« 2015年12月26日 | トップページ | 2015年12月28日 »

2015年12月27日

2015年12月27日 (日)

AKSが私のサイフをスッたとする端的な理由は、私がまだ警察に届けを出してないと断定した書き込みが何度もあったことや

スッたAKSだからこそ、私が紛失届を出したら必ずサイフにありつけると断定してきたともいえる。

どうせ拾得者は匿名になっとる。

実名だったら、そのときに対応を考えるけど、私は100%匿名と断言できる。

明日の大楽毛・・・、もとい、オタノシミやなあ。

※ 釧路のあたりに、大楽毛(おたのしけ)という駅がある。

てかAKSは私を信用毀損で訴えるか?w

私に対して、出入禁止と言った手前、もうAKSとなにも契約発生せんし、私はAKSについて自由に思うことを書いたらええ。

AKSは精神になんら異常がない私のことを、精神疾患と断定してきたんやからなあ。

それと比較して、私がAKSがスッたと主張するのはなんらおかしくない。

私に対して厳重警備し、ツケてきとったのも事実やし。

理論武装はアホすぎる。スラれる前、仙台のネットカフェから投稿は当然しとるし、スラれた後はPHSから投稿しとる。

理論武装は、私がPHSから投稿していることさえも理解してないんやな?

なんでこんな恥ずかしい間違いをしてさえも、ゴメンのひとことすら言えんかなあ?

警察から拾得通知があったぞ

やっぱそうきやがったか。

AKSらは、私のカネよりも、交遊関係を知りたいはずだし、私がサイフをすられたとウソ情報を流している、我々は被害者だ、と言えばいいので、私の情報を抜き取った後で、警察に拾得したと主張する可能性もあると思っていたら・・・


私も想定を全部ブログに書く時間やヒマがあるワケちゃうから。


とにかく、あれだけ周りに神経を集中した状態では、モノを落とせばすぐ気づくため、落とすわけがなく、私は間違いなくスラれたと主張する。


しかし、いずれにせよ、私の現住所ならびに昼間いる場所は非公然なので、今後もボンドなどの被害が出るはずはない。

東京からのアクセスが少ない件について

別に東京からアクセスが少ないワケではない。

あくまで、東京都からのアクセスの比率が低いだけで、たとえば日立製作所とかオリンパスからはコンスタントにアクセスがある。


むしろ、コピーサイトを使用して、わざとアクセス数を減らしているフシさえ感じている。


とにかく、アクセスが少ないと主張するヤツが出てきたというのは、むしろアクセスを減らせずに困っていて、少なく見せようとしとると私は認識するなあ。


心理戦で私に勝とうなんて1万年早い。

それと、サイフはスラれたけど、預金はある。

サイフはスラれて全財産なくすほどリスク集中させてない。

AKBのなり得た姿について

演劇は年10演目せなと言うとるヤツがおるけど、まずAKBは知名度があるから(それもアキブータンが作り出したもんやけど)、年4演目でいい。

それで、3ヶ月の間に仕上げていく。

メンバー見とったら、公演しながら次公演の準備とか並行してできるやろ。
研究生なんていっぱい公演覚えとるの見てきたし。

メンバーは初日からカンペキなパフォーマンスで出てきたつもりなんやけど、成長の途中でもあるし、ホンマのミュージカル女優と比較したらモノ足りんところとか出てくる。

それを、観客は、応援しながらも、
「こうしたほうがもっといいんじゃないか?」
と、次々提案していって、メンバー自身もチームで討論し合って、チームとして個人として、良いものに改良していく。

この作業を繰り返し繰り返しやってったら、公演だけで成り立つわなあ。

もちろん、直接お話したりアドバイスする機会として、握手会なんかあってもええけど、それは基本的に交流会であって、出すカネはせいぜい一人1万円が上限とかや。


公演内容は、20分のミュージカル調の短編x4と、自己紹介MC、最後のMC、アンコールで全体曲2、くらいでええやん。

公演内容はメンバーに作らせてもいいし、そうでなくても、これから名を上げたい脚本家、作詞・作曲家、振り付け師、衣装製作とかわんさかおるんやから、彼らを上手に使うたらええ。


そういや、いまのAKBは"公演"といいながら、公演プログラムを冊子にして売ったりもしてないよなあ。

そのあたりも、AKBの"公演"は、公演であって公演でないねん。


そんなカンジにすれば、アキブータンがカネの匂いを感じなくなってAKBを手放しても、むしろAKBメンバーにとっては、(アキブータンが用意した派手なものではなく)いろんな地道な経験ができてええんちゃう?

いまのモー娘。は、落ちぶれたとはいわれているけれども、メンバーから見たらむしろ七転八倒の日々のほうが、実は"産みの苦しみ"そのもので、いい経験やろ。

いまそうとは思えんかっても、さらに10年経って振り返ったら、そっちのほうがゼッタイにいい。


ヒトから与えられたチャンスでいくら最前に立てても、本当の自分という実感はあんまないよなあ。

"アイスの実"でいきなり超選抜の中でセンターに立ったゆかるんはもちろんのこと、ゆきりんポジとかともちんポジで常にセンターやった伊達娘もわかるやろ。

田野だって、本当にセンターに立てたと思えたのは、WIZやろ。
まああれもまだ、アキブータンのお膳立てあってこそやけど。


とにかく、公演中心にする方法なんていくらでも思いつくし、そのほうがメンバーもファンも楽しいはずやねん。

ツマランのはアキブータンをはじめとして、握手会で暴利を貪ってきたヤツらだけや。

« 2015年12月26日 | トップページ | 2015年12月28日 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリー

最近のトラックバック