« 2016年5月17日 | トップページ | 2016年5月19日 »

2016年5月18日

2016年5月18日 (水)

高橋みなみが音痴の次に熱愛発覚。アキブータンとかAKSのチカラが明らかに弱まっとる証拠やなあ。てかいろんな観点から考えても、アキブータン重病・死亡説は正しいよなあ。

だってそもそも、AKBが強いときは、AKBの人気に陰りが出たとする報道さえもされんかった。

メンバーの熱愛報道が出たこともあるけど、運営からするとある意味メンバーを切り捨てるいい口実や。

だから、アキブータンはさしこなんかでも、切ってもてもええと内心思うとったはずやと思う。
そして、切ってもええさしこを、HKT送りにしたんや。

アキブータンからしたら、人間なんていくらでもいる。さしこである必要はない。


けど、たかみなは違う。

これまでアキブータンが作り上げてきた虚像の最たるもので、”M.Tに捧ぐ”公演までをも作ってもとるから、この前提が崩れたら、AKBはじゃあどこに向かって進んでいるのか、ただでさえワカランところがさらにワカランようになる。

だから、たかみなの件はなんとしても隠さんとアカンかった。


てか、たかみなをNHKに出したのはアキブータンとかAKSの驕りやったのかなあ。
世の中そんなに甘くない。

だからといって、手のひらを返したようにたかみなを切れるかというと、やっぱ切れんかったんとちゃうか?

・・・どっかで切らなアカンのかなあ?


私は、舛添は、いけないことをしているとはいえ、またいっぽうでは、日本政府から切られたから、こうやって報道されているという事実も認識せなアカンと思うとる。

そうすると、たかみなもどっかで、誰かから切られたんやろ。
アキブータンが仮に意思として切っているとして、じゃあアキブータンはどうやって残れるのか?

このままAKB解散に持っていくのか?

けどそれはAKSのさまざまな悪あがき活動(1枚300円wの写真とか、マネージャーのメールとか。10秒1,000円の握手と比較して薄利過ぎる)を見ても、どうも違うと思う。


てかそう考えると、アキブータン重病・死亡説は正しいのかもなあ。

アキブータンが死亡したからこそ、AKSが必死になって、無い知恵を出してきた。とも考えられる。
だから、知恵が足りず、これまでとあまりにも落差があり過ぎる策に走ってまう。

やっぱ私が主張してきたとおり、規模を拡大することなく、握手に頼らず、握手の比率を下げていき、AKBを身の丈に合ったガチのパフォーマンス集団にしたほうが、ソフトランディングできたやろ。


仮にアキブータンが生きているとしても、AKBからは完全に手を引くんやろなあ。
けど、アキブータンが生きていて、AKBからは完全に手を引くとすると、坂道グループほかに関してむしろメディアに出てないとおかしい。


やっぱ、いろんな観点から考えても、アキブータン重病・死亡説は正しいよなあ・・・。


【考察追加】

アキブータンがゲーム作ると言うた、(株)ブランジスタの1年の株価を見たら、単にバブルが弾けただけやなあ。

http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/detail/?code=6176.T&d=1y

そこにアキブータンがどのようにかかわっとるのか見ものや。

アキブータンが死んどるか生きとるかワカランけど、投資家(実態は投機家)にとって、たいしたもんが生み出せんことは確かやなあ。


てかアキブータンは公演と同じく、単純に、5月末という期限が守れんかったから雲隠れしとるん可能性もあるなあ?

ただ、公演は握手にカネいくらでもつぎ込むアホなヲタが騒ぐだけでええけど、企業業績となると投機家からガチで袋叩きに遭うから、雲隠れしとる可能性もあるよなあ。

逆に、アキブータンやその一味は、株価が上がっとることに目をつけ、利用して、私腹を肥やしとった可能性もあるなあ。

それで、期限守れそうにないから売り抜けたら、同じく売り抜けるヤツがめっちゃ多かったとか。


そう考えると、仮に病気でなくとも、雲隠れせねばならない理由はじゅうぶんかも知れん。

その場合は、もう日本には戻ってこれんと思うて、海外で隠遁生活を始めとるとか。

どうして人々は、これだけ虐げられていてさえも革命が起こせないのか?

私は、その理由はカンタンだと思う。

革命とは、なにかのイデオロギーを成し遂げるものではない。

常に新たなものを創造するチカラを得ることである。

けれども人間、赤ちゃんが同じことを繰り返し言い、或いは大人がプラカード掲げてシュプレヒコールを上げるのを見ても、そもそも"革命する"ことに慣れていないのである。

私から見れば、プラカード掲げてシュプレヒコールを上げる行為は、実は非常に反革命的に見えてしまう。


けれども、そんな醒めた目で"運動"を見据えられる人間は、ハッキリ言って体制の側にしかいない。

その理屈を突けたら、最短距離で革命を成し遂げられるはずなのであるが、プラカード掲げてシュプレヒコールを上げる人々に対して、その行為自体を否定することは、極めて難しい。

いや、プラカード掲げてシュプレヒコールを上げねば、賛同者を得られないという側面も当然ある。
そこではじめて、プラカード掲げてシュプレヒコールを上げる行為は、"宣伝"という意味において限定的に肯定される。


違う言い方をすれば、大きな革命を成し遂げる人々は、日々小さな革命を自らの中に起こしているのである。
それは、誰かを自分たちの考えに強引に引き寄せるのとは違う。

誰かの思いを聞き、こういうところが自分の思いと同じだと共有することである。

この共有の作業なくして、一方的に教えるー学ぶの連鎖を築くような意識でいては、いつまでたっても革命などできないし、仮に革命を達成しても、それは即ち独裁体制になってしまう。

今日はチームB公演で、私が公演の核と思うとるメンバーがおらんねんな。こういうのがまた面白い。

私は、見てのとおり、田野、ゆかるん、さややあたりを公演の核と思うとる。

てか12期全員おらんし、シアターの女神のひとり、ゆいりもおらん。

彼女らがおらんのは、ある意味寂しいけど、メンバーにとっては目だてるチャンスやぞ。

てかもえきゅんはチームKやと思うとったら、組閣でチームBなんか。

誰が目立つか、楽しみにしとくぞ。

アキブータン、蜷川幸雄の告別式に参列せんかったんやって。なんかいよいよヤバイよなあ。

こうのとり。・・・もとい、このとおり。

【悲報】秋元康先生、蜷川幸雄の告別式に参列せず…病気説は本物か… [無断転載禁止]©2ch.net
http://shiba.2ch.net/test/read.cgi/akb/1463452806/l50


蜷川幸雄と比較したらどうしても格下の、川島なお美の葬儀に参加したことと比較してもおかしいよなあ。

蜷川実花と今後仕事やってくうえでも、
「仕事でどっか行ってたので参列できませんでした」
というのも、心情的にマズイしなあ。

やっぱ、重病説はガチやろ。

« 2016年5月17日 | トップページ | 2016年5月19日 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック