« きらちゃんの、「バナナは野菜」発言からアレコレと考えた、野菜と果物の違いについて。政府・学者の説は違うと思う新説の展開について。 | トップページ | パイナップルは野菜説をヒトに言った顛末 ~ 革命に至る過程で、奇襲作戦を仕掛けることの意義 »

2016年11月16日 (水)

TPP推進を掲げた自民党が大勝したというけど、言葉のあやで、自民党全体としてはさしてTPP批准に賛成とは読めんなあ。

コレ

ーーーーーー
ホーム > 自民党の活動 > コラム > TPPについての考え方
https://www.jimin.jp/activity/colum/116025.html

TPPについての考え方
自民党はTPP交渉参加の判断基準を明確にしています。

TPPについては、国民の理解を得る為の情報が決定的に不足しており、政府の改善努力も全く見られません。従って、国益を踏まえて、何を取り、何を守るかの国民的議論が未だ深まっていない状況です。
昨年11月のAPEC前に、野田総理は「(交渉参加の為の)関係各国との協議を開始する」と表明しましたが、これは国内的事情によって、敢えて曖昧な表現にしたものであり、外交の常識では、事前協議の段階から事実上の交渉は始まっていると言わざるを得ません。
アジア太平洋地域における経済連携については、様々なオプション・進め方(例えば、ASEAN+3/+6など)が考えられ、わが党もその構築の必要性については、関係各国、国内各層と共有してきたところです。更に、日・EUや日・中・韓の経済連携も着実に進めていくことが重要です。
また、アジアが今後も世界の成長センターとしての地位を維持していく為に、米国との経済的な繋がりを一層強くしていく必要があることは言うまでもありません。わが国は、米国も含めたアジア太平洋全体の経済発展に主体的に取り組んでいくべきです。
こうしたことを踏まえ、わが党は、TPP交渉参加の判断基準を明確に示します。
TPP交渉参加の判断基準

政府が、「聖域なき関税撤廃」を前提にする限り、交渉参加に反対する。
自由貿易の理念に反する自動車等の工業製品の数値目標は受け入れない。
国民皆保険制度を守る。
食の安全安心の基準を守る。
国の主権を損なうようなISD条項(注)は合意しない。
政府調達・金融サービス等は、わが国の特性を踏まえる。
 (注)ISD条項...外国政府の差別的な政策により何らかの不利益が生じた場合、投資家(Investor)である当該企業が相手国政府(State)に対し、差別によって受けた損害について賠償を求める(Dispute)権利を与えるための条項。これが濫用されて、政府・地方自治体が定める社会保障・食品安全・環境保護などの法令に対し、訴訟が起こされる懸念があります。

 わが党は、政府が11月と同様に二枚舌を使いながら、国民の知らないところで、交渉参加の条件に関する安易な妥協を繰り返さないよう、政府に対して、上記の判断基準に沿うことを強く求めていきます。
ーーーーーー

最後の、政府がなんちゃらという内容は、安倍晋三が政府として動いても、強く求めるポーズはするだけで認めるよ、という言い訳に取れるけど。

しかしそんな記載だって、国民を騙しとるよなあ。


https://jimin.ncss.nifty.com/pdf/manifest/2016sanin2016-06-22.pdf

"近隣アジアの海外市場をわが国の経済市場に取り込みます"

なんて、一見いいように見えるかもやけど、逆もまた然りやし。

なんでこんなねじれが起こるかというと、いくら先進国であっても発展途上国であっても、1人が生きるに必要なものごとは同じやのに、為替相場によって国によって全く金額が変わっていて、その安い労働力を追い求めた結果として、先進国のあらゆる産業が廃れとる。

通貨・為替の概念を残したままでTPPなんてやったらアカン。


また、ISD条項問題は、わかりにくい言葉やけど、国の法律や政策がTPPによって拘束を受けることを言うとる。

イギリス国民は、コレを否決した。

« きらちゃんの、「バナナは野菜」発言からアレコレと考えた、野菜と果物の違いについて。政府・学者の説は違うと思う新説の展開について。 | トップページ | パイナップルは野菜説をヒトに言った顛末 ~ 革命に至る過程で、奇襲作戦を仕掛けることの意義 »

日本の腐敗について」カテゴリの記事

コメント

社会最底辺旗振りフリーターのお前には何の関係もなし。

ISD条項は条約という約束に反したら損害賠償をさせるという、当然の効果を明白にしたものにすぎませんよ。
例えば大西さんが自己破産によって逃れた債務も、本来は契約の効果としてちゃんと返さなければならないものです。

野田総理って・・・何年前のコラムだよww
民主党政権、自民党が野党の時代の話だろ

そこまで遡らなければ、自分の主張の整合性がこじつけられなかったかwww
ほんと笑わせるよな
バカなんだから、あきらめろよ

次は、吉田茂首相の時代まで、遡ってこじつけるか?
( ´,_ゝ`)プッ

大西さんは本当に理系?
研究を重ねて仮定を作り上げるというよりも
結論ありきでむりやりこじつけてる。
これでは支持者はできない

完全に動労に洗脳されてる
人生で友達が1人もいなかった奴が居場所を見つけるとこうなるからいい反面教師だ

8.57さんへ一曲

妄想系 妄想系 ナマポ式
妄想系 妄想系 ナマポ式
こんな労働しなくても 妄想系 プップップー
ナマポ式

YouTube、アミノサプリCMの替え歌より

大西は産まれてこなかったほうが良かったよなあ。
生きてても、良いこと一つも無いだろ?

僕は生まれて物心ついた頃から、父親は重度のアルコール中毒であり、小学校の頃に離婚という形を取りました。親権は父親ですが、養育権は母親にありました。今思うともの凄い父親に有利な条件ですが、これは母親が僕の姓を変えないように考えてくれた末の結果だと思います。

離婚した時期、僕は小学生でした。そして、母親は家を出て(離婚したので当たり前ですね)引っ越しました。僕もそれに連れて。小学校なので、引っ越しすると、基本的にその学区に転校と言う形になりますが、上手いこと行って僕は転校だけは免れました。今の都会では当たり前かもしれませんが、僕は小学校ながら、定期を使いバス通学していました。

記憶は曖昧ですが、今でも覚えているのは、家には電話はありませんでした。携帯じゃないですよ?固定電話すら無かったんです。連絡を取る手段はありませんでした。母親も離婚したけれど職は厳しく、雀荘のバイトとかをしていたように記憶しています。ご馳走は月に1回の外食。350円のラーメンでした。えらく美味しかった記憶があります。350円。今だと煙草の1箱も買えませんね。

高校に行く頃には母親は会社の事務として正社員になりました。僕はもう少し学校に近い場所に引っ越しました。電話は付きましたが風呂は無し。でも、母親はパソコンを買い与えてくれました。僕は、そのパソコンで必死にプログラムを覚えた記憶があります。ゲームは遊ぶけれど、アルゴリズムやゲーム性をつかんで、自分で作る物。そういうハングリーな精神がついたのもこの頃です。

おそらくですが、我が家の生活保護は母親が正社員になった頃に打ち切りになったっぽいです。安定した収入が得られるようになったからですね。

僕は、無事、高校に入って(私立ではないですよ)勉学に励みます。いままで、僕の家系は進学校にみんな入っていましたが、僕は工業高校を選択しました。当時、そんなに頭が良い方ではありませんでしたので、母親の、「進学校で最下位なら、工業高校で最上位になれ。」という発言も効いていたような気がします。

高校に入って、親友に恵まれて、僕にも彼女が出来ました。遠方から登校している友人の友達、今で言う遠距離恋愛ですね。通常は会えないので基本的には電話と手紙でした。(インターネットなんてものは当時ありませんでしたから。)

んで、電話代が10000円を超えた頃から、僕はバイトを始めました。自分にかかる費用は自分で稼ぐ。なるべく他人に迷惑をかけないと言う気持ちがわきました。なるべく早く就職して、「母親に余計な金を使わせないで、自分は早く自立するんだ!」って気持ちでした。

だから、今で言うニートって言う存在が僕には理解できません。両親が金をくれるから仕事をしなくても良い。って言う発想は一ミリもわいた事がありません。今でも理解できないし、「将来どうするんだろう?」って言う事を考えないのも理解できません。とにかく、僕は早く、自分で稼いで自分で暮らす事を最優先に考えてました。”両親に(金銭的な面で)迷惑をかけない。”これが第一でした。

少々自分語りが長くなってしまいました。

お陰様で、高校では学歴は上位になり、今考えると一流企業にすんなり入れた気がします。バブル崩壊直後の入社の滑り込みでしたが、今考えると有名大学に入っても入社が厳しい会社です。こればっかりは運ですね。ラッキーとしか言いようがありません。

山田波冬

是非とも大西君にはこれを読んでもらいたいね。

http://taste.sakura.ne.jp/static/farm/society/tpp.html

読むと解るが、リンク先サイト管理人は、TPP賛成・反対双方の言い分を精査し、
それぞれに対する意見を書いている。

それとな。これも読んだ方がいいね。大西君。

https://jimin.ncss.nifty.com/pdf/pamphlet/sen_san24_j-file_0620.pdf

ダンス動画です。
感想お願いします。
https://www.youtube.com/watch?v=ihyYNDF3uB0

山田波冬さんへ

大西はずっと友達が1人もいなくて壮絶ないじめにあっていました、あなたとは形こそ違いますが苦しい人生でした。それは就職してからも変わりませんでした。
波冬さんは今となっては過去の事をいい思い出と思えるかも知れませんが大西は過去の事を恨んでいます。相当ひどいいじめにあっていたんでしょう。
会社で居場所がなく、アイドルにはまり解雇され、今はナマポ生活しながら動労の奴隷として生活する日々、そうです!人としてクズです。

DVDを観ながら布団を抱きかかえパコパコw

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1860320/68447364

この記事へのトラックバック一覧です: TPP推進を掲げた自民党が大勝したというけど、言葉のあやで、自民党全体としてはさしてTPP批准に賛成とは読めんなあ。:

« きらちゃんの、「バナナは野菜」発言からアレコレと考えた、野菜と果物の違いについて。政府・学者の説は違うと思う新説の展開について。 | トップページ | パイナップルは野菜説をヒトに言った顛末 ~ 革命に至る過程で、奇襲作戦を仕掛けることの意義 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近の記事

カテゴリー

最近のトラックバック