« 博多の陥没を見て、この前の首都大停電、金曜の高崎線不通、と、もう人類は自分達が作ったモノについて、管理できなくなっていることを実感する。今後は縮小していくしかない。 | トップページ | 2016/11/8 AKB48 木﨑チームB ただいま恋愛中公演 れいちゃん生誕 感想 きらちゃんがめきめきと頭角を現してきた »

2016年11月 8日 (火)

報道のウソを暴く。”ナトム工法”は本来都市部では使われない工法で、結局は安普請のために強引な設計がされたということ。

コレ

水含んだ層を掘削か=陥没事故過去にも-国交省、立ち入り検査で究明へ・道路陥没 2016年11月08日 19時53分 時事通信

https://news.nifty.com/article/domestic/society/12145-2016110800804/

早稲田大の小泉淳教授(トンネル工学)は、ナトム工法では掘削機の先端が水を含んだ砂の層に当たった場合に崩落につながりやすいと指摘。水と土砂が大量に流出して空洞ができ、地面の重さを支え切れずに陥没した可能性が高いとした。
小泉教授は「福岡市は東京都や大阪市よりも地盤が固い。ただ50メートル間隔でボーリング調査を行っても、それより短い幅で地中に水が流れていれば事前に見抜くのは難しい」と話す。
延伸工事では14年10月にも現場から約400メートル離れた車道の一部が陥没する事故があった。地盤改良工事の施工不良が原因で、九州運輸局が市交通局に警告書を出していた。国交省は再発防止策が徹底されていたかなど詳しく調べる。

を読めば、じゃあ”ナトム工法”ってなんじゃい?ってことになる。

調べたらあった。

新オーストリアトンネル工法 Wikipedia

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%96%B0%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%83%88%E3%83%B3%E3%83%8D%E3%83%AB%E5%B7%A5%E6%B3%95

長所・短所[編集]
機械化された部分が多く、少人数で施工できる。
汎用性が高く、補助工法との組み合わせで様々な地質に対応できる。
大断面のトンネルにも対応が容易。
吹き付けコンクリートやロックボルト打設のために専用の機器が必要。さらにこれを運用するための設備が大がかりになりがち。
吹き付けコンクリートが剥がれやすい地質などにおいては、従来工法の方がより確実なケースもある。

コレを読むと、本来従来工法にして、多人数で施工すべきところ、少人数で安値でできるナトム工法にして、事故に至ったと考えられる。

「50メートル間隔でボーリング調査を行っても、それより短い幅で地中に水が流れていれば事前に見抜くのは難しい」と、いくら学者が言ってみたところで、たとえば地震で液状化現象に耐えねばならないことを考えても、地下水脈がどうなっているかはチェックせねばならないし、周辺にビルがたくさん建っていることを考えても、いちいちボーリング調査までせずとも、周りのビルの管理会社に、地下の状態をヒアリングしていれば当然のように予見できたはずで(周りのビルは地震で倒壊してまわんために、もっと精密なボーリング調査をしとるはずやし)、どうしてそんなカンタンなことができなかったのか?のほうが不思議や。

改めて書くと、予定路線の周りのビルに対して、ココの地下はどうなっているか?をあらかじめヒアリングすることくらい、福岡市交通局、いや国土交通省が自分の責任でもって為すべきことなんちゃうんか?

国家はいま、問題が起こってから責任を追及する立場やけど、ホンマに責任を持つと自任する者は、問題が起こる前に予見して、いろいろとヒアリングして、予見した問題が起こるかどうかの可能性までをもチェックするものや。

蛇足やけどついでに書くと、人々はついつい、自分が与えられた仕事を優先して、「いまは忙しいから」とかなんとかいって、目の前のヒトの悩みに耳を貸さないことが多い。

私は逆で、目の前のヒトの悩みに耳を貸すことのほうを優先して、自分が与えられた仕事は後回しする。

そして、目の前のヒトの悩みを聞いて、その解決策を考えるうちに、自分が与えられた仕事以上に、人々に対して訴えられるモノがある!と強く主張していたりする。

人々に対して訴えられるモノ、なんてのは、天から降ってくるものではなくて、自分の目の前の土から掘り起こすもんやねん。

自分の目の前の土(人々)から掘り起こす、ということを自覚して、はじめてそれは”労働”といえるよなあ?

正直、言い方に語弊はあるかもやけど、自分の目の前の土から掘り起こす、ということを自覚せずに、作業をこなすのであれば、それはロボットと同じになってもて、ロボットに取って替わられても文句を言えんようになってまうよなあ?

だから我々は、”労働”を語るときに、自分の目の前の土(人々)から掘り起こす、ということを見失ったらアカン。

”労働”の究極の本質はそこにあると私は考える。

”労働”の本質は”団結”かのように言われることが多いけれども、”団結”だってけっきょく、それぞれの人々が、”自分の目の前の土(人々)から掘り起こす”という思考の結果として生まれるものであって、それなくしてナントナクの雰囲気で生まれるものであれば、どっかの宗教と同じになってまう。

正直、どっかの宗教と大差ない活動をしている者が多すぎる。

私なんか違うこと言うとるか?

« 博多の陥没を見て、この前の首都大停電、金曜の高崎線不通、と、もう人類は自分達が作ったモノについて、管理できなくなっていることを実感する。今後は縮小していくしかない。 | トップページ | 2016/11/8 AKB48 木﨑チームB ただいま恋愛中公演 れいちゃん生誕 感想 きらちゃんがめきめきと頭角を現してきた »

ニュース」カテゴリの記事

日本の腐敗について」カテゴリの記事

コメント

はいはい、習ったばかりの言葉を言えて偉いですねー
お薬を飲んで寝ましょうね。もう消灯ですよ。

だから誰やねん!?誰に語ってるねん!?しかし一人も味方見たことないですけど!!

幾ら世間の秘密を暴いたつもりになっても
一向に賛同者が現れてくれないのは何故なんでしょ?

ふざけんな!
「人の悩みを解決する」なんてのは、自分の仕事が終わった人がやること!
少なくとも、会社に雇われてるヤツが胸張って言うことじゃない
会社はおまえの「仕事」に給料を払ってるんだからな
どうしてもやりたきゃ、起業するなりなんなりして、食い扶持を自分で確保してからにしろ!
それが、「常識」ってもんだ

おーにっちゃん川柳 第二回

播磨弁? やろがよほなね 思うとる
弘子はん あんたのせがれ 旗持ちや
人の金 返す気もなく 自己破産
バスツアー 馬鹿食いするで 海鮮を
紅葉を 箱根で愛でる ナマポマン
ロビ観で 絡まれ逃げる ゲーセンに
イチャモンを つけては敗訴 踏み倒し
あんたこそ 毀損してるぞ プライバシー
出禁され 駄々をこねるは 古墳様
太郎にて レバー食い過ぎ 動けへん

会社員時代に小分けにした仕事もこなせず
毎日遅くまで残ってお花畑を考えてた人は言うことが違いますね
職制を超えるな!と注意されても治らない馬鹿につける
薬はないということなのかな?

調べるとは
最低限図書館行って関連書物を読んだり
専門知識を持つ人に尋ねて回答を得ること

毎回上っ面だけ攫っては何でも知ってるつもりなのは
積み重ねる度にお前の無知を晒すだけ

…ってことがわからないんだよね

悲しいオッサンだな

読む限り、シールドやTBMとかの違いも分かってないんやろな
そんな付け焼き刃の知識で報道のウソを暴くとかwww
片腹痛いぜwwww

大西秀宜君。

>報道のウソを暴く。”ナトム工法”は本来都市部では使われない工法で、結局は安普請のために強引な設計がされたということ。

そんな事言ってないで、君の荒廃した生活を立て直せよ。地道に生きる事は出来ないのか?
革命するんだとか、報道のウソを暴くんだとか、大きな事言い散らしてて、大西秀宜君の困窮状態が改善されるのか?しないだろ。

現実は厳しいだろう。特に現時点での大西秀宜君にとっては。
だが、この現実から逃げていて、将来はどうするんだ?

君の人生は不可逆的だ。人生と寿命とは、一旦起動したら、簡単に止められないタイムペンシル(酸を使った時限式起爆装置)の様なもんさ。その長短は様々だからね。

どんなに大西秀宜君が現実から逃げても逃げ切れはしない。"陰のプロデューサー"幻影も、日立などに対する逆怨みも、特定の女性に対する一方的な恋愛感情ですら、その追跡・追尾を止められない。
何処に隠れても逃げられない。人生のルートには、特殊標章・保護標章は存在しないから、君は君自身で諸問題に対処しないといかん。

大西秀宜君は全ての闘いに敗れている(君自身は信じないだろうけど)のだ!完敗だぞ。

なので、大人しく投降し、戯けた「ロビ観」常時観覧など即座にやめ、2ちゃんとAKBから離れ、即時帰郷後、実家に戻るんだ。
残りの人生が有るのだから、実母と和解せよ。「なりがわるい人生全敗王大西秀宜君」。君には他の選択肢は存在し得ないのである。

再訪してみて、大西秀宜君の貼ったウィキ記事を読んでみた。
こういう事が書いてあった。

>現在では多種の関連工法と併せて軟弱地盤や都市部においても用いられるようになっている。

>山岳部のみならず都市部の地下でもNATMは補助工法と組み合わせて活用されており、
>さらには地下発電所の建設など地下の大規模空間の構築においても活用されている。

で、その補助・関連工法の1つがこれらしい。同じ記事内にあった。

>関連工法
>アンブレラ工法
>都市部など土被りの薄い場所ではロックボルトを使用できないため、
>替わって施工面の周囲に折りたたみの傘のように多数の鋼管を打ち込み、
>ここからウレタン等を周囲に染み出させて地質を改良する工法。

なので、早稲田大・小泉淳教授はナトム工法の都市部での使用に否定的発言をしていなかったのだ。
他の工法と組み合わせて使用している事例が数多くあるからな。

しかし、大西秀宜君はこう言ってしまった。それも記事タイトルで( ´,_ゝ`)プッ

>”ナトム工法”は本来都市部では使われない工法で、
>結局は安普請のために強引な設計がされたということ。

・・・・・なあ。何で記事書く前に調べないの?

ウィキ記事読んでいてリンクまで貼ってたら、ギャラリー諸氏に指摘されるって何で解らないの?
そんなんだから、君は日立を懲戒解雇されるんだよ(嘲笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1860320/68346814

この記事へのトラックバック一覧です: 報道のウソを暴く。”ナトム工法”は本来都市部では使われない工法で、結局は安普請のために強引な設計がされたということ。 :

« 博多の陥没を見て、この前の首都大停電、金曜の高崎線不通、と、もう人類は自分達が作ったモノについて、管理できなくなっていることを実感する。今後は縮小していくしかない。 | トップページ | 2016/11/8 AKB48 木﨑チームB ただいま恋愛中公演 れいちゃん生誕 感想 きらちゃんがめきめきと頭角を現してきた »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック