« 2016年4月24日 | トップページ | 2016年4月26日 »

2016年4月25日

2016年4月25日 (月)

E235系乗車中。運転士がおかしい!→その後新宿で離脱

池袋で交代した運転士が、なんか、途中でカクッと来て、コイツ寝とる?まさか?
と思うたら、運転中もブツブツ言っていておかしい。

クチをクチャクチャして、ガム噛みながら運転しとるのは間違いない。

秋葉原のあたりで、運転席から、ブリブリ、ブリブリ、と聞こえてきて、どう考えても大きな屁をかましとる。

そしてその後に、そのへんキョロキョロして、そのへんの鉄道ヲタがまんま運転士になったカンジで、コイツやっぱヤバいなあ・・・

と思うとったら、浜松町~田町で、デジタルATCをかなり上回る速度を出して知らんぷり・・・いやコイツ寝とるやん!

ほかにも、フツー運転士が使わん、7段だか8段の、他のブレーキとは色が違うところまでブレーキ引いとるのもおかしい。

私動画撮れるスマホ持っとったら、動画撮って炎上させたるんやけどなあ・・・。
こんな状態で運転してさえも、あたかもフツーかのように見せかけられるシステム自体、ありかたがおかしい。

いや、たとえば運転士に障害らしきものがあるとしても、なんらかの活躍の場は見出す必要はあるんやけど、大勢の人命を預かる鉄道には、ちょっと無理なんちゃう?

その後も、フツーの運転士は、運転中は力行や回生が為されとるかわかる画面を見とるんやけど、この運転士は違う画面にしとる。

田舎にいるときに221系の前面展望から始まって、30年近く運転を見てきたけど、こんな運転士初めて見た。


新宿で降りた。

私は古代ギリシャの哲学者のように、そのへんで見つけた論客もどきに対してかたっぱしから議論をふっかける。メイドトレイン考案者澤田敬光に関して。

こんなスレ見つけた。

メイドトレインについて語るスレ★11 [無断転載禁止]©2ch.net
http://echo.2ch.net/test/read.cgi/train/1459254746/l50

で、澤田敬光に関するモノで、私澤田にはちょっと恨みがあったから、けっこうガチで突いたったら、速攻でFacebookの友達外してきやがった。

自分がどんな批判されるか、怖くて仕方ないんやろなあ。


たとえば、ココで「ディザー広告」について主張しとる。

https://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=1614164878905976&id=100009374379955&pnref=story

確かにコレは正しいけれども、じゃあなにも見えないモノに対して、どうやって興味を引きつけるのか?その広告・宣伝が難しいんやないか。

そしてその解決法が、何年経っても、自ら考え出し実際行動に移した実績がある"メイドトレイン"しかないというのが、弱すぎる。


とにかく、自分が成功したモノを全部捨て去って、イチから考え直すほうがいいと思う。

澤田は、都市から乗りに来てもらうことばかりを主張しとるけど、地元でどう鉄道に乗ってもらえるか?
これまで考えられてなかった名案があるのではないか?
私は思うなあ。

鍛冶屋線廃線のときに考えたけど、ベルディホールなんてハコモノ作るならば、ウチは文化事業は全部列車の中でします!参加費は運賃です!ってな方法もあったんちゃう?

まあ、動いとったら聞きづらいから、停車した車内で、せいぜい聴けるのは40人、とかあるかもやけど、なんかそんな案はなかったかなあ?

町議会さえも、会議場ではなく列車の中で公開でするとか・・・
まあ古いエキナカとかでもええかもやけど。


議会制民主主義は、けっきょく非公開に等しいからアカンのであって、もっとオープンにせなアカン。

町役場でさえ機能の一部を列車の中に持って来て、動く行政サービスにしたら、目を引けるし機動的なんちゃう?

なんかそういうアイデアないかなあ?

ほかにも書きたいことあったけど、時間や。では。

赤毛のアンの作者、L.M.モンゴメリについて、いまさら改めて考える

新月ちゃんっぽいのが、いまさらながら私の個スレといっていいところに書いてきた。
どうせ、伊達娘に会いに行った最初の5人で、伊達娘からありがたがられた
のを自慢したいんやで。
けどな、人間、本当の感謝って文章には表せんもんや。
だいたい芸能人の恋愛なんて、どっかにスクープされるまで大っぴらにはされんやろ?
隠されるやろ?

大っぴらに出せるのなんてその程度。
-----------------
E235どないや?©2ch.net
785 : 名無し野電車区2016/04/24(日) 14:02:15.24 ID:r3bYRoPb
なぜ新月さんは華怜や他メンバーから慕われて感謝の言葉をもらったのか。
逆に己は迷惑、死んで欲しいと思われる原因は何なのか。
そういったことが理解できないから、ここまで落ちぶれるんだろう。
786 : 名無し野電車区2016/04/24(日) 14:04:13.09 ID:r3bYRoPb
新月さんのように仕事ができ妻子を持ち、防犯カメラ付きの立派な新築で
暮らせるようになって、はじめて人生のスタートラインだろ?
今の自分と照らしあわせてみろよ。何やってんだ?
そのうち前科もつくだろうし、田舎にも帰ることになる。
787 : 名無し野電車区2016/04/24(日) 14:06:34.75 ID:r3bYRoPb
最後に一つ、お前の大好きな赤毛のアンの作者だけど、
裁判で苦しんでうつ病になり、自殺してるんだよな。
なるほどなと思ったよ。
P.S E235という名称よりもE345の方が可愛らしくていいよな(^_^)
-----------------
まあ、前フリはこのくらいにして。
新月もなんか、赤毛のアンの作者のL.M.モンゴメリ(たとえばアニメでは、ルーシー・モード・モンゴメリと書いてあったけど、その後に読んだ著述で、本人が”L.M.モンゴメリ”と書かれるのを好んだという逸話をどっかで読んだので、私はこの記載にする)の行く末を知ったっぽいけど。
てか新月がそれを検索するのは難しいから、あらかた公恵あたりから聞いたんちゃうか?
いやしかしこの786とか、この新月が妄想する理想を読んでも、バカらしいよなあ。
そもそも幸せに関する考え方が根本的に違う。
まあ、これだけ書いたら、「自分のことをこれだけ取り上げてくれた!」って有頂天になるやろから、このへんで。
新月って本名丸山大介で、1976年生まれで、少なくとも素人童貞で、親と埼玉県で自宅警備員として住んどるのが実態らしきことは、念のために書いとこう。
そもそも、家とか妻子とかを自慢のタネにすること自体、思考回路が大西弘子やねん。
なにもなくても、言論だけは通す、そういうのこそがホンマにカッコエエねん。
それでな、L.M.モンゴメリは、「赤毛のアン」を書き上げて、それを出版社に持ち込んで蹴られて、それでそのままにしとったんやけど、数年後に改めて読んで、いやこれはいい!と思って改めて別の出版社に持ち込んだら、500ドルだかで権利が売れて、それが世界に広まったらしい。
ココにも概略書いてある。
けどな、L.M.モンゴメリは、廉価で売れてしまった「赤毛のアン」の続編を期待する、世界の女性の声に応えて、出版社から催促されて、何冊もアンシリーズを書いた。
然るに、私がそれらの作品を読むと、思想の自由奔放を肯定する「赤毛のアン」とは全くベツモノで、思想をどう世間と折り合いをつけていくか、さらには読者の想定する恋愛をどう成就するか、でせめぎ合うアンについて読んで、いたたまれないと思うた。
L.M.モンゴメリが「赤毛のアン」で表現したかったことは、もっと子供をはじめとした、人間の思うがままの発想の自己解放で、”どう世間と折り合いをつけていくか”なんてのは主張の逆やってん。
けれども、モンゴメリは、”どう世間と折り合いをつけていくか”を描いてもた。
世間の要求のために。
だからモンゴメリは精神を病んで、最後は自殺に至ったと考える。
それをちゃんと記した文献は、私の知る限り以下しかない。
『赤毛のアン』を書きたくなかったモンゴメリ 単行本 – 2000/4 梶原 由佳  (著)
というのも、大多数の女性は、アンの恋愛を楽しみたいから、続編のほうにむしろ興味を奪われとったりする。
私は、モンゴメリ研究家として本当に信頼を置けるのは、梶原由佳さんしかいないと思っている。
確か2008年だか翌年だかに、私が2,3回目のプリンスエドワード島旅行をするとき、トロント在住の梶原さんと連絡を取って、トロントの空港で落ち合う約束までしとった。
けれども、梶原さんのほうに不都合があって、けっきょく会えんかった。
そのとき、トロント・ピアソン空港では雷が鳴っとったのを、いまでも覚えとる。
天真爛漫で世の中に送り出したはずの『赤毛のアン』が、モンゴメリ自身書きたくない方向に進み、そのほうが女性のウケが良くなり、モンゴメリは書きたくないものに病み、自殺してしまった。
誰もが正しいとする、”資本主義”の”自由競争”が、能力のある人々を死に追いやるシステムであることは、主張しておく必要がある。

« 2016年4月24日 | トップページ | 2016年4月26日 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリー

最近のトラックバック