« 2016年3月5日 | トップページ | 2016年3月7日 »

2016年3月6日

2016年3月 6日 (日)

2016/3/6 AKB48 田原総一朗 「ド~なる?ド~する?AKB48」 公演 かよよん生誕感想

総括
さややがまた一段と良くなったとは思うけれども、そのウラには、なぁなとかゆいりとか、もっと期待できるはずのメンバーが、思ったほどには目立ってないとも思った。

今日何度も書くけど、フィギュアスケートでは"技術力"だけではなくて"表現力"についても得点がある。

"技術力"がなくても"表現力"は出せるし、むしろ、"表現力"を追い求めたら自然と技術なんてついてくると思う。
私なんてその最たる例やろ。

表現したいことをなんとしても認めようとせん工作員にぶち当たって、新たな表現を試みる。
その繰り返しで技術を得てきた。

そんな子が増えればと期待する。


かよよん生誕

みやびが手紙読んどるけど、みやびちゃうんか?
15期で昇格遅かったし。
"ぽよよん"とか言われても私はさすがに追えてないw

やっぱり。


かよよんとしては、きっとあんま納得してない1年ちゃうかなあ。

と思うたら、そう言うとる。

内面を伸ばせたと言うとるけど、伸ばせてもなあ・・・

キャプテンとか副キャプテンに、って言うとるけど、そんな状況ちゃうって。
まあこの場でリアルな、AKBが潰れそうなことは言えんやろなあ。


EN3 Pioneer

さややを見たら、もうちょっと前の田野こんなカンジやったなあと思う。
いやいまもそうかもやけど、田野を劇場で観る機会あんまないしなあ。

さややがダンス公演に選ばれんかったのはおかしいよなあ。
ゆかるんもやけど。


EN2 桜の花びらたち

細かく動くしぐさ、さやや、まりやんぬに加えて、ノザもやっとるなあ。

さやや前より足踏み激しくなったんちゃう?

みやび、動き小さいぞ。

さややはできとるんやけど、もっとみんな、花びらがどうやって舞うかを考えたら、どういう手の動かし方とかカラダの動かし方とかしたらええのか?くらいわかるやろ。
わからん?

EN1 目撃者

最初にズッとマイク持って歌うとる感じに見せとったのはちぃちゃんか。

アンコール あやなんコール

遠くで聞いたら"さやや"と聞こえてまうんやけど。


M14 僕たちは戦わない

さややがいちばんいいのはいいんやけど、"表現力"という意味ではもっと深められると思うなあ。

私もちゃんと観たわけちゃうけど、フィギュアスケートで"表現力"をどうやって出しとるか、なんかの方法論も、きっと参考になると思う。

てかAKSにもっとチカラがあれば、フィギュアスケートのコーチにハナシ聞いたりするんやろけど。

若い女の子に対して、ダンスの"表現力"を教えるヒトって意外とおらんのちゃう?と思う。
どうしてもテクニックになってまうから。

テクニックでない、ココロの底から出てくる"表現力"ってあるはずと思う。


MC3 後半 ひらりー、なぁな、ゆいり、はるきゃん、みゃお
お題:フリートーク

ひらりー、昨年赤点5つやったけど今年は3つって。

みゃお、ハロウィン・ナイトで、ひらりーはこなれた感出し過ぎと。

はるきゃんとちぃちゃんって、2人で話したことないね!って公演で昨日言って、そのまま食事に行ったって。

ひらりーが、チームA公演の初日に名前がなかったと言って、みんなシーンとして、気まずくなってもた。


MC3  前半 みやび、さやや、ノザ、かよよん、みゃお、はまちゃん、あやか、めぐ、たなみん、ちぃちゃん、まりやんぬ
お題:かよよんについて

てかはまちゃんのスカートがパーン!って飛んだって。

M13 ハロウィン・ナイト

めぐ、なんか動きが小さくなった。
もう疲れたか?

ノザ、上半身が動いてない。

めぐやっぱ別人みたいに動けてない。
リズムもだんだんおかしくなっとる。
体調不良ちゃうか?

かよよんはめちゃくちゃな動きしとるなあw

さややは綺麗な動きしとるから、ターンでスカートの下がふわっと舞い上がった。

綺麗に回転したら、スカートが空気巻き込んでまうよなあ。


M12 軽蔑していた愛情

さややはボイトレでもしとるのかなあ?
前から音程良かったけど、前よりも声がよく通っとる気がする。

はまちゃんガニ股になっとる。

あやかは前も書いたけど、イマイチパッとしてない。
目立ちたいと思わな。

さややあんな髪を振り乱してなかったよなあ。
田野が使うとった手やけど、目立ちやすい手やと思う。


M11 ファースト・ラビット

さややがダントツで踊れとる。

あやなんはゼンゼン踊れてない。

ゆいりはちょいタイミングが遅れとるぶん目立ってない気がする。

さっきーとか、もっと踊れたイメージあるけどなあ。


MC2次の曲まで生テレビ、司会:たな原総一朗 パネラー:あやなん、みやび、ひらりー、ゆいり、はまちゃん、めぐ)

お題:突然の休暇で、A.2週間で国内一周旅行か、B.どこか1国に1週間旅行か

あやなん以外は海外。

上手の3人は黒髪で、下手の3人は茶髪。

みやびが、日本と海外では空が違うとか言うとる。

南半球行ったら南十字星が見えるぞ。

ちなみに、イースター島1週間旅行はかなり辛いぞw

なんかいつもたいして喋らんあやなんが、国内がいい!ってめっちゃ言うとる。

みやび、あえりと韓国に行く約束したとか。
ひらりーは優花と行く!とか言うとるけど、田野は一人旅派な気がするなあ。
てかひらりー連れて旅しても、旅にならん気がするなあw


M10 思い出のほとんど さやや、めぐ

さややとめぐの大きな違いは、さややはガチでなり切っとるねん。
めぐは「言われたからこう動きました」感がある。

たとえば"歩き出すのがとても不安"というのを、めぐはイメージしたことがあるか?

想像したらもっと動きに自然さが出てくると思うんやけどなあ。

M09 1994年の雷鳴 かよよん、はまちゃん、あやか、ちぃちゃん、たなみん

てかたなみんって滋賀県やん。
全く関西弁出んなあ。

あやかってあんな身長あったっけ?伸びたんちゃう?
まだ17歳やもんなあ。

かよよん、ソロパートになるとイマイチやなあ。
音程合うとる。たぶん声量が足らんねやろ。

はまちゃんが脚でタイミング取っとるの、カッコ良くていいぞ。


M08 Bye Bye Bye まりやんぬ、はるきゃん、ノザ

私が慣れたんか、メンバーが頑張ったんか、なんか慣れた。

あーみんが歌うトコを、ノザが高い声でだいぶ持ち上げてくれとる。
あーみんもこれくらい出たらなあ。

てかパフォーマンス的にはあーみんもノザもたいしてカワランなあw

音程が高いほうに突き抜けとる3人。
基本的に聴きやすい。

さっきー、フシつけて変なカタにはめるのではなく、もっと舞台女優みたいに素直な発声して欲しいなあ。

ノザ、前も書いたけど、身長高いぶん大きい範囲を動かな、ダンスが窮屈に見えてまうぞ。


M07 純愛のクレッシェンド あやなん、みゃお、みやび

あやなん、音程ようなったんちゃう?
怪しいカンジがだいぶ取れた。
いやでもまだ低いか。
あやなんももっと"前に出たい"というのが出てきて欲しいんやけど。

みゃおが演技っぽい目線の動きとかしとる気がする。


M06 Bird ひらりー、なぁな、ゆいり

なぁちゃんの歌の方がなんか透き通っとったなあ。
ひらりーの音程は合うとるんやけど、なぁちゃんのほうが印象に残っとる。

ひらりーのダンス、なぁちゃんよりはチカラ抜けとる。
そこは3人だいぶ軽く見えた。

 M05 愛しさのアクセル めぐ

めぐ、ココの歌い方とか音程とか変わらんなあ。
前回までと同じ感想。

なんかイマイチ感情がこもってないカンジ。
そういや、昼間にたまたまテレビで、フィギュアスケートの女の子を密着した番組で、技術点以外に"表現力"というのがある、っていうのを観て納得した。

私が言うとることそのまんまやん、と思うた。
ダンスだって、技術と、技術とは別にウチから湧き出る"表現力"ってあるはずやねん。

私が技術も表現力もないとコテンパンに書くたかみながその番組出とって、もっともらしいカオしとって、オマエ理解してないやろ!と思うたけど。

あやなん/ゆいり/めぐ/ひらりー/なぁな
ちぃちゃん/みやび/はるきゃん/ノザ/まりやんぬ/みゃお
はまちゃん/あやか/さやや/なっきー/たなみん
お題:新年度に始めたいこと

あやなんが、資格が欲しいとか言うとるけど、資格なんてあんま必要ない。
まあでもクルマの免許くらい頑張って勉強してもええかもやけど。
個人的にはあんま難しいとは思わんかったし。

めぐはボイトレするとか言うとる。
アタリマエなんやけどメンバーなかなかやってないよなあ。

ひらりーは自分は大学無理とか言うとるけど、英語だけで受かれる大学いっぱいあるやろ。

なぁな、おったのに気づかんかった。

はるきゃんは、活発に外に出ると言うとるけど、別に誰でもできるやん。

ノザは、パフォーマンスで肩から上が動いてない、とお母さんから言われた、とか言うとるけど、パフォーマンスはもっと細かくチェックせな、上達せんぞ。

田野と同じ髪型はまりやんぬやった。

はまちゃんがガチガチの関西弁やけど、そう言うたら関西出身者みんなあんま関西弁ちゃうかったよなあ。
由依は関西弁ちゃうしなあ。

かよよんは貯金とか言うとるけど、いまマイナス金利で、貯金しても貯まらんしなあ。
貯金するカネがあったら、なにかを覚える、くらいのほうが、将来に必ず繋がると私は考えるなあ。


M04 フライングゲット

あやなんようやく見つけた。

ちっちゃい子いい動きしとるやん。
あ、山田じゃなくてはまちゃんか。思い出した。

今日はかよよんいつもよりも動きええなあ。

ゴメン茂木と空目したのもめぐやなあ。

M03 制服が邪魔をする

なんかお団子とか、上で髪を纏めとるメンバー多いなあ。
一人茂木のように思う。
みやび見つけた。
かよよんも見つけた。

ひらりー、動きにキレあり過ぎてロボットみたいやぞ。
目立つ動きなのはいいけど、ロボットでないトコまで頑張って練習してみな。

あのちっちゃいの、滋賀県の山田なんとかちゃんちゃうか?名前ど忘れ。


M02 風は吹いている

田野と同じヘアスタイルなのおる。
けど田野ではないなあ。

何人も判別できてない。

とはいえ2日前のチームB公演よりは全体的にデキがいい。


M01 希望的リフレイン

さやや、めぐ、ひらりーおるなあ。
みゃお、あえり、ちぃちゃん。
いやあえりではなくノザか。
お団子ヘアはゆいりか。

下手側のちっちゃいのなんて子かなあ。

田原総一朗VTR は観てない

E353系に問題ありとする主張を読んで、空気圧に頼る車体傾斜システムを、振り子列車に投入するって、根本的に間違っているのでは?と思うに至った件。

もともとは、E235系に関するtweetを読んでいて、この記事に当たったのが発端
---------------
 
みどりの駅員 ‏@staff_green
E235→新機構のINTEROSがアホすぎて使い物にならない
E353→新機構の車体傾斜が全然ダメ&速度が出なすぎでE351のスジに乗れない
運輸車両部は大金かけてなにを作ってんだ?
---------------
で、ウラを取ろうとして、ソースを調べたけど、ソースがない。
けれども、だからといってこの人の主張が誤っていると考えるのは早計だし、そもそも空気圧に頼る車体傾斜システムがちゃんと運用されているのか?について調べてみた。
そうすると、新幹線N700系やE5系,E6系,などで実用化され時間短縮に貢献しているけれども、在来線で時間短縮に貢献したのはJR四国8600系の事例しかない。
コレを読むと、8600系も2両で空車79.9tと書いてあるから、重い。
どれくらい重いかというと、気動車である2000系と同じくらい重い。
個人のサイトやけどここに一覧がある。
2両で79.9tとすると2000系よりさらに重いといえるなあ。
それで、車体最大傾斜角は5°の2000系に比較して最大で2°しか車体傾斜してなく、同じ速度で曲線を通過するならば、そのぶん軌道に横圧などの負荷をかけとることになる。
E353系が失敗というのを読んで再考したところ、実は8600系自体が失敗な可能性あるなあ。
だって、JR北海道だって振り子でガンガン飛ばして、軌道がガタガタになって、その後に速度落としたから、JR四国だって同じ道を歩む可能性ある。
てかJR四国はJR北海道が事故続発で音を上げる以前に音を上げた
---------------
「高速千円」もう限界 JR四国車掌、初の契約社員に
 JR四国は25日、一部の特急や快速列車の車掌に3月13日のダイヤ改定から契約社員をあてる、と発表した。同社によると、契約社員が車掌業務を本格的に担うのはJR各社で初めてという。
---------------
んやから、実はJR北海道よりも劣悪な環境な可能性が高い。
けど、事故が起こってないから、「ウチの会社はここまで問題」なんて言えんのかも知れん。
四国島内やと優良企業と思われとるやろし、体裁もあるやろ。
技術的な論議に戻って。
空気による具体的な車体傾斜制御方式について、インターネット上に載ってないから、やむなく私の勝手な想像やけど、車体最大傾斜角2°(E353系では1.5°)を実現する手段って、曲線手前で片方の空気圧を抜くくらいしかないんちゃう?
”アクティブサスペンション”なんて言葉から想像される、空気圧を急激に入れる仕様なんて、コンプレッサーが動く音を聞いとったら、現実的には難しいと思うわなあ。
そんだけ強力なコンプレッサーを積む必要が出てくるし。
そうすると、空気による具体的な車体傾斜制御方式を実現する方法としては、1回曲線に入って、曲線を抜けた後でもう片方の空気圧を抜いて、直線上で徐々に入れてくのと違うかなあ?
そう考えると、S字カーブなんて設計上まずない新幹線に、空気圧の車体傾斜装置が導入されたことは納得がいく。
・・・・いや、もちろん、在来線はもっと大層な装置が入っていて、そのおかげで重量が重いのかもワカラン。
けどもしそうなら、振り出しに戻ってコロ式(ベアリングガイド式)のほうが、機器費用とかメンテナンス費用安くなるやろ。
なんたって基本的に自然に傾くんやから。
いや、ベアリングガイド式だって、制御しとるやろ!って、技術者は反論してくるかもや。
けれどもベアリングでぷよぷよな状態で、さらに自分で曲がろうとしとるから、そこをちょこっと押したら曲がる。
---------------
曲線区間への進入・脱出時にアクチュエーターによって半ば強制的に車体の傾きが制御されるが、補助的な傾斜制御であるため、万が一、この制御装置が正しく作動しない場合でも本来の超過遠心力によって車体は傾き安全性が確保される[10]。
---------------
コレはもう、よく人間が言われる通り”背中を押す”というようなイメージの制御や。
強い力で強制的に傾かせるのと全く違う。
そういえば、台湾では、もともと振り子式車両が導入され、途中から空気圧の車体傾斜装置になったんやけど、上手くいってないみたいで、10年くらいの間をおいて振り子式が増備されとる。
台湾鉄路管理局TEMU1000形電車 太魯閣号
台湾鉄路管理局TEMU2000形電車 普悠瑪号
コレを見てもやはり、空気圧に頼る車体傾斜システムを、振り子列車に投入するって、無理筋なんちゃう?
私は明日、雨降りそうやし、E235系が壮大にオーバーランすると思うとるけど、それとは別に、E353系という、日本の鉄道技術が破綻しとる問題を新たに手に入れたように思う。
うっしっし。
そういやAKBの公演感想アップしてから寝ななあ。
うっしっしと書いたらさややの顔が浮かんだから。

アクティブサスペンション=アクチュエータってうさんくさい、って書いたら、こんなのが2ちゃんに載っとったw

【ゆかるん】東工大に「ハピネス共創研究推進機構」爆誕!!【洗脳】©2ch.net
http://mastiff.2ch.net/test/read.cgi/akb/1457246065/l50

1 :47の素敵な(中部地方)@転載は禁止 ©2ch.net (ワッチョイW cfdc-fAwi):2016/03/06(日) 15:34:25.56 ID:0/2ViXX00
日本をハピネス化する計画が進行している…? 

http://www.coi.titech.ac.jp/ 

目指すべき将来の姿 
ハピネス共創社会 
= 皆が多様な絆で結ばれ、共感の輪が広がる社会 
http://www.coi.titech.ac.jp/future.html 

参考:阪大「脳マネジメントで一人一人が最高に輝くハピネス社会」 
http://www.coistream.osaka-u.ac.jp/about/img/aboutpp00_1.jpg 


7 :47の素敵な(中部地方)@転載は禁止 (ワッチョイW cfdc-fAwi):2016/03/06(日) 16:19:23.45 ID:0/2ViXX00
ゼロパワーハピネスセンサ・アクチュエータ 
http://www.coi.titech.ac.jp/img/pict_03-2.jpg 

ハピネスセンサで個人の生体・行動の情報を取得し、空気(環境、アンハッピー)を読む 
経験データベースを用いたAI分析で、感覚や記憶・認知機能の不足(対話相手の名前、過去の交遊録、趣味、嗜好など)を自動的に分析することで行間を読み、単なる情報だけでなく、感情・志向も伝わる円滑なコミュニケーションを実現 
http://www.coi.titech.ac.jp/kaihatsu_theme.html 

ーーーーーー

こんなん工学で研究すべきことちゃうやろ。

目の前のヒトを幸せにしたい、というのは、ココロの持ちようだけや。

(だから、ゆかるんが「ハピネス」と言うことに関しては何もおかしなことはない)


こんなコトが研究されなアカンということは、日本人はめちゃくちゃ不幸を感じとることの裏返しやわなあ。

"アベノミクス"の"トリクルダウン"で、日本国民を幸せにするハズ()やったんやけどなあ。w

E235系INTEROSについて、ちょこっとカンチガイ書き込みしとったかも。ただ私の主張の大勢には影響ない。

1両ごとに制御機器があるし、制御機器とモータの結線はさすがにINTEROSは介してないやろ。
そう読み取れる書き込みしてもて、そこは間違い。

けれども、雨の日などに、制御機器が自分の機器で持てるブレーキ力などを誤ってINTEROSに向けて送信して、INTEROS側が誤った配分で制御して、のスパイラルに陥る可能性はあるわなあ。

だいたい私は、2年前の東急東横線の元住吉駅事故も、編成一括制御の論理不良と思うとるから、INTEROSでもっと激しいオーバーランをしてもおかしくない。


東急東横線の元住吉駅事故が、仮に、運輸安全委員会が言うことを正として、制輪子に付着した油によってブレーキ力が低下していたとしよう。

けれども、制輪子に油が付着するとしても、先頭の車軸とその他の車軸、T車の車軸とM車の車軸では付着の具合が変わってくるはずや。
(他の列車では発生してないことからも、編成による違いも当然のようにあるやろな。)

そうすると、仮にいくつかの制輪子でブレーキの効きが悪くなっとっても、残りのブレーキは正常に効き、残りのブレーキ力を強めることによって、衝突は防げたはずや。

なのに、事故は発生した。

なぜか?

"編成一括制御"をやっとるから、いくら強力にブレーキ制御をしても、システム側が勝手に計算してもて、少ないブレーキ力を出した。

それが答えと思わん?


私は、E235系INTEROSにおいて、この手の問題が頻発すると見る。


ついでに。

今日、あずさ用新型車輌E353系が、必要な傾斜性能を得られんから、パンタグラフを取っ替えたとかいう、恥ずかしいニュースも飛び込んできた。

やっぱ私、車輌のサスペンションって怪しいと思うとるねん。
技術的に一回ちゃんと検討せなアカンなあ。

振動防止だろうが車体傾斜だろうが、事前に予測して強いチカラを車体に加え、振動防止や車体傾斜を実現しとることになっとる。

けど、振動をなるたけ防止するためにバネをつけ、そのバネを液体にして、バネの効きを変えるようなコトならば可能ちゃうかと思うけど、"事前に予測して強いチカラを車体に加え"るって非常に難しいと思う。

そんな瞬発力のあるモータなどの動力機構を、どないして付けるのかヨウワカラン。
軍事目的ならばともかく。(いやだからこそ軍事費は、無駄ガネを湯水に使う、人類にとって不要なモノと思うとるぞ)

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/アクティブサスペンション

のぞみ用N700系とか、はやぶさ用E5系とかで実用化されとることになっとるけど、なんか釈然とせんなあ。

たとえば、制御誤作動したら、水平なところで突然車輌が2度傾斜するとかいう不具合があって然るべきやけど、そんな不具合聞いたことないやろ。

アクティブといいつつパッシブな要素が入っとるねん。

たとえば新幹線で、台車左右の圧力をじゅうぶんに高めた上で、カーブにさしかかったとき、片方の圧力を抜くことにより、傾いたように見せるのは可能やろ。

左カーブの次に右カーブ、みたいな路線では使いづらい手ではあるけど。

てかガチでそれくらいしかできんのとちゃうの?


私が知らんだけで、そんなんできるわ!って例があるならば、教えてくれたら、私はまたひとつ勉強できることになる。

E235系INTEROSについて、工作員達は昨日は私を引っ掛けたなあ。けど、E235系INTEROSが全くおかしい設計しとるのは事実やぞ。

もう、いっぱいツッコミどころがあり過ぎる。

JR東日本の公式発表資料でも、INTEROSはTIMSに比べて通信速度10倍書いとるやろ。
けど、IP通信になんかしたら、送信元と宛先のIPアドレスをヘッダに書かなアカンし、もうそれだけで、これまでの通信を単純に置き換えただけでも、データ量10倍くらいに平気でなるやろ。

私は、リアルタイム制御のIP通信化はそもそも誤りと思うとるけど、それを経営判断で実用化したいならば、まずはこのレベルで実用化してみるべきやったと思う。

実験で新しいことはひとつに絞るべきやねん。そうでないとナニが問題かワカランようになるから。


けどな、E235系INTEROSは、重大なミスを犯した。
通信速度あるからといって、制御論理すべてをセンターサーバに持ってきてん。

COMTRACだってATOSだって、制御情報のリアルタイム性を確保するために工夫しとるやん。

ATOSの"自律分散"だって、私の認識では、制御情報のリアルタイム性を確保するために、上位サーバ間では事前のダイヤ情報の送受信にして、リアルタイム制御は、各駅のATOS駅端末に置いた。

ATOSの下位の電子連動装置なんて、制御を誤ったら衝突事故に繋がるから、三重系や。

COMTRACだって、計画の変更はEDP装置といって制御ではなくダイヤだけを持つサーバやったはず。


とにかく、制御ってリアルタイムやから、データをめっちゃシンプルにして、機器の近くで確実に伝送せなアカン。

TIMSはその思想を守った新規技術やった。
INTEROSはその根幹を崩しとる。


それで上手く行くとは到底思えん。

そしてさらに突っ込むと、E235系、明日営業再開するとしても、9日間休んどったことになる。
そして、明日運転して、定期検査に2日かかるって?

私には、INTEROSに制御させるのは無理筋というのをもうJR東日本は理解しとるから、1日運用してデータを取り、それを制御の事前予測論理を作るのに費やす時間と思えるなあ。

それで、何度も日中運転して、"制御の事前予測論理"の精度を上げてく魂胆と想像する。
それが事実ならば、運転士は、ブレーキどころか加速さえも、全くさせてもらえんやろ。

けどな、いくら"制御の事前予測論理"の精度を上げたとしても、ヒトが乗る、荷重や、それに応じた粘着力のパターンなんて無数にある。

いくら精度を上げても、たぶん確率的に100回に2,3回とかいうレベルで、必ず失敗が起こる。

まあ見てみな。

« 2016年3月5日 | トップページ | 2016年3月7日 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック