« 2015年12月15日 | トップページ | 2015年12月17日 »

2015年12月16日

2015年12月16日 (水)

『UBUGOE vol.8 年末SP!!』の感想をつらつらと。てかチュートリアルの年齢詐称は誰も気づいてないっぽいなあ。

生年月日もフツーに書いてある

--------
福田充徳
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A6%8F%E7%94%B0%E5%85%85%E5%BE%B3

福田 充徳(ふくだ みつのり、1975年8月11日 - )は、日本のお笑い芸人。お笑いコンビ・チュートリアルのツッコミを担当。相方は徳井義実。
--------

し、

”チュートリアル 年齢 詐称”で検索しても、ゼンゼンヒットせん。

以下のように、生年月日を正しいものとする報道があるだけや。

2013年06月09日20:47
チュートリアル福田充徳(37)、あやまんJAPANルーキタエ(28)とガチ交際。「可愛い組み合わせ」と話題に。からくりTVで
http://blog.livedoor.jp/ninji/archives/28161652.html

とすると、私はチュートリアルの年齢詐称を暴いてもたんかな?

まあべつにそんなんたいした問題ではないけど、私の判断力の鋭さについては注目に値するやろ。

Episode1 「運命(ディステニー)の人」

題名が、乙女的にいいので、可愛らしいのを期待した(ゆかるんと同じやな)けど、内容はめちゃくちゃで、大して面白いとは思わんかった。

その中でも、ゆかるんが初舞台で初々しい気はした。
しかしやっぱ、ゆかるんも自分が主演!というのを見せられんなあ、とは思った。

ゆかるんが初舞台で、いきなり結婚して子供がいるという設定になっとるのはちょっとフクザツやったけど。

もっと田野みたいに、オーラを発して欲しいねん。
それはぽんみゆにも伊達娘にも、誰にもいえることやけど。

豆知識やけど、羽田空港からヨーロッパに行く飛行機は飛んでも、アメリカに行く飛行機は飛ばん。
いや、若干はあるけど、ANAはホノルル線しか飛んでない。
アメリカが成田を軍事利用する思惑から、アメリカ路線は成田にしとると聞いた。
アメリカ以外は確かに半分以上羽田に行ったんちゃう?

Episode2 「大根」

コレも、内容はめちゃくちゃで、大して面白いとは思わんかった。
とはいえ、いきなり第一次世界大戦開戦時に、ドイツで恐慌が起こってミルクの値段が跳ね上がったとか、例を出して、日本の大根も値段が跳ね上がる操作を教団の者がするという、”第三次世界大戦”に向かいつつあることを暗示させるような内容で、奥があるっちゃあるんやけど。

・・・・・いや、よくよく考えると、ストーリーは繋がっており、その上でかなり風刺が入っとるか。
けど、現代の風刺にするならばもう少し何かが足りんかったか。

ところで、大根が品薄だから、大根の代わりにルバーブを使う、という発言があって、そもそもルバーブってなんやねん!というツッコミどころやったけど、ルバーブって、赤毛のアンの時代にあったか忘れたけど、プリンスエドワード島でもけっこう取れて、ルバーブのジャムを使うとか、本やテレビなどで見聞きした記憶がある。

それで、2008年11月1日に、赤毛のアンの出版100年記念で、ファンを集めてお茶会をしたときに、確か試しにルバーブのパイを頼んで焼いてもらって、食べたような記憶があったけど。

私ってけっこう、お笑いで誰も知らないと思って持ってきたネタで、ハナシを余計に広げてまうことがあるから、お笑い界も要注意なんちゃう?w

Episode3 「マイフレンド」

コレも、内容はめちゃくちゃで、大して面白いとは思わんかった。
尻からZARDの曲が流れる、って確かに笑いは取れるけど、だからといってそれがストーリーとして繋がって面白いかというとそうでもない。

Episode4 「Express」

コレ、最初から笑いを取りに行ってない。ガチ作品。

私も実は、「銀河鉄道999」のイメージが強くて、敢えて「銀河鉄道の夜」はさほど知らん(とはいえ原作とアニメを1回ずつ観たり読んだりしたハズ)ねんけど、どうも「銀河鉄道の夜」を解釈したハナシと思えた。

脚本/演出の吉田武寛さんは、してやったりなんやろけど、この演目の中では異色過ぎて違和感あった。

興行的には、ココではなくて別のところで、ちゃんと発表したほうが良かったんちゃうの?と思う。

というのも、あまりに説明が多すぎて、ストーリーに観客がついていけてないと感じた。
私も、「キャスケット帽」の少年が何を伝えたかったのか、イマイチワカランかったし。

それとアニメが安っぽい。
予算の関係で仕方ないとはいえ。

汽車の描き方なんかも安っぽい。
昔の汽車のガタゴト具合とか、どうしても表現できん。
小さい頃に福知山線の旧型客車に乗ったこととか、2005年年末にアフリカで、めっちゃ偶然SL列車に乗ったこととか思い出した。
あの列車に制作者陣を乗せてみたいと思った。

「Express」といわれてこの曲はなんか違うと思った。

「Express」というと、以前みゆみゆ(竹内美宥)が作曲家さんと演奏で対抗した曲、アレなんかが私のイメージでは「Express」にふさわしいと思うんやけど。

ぽんみゆとクリスはまずまずの演技やったけど、ぽんみゆはまだまだ読むのにたどたどしい感じで、クリスは逆にこなれすぎている気がした。

こなれてなくて、けれどもハッキリした意思を表現して欲しいと思った。

Episode5 「空に唄えば」

コレはストーリーもキャスト選びも演技も良かったと思う。

女の子が青春でバンドを組みたいと考える、とか、出だしはモロに”がんばっていきまっしょい”そのもので、まあアイドルならば当然知っているネタやろ。
そこからバンドをする困難を描いたところもいい。

”ゆか”が死んでまうのは個人的にはあんま好かんけど、20分ほどの短時間の寸劇に入れ込むには、そういう纏め方もアリやろと思いたい。

ぽんみゆもゆかるんも、コッチのほうが素の自分を出せる分、ナチュラルにできていた気がした。
けど、それでもまだまだ、女優としてのオーラはないぞ。

ただひとつ気になるのは、ぽんみゆの”みゆ”に加えて”ゆか”というキャラがいるにもかかわらず、ゆかるんは”ゆか”ではなかったこと。
やっぱ脚本段階では、”みゆ””ゆか”は両方とも本人にやらせるつもりやったんやろ。

最後に歌わせたいという制作者側の意図なんか、ゆかるんがあんま覚えてないと思うたのか、どっちなのかは気になる。

最初のほうの上手側のゆかるんと、最後の歌の下手側のぽんみゆとは目が合った。
下手側のぽんみゆは、本来私よりも下手側のヲタを見るはずのところ、センターにいる私のほうを見ていた。
歌のときは、コッチを見ているぽんみゆに向かって、歌うだけでなくてもっとカラダの振りを使って!と、表情とか手振りとか加えて頑張って説明したけど、さすがに通じんかったみたい。

歌の後に拍手したらな、と思って、私が先頭切って拍手したら、そこそこの人々が拍手してくれた。
演技で拍手が出たのってココくらいのはずで、私も盛り上げるためによくやったと思う。

Episode6 「Christmas over drive」

嘘ネタも加えて、チュートリアルの思い出話。

いやそれでも、チュートリアルの年齢詐称が判明したんやから、そこはもうちょっとキチンと整合性取って欲しかったなあ。

”常夏の神戸より”とか、「なんでやねん!」だったか、客席から思わず舞台に聞こえる声で、思い切りツッコミ入れてもた。

めっちゃ遅くなってもたんで、それでは。

鍵穴さあ、顔真っ赤にしたのではなくて、パソコンの不具合やねん。マジで。

chromeの動きがおかしくって、コピペが上手くいかんかった。

chrome消したら起動もせんようになった。


仕方ないからIE使うとる。

パソコン自体再起動したほうがええんかもやけど。


コンピュータって、たまにこういうトチ狂ったおかしな動きする。

だからこそ、極度にコンピュータに頼らん生活って必要やねん。

理論武装ってホンマにアホやなあ。アタマついとるかいっぺん鏡見て確認してみ?1975年7月生まれの場合、文字通り自分の指を折って数えたら1981年4月の段階でまだ5歳やから、小学校入学には早すぎるやろ。

私はこんな、自分で計算もできんお子ちゃまの相手しとるんやなあw

----------
http://onicchan.cocolog-nifty.com/blog/2015/12/post-2f63.html#comment-112298269
何を言い出すんですか?
1975年7月生まれであれば81年4月に小学校に
入学するのは当たり前ですよ。
計算してください。
投稿: 理論武装 | 2015年12月16日 (水) 21時59分
----------


ちゃんと文部科学省のページにも書いてある。
----------
 学校教育法では、第16条で「保護者は・・・子に9年の普通教育を受けさせる義務を負う。」とあり、次いで第17条第1項で「保護者は、子の満6歳に達した日の翌日以後における最初の学年の初めから、満12歳に達した日の属する学年の終わりまで、これを小学校又は特別支援学校の小学部に就学させる義務を負う。」とされ、同条第2項で「・・・子が小学校又は特別支援学校の小学部の課程を修了した日の翌日以後における最初の学年の初めから、満15歳に達した日の属する学年の終わりまで、これを中学校、中等教育学校の前期課程又は特別支援学校の中学部に就学させる義務を負う。」と規定されています。
----------
満6歳と書いてあるやろ。

だから、1975年7月生まれであれば、1982年4月に小学校に入学してなければ、計算が合わん。
そもそも、理論武装なり他のヤツらは、チュートリアルの言い分ではなくて、自分の年齢と比較して数えてみたら済むハナシや。
たとえばゆかるんと同じ、ちょうど20年後の1995年生まれの場合、2015年のいまちょうど二十歳で、大学にストレートに入ったら2年生のはずや。
その計算くらい自分でしろよ。
どこらへんが理論武装できとるのか説明してみろよ。
自分から見て正しいとヒトが言っていることを鵜呑みにして、左から右へと垂れ流しとるだけやろ?

てか一個ツッコミ入れとかなアカンけど、チュートリアル福田はなんか経歴詐称しとるなあ。

というのも、私は1975年7月25日生まれやから、福田と17日違うだけで、干支も星座も同じや。

なのに、なんで小学校入学が私より1年早い1981年やねん?
それ以降経歴が全部私よりも早い。

福田の証言を認めてしまっては、私は保育所か幼稚園で留年したことになってまう。

生年月日を1年ごまかしとるんちゃうか?

右2つ隣の女の子が、A3で何枚にも及ぶ、舞台での動き方みたいなんを見とる

横に4段にしてあって、図と説明文が書いてある。

なんとなく大雑把な絵コンテに見える。


と思ったら、左隣から通路まで、何人もぽんみゆヲタ。

この時点で、ぽんみゆも確実に私を認識すると思った。

実際、ゆかるんもぽんみゆも、私がわかったっぽかった。


私は私で、誰よりも笑い声大きかったり、歌の後で私が率先して拍手したらみんなつられて拍手したり、けっこう貢献したと思う。


まあゆかるんもぽんみゆもグサッと言うた通り、gdgdなとこも目立ったけど、催しとしてしずる館よりはスジがいい。


感想改めて書く。


まあ、ゆかるんもぽんみゆもまずまず良かったけど、AKBがぶっ潰れた後で芸能界でやってくには、まだまだ課題があると思った。

卒業生のクリスと比較したら、こなれ具合が段違いやもん。

ただ、クリスも、こなれ過ぎてて新鮮味がないと思うんやけど。


私中学時代に、セリフのやりとり全部覚えた。

出演者全員、あの程度の寸劇ならば、全部覚え込まな。


゛朗読劇゛が練習しなくていい言い訳になっていて、そこは違うと思う。

本来人間は、セリフを全部覚えられるにもかかわらず敢えて゛朗読劇゛というジャンルがあるって、どういう意味があるんかな?

そこにキチンと回答を見いだせな、次回も朗読劇にする意味はないと思う。

9列20番を確保したぞ

9列20番を確保したぞ
接続できんかったから、いまの投稿。

真ん中でできるだけ前を探したら、そこになった。

ゆかるんもぽんみゆも、私を認識できるとは思うけど。

夏のしずる館フェスティバルも、このあたりやった気がする。

私がAKSの判決文を上げてないとか、どこまでウソ書くねん?

私が上げた判決文の、都合いいところだけ上げて、さくらフィナンシャルニュースにも書かれたし、まとめブログにも載せられたぞ?


工作員はコメント欄にウソネタ仕込んで、私の読者を撹乱するしか、方法なくなったんか?

゛花文゛で花買ったとかで、クリスヲタ確定やなあ。

その後に、大家の生誕で15万になっただの、AKB劇場だの言うとるから、間違いない。

しかし私は全く知らんヤツらや。
私もまだまだ知られてないなあ。

AKBならばどのヲタからも認識されるくらいやないと、革命は難しいなあw

まあ、私がAKBを訴えた本人と言い出せば、わかるやろけど、誤った先入観ばっか持っとる可能性もあるしなあ。

しかし生誕花、しのたんがセコく、伊達娘の1回目のを3万くらいに抑え込もうとしとったぞ。

リリオホール到着。18時からで、とりあえず販売列におる

何人かのヲタ仲間の間に入ってもた。

なんか、アイドルへのおみやげみたいなのを持っとるなあ。
けど、AKBヲタではない感じがする。

中塚智実みたいなカード持っとるなあ。(ちゃうかも。ゆかるんとかぼんみゆではないのは確か)

中塚智実って最近誕生日やったっけ?
さすがに記憶にない。


゛でじ゛がアホな質問してきとるけど、日本政府は必ず潰す。

それが今年じゅうかは微妙やけど、第三次世界大戦に入りそうやし、遠くない将来なのには間違いない。

さっきのオッサンがデータを見る意味がない理由について

仮に常識を覆すデータを見つけても、それを上司にそのまま言えば、
「何かのミスだろう、いちいち報告するな」
と怒られてまう。

だからといって、このサラリーマンがめっちゃ考えて、常識を覆すデータが出るストーリーまで説明したら、
「お前にはそこまで考える権限はない」
と怒られてまう。

けっきょく、常識と異なるデータを見つけたところで、99%見過ごされてまう。

JR東日本で続出する事故のベースには、そんな問題がある。

AKBだって、サブライズがいつのまにかモー娘のデジャヴになってもとるのは、そんな理由による。


どうして人々は、真実がデータとなって現れることを理解してないねん?

大学の研究なんて、真実がデータとなって現れることを学んどるはずやのに、大学教授はいったいナニを教えとるねん?

亀有に向かう電車なう。隣のオッサンが商品の月の卸し数一覧みたいなんチェックしとる

そして、ウトウトしとる。

こんな一覧チェックしたところで、なんの意味があんねん?


もちろん意味はあるハズやけど、イチ担当がチェックしたところで、意味が見い出せるわけがない。

゛でじ゛はアホやなあ。アニメでしか描けんことをリアルでやっとる私ってすごいという見方できんの?

最近゛でじ゛というアホキャラが出てきたよなあ。

あんま返信する気は起きんけど、たまに返信するわ。

暗殺の危険があるからといっても、ルパンはクラリスを助けに、カリオストロの城に行ったやろ?

それが私が、AKBを観続ける理由。

AKBにはクラリスが大勢いる。

私は2012年初から、伊達娘をはじめとして、AKBメンバーをAKSから助け出すと言って活動してきた。

いまもその思いは変わらん。

世界の活動家達は、

゛虎穴に入らずんば虎子を得ず゛

ということわざをイマイチ理解してない。


ISとかのテロ活動も、世界からしたら、自分のフィールドでゲリラ戦を展開しているだけで、虎穴に入ったワケではないし。

カエサルは人生に勝ったのか?私は負けたと思う。

私だって、心配せんでも歴史に名が残るよ。

為政者が自分の地位を脅かさんと思った時点で、私の行動は公開されるやろし。

いやもう、反政府活動としてだいぶ知られてもいる。


カエサルがもし寿命を全うしたら、世界のあらゆるものごとが変わり、体系立てて考えられとったと思う。

その損失を考えた場合、やはり暗殺されたのは負けやろなあ。

だから私は暗殺されんように注意しとる。


しかし、人間が人生を勝ち負けで判断なんてできん。

私は、日立製作所の企業奴隷としてではなく(いくら月収やボーナスがあっても)、イチ個人として思ったことを発言して生きられていることは、ベターな人生を歩んでいるとは言える。

けど、ベストな人生とは、やっぱり寿命まで世界をよりよい方向へ変え続けられる人生ちゃうか?


どんな人間も守りに入ってまうらしいし。


私に、妻子ができたとしても、守りに入ることは許さん。

そう考えると、私は死ぬときは独身かも知れん。(クレオパトラとの間にカエサリオンをもうけたカエサルだって、独身で死んだ)


けど、世界をよりよい方向へ変え続けられたらそれでええやろ?

私の妻子にふさわしい人々を、AKBという場を借りて、育ててきたともいえるか。

変なコメント発見。成功している時に次に乗る船考えるだけではない

成功しているとき、いま乗っている船が内部から崩壊しかけていることを認識し、目一杯崩壊を食い止める策を考えるのも、優れたプロデューサーがやることやぞ。

カエサルも、ヨーロッパを平定しただけでなく、旧来のローマ内部でほころびが見えてないかをチェックしとったやろ?


私は、AKBを握手集団ではなく演劇集団に組み替えれば、世界共通で広まれるとずっと主張してきた。

なのに目先の利益にかまけてコレや。
今回ちゃっかり公演料金値上げ決定しとるし、劇場での独立採算を考えるようになったんやろ。
ならば最初から演劇集団にしろよなあ。

ただ、3,900円というビミョーな価格設定見たら、ホンマはもっと取りたいけど、4千円台にするとヲタ心理に影響するから100円引いたと想像する。

どうせ国鉄末期みたいにまた値上げするんやろ。

ちなみに国鉄の赤字だって、人件費よりも、新線作り過ぎたらしくて、赤字のほとんどは土建屋の儲けで、何割かは官僚のフトコロに入っとると私は推測する。

国鉄自体は、国道と同じで、国が責任持って運営せな、田舎がたちゆかん。

ドイツでど田舎にも鉄道があるのを見て実感した。


とにかく、AKBを演劇集団に組み替えたら、もっと違う展開があったはずや。

その上で、私がAKBを観はじめた2011年当時、1期生はゼッタイで、若い子も最初は元気やけど、だんだんなあなあになっていくのをまざまざと見た。

ヲタもほとんどパフォーマンスに興味なかったし。

私コレではダメと思って、本当にパフォーマンスをよくするために、日々ファンレターやGoogle+で、自分の感じたことを発信した。

だから人気絶頂でも、若手のパフォーマンスは落ちずに、むしろ上がった。

昨日の田野見とっても、どう見ても珠理奈よりも上やった。

私が田野をはじめて認識したときから、パフォーマンスで珠理奈よりも上とは思ったけど、認知度で天と地の差があり、ヲタは誰も、言い出すこと自体おこがましいと思ったやろ。

けどいまは、田野のほうが上と思うとるのが多いかもなあ。

田野のパフォーマンスはゆかるんより下、と書いたけど、田野ってやっぱ大舞台に立つ度胸あると思った。

それはゆかるんにも伊達娘にも、その他のメンバーにもまだない。

田野には、一歩後方やけど、自分がセンターという認識がめちゃくちゃあった。

映像になったら見返したらわかるけど、他のキャプテン副キャプテンの中で、カメラに映ることをいちばん意識し、その上でしっかりした発言やパフォーマンスができていた。

アレはやはり、ソロで仕切れるわ。


ところで、伊達娘は最近小説読んどるらしいけど、そこらへんの小説よりも、私が書いたファンレターとか、Google+、2ちゃん、ブログ等々に書いてきたことのほうが、ゼッタイオモロイと思うけどなあ。

伊達娘に向けて書いたことやから、すんなりアタマに入るやろ。
学問的に学んでなくてワカランものはあるやろけど、そういうのはナントナク読んで、イメージだけ持っていてもいいし。


とにかく、いろんなところで私の思った通りになってきた。


AKBのメンバーは、地道に、クサることなく、自分の思う表現を続けることやな。

私が世界に登場し、私が世界の仕組みを変えて、私が必ず助けるし。

« 2015年12月15日 | トップページ | 2015年12月17日 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック