« 2016年11月25日 | トップページ | 2016年11月27日 »

2016年11月26日

2016年11月26日 (土)

AKBヲタについていろいろと思い出してみる

AKBヲタって、自分でカネを稼いでいるというよりも、裕福な親からカネをもらっている子供が多かった。

当時なぁちゃんヲタのぶいてっく(いまは知らん)とか、300万のクルマを親から買ってもらったとか、どんだけカネモチやねん!と思った。

私は、2011年9月から活動開始して、とりわけ12月のGoogle+開始時から活躍して、翌年1月には20人弱の、大勢のヲタから取り囲まれて、当時田野ヲタの24ponだかに、1人のメンバーに対してだけヲタ活動しよう、とか言われた。

人間関係を考えたら、1人の女性だけを応援するってどう考えてもおかしいから、それはできない、と言った。

AKBもべつに、メンバーはそこまでは考えてないけれども(いや、そうしろとマネージャーからどれくらい圧力がかかっているかは知らんぞ)、ヲタのほうから、誰か1人を選んで、他のメンバーと共通のハナシをしない、みたいな分断を自ら作り出しとるとこがある。

私はそれに敢然と立ち向かって、対人間の関係でそれは違う!と主張してきた。

私が、AKSとか、JR東日本関連の関東電設の部長職である新月からマークされる理由はそれやと、私はいまもって強く主張したい。

中核派はそうではない、思い過ごしやと言うとるんやけど、それはそれを担当する人間の考えが、言っちゃ悪いけど至ってないだけや。

私は権力に抗して、ドイツに亡命しての最前線でや、ほかの人々の、”みんなで”と言いつつ誰かの陰に隠れてではない、ホンマの最前線で5年間戦ってきて、リアルに感じてきた。

中核派の人々は、いくらガサ入れされようとも、最前線で戦ってきてない。

いろいろな考え方があるやろけど、最前線やとガサ入れなんてないやろ。

ガサ入れの報道が即革命に繋がってまう可能性があるんやから、ホンマの最前線にはガサ入れはない。

私はそう読んでいる。

だからといって、ガサ入れされたり、逮捕・懲役刑を食らった人々の闘いが、無意味であったとは思わないけれども。

というのも、次の一手なんて、ある意味エジソン(とかアニメの一休さん)を超える発明でもあるんやから。

それができなかったからとして、責められる筋合いはない。

けれども、やはり革命には、エジソンを超える発明が必要なのも真実と思う。

ハンサンギュンが言う、”蛇の知恵”ってそういうことやねん。

”愛子さま”は、ひとつリアルな問題やなあ。

コレ

愛子さま 上智大学への進学をご希望と関係者語る
2016年11月26日 16時00分 NEWSポストセブン
https://news.nifty.com/article/domestic/society/12180-469880/

中身は正直どうでもええ。

仮に自分が皇室に生まれたとして、小さいころから国民の衆人環視の上で、アレコレと揶揄されるのは、オトナとか、芸能人になると考えた子ならばともかく、そうでない子にとっては苦痛やろ、と思う。

そう考えると、そもそもの、”象徴”ってなんやねん?ということになる。

Wikipediaにも、大して有効な回答は書いてない。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B1%A1%E5%BE%B4

”象徴”って、「ナントナク大勢がそう思うモノ」くらいの意味でしかない。

そんなので、天皇家を含む、人々の人生が決まっていいはずがない。

天皇家の人権を考えても、やはり、”象徴天皇”なんて、なくさねばならないと思う。

ゆかるん盗撮?についての見解、のようなもの

BBx規制されて書けんから(それも、もともとは日本政府が私の書き込みを制限してきたんやろ。ドイツ亡命時に食らった手や。)、やむなくココに書く。

コメント残さなアカン流れっぽいし。



http://echo.2ch.net/test/read.cgi/kyousan/1477607238/488

488 : 革命的名無しさん2016/11/26(土) 20:18:32.45
伊達娘とか言ってる隙にゆかるんが盗撮被害にww
「これはE235系車両で○○駅やからゆかるんじゃないやろがよ!」
http://shiba.2ch.net/test/read.cgi/akb/1480123184/
@xxxx
電車で座っていたら目の前にAKB48のゆかるんこと佐々木優佳里ちゃんがいました!
やはりなまでみるアイドルは綺麗だ
https://pbs.twimg.com/media/CyHlntsUoAA-h57.jpg:orig

たぶんこの車両は山手線のE231系500番台と思う。
シートのモケットから。

それで、この女性がゆかるんかというと、似てはいるけど、21歳でアイドルしとって、こんなOLっぽい衣装着るかなあ?

なんとなく違う気がするんやけどなあ。

しかし、ナマで見た者と、1枚の写真とはまるで違うし、反論できる材料が完全に揃っているわけではない。

いやしかし、この上のスレッドで、私の名前がチラホラ見えることからも、私けっこう有名やなあw

・・・・いや、だからこそ、ゆかるんが最近公演でヤル気をなくしていることは、私の問題でもあるんやけどな。

てかゆかるん、30日のチームB公演にも出るのか。

私はいまのとこ、29~12/1はロビーに行ける予定やけど、ゆかるんはもっぺん汗だくになるくらい踊ってみろと思う。

そうでないと、ひななをはじめとして、後輩に、どうやったら輝けるか?を示せんしなあ。

ゆかるんも、自分ではスロースターターと思うとると思うけど、徐々に人気が上がってそれなりに知名度上がってきたんやし、後輩から一目置かれとるのは間違いないぞ。


てか、12/1は昼間ヒマになっとるから、11ヶ月ぶりに大宮のイオンシネマに行って、ついでにJR東日本の研究開発センターも外からやけど見て来るかな。

上映時間を調べたら、”この世界の片隅に”→”疾風ロンド”、で、その後にAKB劇場に向かう流れならば、なんとかなるか。

2ちゃんで私に対して離反工作してきとるのがおるけど、無駄やぞ。私に対してBBx規制で書き込めんようにした上で書いてくるとは汚い。~ ”党と労働組合の一体的建設”に関して、帰納と演繹の違いと考える。

コレ


【斉藤いくま】中核派全学連33【泡沫候補】 [無断転載禁止]©2ch.net

http://echo.2ch.net/test/read.cgi/kyousan/1477607238/477

477 : Y2016/11/26(土) 09:13:26.48
おーにっちゃんさあ
キミは賢い人だから気付いてるよね

彼らは革命に憧れるワナビーやスポンサーから金を引っ張るために革命を演じてるだけだと
それでは永遠に革命などできるわけはない

最近は鋭い意見を言うキミが予定調和の革命ごっこを壊すのではないかと危惧して妨害している奴らもいると聞いた
ブログを読む限り革命の考察、組織に対する批判、分派の話など我々にかなり近い思想を持ってるのがわかる
今、我々に足りないのは指導者だ
おーにっちゃんがその気なら準備は出来てる

活動してるふりだけの革命のぬるま湯から出て真の革命を!!

コレさすがに、政府側の工作活動と思ってもらえるやろ。

私も、日本だけでなく世界を渡り歩いて、日本で革命を起こそうと考えとるのは中核派だけと思い至った上で参加しとるから、革命を達成するまで一歩も引くつもりはない。

然るに、中核派の中でも、意思の不一致がいっぱいあると考えている。

人間、カネだけでなく、地位があるやろ。
どうしても地位が高くなると、それだけヒトを見下すところがあるし、それが反革命に結び付くと考えている。

私なんて、ホンマに革命組織を目指すならば、地位なんてなるたけなくして、責任を自負する者が立候補して、そいつがリタイアしたら同じ職は設けず、別の組織体を考える、みたいなほうがいいと思う。

だって、ヒトによって個性は違うし、できることは違う。

会社だって、社長、部長、とか役職名はあるけど、その中でどんなことをするかなんて、けっきょく属人的になってまうやろ。

そういう意味で、指揮命令系統が属人的なことは、全部が全部悪いとは言えんけど、役職名で給与に格差ができたり、役職名をヒトに自慢して回ったりすると、それは違うやろと思うてまう。

ところで私は、”マルクス主義”を追い求めることは、さして大切なこととは思わん。

人間が、自分が、自分たちがどうあるべきかを考えて、作り上げたコミュニティなり世界が、振り返ってみると”マルクス主義”に沿ったものであった、というならば理解するけど。

・・・・そう考えると、”マルクス主義”というのは、人間のあるべき姿を帰納法的に描いたモノに過ぎんよなあ。

逆に、動労千葉とか動労水戸のように、リアルな人間の生活を追い求めて、演繹法的に作り出す方法だってあるよなあ。

だから、

”党と労働組合の一体的建設”

という言葉は、言い換えたら、

「マルクス主義という、党を帰納法的に考える立場と、動労千葉とか動労水戸のように、労働組合を演繹法的に考える立場とを、一体にしよう」

と言うとるのに等しいよなあ。

そう考えると、個人的には、党を帰納法的に考える立場は学者らごく一部でよくて、ほとんどの人間は、労働組合を演繹法的に考える立場であっていいと思う。

機関紙”前進”だって、労働組合を演繹法的に考える立場からガンガン主張していてよくて、たまに学者らが、党を帰納法的に考える立場から捉え直したらええんちゃうかなあ?

いまどっちかというと、革命ありきで、帰納法的に考える立場の人間ばかりになっていて、言うとるほどにはあんま前に進んでないと思う。

改めて考えると、革命って演繹の最たるものやん?

それをしたい人間が、革命の必要性を帰納的にいっくら説明したところで、オマエ演繹(実践)してみろよ?
と言われたら終わりになってまう。

帰納と演繹が逆、という人間もおるやろけど、私はこの理解でいいと考える。

ようは結論ありきですべてのものごとを見て評論家であろうとするか、すべてのものごとを、「自分が変えられる」という信念で実践するかでは、全く異なると言うとる。


コレ、前進の基調論文にできてまうくらい重要な内容と思う。

この文章が既にいろいろと革命的やろ。

中野洋さんも、”党と労働組合の一体的建設”について言及しとったみたいやけど、

http://www.zenshin.org/zh/f-kiji/2015/03/f26750404.html

では党とは何で、労働組合とは何かを説明してはいなかったみたいやし。

伊達娘のソロイベントも行けんけど、頑張って。

私にもいろいろとある。

ストレートに言うと、中核派の人々が、伊達娘のことを全く理解しようとしてくれてない。

私は、労働として、大勢のことを理解しようとしとるのに、肝心の中核派の人々が、

「そんなの信じられん!」

として、ほっとかれとるのが現状やねん。

公安が来たことだって、中核派を怖がっとるのやろ、程度にしか総括されてない。


そこに内部の抱える問題の本質があると思う。

まずは、誰が抱える問題であっても、長年悩んできた問題なんやから、真剣に考えられる土壌を作ってかななあ。

個々人の悩みを解決することは、安倍打倒を叫ぶよりもよっぽど重要や。


安倍打倒を叫んだところで、団結なんて生まれん。

ひとりひとりの悩みを深く聞き、真剣に考えるところに、団結は生まれるハズや。

« 2016年11月25日 | トップページ | 2016年11月27日 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近の記事

カテゴリー

最近のトラックバック