« 2016年2月5日 | トップページ | 2016年2月7日 »

2016年2月6日

2016年2月 6日 (土)

HKTの映画のほうがだいぶましや。さしこがどこまで関わったのかワカランけど、さしこにはプロデュースや監督のチカラがあるのは間違いない。

さしこはドキュメンタリー映画撮ったことがない、なんて言うとったけど、それなりにドキュメンタリーになっとる。

さしこ以外がドキュメンタリーを作りたい意図で撮影していて、その上にさしこが乗っかったというのはあると思うけど。

それにしても、さしこが
1.一緒にメシ食ってるメンバー(さくら、あーにゃなど)
2.対面で飲み物を交えて話しているメンバー(はるっぴなど)
3.対面で飲み物もなしに話しているメンバー
4.大勢で円になってしか話すことがないメンバー
5.大勢で机の向こう側でしか話すことがないメンバー(研究生)

と、さしことの距離感が気になったなあ。


あとアキブータンがみっともない格好で会議に出とった。
もっとガチで話さんかい。
このグループをどうする、というのをアキブータン自身が持ってないことこそが、HKTなどの各々が、アキブータンが作り出したバージョンの一部に過ぎんところでもがき苦しみ、いま全体として落ちようとしとるんやからさあ。

さしこはそこを映し出したつもりはないとは思うけど、私は改めて受け取った。

たださしこも、HKTのAKBグループの中での地位向上とか、HKTの中で誰が選抜に選ばれるかなどに関心があるみたいで、ヲタ以外の人々に対してどう自分らは売っていけばいいか、という観点はないみたい。

それがこの映画の限界でもある。


さしこ自身が1位を取ったからかもやけど、総選挙はサラッと流したのは良かった。
まあ、あとで感想整理するけど、5点満点で3点くらいのデキかなあ。

但し全部の映画と並べてのものやから、さしこの才能は多いに買う。

さしこが監督という、HKTのドキュメンタリーを観にきたぞ

あんま期待してはないけど、さしこが監督ということで、NMBの映画をボコボコに書いたついでに、勝手に"それ未満なんだろう"と思うてまうのも、さしこに対して悪いと思うから。

別にそんなに高いデキは期待してないし、さしこに握手を否定しろとまでは言わん。
支配人として、メンバーのどういうところを観て欲しいかを持って撮っているかがひとつの鍵と思う。

おはよう。めっちゃ眠いので午後

改めて書きます。

« 2016年2月5日 | トップページ | 2016年2月7日 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック