« 2016年4月18日 | トップページ | 2016年4月20日 »

2016年4月19日

2016年4月19日 (火)

コレは伊達娘100点満点で50点くらいやなあ。

この投稿。なんかまだまだやなあ。
-----------
岩田華怜 ‏@karen0513_  5時間5時間前
久しぶりに顔の筋肉が疲れるくらい笑った。楽しかったなあ。でも悔しかったなあ。自分がすごく悔しかった。この感覚も久しぶりだなあ。
まだ『悔しい』って思えたのか。良かった良かった。岩田華怜、まだまだこれからじゃないか。
また告知出来るようになったらお知らせします。
-----------
伊達娘はなんか妙に発言がおばちゃん臭い。
私なんか
”自分がすごく悔しかった。この感覚も久しぶりだなあ。まだ『悔しい』って思えたのか。良かった良かった。”
なんてゼッタイに書かん。
というのも、日々時々刻々と悔しい感覚ばっかや。
悔しい感覚は毎日のように覚えるようでなければ、成長はない。
一般の労働者として生きる生き方ならばあるし、それを私は一般人に強要するつもりはないけれども、やはりヒトよりも上のものを目指そうと思えば、そのぶん悔しい思いをし、成長してかなアカン。

E235系代々木で再びの停止位置修正、都合5回目

E235系、オサルの電車状態やぞw

E235系駒込でもアンダーラン!

1周で4駅とは!

しかしこれでどうも、データ設定を変更したらしいことがわかるなあ。

なんで人力で運転させてもらえんねん?

その先に自動運転があることは間違いないよなあ。

E235系期待通り日暮里でアンダーランなう

運転士が違っても、ちゃんと日暮里でアンダーランできるってw

人間が運転しとる必要ないなあw

E235系田町でアンダーランなう

大崎から、運転士に係員がついとるのも同じやし、数日来変なデータを入れて余計に停止位置を誤るようになったんかなあ?

原宿駅のホームドア横(柵部分)の広告

原宿駅のホームドア横(柵部分)の広告
こんなスペースも広告収入源となる!

E235系代々木でアンダーランなう

新宿から捕まえたけど、今日もまたアンダーラン。

問題の本質ではないとはいえ、JR東日本は、データ調整してごまかすことさえできんのか!

いやもっと根本には、INTEROSについて説明せなアカンねんけど。

安倍晋三はオフレコ破りされたそうやなあ。資本主義自体おかしいとはいえ、日本のムラ社会は世界から見てもおかしい好例や。

私は共産主義者ではあるけれども、資本主義者の論法を理解する必要がある。

お金持ちの論法からは学ぶべきところがたくさんある。
あらゆるものごとがカネに変えられる仕組みだからこそ、カネが集まってくるものごとには、なんらかの真理があるのである。

資本主義がおかしいからこそ、資本主義者が言っていることのすべてが間違っているわけではない。
資本主義者が言っていることは、100個あるうち99個は正しい。

むしろ、原発のように、事故が起こらねば一見ちゃんと動いているようなものであり、事故が起こらねば、その理屈はある面では正しいとさえ言える。

その1個の違いが、大きな結末の違いに至るのである。

クルーグマン教授のオフレコ破りから考えるお金持ちになるための交渉術  2016/04/19
http://kanemochi.kyokasho.biz/archives/6194

"交渉という作業は、まず相手が何を求めているのか理解するところから始まる。"

とあるのが象徴的やけど、半分正しくて半分違っている。

では、半分違っていると、私がいうのはどういうことか?

実は、交渉に限らず、

"作業は、まず相手が何を求めているのか理解するところから始まる。"

が正しい。

そして、たとえば大西弘子のように、コイツは自我だけを主張する人間だと思えば、交渉などせずに、大西弘子のおかしなところを世間に向かって叫べばいい。

私が大西弘子について叫んでいるように。


そして、クルーグマン教授から見れば、「日本政府、コイツは自我だけを主張する組織だ」と思ったからこそ、日本政府のおかしなところを世間に向かって叫んでいるのである。

さて、私も日本ムラによる『交渉』の顛末を、じっくり読んでみようか。

ポール・クルーグマン『私が東京で言ったこと』
http://ch.nicovideo.jp/niconicoffee/blomaga/ar997582

昨日2016/4/18、E235系で内回りを2周し、計6回停止位置修正(上野、日暮里x2、駒込、代々木、田町、で、すべてアンダーラン)したことのまとめ

問題なので、改めてブログ上に整理し、記載しておく。

計6回停止位置修正(上野、日暮里x2、駒込、代々木、田町、で、すべてアンダーラン)した。

ほんのわずか小雨が降っていて、ブレーキが難しかったのかも知れないが、それは理由にはならない。

小雨だったから追突した、なんて理論がまかり通っては、世界中で鉄道事故が絶えないことになってしまうから。

しかも、駒込で、停止位置修正したにもかかわらず、1度で修正できずに(私もリアルタイムでインターネットに報告しようと、iPad画面を見ていたため伝聞だが、乗客は、動くべき方向と逆に動いたと言っていた)、2度目の修正でようやくドアが開いた。

昨日は久々に、運転士の横に上職と思われる係員が立っていることが多かったので、もしかしたら調整したプログラムなりデータを反映して、その試験を兼ねていたのかも知れないと考える。

とにかく、JR東日本は、INTEROSが如何にも問題ないように見せるために、試行錯誤・・・の段階は既に超えて、四苦八苦しているのは間違いない。

とにかく、昨日私が見たことは、INTEROSが全く使い物になっていない大きな証拠だ。

小手先の調整では運用に耐えるシロモノではないのだ。

こんなものを信用していては、過去に列車が幾度も追突事故を起こしてきた歴史をなぞり、いつかまた列車は追突事故を起こす。


さて、そのE235系に、東京駅から、JR東日本の社員7人と、カジュアルな服を着た白人1人が乗ってきた。

そのうち、白人を含む6人は運転室に入って、JR東日本の社員が白人に対して、いろいろと説明をしているようだった。

運転室に入れなかったJR東日本の社員2人は、ベルギーからの人がどうのと言っていたので、JR東日本はベルギーともなにかをしようとしていることが想像される。

JR東日本自体が海外に売れるものはコンサルティングなので、ベルギーのコンサルティング会社の者なのだろうか?

とにかく、そのような動きを目撃した。


INTEROSによるは、自動車のリアルタイム制御技術が確立するのを待ち、それまではTIMSベースでいいではないか、と私などは思ってしまうが、パリの地下鉄1号線(注:ゴムタイヤ式)で自動運転が実施されている事実から、JR東日本には、それに遅れず、世界の鉄道の主導権を握りたい意図があるように思えてしまう。


資本主義、共産主義に限らず、人間の本性ってどうしても、1番を目指してしまうと思う。

いや、大多数の一般人は思っていないかも知れないが、トップに立つ者ほど、よりトップを目指す。

カネモチほど、カネに貪欲になるのと同じ論理かもしれない。


"トップに立つ者ほど、よりトップを目指す"行為こそが、革命家が天下を取った途端に極右になってしまう本質なのかなあ・・・・


革命家が天下を取ってさえも革命家であるためには、革命家は単なる政治家であってはダメで、誰かの下で働かねばならない労働者であってもダメで、現状を正確に分析して、官僚機構を粉砕し、さらにはあるべき世界を次々と作り上げる、発明家でなければならないのかも知れない。

« 2016年4月18日 | トップページ | 2016年4月20日 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近の記事

カテゴリー

最近のトラックバック