« Yahoo映画に、ガルパンのレビュー評価゛1゛で投稿したけど、私以外ほとんど゛5゛やなあ。 | トップページ | 昨年冬、雪の日の、東急の脱線事故の報告書読んだけど、めちゃくちゃウソくさいよなあ。 »

2015年11月28日 (土)

なんか伊達娘っぽいのが今日も書いてきとるなあ。

ガチならこのダンススタジオで出待ちしたらええんやろけど、流石にそこまでストーキングするのもなあw

ガチかネタかもワカランし。

ーーーーー
http://mastiff.2ch.net/test/read.cgi/akb/1446315156/800-801

800 :47の素敵な(玉音放送)@転載は禁止 (ササクッテロ Sp8d-B8gI):2015/11/28(土) 01:05:47.14 ID:5dk9aHmJp
「亜人」観たいなぁ…「心が叫びたがってるんだ」も観たい( ˘ω˘ )

801 :47の素敵な(玉音放送)@転載は禁止 (ササクッテロ Sp8d-B8gI):2015/11/28(土) 01:14:49.09 ID:5dk9aHmJp
【ダンスレッスン情報】 U-Pride Studio@祐天寺(東急東横線)徒歩2分 毎週月曜日 21:00~22:30  u-pride.com

ーーーーー

「亜人」は観に行くか。

「心が叫びたがってるんだ」は公開前から気にしてはいたけど、なかなか上映館少なくて予定合わんかったし。

劇場の予定見たら、12月前半で行けるの12/9と10しかないけど、9はしずる館行こうと思う。

公演から遠ざかってまうのがどうもやけど、しゃあない。

« Yahoo映画に、ガルパンのレビュー評価゛1゛で投稿したけど、私以外ほとんど゛5゛やなあ。 | トップページ | 昨年冬、雪の日の、東急の脱線事故の報告書読んだけど、めちゃくちゃウソくさいよなあ。 »

岩田華怜」カテゴリの記事

コメント

おーにっちゃんさあ、
何も知らないようだから教えてあげよう。

我々工作員は、バレバレのIPアドレスからはアクセスしないよ。
するとしたら、心理的プレッシャーをかけるための威示行為のためだけどね。
もちろんそういうときには、一日10アクセスなんていうレベルじゃないけどね。

一日10アクセスというのは、コモレビィーでおーにっちゃんのことが話題にあり、
「いったいどんな馬鹿がやっているのだろう。」と興味を持った一般の従業員だよ。

そうそう、個人情報保護法とか、機密管理とかのeラーニングの時期になると、事例として紹介されているから、アクセス数が増えるかもね。

いつも反面教師になってくれて、おーにっちゃんには感謝しているよ。

はいっ
本日の1〜っぽい頂きました!

大西さん、こういうのはいいですから、【再就職奮闘記】カテゴリに
入る内容をエントリするのがあなたの義務ですよ。
岩田華怜とか佐々木優香里とかアキブータンなんてのは
いらないんですよ。

ガルパンとか見てる暇があったら履歴書のひとつでも書いて就職活動しましょう

質問です
・今年中に日本政府とAKBと日立製作所を潰すとおっしゃってましたが進捗はいかがですか?そろそろとかもうじきとかで無く具体的に教えてください。
・第三次世界大戦の引き金は何をどのように引いたのですか?こちらも具体的に教えてください。
・6月にAKBのメンバーをブロードウェイに連れて行くとおっしゃってましたが現時点で何も無いようですがどのような行動をして誰を連れて行くのですか?
・先日母親が上京の際監禁するとかおっしゃってましたがなぜか複数エントリーを上げて逃げていましたがなぜですか?
・いつも~やなぁとか~ぽいとか~ちゃう?とか確定していないとをさも確定しているかのように書いていますがなぜ裏を取ってから話されないのでしょうか。

いつも自信ありげに話す割には何一つ変わって無い様に見受けられたので質問させていただきました。

ガルパンが戦意高揚映画に見えちゃうなら、もう映画批評なんてやめた方がいいよw
「ここさけ」は、普通の青春を過ごしてない人にはわからない映画なんだって。
あんたには到底理解できないんじゃない?
生活保護費が無駄になるよwww

亜人はグロあるよ!

おーにっちゃんさあ、
プロデューサーなら堂々と見に行っていいんだよ。
君はいつも口だけ、ネットで書くだけだから評価されないんだよ。
足を運んでメンバーが努力している現場を見てあげなきゃ。

あとさ、日立製作所の工作員がわざわざ社内からアクセスすると思うかい?
そんな単純な発想力しかないから毎日バカにされるんだよ。

ここに来るのは全員工作員で、岩田さんや佐々木さん、他のAKBのメンバーもプロデューサーもみんな敵。
中核派も共産党も日本政府も日立製作所もね。
阿修羅もドイツも韓国も阪大も小野高校も。
生まれてからの毎日の暮らしのなかで、君が面と向かう人間や組織は全部敵。もちろんお母さんとお父さんもね。

君の味方は、いるのかな?

ストーキングなんかしたら殺してやるからな
あんま世の中舐めてんじゃねえぞ

今年はエア忘年会しないんですか(笑)?

無法政府の日本政府の法律に保護されてる大西さん(笑)

ストーカーして欲しいんじゃなくて、
大西にもダンスやってもらいたいんだろ。
あのくらいの年齢だと、何でも一緒にやりたいってのが強いからね。
チケット制で安いし、いつでもいけるしね。

40歳生活保護、童貞、マザコン、自己破産が何を言っても全く説得力がありません。
容姿や体臭は仕方ないですがまずは自立して下さい。

ダンス、体験あるから凄く安く受けれます!
普段どういう風にダンス習ってるかわかってもらって、
その上でアドバイス欲しいです。

体験レッスンの料金
体験1回目 500円
体験2回目 1620円

法大生—全国学生のみなさん! またしても法大当局は許しがたい処分を強行しました。経済学部教授会は7月12日付で私に「無期停学」処分を下しました。絶対に許せない! 「教育」という名の「処分」。これが大学なのか! こんな腐りきった大学でいいのか!
 今、世界大恐慌のもとで学生から教育・未来が奪われている。私たちの敵は一つだ。怒りの炎で処分を粉砕しよう! 私はその先頭で闘います。
 「2月5日の入試での受験生の通行妨害」「4月23日と6月10日の授業妨害」「過去の処分を反省していない」——こんな処分理由に一ミリの正当性もない。処分の本当の理由は「授業妨害」や「通行妨害」ではないからです。
 私はキャンパスで仲間への処分を撤回させるべく署名を集め、多くの法大生と討論してきました。法大のあり方に声をあげる私の存在そのものが、処分の真の理由なのです。
 6月10日に私が「授業妨害」をしたとされる1年生のクラスでは7月1日、「洞口さんは授業妨害をしていない! 処分反対!」というクラス決議があがりました。決議に賛成してみんなが一斉に拍手をした瞬間の感動を、私は忘れることはできません。
 真剣に訴えれば必ず学生は応えてくれる。だからこそ、私は処分反対のクラスの思いを踏みにじる法大当局を絶対に許さない。こんなやつらの運営する「大学」に何の展望もありません。私はキャンパスで闘う中で、学生の団結した行動こそが大学を奪い返す力だという確信をつかみました。

 法大闘争は5年目を迎え、完全に新たな段階に突入しました。06年3月以来、のべ118人の逮捕という弾圧に対し一歩もひかずに団結を守り抜いてきました。そしてついに今年、法大闘争は3万法大生の獲得に向けて前進を開始したのです。この新入生の決起への法大当局の「回答」が「無期停学」処分です。
 私は処分への怒りをバネにがむしゃらに闘ってきました。クラス・サークルをまわり、地道な日々の積み重ねで学生を獲得してきました。
 「法大に入学して社会の縮図が見えた」と、ある新入生は語ってくれました。そして、これが一大学だけではなく全社会的な問題だとつかんで、国鉄・沖縄・三里塚に決起している。そして、自らのキャンパスに戻って当局—資本と闘う。学生の本来の姿を生き生きと取り戻している。わが文化連盟も、新入生の獲得でキャンパスに本当に責任をとる組織に飛躍しています。

 法大生の怒りは、私への処分と学祭規制をめぐって爆発しています。だから法大当局は、学祭参加サークルが結集する7月9日の全学説明会前に私に処分を出そうと急いだ。しかし、7月2日の臨時教授会での決定以降、「処分反対! 学祭規制撤廃!」の声が高まり、結局12日まで処分を執行できなかった。これこそ学生のもつ力です。教授会や理事会の決定が「絶対」ではなく、学生が声をあげればひっくり返せるのです。
 しかし、当局にべったりの学祭実(自主法政祭実行委員会)には、この学生の力を理解できない。大学の「施設管理権」と学生の「自主」は絶対に相いれない。にもかかわらず、それをあいまいにしているのが学祭実でありCSK(サークル支援機構)です。
 6月11日、22日の学祭説明会では、私と新入生を先頭に規制反対の声をあげ、学祭実が「施設管理権は大学にあるから規制をのめ」と叫び散らす裏切り者であることを暴きました。
 そして全学説明会に参加した239サークルの中から30サークルが学祭実に対し「不信任」をたたきつけました! あるサークル員は「あの場で自分は挙手したけれど、学祭実を信任して手を挙げたわけではない。学祭をやりたいからだ。他のサークルもそうだ」と語ってくれました。これが学生の思いだ。
 「黙って従わないと補助金を出さないぞ。部屋を使わせないぞ」と学生を脅して支配してきた当局—CSKの崩壊がいよいよ始まったのです!
 239サークルは、本当は学祭実不信任であり、断然文化連盟派なのだ。だからこそ、文化連盟の組織拡大で学祭規制は粉砕できる。大学は変えられる! 主導権は文化連盟の中にあります。
 全学説明会の会場では、初対面を含め多くの学生が処分反対メッセージを書きにきてくれました。「処分」が逆に法大生の団結を拡大している。総じて私がキャンパスでつかんだことは、法大生は必ず立ち上がる、立ち上がっているんだということです。
 この闘いは全世界の労働者・学生の決起と一つです。私が3月にカリフォルニア教育ゼネストを闘ってつかんだことは、あの闘いは必ず日本でもできるしやりたいということです。
 7・11参院選で示されたことは、私たちの未来を決めるのは民主党や自民党ではなく、ましてや法大の理事会連中なんかじゃ絶対にないということです。国鉄—沖縄に次ぐ闘いの火柱を必ず法大からあげてやる。処分を実力で撤回させ、私は斎藤君、倉岡さんとともに必ずキャンパスに戻ります!
 未来は学生のものだ。ともに闘おう!
 (法政大学経済学部2年・洞口朋子)

11・1労働者集会に参加したドイツ機関士労組ベルリン都市鉄道支部長のクルト・シュナイダーさんら3人のドイツ鉄道労働者が、11月6~7日の2日間にわたって広島を訪問しました。
 ドイツの一行は6日昼過ぎに広島駅到着後、動労千葉を支援する会・広島のメンバーの案内で紅葉が進む安芸の宮島を見学。その後、動労西日本と広島連帯ユニオン主催の歓迎交流会に臨みました。交流会には動労西日本、広島連帯ユニオン、婦民全国協広島支部、広大学生自治会などから30人が参加しました。

交流会は、11・1集会の司会を行った広島連帯ユニオン副委員長の矢田三恵さんの進行で行われ、動労西日本の大江照己委員長の歓迎あいさつ後、クルト・シュナイダーさんからの報告を受けました。シュナイダーさんは「皆さんとは初めて会った気がしない。11・1でお会いしたのでは?」とにこやかに語りかけ、広島に来る前に動労水戸を訪問して学んだこと、福島の郡山工場でのビラまきの体験などを報告。「みなさんの闘いの一つひとつが印象深い。大きい闘いも小さい闘いも決然としている」と述べました。クルトさんは、交流会で配布されたベルリン都市鉄道支部のストライキ闘争を報じた『前進』ブログのカラーコピーに感動し、「自分たちの闘いが、このように日本の労働者にも知られているということは、とてもうれしい。これをベルリンの仲間に見せたらものすごく喜ぶだろう」と述べました。まさに国際連帯は労働者階級の力を何倍にもすると実感。
 ドイツの体制内多数派組合から機関士労組へ移った仲間の話、青年労働者獲得の課題など、日本の動労総連合建設といくつも共通する闘いや課題が語られました。「大事なのはその人がどう考えているか、同じレベルで向き合うこと。その人がどう意識をつくっていくかを工夫する。心がけているのは丁寧に説得すること」という、宣伝・扇動の変革にかかわる提起にも学ばされました。
 動労西日本から、岡崎昭夫執行員、山田和広書記長が職場廃止・外注化阻止、非正規職撤廃の闘争報告を行いました。広大学生自治会の学生が「ストをやることで労働者が社会を動かす主人公であることが明らかになる。ストで資本・国家権力と闘う労働運動と連帯し、学生も闘う」と発言すると、クルトさんは「非常に新鮮に今の問題提起を受け止めた。われわれの敵は、日本でもドイツでも資本であり国家権力だ」と応えました。その後、飲食店での交流会も夜11時過ぎまで盛り上がりました。
 翌7日は、原爆資料館、平和公園や、戦時中多くの兵士・武器を港に輸送した旧国鉄・宇品線跡などを熱心に見て回り、労働運動における反戦反核の闘いの重要性を確認して広島を後にしました。
 11・1集会の国際連帯の感動に続く、今回のドイツ鉄道労働者との交流は、広島における動労西日本建設、拠点建設に向けてさらに大きな力を引き出すものとなりました。動労千葉国際連帯委員会のメンバーに感謝します。

今こそ星野文昭さんを取り戻そう
11・29全国集会
 11月29日(日)正午開場、午後1時開会
 星陵会館(東京都千代田区永田町2‐16‐2/電話03‐3581‐5650/地下鉄・永田町駅6番出口から3分、赤坂見附駅11番出口から7分)
 デモ 午後3時40分出発
 主催 星野さんをとり戻そう!全国再審連絡会議

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1860320/62712151

この記事へのトラックバック一覧です: なんか伊達娘っぽいのが今日も書いてきとるなあ。:

« Yahoo映画に、ガルパンのレビュー評価゛1゛で投稿したけど、私以外ほとんど゛5゛やなあ。 | トップページ | 昨年冬、雪の日の、東急の脱線事故の報告書読んだけど、めちゃくちゃウソくさいよなあ。 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

カテゴリー

最近のトラックバック