« 実は今日は築地市場とスカイツリーに行ってきました | トップページ | 2016/11/17 AKB48 峯岸チームK 「最終ベルが鳴る」公演 感想 »

2016年11月17日 (木)

電通の”鬼十則”がいま女子社員を自殺に追い込んだとして問題になっているそうだけれども、そんな表面的な問題ではない

この記事を読んで


電通「鬼十則」取りやめ検討=来年の社員手帳への掲載 2016年11月17日 20時28分 時事通信

https://news.nifty.com/article/domestic/society/12145-2016111700861/

女性新入社員が過労自殺した問題を受け、電通が4代目社長吉田秀雄氏の遺訓「鬼十則」について、来年の社員手帳への掲載取りやめを検討していることが17日、同社への取材で分かった。
「鬼十則」は1951年に制定された。「取り組んだら放すな、殺されても放すな」「仕事は自ら創るべきで、与えられるべきでない」などの10項目から成り、今も社員手帳に掲載されている。しかし、以前から長時間労働を容認する背景になっているという批判があり、自殺した高橋まつりさん=当時(24)=の遺族も問題視していた。

そんなに”鬼十則”がおかしなものか、調べてみた。


電通「鬼十則」、そして電通「裏十則」 2007年03月16日 04時37分00秒

http://gigazine.net/news/20070316_dentsu10/

単体では世界最大の広告代理店である「電通」には4代目社長吉田秀雄によって1951年につくられた電通社員、通称「電通マン」の行動規範とも言える「鬼十則」と呼ばれる非常に有名な言葉があります。いわく、

1. 仕事は自ら創るべきで、与えられるべきでない。
2. 仕事とは、先手先手と働き掛けていくことで、受け身でやるものではない。
3. 大きな仕事と取り組め、小さな仕事はおのれを小さくする。
4. 難しい仕事を狙え、そしてこれを成し遂げるところに進歩がある。
5. 取り組んだら放すな、殺されても放すな、目的完遂までは……。
6. 周囲を引きずり回せ、引きずるのと引きずられるのとでは、永い間に天地のひらきができる。
7. 計画を持て、長期の計画を持っていれば、忍耐と工夫と、そして正しい努力と希望が生まれる。
8. 自信を持て、自信がないから君の仕事には、迫力も粘りも、そして厚味すらがない。
9. 頭は常に全回転、八方に気を配って、一分の隙もあってはならぬ、サービスとはそのようなものだ。
10. 摩擦を怖れるな、摩擦は進歩の母、積極の肥料だ、でないと君は卑屈未練になる。

というもの。これは割とよく知られているのですが、その逆バージョンである電通「裏十則」というものもあったようです。

詳細は以下の通り。
裏十則 | Blog | nozomu.net - 吉田望事務所 -
1)仕事は自ら創るな。みんなでつぶされる。
2)仕事は先手先手と働きかけていくな。疲れるだけだ。
3)大きな仕事と取り組むな。大きな仕事は己に責任ばかりふりかかる。
4)難しい仕事を狙うな。これを成し遂げようとしても誰も助けてくれない。
5)取り組んだらすぐ放せ。馬鹿にされても放せ、火傷をする前に…。
6)周囲を引きずり回すな。引きずっている間に、いつの間にか皆の鼻つまみ者になる。
7)計画を持つな。長期の計画を持つと、怒りと苛立ちと、そして空しい失望と倦怠が生まれる。
8)自信を持つな。自信を持つから君の仕事は煙たがられ嫌がられ、そしてついには誰からも相手にされなくなる。
9)頭は常に全回転。八方に気を配って、一分の真実も語ってはならぬ。ゴマスリとはそのようなものだ。
10)摩擦を恐れよ。摩擦はトラブルの母、減点の肥料だ。でないと君は築地のドンキホーテになる。
実際に企業に入って働くのであれば、むしろ日本社会においてはこの「裏十則」の方が「ウンウン、あるある」と納得できるのではないでしょうか。

また、電通にはこれ以外にも現在は使われていないらしいが、もっと仕事をする上で示唆に富んだ名言が存在しています。

電通 - Wikipedia(責任三カ条)
1. 命令・復命・連絡・報告は、その結果を確認しその効果を把握するまではこれをなした者の責任である。その限度内に於ける責任は断じて回避出来ない。
2. 一を聞いて十を知り、これを行う叡智と才能がないならば、一を聞いて一を完全に行う注意力と責任感を持たねばならぬ。一を聞いて十を誤る如き者は百害あって一利ない。正に組織活動の癌である。削除せらるべきである。
3. 我々にとっては、形式的な責任論はもはや一片の価値もない。我々の仕事は突けば血を噴くのだ。我々はその日その日に生命をかけている。
これを読むと以前、ソフトバンクだったかライブドアだったかで聞いた「他人に言われてから動くのは給料もらうだけのサラリーマン、言われなくても自分から働いて利益を会社にもたらすのがビジネスマン」という言葉を思い出しますね。

あなたの会社は今、「鬼十則」でしょうか、それとも「裏十則」でしょうか?

私は、”鬼十則”自身はさほど悪いものとは思えない。

その解釈をちゃんとできる人間がいないことのほうが問題と考える。

”鬼十則”は、クリエイティブに、なにかに責任を持ってヒトを動かそうと思う者にとっては、責任感を持つために重要である。

けれどもそれを、本来責任を持つべき者が、配下の者に対して責任をなすりつけるために使ったとすると、それは誤りになって、正直そこまで責任を持つべきでないイチ労働者は、「”鬼十則”に従っていては殺される!」と言ってもおかしくはない。

しかし、とにかくホワイトカラーの存在も認める立場に立つとしても、吉田秀雄の遺志が電通に全く伝わっていないらしきことは、それはそれで問題である。

電通に、コレとは別に”責任三カ条”があったのも、けっきょくは、”鬼十則”が責任を規定できなかったからと私は考える。

然るに、”責任三カ条”をいくら作っても、責任から逃れたい上司は全部部下に責任をなすり付けてしまう。


資本主義がその悪弊の一翼を担っているのは確かと思う。
共産主義者にも現実的には、責任をなすりつけたい者ばかりなので、それが全てとは思わないけれども。

痛感するが、人間責任感は正直なかなか持てないもので、コレはいくら仲間であっても難しい。

責任感とは、けっきょくのところ、死ぬまで自分がどれだけ目を光らせていられるかだけで、死んだ後は正直どうなってしまうかわからない。

カエサルだって、オクタヴィアヌス(アウグストゥス)に遺志を継ぐことはできなかったと私は考えている。
オクタヴィアヌスのやりかたは独裁的で、想像力がなく、こんなヤツしか後継者がいなかったのか、と思ってしまう。

« 実は今日は築地市場とスカイツリーに行ってきました | トップページ | 2016/11/17 AKB48 峯岸チームK 「最終ベルが鳴る」公演 感想 »

ニュース」カテゴリの記事

日本の腐敗について」カテゴリの記事

私の信念」カテゴリの記事

コメント

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161117-00000144-jij-pol
ストーカー厳罰化、今国会成立へ=SNS上の嫌がらせも規制

>ストーカー行為の罰則を強化するとともに、インターネット交流サイト(SNS)上での嫌がらせも新たに規制対象とすることなどを柱としたストーカー規制法改正案が今国会で成立する見通しとなった。

大西さんは既にブロック等されて明白に拒絶されていますが、今後はSNSへの書き込みにより逮捕されちゃいますよ

責任を持つということには約束を守るということも含まれます。大西さんのように自己破産して契約を一方的に破ったり、上申書を書いたのにストーカー行為を続けたりするような人は責任感がないと評価されます。

兄貴、テント担いで鳳凰三山登ろう!
青木鉱泉からの直登が楽だけど、
敢えて苦行として韮崎市甘利山からのクラシカルルートでも良い。

てか甘利山から鳳凰三山前衛の辻山に行くまでの間、大西峰ってところがある。
展望はなく、単に大西峰とくたびれたボードが木にくくりつけられてるだけ。
まるで旗持ってるだけのおーにち兄貴みたいだな。

ミンチョルへ

南アルプスの定義って難しいね。
3000m級の高峰に限定するかその周りの前衛部分も含めるか。
私は夜叉神峠までのハイキングしかしたことないけれど、
山が好きな友達によると富士山を登るよりよっぽど楽しいそうね。
縦走とか聞くだけでかったるい(笑)

大西秀宜君。簡単な事だ。

>電通の”鬼十則”がいま女子社員を自殺に追い込んだとして問題になっているそうだけれども、
>そんな表面的な問題ではない

『私達が「広告宣伝」に従わなければいい。』広告に乗せられ、洗脳されて物を買ったり、
ソフトを入手しなければ良いんだ。実店舗に行ける場合はそこで商品を買い、
コンピュータソフトの場合は配布元サイトなどでレビューを読んでから導入する。簡単だろ?

以下は私の意見と実行した事。

ここもそうなのだが、不要なネット上の広告が多すぎる。
スマホ・タブレット機用ページに出現する可動式屑バナー広告に至っては、
記事本文の読解妨害すらしてくる。閲覧者に記事を読ませたくないらしい(失笑)
私は記事を読み(そして必要ならコメを書き込む)に来たのであって、商品購入をしに来たのではない!

そこで私は、手元コンピュータの全てに"Fire Fox"ブラウザをインストールし、
「敵」を殲滅するため、強力な広告ブロックアドオンである"uBlock Origin"を入れた。

この措置をした事で、屑バナー広告を駆除し、
余裕を持ってじっくりと本文を読むことが出来るようになったのである。

不要不急な物をごり押しで売りつけてくるなら、
それが誰だろうと、何であろうとも、私にとっては覆滅すべき「敵」だからな。
物を買うならそれ専用のサイトへ『自身の意思で』行くから広告屋の世話にはならん。

電通などは、ごり押しをかまして無駄極まりない商品を売る暇があるなら、社員の福利厚生に力を入れればいいのだ。
彼らにはイベントなどのプロデュースって仕事があるではないか。そちらに注力せよ。

我々が広告による商品購入をしなければ、過労死から電通社員を救える。彼・彼女らを救命出来るのだ。

いつも他人のせいにしたり、やむなくで逃げる小ちゃな人間のくせにw

ナマポ受給で特権階級気取ってるけど
最低な人間という事を自覚して下さい

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1860320/68470285

この記事へのトラックバック一覧です: 電通の”鬼十則”がいま女子社員を自殺に追い込んだとして問題になっているそうだけれども、そんな表面的な問題ではない :

« 実は今日は築地市場とスカイツリーに行ってきました | トップページ | 2016/11/17 AKB48 峯岸チームK 「最終ベルが鳴る」公演 感想 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

最近のトラックバック