« 2016年11月16日 | トップページ | 2016年11月18日 »

2016年11月17日

2016年11月17日 (木)

2016/11/17 AKB48 峯岸チームK 「最終ベルが鳴る」公演 感想

総括

はるぅとかゆあみが継続して良い。

はるぅは初めて途中で帽子を振り落としてしまったし、ゆあみについては田野が挙げていたので、私の目も間違いないだろう。

はるぅをMVPにしようかな、とも思ったけれども、前回との比較でそこまで変わったかというと違うかなあとも思うので、敢えて挙げない。
しかしここ数回でだいぶ良くなって、目立つようになったのは間違いない。自信を持って欲しい。

”偉い人になりたくない”という歌を聞くと、私なんて日立製作所時代に何度も休職して、復職しても昼間ほとんど医務室のベッドで寝ていて、
夜はロビ観してその後Google+の書き込みのほうにチカラを入れていて、ファンレターもガンガン書いて、大して仕事もしてなくて(いやそれでもいろんな会議で発言していたけど)、
なんなんだコイツは?と思われたやろけど、いまもあらゆるところでいろんな問題を起こしている(偉い人から見ると)ダメ人間やけど、現場から見るとそんなにダメ人間ではないと思う。

しかしべつに、私はこの歌詞はそれでもおかしいと思っていて、偉くない人になりたくないのではなくて、偉そうぶるヒトになりたくないだけや。

なんもせずに偉くない人になるのは、落ちぶれたら自動的になれるけど、偉いヒトよりも頑張って、その上で、偉そうぶらないというのは、コレはめちゃくちゃ難しい。
ホンマはそういうヒトになれるように頑張って欲しいと思う。

そういえば、なおちゃんについて私はあんま知らんなあと思って、なおちゃんについて調べたら、こんなことが書いてある。

https://48pedia.org/%E9%87%8E%E6%9D%91%E5%A5%88%E5%A4%AE

好きな言葉は、「過去と他人は変えられない 未来と自分は変えられる!」[5]

私は、この言葉を、日立製作所時代に、日立製作所の佃軍治から言われて、他人を変えられないのならば、じゃあなんのために本とか芸術作品とかはあるのだ?
そんなわけないだろう!と、イライラした。
佃軍治はそれを理解しようとしなかった。

実は他人は変えられるのある。

けれども、他人を変えるというのは、自ら率先して変わり、それを他人が見て、「ああ、こうしたほうがいいのか」と思ってもらえて初めて変えられる、というようなモノである。
なにかを布教して変えられるというようなモノではない。

公演でだって、「こんなにすごいパフォーマンスをする子がいるんだ、自分も頑張らなければ」とファンに思ってもらえることで、ファン=他人を変えることは可能である。

なおちゃんも、そこを考えてくれたら、パフォーマンスに活かせるのではないかと考える。


En4. ハイテンション

はるぅが、踊れー!でハーイ!って言ってください、と。

こういう趣向オモロイなあ。
曲はクソでも。

さとねちゃんよく動けとる。

ひなながめちゃくちゃに飛んどる。
意気込みいいぞ。

まなみのノリもいいぞ。

En3.支え

十夢がコッソリちぃちゃんの腰(おしり?)に手を出して支えとる。

いっつもやっとるんかなあ?

てか十夢って右手を斜めに出して歌うのがクセなんかな?

あいさつ  田野

劇場なら生の感情をステージで出せる、と言うとる。

ゆあみがフリを変えてきたことも言うとるし、私が感じる通り、メンバーの中でも、ゆあみの意識改革が理解されとるんやな。

私なんか大きなステージであっても、生の感情を出したほうがいいって、いろんなところで言うとるんやけど。

En2.メロスの道

ひなな、みやび、脚めっちゃ蹴り上げとる。

はるぅよく動けとる。

なおちゃんはどうしても、ヒトと同じダンスをしようとしとる。

ヒトと同じモノから超えて、自分だけの表現を見つけな。

En1.シャムネコ

田野生歌なんやろけど、ココの歌は少し崩れとるなあ。

十夢とまなみがええなあ。

ゆあみ、動けとるけど、ココはちょっとタイミング早くないか?

アンコール

13.会いに行こう

ゆいりがだいぶセクシーになった。

あべままずまず動けとる。

後半MC みやび/ゆいり/茂木/ひなな/萌/せいちゃん/ゆあみ/あべま
お題:二択

10年前に行けるか10年後に行けるか

萌、ゆいり、みやびは10年前、ほかは10年後

私はどっちもイヤかなあ。

普段の自分はハイテンションかローテンションか

自分からローテンションと言うとるのは、萌だけ。

みんなローテンションと言うかと思うと意外。
ハイテンションと思わせなアカン仕事というのもあるやろなあ。

前半MC はるぅ/なおちゃん/田野/十夢/みぃちゃん/まなみ/さとねちゃん/ちぃちゃん
お題:格付け 何のランキングか会場にはボードでわかっとるけど、ロビーからはワカランかった。

はるぅとちぃちゃんは除くらしい。

顔面偏差値でトップが田野で最下位みぃちゃんと言うとるけど、誰に聞いてん。

集合写真 みぃちゃんと 自己紹介の位置で

みぃちゃんとはるぅは同い年か。

12.回遊魚のキャパシティ

茂木ココは合唱で音程あんま目立ってないし、やっぱ音程改善しとる。

ゆいり、田野と前後になっとる。
細かいとこでだいぶ違うなあ。
田野が全部いいとは言わんけど、こういうトコで田野のいいとこを試してみたら、またひとつ上手くなれるやろ。
表現のバリエーションは多いほうがええもんなあ。

さとねちゃん、めっちゃ動けとる。

さとねちゃんについては、動きの大きさならば田野以上やわなあ。
と前回書いたけど、ココ田野のほうが動きの大きさあった。

まなみ前に足上げてめっちゃスカートの中見えた。
オンデマカメラに写っとったら静止画撮られるやろなあ。

やっぱ田野の動きがいっちゃんええなあ。

11.Coolgirl

ゆあみの動きすごくいい。
ダンススクールでも行っとるのかもなあ。

ゆいりの腰の動きセクシーやぞ。

ひなな、動きの範囲はええんやけど、細やかさがまだまだ。

10.Stand up

出だしまなみいいぞ。

さとねちゃん、ええ動きしとる。

十夢いいジャンプしとる。
これら、前も書いとる。

ゆあみ、リズム感も動きの幅もいい。

萌、むしろ動き良くなったなあ。
卒業して芸能界で女優としてでもやってくつもりなんやろなあ。

MC ゆいり/はるぅ/ひなな/十夢/萌/茂木
お題:最近変わったこと

ひななが香水買ったと言うとるのに、ゆいりは香水なんて持ってない!とか言うとる。

香水から、オシャレについて由依のウワサ話を。

9.22人姉妹の歌 みぃちゃん、まなみ、あべま

まなみは、しぐさが妹で可愛いなあ。

てか妹というか、私からやとリアル子供やけど。

8.おしべとめしべと夜の蝶々 ちぃちゃん、なおちゃん

なおちゃんが、どうやったら良くなるのかつかみどころないなあ。

私もちょっとはなおちゃんについて知らんと、なおちゃんに伝わらんよなあ・・・。
私の課題か。

7.ごめんね ジュエル 田野、萌、ゆあみ、はるぅ

はるぅの帽子が飛んだw
拾って放り投げたw

そんだけノッとるということやな。

はるぅがハツラツとした動きしとる。

今日ははるぅがよう目だっとる。

6.初恋泥棒 ひなな、さとねちゃん、ゆいり

さとねちゃん、やっぱオンチやなあw
ひななもなんかまだズレとる。
前回、前々回と同じ。

ゆいりココは可愛い、いい音程の声しとる。

動きはさとねちゃんがいい。

ひななは他の2人と比較して、自分がおおざっぱな動きしとると理解して、自分なりにどうしたらいいか考えて実行してみる、のが課題やなあ。

5.リターンマッチ みやび、せいちゃん、茂木、十夢

みやび、ちょっとモゴモゴしとるなあ。滑舌がイマイチ。

十夢が低い。直らんなあ。
ダンスはできるんやから、その気になって頑張ったら、歌もできると思うけどなあ。

茂木の声が合唱で変に目立っとるから、なんか音程低いんかなあ。

MC
茂木/十夢/みぃちゃん/せいちゃん/みやび
ゆあみ/田野/萌/ひなな/ゆいり/さとねちゃん
まなみ/なおちゃん/はるぅ/あべま/ちぃちゃん

お題:今年じゅうにやりたいこと (ベタなネタやなあ)

そういやみぃちゃんと十夢は2歳しか違わんねんなあ。

せいちゃんはゆあみをおんぶせなアカンのに、できてないって。
"君の名は。"の三葉が山登りでおばあちゃんを背負う描写があるけど、アレは入れ替わった設定でも、筋力的に無理やわなあ。

田野はいつの間にか髪ほどいとるなあ。

ゆいりは萌と2人でごはんとか行ったことないんやって。
正直仲悪いんか。
メシくらい食ってもと思うけど。
13期会とかもなかったのかな。

あべまは歯科助手がなんとかと言うとるけど、ヤル気ないやろw
歯科助手の資格取るくらいならば、なんかいい作品観たほうがええわなあ。

4.偉い人になりたくない

まなみ、ココ目立っとる。

せいちゃん、十夢と同じリズムの取り方するなあ。

はるぅ、ひなな、十夢、いいぞ。

3.ボーイフレンドの作り方

なぁなはおらんなあ。空目か。

十夢のオーバーアクションがオモロイ。

2.最終ベルが鳴る

あべまもみっけた。

ゆいりもみっけた。

ゆあみ改めて動きいい。

田野とかはるぅとかええなあ。

ゆあみ、リズム感とか脚の踏み込みとかがええなあ。

まなみも、こういうとこ参考にできたらなあ。

髪にひまわりみたいなんひっつけとるの、なぁなやなあ。

1.マンモス

田野、十夢、まなみ、ひなな、なおちゃん、萌、みやび、ちぃちゃん、みぃちゃん、はるぅ、さとねちゃん、ゆあみ、茂木、おるなあ。

田野がポニーとは珍しい。

髪にリボンつけとるの、せいちゃんっぽいなあ。

電通の”鬼十則”がいま女子社員を自殺に追い込んだとして問題になっているそうだけれども、そんな表面的な問題ではない

この記事を読んで


電通「鬼十則」取りやめ検討=来年の社員手帳への掲載 2016年11月17日 20時28分 時事通信

https://news.nifty.com/article/domestic/society/12145-2016111700861/

女性新入社員が過労自殺した問題を受け、電通が4代目社長吉田秀雄氏の遺訓「鬼十則」について、来年の社員手帳への掲載取りやめを検討していることが17日、同社への取材で分かった。
「鬼十則」は1951年に制定された。「取り組んだら放すな、殺されても放すな」「仕事は自ら創るべきで、与えられるべきでない」などの10項目から成り、今も社員手帳に掲載されている。しかし、以前から長時間労働を容認する背景になっているという批判があり、自殺した高橋まつりさん=当時(24)=の遺族も問題視していた。

そんなに”鬼十則”がおかしなものか、調べてみた。


電通「鬼十則」、そして電通「裏十則」 2007年03月16日 04時37分00秒

http://gigazine.net/news/20070316_dentsu10/

単体では世界最大の広告代理店である「電通」には4代目社長吉田秀雄によって1951年につくられた電通社員、通称「電通マン」の行動規範とも言える「鬼十則」と呼ばれる非常に有名な言葉があります。いわく、

1. 仕事は自ら創るべきで、与えられるべきでない。
2. 仕事とは、先手先手と働き掛けていくことで、受け身でやるものではない。
3. 大きな仕事と取り組め、小さな仕事はおのれを小さくする。
4. 難しい仕事を狙え、そしてこれを成し遂げるところに進歩がある。
5. 取り組んだら放すな、殺されても放すな、目的完遂までは……。
6. 周囲を引きずり回せ、引きずるのと引きずられるのとでは、永い間に天地のひらきができる。
7. 計画を持て、長期の計画を持っていれば、忍耐と工夫と、そして正しい努力と希望が生まれる。
8. 自信を持て、自信がないから君の仕事には、迫力も粘りも、そして厚味すらがない。
9. 頭は常に全回転、八方に気を配って、一分の隙もあってはならぬ、サービスとはそのようなものだ。
10. 摩擦を怖れるな、摩擦は進歩の母、積極の肥料だ、でないと君は卑屈未練になる。

というもの。これは割とよく知られているのですが、その逆バージョンである電通「裏十則」というものもあったようです。

詳細は以下の通り。
裏十則 | Blog | nozomu.net - 吉田望事務所 -
1)仕事は自ら創るな。みんなでつぶされる。
2)仕事は先手先手と働きかけていくな。疲れるだけだ。
3)大きな仕事と取り組むな。大きな仕事は己に責任ばかりふりかかる。
4)難しい仕事を狙うな。これを成し遂げようとしても誰も助けてくれない。
5)取り組んだらすぐ放せ。馬鹿にされても放せ、火傷をする前に…。
6)周囲を引きずり回すな。引きずっている間に、いつの間にか皆の鼻つまみ者になる。
7)計画を持つな。長期の計画を持つと、怒りと苛立ちと、そして空しい失望と倦怠が生まれる。
8)自信を持つな。自信を持つから君の仕事は煙たがられ嫌がられ、そしてついには誰からも相手にされなくなる。
9)頭は常に全回転。八方に気を配って、一分の真実も語ってはならぬ。ゴマスリとはそのようなものだ。
10)摩擦を恐れよ。摩擦はトラブルの母、減点の肥料だ。でないと君は築地のドンキホーテになる。
実際に企業に入って働くのであれば、むしろ日本社会においてはこの「裏十則」の方が「ウンウン、あるある」と納得できるのではないでしょうか。

また、電通にはこれ以外にも現在は使われていないらしいが、もっと仕事をする上で示唆に富んだ名言が存在しています。

電通 - Wikipedia(責任三カ条)
1. 命令・復命・連絡・報告は、その結果を確認しその効果を把握するまではこれをなした者の責任である。その限度内に於ける責任は断じて回避出来ない。
2. 一を聞いて十を知り、これを行う叡智と才能がないならば、一を聞いて一を完全に行う注意力と責任感を持たねばならぬ。一を聞いて十を誤る如き者は百害あって一利ない。正に組織活動の癌である。削除せらるべきである。
3. 我々にとっては、形式的な責任論はもはや一片の価値もない。我々の仕事は突けば血を噴くのだ。我々はその日その日に生命をかけている。
これを読むと以前、ソフトバンクだったかライブドアだったかで聞いた「他人に言われてから動くのは給料もらうだけのサラリーマン、言われなくても自分から働いて利益を会社にもたらすのがビジネスマン」という言葉を思い出しますね。

あなたの会社は今、「鬼十則」でしょうか、それとも「裏十則」でしょうか?

私は、”鬼十則”自身はさほど悪いものとは思えない。

その解釈をちゃんとできる人間がいないことのほうが問題と考える。

”鬼十則”は、クリエイティブに、なにかに責任を持ってヒトを動かそうと思う者にとっては、責任感を持つために重要である。

けれどもそれを、本来責任を持つべき者が、配下の者に対して責任をなすりつけるために使ったとすると、それは誤りになって、正直そこまで責任を持つべきでないイチ労働者は、「”鬼十則”に従っていては殺される!」と言ってもおかしくはない。

しかし、とにかくホワイトカラーの存在も認める立場に立つとしても、吉田秀雄の遺志が電通に全く伝わっていないらしきことは、それはそれで問題である。

電通に、コレとは別に”責任三カ条”があったのも、けっきょくは、”鬼十則”が責任を規定できなかったからと私は考える。

然るに、”責任三カ条”をいくら作っても、責任から逃れたい上司は全部部下に責任をなすり付けてしまう。


資本主義がその悪弊の一翼を担っているのは確かと思う。
共産主義者にも現実的には、責任をなすりつけたい者ばかりなので、それが全てとは思わないけれども。

痛感するが、人間責任感は正直なかなか持てないもので、コレはいくら仲間であっても難しい。

責任感とは、けっきょくのところ、死ぬまで自分がどれだけ目を光らせていられるかだけで、死んだ後は正直どうなってしまうかわからない。

カエサルだって、オクタヴィアヌス(アウグストゥス)に遺志を継ぐことはできなかったと私は考えている。
オクタヴィアヌスのやりかたは独裁的で、想像力がなく、こんなヤツしか後継者がいなかったのか、と思ってしまう。

実は今日は築地市場とスカイツリーに行ってきました

書かないでおこうと思ったけれども、いろいろと発見したことが多いので書きます。

・築地市場

市場といえば、釜山のチャガルチ市場の場内外とかも行ったことがあるのですが、そこと比較してもごった返していました。

フツー観光客は場外市場だけ観るものだそうですが、10時以降は場内も入っていいとのことで、場内にも入りました。
ならば場内を縦横無尽に走る「ターレ」がもうたくさん走っていて、行ったり来たりしていて、それを見るだけでも、もう豊洲の狭い建物に入るのは難しいと思いました。

それぞれの魚屋さんが、なにかを洗っているのでしょう、水を強烈に噴射していたりして、こんなのも豊洲に移転したら難しいと思いました。

サラッとチェックしたら、5年前のものですがこのブログが、私の感じたことに上書きして詳しく書いています。

http://ameblo.jp/craftmanship/entry-11120529822.html

床が石畳になっているのも日本では珍しく思いました。

それと、築地には”場外市場”があって全体が市場になっている。
これが本体部分だけ豊洲に行ったところで、場外市場分の物流をどうするかは未解決になってしまうので、物流がめちゃくちゃになるとも思いました。

そういや、チャガルチ市場も新しい建物になっていますが、やはり豊洲と同じ問題なのでしょうか。
狭くて使いづらそうというイメージがありますし、「ターレ」みたいなものは見かけなかった気がしました。

ザ・築地市場 一般社団法人 築地市場協会
http://www.tsukiji-market.or.jp/

ココにもあるとおり、大勢の小売業者が反対しているし、移転はいいこととは思えないです。

・スカイツリー

できればいちばん上まで行ってみたい人間なので、天望回廊まで行きました。

けど見比べたら、あんま変わらなかったw

よくよく考えたら、350mのところから見ようが、450mのところから見ようが、大した違いはないのです。

周りの建物よりもそこそこ高いところから見る、というのがコツです。

私も日立製作所でダイビル勤務だった合計5年ほど、30階の食堂や24階のオフィスから何度も景色を眺めました。

雲がかかっていたらダメですが、晴れていたら、よほどガスってもない限り、遠くには富士山が見えました。

しかし、今日は晴れていたにもかかわらず、富士山どころか、南アルプスも、筑波山も、全体が見えづらかったです。

ディズニーランドの方角は、建物もなく、あまりガスを出す物質もないのか、見やすかったです。
葛西臨海公園と思うのですが、観覧車も見えました。

1回だけの感想なのでなんともですが、どうもこの数年間で、大気がだいぶ汚れたのではないかと考えます。

中国だって大気汚染が深刻と言っているじゃないですか。

そうすると日本だって、大気汚染が高まった可能性が高いと思います。

福島第一原発事故や、豊洲新市場問題で、日本政府により都合悪い情報に関していろいろと隠蔽が行われていると私は主張していますが、東京全体でも大気汚染に関する隠蔽があるはずと考えます。

でないと、富士山が全く見えなかったことの説明がつかない気がします。

伊達娘にフラれる夢を見た。コレはかなりの悪夢やなあ。けど論理的に考えてそれはないしなあ。そこから、聖徳太子が10人の言い分を聞いた逸話や、「来た、見た、勝った」がどうして生じるかについての考察

今日は休みの日。

都合あって、お昼くらいにスカイツリーの中途まで登ることになっとる。
せっかくやから追加料金払って最上階に登って、東京全体を見てやる。

さて、兵庫の実家にいて、伊達娘にリアルにフラれてどっか行ってまわれる夢を見た。

私は頑張って、夢の中だけ得た空を飛ぶ能力で伊達娘を追うけど、追いつけんねん。

しかし、やっぱこれまでのいろんなことを総合して、伊達娘が私のことを嫌いであるはずがない。

AKSとか日本政府ぐるみでいろいろと工作活動をしてきて、他人の目から見てもワケワカラン状態になっとるけど、私が伊達娘に会って見て感じた内容と、伊達娘の周囲のメンバーが言っている内容には、私に対する好意しかない。

伊達娘が私のことを嫌いと主張しとる者は、AKSとか日本政府ぐるみでいろいろと工作活動をしている者ばかりや。

けど、なかなかその複雑な構造を誰も理解せんねん。

理解せんけど、もっとシンプルに、ある意味工作員がいない状態で、ある組織に問題があるとして、自分が実際に感じたことと、周りの人々の言い分を全部聞いて、それをひとつのストーリーとして繋いだら、どういう者たちがどんなふうにおかしいのか一目瞭然で、私はいまそれでガンガンやっている。

けど、それまで問題があると数年にわたって言われ続けてきたけれども、そこまで突っ込んで整理して主張した者はおらんかったっぽい。

こんな問題を、あちこち動いて証拠を得た上で、鮮やかな論法で解決すれば、私が伊達娘に関して言うとることも、私の妄想ではなくて、リアルなのだと信じてくれるヒトが出てきてくれるに違いない。

しかし、私がやっている、自分がリアルに感じたことと、大勢のヒトが言っていることの整合性を取って、全体像を把握して相手に対峙するということを、どうしてみんなはできないのだろうか?

聖徳太子が10人の言うことを同時に聞いた、という逸話も、10人の意見を聞いて10人に対して個々別々に返した、というのではなくて、10人の意見を総合して、本質的な問題はコレ!と言って、10人全員に、「その通り!」と言わしめたんじゃないか?と思っている。

また、私は自分をよくカエサルになぞらえるけれども、カエサルが言ったとされる「来た、見た、勝った」(veni, vidi, vici)という言葉も

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%A5%E3%81%9F%E3%80%81%E8%A6%8B%E3%81%9F%E3%80%81%E5%8B%9D%E3%81%A3%E3%81%9F

まず現場を見て状況を判断する私ならばアタリマエだけれども、すぐニュースで一般的に問題となっている、抽象論の討議に持っていきがちな運動家等々だと、どうして「来た、見た、勝った」なんて状況が発生するのか理解できないと考える。

いくら運動家だって、抽象論だと念仏を唱えているだけでも、相手に対してそれなりに攻撃と思わせることができると思う。
国会答弁とか裁判の判決とかそうやな。

けどそれはもう為政者の論理に陥っている。

そうではなく、具体論で、為政者のどこがおかしいのか、”来た、見た”の段階で徹底的に調べ上げれば、論戦を仕掛ける前に勝つことは、実は可能である。

みんなどうしてそれがワカランかなあ。

私は論戦する前に、智恵で勝てると主張しとるのに、どっちかというとみんな数の論理で、さして証拠も持たずに論戦したがるからなあ。

まあ私もさして証拠も持たずに仕掛けることはあるけど、敵がクチを開いたらそれが証拠になるからなあ。

私のところに公安が来れんようになったのも、私は受けた活動を全部証拠にして、勝つストーリーに取り入れてしまうからやと思うなあ。

あと、ついでにココに書くけど、ゆかるんがもう3ヶ月くらいずっと筋肉痛と言っていて、パフォーマンスのダイナミックさが消えている。

肉体的に筋肉痛というよりも、精神的なモノを感じてまう。

21歳で筋肉痛でパフォーマンスが落ちていたら、ミュージカル俳優なんてみんなヨレヨレになってまう。

ダンスに自信が持ててないのかなあ・・・・・
さすがにもう少し情報が欲しいよなあ。

« 2016年11月16日 | トップページ | 2016年11月18日 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック