目立つなあ。

それほどパフォーマンスが悪くないあやかのパフォーマンスが甘く見える。
そうやって切磋琢磨するのが、チームとしてあるべき姿やわなあ。


M06 ツンデレ! (A5th) なっつん、れなっち、りょーちゃん

なっつん、さほど音痴ちゃうんやけどなあ。
メロディに合わせたら歌えるんかなあ?
パソコンで歌声まで変えられるとも思わんけど。(CD音源はやっとるのわかるぞ)

りょーちゃん、チームAのときと同じポジやからツマランのが、個人的にある。
なんでテルはりょーちゃんとれなっちを逆にせんかってん?


みきちゃん/りょーちゃん/なっつん/れなっち/こみはる
さやや/さっほー/なーにゃ/ひなな/ゆかるん/あえり
あやか/いずりな/麻里子/ちより/ちぃちゃん
お題:文化祭シーズンにやってみたいこと

萌と思ったのはいずりなか。
てか萌といずりなの見分けがついてないって、私もまだまだやなあ。
いやしかしいずりな、萌っぽい髪型に変えたよなあ。
髪型でウッカリ間違えても不思議ではない。

こみはるが"ミキサーから"と言うとるの、みきちゃんが"みきさんから"と聞こえたって。
私もそう聞こえた。

さややが、"男装コンテスト"とか言うとるけど、絶対オトコの需要ないって。

たつまきに見えたのがなーにゃやった。
なーにゃってなんでか遠目で印象ない。

ちよりも、なんでか見た目の印象、私にはいつまでもないよなあ。

あえりは背番号18番なんか。
プロ野球やったらエースやけど、サッカーやとどうなんやろ。
・・・桑田っていまなにやっとるんやろ。

いずりなが少女マンガによくある"逆メイド喫茶"がやりたい、とか言うとるけど、ヲタの誰も理解してない。

麻里子が、自分の母校の学祭に呼ばれたいのに呼ばれんとか言うとる。

ちよりが、「朝からちさとさん~」と言ってメッチャ滑った。
ちよりは遠めにりっちゃんみたいな髪型しとるなあ。


M05 Everyday、カチューシャ  (21st)  

ゆかるんの一挙手一投足がええよなあ。


M04 ラブラドール・レトリバー (36th)

あの三つ編みはたつまきか?

・・・てかゆかるんの髪は私の勘違いかも。
よく見ると昨日と変わらん気がしてきた。


M03 真夏のSounds good! (26th) 

背の高いのはあえりか。

ちぃちゃんようやく見つけた。

さっほーとひなな見つけた。
さっほーなんか遅れとるなあ。

こみはるのデキがいつもよりいい気がする。


M02 さよならクロール (31st) 

みきちゃんが怪しいお団子ヘアにしとるぞ。
りょーちゃんとこみはるとあやかも分かった。
今日はさややおるなあ。

萌今日もおるやん。
麻里子も見つけた。


こみはるみっけ。
麻里子もおる。
てかさっほー、80年代アイドルの髪型してないか?松本伊代とか。

萌がおるように見えるなあ。


M01 バラの果実 (31st c/w)

ゆかるんなんか髪型変えたカンジやけど、イッパツで分かった。

なっつん、今日もれなっちおるなあ。

てかゆかるん髪ちょっと切ったやろ。

ヒトから笑われなくなることを、"大人になる"ことと勘違いしとるのも多い。

本当に世の中を変える者は、発想が突拍子もなさすぎて、ヒトから笑われる運命にある。


"殿、利息でござる!"の原作である、"穀田屋十三郎"の登場人物達でさえ、その発想が一般人からすると突拍子もない(私からしたらチンケ過ぎるけど)上、神様かなんかに念じるサマは、理解できない大勢のヒトから笑われたやろ。


ヒトから笑われなくなること="大人になる"こと、とすることによって、為政者から見ると一般人の行動は全て想定の範囲内に納まってしまう。


ヒトから笑われなくなること="大人になる"こと、というのは、為政者の側からの洗脳と言ってもいいよなあ。


学者、政治家、官僚、その他も含めた人々のほとんどが、ヒトから笑われることを耐え難い屈辱と思うとる現実がある。


私なんか、ヒトを笑わせたら、それだけヒトの記憶に残った!と思って、シメシメと思うけどなあ。


ちなみに、怒らせるのも同様に、ヒトの記憶に残る手段ではある。

さまざまな要因を考えて、この人は笑かしたろ、この人は怒らせたろ、さらにはこの人は泣かしたろ、と思って、私はだいたい思い通りに動かしとるぞ。

伊達娘の偏頭痛って、鼻が原因で、手術して治ったんちゃうの?

やはり鼻が原因というよりも精神的なものなのかなあ・・・
けどそうすると、鼻は整形手術やった可能性が再び出てくる。

まあ、そこをとやかく言う必要はないか。


それよりも私がどうしても気になるのは、伊達娘は褒められたらそこで満足してまうことや。

私がいまゆかるんに可能性を見出すのも、ゆかるんは褒められてもそこで歩みを止めんことやねん。


そりゃAKBで、ゴリ推し込みでいろいろチャンスも与えられとるメンバーに対して、
「実はイマイチなところがあって・・・」
なんて、ミュージカルや映画の監督は言えんやろ。

そんなコト言うたら、じゃあオマエが直せよ、ということになってまう。


私は伊達娘の演技はそこそこ評価はしとるけど、"そこそこ"で満足したら、最高に登り詰めたところがせいぜい"そこそこ"やねん。


私はそうではなく、はるか上のレベルを目指したい。

そうするとゆかるんのように一人だけ目立って、"ドスドスダンス"とか言うヤツらも出てくるやろ。

けど、そう陰口叩いとるヤツらがいるというのも、ゆかるんがピカイチで目立っとることの裏返しやねん。


私は、これまでの秘密をちょっとだけ出すと、以前はアイボみたいで、最近は座頭市みたいって大勢から笑われる存在や。

けど、常時何事にも全力やからこそ、アレコレ言われて笑われるのであって、目立たんようにやっとったら目立たんし笑われんよ。

ゆかるんが"ドスドスダンス"と言われるのも、私がアイボとか座頭市とか言うて笑われるのも、同じやねん。


ちなみに、その中でいちばん偉い人からは、「大西のファン」とまで言われたよ。
コレは事実な。


とにかく、ヒトの想像の斜め上以上を行く頑張りを見せると、最初は笑われるよ。
もしかしたらもっといい方法がある可能性もあるもんな。


けど、仮にもっといい方法があるとしても、笑われるまで苦労した人間と、褒められるだけで満足しとる人間とでは、笑われるまで苦労した人間のほうが圧倒的に素早く理解できるわなあ。


私がゆかるんを褒めるのはそこやねん。

とはいえゆかるんだって、自分のいいところを人々に教えていく必要性はある。

それは私もいまめちゃくちゃ苦労しとるし、ゆかるんにやれとまでは言わん。
けど、ゆかるんが自分のいいところを人々に教えていけたら、私はもっと惚れてまうわなあ。


伊達娘はゆかるんと比較したら、

・ヒトから褒められるかどうかではなく、自分が納得いくかどうか
・ヒトから笑われようとも、舞台監督から怒られようとも、自分が信じるパフォーマンスがヒト前でできるかどうか

というようなところで、2周くらい遅れとるように私は感じる。


もちろんそれでも、AKBやしゴリ推しやし、さらに仙台の芸能プロの社長令嬢やから、表立っては一生誰も文句は言わんよ。
私以外は。
両親さえも伊達娘の味方のようでいて、甘い言葉言うやろ。


なんか、大勢の人生を見ていたら、"本当はこうなれたのに、親や親戚、周りが潰した"というのがいっぱいある。

"バケモノの子"の、蓮(九太)や熊徹みたいな反逆児はそうそうおらん。


ゆかるんの場合は、AKSの思惑と違うことをゆかるんがすることを、ままるんが応援しとるフシを感じる。

ままるんって実は結構大物なんちゃう?


"大物"かどうかは、有名かどうか、肩書きがどうかは関係ない。
たとえ一市民であっても、意思がどうかのほうが重要やねん。

伊達娘と誕生日が同じの私のおばあちゃんが、トムセン陽子の母親(孫に当たる。私の従姉)が、大学の下宿先とトラブルを起こしたとき、おばあちゃんが下宿先に乗り込んで解決した話を聞いて、それはやり過ぎやろ!と子供心に思うたけど、私は間違いなくおばあちゃんの血を受け継いでいる。

1970年の大阪万博のときに68~9歳で、警備員から静止されたにもかかわらず、65歳だか60歳だかと偽って、ジェットコースターに乗ったという逸話もあるしなあ。

ままるんとゆかるんにも同じモノを感じる。

(けどそれを考えると、日本人初のドイツへの亡命をして強制送還され、なおも日本政府転覆を考えとる私なんて、世界中で永遠に語り継がれるよなあ。
冷静に考えても、坂本龍馬とかジャンヌ・ダルクよりも明らかにすごいよなあ。
そもそも私、坂本龍馬もジャンヌ・ダルクもちょこっと光って殺されて終わり、で、遺志を継ぐことができんかったという意味等々で大して評価してないし。)

伊達娘は、私に対してはやり過ぎるんやけど、世間一般に対してはやり過ぎることが全くないからなあ。


ヒトを比べるのはあんまよくないのは理解するけれども、大西弘子の
「宮田君なんか、もっとやっりょってやわ!」
みたいな、証拠も何も掴んでない、私の悩みも検討していない抽象的なものではなくて、ゆかるんも伊達娘も悩みの解決策までをも考えて比較したものや。


伊達娘はガチで悩んで欲しい。

けど、死ぬな。
悩み抜いた結果は、私がなんとかする。
これまでのようにテキトーに流されるならば、もう知らんけど。

お、言論弾圧攻撃かと思ってままるんトコにコメントした後に、Google+とFacebookに投稿したけど、元に戻っとる。

何時間か、私のデータをサーバ間移動するためとして、ログインできんかった。

日本政府の工作かと思ったけど、そうでもないんかなあ。

とりあえず2つの投稿こっちにも載せるか。

o,

昨日の公演を観ていろいろ思ったことを改めて。ゆかるんとにっすぃーに焦点を当てて。

ゆかるんは二十歳になって日々成長が見られていい。
ウラを返せば、次はやはり声が弱いところをもっと頑張って欲しい。

トムセン陽子も小さい頃はもっと甲高い声で、ラジオDJになって声質が激変してビックリした。
ラジオDJにもなると、ラジオを聴きながらうたた寝できるくらいの穏やかな声が必要になるんや、と思った。

公演では"うたた寝できるくらいの穏やかな声"までは要求されんと思うけど、歌やテレビなど、参考にできるところは多いと思う。

「アドレナリンの夜」だってそう。
もう台本もろとるんかワカランけど、短編なんやし、10回くらい音読して欲しいな。
台本なしならば、なんかそのへんのモノで試せばいい。
アニメの声優の声をアテてみてもええやん。

お母さんがだいぶ協力的にも見えるし、お母さんに見てもらったら、ガチのぶっつけ本番にするよりは、ある程度は修正できるやろ。

ダンスで見せられるのと同じ情熱を音読にかけられれば、上手くなるよ。


気になるのはにっすぃー。

前回はノザが全くできてないと書いたけど、それに輪をかけてできてない。

まだ研究生として取っていた頃は、正規のアンダーで研究生にはたくさんチャンスがあった。

その中でもゆかるんは、ダンスができんとして干されて、1ヶ月に1回しか公演に出れん、と悩んどったらしい。

私もゆかるんの初期は、滅多に見かけんから気にして見たら、意外にもちゃんとダンスができていて、励ましたのが最初やったんちゃうかったかな?

とにかく、研究生制度が機能しとった頃は、それで正規に上がれるように、パフォーマンスを向上するのがひとつのテーマになっとった。

なのに、ドラフトとして、採ること自体を短期的マネーを取るショーにしてもたから、そのまま正規に上がれて、パフォーマンスを向上する必要がなくなってもた。

先輩からしても、後輩のために教えたろうという気持ちが薄れるから、マイナスやわなあ。


とにかく、AKBでまだマトモだった制度自体がガラガラと崩れた。

私は、AKBでまだマトモだった制度を再評価して、AKB内部の崩壊を2年くらい遅らせたんちゃうか?
アキブータンは、まだマトモだった制度を立て直す努力を怠った。


まあ、いまの公演にはチーム感があんまないけど、ココは内々にキャプテンを決めて、チームとして動いて欲しい。

どうせ次のリサイクル公演まで半年くらいあるんやろ。
話題作りのために、2月くらいにまたシャッフルするんやろし。
だからいま言われとるチームはリアルではなく、いまの公演でチームと考えたらいいと思う。

鍵穴のトンチンカンなコメントに回答。知見か否か。

私は素人でも数学的な考え方は可能と考える。

然るに、コメント者は゛数学検定゛なる、知識力をベースにしたものを引き合いに出して、自分の方が数学できる!と言ったので、反論したまでやぞ。

« 2015年10月7日 | トップページ | 2015年10月9日 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック