« 2016年1月4日 | トップページ | 2016年1月6日 »

2016年1月5日

2016年1月 5日 (火)

シロブタチビヤクザは山下やったか。

山下なあ。

アイツは、hiroの見立てとは違って、ガチのヤクザと私は見る。

彼と面と向き合って負けん自信はあるけど、大勢で私を洗脳する動画を上げられたらなあ・・・

まあアレも、山下がおかしいと言うてくれるヒトがおって助かった

さて、伊達娘はこれからどうしてくるかなあ?

2ちゃんに玉音放送からの書き込み(私は伊達娘によるものと思っている)がなくなったのも、気にしとった。


私ならばアレコレ教えたるけど、きっとAKSは伊達娘に、私と接触せんように言うて、証文にハンコつかせたりするんやろなあ。

けどそれで、伊達娘が私と接触して、それをAKSが問題視して伊達娘側にいろいろ要求してきたら、それを盾に伊達娘がAKSを訴えたらええだけやわなあ。

いくらマスコミが隠蔽しようが、伊達娘本人からの証言ならば、ヲタも食いつくやろ。

元AKBメンバーが実名で、AKBの裏側暴露なんてなかったから、すごい規模で拡散する。


その場合、一旦は芸能界から干されるけど、悪のAKSをぶっ潰すために行動に出たとなれば、一躍21世紀のジャンヌ・ダルクになれる。

そもそもAKBの握手は、一般人からは奴隷労働と思われとるんやから、必ず賛同者現れる。

それでこそ、新たな東日本大震災やフクイチ事故を未然に防げるんやから。


私は、あと一歩の、伊達娘の勇気ある行動を期待しとるぞ。

できなくても仕方ないとも思うけど。

そういえば今日劇場で、帰り際、゛ナミヘイ゛を名乗るヤツから話したいと申し出を受けたぞ

゛ナミヘイ゛は私と話す際にめっちゃドモっとった。

なんか、ブログはウォッチしとるらしくて、それでなんか言いたいらしかったけど、私も伊達娘卒業に関して、先ほどまで2ちゃんに書き込んでいた通り、いろいろ書きたかったから、断った。

ナミヘイさあ、このブログ読んどるならば、奇襲ではなく、いついつどこで会うか決めてから会おう。

それも、前にシロブタチビヤクザからされた、カラオケ屋とかなしな。


あれはさすがに不公平過ぎる。
やり方が脅迫・恐喝そのものや。

2016/1/5 AKB48 「イヴはアダムの肋骨」公演 しーちゃん生誕 感想。しーちゃんは老害や。

総括

しーちゃんが、自分の将来をなんも考えてない、老害なのはよくわかった。

前年と同じでよいだとか、泣いた上で「AKBは辞めません!」とか、後輩が見てどう思うか全く考えてない。


そもそも論として、後輩に見せるべきは、卒業して真っ当な生活を送ることやねん。

私がいちばんよく実践している。


真っ当な生活とは、べつに、生活保護を受けるかどうかとかいう小さなことではなくて、杉原千畝のように、本当に人々を助けられる知識を得ている状況で、人々を助けようとするかどうかやねん。

そこで、真っ当な行動をして、政府や為政者から不当な扱いを受けるのはままあることや。
杉原千畝だってオスカー・シンドラーだって、功績をすぐ評価されたワケではない。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%89%E5%8E%9F%E5%8D%83%E7%95%9D

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%82%B9%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%82%B7%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%A9%E3%83%BC


コレを読めば、本当に人道的な活動をした人間こそ、時の政権から目をつけられて不遇をかこつことってままあることがわかるやろ。

しーちゃんはいわば、杉原千畝やオスカー・シンドラーの立場にいながら、
「家庭があるから」
とかなんとか言ってなんもできん、そのへんの凡役人と同レベルかそれ以下にしか過ぎん。


生誕とはいえ私は厳しいぞ。

人間の人生ってそれだけ大事やし、AKBはメンバーやヲタ、何千いや何万のヒトの人生を変える存在と思うとるから。



しーちゃん生誕

手紙、"しづかへ"って、お母さんなんかなあ?
と思ったら、お母さんの泣きじゃくったカオ、とか言うとるから、お父さんからやなあ。
と思うたらやっぱり。

23歳の目標は現状維持やった、とか言うとる。
身の丈に合ったとか、もうめちゃくちゃやなあ。
なんか後ろ向き過ぎるねん。

で、AKBは辞めないとか、もうどんだけぬるま湯に甘えとるねん。
しーちゃんは明らかに害悪やなあ。
ブスみなと同じく。

なにやってるかわからないヒトからヲタ卒されると悲しい、とか言うとるけど、私なんてなにやっとるかめっちゃ公然やんなあ。

しかししーちゃんは感覚が昔のAKBのイメージのまんまやなあ。
ホンマに老害やなあ。

EN4 唇にBe my baby

茂木、ひらりーとの2人パートでも、低いぞ。

・・・・この曲のどこにたかみな色があるんやろなあ?

EN3 君のことが好きだから (14th c/w)

まなみ、ココは踊れとると思ってちゃんとチェックしたら、けっこう適当に踊っとるなあ。
公演を通して、どうも15期がイマイチ踊れてないよなあ。

EN2 盗まれた唇 (16th c/w) 

しーちゃんまずまず踊れとる。
けど、今日頑張っとると褒めるのではなくて、踊れてアタリマエのものを、毎回踊れてないことのほうを問題にせなアカン。

しーちゃんのアタマの中には、まだまだ隆盛時のAKBがあるんやろなあ・・・。

EN1 大声ダイヤモンド (10th) ゆいり、ぽんみゆ、なぁちゃん、しーちゃん、さっきー、もえきゅん、こじまこ、茂木、伊達娘

ゆいりがええ声しとる。
ぽんみゆは音程直らんなあ。
コレで正しい音程と思うてもろたらアカンねんけど。

アンコール しーちゃんコール

M15 転がる石になれ (K2nd)

まきちゃん腰が高いぞ。
なんかみんなタイミング揃ってないなあ。

茂木、なんかあんまヤル気ないなあ。
いつもこんな感じやったかなあ?

まきちゃんが惰性でダンスしとる。
コレはまずい。

M14 シャムネコ (K4th) 

まなみ、なんかタイミング遅いなあ。

後半MC まきちゃん、まーちゅん、さっきー、しーちゃん、茂木、まなみ、ゆいり、もえきゅん
お題:しーちゃんについて

しーちゃんがダイエットして11キロ痩せたとか言うとる。
それで、ダイエット企画で水着グラビア撮ったとか。

しーちゃんが気になる後半は?
と聞かれて、まきちゃんではないと断言しとる。
しーちゃんと茂木って距離あるんやって。

前半MC こじまこ、ぽんみゆ、伊達娘、あべま、ひらりー、なぁちゃん、かよよん
お題:

ひらりーが"お雑煮"を知らんとw

M13 君だけにChu! Chu! Chu! (33rd) こじまこ、ぽんみゆ、伊達娘、あべま、ひらりー、なぁちゃん、かよよん

生歌混ざっとるのか、変な高さの声が混ざっとる。
かよよんのパートかな。
いや、こじまこっぽいなあ。

M12 ハロウィン・ナイト (41st) 

そういや、ぽんみゆとさややは表情が似とるなあ。
両方とももっとバリエーション出たらええんやけど。

かよよんはよく動けとるんやけど、どうしてもなんかゴツくなってまうからなあ。
コレばかりはスタイルをよくする努力もしてもらわなアカンのかなあ?

M11 ヘビーローテーション (17th) 

ひらりーとなぁちゃんよく目立っとるなあ。

ひらりーが腕の上で手をチョコチョコ動かす動かし方がオモロイ。
腰の高いダンスが直ったらもっとええんやけどなあ。

M10 「南京玉簾」 まーちゅん、もえきゅん、+あゆちゃん、ゆいたん、なおちゃん

まーちゅんがおったらまーちゅんの独演MCがあるよなあ。
いやもえきゅんとのかけあいか。

てか著名人公演ってたいして話題にもなってないし、面白くもなかったんちゃう?

五光を全部足して"梅の花"とか。
こういう違いを見せたらと、私最初から言うとったよなあ。

"打ち上げ花火"を繋げてハートマークとか。

いつもと違うところで、ロビーのみんなも拍手しとる。

M09 黒い天使 (A5th) ゆいり、あべま、まなみ

ゆいりって歌もダンスもできるし、子役からしとったし、舞台とか呼ばれんのかなあ?
もうちょっと元気良さが欲しいとこでもあるけど。

あべまは腰が高い。

まなみは動きの範囲はええんやけどなあ。
タイミングをもっと正確にできたらココロに響いてくるんやろけど。

M08 てもでもの涙 (B3rd) なぁちゃん、こじまこ

こじまこがチャンスを逃したと、たかみなの発言で言われとって、アホのたかみなが言うたとは私は思わんけど、チャンスを逃したのは事実やろなあ。

こじまこの人気でなぁちゃんのスキルまで高められたら、もっと上に上がれたやろ。
こじまこは、自分がどう表現できとるかをもっと考えな。

M07 それでも好きだよ (指原ソロ1st) まきちゃん

同じソロ曲でも、ハタチ過ぎたメンバーが歌って若手のチャンスを奪うのと、中学生の若手が可愛らしく歌うのではゼンゼン違う。

ゆりあは責められんとも思うけど、事実そうなっとることも認識してもらわな。

M06 禁じられた2人 (K2nd) 茂木、さっきー

茂木まだ低いなあ。
さっきーはなんでそこでフシがつくんかなあ?

さっきーも意外とセリフ下手くそやなあ。
全体的にセリフのテンションが高いから、セリフっぽくない。
もっとテンション下げて地の声出せば、その差分で「他の人ではダメなんです!」が引き立つのになあ。

茂木は歌声は低いけど、セリフはまずまずいい。
さすが茂木宮。

M05 ハート型ウイルス (A5th) まきちゃん、かよよん、伊達娘

かよよんも元気はええけど、なんかイメージちゃうなあ。
まきちゃんは脚がゼンゼン動いてない。

かよよんは頑張りはあるけど、曲に合わせた可愛らしさまでには行けてない。

伊達娘は表現として中途半端なままで卒業してまうなあ。

M04 雨のピアニスト (S2nd) まなみ、ぽんみゆ、ひらりー

まなみ、相変わらず違うなあ。
曲のタイミングに乗ってない。

ひらりーはタイミングはええけど強引やなあ。

じゃあぽんみゆがいいかというと、なんか小さく纏まってもとるねん。

ひらりーとぽんみゆは前回と印象ちゃうなあ。

それにしてもまなみのあのクセのあるダンスは直したいなあ。

ぽんみゆ/かよよん/ゆいり/こじまこ/ひらりー/まなみ
さっきー/まきちゃん/茂木/なぁちゃん/伊達娘
あべま/もえきゅん/しーちゃん/まーちゅん

お題:自分の初夢

ひらりーが、赤とか青とか黒とかでウィンウィンウィンとか言うとるけど、スターウォーズなんかなあ?
私そういう映画観んからなあ。

まなみは、二度寝して忘れたとか言うとる。
そういや私は初夢なんやったかなあ・・・

ゆりあっぽいと思うたけどおらんかった。
誰やろ?

茂木がメンバーにスパゲティを投げつけて辞めるとか言うとる。

伊達娘は、鷹にさらわれて高いところに連れてかれる夢を見たと。
"一鷹二ヘビ三なすび"って、なんかだいぶ違うなあ。

もえきゅんがキャッチフレーズ言うたけど、聞いてなかったぞ。

M03 ボーイフレンドの作り方 (K4th)

さっきーは歌の妙なフシがちょっとなあ・・・・

やっぱあの小さいのはなぁちゃんっぽいなあ。
なぁちゃん別に太ってはなかったけど、痩せたかもなあ。

なぁちゃんは動きがフレッシュになったなあ。
カタにハマらん動きになったかも。

読み返したら、私前回もなぁちゃんのパフォーマンスを褒めとる。

M02 スカート、ひらり (A1st)

ゆりあっぽいのおるなあ。

なぁちゃん・・・にしては小さいか。アレは誰やろ。

ひらりーみつけた。

しーちゃん全然みつからんけど、髪型とか雰囲気とか変えとるんやろなあ。
と、思ったら、最後にフツーに見つけた。
単に横のほうにおったっぽい。

M01 初日 (B3rd)

かよよん、あべま、もえきゅん、まきちゃんっぽいのもおあるなあ。

伊達娘、ゆいり、あんま動けてないのはまなみかなあ。

まーちゅんもおるなあ。

こじまこもおる。

元気よく見えるのはゆいりとかよよんくらい。

伊達娘卒業ってマジか?

AKBにこのままおっても、私と会える可能性がなくなったし、そんな気もした。


だから久々に2公演行こうかとも思うたんやけど、私は私で他にもやることあるし、あんま小朝公演気が乗らんからやめた。

伊達娘は今後どうするか?

反政府活動家の私がついとるから、いまのままでは芸能界では残れん。


早く政府転覆したらななあ。

おもろいけど、広告と理解するまで時間がかかった

おもろいけど、広告と理解するまで時間がかかった
コレな。

そういえばこれまでも何回も見とったけど、理解した。

広告と理解してもらうための工夫も必要やろなあ。

マスコミの垂れ流し画像を、冷静に取れる人間がいることは喜ばしい。どこかで必ず人間本来の"思いやり"に触れる。

こんな記事が出とるのはありがたい。

意識朦朧の選手を大写しにする箱根駅伝に「お茶の間残酷ショー」との批判 「日本に過労死が多い理由が分かる」という声も 2016.1.4 キャリコネ編集部
https://news.careerconnection.jp/?p=19744


私の日立製作所から違法に懲戒解雇させられた話題ではなく、もっとソフトな話題なんやけど、こういうソフトな話題から、"なにかおかしい"という思いを広げられたらと思う。

この記事に関連して、こんなのも見つけた。


東大教授「古代ローマの奴隷は今でいうサラリーマン」にネット衝撃 「社畜は過労死するから奴隷以下」の声も 2015.10.14 キャリコネ編集部
https://news.careerconnection.jp/?p=17264


現代人は過去よりも豊かになったとついつい思うとるけど、実は古代ローマの奴隷以下の生き方を強要させられている。

自由主義、資本主義で、(続)

« 2016年1月4日 | トップページ | 2016年1月6日 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック