« 2015年10月21日 | トップページ | 2015年10月23日 »

2015年10月22日

2015年10月22日 (木)

ココロがさややに少し傾きかけていたけど、やっぱゆかるんはすごいよなあ。見直した。

一人だけまるで別次元やねん。


アイドルが大勢じゃれ合っているようなのを見たいタイプには、いちばんイヤやろけど。

また、あれだけ激しくダンスすると、気性も激しいやろとリアルに考えて、引いてまうヲタもおるやろ。


けど、大筋で間違ってはいない。

動きのデフォルメの技法がどこまで追求できるか、やろなあ。


ゆかるんと他メンの動画を比較して、宮崎駿に見せたりたいなあ。

宮崎駿も、生身の人間が動きをこれだけデフォルメできると知ったら、驚くんちゃうか?


ダンスの大会だって、激しさだけで、曲のノリは含まれんやろ。

フィギュアスケートだって、わざわざ評価落とすかも知れんデフォルメは避けるやろなあ。


ゆかるんのは、ホンマのプロのダンスと思う。

ゆかるんのダンスを見ると、私のカラダ全体が火照ってくる。

コレはやはり恋なのか?

2015/10/22 AKB48 「青春はまだ終わらない」 公演 りょーちゃん生誕 感想

総括

ゆかるん、さやや、それぞれにいいものを感じられて良かった。

そしてそこにぐいぐい食い込んできたのがみきちゃん。
みきちゃんにはものすごい気迫を感じる。
ただ、その気迫を、まずは一度正しいリズムやカタチを覚えることに費やして欲しい。
ヒトがどう観たら気持ちよく感じるか?までは考えていないとも思ったので。


ゆかるんは、もうダンスの教科書には書いてない、人間の深層心理に訴えるところを狙っているように思った。
下にも書いたように、人間が本来脳内に持つ残像現象を、アニメーションのデフォルメくらいに誇張して表現しているのがゆかるんのダンスと思った。

その場合、人々が気持ちいい表現ができる反面、ヒトに対して残像分まで見せてしまうため、どうしてもタイミング的にズレてしまうところが出てくる。

それは、絵画で印象派がどれくらい抽象的な表現をするのか?と同じくらいの問題に帰結してしまう。
ピカソの絵が、一般人には幼稚園児の落書きに見えてしまうのと同様に。


一般人に対して、幼稚園児の落書きではなくてしっかりとした"絵"であると主張できるポイントって、きっと絵の教科書にも書いてない。

そしてゆかるんは、教科書に書いてない微妙なところを、幼稚園児のダンスと言われてしまわないよう、自分の感覚を研ぎ澄まして、毎回表現せねばならない。
その努力をしないと、いつか誰からも幼稚園児のダンスと言われるほどにタイミングがズレてしまう。

歌手だって、音程を合わせるのではなくて、感情を込めたら敢えて外れるところがあるけれども、その技法は教科書には恐らく載ってないし、何度も外していたらタダの音痴になってまう。

とにかくゆかるんはそれほど繊細な、文字通りライブのダンスをしている。

心から、その概念をブロードウェイなどに逆輸入してやりたいと思う。

ゆかるんがそこまで極めてしまっていることを、世の中のダンスや演劇の関係者が理解していないっぽいのが、ものすごく歯がゆい。

そういえば、中盤でたまに動きが小さくなるのがナゼなのか、セリだけではない理由があると思うけれども、そこは理解できていない。


さややは、教科書に書いてないダンスの端緒についた感じか。

ゆかるんが好調ば目立たないけど、ゆかるんの動きが小さくなったところではいちばん目立つ。

私は今日、実はさややが現在の運営のいちばんの期待の星であることに気づいてしまった。

ただ、AKSに体力がないいま、期待の星だからといって大成できるとは限らない。
AKBがいつ潰れても、日本や世界の人々から認知してもらえるように、地道にパフォーマンスを積んで欲しい。

表情なんかはかなり豊かとは思う。
けれども、笑顔をあまり見せてない気もするので、表情にチカラを入れるならば笑顔で魅せられることを、直近の課題として欲しい。

りょーちゃん生誕

公演に出れんとか言うとる後輩。
なーにゃか。
生誕に出れんから、手紙に立候補したって。


りょーちゃんは、マジすか5で怒られたりしたんやって。
テレビドラマで、どんなコトを怒られるんかなあ?
レベルの高いものか、天狗になった結果の低いものか、気になるぞ。

りょーちゃん、感謝の気持ちを恥ずかしいから言葉に出せない、とか言うとる。
厳しいけどそれが、りょーちゃんがあと一歩売れてない原因やぞ。

共感、共有、とか言って締めくくったけど、本当にそう思うならば、ちゃんと感謝の気持ちを一人一人に対して、言葉で伝えななあ。


EN3 ファースト・ラビット (4th AL) 

コレもさややセンター。

私伊達娘のときから思うとったけど、運営って本当に推したいメンバーは、アンチを作らんため、フロントに名前を出さずに推すねん。

なっつん、れなっち、りょーちゃんを前に出しながら、実はさややを推す。

そういうチャンスに気づいて、さややは結果を出さな。
いまんとこパフォーマンスは出ているけど、継続して出し続け、人気に繋げるところまで頑張れるか?

推してもらうのがフツウと思うたらアカンぞ。
周りは、頑張っているにもかかわらず、なかなか成果が出んメンバーばかりやん。

そこで抜きん出なアカンねんから。


EN2 ひこうき雲 (A5th) 

ココもさややセンターやん。

ゆかるんのタオルの振り方を指摘しとるのがおったけど、ゆかるん真ん中持っとるやん。
動きが激しくて巻きついて危ないから真ん中持っとるのかなあ?


EN1 僕のYELL (16th c/w) 

ゆかるん、ここ数日の中ではなんとなく動きにムラがあるなあ。
朗読の練習が忙しいのかもなあ。

と、前回書いとったけど、やっぱゆかるん全力過ぎてムラ出てきたとこあるんかもなあ。
そのへんはパフォーマンス落としてまわんように、上手いこと考えて欲しい。

13番、脚細くて動きまだ小さいけど、頑張っているのは伝わってくると思うたら、ゆいゆいか。


映像「岩本輝雄のフリーキック」 

りょーちゃんがボール持って現れた。
なっつん以外初やと思うなあ。私が観れた限り。


アンコール りょーちゃんコール


M19 僕の桜 (B3rd) 

下のことをアレコレ思いついて、書いていて、観てなかった。


M18 大声ダイヤモンド (10th) 

ココもさややセンターか。
2公演でコッソリセンターもろとったりして(名目上はなっつんとめぐやけど)、やっぱ運営相当さややを推しとるなあ。

映画とか舞台とかチャンスあるんちゃう?
最近AKBいろいろ資金繰り苦しいけど、他のメディアはそれをチャンスと思うて来とるからなあ。

寅さんで知床慕情とか、幸福の黄色いハンカチとか、道東舞台ってあるやん。(山田洋次ばっかやけど)
そういえば同じ山田洋次の「家族」という映画は、長崎の炭鉱から中標津に移住するハナシちゃうかったかなあ?
その移動経路で当時は新幹線使わんやろ、と私はハタチの頃にツッコミ入れた。

田中麗奈のGTOだって、芦別のカナディアンワールド公園とか、廃止になったちほく高原鉄道とか使うとったしなあ。

そういう企画、いまでもできるやろ。


M17 好きと言えば良かった (B4th) 

ゆかるんのタイミング、ちょいズレるときがあるんやけど、指摘すべきなのか迷う。


M16 永遠プレッシャー (29th) 

いま気づいたけど、ココさややセンターやん。

みきちゃん、こみはるもか、売れるためにはもう少しナチュラルな動きできんかなあ?


M15 君のことが好きだから (14th c/w) 

さややはいい動きしとるけど、このメンバーでは埋もれてまう。

ウラをかえせば、田原公演はメンバーもっと踊れるということでもあるわなあ。


M14 心のプラカード (37th) 

やっぱこの曲だけゆかるんの動きが小さくなる理由はセリやろなあ。

それで、後ろにセリがないところでも、他の印象と変えんためにわざと小さめに踊っとるように見える。

と、前回書いとるけど、セリがないところでも小さいのは惜しいなあ。

さややが目立つ。
表情はさややがダントツやなあ。

ゆかるんは表情のバリエーションがあんまない、という課題はあるなあ。


M13 ハロウィン・ナイト (41st) 

ゆかるん、ココで突然動きが小さくなりがち。
なんかナチュラルちゃうなあ。

そうするとさややが目立ってきた。

なんでやろ?


M12 希望的リフレイン (38th) 

みきちゃんについて思うとったら、感想書くヒマなかった。


M11 呼び捨てファンタジー (24th c/w チームB) 

みきちゃん頑張っているのはわかる。
もう少し正確になったらなあ。

ゆかるんのは、一度正確になった者がさらにその先に行っとるのであって、まずは正確を極めななあ。


MC ノザ/萌/さっほー/さやや/りょーちゃん/ゆいゆい/ひなな/いずりな
お題:りょーちゃんの思い出

萌はAKBに入る前から、りょーちゃんと友達とかなんとか。

ノザが、りょーちゃんが「暇だなあ」と言いながら服脱ぎ出してハダカを見とったんやって。

りょーちゃん、「脚を細くしたい」とか言うとる。
やっぱ自分でも脚太いと思うとるんや。
マジなハナシ、脚だけ痩せるってできるんかなあ?
走ったらよけいに太りそうやし。


MC ちより/ゆかるん/ちぃちゃん/麻里子/なっつん/こみはる/れなっち/みきちゃん
お題:KSGKエピソード

こみはるが、NHKの楽屋で、隣のヒトの脚をなーにゃだかと思って脚を踏んでいたら、それは栗原類さんやったって。
こみはるって以前も、楽屋でメンバーではないヒトに絡んだエピソード言うとった。

ゆかるんをはじめとしてメンバーが、おみくじを引いて悪かったからもっかい引いたエピソードした。
けど、おみくじって出るの、単なる確率やからなあ。
私10年くらいおみくじ引いたことないと思う。


M10 BINGO! (4th) 

ゆかるんだけ違い過ぎる。


M09 ギンガムチェック (27th)

ゆかるんは、存在自体がダンスの教科書やと思う。


M08 クマのぬいぐるみ (A4th) 

ひなな、けっこうガニ股やなあ。
下のを書いていたので、そこだけ指摘して悪いけど。


M07 青空カフェ (32nd c/w) 

さやや、やっぱこの公演で目立てるかどうかが、ひとつの課題になるやろなあ。

動きとしてはさややのほうが正しいんかもやけど、目立ててない。

みきちゃんはよく動けとるんやけど、無理しとる感がある。
ナチュラルにならんかなあ。

ゆかるんは、アニメーションのように上手くデフォルメしとる。

ダンスの先生は邪道と言うかもやけど、映画やアニメが残像現象による錯覚を用いて発展してきた歴史を考えると、ゆかるんのダンスは正しいと思う。


M06 ツンデレ! (A5th) なっつん、れなっち、りょーちゃん

りょーちゃんのパフォーマンスがなんかチガウなあ。

でも、この3人では、ゆかるん、さやや、みきちゃん、こみはるあたりの元気よさからするとモノ足りんなあ。

なんか、「この程度で踊っていればいい」感が出とる。
上の4人がいたらそっちばっか観てまうんやけど、おらんからなあ。


みきちゃん/りょーちゃん/なっつん/れなっち/こみはる
さやや/さっほー/萌/ゆいゆい/ゆかるん/ノザ
ひなな/いずりな/麻里子/ちより/ちぃちゃん
お題:どこの国に行ってなにをしたいか

みきちゃんが、ノザの生地ジャカルタに行ってノザの親に会いたいと言って、ノザから自分は日本人で愛知出身とか言うとる。

りょーちゃんはニューヨークとか、めっちゃフツー。

なっつん、今日また声が枯れとるなあ。

こみはるは今日もいつも通り「ぎょーかさん」って言うとる。

さややは、ものすごく暑いところかものすごく寒いところとか言うとる。
マイナス15℃がフツーと言うとるけど、マイナス16℃だかのモスクワは寒かったぞ。

ゆいゆいが「みんなのハートを?」って言うたら、「もっぎもぎ」と言いたくなるやん。

ゆかるんは趣味が音楽鑑賞で、オーストリアに行きたいと言うとる。
私がオーストリア行ったとき、まだ研究生やったんやなあ。

ノザ、火星は国ちゃうやろw

いずりなは小籠包が食べたいから台湾と言うとる。
台湾はマンゴーカキ氷もあるやろ。タピオカとか。

ちより、デコ出しのツインにしとる。
りょーちゃんに、一緒にどこに行きたいか聞いたら、モンゴルに行って置いてきたい、と言われたってw
てかガチな話、モンゴルって直行便ないやろ。


M05 Everyday、カチューシャ  (21st)  

動きの大きさでいうと、みきちゃんがいちばん大きいかなあ。

表情でいうとさややかなあ。

さややってそこそこいいポジやん。


M04 ラブラドール・レトリバー (36th)

ゆかるんとさややが並びで、どうしても見てまうけど、この曲隣は動きをズラしとるなあ。

ゆかるんの動きがさややを圧倒しとる。
ただ、こうやって観ると、ゆかるんもリズムをズラしとるといえるわなあ。


M03 真夏のSounds good! (26th) 

萌とノザみつけた。

ノザ全然踊れてない。
脚がついていってない。
こういうのをなくさななあ。

こみはるがガニ股になったぞ。
こみはるの闘争心も火がついたか。


M02 さよならクロール (31st) 

麻里子とさっほーみつけた。

さややはココ最近見慣れたからよくわかるけど、こうして観るとやっぱゆかるんとイメージ違うのがわかる。


M01 バラの果実 (31st c/w)

ゆかるんの動きがダントツやなあ。

なっつん、いずりながわかった。

みきちゃん、こみはる、れなっち、はわかった。

さややはめっちゃ下手側か。

ゆかるんは張り切り過ぎてちょいタイミングズレ気味。
しかし観ておかしな気はせん。
トランポリンを見るようなダンス。

鍵穴のアホな質問へ。第三者機関の支部を、例えば都道府県に1つづつとか作ればええだけやないか。

だいたい、1日に建つマンションの数なんかたかが知れとる。

マンションの強度計算ができればええだけやから、都道府県に作らんでも、全国で10人くらいでやってけるんちゃう?

そもそも、゛第三者機関゛は、安全を担保するのではなく、安全を担保しているかのように見せかけて、実態は天下りをはじめとして、国費をちょろまかすための組織でええんやから。

マンションの杭打ちには第三者機関がないと言うとるのがおる。ならばアホな日本人は、日本政府主導で第三者機関を作られて満足するやろな。

第三者機関を作る、が解になってまう可能性が、ガチでめちゃくちゃ高いなあ。

そしてそこにまた役人が天下りして、国家として予算もつけてまうねん。


文明が進んで、ものごとを大雑把に把握できる人間がおらんようになったのが、ひとつの問題なんやけどな。

RAMS対応は、テンプレートではなく、システム全てを把握したマネージャーが必要と考えついて、マネジメントについて書いた゛プロジェクト憲法゛を提出した私は、幾重にも時代を先読みしとったやろ。

2012年に、憲法についてアレコレ論じて、憲法第九条があるからこそ、戦争の可能性があるとまで言い切っとったんやから。

いま、旭化成建材が問題になっとるけど、全て同じや。

日本のあらゆるものに対して、不正をただす第三者機関があるはずやのに、第三者機関が官僚の天下り受け入れ組織となり、隠蔽の温床になっとる。

これが真の問題や。

私は伊達娘は、好きだったパフォーマンスを伸ばせばいいだけと思うんやけどなあ。

パフォーマンスを伸ばそうとして、いくつもの苦難とか、逆に甘い誘いとかがあるやろ。

伊達娘はそういうののどこかで挫折して、諦めてもとる。

私はそれを言っている。


意固地になって、パフォーマンス外のことを探しても、どんどん深みにハマるだけや。


ゆかるんとさややを私が持ち上げるのも、パフォーマンスを一生懸命追求しとるからや。


伊達娘も、中学生の頃はこうやった。

伊達娘が、∞ホールに出るのが夢とか、また失言したらしいです。

コレのどこが失言か、わからないでしょう?

∞ホールってよしもとのお笑いのホールらしい(私も行ったことないので詳しくは・・・)のですが。


ただ、∞ホールに出るには、それだけの話術が必要ですよね。

よしもとの芸人なんて全員が、自分でネタを出すことに四苦八苦しています。

けど、よしもとの芸人と仮に1対1で話すことがあれば、面白くていくらでも聞きたいはずです。


で、伊達娘は握手会何部でしょうか?1部ですよね。
誰をも笑かしたことがないですよね。


公演のMCだって、気の利いたことが言えずに、劇場の空気を冷ましてますよね。
あんな調子でおカネ取ったら、誰も来ません。


ようは伊達娘は、∞ホールに、誰かが脚本を書いた上で呼んで欲しいと言っているのです。

しかし∞ホールは、自分で脚本を書ける、自分のネタで笑かせる人間しか上がれないのです。


∞ホールに立ちたいという前に、まずは握手会や公演で、ヒトを笑かすことから始めねばならないのです。

それとも、∞ホールに立ちたいというのも、これまでと同じように方便でしょうか?


いずれにせよ、方便ばかり使っているのを見透かされて、さらにヲタ離れを加速するしかなくなるのです。

仙台の仲間だって、伊達娘の行く末にさらに不信感を抱くでしょうし。


伊達娘はなんでこうも、自分自身が努力することを忘れてしまったのでしょうか?

今日の公演は、かなり興味あります。ゆかるんとさややのどっちが目立つか。そしてお互いを比べてみることにより、お互いの長所が際立つのではと期待します。

パフォーマンス的に、私のイメージの中では似た者なのですが、だからこそ違いを見出したいです。

ゆかるんは、昨日だかにしみじみと書いていましたが、AKBに応募したのも締め切り5分前とかなのです。

そんな素人がここまでパフォーマンスを高められたのは、本当にすごいことと思います。

しかしせっかくなのだから、ココで満足するのではなく頂点を目指そう。
小さい頃よりダンスを習っているさややから、学ぶところもあると思います。


さややは、私は別海町には行ったことがないのですが、中標津空港までは行ったことがあり、日本であって日本でないような田舎から、よくぞはるばる出てきたと思います。

私だって田舎出身でしたが、東京で芸能人になるなんて想像もできませんでしたし。(いくら私が目立つ存在でも、ジャニーズ受けて受かったとも思えんしw)

別海町からスターが出る、というのは本当にドキドキします。

さややは、最近の話題で、お父さんとテレビのチャンネル争いをして壁に穴を開けたほどの暴れん坊らしいですが、なにごとも大成するには、それくらいやんちゃなエピソードの5つや6つあって当然とも思います。


ちなみに、私がこんなこと書くと、ゆかるんもさややも本人達は、もしかしたらいい迷惑と思うかも知れませんが、私のブログを読んで2人を見比べる人間も、10人くらいはいるでしょう。

こういうのもひとつのプロデュース。

毎日同じ演目でダレてしまいそうな公演に、焦点となるスポットを当てる。


そしてヲタ同士がいい意味で、それぞれの公演について見どころを語り、それが毎回変わるのが、本来のAKBのあるべき姿であったし、ミュージカルなどライブでも普遍的に語られるべきことだと思います。

ゆかるんとさややにコメント

ゆかるんは動画が消えたとか。

まあ私も、書いた文章まるごと消える経験何度もしたし、2回推敲できると思って頑張ってリトライしてみ。

消えた動画をもう一度撮り直す努力が、実を結ぶ。
だってフツーの人間は、仕事でもない限りそこで諦めるから。


さややのコメント

ーーーー
曲ごとの表情を意識しました😊

最近はたくさん公演に
出させていただいているので、
難しいけど表情とか表現とか
少しずつ頑張って行きたいと
思いますっ!!
ーーーー

どこの曲の表情とか表現を、どう意識したのか書いたら、もっと人々から賛同してもらえる。

言わずとも、観て感じて欲しいところとは思うけど、ヲタってそうそう意識してくれんぞ。

ゆかるん推しを公言し出したあたりから、埼玉県からのアクセス率がめちゃくちゃ増えとるんやけど偶然か?

茨城県からのアクセスが多いのは前々からやったけど、埼玉県が多いのは最近。


自演好きの誰かさんも埼玉県民のはずやけど、アクセス率はここまで多くなかった。

偶然かも知れんけど、悪い気はせんなあ。

鍵穴(実態は夏井高人であると考える)から指摘があった、私の日立製作所の個人情報保護法違反の公益通報を、経済産業省が調査しなかったことに対して、経済産業省への行政文書開示の諮問に対する内閣府の答申について

やはり、私の記事として取り上げたほうがいいと思うので取り上げます。

ゴチャゴチャ書いてますが、ようは、日本政府が「公益通報を適切に処理しました!」と言うだけで、実際は一切処理をしてなくても隠蔽できるということです。
公益通報の中身に関する議論は、相も変わらず一切していませんし。
公益通報に、通報者の個人情報が含まれるのは当たり前ですし、行政機関個人情報保護法による開示請求ならば受けた、なんてのも詭弁です。

行政機関個人情報保護法によって開示請求した場合、「大西秀宜より◯年◯月◯日に公益通報を受けた。その資料は次の通り。調査内容は非開示」。
で終わりでしょう。

まあ、結果を最初から予想した上で、敢えて開示請求してみるのはアリでしょうね。

私は私で、これまでとは全く異なった方向から、日立製作所を追い詰められる新たな方法を進行中ですが、行政機関個人情報保護法による開示請求もやってみようと思います。


ーーーーーー

http://onicchan.cocolog-nifty.com/blog/2015/10/brody-8e47.html#comment-111936360

http://www8.cao.go.jp/jyouhou/tousin/h27-09/412.pdf

諮問庁:経済産業大臣 
諮問日:平成26年5月23日(平成26年(行情)諮問第263号) 
答申日:平成27年10月21日(平成27年度(行情)答申412号) 
事件名:特定個人が提出した公益通報書に関する調査資料等の不開示決定(存否応
答拒否)に関する件 
答 申 書 
第1 審査会の結論 
「特定個人が特定日付けにて提出した,当時在職していた特定会社に関す
る,個人情報保護法違反を訴えた公益通報書に関する調査資料及び最終報告
資料一式」(以下「本件対象文書」という。)につき,その存否を明らかにしな
いで開示請求を拒否した決定は,妥当である。
(中略)
2 本件対象文書の存否応答拒否について 
本件対象文書は,特定個人が経済産業省に提出した公益通報に関する調査
資料及び最終報告書一式であり,本件対象文書の存否を答えることは,特定
個人が経済産業省に対し,公益通報を行った事実の有無(以下「本件存否情
報」という。)を明らかにするものと認められる。 
本件存否情報は,法5条1号本文前段の個人に対する情報であり,特定の
個人を識別することができるものと認められ,法令の規定により又は慣行と
して公にされ,又は公にすることが予定されている情報とは認められないの
で,同号ただし書イに該当せず,同号ただし書ロ及びハに該当する事情も認
められない。 
なお,法に定める開示請求制度は,何人に対しても請求の目的のいかんを
問わず請求を認めるものであり,開示・不開示の判断に当たっては,開示請求
者が誰であるかは考慮されないことから,本件存否情報が異議申立人本人に
係る情報であったとしても,法5条1号該当性の判断を左右するものではな
い。 
したがって,本件対象文書の存否を答えることは,それだけで,法5条1号
の不開示情報を開示することとなるため,同条6号イについて判断するまで
もなく,法8条の規定により,その存否を明らかにしないで本件開示請求を
拒否したことは,妥当である。 
3 付言 
本件開示請求は,「行政文書開示請求書」との定型用紙により,法4条
1項の規定に基づき行われたものであり,個人情報保護法12条による保
有個人情報の開示請求であるとみる余地はないが,本件開示請求書の記載
からすると,異議申立人に係る情報の開示を求めるものであることから,
処分庁は,個人情報保護法に基づく開示請求をするよう教示すべきであっ
たといえる。今後,開示請求に係る事務手続において,適切な教示をする
など,的確な対応が望まれる。
(後略)

投稿: 鍵穴 | 2015年10月21日 (水) 19時17分

大西さん、先に書き込んだように答申が行われましたが、今後はどのように対応なさるのですか?法律的には存否応答拒否の原処分もしくは今回の答申もしくはその両方に対する、取消しもしくは無効確認の行政訴訟しかできることはありませんよ。
なお、付言にて示されているように行政機関個人情報保護法に基づく開示請求であれば通る可能性は高いと思われますよ。この点については私は何回も指摘してきましたが、大西さんは恣意的に無視してきましたよね。なぜやらなかったのですか?

投稿: 鍵穴 | 2015年10月21日 (水) 19時24分

« 2015年10月21日 | トップページ | 2015年10月23日 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近の記事

カテゴリー

最近のトラックバック