« 警察がいきなり刑事4人で22時前に自宅に来るという痛い失態を犯した件で、私に賛同者が出たみたい。それとともに、日曜にもかかわらず日立製作所からのアクセスが多い。着実に敵は焦っている。 | トップページ | 内部被爆と外部被爆に関して、工作員が主張してきたことに関して »

2016年6月12日 (日)

原発問題に関して私が丁度2年前に書いたブログにコメントがあった件。私自身忘れとるようなことを読んでコメントしてくれるのはうれしい。

コレ

------------
橘玲って相当おかしなヤツやなあ。人間のクズと言っていい。 2014年6月12日 (木)
http://onicchan.cocolog-nifty.com/blog/2014/06/post-d124.html#comment-113356924

作業員は防塵マスクを付けて作業しますが、
野外の一般人はそういう防護手段はありませんよね。

橘玲って内部被爆と外部被爆の区別がついてないようですね。
投稿: Executor | 2016年6月12日 (日) 17時23分
------------

よく見つけたなあ。

私もそのときにスパッと判断したけれども、その後に脳のメモリから外れて、そんな判断したっけなあ?と思うて読み返してまう。

そして、自画自賛になってまうけど、”おーにっちゃん”というヒトはなんて筋が通ったことを言っているのだ、と思うてまう。

ホンマに自画自賛やけど、”おーにっちゃん”以上に筋が通ったことを言うとる人間、世界のどこにもオランド!←フランスの大統領はオランドという名前やねん。
若干侮蔑的な表現になって、議論を呼び起こすかもやけど、橋下を選んできた大阪民国やと、フランスには大統領は不在になってまうんやな。

私は韓国は非常に好きで、韓国を批判するつもりではないけれども、大阪の人間の馬鹿さ加減にはイライラした。

だいたい私は中町の人間の馬鹿さ加減にイライラして中町を飛び出て、大阪の人間の馬鹿さ加減にイライラして大阪を飛び出て、日本の人間の馬鹿さ加減にイライラして日本を飛び出て、ドイツに亡命した人間やねん。

芯のある人はおるのかもやけど、芯があることを大々的に主張してかな、多勢が一般的かと思われてまう。

それで、記事を読み直したけど、内部被爆と外部被爆、というと抽象的で、原発で制限を気にする環境にある労働者と、現地に住む人々の違い、と言っていいと思う。

原発労働者も、ひどい状況に追い込まれているのは理解するけれども、また一方では、タテマエとはいえ、どれだけ放射線を浴びたかを計測しとるというのもある。

じゃあ現地住民はどないやねん?
どんだけ放射線を浴びとるかは、ちゃんと計測してないやろ?

労働ならば8時間、しかも週5日とかやけど、住民は24時間週7日、日々被曝しとる。

その結果が、未だに日本政府が公式に認めていない、甲状腺がんの多発に繋がっとる。

子孫が甲状腺がんを発生させるような状態に置いたらアカンやないか。

私は、”夕凪の街 桜の国”の評論でコテンパンにけなしたけれども、”夕凪の街 桜の国”が描いたのは、そして人々が真に思うべきなのは、「原爆は誰が落としたか」ではなくて、「どうして為政者は、人々の被曝を許容できるのか?」やねん。

福島の人々は、ものすごく問題とされたチェルノブイリ以上の被曝をさせられとる。

強制帰還なんてゼッタイにダメで、どうしても土地に愛着がある老人など、本来人体に有害であって避難すべきなのにそれでも避難を拒む人にだけ、憲法の精神に則って、帰宅を許可する。

憲法なり法律なり、過去の人間の叡智って、本来はそのように利用されるべきちゃうんか?

過去の人々も、良心的に解釈すれば、未来を束縛したいと思うて憲法や法律を制定したわけではなく、未来の人々がより生きやすいように、憲法や法律を制定したハズやねん。
(全員が全員ではないという議論は当然のようにある。資本主義ってウソッパチと思うし)

だから我々も、過去の人間に束縛される必要はない。

それをいうと、反戦平和というのはひとつの束縛ではあるけれども、最初から憲法第九条で束縛されるべき対象ではなくて、議論の上で、世界人民が平和に生きようとするときに、なぜ戦争なんてあるのか?

それはそもそも、戦争を仕掛けて悪意に扇動している人間がいるのではないか?
ということに繋がらんか?

まあ、”扇動”という言葉もいろいろ解釈できる言葉やけどなあ・・・・

いやだからこそ、憲法第九条の解釈ではなくて、憲法第九条の求めた理念を考えなアカンのとちゃうの?
私はそれを、憲法第十二条において、憲法は本来国家に課せられるべきにもかかわらず、”国民の不断の努力”というカタチで、国民個々の義務として規定された、私はここに本質があると考える。

てか安倍政権は、第十二条後段の

”又、国民は、これを濫用してはならないのであつて、常に公共の福祉のためにこれを利用する責任を負ふ。[2]”

に違反しとるよなあ。

”公共の福祉”というのは、国民の福祉なのか、世界人民の福祉なのか、を議論したら、全く解釈が変わってくる。

前者を意識したら戦争もアリやけど(いやそれも徴兵制を考えたらナシやけど)、後者を意識したら戦争自体がナシやなあ。

”国民の不断の努力”というのが、いろんな政治活動なんやろけど、それを妨害する国家権力はもう明確に、憲法第十二条に違反しとるよなあ。

被曝だって、意味のない憲法第九条ではなく、憲法第十二条を盾にして頑張れんかなあ?

住民の被曝は、被曝のデータや、その結果からくる甲状腺がんの増加からして明らかにもかかわらず、日本国首相らは、国民の義務を無視して、公共の福祉を害して、結果としてリアルに出ている甲状腺がんの増加や鼻血などとして表れている、として主張できんか?

« 警察がいきなり刑事4人で22時前に自宅に来るという痛い失態を犯した件で、私に賛同者が出たみたい。それとともに、日曜にもかかわらず日立製作所からのアクセスが多い。着実に敵は焦っている。 | トップページ | 内部被爆と外部被爆に関して、工作員が主張してきたことに関して »

世界の真の平和に向けて」カテゴリの記事

日本の腐敗について」カテゴリの記事

コメント

まずは大西秀宜君にこれを読んでいただきましょうか。

http://blogs.bizmakoto.jp/kaimai_mizuhiro/entry/4790.html

ページ名「開米のリアリスト思考室 原子力論考 一覧ページ」

君がリンク先からいろいろ学べると考えているがな。

大西さんに問いかけたい。
仮に原爆投下がなければ、大本営は降伏していたかと。
沖縄戦と同じ光景が本土で見られることになっていたでしょう。
1面からのみ見てけしからんというのは勝手ですが、
、「どうして為政者は、人々の被曝を許容できるのか?」やねん。
などと的外れな事を言うのは止めて下さい。

>内部被爆と外部被爆、というと抽象的で、

至って具体的じゃねえか。
お前はすぐ調子に乗って恥の上塗りするから笑われるんだよ、いい加減気づけよwww

更新が止まったのは警察との念書のせい。
時系列が一致しすぎててもう笑いもおきんわ。
要は『次は逮捕だ』という三段警告に勝てなかっただけだろうに。

案の定身元の確認が取れないだろうと妄想されてる板に逃げてまで妄想継続中とは…
AKSの裁判費用もとっとと払うといいよ。五百万だっけ?
権利を主張するだけで責任の一つも果たせない輩の見苦しさは目に余る。

弱者の敵はやることがみみっちいね、トップ記事を「害のないコメントもどき」で都合の悪いコメントを埋めるとか姑息すぎ。
しかも今度は長文攻勢ですか…なんか最早やるせない。
後で調査が入るとして、同一IPからの連続投稿とかだったらどうするんでしょうね。

削除すると「削除した」という作業ログがどうしても残るし、IP規制もそれ自体が何かを隠した証拠になると。

あんたが思い込みで傷つけた時間は返ってこないよ。
因果応報までいかないと理解しないのだからもう救えないね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1860320/65983017

この記事へのトラックバック一覧です: 原発問題に関して私が丁度2年前に書いたブログにコメントがあった件。私自身忘れとるようなことを読んでコメントしてくれるのはうれしい。 :

« 警察がいきなり刑事4人で22時前に自宅に来るという痛い失態を犯した件で、私に賛同者が出たみたい。それとともに、日曜にもかかわらず日立製作所からのアクセスが多い。着実に敵は焦っている。 | トップページ | 内部被爆と外部被爆に関して、工作員が主張してきたことに関して »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

最近のトラックバック