« 2015年10月16日 | トップページ | 2015年10月18日 »

2015年10月17日

2015年10月17日 (土)

パフォーマンスは直せても、持って生まれた性格までは直せんしなあ。

伊達娘が救急車で運ばれたのは、かわいそうとは思うよ。


けど私だって、伊達娘の気持ちを思えばこその行動を取って、それをキチガイだのなんだのと報道されてきた。

裁判で敗訴までさせられた。

伊達娘は、Google+でアクセスブロックする、裁判に反論しない、など、私がキチガイであることを表だっては肯定してきた。


普通ならば、さじを投げて当たり前や。

それでも私は伊達娘を擁護し続けた。

けど、パフォーマンスさえも改善する気がないのであれば、たとえ救急車で運ばれようが、私は知ったこっちゃない、ということになるわなあ。


それで、私になんか責任問えるか?

結婚の約束反故にしたも何も、本意かはともかく、握手会で拒否したのは伊達娘やぞ。


伊達娘のこれまでの行動は、゛殿、利息でござる!゛の、仙台藩のツマラン役人そのものや。

いくら悩んだとしても、行動がダメならば、相手を傷つけ、相手を死に追いやることさえある。

悩むくらいならば、何かアクションがないとなあ。

難しいことちゃう。

パフォーマンスを最初の頃のいきいきしたものに戻すだけでも、私はプロジェクタ越しに受けとるんやけどなあ。

今日のアキブータン(秋元康)への返答。

恒例により"*"が私の回答。

http://onicchan.cocolog-nifty.com/blog/2015/10/post-7c83.html#comment-111915978

おーにっちゃんさあ、
この間のストリートジャックの麻友のインタビューに心が洗われた
そんな方も多いと思うけど自分もそんな一人でもある。

日々の生活の中の喧騒とストレス、人間関係の複雑さなど、人間って本当に清廉に生き続けるのは難しいんだよね。
誰かの悪口や陰口、愚痴や不平を言ってしまう時もある。

そんな時にアイドルと言うのはそんな人間の煩悩を浄化してくれる。

そんな存在じゃないのかな??

* 途中の説明を抜かすな。

* アキブータンはアイドルを、人々の日々の欲求不満のはけ口と言うとるんやな。
* 公演曲にそんな歌詞もあったなあ。

* けど私は、人々の日々の欲求不満のはけ口として、
* アイドルに握手させるのは間違いと思う。

* だってそれこそフーゾク業になってまうやないか。

* 私は、AKBを人々の日々の欲求不満のはけ口と思ったことは、一度たりともない。


そしてそれを伝えられるのも彼女達がストイックにアイドルを貫き、そこに共感するからに他ならないと個人的にはおもう。

この雑誌は過去にも同じようにインタビューを掲載している。

珠理奈、玲奈、生駒。。。

それぞれに確固たるポリシーとスタイルがあるメンバーだよね。
この雑誌は自分も凄い好きでインタビューの質問の内容も、聞き方とか引き出し方がセンスがあっていいんだよ。

インタビューって本当に様々で、テレビなんて観ていても詰まらない内容のものが本当に多いからなおさら新鮮。。。
この人ちゃんと相手の事を勉強してしっかりと臨んでいるのかな?とか。。。
聞き手のセンスがそのままインタビューのクオリティに示される。

* 別に相手のことなんか知らんかっても、相手の素質を見極めることは可能や。

* そうでないと、オーディションって意味がなくなる。

* なにかのオーディションの審査員がインタビュアーをしていて、
* その内容がツマランかったら、そいつ審査員としての力量がないことになるなあ。


だから本当にこの雑誌は掲載されるメンバーの魅力を、しっかりと引き出すから大したものだと思う。

でももうひとつ大事な事があって対象になるメンバーに引き出せる魅力とか引出しがどれだけあるかも大事なんだろう。

それが薄ければやっぱり難しいからね。

そういう意味では麻友に限らずこの雑誌に掲載されたメンバーにはそんな沢山の魅力が備わっている。

自分もこの子達は好きだししっかりと生き様が伝わってくるから。。。

今の若手の子は変に人気を欲するのではなくまずは全力でアイドルとして邁進してその姿をファンに観てモらうこと。

そうすれば自然とその生き様に惹かれたファンが自然と自分を応援してくれるようになると思うから。

今のAKBの停滞はそんな生き様を見せてくれる子が少ないと感じてしまう事も原因の一つなんだろう。

でも期待できる若手の子もたくさんいるからね。。。


投稿: 834 | 2015年10月17日 (土) 00時19分

* 別にアイドルに限ったことではないやろ。

* そもそも、アイドルって何や?
* アキブータンもあまり定義を考えてないみたいやし。


おーにっちゃんもファンとしてだけでなく普段の生活の中で、所謂世間一般の空気に触れる機会も多いと思います。

そんな中でもちろん個人の社会の空間の差はあれど、例えば周りのAKBへの反応が伝わる機会もあるでしょう。

僕も仕事柄人と会う機会も多いですしそれこそ色々な業界の方々と情報交換をしたりします。

その中でも世間話としてAKBGが出ることもあります。

その反応がポジティブだろうがネガティブだろうが、所謂ファン以外の冷静な意見として参考になりますね。

最近は色々と考えることがあります。

かつてAKBを支えてきたファンがこのグループに希求してきたものって何だったんだろうか?と。

芸能界での成功を夢見る素人の子達が
ファンと共に成長していくストーリー。。。

そこに必死さや真摯さ、誠実さといった
清廉なエッセンスが散りばめられていました。
だから本当にキラキラと輝いて見えましたし、彼女達の活躍に希望が持てたんだと思います。
そしてそんなAKBGに対して社会の偏見の
防波堤になりたいと自分にも信念がありましたね。

* ウソツケ。

* アキブータンに信念がなかったから、握手でボロ儲けし、
* じゃんけん大会を八百長に仕立て上げたんやないか。

* 総選挙だって、本人確認して一人一票と決めたとしたら、
* もっと世間に広まったかも知れん。

* じぃちゃんばあちゃんが、孫から言われて投票して、投票した子にハマってもた、
* とかいう広がりもあったかも知れん。

* なんでも、制約があるほうがまんべんなく広まったりするやろ。


だから一昔前だったら例えばそんな世間一般のAKBGへの偏見に対してはしっかり反論していました。
このグループの魅力はもっと奥深いものだから、もう少し入り込んで探ってみたらどうか?と。。。

* 日本語ちゃんと分かって使っているか?
* "一昔前"もなにも、十年一昔って言うんやぞ。

* 一昔前といえば、AKBができた、まだ無名な当時しか反論してないと言うとる。
* 確かにそうっぽいけど、ソレでは自慢にもならんぞ。


ファンの中にもそういった社会の偏見を取り除いて、AKBGを素晴らしいブランドに育てようと高い志があった。
そういった多くのファンの善意がこのグループを守り、普通なら有りえないビジネス価値を生んだのです。

普通は有りえないんですよね、アイドルグループが当たり前のようにミリオンを売り上げるなんて。。。

でもここ最近はどこか緩いグループになり、そんな頑張らなくてもいいみたいになってますね。
あんまりストイックにメンバーを追い込むな、その瞬間を楽しめればいいだろうみたいな風潮。
それをそのまま運営がトレースしたのか
組織の規律も緩んでやりたい放題の放漫経営。。。
そんなイメージが拡散されてファンも正直かつての情熱をどんどんと失っている。

* "あんまりストイックにメンバーを追い込むな、その瞬間を楽しめればいいだろうみたいな風潮。"

* なんて、そもそもオマエが作り出したんやないか。

* その瞬間を握手に使わせ、ヲタを廃人にしてきたんやないか。

* そんな、ヒトの生き血をすするような商売の上で、
* メンバーをストイックに追い込めるわけがない。

* AKBの歴史上、メンバーをストイックに追い込んだヲタって、私くらいしかおらんやろ。


要は必死にAKBGはただのアイドルじゃないんだと、偏見に立ち向かうモチベーションがないんですよ。

そういった社会の偏見に対してまあそう思われるのも仕方ないかなと諦観してしまう自分がいます。

そういった情熱の減退が徐々にグループに暗い影を落とさないといいのですが。。。

* 最初からカネカネカネなのにもかかわらず、どのクチで"諦観"とか言えるねん。


多分冷静に数字を追っているファンなら
あらゆる指標が右肩下がりなのは分かるはずです。
それって結局満足しているファン以上に
不満とストレスを抱えたファンが多いということ。
その総和が残酷にも数字となって表れて
経営を圧迫していく事に繋がっていく。。。

最近の無秩序のシングル発売やイベント企画を眺めていると本当にAKSは大丈夫なのか?心配です。

資金繰り含めて相当厳しいのではなかろうかと。。。
投稿: | 2015年10月17日 (土) 00時40分

* AKSは厳しいんやな。

* やっぱMr.hはアキブータンのプロデュースで、
* 10周年を期にアキブータンがAKB総合プロデューサー引退、なんやろなあ。

* けどAKSに力量ないし、作詞は結局アキブータンで、実態はなんもカワラン、と。

* 但し、AKBがぶっ潰れた時は、
* 「私は総合プロデューサーを辞めたので、わかりません」
* と言って逃げられる。


UTAGEが最終回を迎えてしまいましたね。
この番組も日に日に出演者の関係が良好になり楽しみにしていたので残念でもあります。

何よりこれは渡辺麻友にとっても非常に素晴らしい経験が出来た外仕事だと思っています。

経験豊富なSMAPの中居氏のアシスタントとしてトークのスキルをしっかりと磨けていたのでは?

先日のソロライブでもその片鱗をファンに示して、その成長ぶりを感じさせてくれていました。

そんな麻友が番組中に中居氏と腕を組んで歌唱するシーンが話題になっていましたね。

ちょっとしたサプライズではありましたが、二人とも照れながらのシーンが微笑ましかったです。

SMAPといえばある種確立したブランドで
ファンも定着しているグループです。

そのリーダーである中居氏と仕事を共にすることで、麻友も色々と学べる事が多かったのではないでしょうか?

彼もまた芸事にストイックな事で有名ですし、ライブ前に準備も入念にすることで有名です。

まあ二人にはそういった拘り含めて共通の部分が多いなというのが個人的な感想です。

二人とも孤高で他人を容易に近づけないイメージですしね。。。

* じゃあなんでまゆゆは握手券全部売れてまうねん?

* 突っ込まれても返答できんような墓穴掘るよなあ。


ただとはいえ時折見せる社交的な部分が
いいアクセントになってファンを魅了します。

今回の絡みも双方のファンは恐らく温かい目で見守っているような感じだろうと思います。

ファンの多くが常識があって成熟した方が多いと思いますし、変な雑音も少ないでしょう。

麻友も今後アイドルを卒業してもしかしたら恋愛する機会もあるかもしれません。

結婚した福山さんじゃないですけど、是非好感度があり尊敬される男性であって欲しいですね。

ちゃんと芸事でしっかりとファンを魅了して、世間からも好感を持たれるような存在。

そして何より渡辺麻友自身がそういった資質と共に、芸能生活を送れるポテンシャルがありますから。

是非これからも清廉に正しく生きてい欲しいなと。。。


投稿: | 2015年10月17日 (土) 00時49分

* プーさんが逆さになった絵で、デリケートゾーンがどうのと書いとったイメージが。

* てか"もしかしたら恋愛する機会もあるかもしれません。"もなにも、
* 恋愛の機会がなかったら、そのほうがビックリちゃうか?

* "もしかしたらおーにっちゃんと恋愛する機会もあるかもしれません。"
* ならばビックリかもやけどなあ。

* ココにきてそんな手が!と、私自身がビックリするし。


おーにっちゃんさあ、
壱番屋が経営するカレーハウスCoCo壱番屋とSKEがコラボしてるよね?

もう3回目ということでしっかりと企業から、その効果を認められている証拠だと思います。

業績を確認してみましたが売り上げ、利益共に前年比で堅調に推移しているのが分かります。

http://www.ichibanya.co.jp/comp/ir/company/pdf/201501_ks1.pdf

その全てがもちろんSKEの効果ではないでしょうが、その一端に貢献できているとの判断でしょう。

珠理奈はチーム食べ太陽との事です。

珠理奈=太陽というイメージが定着しているファンの間では自然と入ってくるネーミングです。

こういったイメージの定着というのは以外と大事です。
もちろん太陽というイメージがポジティブだからこういった珠理奈の代名詞が活きてくるわけですが。

写真集でも彼女はやはり太陽のようなオレンジが好きだと答えていましたし本人も意識しているのでしょう。

ということで自分も無理をしない程度に
このお店を訪れてキャンペーンに参加したいと思います。

* アキブータンがココイチなんて行くコトなんてあるんか。

* "無理をしない程度に"というのは、おサイフではなく体重のほうなんやな。

* ちなみに私は、ココイチでもいっちゃん辛いの頼むぞ。(カネあったときは)
* 10辛やったかなあ?

* ココイチの辛さの段階って、お店の調理の事情で、段階がめちゃくちゃやねん。


ただ競争があるとどうしても行き過ぎのファンが出てきて、歓迎しない話題が顰蹙を買う場合もあったりもします。
ですからファンとしてその節度はしっかり守ってほしいなと。。。

このグループはとにかく競争を好みそれを煽ってファンを競い合わせる側面が否めませんから。

ちゃんとファン一人ひとりが節度ある姿勢でそういった応援活動をする必要がありますね。

当たり前ですけど一人のファンの不埒な行いが、グループ全体のイメージの棄損に繋がる場合もあります。

どうしたって集団や組織というのは世間一般からそういったものの見方をされがちな部分もあります。
だからこそメンバーもファンもしっかりと意識して自己を律して行動して行きたいものです。

その積み重ねがグループの信頼感を醸成してブランドとして確立していく事にもなるので。。。

* その"節度ある姿勢"は、握手券や投票券をいくらでも買えんように、
* アキブータンが規定すべきものやった。

* 日立製作所を辞めて交通安全環境研究所に行かれた、田代惟史さん
* (私の国際標準化の師匠といえる人)がしみじみと言うとったけど、
* 組織というものはそのトップの姿勢に全部左右されるねん。

* アキブータンがブレブレやのに、アキブータンの下のAKSのヤツら、
* さらにその下のメンバー、ヲタらに規律を求めても無理や。

* アキブータンが率先垂範せな。


松井玲奈が卒業して今後のSKEは新たな方向性を模索していく大事な時に突入する事になります。

ただやるべき事はいたってシンプルで既存の強みを大事にしつつSKEらしさ再定義していくこと。

我武者羅でで全力のパフォーマンスこそ
SKEが持つアイデンティティともいえます。

それを全メンバーが共通に持って改めて
劇場公演を大切に活動して行ってほしい。
後は姉妹グループの生き残る道として
やはり地域密着を重視していくことですね。

* そう思うならば、CDを全国で売る手法を改めろっちゅうの。

* 地域密着ならば、劇場公演と、地方局の番組などで採算取れる方法を模索して、
* 運営もそれでやってけるくらいの規模にせなアカン。

* 窪田康志が何十億と使い込みできるようなどんぶり勘定をなくさなアカン。

* 全部AKSではなく、地域ごとに分割して独立採算にせななあ。

* アキブータンはそういう戦略はめっぽう弱いよなあ。


愛知含む中京は経済を知る者なら常識だと思いますが、日本経済の要になる重要な都市群を要しています。

* なんか日本語おかしいし漢字も間違えとる。

* "日本経済の要"って、中心は東京に決まっとるやろ。

* 漢字も日本語も間違い方がMr.hに似とるし、アキブータンには違いないけど、
* 大枠をアキブータンが考えて詳細はMr.hの中のヒトに投げたんかなあ?

* Mr.hの中のヒトもアキブータンやけど、ツイッター用に朝6時頃に投稿する
* アキブータンの小間使いがおるんかもなあ。


そういった巨大な経済圏でSKEがしっかりと、広報の位置を占められるように貢献していく。。。

そして地元企業との関係を大切にしながらしっかりと地盤を固めていく必要がありますね。

何といってもここには世界のトヨタがいますし、他にも名だたる企業が連ねていますので。

* そういや、AKBがチーム8でトヨタに手を出す前、ジブリがトヨタに手を出して、
* トヨタ社内だかに"西ジブリ"を作っとったよなあ。

* 資本家になってまうと、考えつくことが似てまうんかなあ。


今回の壱番屋やAsbeeも愛知を拠点にしています。
もっと言うとAKBGを運営するAKSの資本を提供する享楽もこの地の企業です。
どうしても中央思考で東京でのブランド価値をすぐに高めたいと忙しくなってしまいがちです。

ですがどうしたって東京のプレゼンスで
AKBや乃木坂と対峙していくのは厳しいでしょう。

まずはしっかりと地盤を固めてブランドを築き、そこから再度打って出るような戦略が望まれます。

その中で珠理奈がどう位置づけられていくのか?

兼任は未だに継続して彼女の全身を双方に分けたままの状況が続いています。

SKEの再興を帰すために彼女の存在を、
どのように活用していくかも注目していきたいですね。


投稿: | 2015年10月17日 (土) 01時04分

* いやだからSKEは地域密着でええんちゃうの?

* 全国に打って出て、なにを広めるの?
* 全国に広めるべき、核となる表現がないやろ?

* たとえば、SKEはアキブータンから独立して、中京圏出身者の作詞作曲で、
* オリジナルの公演を届けますというのならばアリとは思うけど。

* アキブータンの下でAKSならば、全国に広めるべき、核となる表現を見出す
* モチベーション自体が生じん。


この間、渡辺麻友のインタビューが掲載されているストリートジャックを購入して読みました。

麻友の今の包み隠さない本音をたっぷりと伝えていましたし、非常に心に響いていきましたね。

余談ですがここにも乃木坂特集があったりと、確実にプレゼンスを上げているのが分かります。

* ソレさっきも聞いたよ、おじいちゃん。(たびたび感じるデジャヴちゃうかと思って、見返してもた)

* どうもアキブータンにはアルツハイマーの兆候が見られるなあ・・・・。


そんな中で麻友の5000字インタビューから感じられたのは彼女の生き様と哲学ですね。

人はなぜ誰かに惹かれ尊敬するのか?

それはその個人の生きて来た様に共感し
その人間性含めて敬意を持てるからでしょう。
更にはそれが芸能人であれば当然勝負すべきその芸事のクオリティに心酔し惹かれていく。
そういう意味では麻友ファンが渡辺麻友の何に惹かれるのか?

色々あるでしょうがやはり彼女の歩んできたそのアイドル人生とその生き様でしょうね。

アイドル的な魅力とか、表現者としての魅力とか、そもそもその前提となる彼女の哲学。。。

そこに強烈に引かれ共感したからこそ、長きにわたって彼女を見守り続けてきたんじゃないかと。。。

* なんかおじいちゃんの説教みたいに、同じコトをグルグルグルグル言うとるだけやないか。

* せめてもう少し、知性の感じられる"たとえ"を使おうか。


まあ本当にピュアなほど真面目ですよね、麻友は。

真面目アレルギーの人間には彼女の真っ直ぐな性格と態度はとにかく揚げ足を取りたくなるほど。。。

でもいいんですよ、それが彼女が信じた道ならどんなに揶揄されようと信じて貫けば。

私も自分があれこれと他人に振り回されて自分を見失うような人生は嫌なんです。

満足するのも後悔するのも全て自己責任です。
正しくても間違っていても周りに責任を押し付けない。

そんなポリシーを麻友からも感じますね。

彼女を求道的とか現代の侍に例えたりしますが、それも今の合理主義の現代では異端でもあります。

どこか人は効率化を求める余りに地道に
コツコツと積み上げていく鍛錬が出来ませんから。

自分もやっぱり人の子ですからそういった煩悩や欲望には中々勝てませんね。
それでも何かを成し遂げる為に
何かを犠牲にするのは時には必要です。

僕も人生でそういった色々な経験を通じて、その大切さを実感してきた人間ですから。。。

麻友はそれをアイドルという立場で多くのファンに示してきた訳です。

だからこそソロコンがあれば遥か遠路からも数千人が彼女の為に集結する程なんです。

余り神格化すると麻友の為になりませんからこのぐらいにしておきますけどね。。。

当たり前ですけど彼女だって煩悩はあるだろうし、色々と欠点もあるんだろうとは思います。
でもそういったものをそのまま放置しないで、改善し磨いていこうとする姿勢がいいです。

開き直って放っておくのは楽だし簡単なんです。

でもそこからは新たな自分は見つからない。

常に自分の可能性を信じて未来を切り開いていく、そんな姿こそ多くの人間を魅了するんですよね。

文中には天国とかそういった精神世界の話がありました。

* アキブータン、ガチで文章構成力落ちたなあ。
* ボキャブラリーが貧困になったというか。

* AKBと乃木坂は、アキブータンの脳が作詞できんようになってパタッと止まる
* 可能性が見えてきたなあ。


少しオカルトになりますが僕の考え方をご紹介します。

僕は所謂宗教的な神が人間を作り存在を支配するような、西洋的な考え方が苦手ですし余り興味がありません。

それよりは来世で生まれ変わる的な輪廻転生の思想に対してより共感を覚える人間でもあります。

ですからあくまで未来は現在の自分の行いにより決まってくるのではと考えています。

だから善行と悪行のそれぞれの足し引きで、結果天国にも地獄にも行くのではなかろうかと。。。

そういう思想でもう随分人生を生きています。

そんな思想が根本にあると虫を殺すのも嫌になりますね。

子供の時にはなんの躊躇もなく殺していたものがとても恐ろしく罪深いものと思えるのです。

だから極力殺生はしないように心掛けています。

* ウソツケ!

* 若い女の子を握手マシーンにし、その生き血をいっぱいすすっとるやないか。

* それは殺生と同じ行為であり、私が最も許せん行為や。

* この子は本来ならばこうなり得た、そう思うごとに、
* そうならせんかったヤツの、罪の深さに苛立ちを覚えるねん。

* AKBの子らには、自分の持つ可能性を大人からすすられんようにと思って、
* 私は頑張って、たとえ他のヲタから理解されず敵を増やそうとも、応援をやってきた。


まあ実際にそんな死んだ後や来世の事は
そこまで真剣に考えても結論は出ません。

ただまあ生き方としてそういった倫理観を備えて生きていれば割と幸せに人生を全うできるかなと。

誰かに迷惑を掛けない、誰かが悲しむような事を敢えてしないなんて当たり前のことですけど。。。

ということでかなりマニアックになってしまいましたが、麻友の記事を読んでそんな深い考察に浸れました。

是非まだ読んでいないならご覧ください。

渡辺麻友という人間の一端が垣間見れますので。

投稿: | 2015年10月17日 (土) 01時16分

* なにが考察やねん。

* 考察というならば、私の池袋駅構内での貨物列車パンタグラフ損傷事故は、
* JR東日本が事故原因を隠蔽しとるというくらいに、
* 結論まで持っていく、論理的に説明できる理屈を考えろよな。


>アキブータンはせっかくやから、ゆかるんと伊達娘についてもコメントしろよ。

おーにっちゃんさ、
彼女の振る舞いにはいつも好感を覚えるる。

理由は明白で彼女の自分のキャラクターの乗りこなし方は凄いと常々思っているからだ。

彼女はあの「面倒臭いキャラ」巧みに利用し、自分に対しても周囲に対してもオブラートとして働くことが出来るのである。

周囲に対しては、例えばあらゆる変な空気になった場面で彼女が強引にカットインする事で「本当に面倒くさくて、しょうがねえな~w」という形でそれなりにいい雰囲気に終息させることが出来るのである。

また、自分に対しては、普段から面白い物・愛らしい物として「面倒臭い」言行を繰り返していることで意識の高さを隠している。

つまり要所要所での大事な宣伝トークなんかも普段の「面倒臭い」言行の一環として嫌味なくアピールできるのである。

本人が志向している歌の方面はまだ練磨が必要なところであるが、兎にも角にも自分の世界観を歌声に乗せることは既に出来ている辺り、才能は十分にあると思う。

だから、僕は彼女の演じる等身大の「虫のバラード」が一番好きなのです。
まあ、何かの機会に山下ゆかりのソロを観たいな。。。ん?

おっと"ゆかり"違いだったなあ。。。

投稿: | 2015年10月17日 (土) 01時27分

* 本文にはコメントした。

* ゆかるんの絵、いつもとは違った観点から、ゆかるんの主張を見た気がして、
* ドキドキした。

* 色を塗るところと塗らないところが半々くらいやし、暖色も寒色も使い分けていて、
* ヲタが思うよりも、私の思いの通り、落ち着いた印象を得る。

* 人物が中心にきているのも安定している。
* その人物の目線の先が、この絵でいちばん明るい黄色に行っているのは、
* ゆかるんが明るいモノを求めとる証やろなあ。

* 黄色は恐らく太陽のイメージやろ。
* 黄色に反対する方向に、髪の毛に影らしき色の違いがあり、さらにその後ろには、
* 影を想起させる藍色がある。

* そこまで考えると、ゆかるんにはこの元絵のちゃんとしたイメージがあって、
* それを忠実に描いたのではなく、適度にデフォルメして印象を描いたんちゃうか、
* と想像することもできる。


おーにっちゃんさあ、
竹内美宥が一ヶ月ほど海外で音楽の勉強をするみたいだね。

彼女は、一見すると地味な印象さえあるのに、知れば知るほど独特の存在感があり、掴み所のない人だなあ、といつも思う。

* 私から見たら、捕まえやすいモノをいっぱい持っとるのに、
* 捕まえられるのを嫌がって逃げとるねん。

* "掴み所のない"とは明らかに違う。
* アキブータンはみゆみゆをちゃんと観察してない。


頭が悪いという印象は一切ないものの、かといって計算高く立ちまわるタイプでも、MCが得意という風でもない印象。

歌唱力は定評通りなかなかのもので、あの落ち着いた聴きやすい良い歌は結構好きです。

反面、そういうカラーの歌なのでユニットの「純情主義」には今ひとつフィットしていないかなあ。。。?

* 「純情主義」にフィットしてないのは、歌声というよりもダンスやろなあ。

* 歌をよくするためにはリズム感が必要やのに、みゆみゆはリズム感がないねん。


個人的にはドラマでもコントでも演技仕事をしている時の彼女が一番好きですね。

「マジすか学園3」でのミユ役はなかなか白眉で本人のまさに“掴み所がない”ところが全面的にいい方に作用してミステリアスな雰囲気があった。

あのドラマの中盤の半分ぐらいは彼女の存在感で持たせてた部分があったんじゃないかとさえ思える。

コントにおいてもそうで、彼女のコント芝居はどことなく不思議か空気感でTVバラエティというよりは何か演芸場のような雰囲気がある。

一人だけそうした何処と無くハイブロウな空気を漂わせているから、そこになんとも言えない面白さが出るんだよねえ。

そういう感じなので、ドラマでもコントでもいいからまた演技の仕事で見てみたいなあ。

投稿: | 2015年10月17日 (土) 01時39分

* なんとも言えんけど、みゆみゆにカツを注入できたら、いいモノになるとは思う。

* アイドルを名乗っとるくせに、可愛いと褒めたらアクセスブロックしてくるほどの
* あまのじゃくやから、そこをどうにかできんかなあ。

* みゆみゆがガチで恋愛したら、だいぶ変わりそうと思う。
* そして、だいぶ変わってまう自分が怖くて、いつまでも恋愛できんねやろとも思う。


先月乃木坂の白石が東京代々木で行われたTGCに参加して多くの歓声を浴びていたそうですね。

TGC:東京ガールズコレクション

彼女と言えば今専属のモデルもこなす中で、多くの女性ファンを持つアイコンになっています。

その他にも乃木坂はモデルをやっている子が多いし、グループ全体としてイメージ戦略が徹底しています。

とにかくお洒落に敏感でクールなものを
追求したい若者に向けて展開していく事。。。

その中で憧れを持ってくれる子をそのまま、乃木坂のファンに引き込むという事でしょう。

まあこの間の神宮ライブに行ったときにもとにかく若者特に若い女性が目立っていました。

こんな現場レベルの空気感でも確実にそのような風潮がリアルなんだと実感します。

そんな乃木坂のアイコンの白石ですが、記者との会見でも恋愛について質問がありました。

その受けた答えはいたって模範生としてのもの。。。

恋愛には非常に興味があっていつかしたいが、今はアイドルなのでそんな事より優先するものがある。

こんな趣旨だったと思います。

グループを背負うメンバーの意識の高さは、選ぶ言葉ひとつとっても伝わってくるものです。

別に異性や恋愛に興味があっても全然いいんですよ。

でもアイドルという特殊な職業をやっている間は、ファンや関係者に迷惑を掛けるのでしない。。。

こんな当たり前のシンブルな事がやたらとデフォルメされて議論されている事自体馬鹿らしい。

彼女達が恋愛禁止を守っているなんて当たり前の前提です。

* 恋愛=セックス、みたいな考えやとそうかも知れんけど、
* 恋愛を通じて表現力などで成長できるならば、恋愛したほうがええんちゃうの?
* アキブータンはおおやけには言わんけど。

* "バクマン"だって、最初ヒロインと結婚の約束してなかったら、
* あんなに頑張れてない。


だからそんなレベルの議論で彼女達が話題になる事自体はそもそも意識の外です。

そんな事よりアイドルとしてあるいは表現者としてファンを魅了してもらえればそれでいいです。

その為には彼女達もこれからどんどんと上を目指し芸能を磨いて行ってくれると信じているので。。。

だから何度でも言うように個人レベルで言えば恋愛禁止なんて正直どうでもいいのです。

それがグループ全体の話になると別問題ですけど。

ただもう今は正直組織の中にもそんなルールすらあるかも分からないぐらい形骸化したものです。

それでもグループの中心として率いるメンバーや顔となるメンバーには模範として振る舞って欲しい。

そういう意味では乃木坂の白石やAKBの麻友というのは、個人レベルで議論できる存在ではありません。

彼女達がスキャンダルや醜聞を起こせば
それ自体がグループの崩壊に繋がるレベル。。。

逆に言えばここが崩れなければ後はどうでもいい。

今は残念ながらそんな風潮になっていますね。

だからこそ彼女達にかかる負担は計り知れません。

普段の言動や行い含めて冷徹な目に常に監視され、息つく暇もないストレスに身を置いているでしょうから。

そんな中でもやはりグループ愛に溢れて
自己の行いを律する事のできるメンバーは流石です。

乃木坂の白石に関してはここ最近グループの動向を深く追うようになって大分見方も変わりました。

美人ですました割とクールな子かと思っていましたが、内面含めて情熱家でとにかくグループ愛が強い。。。

乃木坂を単なるアイドル集団にしたくないという熱い想いとプライドを感じたりもします。

ただでさえアイドルというのは社会で軽く見られ偏見の対象になりやすい中ですので大変でしょう。

それでも白石や麻友はグループの顔として、多くのものを背負っていかなくてはいけない。

そういう選ばれた宿命を持つメンバーという事です。

たかが恋愛やスキャンダルと軽く考える人間は組織というものに身を置かない人間でしょう。
憧れの象徴やモラルの模範となるメンバーは、そのままグループのイメージにも繋がりますから。

この二人はこれからも雑音で大変でしょうが、是非清廉にアイドルを全うして欲しいと思います。

もちろんSKEの象徴である珠理奈もですね。

その先にはきっと女性としての幸せが待っていますので。。。


投稿: | 2015年10月17日 (土) 01時52分

* ・・・だから?ってカンジ。
* オムツ安倍晋三バカ総理大臣と同レベルの空疎な演説してどないする。

* 珠理奈は以前鈴木敏夫からコテンパンに言われて、私そのとき鈴木敏夫に対して
* 苦言を呈した。

* けれども、いまとなっては、珠理奈の素行不良を鈴木敏夫は事前に得ていて、
* その確信を前提として言うた可能性があるわなあ。


ーーーーーー

表示 コメント (66970件)  |  スパム (32件)   ||   フィルター: 検索条件 IPアドレス が “126.214.50.161”   変更 または リセット
コメントの内容 ライター コメント先 日付
先月乃木坂の白石が東京代々木で行われたTGCに参加して多くの歓声を浴びていたそうですね。 TGC:東京ガールズコレクション 彼女と言えば今専属のモデ...
アキブータンが、めぐをゴリ推しして書いてきたところ、今日初日の田原総一朗公演もセンターめぐなんやって。こんな偶然あるかよ。 (記事)
15/10/17
おーにっちゃんさあ、 竹内美宥が一ヶ月ほど海外で音楽の勉強をするみたいだね。 彼女は、一見すると地味な印象さえあるのに、知れば知るほど独特の存在感があり...
アキブータンが、めぐをゴリ推しして書いてきたところ、今日初日の田原総一朗公演もセンターめぐなんやって。こんな偶然あるかよ。 (記事)
15/10/17
>アキブータンはせっかくやから、ゆかるんと伊達娘についてもコメントしろよ。 おーにっちゃんさ、 彼女の振る舞いにはいつも好感を覚えるる。 理由は明...
アキブータンが、めぐをゴリ推しして書いてきたところ、今日初日の田原総一朗公演もセンターめぐなんやって。こんな偶然あるかよ。 (記事)
15/10/17
この間、渡辺麻友のインタビューが掲載されているストリートジャックを購入して読みました。 麻友の今の包み隠さない本音をたっぷりと伝えていましたし、非常に心に...
アキブータンが、めぐをゴリ推しして書いてきたところ、今日初日の田原総一朗公演もセンターめぐなんやって。こんな偶然あるかよ。 (記事)
15/10/17
おーにっちゃんさあ、 壱番屋が経営するカレーハウスCoCo壱番屋とSKEがコラボしてるよね? もう3回目ということでしっかりと企業から、その効果を認めら...
アキブータンが、めぐをゴリ推しして書いてきたところ、今日初日の田原総一朗公演もセンターめぐなんやって。こんな偶然あるかよ。 (記事)
15/10/17
UTAGEが最終回を迎えてしまいましたね。 この番組も日に日に出演者の関係が良好になり楽しみにしていたので残念でもあります。 何よりこれは渡辺麻友にとっ...
アキブータンが、めぐをゴリ推しして書いてきたところ、今日初日の田原総一朗公演もセンターめぐなんやって。こんな偶然あるかよ。 (記事)
15/10/17
おーにっちゃんもファンとしてだけでなく普段の生活の中で、所謂世間一般の空気に触れる機会も多いと思います。 そんな中でもちろん個人の社会の空間の差はあれど、...
アキブータンが、めぐをゴリ推しして書いてきたところ、今日初日の田原総一朗公演もセンターめぐなんやって。こんな偶然あるかよ。 (記事)
15/10/17
おーにっちゃんさあ、 この間のストリートジャックの麻友のインタビューに心が洗われた そんな方も多いと思うけど自分もそんな一人でもある。 日々の生活の中...
834
アキブータンが、めぐをゴリ推しして書いてきたところ、今日初日の田原総一朗公演もセンターめぐなんやって。こんな偶然あるかよ。 (記事)
15/10/17

伊達娘を苦しめとるのは、日本政府やねん。

ホンマならば、伊達娘の意思をAKSらが抑圧するのは、基本的人権に抵触して、国際的に問題やねん。

伊達娘が声をキチンと上げれば、私だけでなく世界が助けてくれる問題やねん。


なのに、AKB10周年とか、世界で見たらちっぽけな論理で、伊達娘を平気で抑圧しとる。

日本政府、アキブータン、ブスみな、菅原美話、ぜんぶそうや。

私から見たら、菅原美話は大西弘子クラスの酷い親や。


にもかかわらず、なんでそれを自分で背負うのか?

それがいちばんの、伊達娘の優柔不断なトコやぞ。


まあ、声を上げねばとは言わんけど。

私は伊達娘の何倍もの困難と戦って、死が訪れる恐怖にも幾度も遭遇したにもかかわらず、伊達娘は全く認識してくれんかった。

それでさえも、私は健康や。


とにかく、いまを生きろ。

その経験は、いつかきっと、誰も演じられん表現に結実するやろ。


私はもう、伊達娘と結婚するとは言わんけど、ちゃんと生きたら、アキブータンと違って見放さんから。


とはいえ、私から汚名挽回する必要はあるわなあ。

私もまだ、伊達娘を逐一チェックする気にはなってない。

公演で見かけて、パフォーマンスで目立ったら、また評価したいと思う。

伊達娘は救急車で緊急搬送されたんか?

そんなに調子崩すくらいならば、パフォーマンスを向上させるくらいカンタンやろ。

やっぱ大西弘子と違って、伊達娘は見捨てられんなあ。

かといって、元のサヤにおさまるワケにもいかんしなあ。


アキブータンも、そんな事情があるから、伊達娘には触れられんかったんかな。


伊達娘が辛いのはなんとなく分かるけど、自分に勝てるかどうかやと思うぞ。

ところで、ゆかるんのイラストはオリジナルキャラなんか?

イラスト初めて見た気がする。

髪の色合いから初音ミクかと一瞬思ったけど、ちゃうしなあ。

どうでもいいけど、初音ミク色の新幹線あるのって知っとるやろ?

今日もアキブータン(秋元康)が書いてきたなあ。カネにもならん私の相手するって、精神的によっぽど弱っとるなあ。

詳細は午後。
回答してから公演・・・・、と思いきや今日は休館日か。

AKS批判がやまんなあ。
やっぱ、窪田康志を文春に売ったのはアキブータン、ということの裏付けにもなるわなあ。

なんでAKBヲタとかフリージャーナリストとかは、そんな簡単な理屈もワカランかなあ?

それと、ゆかるんと伊達娘についてコメントリクエストしたら、ゆかるんだけ書いてきた。
途中までどっちについて言うとるのかワカラン(どっちもチーム内で面倒臭いキャラやから)かったけど、歌唱力と最後の山下ゆかりで、ゆかるんのコトを言うとると判別できる。

ゆかるんの意識の高さについては、私はつねづね主張しとるけど、アキブータンも認めるんやな。

また、伊達娘について全く言及してないのはなんでや?

1. 私の伊達娘に関する考察に勝てると思ってないから
2. 私を炎上させかねないから
3. アキブータンはいまの伊達娘を評価してないから
4. 伊達娘はいま精神的に弱っているから

いろいろ想像した(事実かはワカラン)けど、この中に答えある?


http://onicchan.cocolog-nifty.com/blog/2015/10/post-7c83.html#comment-111915978

おーにっちゃんさあ、
この間のストリートジャックの麻友のインタビューに心が洗われた
そんな方も多いと思うけど自分もそんな一人でもある。

日々の生活の中の喧騒とストレス、人間関係の複雑さなど、人間って本当に清廉に生き続けるのは難しいんだよね。
誰かの悪口や陰口、愚痴や不平を言ってしまう時もある。

そんな時にアイドルと言うのはそんな人間の煩悩を浄化してくれる。

そんな存在じゃないのかな??

そしてそれを伝えられるのも彼女達がストイックにアイドルを貫き、そこに共感するからに他ならないと個人的にはおもう。

この雑誌は過去にも同じようにインタビューを掲載している。

珠理奈、玲奈、生駒。。。

それぞれに確固たるポリシーとスタイルがあるメンバーだよね。
この雑誌は自分も凄い好きでインタビューの質問の内容も、聞き方とか引き出し方がセンスがあっていいんだよ。

インタビューって本当に様々で、テレビなんて観ていても詰まらない内容のものが本当に多いからなおさら新鮮。。。
この人ちゃんと相手の事を勉強してしっかりと臨んでいるのかな?とか。。。
聞き手のセンスがそのままインタビューのクオリティに示される。

だから本当にこの雑誌は掲載されるメンバーの魅力を、しっかりと引き出すから大したものだと思う。

でももうひとつ大事な事があって対象になるメンバーに引き出せる魅力とか引出しがどれだけあるかも大事なんだろう。

それが薄ければやっぱり難しいからね。

そういう意味では麻友に限らずこの雑誌に掲載されたメンバーにはそんな沢山の魅力が備わっている。

自分もこの子達は好きだししっかりと生き様が伝わってくるから。。。

今の若手の子は変に人気を欲するのではなくまずは全力でアイドルとして邁進してその姿をファンに観てモらうこと。

そうすれば自然とその生き様に惹かれたファンが自然と自分を応援してくれるようになると思うから。

今のAKBの停滞はそんな生き様を見せてくれる子が少ないと感じてしまう事も原因の一つなんだろう。

でも期待できる若手の子もたくさんいるからね。。。


投稿: 834 | 2015年10月17日 (土) 00時19分


おーにっちゃんもファンとしてだけでなく普段の生活の中で、所謂世間一般の空気に触れる機会も多いと思います。

そんな中でもちろん個人の社会の空間の差はあれど、例えば周りのAKBへの反応が伝わる機会もあるでしょう。

僕も仕事柄人と会う機会も多いですしそれこそ色々な業界の方々と情報交換をしたりします。

その中でも世間話としてAKBGが出ることもあります。

その反応がポジティブだろうがネガティブだろうが、所謂ファン以外の冷静な意見として参考になりますね。

最近は色々と考えることがあります。

かつてAKBを支えてきたファンがこのグループに希求してきたものって何だったんだろうか?と。

芸能界での成功を夢見る素人の子達が
ファンと共に成長していくストーリー。。。

そこに必死さや真摯さ、誠実さといった
清廉なエッセンスが散りばめられていました。
だから本当にキラキラと輝いて見えましたし、彼女達の活躍に希望が持てたんだと思います。
そしてそんなAKBGに対して社会の偏見の
防波堤になりたいと自分にも信念がありましたね。

だから一昔前だったら例えばそんな世間一般のAKBGへの偏見に対してはしっかり反論していました。
このグループの魅力はもっと奥深いものだから、もう少し入り込んで探ってみたらどうか?と。。。

ファンの中にもそういった社会の偏見を取り除いて、AKBGを素晴らしいブランドに育てようと高い志があった。
そういった多くのファンの善意がこのグループを守り、普通なら有りえないビジネス価値を生んだのです。

普通は有りえないんですよね、アイドルグループが当たり前のようにミリオンを売り上げるなんて。。。

でもここ最近はどこか緩いグループになり、そんな頑張らなくてもいいみたいになってますね。
あんまりストイックにメンバーを追い込むな、その瞬間を楽しめればいいだろうみたいな風潮。
それをそのまま運営がトレースしたのか
組織の規律も緩んでやりたい放題の放漫経営。。。
そんなイメージが拡散されてファンも正直かつての情熱をどんどんと失っている。

要は必死にAKBGはただのアイドルじゃないんだと、偏見に立ち向かうモチベーションがないんですよ。

そういった社会の偏見に対してまあそう思われるのも仕方ないかなと諦観してしまう自分がいます。

そういった情熱の減退が徐々にグループに暗い影を落とさないといいのですが。。。

多分冷静に数字を追っているファンなら
あらゆる指標が右肩下がりなのは分かるはずです。
それって結局満足しているファン以上に
不満とストレスを抱えたファンが多いということ。
その総和が残酷にも数字となって表れて
経営を圧迫していく事に繋がっていく。。。

最近の無秩序のシングル発売やイベント企画を眺めていると本当にAKSは大丈夫なのか?心配です。

資金繰り含めて相当厳しいのではなかろうかと。。。
投稿: | 2015年10月17日 (土) 00時40分


UTAGEが最終回を迎えてしまいましたね。
この番組も日に日に出演者の関係が良好になり楽しみにしていたので残念でもあります。

何よりこれは渡辺麻友にとっても非常に素晴らしい経験が出来た外仕事だと思っています。

経験豊富なSMAPの中居氏のアシスタントとしてトークのスキルをしっかりと磨けていたのでは?

先日のソロライブでもその片鱗をファンに示して、その成長ぶりを感じさせてくれていました。

そんな麻友が番組中に中居氏と腕を組んで歌唱するシーンが話題になっていましたね。

ちょっとしたサプライズではありましたが、二人とも照れながらのシーンが微笑ましかったです。

SMAPといえばある種確立したブランドで
ファンも定着しているグループです。

そのリーダーである中居氏と仕事を共にすることで、麻友も色々と学べる事が多かったのではないでしょうか?

彼もまた芸事にストイックな事で有名ですし、ライブ前に準備も入念にすることで有名です。

まあ二人にはそういった拘り含めて共通の部分が多いなというのが個人的な感想です。

二人とも孤高で他人を容易に近づけないイメージですしね。。。

ただとはいえ時折見せる社交的な部分が
いいアクセントになってファンを魅了します。

今回の絡みも双方のファンは恐らく温かい目で見守っているような感じだろうと思います。

ファンの多くが常識があって成熟した方が多いと思いますし、変な雑音も少ないでしょう。

麻友も今後アイドルを卒業してもしかしたら恋愛する機会もあるかもしれません。

結婚した福山さんじゃないですけど、是非好感度があり尊敬される男性であって欲しいですね。

ちゃんと芸事でしっかりとファンを魅了して、世間からも好感を持たれるような存在。

そして何より渡辺麻友自身がそういった資質と共に、芸能生活を送れるポテンシャルがありますから。

是非これからも清廉に正しく生きてい欲しいなと。。。


投稿: | 2015年10月17日 (土) 00時49分


おーにっちゃんさあ、
壱番屋が経営するカレーハウスCoCo壱番屋とSKEがコラボしてるよね?

もう3回目ということでしっかりと企業から、その効果を認められている証拠だと思います。

業績を確認してみましたが売り上げ、利益共に前年比で堅調に推移しているのが分かります。

http://www.ichibanya.co.jp/comp/ir/company/pdf/201501_ks1.pdf

その全てがもちろんSKEの効果ではないでしょうが、その一端に貢献できているとの判断でしょう。

珠理奈はチーム食べ太陽との事です。

珠理奈=太陽というイメージが定着しているファンの間では自然と入ってくるネーミングです。

こういったイメージの定着というのは以外と大事です。
もちろん太陽というイメージがポジティブだからこういった珠理奈の代名詞が活きてくるわけですが。

写真集でも彼女はやはり太陽のようなオレンジが好きだと答えていましたし本人も意識しているのでしょう。

ということで自分も無理をしない程度に
このお店を訪れてキャンペーンに参加したいと思います。

ただ競争があるとどうしても行き過ぎのファンが出てきて、歓迎しない話題が顰蹙を買う場合もあったりもします。
ですからファンとしてその節度はしっかり守ってほしいなと。。。

このグループはとにかく競争を好みそれを煽ってファンを競い合わせる側面が否めませんから。

ちゃんとファン一人ひとりが節度ある姿勢でそういった応援活動をする必要がありますね。

当たり前ですけど一人のファンの不埒な行いが、グループ全体のイメージの棄損に繋がる場合もあります。

どうしたって集団や組織というのは世間一般からそういったものの見方をされがちな部分もあります。
だからこそメンバーもファンもしっかりと意識して自己を律して行動して行きたいものです。

その積み重ねがグループの信頼感を醸成してブランドとして確立していく事にもなるので。。。

松井玲奈が卒業して今後のSKEは新たな方向性を模索していく大事な時に突入する事になります。

ただやるべき事はいたってシンプルで既存の強みを大事にしつつSKEらしさ再定義していくこと。

我武者羅でで全力のパフォーマンスこそ
SKEが持つアイデンティティともいえます。

それを全メンバーが共通に持って改めて
劇場公演を大切に活動して行ってほしい。
後は姉妹グループの生き残る道として
やはり地域密着を重視していくことですね。

愛知含む中京は経済を知る者なら常識だと思いますが、日本経済の要になる重要な都市群を要しています。

そういった巨大な経済圏でSKEがしっかりと、広報の位置を占められるように貢献していく。。。

そして地元企業との関係を大切にしながらしっかりと地盤を固めていく必要がありますね。

何といってもここには世界のトヨタがいますし、他にも名だたる企業が連ねていますので。

今回の壱番屋やAsbeeも愛知を拠点にしています。
もっと言うとAKBGを運営するAKSの資本を提供する享楽もこの地の企業です。
どうしても中央思考で東京でのブランド価値をすぐに高めたいと忙しくなってしまいがちです。

ですがどうしたって東京のプレゼンスで
AKBや乃木坂と対峙していくのは厳しいでしょう。

まずはしっかりと地盤を固めてブランドを築き、そこから再度打って出るような戦略が望まれます。

その中で珠理奈がどう位置づけられていくのか?

兼任は未だに継続して彼女の全身を双方に分けたままの状況が続いています。

SKEの再興を帰すために彼女の存在を、
どのように活用していくかも注目していきたいですね。


投稿: | 2015年10月17日 (土) 01時04分
この間、渡辺麻友のインタビューが掲載されているストリートジャックを購入して読みました。

麻友の今の包み隠さない本音をたっぷりと伝えていましたし、非常に心に響いていきましたね。

余談ですがここにも乃木坂特集があったりと、確実にプレゼンスを上げているのが分かります。

そんな中で麻友の5000字インタビューから感じられたのは彼女の生き様と哲学ですね。

人はなぜ誰かに惹かれ尊敬するのか?

それはその個人の生きて来た様に共感し
その人間性含めて敬意を持てるからでしょう。
更にはそれが芸能人であれば当然勝負すべきその芸事のクオリティに心酔し惹かれていく。
そういう意味では麻友ファンが渡辺麻友の何に惹かれるのか?

色々あるでしょうがやはり彼女の歩んできたそのアイドル人生とその生き様でしょうね。

アイドル的な魅力とか、表現者としての魅力とか、そもそもその前提となる彼女の哲学。。。

そこに強烈に引かれ共感したからこそ、長きにわたって彼女を見守り続けてきたんじゃないかと。。。

まあ本当にピュアなほど真面目ですよね、麻友は。

真面目アレルギーの人間には彼女の真っ直ぐな性格と態度はとにかく揚げ足を取りたくなるほど。。。

でもいいんですよ、それが彼女が信じた道ならどんなに揶揄されようと信じて貫けば。

私も自分があれこれと他人に振り回されて自分を見失うような人生は嫌なんです。

満足するのも後悔するのも全て自己責任です。
正しくても間違っていても周りに責任を押し付けない。

そんなポリシーを麻友からも感じますね。

彼女を求道的とか現代の侍に例えたりしますが、それも今の合理主義の現代では異端でもあります。

どこか人は効率化を求める余りに地道に
コツコツと積み上げていく鍛錬が出来ませんから。

自分もやっぱり人の子ですからそういった煩悩や欲望には中々勝てませんね。
それでも何かを成し遂げる為に
何かを犠牲にするのは時には必要です。

僕も人生でそういった色々な経験を通じて、その大切さを実感してきた人間ですから。。。

麻友はそれをアイドルという立場で多くのファンに示してきた訳です。

だからこそソロコンがあれば遥か遠路からも数千人が彼女の為に集結する程なんです。

余り神格化すると麻友の為になりませんからこのぐらいにしておきますけどね。。。

当たり前ですけど彼女だって煩悩はあるだろうし、色々と欠点もあるんだろうとは思います。
でもそういったものをそのまま放置しないで、改善し磨いていこうとする姿勢がいいです。

開き直って放っておくのは楽だし簡単なんです。

でもそこからは新たな自分は見つからない。

常に自分の可能性を信じて未来を切り開いていく、そんな姿こそ多くの人間を魅了するんですよね。

文中には天国とかそういった精神世界の話がありました。

少しオカルトになりますが僕の考え方をご紹介します。

僕は所謂宗教的な神が人間を作り存在を支配するような、西洋的な考え方が苦手ですし余り興味がありません。

それよりは来世で生まれ変わる的な輪廻転生の思想に対してより共感を覚える人間でもあります。

ですからあくまで未来は現在の自分の行いにより決まってくるのではと考えています。

だから善行と悪行のそれぞれの足し引きで、結果天国にも地獄にも行くのではなかろうかと。。。

そういう思想でもう随分人生を生きています。

そんな思想が根本にあると虫を殺すのも嫌になりますね。

子供の時にはなんの躊躇もなく殺していたものがとても恐ろしく罪深いものと思えるのです。

だから極力殺生はしないように心掛けています。

まあ実際にそんな死んだ後や来世の事は
そこまで真剣に考えても結論は出ません。

ただまあ生き方としてそういった倫理観を備えて生きていれば割と幸せに人生を全うできるかなと。

誰かに迷惑を掛けない、誰かが悲しむような事を敢えてしないなんて当たり前のことですけど。。。

ということでかなりマニアックになってしまいましたが、麻友の記事を読んでそんな深い考察に浸れました。

是非まだ読んでいないならご覧ください。

渡辺麻友という人間の一端が垣間見れますので。

投稿: | 2015年10月17日 (土) 01時16分


>アキブータンはせっかくやから、ゆかるんと伊達娘についてもコメントしろよ。

おーにっちゃんさ、
彼女の振る舞いにはいつも好感を覚えるる。

理由は明白で彼女の自分のキャラクターの乗りこなし方は凄いと常々思っているからだ。

彼女はあの「面倒臭いキャラ」巧みに利用し、自分に対しても周囲に対してもオブラートとして働くことが出来るのである。

周囲に対しては、例えばあらゆる変な空気になった場面で彼女が強引にカットインする事で「本当に面倒くさくて、しょうがねえな~w」という形でそれなりにいい雰囲気に終息させることが出来るのである。

また、自分に対しては、普段から面白い物・愛らしい物として「面倒臭い」言行を繰り返していることで意識の高さを隠している。

つまり要所要所での大事な宣伝トークなんかも普段の「面倒臭い」言行の一環として嫌味なくアピールできるのである。

本人が志向している歌の方面はまだ練磨が必要なところであるが、兎にも角にも自分の世界観を歌声に乗せることは既に出来ている辺り、才能は十分にあると思う。

だから、僕は彼女の演じる等身大の「虫のバラード」が一番好きなのです。
まあ、何かの機会に山下ゆかりのソロを観たいな。。。ん?

おっと"ゆかり"違いだったなあ。。。

投稿: | 2015年10月17日 (土) 01時27分


おーにっちゃんさあ、
竹内美宥が一ヶ月ほど海外で音楽の勉強をするみたいだね。

彼女は、一見すると地味な印象さえあるのに、知れば知るほど独特の存在感があり、掴み所のない人だなあ、といつも思う。

頭が悪いという印象は一切ないものの、かといって計算高く立ちまわるタイプでも、MCが得意という風でもない印象。

歌唱力は定評通りなかなかのもので、あの落ち着いた聴きやすい良い歌は結構好きです。

反面、そういうカラーの歌なのでユニットの「純情主義」には今ひとつフィットしていないかなあ。。。?

個人的にはドラマでもコントでも演技仕事をしている時の彼女が一番好きですね。

「マジすか学園3」でのミユ役はなかなか白眉で本人のまさに“掴み所がない”ところが全面的にいい方に作用してミステリアスな雰囲気があった。

あのドラマの中盤の半分ぐらいは彼女の存在感で持たせてた部分があったんじゃないかとさえ思える。

コントにおいてもそうで、彼女のコント芝居はどことなく不思議か空気感でTVバラエティというよりは何か演芸場のような雰囲気がある。

一人だけそうした何処と無くハイブロウな空気を漂わせているから、そこになんとも言えない面白さが出るんだよねえ。

そういう感じなので、ドラマでもコントでもいいからまた演技の仕事で見てみたいなあ。

投稿: | 2015年10月17日 (土) 01時39分


先月乃木坂の白石が東京代々木で行われたTGCに参加して多くの歓声を浴びていたそうですね。

TGC:東京ガールズコレクション

彼女と言えば今専属のモデルもこなす中で、多くの女性ファンを持つアイコンになっています。

その他にも乃木坂はモデルをやっている子が多いし、グループ全体としてイメージ戦略が徹底しています。

とにかくお洒落に敏感でクールなものを
追求したい若者に向けて展開していく事。。。

その中で憧れを持ってくれる子をそのまま、乃木坂のファンに引き込むという事でしょう。

まあこの間の神宮ライブに行ったときにもとにかく若者特に若い女性が目立っていました。

こんな現場レベルの空気感でも確実にそのような風潮がリアルなんだと実感します。

そんな乃木坂のアイコンの白石ですが、記者との会見でも恋愛について質問がありました。

その受けた答えはいたって模範生としてのもの。。。

恋愛には非常に興味があっていつかしたいが、今はアイドルなのでそんな事より優先するものがある。

こんな趣旨だったと思います。

グループを背負うメンバーの意識の高さは、選ぶ言葉ひとつとっても伝わってくるものです。

別に異性や恋愛に興味があっても全然いいんですよ。

でもアイドルという特殊な職業をやっている間は、ファンや関係者に迷惑を掛けるのでしない。。。

こんな当たり前のシンブルな事がやたらとデフォルメされて議論されている事自体馬鹿らしい。

彼女達が恋愛禁止を守っているなんて当たり前の前提です。

だからそんなレベルの議論で彼女達が話題になる事自体はそもそも意識の外です。

そんな事よりアイドルとしてあるいは表現者としてファンを魅了してもらえればそれでいいです。

その為には彼女達もこれからどんどんと上を目指し芸能を磨いて行ってくれると信じているので。。。

だから何度でも言うように個人レベルで言えば恋愛禁止なんて正直どうでもいいのです。

それがグループ全体の話になると別問題ですけど。

ただもう今は正直組織の中にもそんなルールすらあるかも分からないぐらい形骸化したものです。

それでもグループの中心として率いるメンバーや顔となるメンバーには模範として振る舞って欲しい。

そういう意味では乃木坂の白石やAKBの麻友というのは、個人レベルで議論できる存在ではありません。

彼女達がスキャンダルや醜聞を起こせば
それ自体がグループの崩壊に繋がるレベル。。。

逆に言えばここが崩れなければ後はどうでもいい。

今は残念ながらそんな風潮になっていますね。

だからこそ彼女達にかかる負担は計り知れません。

普段の言動や行い含めて冷徹な目に常に監視され、息つく暇もないストレスに身を置いているでしょうから。

そんな中でもやはりグループ愛に溢れて
自己の行いを律する事のできるメンバーは流石です。

乃木坂の白石に関してはここ最近グループの動向を深く追うようになって大分見方も変わりました。

美人ですました割とクールな子かと思っていましたが、内面含めて情熱家でとにかくグループ愛が強い。。。

乃木坂を単なるアイドル集団にしたくないという熱い想いとプライドを感じたりもします。

ただでさえアイドルというのは社会で軽く見られ偏見の対象になりやすい中ですので大変でしょう。

それでも白石や麻友はグループの顔として、多くのものを背負っていかなくてはいけない。

そういう選ばれた宿命を持つメンバーという事です。

たかが恋愛やスキャンダルと軽く考える人間は組織というものに身を置かない人間でしょう。
憧れの象徴やモラルの模範となるメンバーは、そのままグループのイメージにも繋がりますから。

この二人はこれからも雑音で大変でしょうが、是非清廉にアイドルを全うして欲しいと思います。

もちろんSKEの象徴である珠理奈もですね。

その先にはきっと女性としての幸せが待っていますので。。。


投稿: | 2015年10月17日 (土) 01時52分

ーーーーーー

表示 コメント (66970件)  |  スパム (32件)   ||   フィルター: 検索条件 IPアドレス が “126.214.50.161”   変更 または リセット
コメントの内容 ライター コメント先 日付
先月乃木坂の白石が東京代々木で行われたTGCに参加して多くの歓声を浴びていたそうですね。 TGC:東京ガールズコレクション 彼女と言えば今専属のモデ...
アキブータンが、めぐをゴリ推しして書いてきたところ、今日初日の田原総一朗公演もセンターめぐなんやって。こんな偶然あるかよ。 (記事)
15/10/17
おーにっちゃんさあ、 竹内美宥が一ヶ月ほど海外で音楽の勉強をするみたいだね。 彼女は、一見すると地味な印象さえあるのに、知れば知るほど独特の存在感があり...
アキブータンが、めぐをゴリ推しして書いてきたところ、今日初日の田原総一朗公演もセンターめぐなんやって。こんな偶然あるかよ。 (記事)
15/10/17
>アキブータンはせっかくやから、ゆかるんと伊達娘についてもコメントしろよ。 おーにっちゃんさ、 彼女の振る舞いにはいつも好感を覚えるる。 理由は明...
アキブータンが、めぐをゴリ推しして書いてきたところ、今日初日の田原総一朗公演もセンターめぐなんやって。こんな偶然あるかよ。 (記事)
15/10/17
この間、渡辺麻友のインタビューが掲載されているストリートジャックを購入して読みました。 麻友の今の包み隠さない本音をたっぷりと伝えていましたし、非常に心に...
アキブータンが、めぐをゴリ推しして書いてきたところ、今日初日の田原総一朗公演もセンターめぐなんやって。こんな偶然あるかよ。 (記事)
15/10/17
おーにっちゃんさあ、 壱番屋が経営するカレーハウスCoCo壱番屋とSKEがコラボしてるよね? もう3回目ということでしっかりと企業から、その効果を認めら...
アキブータンが、めぐをゴリ推しして書いてきたところ、今日初日の田原総一朗公演もセンターめぐなんやって。こんな偶然あるかよ。 (記事)
15/10/17
UTAGEが最終回を迎えてしまいましたね。 この番組も日に日に出演者の関係が良好になり楽しみにしていたので残念でもあります。 何よりこれは渡辺麻友にとっ...
アキブータンが、めぐをゴリ推しして書いてきたところ、今日初日の田原総一朗公演もセンターめぐなんやって。こんな偶然あるかよ。 (記事)
15/10/17
おーにっちゃんもファンとしてだけでなく普段の生活の中で、所謂世間一般の空気に触れる機会も多いと思います。 そんな中でもちろん個人の社会の空間の差はあれど、...
アキブータンが、めぐをゴリ推しして書いてきたところ、今日初日の田原総一朗公演もセンターめぐなんやって。こんな偶然あるかよ。 (記事)
15/10/17
おーにっちゃんさあ、 この間のストリートジャックの麻友のインタビューに心が洗われた そんな方も多いと思うけど自分もそんな一人でもある。 日々の生活の中...
834
アキブータンが、めぐをゴリ推しして書いてきたところ、今日初日の田原総一朗公演もセンターめぐなんやって。こんな偶然あるかよ。 (記事)
15/10/17

アキブータンがまたいろいろ書いてきとるけど、まゆゆは一面ではAKBの犠牲者やわなあ。

なぁちゃんに対して、自分を作り過ぎていて痛々しく思う旨のコメントあったけど、まゆゆだって同じやろ。


素のまゆゆってかなりギャップ抱えとるやろ。

伊達娘の起死回生策ないか、とどうしても思うてまうなあ。

もっとイケる素質あると、私はいまも思うんやけど。
ただ、良い子になろうとして出せてない。

« 2015年10月16日 | トップページ | 2015年10月18日 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック