« 2015年10月9日 | トップページ | 2015年10月11日 »

2015年10月10日

2015年10月10日 (土)

明日はゆかるんとひらりーが新潟の10kmマラソンに出るらしい

私もマラソンなんて、中学校の7,8kmが最高や。

10kmなんて走る気にならん。

秋元才加はフルマラソン2回走ったし、トレーニング機器らしいけど、いずりなは先日20時間走り続けたらしい。


それでも、マラソンなんて地味過ぎて、ヤル気起きん。

それをやり遂げるとするとすごいよなあ。

すごいといえば田野の腹筋はめちゃくちゃすごいけど、腹筋には萌えんしなあ・・・。


ゆかるんって、なんでそれをやるのかヨウワカランことをよくやっているけど、最後には全部上手いこと、パズルのピースが集まるように納まるんかなあ?

とりあえず完走することやな。

私は7,8kmでも相当筋肉痛になった記憶があるから、10kmならばすごいんかなあと思う。

しかし公演であれだけ飛んだり跳ねたりしとったら、10km走るくらいの運動量を上まわっとるんちゃうかと思ったりもする。


しかしゆかるんはホンマに声優を目指しとるんかなあ?

マラソンなんて声優と全く関係ない。
いや、肺活量を高めるために必要かもやけど、やっぱ肺活量は舞台女優の方が必要やろ。


伊達娘の朗読も気にはしているけど、これまでのカンジからすると、想定内で収まってしまいそうでなあ。

【追記版】またアキブータンが出てきて、前回以上に力説しています。そしてAKSに文句言うばかりで、自分がガン細胞なのは無視しています。

なんかもうあまりにも長いなあ。
1時間でAKBについてこれだけ語れる人間がどこにおるっちゅうねん。
それがヲタには理解できん。

ヲタは私だけでなく、アキブータンの発言でさえも、ちゃんと飲み込んで来んかったから、アキブータンが匿名で書いたモノには全くピンと来んねん。

けど、アキブータンの言うとることは、ようは言い訳やねん。
私のコメントには*印付けるわ。

http://onicchan.cocolog-nifty.com/blog/2015/10/post-2851.html#comment-111886900


おーにっちゃんさあ、
これからは加点主義の時代なんだよね。
一般社会ではとかく減点主義の人間が多い。
何か人の欠点や粗ばかりが目立ってしまうのか、満点から減点していく事ばかりに積極的だ。
だからエンタメを楽しめないし常に不平ばかり言っている。

*それはオマエやろ。
*私に対して加点主義で評価したら、とっくにアキブータンを超えとるやろ。
*自分は対象外にしてヒトのことを言うたらアカン。
*
*私が伊達娘のできてないところを言うとるのかもやけど、私はゆかるんとか
*なぁちゃん、ぽんみゆ、ひらりー、が新しいことをしとるの、全部肯定しとるやろが。
*
*ちなみにアキブータンの歌詞にはしばしば「~するなよ」という言い回しがあるけど、
*それだって減点主義の端的な例な。
*
*私は「~するなよ」とは、よほどのことがない限り言わんから、どうしても目についてしまう。


僕も未熟な青年時代ってこんなメンタリティで色々な物事を見て来た部分もあるかもしれない。
でも一回り回って人生を生きて来ると
まず人のいいところを探すようになる。。。
これがいわゆる加点主義だよね。
僕は少し欧米に居たことがあるけど向こうだと、当たり前の文化になっている場合がある。
とにかく人の長所を褒めてモチベートする。
人の短所を殊更更生させるのとは真逆の価値観でもある。
まあもちろんどちらも一長一短あるというのはあるけど、それでも自分は前者により価値を見出す人間。。。
それが何で日本だと重箱の隅をつつくような評論家ばかりが溢れるんだろうか?
そんな事で数字だったりに縛られて、本来のエンタメの評価を自分でしなくなる。
常に何かに影響され他人に判断を委ね、自分の価値基準がどんどんと希薄になる。
そんな場合って最近多くないだろうか?
僕はマネージメントの責任を担い部下の
人材育成が仕事の一つでもあるから見方が違う。
その時に人の短所ばかりあげつらって、評価を下げたって組織には何のメリットもないから。
そうではなくてその人の長所を見つけてあげて、そこを伸ばすようにモチベートしてあげること。。。
それが結果的に組織力を向上させることになる。

*とりあえず、自分ができてないことをgdgd書かれても、説得力ナッシング。
*
*そういえばにっすぃーの写真集どないしてん?
*にっすぃーにはちゃんと成果を見せて、自信を持たせなアカンやろ。
*アキブータンが世間に約束したことやからな。


翻ってAKBの話をするけど、ファンも本来は未熟な子の長所を伸ばす加点主義が基本のはず。
少なくても僕はそうだし色々なメンバーの、長所をまずは探すような意識になる。
だから推しメンだけ褒めることはしないし何なら基本DDだとすら思うほどだよね。
まあ人の長所がまず見つけられる人間は
そういう姿勢に本来なるはず。。。
でもネット上では相変わらず酷い誹謗中傷が飛び交い、揚げ足を取ったり他人を貶めるコメントが後を絶たない。
何だか寂しい状況だよね。
結局は自分の推しメンさえよければ後は知らないとら、平気で他のメンバーを叩く風潮が蔓延している。
AKBを理解しない人間のコメントならいざ知らず、同じAKBGのファンがそんな事やってるなら大問題。。。

*握手券の売り上げでメンバーを競わせとるのは、どこの誰だっけ?
*
*握手券商法をやめて、メンバー間ならびにヲタ間で感動を共有できるように、
*オマエがAKBのあり方を変えなアカン立場なんやぞ。


しかもAKBの外で評価を上げようと奮闘している、メンバーへの労りぐらい持たないとまずいよ。
まずは批評したいならそのコンテンツを観て聴いて、自分の価値観で判断するようにしないとね。
少なくとも数字の高低とかそんなデジタルな指標に、自分の判断を委ねてしまうような真似は止めた方がいい。

*世の中を、デジタルな指標が評価基準になるように画策してきたオマエが言うなよ。
*
*Mr.hの工作投稿がバレて、自分としてコメントせざるを得んようになったんやろなあ。


その上でなお課題があると感じれば節度ある言葉で、しっかりとコメントしてあげればいいわけだから。
とにかく人は感性を磨いて行けば行くほど、人のいいところが先に見えてくるようになる。
ファン全体の空気が是非そういった価値観へと流れて行くともっと尊敬されるグループになるはず。
ファンがAKBを潰すなんて寂しい事にならないように。。。

*ファンが飽きたら自然と潰れる。
*いまそうなっとる。

結局はファン一人一人の心掛け次第だからね。
人は完璧なんてないんだからまずは人の長所を認めそこを伸ばすようなそんな環境を築いていきましょう。
それがAKBのファンとしての務めだと信じて。

投稿: | 2015年10月10日 (土) 01時57分

*ファンは、メンバー以上に水モノや。
*家電製品で、日立よりもパナソニックのほうが良ければパナソニックのモノを買う。
*ファンってその程度のもの。
*
*ファンを過大視しとる時点で、オマエの考え方はおかしい。

*あとは改めて。


おーにっちゃんさあ、
先日SKEの新シングルが発売されることが発表されたが内容は斬新なものだったよね。
表題曲と見做される選抜には7人が抜擢され、松井珠理奈以外は皆若手の子達で構成されている。

ユニット名は「ラブ・クレッシェンド」

これに関しては賛否両論あるだろうけど
ポジティブな要素もしっかりと伝わるよね?
要は未来の種まきの為に批判を恐れずに
SKEは踏み出したということを意味している。
一人の人材が育つには時間が掛かるもの。。。
それこそ2年3年のスパンで育成していく必要がある。
そういう意味では今14~16歳ぐらの子達に、前線での経験を積ませるには最適だろう。
当然未来の種まきには投資がいる。
投資したら一端は沈んだように見えるだろうが、そこで短期的結果に一喜一憂しないでいられるか?
古参中堅のメンバーとそのファン達がいる中でそれを差し置いてやるのだから当然波風が立つ。。。
そこで運営が強い意志を持って貫き通せるか?
いずれにしてもSKEが新たに再興するための息吹を感じさせる今回のシングルだと思う。

*いやそれ私が3年以上前から主張し、じゃんけん大会もなにもかもガチにしろと言うてきたのを、
*オマエは売れんようになって、いまごろようやく気がついただけやないか。
*
*アキブータンは、じゃんけん大会を、「八百長のほうが難しい」とか屁理屈言うて八百長し、
*売れるメンバーばかり出してきたんやないか。

一方でひとつ気になるのは珠理奈の扱い。。。
年齢的にはまだ18歳の珠理奈だがキャリアも実績も十分の彼女が入る意味を考えてみる。
それは当然彼女にとっても今までと違う
役割を期待されていると感じているはず。
古きよき時代のSKEを知るメンバーも
どんどんと卒業でいなくなっている現状。
そこで松井だから出来る事がある。
それはやる気に満ちて資質がある若手の子達に先輩としてその姿勢を示していく事。。。

*先日ちぃちゃんも似たこと言うとったけど、私は反対や。
*
*珠理奈くらいのキャリアになれば、素直に卒業するのが最も良い。
*
*珠理奈の人生を考えたら、SKEにずっといて、30歳のときにどうなれるねん?
*このままやと、言い方悪いけど、ただのおばちゃんになってまうぞ。


これに関しては珠理奈推しでももっと彼女がプレーヤーとして輝いて欲しいと思うかもしれない。
ただ当たり前だけど松井がこのままの状態でステージを上げるのは容易な事ではない。
そこで彼女がまた新しい役割と使命を与えられて、未来のSKEに若手を導く伝道師になる。。。
そんな新しい姿をまた示せるいい機会にもなる。
だからファンとして温かい目で彼女の
SKEでの今後の活動を見守ってあげてほしいと思う。
755にも復帰して松井の中でも心機一転だろう。
これからのSKEの未来が輝かしいものになるように。。。

投稿: | 2015年10月10日 (土) 02時09分

*見通しのない作文ほどツマランものはない。
*
*アキブータン、オマエは上手く書いたつもりやろけど、私から見たら空疎で
*ハナクソほじりたくなる文章やぞ。


おーにっちゃんさあ、
かつてのSKEにはそれこそ多くの精鋭のメンバーが在籍し、飛ぶ鳥を落とす勢いであった時代があるよね。
まさにAKBに追いつき、追い越せというほどのものだった。
そしてその当時の楽曲「チョコの奴隷」が成し遂げた、CDの売り上げ枚数が671,623という数字になる。
これは単独のグループの売り上げとしては今まで最高を維持している。
数字だけで厳密にいうと「コケティッシュ渋滞中」だが、これはMカードありきだから実質的には論外であり除外。。。
僕も当時の事をよく覚えているけどまさに右肩上がりで、グループが自信に満ちてファンも誇りを持っていた時代だったなあ。
当時のバレンタインもこの曲が街中でかなり流れていたし本格的にプロモをすれば代表曲になれたかもしれない。。。
まあとにかくそれぐらいの勢いがあの頃のSKEにはあった。

*なんで勢いなくなってもたん?
*
*まあ、やっぱメンバーがどうというより、握手券商法の限界とは思うけど。


そして今同じ状況にあるのが乃木坂でもある。
最新のシングル「太陽ノック」は今週時点で累計で669,752枚。
このままの推移が続けば今まで破られなかった、SKEの記憶が数年ぶりに更新されることになる。
まあ今の乃木坂も右肩上がりでメンバーが充実して、まさにファンも楽しくて仕方ないそんな流れの中にある。
でも、お互いの数字を比較して勝った負けたなんてくだらない事をやっても余り意味がないこと。。。
個別の日数含めた販売環境だって違うし、今と当時の時代背景も異なるグループを比較して何の意味があるのか??
どちらも素晴らしい記録だと思うよ。

*アキブータンはそれを自慢しに来たんやな。
*自分の商法はまだまだイケる、大西の言う通りにはなってないぞ!と、
*有頂天になって書いてきた。
*
*けど、柳の下のドジョウを見つけただけで、解決策ではないわな。
*
*なんでアキブータンはこうも、カネに固執するんかなあ?
*大勢を幸せにできることに喜びを見出せんのかなあ?


だからどちらも賞賛すればいいしくだらない煽り合いは不要。
そしてここで大事な事は、数字なんてちゃんと内容が伴って魅力があれば後からいくらでも付いてくるということ。
要は需要と供給でちゃんと世の中の物事は成り立っている。
だから数字ありきでありもしない需要を無理やり見せかけても、どこかでそのツケが回ってきてしまうものなんだよ。

*だからナニ?

今のAKBGの運営はどうなのか??
最初にミリオンありきで全てが始まっていないだろうか??
ちゃんとグループのブランドを高めて所属するメンバーのビジネス価値を高めていけばおのずとミリオンなんていくもの。。。
そうではなくて無理やりに数字を追いかけるものだから無駄に個別を増やしてメンバーを疲弊させているだけ。
今回のハロウィンナイトは個別6日にしてサイン会までつけて売り上げを130万枚以上売り上げる状況でもある。
でもこの数字だけ見て誇っていいのかな??
違うんじゃないの??
じゃあ去年の心プラの売り上げは110万枚だけど、個別4日で対応してメンバーの負担を最小限に留めた。
じゃあどっちが上とか下とかそういう問題かと言えばそうじゃないだろう。
そういった需給のバランスとメンバー負担に考慮した非常に意義のあるミリオン記録でもあったと理解している。

じゃあハロウィンナイトはどうなのか?

結果今回の売り上げがやたらと多いために中身が全く吟味されずに何だか売れたなという印象だけ残る。
だからまだ大丈夫なんだと運営もメンバーもファンも錯覚し、足もとで起きている中身の変質までは気づかないでいてしまう。

でも実態はどうなんだろう??

結局個別だけ売れている現状が正常と言えるのかちゃんと吟味して改善が必要なら打たないとね。
ますます、AKBGが内向きになって一部のコアなファンの楽しみでしかなくなってしまう危険もあるから。
おーにっちゃんは、このグループを俯瞰的に観ているからやっぱり数字だけの姑息な印象操作にはあまり響かないよね?

それよりちゃんと中身が筋肉質で需要から裏打ちされたミリオン記録なら非常に意味があると思うけどね。


だから乃木坂もAKBGと同じように規模だけを追いかけて
記録に拘るような愚かな真似はしないで欲しい。


その為に欅坂を利用するなんて本末転倒だし
それは今のAKBGの二の舞になってしまうだけ。。。


だから今のように堅実にコンパクトに運営して
しっかりと需要に応えていって欲しいなと思う。


乃木坂はしっかりとAKBGをベンチマークしましょう!


それでは、また。


以上
投稿: | 2015年10月10日 (土) 02時31分


*このへんは、私に対してではなく、AKSやキングレコードを焚きつけるために書いとるやろ。
*
*アキブータンがAKSやキングレコードとだいぶ距離を取って、
*専属作詞家として儲けられる手法を、AKSやキングレコードに対して作れ!
*と言うとるように、私には思える。
*
*私を敵には回したけど、私を上手に使ってAKSやキングレコードを操作したいんやろなあ。
*
*私がもう2ランクくらい意思が弱くて、ドイツ亡命をさっさと諦めるくらいやったら、
*私をAKSで使おうという魂胆もあったんかもなあ。


おーにっちゃんさあ、
これからAKB10周年とたかみな卒業で
新たな時代に突入するAKBで期待の若手について少し。

最近は12期の高橋朱里が高みな含めて色々と先輩と交流を深めているようだね。
今後のAKBを考える上で彼女の存在は大きいのだろう。
現場で観ている先輩メンバーが一番彼女を理解し、期待をかけているのだから相応の資質があるはず。。。
渡辺麻友も彼女に期待していたよね、確か。
確かに僕も彼女の発言を色々と聞いていて、しっかりと芯がある子だなという印象を受ける。
そして物事を俯瞰して冷静に観れるから
キャプテンの資質があるようにも感じるね。
そしてこれからのAKBを真剣に考えている。

*朱里はハキハキした性格と思っているし、キャプテンに選ばれとるからそうなんやろけど、
*ものすごく光るモノを残している印象もないよなあ。
*
*たかみなを見たらわかる通り、たかみなって運営のイヌやねん。
*それ以外に存在価値がない。
*
*朱里が運営のイヌになってまわんことを祈る。


彼女の発言に後は実績を持って説得力を
持たせられるかは高橋朱里の今後に懸っている。
それは本当に茨の道だし心無い揶揄も含めて、彼女を追いこんでいくかもしれない。
そこで不屈の精神でAKBイズムを体現して行けるか??
でもやっぱりAKBを背負っていきたいと言える、そういった子を率先して起用するのはいいよね。
高橋朱里はそういった意味で言葉を持っている。
後は結果を出していくだけだね、期待している。

*なんかヨウワカラン。
*
*"AKBイズム"なんか関係なく、自分の思う通りのことをやったらええんや。
*
*私なんて、"○○イズム"なんて全く意識してないぞ。


そして次が岡田奈々。。。

彼女は今フランスやイタリアに行って
国際的な交流の場でAKBを広報している。
そんな大役を担えるのも彼女がしっかりと、人気を獲得して信頼を得ている証拠だろう。
こういった世界の空気を肌で感じて、感性を磨き自分の成長へと還元して欲しいね。
成長はテレビに出演するだけが全てではない。
寧ろ若手にはそれよりまずはベースになる、アイドルとしての活動に邁進して欲しい。

*"アイドルとしての活動"というのがひっかかる。
*自分が出せるモノを出したらええだけや。
*
*しかし、伊達娘はこういうのに選ばれてないことからも、ブロードウェイのハナシは
*大口叩いただけと、アキブータンや運営から見られとったんやろなあ・・・。
*
*いまの状態を見れば、私よりもアキブータンや運営の見たての方が正しかったことになってまう。

メディアありきでこのグループで活動するなら、それは一つの姿勢としてもちろん尊重するが。。。

なぜ岡田奈々が支持されるのか??

彼女はAKBがなんたるかを心得てそれを
実際に実践しているからに他ならない。
それは何かと言えば握手会と劇場公演だよね。
小難しいことなんてないんだよ。
ここを頑張れないで外の厳しい世界でどういった結果を出すというのか?
そういうベースが疎かになっていれば
一時テレビに出たって記憶に残らないだろう。
劇場公演にはMCもあるしトークも磨ける。
それがゆくゆくはメディアで活躍するときに、減資になって自分の糧になっていくのだから。。。
岡田奈々は今の姿勢を崩さないで自分の強みを見つけ、磨いていく方向でいいと思う。
真面目だから詰まらないとか、華がないとか的外れな揶揄に振り回される必要はない。
だってそうでない君に惹かれたファンが
あれだけいるから今の支持があるんだから。
とにかくブレずに自分の信念を貫いて頑張ってほしいなあ。

投稿: 元秋 | 2015年10月10日 (土) 02時49分

*"だってそうでない君に惹かれたファンが"
*
*って、ココはもうなぁちゃんがこのブログを見とる前提で、なぁちゃんに対して書いとるやん。
*
*私のブログを多くのメンバーが見とるのは間違いないっぽいなあ。
*
*アキブータンが"握手会と劇場公演"と書いとって、あんまいい気はせんけど、
*握手会だってチャンスやしなあ。


おーにっちゃんさあ、
組織の総合力を上げるには二つの要素があると思っている。

一つは個々のメンバーがブランド価値を高めて、それを組織に還元し結果グループが潤う事。。。
これは当然所属するメンバーが一人ひとり、外仕事で実績をあげることで達成される事でもある。

もうひとつはグループ自体のブランドを上げ、その力で個人の露出の機会を増やしていく事。。。

*ダウト。
*前者しかない。
*後者は負け犬の幻惑や。
*
*"ジブリ"というのは、興行成績を見たらブランドではなく、宮崎駿そのもの
*やったことは明らかや。
*
*けれども、"自分はジブリの社員"って自負しとったヤツらが大勢おるやろ。
*
*ジブリがアニメーターを雇わんようになったのは、そんな背景があると見る。


この両輪がしっかりと回っていたかつてのAKBは、確かに傍から見ていても非常に強かったよね?
神7と呼ばれる子達含めて外に個人で出ていき、そこで活動をすることでファンを呼び込む。
呼び込んだファンがグループの魅力にハマり、更にそこから他のメンバーも応援するようになる。
そうすることでファンの紐帯が多重的になり、非常に強固な防御網を構築する事が出来た。
一方でAKBというブランド自体はどうだろうか?
あの頃はAKBが好きと普通に言えた時代。。。
アイドルがここまでやるか?と世間を驚かせ、その真摯な姿に多くの方が偏見を捨てた。
AKBの子達って本当に努力家で頑張り屋で真剣にアイドルに打ち込んでいるんだねと。。。
そんな声を普通にアイドルに興味がない
人達からも聞けたものだった。
それぐらいAKBというのはある種ブランドだった。
だがやはりそれが時代の流れと共に、徐徐に停滞して訴求力を失ってしまった。
でもそれを、ブームは時代と共に飽きられるのだから仕方ないと割り切ってしまうのも違うだろう。
そのブランドを棄損することなく軟着陸
させることもやりようによっては可能だった。
だが度重なるスキャンダルの連鎖と運営がらみの醜聞がそれを不可能にした。
そして、炎上路線で話題を世間に振りまいて注目させていればいいとの開き直りに出てしまった。

*炎上路線は自分が示したモノではない、とでも言いたいんか?
*
*けど、炎上路線の火消しは、オマエが率先してせなアカンかったんやぞ。
*なのに、オマエは全てにおいて逃げてきたよなあ。
*
*訴求力を失ったのも、最初から分かっていたこと。
*"神7"自体が実態ない、アキブータンの作り出した幻惑に過ぎんかった。
*
*このあたりもう、知ってか知らずか、"敗者の弁"になってもとるぞ。


結果的に余計にAKBへのネガティブな印象をニュートラルな人間にまで与えてしまったのではないか?
あくまで世間には謙虚にアイドルの芸能学校のようにしっかりと育成された卒業生を送り出す。。。
そんなシステムやメンバーの魅力を備わって、理想的な形で永続する方法を採る事も出来たろうに。
その為には常に劇場公演を充実させて、
ここに常に情熱の在処を維持するべきだった。
でもそうはせずメディア偏重路線に舵を切る事で既存の芸能界との差別化に失敗してしまった。
要は、AKBは今までのエンタメと違うから楽しめて応援していたファンを冷ましてしまったわけだ。

*それ、私が3年前に、「いまのままだとこうなってしまう、
*だから新劇場を作って公演を増やせ。AKBを演劇集団にしよう」
*と言っていたまんまやないか。
*
*アキブータンは3年前、「ファンが喜んでいるから」とか言って、
*握手券商法を自ら推進したんやぞ。
*
*私はそんな商法10年持たんと大反対したのに。


一方で今の現状はファンの数が減っているのになぜかシングルの枚数は維持されている。
それは既存の握手会や総選挙というシステムの中で自分達でコントロールできる部分だから。。。
だが各種のデジタルソフトなど複数買いが難しいコンテンツでは露骨に劣勢が浮き彫りになる。
やっぱりファンが減って行けば一部の人間の熱狂的なサポートに依存していかなくてはいけない。
ファン層のバランスと多様性こそ、このAKBGが栄えた原動力だったのにそれがどんどん内向きになる。
今そんな試練の途上にAKBGが来てしまっている。

*なにをいまさら。
*私はいまの状況を的確に言い当てとったやないか。
*
*てか、こういうコトを書いたり、私がMr.hはアキブータンがプロデュースしたモノと
*主張してきたことも総合すると、10周年でアキブータンの総合プロデューサー
*卒業発表はあり得るやろなあ。
*
*けれども、印税のために専属作詞家は辞めんやろ。
*
*"総合プロデューサー卒業"を、1回きりの打ち上げ花火にするつもりなんちゃうか?


その原因を一つに絞る事は難しいが個人的にはAKBとしてブランドを磨いて来なかったツケと考える。
要はAKBに所属している、あるいは卒業したという事がそのメンバーのメリットに必ずしもならない状況。。。
AKBだからと変な風評被害ばかりが先に立ち、その子の本来の芸能の魅力を探るまで至らない。
そんな悲しい状況にならないで欲しいなと思う。
その為には無駄に偏見を助長するような悪癖を割ける、コーポレートガバナンスが求められる。
エンタメはもちろん楽しいに越したことはないが、それありきで進めば思わぬ副作用が待っている。
それに気づきここで襟を正せるかどうか?
これから在籍中のメンバーや卒業したメンバーがAKBという冠を是非誇りにできるような組織を願って。。。
投稿: 元秋 | 2015年10月10日 (土) 03時08分

*"コーポレートガバナンス"とか、オマエ自身がさまざまな裏工作で破ってきたものを、
*なんでAKSに求められるねん?
*
*組織って結局そこのトップが、どれだけの意思を持っているかやねん。
*AKSって実態としてアキブータンがトップやのに、求められるワケないやろ。

表示 コメント (66638件)  |  スパム (49件)   ||   フィルター: 検索条件 IPアドレス が “126.210.0.114”   変更 または リセット
コメントの内容 ライター コメント先 日付
おーにっちゃんさあ、 組織の総合力を上げるには二つの要素があると思っている。 一つは個々のメンバーがブランド価値を高めて、それを組織に還元し結果グループ...
元秋
私は、好きなものをひたすら追い続けてきた。 (記事)
15/10/10
おーにっちゃんさあ、 これからAKB10周年とたかみな卒業で 新たな時代に突入するAKBで期待の若手について少し。 最近は12期の高橋朱里が高みな含め...
元秋
私は、好きなものをひたすら追い続けてきた。 (記事)
15/10/10
おーにっちゃんさあ、 かつてのSKEにはそれこそ多くの精鋭のメンバーが在籍し、飛ぶ鳥を落とす勢いであった時代があるよね。 まさにAKBに追いつき、追い越せと...
私は、好きなものをひたすら追い続けてきた。 (記事)
15/10/10
おーにっちゃんさあ、 先日SKEの新シングルが発売されることが発表されたが内容は斬新なものだったよね。 表題曲と見做される選抜には7人が抜擢され、松井珠理奈...
私は、好きなものをひたすら追い続けてきた。 (記事)
15/10/10
おーにっちゃんさあ、 これからは加点主義の時代なんだよね。 一般社会ではとかく減点主義の人間が多い。 何か人の欠点や粗ばかりが目立ってしまうのか、満点から...
私は、好きなものをひたすら追い続けてきた。 (記事)
15/10/10

アキブータンの今朝のたくさんのコメントから、なんかかなりAKSから距離を置こうとしているのをひしひしと感じる。

なんかAKSと上手く行ってないらしくて、愚痴をイロイロ書いてきた。

乃木坂は売れとる!とまで書いてきた。


アキブータンは、安倍晋三と仲良くして、日本政府まで取り込んだのに、このザマについて文句書いてきとる。

゛アドレナリンの夜゛だって、苦し紛れに考え出して、

「なんでそこまで私が考えなアカンねん!AKSのヤツらちったあ考えろよ!」

と思うたんやろなあ。


私とは敵同士やけど、私でないとアキブータンの悩みを理解せんから、ついつい書いてきたんやろなあ。


私としては、さらに面白くなってきたと思うだけや。


てか、アキブータンと安倍晋三を比較したら、まだアキブータンの方が100倍くらい賢い。

アキブータンと安倍晋三の関係も、悪化しとるかも知れんぞ。


逐一コメントは別途。

またアキブータンが出てきて、前回以上に力説しています。そしてAKSに文句言うばかりで、自分がガン細胞なのは無視しています。長いのでできるところまでで、あとは後日。

なんかもうあまりにも長いなあ。
1時間でAKBについてこれだけ語れる人間がどこにおるっちゅうねん。
それがヲタには理解できん。

ヲタは私だけでなく、アキブータンの発言でさえも、ちゃんと飲み込んで来んかったから、アキブータンが匿名で書いたモノには全くピンと来んねん。

けど、アキブータンの言うとることは、ようは言い訳やねん。
私のコメントには*印付けるわ。

http://onicchan.cocolog-nifty.com/blog/2015/10/post-2851.html#comment-111886900


おーにっちゃんさあ、
これからは加点主義の時代なんだよね。
一般社会ではとかく減点主義の人間が多い。
何か人の欠点や粗ばかりが目立ってしまうのか、満点から減点していく事ばかりに積極的だ。
だからエンタメを楽しめないし常に不平ばかり言っている。

*それはオマエやろ。
*私に対して加点主義で評価したら、とっくにアキブータンを超えとるやろ。
*自分は対象外にしてヒトのことを言うたらアカン。
*
*私が伊達娘のできてないところを言うとるのかもやけど、私はゆかるんとか
*なぁちゃん、ぽんみゆ、ひらりー、が新しいことをしとるの、全部肯定しとるやろが。
*
*ちなみにアキブータンの歌詞にはしばしば「~するなよ」という言い回しがあるけど、
*それだって減点主義の端的な例な。
*
*私は「~するなよ」とは、よほどのことがない限り言わんから、どうしても目についてしまう。


僕も未熟な青年時代ってこんなメンタリティで色々な物事を見て来た部分もあるかもしれない。
でも一回り回って人生を生きて来ると
まず人のいいところを探すようになる。。。
これがいわゆる加点主義だよね。
僕は少し欧米に居たことがあるけど向こうだと、当たり前の文化になっている場合がある。
とにかく人の長所を褒めてモチベートする。
人の短所を殊更更生させるのとは真逆の価値観でもある。
まあもちろんどちらも一長一短あるというのはあるけど、それでも自分は前者により価値を見出す人間。。。
それが何で日本だと重箱の隅をつつくような評論家ばかりが溢れるんだろうか?
そんな事で数字だったりに縛られて、本来のエンタメの評価を自分でしなくなる。
常に何かに影響され他人に判断を委ね、自分の価値基準がどんどんと希薄になる。
そんな場合って最近多くないだろうか?
僕はマネージメントの責任を担い部下の
人材育成が仕事の一つでもあるから見方が違う。
その時に人の短所ばかりあげつらって、評価を下げたって組織には何のメリットもないから。
そうではなくてその人の長所を見つけてあげて、そこを伸ばすようにモチベートしてあげること。。。
それが結果的に組織力を向上させることになる。

*とりあえず、自分ができてないことをgdgd書かれても、説得力ナッシング。
*
*そういえばにっすぃーの写真集どないしてん?
*にっすぃーにはちゃんと成果を見せて、自信を持たせなアカンやろ。
*アキブータンが世間に約束したことやからな。


翻ってAKBの話をするけど、ファンも本来は未熟な子の長所を伸ばす加点主義が基本のはず。
少なくても僕はそうだし色々なメンバーの、長所をまずは探すような意識になる。
だから推しメンだけ褒めることはしないし何なら基本DDだとすら思うほどだよね。
まあ人の長所がまず見つけられる人間は
そういう姿勢に本来なるはず。。。
でもネット上では相変わらず酷い誹謗中傷が飛び交い、揚げ足を取ったり他人を貶めるコメントが後を絶たない。
何だか寂しい状況だよね。
結局は自分の推しメンさえよければ後は知らないとら、平気で他のメンバーを叩く風潮が蔓延している。
AKBを理解しない人間のコメントならいざ知らず、同じAKBGのファンがそんな事やってるなら大問題。。。

*握手券の売り上げでメンバーを競わせとるのは、どこの誰だっけ?
*
*握手券商法をやめて、メンバー間ならびにヲタ間で感動を共有できるように、
*オマエがAKBのあり方を変えなアカン立場なんやぞ。


しかもAKBの外で評価を上げようと奮闘している、メンバーへの労りぐらい持たないとまずいよ。
まずは批評したいならそのコンテンツを観て聴いて、自分の価値観で判断するようにしないとね。
少なくとも数字の高低とかそんなデジタルな指標に、自分の判断を委ねてしまうような真似は止めた方がいい。

*世の中を、デジタルな指標が評価基準になるように画策してきたオマエが言うなよ。
*
*Mr.hの工作投稿がバレて、自分としてコメントせざるを得んようになったんやろなあ。


その上でなお課題があると感じれば節度ある言葉で、しっかりとコメントしてあげればいいわけだから。
とにかく人は感性を磨いて行けば行くほど、人のいいところが先に見えてくるようになる。
ファン全体の空気が是非そういった価値観へと流れて行くともっと尊敬されるグループになるはず。
ファンがAKBを潰すなんて寂しい事にならないように。。。

*ファンが飽きたら自然と潰れる。
*いまそうなっとる。

結局はファン一人一人の心掛け次第だからね。
人は完璧なんてないんだからまずは人の長所を認めそこを伸ばすようなそんな環境を築いていきましょう。
それがAKBのファンとしての務めだと信じて。

投稿: | 2015年10月10日 (土) 01時57分

*ファンは、メンバー以上に水モノや。
*家電製品で、日立よりもパナソニックのほうが良ければパナソニックのモノを買う。
*ファンってその程度のもの。
*
*ファンを過大視しとる時点で、オマエの考え方はおかしい。

*あとは改めて。


おーにっちゃんさあ、
先日SKEの新シングルが発売されることが発表されたが内容は斬新なものだったよね。
表題曲と見做される選抜には7人が抜擢され、松井珠理奈以外は皆若手の子達で構成されている。

ユニット名は「ラブ・クレッシェンド」

これに関しては賛否両論あるだろうけど
ポジティブな要素もしっかりと伝わるよね?
要は未来の種まきの為に批判を恐れずに
SKEは踏み出したということを意味している。
一人の人材が育つには時間が掛かるもの。。。
それこそ2年3年のスパンで育成していく必要がある。
そういう意味では今14~16歳ぐらの子達に、前線での経験を積ませるには最適だろう。
当然未来の種まきには投資がいる。
投資したら一端は沈んだように見えるだろうが、そこで短期的結果に一喜一憂しないでいられるか?
古参中堅のメンバーとそのファン達がいる中でそれを差し置いてやるのだから当然波風が立つ。。。
そこで運営が強い意志を持って貫き通せるか?
いずれにしてもSKEが新たに再興するための息吹を感じさせる今回のシングルだと思う。
一方でひとつ気になるのは珠理奈の扱い。。。
年齢的にはまだ18歳の珠理奈だがキャリアも実績も十分の彼女が入る意味を考えてみる。
それは当然彼女にとっても今までと違う
役割を期待されていると感じているはず。
古きよき時代のSKEを知るメンバーも
どんどんと卒業でいなくなっている現状。
そこで松井だから出来る事がある。
それはやる気に満ちて資質がある若手の子達に先輩としてその姿勢を示していく事。。。
これに関しては珠理奈推しでももっと彼女がプレーヤーとして輝いて欲しいと思うかもしれない。
ただ当たり前だけど松井がこのままの状態でステージを上げるのは容易な事ではない。
そこで彼女がまた新しい役割と使命を与えられて、未来のSKEに若手を導く伝道師になる。。。
そんな新しい姿をまた示せるいい機会にもなる。
だからファンとして温かい目で彼女の
SKEでの今後の活動を見守ってあげてほしいと思う。
755にも復帰して松井の中でも心機一転だろう。
これからのSKEの未来が輝かしいものになるように。。。

投稿: | 2015年10月10日 (土) 02時09分

おーにっちゃんさあ、
かつてのSKEにはそれこそ多くの精鋭のメンバーが在籍し、飛ぶ鳥を落とす勢いであった時代があるよね。
まさにAKBに追いつき、追い越せというほどのものだった。
そしてその当時の楽曲「チョコの奴隷」が成し遂げた、CDの売り上げ枚数が671,623という数字になる。
これは単独のグループの売り上げとしては今まで最高を維持している。
数字だけで厳密にいうと「コケティッシュ渋滞中」だが、これはMカードありきだから実質的には論外であり除外。。。
僕も当時の事をよく覚えているけどまさに右肩上がりで、グループが自信に満ちてファンも誇りを持っていた時代だったなあ。
当時のバレンタインもこの曲が街中でかなり流れていたし本格的にプロモをすれば代表曲になれたかもしれない。。。
まあとにかくそれぐらいの勢いがあの頃のSKEにはあった。
そして今同じ状況にあるのが乃木坂でもある。
最新のシングル「太陽ノック」は今週時点で累計で669,752枚。
このままの推移が続けば今まで破られなかった、SKEの記憶が数年ぶりに更新されることになる。
まあ今の乃木坂も右肩上がりでメンバーが充実して、まさにファンも楽しくて仕方ないそんな流れの中にある。
でも、お互いの数字を比較して勝った負けたなんてくだらない事をやっても余り意味がないこと。。。
個別の日数含めた販売環境だって違うし、今と当時の時代背景も異なるグループを比較して何の意味があるのか??
どちらも素晴らしい記録だと思うよ。
だからどちらも賞賛すればいいしくだらない煽り合いは不要。
そしてここで大事な事は、数字なんてちゃんと内容が伴って魅力があれば後からいくらでも付いてくるということ。
要は需要と供給でちゃんと世の中の物事は成り立っている。
だから数字ありきでありもしない需要を無理やり見せかけても、どこかでそのツケが回ってきてしまうものなんだよ。

今のAKBGの運営はどうなのか??
最初にミリオンありきで全てが始まっていないだろうか??
ちゃんとグループのブランドを高めて所属するメンバーのビジネス価値を高めていけばおのずとミリオンなんていくもの。。。
そうではなくて無理やりに数字を追いかけるものだから無駄に個別を増やしてメンバーを疲弊させているだけ。
今回のハロウィンナイトは個別6日にしてサイン会までつけて売り上げを130万枚以上売り上げる状況でもある。
でもこの数字だけ見て誇っていいのかな??
違うんじゃないの??
じゃあ去年の心プラの売り上げは110万枚だけど、個別4日で対応してメンバーの負担を最小限に留めた。
じゃあどっちが上とか下とかそういう問題かと言えばそうじゃないだろう。
そういった需給のバランスとメンバー負担に考慮した非常に意義のあるミリオン記録でもあったと理解している。

じゃあハロウィンナイトはどうなのか?

結果今回の売り上げがやたらと多いために中身が全く吟味されずに何だか売れたなという印象だけ残る。
だからまだ大丈夫なんだと運営もメンバーもファンも錯覚し、足もとで起きている中身の変質までは気づかないでいてしまう。

でも実態はどうなんだろう??

結局個別だけ売れている現状が正常と言えるのかちゃんと吟味して改善が必要なら打たないとね。
ますます、AKBGが内向きになって一部のコアなファンの楽しみでしかなくなってしまう危険もあるから。
おーにっちゃんは、このグループを俯瞰的に観ているからやっぱり数字だけの姑息な印象操作にはあまり響かないよね?

それよりちゃんと中身が筋肉質で需要から裏打ちされたミリオン記録なら非常に意味があると思うけどね。


だから乃木坂もAKBGと同じように規模だけを追いかけて
記録に拘るような愚かな真似はしないで欲しい。


その為に欅坂を利用するなんて本末転倒だし
それは今のAKBGの二の舞になってしまうだけ。。。


だから今のように堅実にコンパクトに運営して
しっかりと需要に応えていって欲しいなと思う。


乃木坂はしっかりとAKBGをベンチマークしましょう!


それでは、また。


以上
投稿: | 2015年10月10日 (土) 02時31分

おーにっちゃんさあ、
これからAKB10周年とたかみな卒業で
新たな時代に突入するAKBで期待の若手について少し。

最近は12期の高橋朱里が高みな含めて色々と先輩と交流を深めているようだね。
今後のAKBを考える上で彼女の存在は大きいのだろう。
現場で観ている先輩メンバーが一番彼女を理解し、期待をかけているのだから相応の資質があるはず。。。
渡辺麻友も彼女に期待していたよね、確か。
確かに僕も彼女の発言を色々と聞いていて、しっかりと芯がある子だなという印象を受ける。
そして物事を俯瞰して冷静に観れるから
キャプテンの資質があるようにも感じるね。
そしてこれからのAKBを真剣に考えている。
彼女の発言に後は実績を持って説得力を
持たせられるかは高橋朱里の今後に懸っている。
それは本当に茨の道だし心無い揶揄も含めて、彼女を追いこんでいくかもしれない。
そこで不屈の精神でAKBイズムを体現して行けるか??
でもやっぱりAKBを背負っていきたいと言える、そういった子を率先して起用するのはいいよね。
高橋朱里はそういった意味で言葉を持っている。
後は結果を出していくだけだね、期待している。

そして次が岡田奈々。。。

彼女は今フランスやイタリアに行って
国際的な交流の場でAKBを広報している。
そんな大役を担えるのも彼女がしっかりと、人気を獲得して信頼を得ている証拠だろう。
こういった世界の空気を肌で感じて、感性を磨き自分の成長へと還元して欲しいね。
成長はテレビに出演するだけが全てではない。
寧ろ若手にはそれよりまずはベースになる、アイドルとしての活動に邁進して欲しい。
メディアありきでこのグループで活動するなら、それは一つの姿勢としてもちろん尊重するが。。。

なぜ岡田奈々が支持されるのか??

彼女はAKBがなんたるかを心得てそれを
実際に実践しているからに他ならない。
それは何かと言えば握手会と劇場公演だよね。
小難しいことなんてないんだよ。
ここを頑張れないで外の厳しい世界でどういった結果を出すというのか?
そういうベースが疎かになっていれば
一時テレビに出たって記憶に残らないだろう。
劇場公演にはMCもあるしトークも磨ける。
それがゆくゆくはメディアで活躍するときに、減資になって自分の糧になっていくのだから。。。
岡田奈々は今の姿勢を崩さないで自分の強みを見つけ、磨いていく方向でいいと思う。
真面目だから詰まらないとか、華がないとか的外れな揶揄に振り回される必要はない。
だってそうでない君に惹かれたファンが
あれだけいるから今の支持があるんだから。
とにかくブレずに自分の信念を貫いて頑張ってほしいなあ。

投稿: 元秋 | 2015年10月10日 (土) 02時49分

おーにっちゃんさあ、
組織の総合力を上げるには二つの要素があると思っている。

一つは個々のメンバーがブランド価値を高めて、それを組織に還元し結果グループが潤う事。。。
これは当然所属するメンバーが一人ひとり、外仕事で実績をあげることで達成される事でもある。

もうひとつはグループ自体のブランドを上げ、その力で個人の露出の機会を増やしていく事。。。

この両輪がしっかりと回っていたかつてのAKBは、確かに傍から見ていても非常に強かったよね?
神7と呼ばれる子達含めて外に個人で出ていき、そこで活動をすることでファンを呼び込む。
呼び込んだファンがグループの魅力にハマり、更にそこから他のメンバーも応援するようになる。
そうすることでファンの紐帯が多重的になり、非常に強固な防御網を構築する事が出来た。
一方でAKBというブランド自体はどうだろうか?
あの頃はAKBが好きと普通に言えた時代。。。
アイドルがここまでやるか?と世間を驚かせ、その真摯な姿に多くの方が偏見を捨てた。
AKBの子達って本当に努力家で頑張り屋で真剣にアイドルに打ち込んでいるんだねと。。。
そんな声を普通にアイドルに興味がない
人達からも聞けたものだった。
それぐらいAKBというのはある種ブランドだった。
だがやはりそれが時代の流れと共に、徐徐に停滞して訴求力を失ってしまった。
でもそれを、ブームは時代と共に飽きられるのだから仕方ないと割り切ってしまうのも違うだろう。
そのブランドを棄損することなく軟着陸
させることもやりようによっては可能だった。
だが度重なるスキャンダルの連鎖と運営がらみの醜聞がそれを不可能にした。
そして、炎上路線で話題を世間に振りまいて注目させていればいいとの開き直りに出てしまった。
結果的に余計にAKBへのネガティブな印象をニュートラルな人間にまで与えてしまったのではないか?
あくまで世間には謙虚にアイドルの芸能学校のようにしっかりと育成された卒業生を送り出す。。。
そんなシステムやメンバーの魅力を備わって、理想的な形で永続する方法を採る事も出来たろうに。
その為には常に劇場公演を充実させて、
ここに常に情熱の在処を維持するべきだった。
でもそうはせずメディア偏重路線に舵を切る事で既存の芸能界との差別化に失敗してしまった。
要は、AKBは今までのエンタメと違うから楽しめて応援していたファンを冷ましてしまったわけだ。
一方で今の現状はファンの数が減っているのになぜかシングルの枚数は維持されている。
それは既存の握手会や総選挙というシステムの中で自分達でコントロールできる部分だから。。。
だが各種のデジタルソフトなど複数買いが難しいコンテンツでは露骨に劣勢が浮き彫りになる。
やっぱりファンが減って行けば一部の人間の熱狂的なサポートに依存していかなくてはいけない。
ファン層のバランスと多様性こそ、このAKBGが栄えた原動力だったのにそれがどんどん内向きになる。
今そんな試練の途上にAKBGが来てしまっている。

その原因を一つに絞る事は難しいが個人的にはAKBとしてブランドを磨いて来なかったツケと考える。
要はAKBに所属している、あるいは卒業したという事がそのメンバーのメリットに必ずしもならない状況。。。
AKBだからと変な風評被害ばかりが先に立ち、その子の本来の芸能の魅力を探るまで至らない。
そんな悲しい状況にならないで欲しいなと思う。
その為には無駄に偏見を助長するような悪癖を割ける、コーポレートガバナンスが求められる。
エンタメはもちろん楽しいに越したことはないが、それありきで進めば思わぬ副作用が待っている。
それに気づきここで襟を正せるかどうか?
これから在籍中のメンバーや卒業したメンバーがAKBという冠を是非誇りにできるような組織を願って。。。
投稿: 元秋 | 2015年10月10日 (土) 03時08分

表示 コメント (66638件)  |  スパム (49件)   ||   フィルター: 検索条件 IPアドレス が “126.210.0.114”   変更 または リセット
コメントの内容 ライター コメント先 日付
おーにっちゃんさあ、 組織の総合力を上げるには二つの要素があると思っている。 一つは個々のメンバーがブランド価値を高めて、それを組織に還元し結果グループ...
元秋
私は、好きなものをひたすら追い続けてきた。 (記事)
15/10/10
おーにっちゃんさあ、 これからAKB10周年とたかみな卒業で 新たな時代に突入するAKBで期待の若手について少し。 最近は12期の高橋朱里が高みな含め...
元秋
私は、好きなものをひたすら追い続けてきた。 (記事)
15/10/10
おーにっちゃんさあ、 かつてのSKEにはそれこそ多くの精鋭のメンバーが在籍し、飛ぶ鳥を落とす勢いであった時代があるよね。 まさにAKBに追いつき、追い越せと...
私は、好きなものをひたすら追い続けてきた。 (記事)
15/10/10
おーにっちゃんさあ、 先日SKEの新シングルが発売されることが発表されたが内容は斬新なものだったよね。 表題曲と見做される選抜には7人が抜擢され、松井珠理奈...
私は、好きなものをひたすら追い続けてきた。 (記事)
15/10/10
おーにっちゃんさあ、 これからは加点主義の時代なんだよね。 一般社会ではとかく減点主義の人間が多い。 何か人の欠点や粗ばかりが目立ってしまうのか、満点から...
私は、好きなものをひたすら追い続けてきた。 (記事)
15/10/10

« 2015年10月9日 | トップページ | 2015年10月11日 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近の記事

カテゴリー

最近のトラックバック