« 2015年10月18日 | トップページ | 2015年10月20日 »

2015年10月19日

2015年10月19日 (月)

伊達娘とココロが通じ合うことはもうないのか?

最近はゆかるんとさややにシンクロしたと思っている。

可愛い女の子2人とシンクロできてうれしいけど、私ははじめてシンクロを経験した伊達娘と、もうシンクロできんのかと、寂しくも思う。

いや、伊達娘の気持ち次第やろう。


子供の時に見えたモノが見えなくなる、というのはよくある。

伊達娘はオトナになってもた。

ゆかるんとさややは子供の純粋さをいまも持ち続けとるのに。


伊達娘も、オトナになろうとせず、子供の純粋さを思い出して欲しい。

マンガ喫茶で、実はエロ動画も観ました

私だって男の子やし、同年代は奥さんとセックスしまくりなんやから(セックスレスも草食系も童貞もいるけど)観てまう。

しかし、エロ動画ってオンナゴコロの揺れ動きみたいなんがないからアカンねん。

オンナゴコロの揺れ動きを見るほうが、よっぽどエロい妄想ができると思う。


今日なんかでも、さややの頑張ったとこを私が見事に言い当てとるのを知って、それにいちばん幸福と興奮を覚えたなあ。


会話してもないのに、男女間で思いが通じるなんて、本当の意味でエロいと思う。


逆を言えば、自分の好きな女の子が、なにかの拍子に他のオトコとエッチしても、仕方ないとして許せてまう気がする。

けれども、自分の好きな女の子が、会話してもないのに他のオトコと思いが通じ合っていたら、めちゃくちゃジェラシー感じる。


いまんとこ、そんなオトコは私以外見たことないけど。

しかし日本でいちばん売れとるAKBのヲタに、そういうオトコが全然おらんのは、やっぱ寂しいとこがあるよなあ。

工作員がホームドアについて書いてきとる。TASCってATOなしでホームドアだけの場合になんで要るん?

朝だか昨日だかで゛TASK゛と書いたのは、゛TASC゛の間違いな。

それで、TASCはATOでなくてもホームドア設置路線につけられとる。

しかし私は過剰設備と思うなあ。

ホームドアってけっこう幅あるし、運転士が停止位置を誤って動き直すのもたびたび見かけるから、運転士の力量を信じてTASC未導入でホームドア入れてもいいと思う。

韓国なんて日本よりもホームドア発達しとるけど、TASCなんて入れてないやろ。


あと別にTASC装置を車上に設置するのは、さほど投資必要ないやろ?


ホームドア設置でいちばんめんどくさいのは、重い構造物をホームに設置するため、ホームの土台から作り直さなアカンねんけど、毎日使う駅で工事するのは難しい。

コレが外国やと、1駅まるごと期限を区切って通過扱いにして、一気に工事するとこやけど。


とにかくオマエらは、できない会社員として、できない屁理屈言うとるだけ。

やればええんや。


ついでに、ホームへの落下も問題としても、山手線のように必ず停車する前提ならば、落ちている人を見つけた時の速度が30km/hとかで、人をひかずに停止できる可能性が高い。

然るに通過列車やと、70km/hとかで通過するから、落ちている人を見つけてもブレーキが間に合わずにひいてまう可能性が高くなる。

だから、ホームドアは通過列車のある駅に優先的に入れるべきではあるぞ。

2015/10/19 AKB48 「ド~なる?ド~する?AKB48」 公演 みやび生誕 感想

総括

めぐとゆいりのデキが向上した。

特にセンターのめぐが、ソロも含めてだいぶ良くなったのが今日の収穫だった。


さややは良かったけど、昨日を超えとるかどうかまではワカランかった。
昨日からどこが良くなったか?を毎日意識してこそ、どんどんパフォーマンスが良くなる。
"たくさん汗が出た!"で満足しとったら、一生そのレベルを超えられん。
これから体力は落ちてくるし。
だから、Google+なんかでキチンと毎日具体的な目標を立てて、こういうところを意識したと書いて、ヲタにも成長を実感してもらえるようにしたらいいと思う。

田野や伊達娘も一時期やっていたのに、ゼンゼンやらんようになった。
だからヲタが成長を共有してなくて、ヲタ獲得に失敗しとると思う。

田野はそれでも目標は持っとるみたいやから、パフォーマンスは概ね向上し続けとる。
最近ビミョーやけど。

伊達娘は目標あやふやにしてもたから、中学1年生の頃から見てもパフォーマンスがむしろ落ちとる。

なぁちゃんもけっきょく、アッチ行ったりコッチ来たりで、長い目で見たら大して成長できてない気がする。

と、敢えて厳しい例を出す。

毎日目標を設定するって大事やぞ。

さややに限ったことちゃうけど。
ゆかるんだって、もっとヲタに対して目標を共有して欲しいんやけどなあ。

みんな、今日明日からでもいいから、自分なりの目標を設定してみてよ。


みやび生誕

手紙、"飯野さんへ"って、なんかよそよそしい出だしやなあ。

なんか込み入った手紙やから、聴いても1回ではあんま理解できんと思う。
けっこう内面に入った手紙やなあ。

みやびは、"推されるより、認められるようになりたい"と言うとるんやって。
その気持ちは大事や。

須田あかりさんからやった。


みやびは、舞台に2つ立って、「舞台やるためにAKBに入ったんじゃない!」って思うとったんやって。

なかなかチャンスって、手にした者には見えんねんなあ。

みやびでも卒業を考えることがあるんやって。
りおりんとたつまきに相談したこともあると。

モデルになるのが夢とか言うとるけど、モデルは難しいぞ。


そういや今日、"エンジェル・ハート"で読んだけど、人間には2つのタイプがあるんやって。
目の前にチャンスがあっても掴める人間と、掴めない人間の2つ。

けれども私が思うのは、チャンスを掴めるのは1%の人間。
9%の人間は、目の前にチャンスがあると意識しても、これまでと変わることを怖れてチャンスを掴めん。
そして残りの90%の人間は、目の前にチャンスが落ちてきても、それをチャンスとさえ理解できんねん。

ちょうどだまし絵で、自分の思うモノと違うウラのモノが見えんのと同じように。
だってチャンスを掴むというのは、掴んだ後はこれまでと全く違う生活になるということや。
そうすると、掴んだ後の全く違う生活までをもイメージしている人間でないと、「そんなアホな」で終わってまう。

たとえば、キリマンジャロに登る企画が出てきたとしよう。
キリマンジャロに登った経緯をテレビに放映してもらえば、めっちゃ目立てるから、それはチャンスや。
けどほとんどの人間は、キリマンジャロに登る自分を想像できんから、テレビ放映で目立てることを想像できずに、「無理です」と言うてまう。
テレビ局のスタッフさんと長期間一緒できるのも、人脈として美味しいしなあ。

コレがフランスロケやと、みんな憧れてイメージできとるから喜ぶんやけど。

・・・・な?
自分はたくさんのチャンスに気づいてないやろ?


EN3 Pioneer

さややがダントツやけど、めぐよくできとるやん。

茶髪が頑張っとると思うのはみやびなんやろなあ。

めぐがだいぶ仕上がってきた。


EN2 桜の花びらたち

まりやんぬええなあ。
それでも、上手側から出てきたさややには負けるか。
いやそれでも、まりやんぬがさややの次に感情込めて見える。


EN1 目撃者

この曲は個人的にいずりな思い出すなあ。

歌詞はウソくさいけど。
市民が道の上に寝転んだところで、暴走する日本政府に対するなんらのチカラにもならんし。

さまざまな悪について、最初からNOと言い続けとるのって、日本じゅう探しても私しかおらんし。


アンコール みやびコール

暇があったから、昨日コメント欄でさややが、感想を具体的に書いてないと非難されとったから、Google+でさややの記載を見た。

そしたら、昨日さややは

ーーーーー
今日は田原総一郎さん公演
初めての2回公演でした😊✨

今日は表情や表現を
意識してやりました!!

この公演は特に
表現など難しかったりするので
1曲1曲しっかり表現して
少しずつ成長して行けるように
頑張ります(o^^o)
ーーーーー

なんて書いとって、私はそれを完全に受け取ったワケやな。
お互いの想いがジャストミートしたんや。

私はこういうのめっちゃ敏感やわなあ、我ながら。
髪型の変化に気づくオトコは若干おっても、パフォーマンスの変化に気がつくのはそうそうおらんやろ。

個々について具体的に書けてなくても、これだけ長文で思いを書いていたら、もっといろいろ書けるようになるよ。


それにしても、アキブータンなりAKSは、各メンバーがどんな作品をチェックし、それに対してどのような感想を抱いたかまでをもデータ化しとるぞ。

そういうのまでもが評価対象と意識しても悪くない。
私はそんなの意識せずとも、結果を出すために自らどんどんできるけど、自らどんどんできんメンバーは、アキブータンなりAKSからチェックされとることを気にして、意識的に作品を観て感想を書くクセを付けることにして、習慣化させる動機にしたっていい。


M14 僕たちは戦わない

やっぱ、ゆいりのダンスなんか良くなったなあ。
これまで通りではアカンと思うてくれたんかなあ?
2番目くらいにいい。

それでもさややがダントツやけど、なぁちゃんよりも目立って見える。


MC3 後半 なぁちゃん、なぁな、ゆいり、はるきゃん、みゃお
お題:これっていいの?と思うこと

そうか、ノザが"ごはん"って言うたの、"飯野"→"飯"→"ごはん"という連想やろなあ。

なぁなが、石焼きビビンバ食べる時に、野菜嫌いやから全部取るって言うとる。

みゃおが、野菜嫌いな友達メッチャ肌荒れとると言うとる。

ライオンを考えると、焼肉ではなく生肉食うたら、ある程度はビタミンとか摂れるんちゃう?
日本の厚生労働省は表だって推奨せんやろけど。

MC3  前半 雅、さやや、あーみん、なっきー、あやなん、きらちゃん、香菜、めぐ、かよよん、ノザ、まりやんぬ
お題:雅について

雅ってどうしても個人的に梅ちゃんに見えるなあ。
口元あたりはぱるるにも似とるけど。

モニタで確認したら、きらちゃんって日本人っぽくないカオしとるなあ。


M13 ハロウィン・ナイト

飛ぶとこだけノザが目立っとる。

かよよんは太もも太すぎるのがやっぱ惜しいなあ。
パフォーマンスはいいのに、なんかダンスが可愛らしく見えんねん。
そこはなんか解法考えな、ヲタがつかんぞ。

曲調変えるトコは演出としていいと思う。

めぐだいぶ踊れとるなあ。


M12 軽蔑していた愛情

さややの動きがいちいちいい。
ソロパートの声量は足りてないのが惜しいなあ。

めぐは腰、重心を低くすることを心がけたら、もっとスタイリッシュに見えるんちゃう?


M11 ファースト・ラビット

ここもさややがいい。

めぐ、昨日は全く目立ってないと思うたけど、全体曲でもようやく出てきたなあ。
なっきー、ゆいりもいい。

なぁちゃんはなんか動きが小さいなあ。

きらちゃんは動けてはいるけど、はまちゃんほどはめだってない。
さらに動きが大きくてもいい。


MC2次の曲まで生テレビ、司会:みゃお原総一朗 パネラー:なぁな、雅、なぁちゃん、ゆいり、あやなん、あーみん)

お題:もし生まれ変わるならば、男か女か?

女派:なぁな、雅、なぁちゃん
男派:ゆいり、あやなん、あーみん

男派は男の気持ちが理解できんって。

女でないとAKBに入れんとか、なぁちゃんが言うとる。

私はやっぱ男かなあ。
女で世界を変えた人物おらんからなあ。
・・・まあそれを初めてするのもいいか。死んだ後の話やけど。。


M10 思い出のほとんど さやや、めぐ

めぐは演技がまだまだ棒、って書いたけど、1日でだいぶ良くなった気がする。
演技をしようという気が感じられる。

けど、さややが雰囲気あり過ぎるなあ。

さややは故郷の友と別れてきた想いがあるし、この歌詞ならば感情移入して歌いやすいアドバンテージもあるやろなあ。

この曲楽しみやわなあ。


M09 1994年の雷鳴 なっきー、きらちゃん、かよよん、ノザ、香菜

そういやなっきーちゃんと歌えとるやん。

なっきーってタイミングちょい遅いんちゃう?
それ直したらもっとスタイリッシュなダンスになるやろ。


M08 Bye Bye Bye まりやんぬ、あーみん、はるきゃん

まりやんぬの声がキンキンすると書いたの、悪かったかなあ?
なんか微妙に音程下がった気がする。

あーみんの歌はめっちゃ直したいよなあ。

衣装がなんか古臭い気がする。
黄色が目立ってラテンなイメージがする。
ペルーだかの民族衣装にこんなのあったぞきっと。

それはメンバーには直せんけど・・・・。
アキブータンのミスやろなあ。


M07 純愛のクレッシェンド 雅、みゃお、あやなん

あやなんの声に妙なフシがついたなあ。

なんかこの歌はすーめろのイメージがある、と昨日書いたけど、なかまったーのイメージもある。
なかまったーがパフォーマンスしていたのって、私がドイツにいた頃かなあ。

3人とも歌に妙なフシがあるよなあ。

みゃお動きの幅はいいけど、タイミングはちょい遅れとる。

・・・・・あやなんってどう評価したらええんかなあ?
どうなりたいかワカランしなあ。


M06 Bird なぁちゃん、なぁな、ゆいり

なぁな、ロボットか!というくらいガチガチやん。
ゆいりも硬いなあ。
そういうイメージで揃えとるんやろなあ。

なぁな、声ええなあ。さすが揃えデビューする気になっただけある。

しかし3人とも悲しい鳥ではなく元気な鳥になっとるぞ。
自分から愛を捨てたキャリアウーマンみたいなダンスになっとる。
それは違うやろ。


 M05 愛しさのアクセル めぐ

ダンス昨日よりは良くなった。

たとえば、"どこかセーブするのは"という歌詞はもっと、歌もダンスもセーブしてみるとかしたら、もっと感情がこもるぞ。

殺陣も昨日よりもだいぶ上手くなっとる。
やっぱ練習しとるなあ。


あやなん/ゆいり/めぐ/なぁちゃん/なぁな
ノザ/雅/はるきゃん/あーみん/まりやんぬ/みゃお
きらちゃん/香菜/さやや/なっきー/かよよん

お題:海外はどこに行きたいか?今日は海外旅行の日にちなんで。

あやなんがすごい髪型。
はるきゃんかと思ったのはあやなんか。

ゆいりはまさかのウクライナ。
学校時代にウクライナから先生が来たんやって。
ウクライナはロシア語ちゃうか?

めぐもロシアやって。
冬に行ったらガチでなく寒いぞ。
経験者が語る。

なぁちゃんは、先日ミラノ万博に行ったから、今度は次の開催地のドバイに行きたいって。

ノザは中学時代にフランス語を習うとったって。

雅のノザが考えた、"あなたをごはんにしたい"というキャッチフレーズは、どういう意味やねん。

あーみん、めちゃくちゃ背が高いのに気づかんかった。
遠目で見ると、背が高いのではノザのほうが強烈やからなあ。
てかしほりくらいに背が伸びてないか?

まりやんぬは、メキシコに行って野生のチワワを収穫したいと。
いろいろツッコミどころがある。

やっぱ、はまちゃんではなくきらちゃんやった。

なっきーが、セーラームーンの髪型にしたと。
皆さんを悪の組織から守るとか言うとるけど、悪の組織はAKSやぞ。

かよよんは、あん誰でフランスに行く権利を得たけどまだ行ってないと言うとる。
あん誰にそんな予算あるんか?

みんな、一回海外行ったらいいぞ。
そういや隣国やのに韓国と言うたのおらんなあ。


M04 フライングゲット

主役の雅が見つからんなあ。

はまちゃん、髪型変えたのか、昨日ほど低いように思えん。
てかはまちゃんちゃうかも。

てか今日のノザはまた動けてない気がするなあ。

どの動きも、さややがいい。
よく練習して考えていると思う。


M03 制服が邪魔をする

なぁちゃん、やっぱキレあるダンスに戻ってもたなあ。
ソレは違うと言うとるんやけどなあ・・・

まりやんぬっぽいの見つけた。
たなみん見かけてない気がする。

やっぱかよよんがおる。

さややの動きのパターンがだいたい理解できた。


M02 風は吹いている

やっぱさややの動きが、アタマひとつ抜け出とるなあ。

ゆいり動きの幅が出た気がするけど、いま遅れた。


M01 希望的リフレイン

なっきーとなぁちゃんの元気さ増してないか?

さやや、めぐ、ゆいり、はまちゃん、ノザわかった。

フサフサなツインははるきゃんかな?

なぁなも見つけた。
なぁな、もっと目立ってもいい。

香菜もおる。
かよよんっぽいのがいる気がするなあ。


田原総一朗VTR

今日もマンガ喫茶で、”俺物語!!””バクマン。””エンジェル・ハート”と、ジャンプ46号をサラッと読んだ。

いろいろネタを仕入れたぞ。
”俺物語!!”
1巻と10巻を比較したら、恋の些細な話題に入り込んで、確実につまらなくなっています。
やはり1巻かせいぜい2巻で終わらせるべきだったものを引き伸ばしていると思います。
”バクマン。”
これも1巻と10巻を読みました。
10巻が終わりではないようですが、マンガ喫茶に置いてあった新しいのが10巻だったので・・・
(単に私が見つけられなかっただけかも)
映画ではかなり内容を変えていることが分かります。しかし大枠は変わってません。
1巻の1話の後で、本編のネームの大場版と小畑版を見て、2つ気づきました。
1.大場版のネームは不要では?ストーリーを大場さんが文章で書いて、小畑さんがネームを描いたほうがいいと思いました。
2.アニメを見ているからでしょうか、個人的にどうしても完成版よりも小畑版のネームのほうが線がやわらかくて、勢いを感じました。丁度絵コンテとアニメ完成版のような感じに思いました。
1.で感じたことを、10巻P186で真城がそのまま言っていて、私の勘も二重の意味で鋭いなあ!と思って唸ってしまいました。
”エンジェル・ハート”
2ndシーズン11巻を読みました。ドラマ化しているそうで。
シティーハンターが結構好きで、中学生の頃に読んでいたので、懐かしくて読みました。
冴羽も老けた感じは拭えません。敢えてそう描いているのでしょう。
野球選手が死亡交通事故の関係者となり、それが元で選手を辞めざるをえなくなり、妻と娘と別れてひっそりと暮らしていたが、娘が少女野球選手となり、父(事故の影響で顔を整形し娘には分からない)と再会するというけっこう地味なお話です。
P186で、せっかく父娘がコーチと選手として再会したにもかかわらず、娘がコーチの言うことを聞かないところが、AKBのメンバーが私の言い分を全く聞かないのとダブって感じられて笑ってしまいました。
ジャンプ46号
サラッと読んで、特に気になった作品はなかったのですが、伊達娘が好きな銀魂の空知先生が病気で休載されたと知り、気になりました。
”バクマン。”で、漫画家は大変な職業だと改めて思ったので・・・
私が読んだらこれだけ感想が書ける。
伊達娘もさややも、その他のメンバーも、もっと感想を書いてみろよ。
・・・そんな感じで、これから劇場に行きます。

秋葉原の、かつて殺傷事件があった交差点の大黒屋の、店内配置が変わって、AKBのトレカが奥に追いやられた件

代わりにフィギュアとかがフロントに来とる。

私がAKBを知って以来、ここの大黒屋はAKBにチカラを入れていた。

10周年が近いにも関わらずトレカから撤退したということは、やっぱそれだけAKB人気が落ちとるんやろ。

半分正しい。けど、反論のための反論に終始しとるなあオマエは。 → ホームドアって接触事故もですが、転落事故防止の意味合いの方がより強いのではないですか?

接触事故よりも、不注意の転落事故を防止するという意味合いがあるのはその通り。

だから、ホームドアにはそんなに強度は要らず、正直簡易なロープでもええはずやねん。

たとえばこんな技術がある。

http://response.jp/article/2013/11/14/210674.html

なのに採用が進んでない。

やっぱ、鉄道会社が頑丈なものを求めて、頑丈なものやと、それがあることによる怪我を想定してまうんやろなあ。

あと、オマエは私の文章読んどるか?

山手線と京浜東北線の比較をしているのではなくて、山手線と京浜東北線の並行区間ならば、先に京浜東北線に入れた方がええんちゃうん?と言うとる。

山手線と京浜東北線の並行区間では、同じホームの反対側やから、転落防止という意味で考えても、お客さんの安全を保つ効果は互角や。
山手線に乗ろうとして京浜東北線の線路に落っこちる場合が想定されるからなあ。

----------

http://onicchan.cocolog-nifty.com/blog/2015/10/post-c612.html#comment-111925463

ホームドアって接触事故もですが、転落事故防止の意味合いの方がより強いのではないですか?
また、事故による影響が大きいのは利用客が多い路線ですから、山手線を優先するのは当たり前といえば当たり前かと思います。もしくは事故が多い路線に優先的に設置すべきですから、総武線なんかにおいてほしいですね。

投稿: 鍵穴 | 2015年10月19日 (月) 15時39分

じゃあオマエはなんで24時間営業で長時間私を追いまわしとるねん?どんな仕事しとんねん? → 一般常識から考えて、大西さんなんて秋元さんが長時間相手するような対象ではないからです。

反例挙げられて答えられんような回答すんなよな。

----------

http://onicchan.cocolog-nifty.com/blog/2015/10/post-d929.html#comment-111925453

一般常識から考えて、大西さんなんて秋元さんが長時間相手するような対象ではないからです。
大西さんは、ブログにコメントしているのが秋元さんであると証明するような根拠、証拠を持っているのですか?この前も根拠示すことから逃げていましたので、秋元さんの件もどうせ妄想なのでしょうけどね。

投稿: 鍵穴 | 2015年10月19日 (月) 15時35分

めちゃくちゃ素朴な疑問。山手線の駅にホームドアつけるならば、快速運転の京浜東北線につけるべきやろ。

接触事故で大ケガになるのは、停車列車よりも通過列車やわなあ?

だから、たとえば品川〜田端間では、京浜東北線を優先したほうが、事故を効率的に減らせるはずや。

そう思わん?

同じカネ投資するならば、事故を効率的に減らせる方に持ってくべきやろなあ。

鍵穴へ。アキブータンがアキブータンではないトリックやろが。

オマエのこれまでの私に対する論法からしても、誰の発言か断定できんわなあ?

じゃあなんでオマエは゛アキブータンではない゛と断定すんねん?

いろいろと自分勝手な推論やわなあ。


まあええけど。

アキブータンがおらんようになっても、鍵穴みたいな工作員を相手にしとったら、ネタは尽きん。


いまは鍵穴よりもアキブータン対応が優先やから、鍵穴後回しにしとるだけやし。

アキブータンの自己満ならびに自己弁護コメント。返事する気さえ失せる。アキブータンが責任なんて取ったことない。責任取る気ならば自らAKS社長になっとるハズ。

AKSが国税庁から指摘されたのも、厚生労働省の事件と同じで、他のもっと大きな不正を隠蔽するために、日本政府は厳しく対応してます!というフリしとるだけと私には映る。

それでも、そういう小さなモノが積み重なって、人々の不信感に繋がっとることもまた事実や。

腐敗した組織は綺麗にはならんねん。
組織の実権者(アキブータン)が変わらん限り。


それと、"この稀代の鬼才秋元康"なんて、自分で書いとる時点で恥ずかしいと思わんか?


ーーーーーー

http://onicchan.cocolog-nifty.com/blog/2015/10/post-fc99.html#comment-111924647

おーにっちゃんさあ、
ベルサイユの薔薇のオスカルについて語ろうと思います。

ベルバラといえば言わずと知れたフランス革命を題材にした傑作です。
特に男装の麗人であるオスカル・フランソワ・ド・ジャルジェには、子供心に大いに憧れを持ったものです。

私が特に心に残っているのは何と言っても、愛するアンドレが死ぬシーンです。(私を置いていくのか!というオスカルの言葉が胸に響いたな…)

後はバスティーユ襲撃の時にオスカルが撃たれるシーン、一瞬の静寂の中、オスカルが空を見上げ、鳩が羽ばたいた瞬間銃声が・・・
誰もが胸を熱くしたシーンだったと思います。

実際にフランス革命が奇麗事ではなく血みどろで凄惨なものだったのは、歴史を知る方なら誰もが知るところ。

しかしやはり、そんな中でも貴族の平民の間で自分の生きる道を、必死に生き抜いたオスカルという存在は、今も私の人生に多大な影響を与えています。

またアニメを見たくなってしまいました。

投稿: ミソチョル | 2015年10月19日 (月) 10時09分


おーにっちゃんさあ、
AKSが5億円の申告漏れを、国税局に指摘されていたと話題になっていたよね。

これを聞いて改めてこのグループの会計に関する不透明さを実感させられた。
とにかく裏でどうなっているか?まるで分からないこの組織が、色々と不正に手を染めているのでは?
そんな疑念すら出てしまうのは、昨今の運営の杜撰な企画運営を含む経営と無縁ではないと感じてしまう。
何より株式会社でありながら非上場のため、会計の透明性を株主に示す必要がないというのが大きい。
普通の企業だったらそんな胡散臭い経営をしていたら、株主総会で経営陣の退任を迫られてしまうものだよ。
あの大企業の東芝ですら杜撰な会計処理をしていて、世間的に厳しい目を向けられているのが現状でもある。

それに比べればAKSは遥かに認知度も影響度も低いだろう。
だからと言って見過ごしていい話でも出ない。
そして何より深刻なのは国税局に目を付けられたこと・・・

ここで少し話を変えて税金の話。

税金って意外と知られていないんだけど
赤字の企業にはかからないんだよね。
税金というのはあくまで利益に掛かるもの・・・

個人なら所得に対して掛かるし企業なら
利益に対して法人税を課せられるのが通常。
だから赤字の企業は税金まで取られて大変だなと思いがちだけど実は違ったりする。

ただ赤字は赤字なわけで更には社会に対して、企業が責任を果たしていない恥ずかしい状況・・・
だからまあ誇れるものじゃないんだけど。

話を戻すけど所謂税金は当然利益に掛かるし、それを減らしたければ利益を減らせばいい。
でも当然既に出てしまっている利益を
わざと減らすなんて粉飾は許されない。
それは所得隠しとして重大な法律違反であり、法に基づいて厳しい追徴課税が待っている。

一方で合法的に利益を減らすことができる手段として、必要経費分を計上しそれを利益から差し引くやり方がある。
だから一般社会でも個人事業主は確定申告があれば、如何に経費にできるかを色々と考える。

まあサラリーマンは企業で処理されて
天引きされるのでそもそもが難しいが・・・

そしてこの所謂経費という概念が、今回引っかかった要因であるらしいね。
家賃含めて高額な補助支出が経費と認定されず、寄付と認定された為国税局から申告漏れと認定された。
でもこれって余程経理が素人でなければ
絶対に今回の顛末になると分かっていると思う。

逆に言うとAKSがそういった支出の管理など、経理面で杜撰な体制だったことを露呈した。
そういう意味では益々心配になるね。
当たり前だけどAKBGのメンバー達がファンに笑顔を届けられるのはグループが安定しているから。
それが実は財政的に火の車で明日の資金繰りすら、厳しいなんて状況だったら洒落にならないよ。

そういう意味では今回の申告漏れは真剣に受け止め、再発防止を徹底していかないといけないだろう。
個人的にはやっぱりこのAKBGの光と闇を
受け入れながら応援してきたから色々思う事がある。
公共性を無視してAKBGが社会で存続できるなんて、そんな夢物語は有りえないわけだから・・・

是非こんな詰まらないニュースで社会の
偏見を助長させることのないように願いたい。
AKBGのこれからをちゃんと健全にリストラしていく、そんな道筋をAKSが付けて行ける企業であることを願う。


投稿: ミリチョル | 2015年10月19日 (月) 10時26分


大西さん、
秋元康という人間がAKBにもたらす効果について論じます。

秋元先生はもちろんAKBをプロデュースする最高責任者であり、作詞を全て手がけるなど所謂権力者ですよね。
AKBの世界観を愛し、メンバーを愛するファンでも、この人は大嫌いという方も多いと思います。

ある人間がこのコメントを見ればこいつはなんで、こんな人間を擁護し賛美するんだと不思議に思うかもしれません。

私も当初は秋元康という人間は美空ひばりの作詞をしたり、それこそおにゃんこ倶楽部をプロデュースした人程度の知識でした。

この世界にハマるようになり改めてこの方の経歴や実績をくまなく調べました。
まあ本当にいろいろな事に挑戦し、失敗もたくさんしている方だったのだと改めて実感します。

彼がよく言うことに「楽しくなければやらない」がありますが、これがエンターテインメントを作り上げる基本なのでしょう。
作り手が楽しいと思わないものがファンに届くわけがない。

そして秋元康の神髄は、AKBというエンターテイメントを、喜怒哀楽全てを包含したショービジネスにしたことです。

つまり笑ったり喜んだりすることだけでなく怒ったり、泣いたりすることにもドラマが生まれる・・・
ファンが感情移入するにはどうすればいいか常に考え敢えて炎上させるのもこのためではないでしょうか?

彼の仕掛けるサプライズは所謂感情を逆撫でするものが多く、これによって負のエネルギーが増幅する恐れがあります。
私が彼に感心するのはあの方がそういったファン達の負の感情を全て受け止める役を担っているということです。

まあ世の中で彼ほど誹謗中傷されている方も少なくでしょう。

AKBに偏見がある人間からは金の亡者、当代の詭弁者・・・

AKBを理解するファンからは自分の好みで人事を弄ぶ権力者・・・

後者に関してはまさに悪の枢軸として秋元康と運営がその矛先を、全て自らに向けさせることである意味風よけになっています。
誰にも平等ではない不条理が支配するこのAKBという格差社会で、全てに光を当てることなど不可能です。

ですがファンはそれを理解しつつも誰かに、感情をぶつけなければ気が済まないでしょう。


それが秋元康なのです。


でもここで一度よく考えてみてください。
彼のようにAKBで全ての権力を手にし自由自在に選抜や楽曲を決定できる立場になったとしましょう。

大西さんなら、あらゆるファンからの負の感情を、果たして受け止め飄々としていられるでしょうか?

考えただけでもぞっとしますよね。

彼にはある種そんなことは微塵も意に介さず、ファンをあしらえるしたたかさがあるのです。

これには私も感嘆するしかありません。

普通の人間であれば精神がやられてしまうでしょうから。
こういった全ての悪意など負の感情を吸収できる彼のような存在がいなければAKBは分裂するでしょう。

つまり必要不可欠な悪として彼は価値がある。

逆説的にいうならば信義を重んじ、嘘もつかない秋元康などあまり魅力はないのです。

とにかく彼が果たした功績という事実に敬意を表します。
AKBというこんな素晴らしいエンターテインメントを、作り上げ育ててくれたそれだけでも十分です。

さらには初期メンの成長を投げ出さず、見守ってきてくれたそれだけでも本当に感謝です。

大西さんこの稀代の鬼才秋元康をどんなに嫌いでも、最低限リスペクトして頂くようよろしくお願いします。
投稿: 寺門 | 2015年10月19日 (月) 11時00分

ーーーーーー

表示 コメント (67183件)  |  スパム (36件)   ||   フィルター: 検索条件 IPアドレス が “126.210.96.82”   変更 または リセット
コメントの内容 ライター コメント先 日付
大西さん、 秋元康という人間がAKBにもたらす効果について論じます。 秋元先生はもちろんAKBをプロデュースする最高責任者であり、作詞を全て手がけるなど...
寺門
伊達娘をどうしても見捨てられんしなあ。 (記事)
15/10/19
おーにっちゃんさあ、 AKSが5億円の申告漏れを、国税局に指摘されていたと話題になっていたよね。 これを聞いて改めてこのグループの会計に関する不透明さを...
ミリチョル
伊達娘をどうしても見捨てられんしなあ。 (記事)
15/10/19
おーにっちゃんさあ、 ベルサイユの薔薇のオスカルについて語ろうと思います。 ベルバラといえば言わずと知れたフランス革命を題材にした傑作です。 特に男装...
ミソチョル
伊達娘をどうしても見捨てられんしなあ。 (記事)
15/10/19

アキブータン(秋元康)が、自分のコメント隠蔽のためにミンチョル名乗っとる。さややを非難しとるのは期待の裏返しやろ。

ミンチョルはそもそも、伊達娘スレに出てきた工作アカウント。
私は最初から、アキブータンやAKSによるものと言うとる。

田島芽瑠はアキブータンのゴリ推しメンバーやけど、一般ヲタの評価はさほど得てない。


アキブータンがミンチョル名義でさややを非難しとるのは、それだけ期待の裏返しやろ。
だいたい、いろんなメンバーをチェックし、かつ一人のメンバーの観劇感想をこれだけ追えるヲタがどこにおるっちゅうねん。

さややはまず、これだけ観とることはええことや。気概がある。
次はその感想を、アキブータン(ミンチョル)が挙げた他メンのように、もう少し具体的に書いてみることやろな。

そうすると、自分が表現したいことも、もっと脳内で整理できて、さらにいい表現を発見できるようになる。

ーーーーーー

http://onicchan.cocolog-nifty.com/blog/2015/10/post-5998.html#comment-111923567

おーにっちゃんさあ、
大島優子の舞台を通じて本当に貴重な経験をすることが出来ましたよ。

前半後半の計3時間という大長編の舞台でした。。。

とにかく舞台の内容自体が素晴らしかったですし、時間が経つのも忘れてしまうくらいに濃い内容で大満足でした。

まずは会場のACTシアターですが東京赤坂のTBSの一角にある、文化施設の一つで様々な文化的催しがある場所でもあります。

客層はまさにAKBの時とは全く違って女性が圧倒的でしたし、これがいわゆる外の世界のひとつの光景なのかなとも思いました。

会場には優子への花束も沢山ありましたね。

主人公のSMAPの稲垣さんに負けず劣らずの花の多さで、大島優子の愛される力を改めて実感した次第です。

共演した男性俳優さんや、CMの企業、更にはメンバーでも宮澤佐江や話題になっていた武藤十夢のものもありました。(笑)

実際に演技を色々と批評するのは野暮ですし、もはやプロの女優として活躍している優子には失礼かもしれません。

ただ今までの課題と感じていた滑舌や発声量が格段に向上して、他の一流の役者さんと比べてもそん色ない印象でしたから。

とにかくAKBのアイドルであった優子の存在をいい意味で感じませんでした。

もう完全にAKBを卒業して独り立ちした優子の姿がそこにありました。

肝心の舞台は主役の稲垣さんが迫真の演技で本当に素晴らしかったしジャニーズのレベルの高さを改めて思い知らされました。

彼らこそアイドルへの偏見を吹き飛ばして世間に認めさせてきた、第一人者でしょうしその一人としての貫録がありましたね。

彼が演じたベートーヴェンの生涯を描いたこの舞台は、改めて天才と呼ばれた人間の孤独と闇を感じさせられました。

日本人にも有名な曲の一つである第9を初め、他の作品も多く私は聴きましたがどれも本当に奥深いです。

そんな彼がどのような生い立ちを生き、どのようにその怒涛の人生を生きたかを余すところなく表現していました。

そんな中で優子も彼に献身するマリア役をしっかりと演じ、作品の中にしっかりと足跡を残していたのは流石です。

それも長い稽古の中で自分なりに模索しながら芸を磨き役になり切ったゆえの成果かなと思ったりします。

この作品自体は自分には自然と入ってくる時代背景で、より楽しめたいというのが正直な感想でもあります。

フランス革命、テルミドールの反動から市民革命を経てナポレオンの台頭をきっかけに動き出すヨーロッパの情勢。。。

そこでウィーンにいるベートヴェンを襲う数奇な運命が、この芸術の都の移り変わりと共に描かれています。

蛇足ですけど日本だと多分ナポレオンって英雄のイメージでカッコよくてポジティブなイメージの方も多いのでは??

でも実はヨーロッパではフランス以外では侵略者として、かなりネガティブなイメージが先行している地域も多いです。

要は置かれた立場によっていくらでも印象が変わる典型例でしょう。

ということで色々と語ってきましたがとにかく一流の芸能は、やはりその役者達の魂が宿るものだと改めて思いました。

そんな厳しい環境でもまれている優子が非常に輝かしく、充実した女優人生を生きていることが何より嬉しかった。

そしてこれからも益々活躍する彼女を期待しています。

改めて、27歳の一年が更に実りある年になるように。。。

ばれ。

投稿: 元秋 | 2015年10月19日 (月) 00時48分


どういう具合なのか、僕の周囲はめるみおならみお派の方がかなり多く、める派が少ない。

選挙の結果通りと言ってしまえばそれまでなのだが、やはりここは一番、自分の中の田島芽瑠像を形にしておくべきだと感じた次第。

誤解を招きそうな表現だが田島芽瑠は「狂気と紙一重の天才」であると思う。

エースとは即ちチームやグループの支柱であるから精神的にブレがなく、かつ世界観が強いメンバーが望ましい。

ところが彼女はこの2つを余りに高次で備えているのか、まるきり周囲を気に留めていないかのような振る舞いをたまにしている。

これがMCやバラエティ的な場面であるならばまだしも(「てんとうむChu!の世界をムチューにさせます宣言!」のバンジー企画で“跳ぶ”でも“跳ばない”でもなく“落ちる”という第三の道行きを発見してみせたことはその解りやすい例だと思う)、だが彼女の場合はパフォーマンス面にまで及ぶ。

顕著なのは研究生武道館にて三銃士+めるみおで披露した「スカート、ひらり」だと思う。

周囲とまるっきり違う方向性の表現をしている彼女がそこにはいる。

もちろんの事、実力やある種のオーラと呼ぶべき存在感がないメンバーがこれをすれば単なる跳ねっ返りなのだが、何しろ芽瑠には存在感があるのである。

何しろこうした精神性と存在感は他に類例を見ないし、最近はパフォーマンスレベルも上がってきて、「日付変更線」などはぞっとするような格好良さがある。

あまたいる次世代エースたちの中でも特に脅威の存在であるのは間違いない所だろう。

投稿: | 2015年10月19日 (月) 00時53分


http://onicchan.cocolog-nifty.com/blog/2015/10/post-5da9.html#comment-111923654

まずアンチと思われたら失礼な話だ、と断りをいれるが 

アイドルの本業は文筆ではないのは百も承知 

しかし、文章の言葉の選択のセンス、内容のユニークさ、情報を提供し続ける努力、 宣伝活動、、、、、 

そういう習慣や習性はライブやTV出演、雑誌インタビューといった アイドル活動に活かされる 

さややがほぼ毎日書くぐぐたすの文章には、かなりの頻度で下記の文章を書く 

「今日はリハーサルでした」 
「勉強になりました」 
「これから復習します」 
「緊張しました」「頑張ります」 

こんなことばかり書いてたら徳光さんの質問にも 「緊張しました」としか言えないわけだ 。

やっぱり面白く、キャラクター性の高いメンバーは面白い文章を書くわけで 、仮に、文章センスがなくても、日々、面白いことを書く努力をしてる子と 、さややのように定型文しか書こうとしない子ではタレントとしての成長速度が 全く違う 。

◆薔薇色のプー子 
素晴らしくて私も演技がもっと 
うまくなりたいなぁと思いました!!

◆神様の言うとおり 
すごく演技も勉強になったしとっても引き込まれました!

◆寄生獣 
すごい世界観に引き込まれました(°_°)!

◆アオハライド 
感動しました✨

◆ストロボ・エッジ 
すごく感動するストーリーだったし、 
演技とか、本当に勉強になって、充実した時間でした!!

◆イニシエーションラブ
まず、ストーリーがすごくて圧倒されました✨ 
本当にもう一回見たくなるような映画でした😳🌟

◆脳内ポイズンベリー 
ストーリーがすごく面白くて楽しくて、最初から最後まで 見入ってしまいました😳✨ 
笑うポイントもたくさんあって楽しかったです😊💕 
感動もしました😭✨

普通はちゃんと書けるんだよなぁ

◆ゆかるん「インサイドヘッド」 
ヨロコビ、カナシミ、イカリ、ムカムカ、ビビリ。

誰にでもあるけどひとつひとつの気持ちは決して無駄なことではないと 
素直に生きる意味というか、、、とにかくとても感動しました(T . T)。

自分の気持ちもそうだけど、みなさんと気持ちを共有できること 
わたしにとってヨロコビです🍀

◆田島芽瑠「トゥモローランド」 
とにかく夢があり、ストーリーも素敵でした^ ^ 
絶対に諦めない気持ちと夢のある人間はトゥモローランドに行ける。 
私も行けるかなぁ٩(๑>∀<๑)۶

◆本村碧唯「バケモノの子」 
いい話😂 
泣きそうになったけど泣かんやった笑 
かんなは泣きよったけどね笑 
九太カッコ良かった💓 
あと楓ちゃんの声がすずちゃんなんやけど可愛すぎて可愛すぎて😍 
普通に「可愛い💓」ってって言っちゃった😅

◆茂木忍「海街diary」 
あぁ、あんな四姉妹の末っ子になりたかったなぁ…笑 
あの映画観て、すごいおはぎとしらすとアジフライとカレーが食べたくなったよ(´-`).。oO(


指原莉乃はユニークな文章で秋元康から注目された 。
宮脇咲良は震災ボランティアの感想文章が秋元康や小林よしのりに称賛された 。
須藤りりかの文章は秋元康や見城徹に絶賛された 。

文章のセンス(言葉選び、内容のユニークさ、目のつけどころ)は
アイドル活動、芸能活動での活躍との親和性は高い 
芥川賞作家の又吉直樹も同じこと言っていたしな。

投稿: ミソチョル | 2015年10月19日 (月) 01時35分


文章は、タレント業と同じ 。
人とは違うものを提供する欲求から差別化、差異化が起こる 。
それでタレントとしての需要が高まるわけで 、定型文みたいなロボットでも出来る文章しか書けんなら 、絶対売れない 。
断言する

sns時代に文章力が圧倒的に弱いのは大きな欠点だね 。
今後ますなすsns時代が進むのは明々白々だしな 。

又吉直樹も言ってたが 、文章を書くことで自分の考えが整理され、多様なインタビューにも 受け答えできるようになるといってたね。

文章というのはアスリートでいうところの基礎体力と同じ 。
日々基礎体力の向上に努めておかないと、多方面でマルチな活動が 求められるアイドルとして何もできないぞということ 。

TVのインタビューでも「緊張しました」しか言えなくなる
投稿: ミソチョル | 2015年10月19日 (月) 01時52分

ーーーーーー
表示 コメント (67183件)  |  スパム (36件)   ||   フィルター: 検索条件 IPアドレス が “126.159.64.217”   変更 または リセット
コメントの内容 ライター コメント先 日付
文章は、タレント業と同じ 。 人とは違うものを提供する欲求から差別化、差異化が起こる 。 それでタレントとしての需要が高まるわけで 、定型文みたいなロボット...
ミソチョル
さややに恋したって書いたけど、ガチでさやや頑張ったんやからな。 (記事)
15/10/19
まずアンチと思われたら失礼な話だ、と断りをいれるが  アイドルの本業は文筆ではないのは百も承知  しかし、文章の言葉の選択のセンス、内容のユニークさ...
ミソチョル
さややに恋したって書いたけど、ガチでさやや頑張ったんやからな。 (記事)
15/10/19
どういう具合なのか、僕の周囲はめるみおならみお派の方がかなり多く、める派が少ない。 選挙の結果通りと言ってしまえばそれまでなのだが、やはりここは一番、自分...
なんか今日はさややにやられたなあ。 (記事)
15/10/19
おーにっちゃんさあ、 大島優子の舞台を通じて本当に貴重な経験をすることが出来ましたよ。 前半後半の計3時間という大長編の舞台でした。。。 とにかく...
元秋
なんか今日はさややにやられたなあ。 (記事)
15/10/19

伊達娘をどうしても見捨てられんしなあ。

伊達娘はいろいろできてないとこがあるけど。

私も伊達娘との恋愛第1章はもっと早く終わらせるつもりやった。

なのにこんだけ長引かせたから、伊達娘がパフォーマンスに集中できんかったという要因はあると思う。


もちろん、伊達娘は私がいようがいまいが、パフォーマンスに集中すべきとこで、そのへん他メンよりも弱いのは否めん。

ただ、伊達娘が救急車で搬送されるくらいの精神的苦難と戦い続けていたならば、パフォーマンスを極めるのは難しかったとも考えられる。


けどそうならば、AKBなんか早々に辞めたらええんやしなあ。


やっぱ私は、パフォーマンスを極められとる、ゆかるんやさややに惹かれる。

特にゆかるんは一人ではやってけん気がする。


けど、まだ伊達娘はほっとけん。

私が優柔不断というよりも、伊達娘が素直にパフォーマンストップになれとったら悩まんでもよかった問題なんやけど、まあとにかくみんな上手く行くように考えていくしかない。

鉄道ATOのTASK制御について

工作員が言うとおり、停止点の制御がいちばん難しい。

逆にまだたとえば駅進入時の時速50km/hとかならば、仮に回生失効が起きても、その分強力にブレーキをかければいいだけやから、大して細かな制御はしてない。

三田線とかつくばエクスプレス線の駅でレール間を見たら、停止点近くにATOのTASK制御地上子がいっぱい並んどる。

あの地上子上を車両最前部の車上子が通過すれば、確か特定周波数の誘導電流を検知して、速度制御するねん。

そして、停止点近くにATOのTASK制御地上子がいっぱい並んどるあたりでの時速ってせいぜい30km/h以下とかやし、駅構内の土木構造上からも、最後尾がポイントを渡り切っとる。

そうすると、時速せいぜい30km/h以下で、車両になんの動揺をも与える要因が存在しない状態で、゛動的゛な離線がどうやって発生するの?


そもそも、゛動的゛な離線の要因となり得る事象ってナニ?

設計者はそのようなリスク分析していて当たり前やろ?

そして私は、仮に回生失効が起きようが、自動的に空気ブレーキにより必要なブレーキ力を得るから問題なしと、分析されたリスクを取り去る対策として挙げる。


システムの概念設計、リスク排除手法ってそうやるのやぞ。

私に間違いがあったら指摘してみな?

やっぱさややがフレッシュにできることを、伊達娘にできんワケないと思う。

私はやっぱ伊達娘を1人前にせななあ。

伊達娘がなにを言おうが、私それはちゃんとやり遂げなアカン気がする。

私は伊達娘に対して厳しいことはいっぱい言っても、最後は太陽にならな。

伊達娘を捨てているような人間(私)に、世界平和なんて実現できんやろしなあ。


変なハナシやけど、さややを見て、伊達娘にもきっとできると思った。


アキブータン=ミンチョルが、さややは文章ヘタクソ、って書いてきたから、逆に伊達娘に希望あるんちゃうか?と思った。


私どうしても伊達娘を救いたい。

人生をかけて恋愛する、育てていく気になった女性やし。


そこまでできてこそ、ホンマのプロデュースと思うし。


やっぱ伊達娘見捨てられん。

毎日伊達娘のこと思うてまうし。


ただ、いま成功に近いのは、ゆかるんであり、さややであり、田野である事実に違いはないぞ。

アキブータンがミンチョル名義でさややをdisってきたぞ。

ミンチョルはもともとAKSの工作やし、おかしなことは何もない。

てかアキブータンのプロデュースやったんやろなあ。

今回、さややをけなす段になって、ミンチョル名義を使ってきただけや。

そもそもそんだけメンバーを観察しとるヲタがおらんしなあ。

ヲタとか第三者は理解できずとも、メンバーはそれくらい分かる。


伊達娘スレにツマランこと書いてきとったのは、AKSの単独行動もあるやろけど。

ミンチョル自身、Mr.hと同じで、とても一般人が一人で書ける内容を書いていなかった。


さややの文章を検証する必要あるけど、さややは私が観察する限り、あれだけ細かに感情を表現できとるから、文章力もあるはず。

さややがもし、そういう文章を書いとるならば、わざと書いとるんやろし、今回のパフォーマンス改善を契機に、文章スタイルも変えるやろ。


ところで、文章力も表現力もないのが伊達娘やねん。

伊達娘は恋愛禁止を破って、私とデートして、行き着くところまで行き着いても、少しは理解できるやろ。

私がどんだけ伊達娘のことを想ってきたのか、私とリアルで会えば必ず伝わるし、伝染すると思う。

言って欲しいことは言って欲しい時に言うし、やって欲しいことはやって欲しい時にやる。

甘い言葉もキスもその先も、全部やってやる。

そして、自分がうれしいと思ったことは、はずかしがらずに舞台上やインターネット上で表現したらええんやし。

それは、私は未見やけど、川島なお美を女優として有名にした゛失楽園゛に通じるものになるやろ。

やっぱ恋愛を抑制されていて、自由に女性を演じられんジレンマがどうしてもある。

それを感じた時点が、AKB卒業のタイミングなんやろなあ。


さややの文章も、もしかすると自分の恋心を悟られんための偽装かもなあ。

私はさややにコメントしたことないから、さすがに私に対してとは思わんけど。

ヲタなんて基本的にニブいんやし、さややももっと突っ込んで書いたら?

アキブータンがまた書いてきた

昨日は、自己満足としてほとんどコメントせんかったら、それに媚びたのか、優子とか芽瑠とかを出してきとる。

優子の演技力がいいのは、゛ロマンス゛で観たから事実と思う。

同時に、野暮とは言わずしっかり批評すべきとも思う。

ナポレオンについては、私はいい印象を持ってない。
日本人がナポレオンにいい印象を得ているのは、戦争を肯定したい日本政府が、目立たんとこから印象操作しとると考える。

観る立場により感想が変わるのではなく、常に両者の意見を比較し、弱い立場に立って考えられる人間が、一人でも多く増える社会にせねばならないと思う。


芽瑠についてはヨウワカランけど、そんなすごいパフォーマンスしとるのか?

アキブータンがいくらいいと言っても、気持ちいいパフォーマンスができねば、人々から評価されんぞ。

明日もネットカフェに行って、芽瑠の動画の1本でも漁るか。

さややに恋したって書いたけど、ガチでさやや頑張ったんやからな。

゛みんなに合わせろ゛って、老害ブスみなの自分が怠けたい論法に、自分の未来をダメにしたメンバーはいっぱいおる。

そのほうがラクできるし、どうしてもそうなってまう。

老害ブスみなだけでなく、舞台監督もそう言うとるらしい。

田野でさえ、チカラを持っていながら、メンバーに埋もれがちや。


けど、敢然と立ち向かうメンバーが現れた。
ゆかるんや。

ゆかるんは素晴らしいよ。

てか、ゆかるんを゛ドスドスダンス゛とか揶喩しとるのも、ヲタというよりもヲタの振りしたAKS工作員の可能性ある。


そして今日、さややが完全に他メンから一歩抜け出してくれた。


こういう、メンバー全員から抜きん出て、メンバー全員を引っ張ってくれるメンバーの存在って本当にありがたい。

しかも、他メンに合わせるのではなく、観客が見て気持ちいいパフォーマンスを理解してくれるのは大きい。


ゆかるんとさややがタッグを組んで、メンバーから目立ってさえも、見て気持ちいいパフォーマンスを広めてくれれば、AKBメンバーのパフォーマンスの底上げに繋がると考える。


AKBが無駄に延命するのは腹立たしいんやけどな。

それでも、ゆかるんやさややをはじめとした、メンバーの将来を考えたら、メンバーはAKBを本当にいい方向へ持っていきたいチカラを、1回1回の公演に対して存分に出しきるべきやねん。

« 2015年10月18日 | トップページ | 2015年10月20日 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック