« 2016年10月29日 | トップページ | 2016年10月31日 »

2016年10月30日

2016年10月30日 (日)

”子どものしつけの中核にあるのは 能力に対する尊敬である” コレをインターネットで検索しても、出てこん。そんな社会はおかしい。

”子どものしつけの中核にあるのは 能力に対する尊敬である”

コレは、私はもともとそう思ってきたし、AKBで中高生とか、場合によっては小学生までをも観てきてリアルに思った。

けど、それを本で知って、インターネットで検索したら、全く出てこん。

言い換えると、コレで検索したら、私がこの言葉をどうやって知ったか?が、警察公安に知れることになるんやけど、それは違うやろ。

”子どものしつけの中核にあるのは 能力に対する尊敬である”

生まれた子供が、自分が想像もしないことを想像しているって、フツーに考えられんか?

なのにその、世界の誰しもが考えられる一文が、どうしてインターネットで検索しても全くないねん?

やっぱ、みんな、言論統制以前に、そう思えることさえできんようにされとる、思想統制の現実を、もっと認識したほうがええと考える。

安倍晋三は(麻生太郎を意識してかもやけど)ガンダムのシャアをイメージして発言したんやろけど、3倍ってなんかなあ。そういやVHSにも3倍とかあったかなあ・・・・

コレなんか怪しい。

安倍首相、30回目の被災地訪問で高速開通式に出席 更新:10/30 18:13

http://www.mbs.jp/news/national/20161030/00000025.shtml

安倍総理は、30回目にあたる東北の被災地視察のため訪問した宮城県で、「登米志津川道路」の開通式に出席し、高速道路の整備によって「海外からの観光客を3倍に増やしていく計画に向け支援していきたい」と述べました。 また、2020年の東京オリンピック・パラリンピックのボート・カヌー競技会場の候補地に宮城県登米市の長沼ボート場があがっていることについて、「IOCと組織委員会、都と国の4者協議の場においてしっかりと議論していきたい」と話しました。(30日16:28)

”3倍”という理屈がサッパリ思いつかず、思いついたのが、私はさして好きでもないガンダムについて、それでもナントナク覚えていて、(検索して見つけたら)シャアの内容。

通常の3倍のスピード[編集]
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%82%A2%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%82%BA%E3%83%8A%E3%83%96%E3%83%AB#.E9.80.9A.E5.B8.B8.E3.81.AE3.E5.80.8D.E3.81.AE.E3.82.B9.E3.83.94.E3.83.BC.E3.83.89

シャア専用ザクは、通常のザクに比べて3倍近い速度で移動すると恐れられた。この解釈[要出典]は、テレビ・シリーズ『機動戦士ガンダム』第2話内で、ホワイトベースのオペレーター、オスカー・ダブリンが、同艦に迫るシャアのザクを「このスピードで迫れるザクなんてありはしません。1機のザクは、通常の3倍のスピードで接近します!」と報告したことに始まる。パオロ・カシアス艦長はこの「3倍の速度で接近」という報告を聞いただけでそれがシャアのザクであると特定した。

安倍晋三に対して、誰か”3倍”の根拠を聞いてみろ。

安倍晋三は(麻生太郎を意識してかもやけど)ガンダムのシャアをイメージして発言したんやろけど、3倍ってなんかなあ。そういやVHSにも3倍とかあったかなあ・・・・

私がFacebookから聞いても、アクセスブロックされるだけやし。

まあ、こんなところからも、安倍晋三の特技は”オムツが穿ける”ことくらいしかないんちゃうか?と思うてまうんやけど・・・。

てか私そんなん知らんなあ・・・と思うて、首相動静を見たら、笑える。

http://www.asahi.com/articles/ASJBZ63H6JBZUTFK009.html

総理大臣でもグランクラスではなくてグリーン車なん?

べつに贅沢しろとは言わんけど、グランクラスのほうが警備しやすいんちゃうん?

鉄チャンとして日立製作所時代から得てきた知識からみても、警備費用まで考えると、E2系のグリーン車よりもE5系のグランクラスのほうが警備がカンタンなんちゃうん?

その後、帰路は臨時の”はやて370号”で帰ったことになっとるけど、次の予定あったんかよ?

アホほど、さもいっぱい予定があるかのように主張したがる。アキブータンも然りや。

私なんて、まあ思いはいろいろあるけど、予定なんてさしてない。ハッキリ言って、「思い立ったが吉日」タイプや。

思い立ったら即実行するって、怖いよなあ。自分でもたまに思うけどなあ。でも

でも私はそれ(≒出てきたとこ勝負)を取り柄とするんやから、しゃあないわなあ。←シャアだけに

鍵穴の主張に抗して、「解雇自由化は納税の義務を規定する憲法違反である。」として、一般の大勢に広めたほうがええ。

コレ

http://onicchan.cocolog-nifty.com/blog/2016/10/post-3c8a.html#comment-113809120

四六時中あなたの相手をしていられるわけないでしょう…3時間で勝利宣言だなんて気が早すぎませんか?前の投稿に反論しておきましたが、こちらにも転載しておきますね

勤労の「義務」も憲法27条で定められていますが、憲法は国を縛るための法ですので国民に義務を与えることはできません。

国が労働条件に関する法を整備しなければならないのは、27条が勤労の「権利」も認め、法律を整備するよう命じているからです。

30条の納税の義務は「法律の定めるところにより」とありますので、国民に納税の義務を課した規定ではなく、国が国民に納税させる場合には国会で審議して法律を作りなさいと命じている規定です。つまりこれも国を縛る規定に過ぎないということです。

ちなみに27条で勤労の「権利」が認められているからと言って、27条違反だとして違憲訴訟を起こすことはできません。27条は25条と同様にプログラム規定だと考えられる上に、国民の権利は公共の福祉に反しない限度で認められるからです。

よって、国は27条2項の定めのとおり労働条件を法律で定めればよく、どのような内容にするかは国会の自由です。

投稿: 鍵穴 | 2016年10月30日 (日) 06時28分



こんな細かい主張なんてハッキリ言ってどうでもいい。

そもそも、憲法を”プログラム規定”と考えたり、判例法に則ったり、ということ自体が、憲法の条文を素直に読むことのない、学者=権力による独裁主義そのものや。

あとマルクスは議会(国会)を、”おしゃべり小屋”と呼んで揶揄したんやからな。

憲法なり法律を、それまでの判例に従って考えてみたところで、日本の裁判所が公平な裁判をしてきたかというとゼンゼン違う。

判例の最高権威とされる最高裁判所なんて、弁護士から”最低裁判所”と揶揄されとる実態もある。

すなわち、判例は法律に則ってないし、ましてや憲法に則ってない。

解雇自由化だって、よくよく考えるとそうやな。

勤労の権利とか納税の義務以外にも、国民の幸福追求権とか考えたら、解雇が自由になったら安心して子供も産めん、結婚できんことを考えたら、やっぱり憲法違反やしなあ。

解雇自由化は、そんな、国民が日本政府から守られるべきあらゆる権利を奪う、最先端の攻撃や。

そうすると、解雇自由化は、自民党が狙うその他の改憲と全く同じ攻撃であるはずや。

鍵穴が言うような内容に、「”プログラム規定”になっとるんか。ふうん。」なんて言うとったら、知らんうちに、自分らが生きるための権利を全て奪われてまうぞ。

天皇を現人神にしようとしとるのだって、神道以外の宗教には規制をかける攻撃の可能性さえある。

政治思想も当然のように統制対象やろ。

とにかく、「解雇自由化は納税の義務を規定する憲法違反である。」というのは、変に学者(しかも匿名)の者が言うことを信じるのではなくて、国民ひとりひとりが、「いや、自分が解雇されたらイヤや」と思って、それはさすがに憲法違反なんちゃうん?と思えるように、人々に対して打ち出してかなアカン問題と考える。

「解雇自由化は納税の義務を規定する憲法違反である。そして、30年前からその最先端で闘ってきたのは、国鉄の解雇当該者である。だから解雇自由化に反対しよう。国鉄の解雇撤回に署名しよう。」

と言ったら、単に「国鉄の解雇撤回に署名しよう。」と言うよりも何倍もインパクトあるし、それぞれの人々がいま置かれた不安と、ストーリー的に繋がるんちゃうか?

とにかくそういうふうに、憲法なり法律なりは、性善説的に言えば(それはすなわち革命後にどうしても自分らが作る政府はそうすると主張するということ)、自分らが生きやすいために作られるものや。

現在のように、御用学者の見解により、人々が「そんな憲法や法律では生きづらい」と思うようなのって、もうすべてが、学者=権力による独裁主義になってもとるねん。


私の主張は、けっこう大勢の人の関心を生んだみたいや。

どうも私のブログを直接踏みたくない組織が、別途サーバとかを立てているみたいで、漸減しとったんやけど、最近また増加しつつある。
いずれにしても読んでいる人は確実に増えている。

公安が監視対象にしていると言うてきとるんやし、それでこれだけの多さを保っとったら、公安その他は怖いやろ。

071

070

昨日は、匿名とはいえ、鍵穴を論破したのは良かった。

というのも、見ていて、主張の違う者同士が公開上でバトルするなんて、日本国ではそうそうないから。

組合の団体交渉だって、やらないか、やっても形式だけで、裁判闘争で勝てる証拠を得ているだけや。

それはおかしいけれども、一般人にとってはどこがおかしいのか、体感的にワカラン。

けど、インターネットで匿名の者とバトルしたら、裁判の証拠にさせないつもりやから、言いたい放題出て来る。

そして、裁判なんて信用せず、革命を考えている者としては、いくら非公式とはいえ、こういう明らかに為政者側の者からのホンネを受けて、糾弾されてさえも論点をすり替えたりウソをついてまでも、保身のためだけの弁明をすることがよくわかる。


インターネットは、こうして使うことで、人々が真に怒るべき、為政者の傲慢な態度を浮き彫りにできる。

私はそんな利点、使わない手はないと思うんやけど、まだ賛同者はいない。

誰か賛同者になって欲しい。

なんかコレ読んで悲しくなる。15期は上手くいってないことだけは確か。運営の大人が競争と分断ばかりを煽り、仲良くさせようとしないのが根底にある。

コレ、なーにゃが深夜にみきちゃんとジャニーズのオトコ2人と遊んでいた件と無関係ではないやろ。

【悲報】大和田南那、同期のハロウィンパーティーに呼ばれずwwwwwwwwwww【いちごちゃんず】
http://shiba.2ch.net/test/read.cgi/akb/1477748934/l50

そして、なーにゃはどうも怠慢っぽくて、メンバー内でも浮いている、というのは、私も公演を観ていて正直感じてまう。

けど、それでも、そこからどうやって仲良くなるか?
仮に最悪な状態であっても、なにをどう改善していったらいいか?

を考えるのが人間なんちゃうの?

AKBは、一面では、資本主義による労働者の分断を究極に行き詰めた組織であるから、
いやだからこそ、「だからAKBなんて上手くいかない」なんて突き放すのではなくて、その分断を食い止めることが、社会のおかしなところを直す原動力になると私は考える。

だから、私はAKB内部で起きている、いじめと思しき事象は、まあ私も得られる情報は少ないけれども、あるべき姿を最初に思い描いて、なるたけ自分なりの意見を言うとる。

この参加メンバーは中学生なんかもいるし、正直どこまで考えられるか疑問やけど、どこをどう直したらいいか?という問題には向き合わなアカン。

他の期のメンバーだって、たとえば人生の先輩だったりするし、やっぱり人間としてあるべき姿を考えて、仲直りできるように持ってって欲しいよなあ。

民主労総の集会を時事通信が報道した。しかも”労働組合”と書いとる。ストライキとまでは言ってないけど。時代は急激に動いている。もう報道統制も効かんやろ。 「朴槿恵、退陣せよ」=厳戒下で2万人集会-ソウル

このとおり。
日本国内の報道機関から、これだけちゃんとした報道が出たのって、初めてちゃうか?

「朴槿恵、退陣せよ」=厳戒下で2万人集会-ソウル
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016102900295&g=int

【ソウル時事】「朴槿恵、退陣せよ」「真相を究明せよ」。朴槿恵韓国大統領の親友、崔順実氏による国政介入疑惑で、大統領の退陣などを求める集会が29日夕、ソウル市内で開かれ、警官隊が厳戒態勢を敷く中、主催団体推定で2万人以上が参加した。
主催したのは、過激な闘争方針で知られる労働組合の中央組織「全国民主労働組合総連盟(民主労総)」が主導する「民衆総決起闘争本部」。会場となった清渓広場は市民らで埋め尽くされ、参加者は集会後、市内をデモ行進した。
韓国メディアによると、警察当局は警官隊約6000人を配置、デモ行進参加者らと小競り合いが起きたものの、負傷者が出たという情報はない。この日は南部の釜山や蔚山などでも抗議集会が開かれたという。(2016/10/29-21:34)

鍵穴は結局私について刑事訴訟法を引用して逃げてった。負け犬の遠吠えとはまさにこのこと。土曜なのに大勢見てくれて、完勝やなあw

鍵穴の連投の証拠。

069

アクセスめっちゃあった。鍵穴の暴言に、怒っとるヒト大勢おるやろ。

私は日立製作所時代からずっとされてきて、このレベルでバトルを繰り広げてきた。
だから、日立製作所なんかが私の主張に苦慮して、鍵穴なんかがインターネットに出てきてまで主張してきたんや。

日立製作所やAKSとの訴訟等々について、大勢の人がキチンと判断して欲しいと思う。

068

« 2016年10月29日 | トップページ | 2016年10月31日 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック