« どうやったら、ヒトと思いを繋げられるだろうか?と考えてしまう。 | トップページ | そういえば、ひとつ思い出したけど、日立製作所時代にCTRLの保守労働者が、工具を元に戻さんと言うとったのは、CTRLの保守労働者が散発的にストライキしとったんちゃう? »

2016年10月22日 (土)

岩田華怜が私からストーキングを受けていたと主張しているのではなくて、公安が私の活動を止めるための口実にしていたひとつの事実。

この記載、コメントから知った。

この経緯を読んだら、もし仮に私が岩田華怜から危険と思われるような行為をしていると主張されたら、警察は岩田華怜に対して活動休止を打診することが明らかになった。

岩田華怜が活動を休止せず、それどころか、夜討ち朝駆けの後に、電話で直接10分以上の長時間にわたって私と話せるなんて、どう考えても、幾重にもおかしい。

私なんて、③公安の電話の前に、①AKSとの訴訟で、公安の電話と全く同じ、私が虚偽としか思えない内容をAKS及びキングレコードから提出され、その後②岩田華怜とフツーに握手で話せた。

そして③に至るんやけど、じゃあ②岩田華怜とフツーに握手で話せた というのはなんやねん?

ことごとくおかしいよなあ。

---------------
http://riripom.net/stop.html

活動休止いたします

いつも『魔法少女☆りりぽむ』を応援いただき、誠にありがとうございます。
ファンのみなさま、関係者のみなさまに、突然のお知らせとなり、誠に申し訳ございません。

このたび魔法少女☆りりぽむは、2016年10月22日より活動を休止いたします。

現在出演が確定しているイベント・ライブ・取材などに関しまして、すべてキャンセルとさせていただき、その後の活動再開につきましても、すべて未定となりますこと、ご報告させていただきます。
多大なるご迷惑をおかけしてしまいますこと、またご心配をおかけしてしまいますこと、重ねてお詫び申し上げます。

以下、今回の経緯です。

一部、ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、ファンの方の中にタレントを傷つける言動を繰り返す方がおり、私たち運営スタッフより数回の注意をお伝えしておりました。
しかし、その行為は長期間にわたり止むことなく続いており、発言(SNS・ブログ等での発信)がエスカレートし続け、タレント本人が身の危険を感じている状況となっておりました。

先日、警察署へ揃えられる限りの証拠資料を持参し相談いたしました結果、犯罪予告にあたる発言であることを重く受け止め、立件に向けた捜査を開始していただきました。

その上で、生命・身体の安全を第一に考え、警察署からの指導により、ライブ出演をはじめとするすべての芸能活動を休止することを決定いたしました。

現在、立件に向けた捜査中であることから上記以上の詳細を公表することは差し控えますが、
タレント本人につきましては現状、身の安全を確保出来る都内施設にて保護し、SNSをはじめとするツールの一切の使用を禁止いたしております。

今後の活動再開などにつきましては未定ではございますが、進展に関しましては運営スタッフより、当Webサイト・タレントtwitterアカウント等でご報告させていただく予定です。

突然のご報告となり、みなさまには多大なるご迷惑をおかけしてしまい、誠に申し訳ございません。
現状は、何よりも本件の解決に向け、警察と協力しながら行動しております。


2016年10月21日 魔法少女☆りりぽむ運営スタッフ

contact to RIRIPOM STAFF

« どうやったら、ヒトと思いを繋げられるだろうか?と考えてしまう。 | トップページ | そういえば、ひとつ思い出したけど、日立製作所時代にCTRLの保守労働者が、工具を元に戻さんと言うとったのは、CTRLの保守労働者が散発的にストライキしとったんちゃう? »

岩田華怜」カテゴリの記事

日本最大の暴力団組織・警察」カテゴリの記事

コメント

大西は行動力がないからまずもって身の危険が及ばないからなあ
毎日お花畑な絵空事を考えているだけ。
大きいことを考えてるけど、その実、小分けにしてもその仕事をこなせず、
小分けに出来るもの自体がなくなる始末。
そのくせ、結婚式の招待状の出席に○をしながら
ドタキャンする不義理を平気で行う。

ストーカー被害を受けたら必ず活動休止、休職しなければならないのですか?警察から活動休止を求められたとしても本人が拒否する可能性は十分にありますし、大西さんへの対応も一つの対策として合理的です

そしてそれを主張するなら、お前は岩田華怜に対してストーキング行為をしていたと認めたことになるな

>私からストーキングを受けていたと主張しているのではなくて、
>公安が私の活動を止めるための口実にしていたひとつの事実。

とか言っている大西秀宜君。
そもそも、引用されているリンク先の内容は君の事案と関係あるのかね?(嘲笑)

いつもそうだな。関係ない話を持ってきて恰も自身の主張を裏付けているかのように見せかける。
これって「詭弁(きべん)」だろ。(最も、すぐに見抜かれて反論されてしまう訳だがW)

>それどころか、夜討ち朝駆けの後に、電話で直接10分以上の長時間にわたって私と話せるなんて、
>どう考えても、幾重にもおかしい。

はい。それじゃいつもやってる得意の電話録音ファイル公開始めようか(藁)
あるんだろ?未だに大西秀宜君は恋々(れんれん)と彼女の話を続ける位なんだから。

また、君が引用している「魔法少女☆りりぽむ」サイドの声明は、
『不逞の輩を確保した時点で活動再開する』という意味がある。

安全策を取ったのだろうが、輩の目的が相手を一時的にせよ、活動休止に追い込むことだとしたら、
事実上、警察と運営は輩の実行装置となってしまっているのだが・・・・・?
その意味では彼らは下手(へた)を打ったとなるんだ。失敗してるんだよ。

この懸念があるから、彼女とAKSは活動休止を選択しなかった。そういう事だ。

だが、確保されれば大西秀宜君は前科者となり、
ただの最『狂』厄介ヲタ&悪質クレーマーでは済まなくなるがね。

更に立場は苦しくなり、AKSなどは堂々と大西秀宜君を止められる。
確たる証拠を以って、君を「ロビ観」にすら入場不能に出来るんだよ。大西秀宜君。訴訟では反撃出来んぞ。
『公的に危険人物認定されている』と言うことなんだ。ストーカー事案で前科有りってのは。

そろそろ、真面目に帰郷することを考えた方が良いのではないかな?

ホントにことごとく、事実を自分の都合のいいように、曲解するやつだな

すべての事案が、必ずしも活動休止を打診するとは限らないよな
おーにちのケースでも、今以上に行動がエスカレートすれば、伊達娘に対しても今後、活動休止の打診をする可能性は十分にあるよな

電話で10分以上も話させたってのは、おーにちに真実をわからせるための最終手段であり、苦渋の選択だったんだぞ
本当は、直接面と向かって話させた方が、より確実なんだろうけど
さすがに、伊達娘の拒絶反応が強すぎるし、おーにち一人のために、わざわざ時間と場所をさいて、優遇するような措置は取れないからな

警察に通報しました。
私が警察に通報した時には、すでに数名が通報していたらしいです。
いつまでストーカー行為を続けるつもりですか?
ブログや2ちゃんで騒いでるなら、ソースに挙げた方のように、岩田さんの事務所に連絡してみたらいかがですか?
その方が逮捕が早まっていいと思いますよ?
まぁ、大西みたいなビビリは直接連絡する事など出来ないと思いますけどねw

>そして③に至るんやけど、じゃあ②岩田華怜とフツーに握手で話せた 
>というのはなんやねん?
>ことごとくおかしいよなあ。
 

じゃあどういう態度なら正当だったんだ?

「あなた何で来たの、迷惑だから帰ってよ!」って言って欲しかったのか?

人気商売のアイドル業が、金かけて来ちゃったやつを例えクソ野郎であっても
公のイベント会場でそんな態度できねえだろうが

そんなことも判断できねえのかこのキチガイが

早く逮捕されろ!

結局のところ、格下に見ていた新月が現役メンバーや秋元才加どころか
岩田華怜からもリプされたもんだから、それが妬ましくて悔しくてたまらないんだろうな

お前が裁判中に握手できたのは、いつものAKSの怠慢だよ。警備を強化していたが出禁のお前がまさか握手に来るとは思ってなくて油断しただけ。うっかりミスやなww岩田は直ぐにスタッフに通告してお前が握手した後はより警備員が岩田の周りに増えていたからな。これが事実だよ!ザマァw

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1860320/68069785

この記事へのトラックバック一覧です: 岩田華怜が私からストーキングを受けていたと主張しているのではなくて、公安が私の活動を止めるための口実にしていたひとつの事実。 :

« どうやったら、ヒトと思いを繋げられるだろうか?と考えてしまう。 | トップページ | そういえば、ひとつ思い出したけど、日立製作所時代にCTRLの保守労働者が、工具を元に戻さんと言うとったのは、CTRLの保守労働者が散発的にストライキしとったんちゃう? »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カテゴリー

最近のトラックバック