« 2016年11月29日 | トップページ | 2016年12月1日 »

2016年11月30日

2016年11月30日 (水)

伊達娘に弁明するけど、私がゆかるんが住むというらしき大宮-日進のあたりに行くのは、さまざまな理由があって・・・

・・・・・・・ってそれは伊達娘にとっては理由になってないかw

いやしかし、それはのちのちわかる。

けど純粋に、ゆかるんを追いたい気持ちもあったりナントカカントカ・・・

私自身はあけっぴろげな性格やけど、やっぱそれはオトコだからできることであって、オンナがあけっぴろげだと違うというか・・・

宣伝という意味では、伊達娘のほうがいいと思う。

けど、自分の彼女というか、妻にしたい性格というか、そんな感覚はゆかるんのほうがあるなあ。

私と伊達娘って、性格的に似ていると思うよ。

けど、オトコとオンナって、性格的に似ているからといって上手くいくわけちゃうし。

そういう意味では、伊達娘よりも田野のほうが、とことん追求するという意味で、性格的に似ていると思うところもある。


しかしまあ、みんな12期やん。

将来結婚して子供つくって、ということになると、どうしようかと問題になるやろけど、その一歩手前で、12期のメンバー+私という、大きな意味での団結ってできると思うねん。

そんなのは、ぶっちゃけていうと、婚姻届とか、DNAとかいうところのハナシではなくなって、けっきょくは私とどれだけ理解し合いたいか?ということになるよなあ?

人間、結婚とか子供とかよりも、やっぱお互いに理解し、それぞれが言っていることを尊敬する、それが核心と思う。

ココでハナシを逸らすけど、私はぽんみゆとかひらりーとかと分かり合って結婚したって、いいと思っている。

相手の意見を徹底的に聞いた上で、分かり合えること、これこそが大事やねん。

私宣伝という意味においても、けっこう拡散力あるんちゃうかと思う。

私のブログのアクセス見てみな。

085

私も知らんけど、前進社ブログよりは圧倒的に多いはずや。

鈴木たつお選挙で聞いた、ブログのアクセスの数字も、私のアクセスとは正直言って比べもんにならん。

だから、中核派的に、私のブログのアクセスって、無視できんはずやねん。


けどな、私がそこで居丈高に、自分こそがトップだ!と言うのは違うと思う。

いっくら数字を上げていようとも、やはり理論とか、これまで長年応援してきた人々の思いを考えんというのは違うと思うねん。

けど、それでも、私がこれまで中核派が獲得できんかったほどの興味を、インターネット上で惹いとるという事実もある。

私は、大勢の意見を聴いて考えて、インターネット上の興味を、リアルの闘いに反映する、そこをやれてこそ、日本の革命情勢を拓けると思う。

私自身、まだまだ変われなアカンところがあるし、別に私が新しい境地を切り拓いていると思わず、
「いやそれは違うんじゃないか」
とフランクに言ってくれるヒトがいて、それを基にして考えて、私自身またひとつ次に進めると思う。


しかし、ひとつだけ、中核派に対して言いたいのは、中核派が、ブルジョワ階級として規定していたAKB、そのAKBの中にだって、動労の労働者と同様に、AKBの労働者というのは当然のようにいるはずで、そこには成年ではなくて、未成年であり、女性である、非常に弱い立場の労働者がいる、という現実から目を背けたらアカンということは主張するし、

AKBの中高生は、中核派のアタマガチガチの人間よりも、よっぽど目の前の現実をリアルに汲み取ってくれる、だって彼女らは陰の労働者というよりも、いつも公演で衆目に晒されとるんやから、中核派のアタマガチガチの人間よりも、よっぽどリアルな闘いを日々している、と主張する。(日立製作所もたいがいガチガチやったけど、残念なことに中核派のほうがもっとガチガチや。そこには正直失望している!!!)

そんな、彼女らの闘いに対して正当に賛辞を述べる意味を込めて、私はAKBの公演の感想を書いている。


中核派のアタマガチガチの人間は、たぶんそんなの理解せんやろし、理解してもらおうとも思ってない。


しかし、いまは大勢じゃないから理解してもらわなくとも、大勢を取って理解してもらうことは可能と思っている。

大勢じゃないから理解しない、という姿勢は、革命を掲げる中核派として根本的に問題なんやけど、大勢を取って理解してもらうしかないという現実も理解するし、私はその現実的な闘いを真正面からやる覚悟で、いまこうして書いている。

明日はイオンシネマ大宮と、その裏にあるJR東日本研究開発センターを見に行こう。いやJR東日本研究開発センターは外観だけやけど。 ~ 都労連について、中核派もっとちゃんとやれ!いや、他人事ではなくて、一緒にやろう!

JR東日本研究開発センター、元旦に行ったけど、今回ちょっと思うところがあって行く。

そう書いたら、わかるヤツにはわかるやろけど。

ゆかるんちゃんの家がすぐ近くにあるというのは、ガチなんかネタなんかワカランけど、ちょっと気にはなるかなあ。

ほとぼりもさめとるしなあ。

まあ、それはしないでおこうか。

てか最近ゆかるんが怪しいのは、なーにゃに共通するとも思うし、仮になーにゃが肩たたきされて卒業したなら、ゆかるんも卒業間近なのかと思うてまう。

しかしゆかるんも美貌の割に干されとるし、家の影響もあって、けっこう外に出されとった伊達娘と違って、ゆかるんはもう少しAKBにいて、もう一度パフォーマンスを磨いたほうがいい気がするなあ。

てか私が有名になったら、ガチでどうなるのかなあ。

韓国情勢だって、中核派的にはずっと前から革命情勢と言ってきて、民主労総の闘いが進んだだけなんやけど、テレビではパククネの汚職の問題みたいになっとるらしい。

それを突然テレビも報道せなアカンようになっとるんやから、私の問題だって、ワッと騒いでテレビも報道せざるを得んようになる可能性だってある。

だって、私が5年にわたって、日立製作所からの日本政府から、さまざまにおかしな攻撃に晒されてきたことなんて、ガチで問題視されたら、人権とかなんとかもういろんな矛盾が総合して、ワッ!と広がっておかしくない。

そういえば、小池百合子が、都に設置する公益通報窓口は、都の職員の問題を対象にするもので、しかも都の警視庁は管轄しないとか、ふざけるなと思う。

公益通報窓口ってけっきょくのところ、都民の通報をキチンと受けるところなどではまったくなくて、小池百合子ら権力者の側が、潰したいと思う者に対して、

「あなたに対してこのような匿名の通報がありました」

とデッチ上げて、潰したいと思う者を潰す攻撃でしかない。

仮に公益通報というものが、ちゃんと実行されるのであれば、私の日立製作所に関する公益通報なんて、いの一番に実行されとかなアカン。

だから、都庁職のヒトが、私の日立製作所に関する公益通報を、経済産業省がちゃんと取り扱わんかったことを取り上げて、

「公益通報なんて制度は、権力者側の恣意で決まるもので、権力者側の不正を暴く手段としては機能していない実例があるではないか!」

と糾弾する方法だってあるよなあ。

証拠とアタマは使いようなんやけど、言っちゃ悪いけどまだまだ中核派も、証拠もアタマもまだまだ使ってない。

いや、私責任取るから、公益通報なんてのがいかにデタラメかを、私を例に取って小池百合子に対して突き付けようよ。

そんな闘い方だってあるぞ。

まあ、権力者はどんどんボロを出しているのだから、私の闘いを最前面に出さなくてもええかもやけど、とにかく証拠を徹底的に考えて、27個のビー玉から1個の重いモノを見つけるのに、3回天秤を使って見分けるような、アタマを最大限使う”蛇の知恵”で、権力者をとことん追い詰めなアカン。

まだまだそれが、私から見ると甘すぎるっちゅうねん。

”運動しよう!”の名の下に、”蛇の知恵”を考える労力を放棄しとるところがどうしてもある。

労働者のチカラは当然大事やけど、労働者が寄り集まって、アニメの一休さんに勝てるような”とんち”を考えつくことだって重要やねん。

”とんち”を考えつくのは、東大生よりも、現場の労働者のほうが得意やったりする。

だいたい、戦後日本で最大限に”とんち”を考えついたのは、田中角栄ちゃうんか?(いや、内部的には中野洋とか辻川慎一とか言われそうやけど・・・・・・・・・・・)

中野洋から思いついたけど、私ペンネームを大西洋にしたらええんちゃう?英語で自己紹介したら、”アイアムパシフィックオーシャン!”とか。(いやそれもうペンネームちゃうし)

まあ、勝てる方法はいくらでもあるし、私の考える方法でなくてもよくて、大勢が納得した方法のほうが、それだけモチベーションが上がるしいいと思うけど、とにかく、勝てるという展望があるということが決定的に重要と思う。

私が、フツーこれまでの労働運動路線で誰も書いてこんかったようなことを、しゃあしゃあとブログに書いてまうことも、ハッキリ言ってもう日本政府に勝てる展望を私は見出しとるから、というのがある。

そしてそれは、必ずや、結婚もできずに、最低の生活を味あわされている、大勢に伝わるよ。


あ、ついでに伊達娘にひとつ言うとくと、”#スーダン再演”って、”スーパーダンガンロンパ”というのが文字で見たらわかるけど、”スーダン”っていま日本政府が韓国派兵の口実にしとる、南スーダン派兵につながるから、その言葉の使い方は慎重になったほうがええと思うよなあ。

私も型破りなことをしてはいるけど、型破りなことをしているからこそ、そんなめんどくさい語句による誤解があり得ることを、ついつい考えてまう。

2016/11/30 AKB48 木﨑チームB ただいま恋愛中公演 感想

総括

途中から観たけど、年長メンバーがよくできとると思った。

10日ほど前にあった、公演のマンネリ感は、だいぶなくなって、メンバーがまたヤル気を出してくれとると感じた。


まゆゆはたまにしか出んからイマイチかなあ。
以前はもう少しできとるイメージがあったけど、若手から押されとるのもあって、あんまいいとも思わんかった。

やっぱ、私は、人気があるメンバーはどんどんひとり立ちして、公演ヤル気がある若手が出てきて、練習台にするのが本来の公演のあるべき姿と思う。

まゆゆもドラマコケてもたし、AKBという肩書きがなくなっても、ちゃんと生きてける人生設計をすべきときにきていることを実感して、なにか次に繋げて欲しいと思う。

En4 なんて素敵な世界に生まれたのだろう

ゆいりリズムいいぞ。

れいちゃんがオーバーアクションでいい。

あゆちゃん、・・・お、あえりよく動けとる。顔がよく動いとる。

りょーちゃんもこれまでになく動けとる。

チームB 映像

En3 ハイテンション

せいちゃんセンターか。

お・ど・れ!で上手最前がめちゃくちゃ踊ることになっとるんか?
誰か判別つかんかったけど。
黒髪長髪に見えた。

En2 制服が邪魔をする 

うめたまずまず動けとる。

きらちゃん、変な指摘で悪いけど、"あん"の声が想像以上に引くて、なんか合ってなかった。

うめたやっぱ音程良くなったと思う。
音程というより安定感か。
音程はまだちょい低いけど、安定感があるぶん聴いていられる。

En1 LOVE CHASE 

もえきゅん動けとる。
その前のまきちゃんはイマイチかなあ。

れいちゃんよく動いとる。

まゆゆもっと元気欲しいなあ。


アンコール


M13 軽蔑していた愛情 

きらちゃん、れいちゃん、ええなあ。

もえきゅんちょい動きが強引やなあw
まあそれが持ち味やけど。


MC 後半
みやび/りょーちゃん/あゆちゃん/うめた/あえり/もえきゅん/ゆいり/あやか

お題:成長したこと

あえりは自己紹介MCで、なかなか成長できんとか言われとる。

りょーちゃんが、みんなの身長の成長が、と言うとる。

ひななともえきゅんで2人ともサルと言われとったけど、最近サルと言われんって。

あやかは、後輩苦手やったけど、ドラフト2期のおかげでドラフト2期の母とか言われて、成長できたって。

そういや、あーやは13期のおかげで成長したとこあったよなあ。


MC 前半
せいちゃん/きらちゃん/れいちゃん/まゆゆ/まちゃりん/ひなな/いずりな/まきちゃん

お題:AKB紅白について

まちゃりんは去年デビューしたって。
1年でだいぶ上手くなった。

ひななは寸劇が好きと言うとる。
女優志望なんやろなあ。


写真撮影 まゆゆセンターでみりんの日ポーズ
・・・なんかシュールやなあ。


M12 BINGO! 

あゆちゃんとせいちゃん、まちゃりんええなあ。

まゆゆあんま動けてないぞ。

縦横無尽に動いとって、あゆちゃんすごくええなあ。

きらちゃんもスカートめくれるほど動いとる。

もえきゅん、客席にバイバイした。

あゆちゃんがいっちゃん目立っとる。


M11 君が教えてくれた 

せいちゃん動きいいぞ。

あゆちゃん元気いっぱいやなあ。
前回調子悪かったのかなあ。

もえきゅん、手がよく動いとる。

きらちゃん、よく動けとるぞ。


M10 Mr. Kissman 

あやかはハーフツインにしとるなあ。
どんな風の吹きまわしやろ。

センター下手のれいちゃんがええなあ。

あゆちゃんもいいぞ。

まちゃりん、だいぶ踊れるようになったけど、左右の振れはまだまだたどたどしいなあ。

ゆいりもハーフツインやなあ。
りょーちゃんと揃えたか。


M09 ダルイカンジ 

まきちゃんおるなあ。
さっき誰かと見間違えたか。

MC  りょーちゃん、ひなな、いずりな
お題:3人の共通点

いずりなは里芋の煮物が好きとか。

ひななは4人兄弟やって。
3人はオトコって。

ナスが嫌いと、ひななといずりなは合うたけど、りょーちゃんは好きって。

ひななといずりなはピンクが好きやのに、りょーちゃんは黒って。

最後に、赤くて丸いモノをせーの!で言うたら、リンゴで揃った。
0点、とかはないんやな。


M08 帰郷 りょーちゃん、ひなな、いずりな

りょーちゃん、歌まだまだ低い。
前と同じ指摘。
いや、若干良くなったかな。

ひなな動きがオーバーアクションでオモロイ。

いずりなもいつもよりもオーバーアクションなんちゃう?

りょーちゃんははるきゃんみたいなイメージのツインやなあ。

ひななの手芸がオモロイ。

M07 Faint うめた、あえり、あやか

アレあえりやんなあ。

うめた歌上手くなったかも。
メンバー判別ばっか気にしとったけど、うめたのこれまでの低さから考えると高いと思う。


M06 純愛のクレッシェンド せいちゃん、ゆいり、みやび

この3人歌ええなあ。

ダンスはせいちゃんがいっちゃんええか。

せいちゃん音程安定しとる。

ゆいりってけっこうセクシーやなあ。
そういやゆいりは、あんま露出ない服ばっか着とる気がする。


M05 春が来るまで もえきゅん、まゆゆ

まゆゆでもゼンゼン声援聴こえん。
防音が良くなったのかなあ?

もえきゅん、もう少し内股にできんかなあ。
もえきゅんのほうが見応えある。

2人とももう少し音程高くできんかなあ。
そのぶんなんか歌としてノリ切れてないと思う。

なんかまだまだ棒やなあ。


M04 7時12分の初恋 ノザ、れいちゃん、きらちゃん、あゆちゃん、まちゃりん

ノザに全然声援聞こえんぞ。

いや、みんな聴こえんか。

声援少ないかもなあ。

てかアレノザやんなあ。

あゆちゃんよく動けとる。
きらちゃんもいいぞ。

きらちゃん脚の広げ方が可愛い。


MC

途中から来た。

まちゃりん/ゆいり/もえきゅん/せいちゃん/あやか/みやび
ゆいり/あえり/うめた/りょーちゃん/いずりな

お題:神がかっていること  らしい

みやびが、ゆいりのことを「愛してる」と言うたら、ゆいりが"重い"って。
そりゃそうかなあ。
オトコから言われても重いかなあ。

内部で言ってもまだダメやから、中核派についてのグチを。

ココで書いているように、私が日立製作所を不当にも懲戒解雇されたことは、それだけでイロイロと問題やねん。

けどそれを中核派内で言うたら、

「君はもう日立製作所で働いてないのだから、日立製作所のことは言うな!」

と、怖いカオをして言われてまう。
それが実態や。
私はそのヒトとは、なかなか分かり合えん。


ならば、

「君はもう国鉄で働いてないのだから、国鉄のことは言うな!」

と言うかというと、"国鉄決戦"とか言ってめっちゃ重要な戦いと規定しとる。
そんなコト言うたら、動労のヒトから半殺しにあうやろ。
・・・そこまではされずとも、信頼はなくすやろ。

"国鉄決戦"を私は否定しないし、ちゃんと戦うべきとは思う。

けど、だからといって、私の戦いをガン無視するって、都合良すぎないか?


インターネットで検索しても、中核派は動労の戦いだけをやっているという批判があるんやけど、動労のヒトの多くは他の闘いと共闘しようとしとるヒトが多いと感じる一方で、党の中で動労の戦いだけをやっているヒトも現実に多くて、

「我々の戦いのほうが正しいんだから、オマエの低レベルな戦いはやめて、共闘しろ!」

というような高圧的なヒトがいるし、物腰柔らかく見えても、そんな思想に染まっているヒトも多い。


やっぱ、国鉄決戦で闘うためには、ひとりひとりの目の前の闘いを無視したらアカンし、ひとりひとりが目の前の闘いをやり切れてこそ、国鉄決戦に共闘しようという機運が、もっと高まるとも思う。

動労の人々も、こんな強引なやり方は否定して、自分らが闘うためには、同じだけ、他の闘いを知り、共闘しようと、クビをつっこんで考えようと、もっともっと思わなアカンとも思う。

鍵穴の意見に対して、中核派として日立製作所に対して反論したほうがええんやけど、中核派内部で、「インターネット内の意見を気にする大西のほうが問題だ」とかいう意見が主流なのがおかしい、という二重のおかしさがある。

コレ

http://onicchan.cocolog-nifty.com/blog/2016/11/post-7c96.html#comment-114064776

大西さんは日立の人間として出席していたのですから、日立内部の意見のみを表明すべき立場にありました。
大西さんが勝手に発言し勝手に契約することにより、日立は表見代理の責任を負うことになる可能性もありました(表見代理と認められると、無権代理人たる大西さんの行為により日立が契約城の責任を負うこととなります)。そのような危険な行為をする人間を会社の代表者として派遣しないのは当然の思考です。

投稿: 鍵穴 | 2016年11月30日 (水) 10時46分

鍵穴の意見は、誰がどう見ても日立製作所の意見を代表しているから、中核派が労働組合として、私に対して日立製作所が為した懲戒処分について、解雇撤回は主張しなくとも(私自身に復職の意志がないから)、懲戒処分が誤りだったことを認めさせることは本来可能なはずや。

そして、そもそも、”日立は表見代理の責任を負うこと”もへったくれも、会議に出されているのだから、私が会議内で考えたことを言うのはフツーで、会議内で考えたことであっても、言ってはならないと、それこそ日本政府が判定するならば、じゃあ会議ってなんやねん?ということになる。

ただ現実的に、中核派内部だって、会議を表面的に行いたい人間が多くて、そこを問題にしたくない者だって大勢いると考える。

だから、会議をどういうものと捉えるか?がひとつのポイント。

鍵穴は契約がナントカと書いているけれども、会議の発言は契約とは違う。
別に私が契約書にサインして損害を負わせたのではないから。

ついでに言うと、結論からいえば誰が言い出そうが、輸出をしたいメーカーの側が草案の検討をする、というのはなんらおかしな流れではない。

国交省の下村さんも、鉄道総研の草さんも、その他全員も、私の意見に賛成したんやから。

そしてその上で、もうひとつのポイントとしては、いっくらインターネットのバーチャルで、”鍵穴”という匿名の者が書いたとはいえ、もうこれは日立製作所の弁明であるのは間違いないのであるから、やはり書面で整理して、こういう考えはおかしいんじゃないか、会議で考えたことを討論できて当たり前じゃないか、それこそ労働者の権利だろう、と、日立製作所や、その上の日本政府やなにがしかに対して、正式に抗議すべきと、私なんか考えるんやけど。

2つ挙げたけど、けっきょくポイントとしては同じか。

内的にどう考えるか?を考えるのと、それを外部に向けて整理して正式に発信して確かめる、という違いと言ったほうがいいかな。

とにかく、この問題も、本来曖昧にしていいはずがない。

伊達娘をブスとか書いとるのがおるけど、私が美人と言うたらええだけやろ?

美人かブスか、って、芸能人に対してよく議論になるし、たぶん実際は誰かの彼女に対して、仲間内のウラで話題になったりするんやろ。

そもそも私は彼女がいない人間の中にいたから、そういうのは経験したことがないけど。

けどな、世の中の女性を見ていると、こういうとこが可愛いなあと思いながらも、この娘の写真をアイドルと並べたら、ブスと言われてまうよなあ、と思ったりもする。

そう考えると、けっきょく、誰がなんと言おうが、自分はあなたのことを美人と思うとか、可愛いと思うとか、言うたらええんやし、それは仲間内のウラで話題にするときだって、「あいつブスだよな~!」って言うヤツがいても、
「いや自分は美人と思う」とか、「いや自分は可愛いと思う」と言うたらええだけやろ。

それだけちゃうんか?

逆にいうと、自分の嫁さんのことを捕まえて、みんなから、「あなたの嫁さんブスだよね~」と言われて、ウンウンとうなづいとる旦那がいるとすれば、その旦那は張り倒したらいいと思う。

平均的な顔からいうとどうかというのはもちろんあるやろけど、それを置いといても、このヒトのことを可愛い、一緒にいたい、と思うから結婚したんやろし、それをみんなの前で頑として主張できんようなヤツは、オトコとして失格や。

ついでに、このコメントを上げるついでに、カテゴリ選択画面をクリックするのをミスって(w)ひらりーのtwitterをたまたまクリックしたら、ひらりーはいまアメリカにでも帰っとるんかな?
”一瞬だけ日本帰って買いたいよー”と、日本にいない旨を書いとるし。

https://twitter.com/hirari_official/status/803721858742775808?lang=ja

ひらりーはまた両国でバイトせんかなあ?
私もついでに、たまに店先のぞいたりはしとるんやけど。

私がホームドアの国家戦略を決めたとき、鉄道会社もメーカーも国交省も鉄道総研も、全員一致したぞ。~ 革命を起こす上でのいろいろな課題について

コレ

http://onicchan.cocolog-nifty.com/blog/2016/11/post-1409.html#comment-114064241

突然発言して、片方の肩を持つような発言をする人は、そりゃ会議に出させて貰えなくなりますよ。
メーカーはさぞかし怒ったでしょうし、クレームもひどかったでしょうね。

全体の調和を図れない人間は、誰の悩みも解決できないという良い例です。

投稿: ら | 2016年11月30日 (水) 04時43分

このコメントは、事実を無視していて、実際は私の意見で全員一致したんやけど・・・・・・・・・。

但し、安全性の担保としてのチェックは鉄道会社に見てもらいたい、と、国交省の下村さんから言われて、そこは修正されたけど、そらとりわけメーカーは輸出に有利な規格化を考えて打ち合わせしとったんやから、それを進める方針が出たんやからどこも問題なかったやろ。

だって日立製作所だって、会議で決められた意見ならば、日本の最大企業だから、水戸工場に検討させよう、という流れは自明やったんや。

それを、私が率先して、こういう手順で決めよう、と言ったもんやから、「オマエにそんな権限はない!」と言って怒られた。

いやけど、私に発言権があると内部で思おうが思わなかろうが、どっか1社だけで草案を検討するのではなくて、全部の会社で協議して検討しよう、という流れになるのは目に見えとった。

私は触媒の役割をしただけや。

いやもちろん、いまとなっては、鉄道を輸出することにより、途上国から資金をかすめ取る材料に率先して加担していたのは問題、と労働者の仲間から言われることはあるかも知れんし、さらにはホームドアは自動運転に繋がるから、そんなの積極的に進めた大西は許せん、という労働者もおるやろ。

けどそれだって、ウラを返せば、私は鉄道システムの安全性の弱点を知っとるわけやから、労働者がその気になって闘ってくれたら、鉄道システム全体を俯瞰してココが問題!と、理路整然と説明できるだけの考えはあるつもりや。

だいたい、ホームドア自体は、触車事故を減らせるんやし、必ずしも悪くなくて、ホームドアを設置することにより、駅員とか乗務員を減らすことにこそ問題がある。

ついでに言うと、鉄道車両の軽量化はどうしたらええのか、安全性は、どこまで検討したらええのか、私もよくわからん。

たとえば新幹線が脱線転覆したら、大勢死んでまう可能性があるのは否めない。

それを全部防げるように、車両をめちゃくちゃ頑丈にして、シートベルトを着けて、ついでに軌道狂いなんかも毎晩チェックしてめちゃくちゃ頑丈な線路にしたらいいかというと、それはホンマにシステムのあるべき姿なのかは疑問が起きる。

道路と交差するところでは、タンクローリーが落っこちてこんように、道路側を頑丈にしたら済むやろし、さすがに隕石が落っこちてきたことのことまで考えるのは不可能やろ。

駅で自殺する人のことを考えたら、駅員は普段ヒマでも、もう少し増やしたらいいとも思うし。

やっぱ、いろんな面を考えると、鉄道をどういうふうにしていきたいか、みたいな議論を、学者とか資本家の側からだけでなくて、自分たちはどういうふうにしていきたいかをちゃんと議論できるところが欲しいよなあ。

だから、革命情勢ということも考えると、たとえば動労が全部集まって、じゃあ自分達が考える鉄道ってどうあるべきなのか?というような議論があってもいいと思う。

そんな議論をしたら、どうしてもいろんな職場の人々の意見も聞かなアカンやろし、そうすることによってヒトの意見に耳を傾けられるようにもなると思うねん(正直革命家の大勢はコレが苦手やしw)。

私は、年配の方から眉をひそめられながらも、どうしてもマルクス主義よりも先に、自分の周りの人とか、悩みを持っている人とか、そういうヒトの声を聞くことのほうが先なんちゃう?と思うてまう。

いろんなヒトの話を聞いても、そうやって、ある程度ヒトの意見も聞いた上で、人間とはこうあるべきなんじゃないか、という意見を自分なりに持った上で、マルクス主義を読んだら、マルクス主義を”お勉強”としてではなくて、実践の上でどう活かせるか?を考えられるように考える。

私の意見、違うと思うヒトがいるならば教えて欲しいし、またマルクス主義の中でもこういう理論を先に学んだらいいと思った人がいたら、それを教えてもらえてもいい。

私の理解でいうと、”マルクス主義”って、つまるところ人生哲学でしょ?

だから、カリキュラムで覚えられるようなものではなくて、自分が苦闘したものと、マルクスが言っていることとを照合して、どう感じるかやと思う。

ただ正直、マルクスが言うとるのは抽象的過ぎて、それを読んで全員が同じ受け取り方をするかおぼつかない、というのも問題とは思っている。

国語の試験だって、マルクスよりも簡単な文章が出されるにもかかわらず、正答率60%とかやったりするんや、そんな現実も見据えて、難しいマルクスの主張を、平均の正答率も導き出せんような人々に対して、どう討論してったらいいか、そこまで考えな、学者・資本家などのエリートを除いた大勢で革命を起こす、なんて正直まだまだ難しいよ。

« 2016年11月29日 | トップページ | 2016年12月1日 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック