« 2015年12月30日 | トップページ | 2016年1月1日 »

2015年12月31日

2015年12月31日 (木)

杉原千畝みたいなヒトもおったんやなあ

なんで杉原千畝は政治活動をせんかったんかなあ?

モスクワに行こうが行くまいが、スターリン主義の過ちはわかったと思うねん。


マルクス主義は、私はいまは概ね正しいと思うと同時に、しかし人々の意見を集約するのって難しくて、スターリン主義に陥る危険性を孕んでいるといえる。


しかし、そもそもスターリン主義と資本主義の違いがワカラン。

資本主義にはカネという論理があって、カネを動かす権限のある者に対して絶対服従せざるを得ず、それはスターリン主義となんらカワランように思えるけどなあ。

千畝の後世にもっと描くべきことがあるはず - ”杉原千畝 スギハラチウネ”を観ていろいろ思ったこと。

私はけっこう、戦争を扱う映画については辛口で評価する。
というのも、どうも人間は、事実を知ったらそれで満足してしまう傾向があり、事実をどういまの自分に活かすかを考えないからである。
杉原千畝の、1940年という、もう75年前に行ったできごとを賛美することで、
「いくらすごいことでも、75年前のことで、いまは関係ない」
と人々に思わせてしまう効果がある。
事実、杉原千畝の功績が日本国外務省から評価されたのは2000年、千畝のビザ発行からなんと60年も経ってからなのである。
河野洋平が言ったのも、その根底に「いくらすごいことでも、60年前のことで、いまは関係ない」という慢心があったものと、私は考える。
だから、映画のデキとしては5点中4点くらいなのであるが、戦争を過去のものにしたい為政者側の意図を私は感じ取って、3点とする。
杉原千畝という人については、興味が出てWikipediaで調べた。
が、映画にある通り、1940年のビザ発行が単発で、その後の人生はさほど世界に影響を与えていないように感じる。
1940年のビザ発行、その後の外務省からの圧力、などを超えて、さらにその上を行く強烈な手を次々に加えられていれば、千畝も真に世界を変えられたのではと思ってしまう。
千畝は有能なスパイとして描かれているけれども、千畝の動きは私から見たら想定の範囲内で、物足りない。
Wikipediaから引用すると
”外務省退官からしばらくは、三男を白血病で失い、義理の妹・菊池節子(ロシア文学者・小沼文彦の夫人)も亡くなるなど家族の不幸に見舞われる。その後は連合国軍の東京PXの日本総支配人、米国貿易商会、三輝貿易、ニコライ学院教授、科学技術庁、NHK国際局などの職を転々とする。1960年(昭和35年)に川上貿易のモスクワ事務所長、1964年(昭和39年)に蝶理へ勤務、1965年(昭和40年)からは国際交易モスクワ支店代表など再び海外生活を送った。”
とあり、長年の夢であったモスクワに在住する道を選んだことが理解できるけれども、千畝がモスクワに在住することはあくまで手段であって、世界を変えることが真の目的だったはずだ。
そうすると、貿易に専念するよりも、自分の人生経験や考えを基にして世界に発信する方法はなかったのか?
そう考えると、ニコライ学院教授、科学技術庁、NHK国際局と、人に対して発信できる職について発信し続けてきたとはいえる。
ならば、どうして千畝は人に対して発信することを諦めてしまったのか?
人類を信用することを諦めてしまったのか?
1940年の事実だけでなく、日本政府に背く決意をした千畝がどうしてこのような変遷を辿るに至ったかに迫るほうが、映画として説得力があったのではと、私は考える。
千畝は真実を後世に残したいと考えていたはずで、少なくとも、千畝は日々世界について考えることを文章にしたため、遺しているはずである。
それはいまの日本政府にとってあまりにも過激であるという理由で、まだ日の目を見ていないのではないだろうか。
ちなみに、リトアニアから去るSLのシーンで、小さなSLが出ていたが、私の記憶では、ドイツのブロッケン山のSLのように見えてしまった。
検索して見たら違うかなあ・・・いや、そこまで記憶に整合性がないけれども。

アタリマエのハナシやけど、1劇場やったら3公演が限度と思う。

1週間で2公演ないと、観る楽しさがないやん。
そういう意味では、全盛期にチームAKBの3チーム体制やったのは、あながち間違いでもないやろなあ。

ミュージカルだって、1週間で2公演は少な過ぎる。
できればもっとたくさん公演して、ライブの楽しさを伝えられるようにしたらええのに。

1週間で2公演として、3,900円といわず5,000円にしても、むしろ公演の楽しさが分かったヲタで満員になるんちゃう?

公演レベルなど勘案したら、5,000円で独立採算も可能と思うけど。

今年も最後やけどめっちゃ眠い

だからいまはとりたてて書くことがない。
夜になったら改めて書くか。

今日はシブく杉浦千畝でも観に行って、明日は大公開されとるスターウォーズでも観に行くかなあ。

AKB劇場は、私が最近政治活動を始めているので、週1はどうしても抜けるのと、1月はなぁなや田野の舞台があるのでそれも抜ける。

どの公演も1回づつくらいは観たいけど、抜ける公演も出てくるかも。

AKSに勘づかれんように、どの日に行くかはナイショ。

チケットは記名して購入するから、名前割れとるかもとも思うけど。

« 2015年12月30日 | トップページ | 2016年1月1日 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近の記事

カテゴリー

最近のトラックバック