« 2016年11月30日 | トップページ | 2016年12月2日 »

2016年12月1日

2016年12月 1日 (木)

私は中核派の現場の人々が腐敗しているとは思うけれども、路線的には腐敗してないと思うし、だからこそ内的革命は可能と考える。だから公安に迎合する記事は書かん。

中核派の現場の人々が腐敗している、てか誰もが腐敗することを見抜いて、いま獄中にいる民主労総のハンサンギュン委員長は、20年経った家を建て替えるのは、新しい家を作るよりも難しいと言うとると理解する。

それを、中核派の現場の人々は理解せずに、「動労の路線は正しい」とか言って、30年40年の歴史を滔々と語ろうとする。

それでは、ハンサンギュン委員長から怒られる・・・・、なんでそんなカンタンな理屈を、みんな理解せんのかなあ。

けれどもそれでも、私は、司法だけでなく、共産党とかブントとか、日弁連とか、ドイツ政府とか、日立製作所の問題をさまざまなところに訴えて、全部むげにされてきた中で、中核派だけが、(あとからわかることやけど、表面上とはいえ)それでも問題と言うてくれたんやし、問題にできる闘いが、動労千葉や動労水戸の闘いにあるとも思うし、ブレるつもりはない。

ブレとるのは私ではなくて、むしろ内部やねん。

伊達娘のビュッフェの記事に関して、めっちゃ主張を書いとったんやけど、そろそろセーブせなアカンと思って、伊達娘が長文と書く10倍くらいの長文を書いてセーブしようと思ったら、そこで固まって書いたものが全部パーになるという・・・・ ~ 中核派内部のおかしさについて、抽象的な告発

私も自動的にセーブしてもらえる、ワードくらい買いたいんやけど、それさえ買えんし、それを言う以前に、中核派の私の上にいる人間とさらにその上にいる人間がわからずやの、革命の真逆を行くヒトたちで、なんもできん苦難に喘いどることを、みんな理解して欲しいなあ。

中核派でも、いやそれを解決するのはあなた自身だ、と言われて、突き放されるところがある。

確かに開放主体は自分にあるんやけど、そう言いながら仲間の開放を無視して、実は革命をやりたくない人々が大勢いることも正直に書かなアカン。

だから私は革命主体として、中核派以外に対して、自分の中核派における上司(私は彼を上司とは認めたくないけど、中核派的には上司になっとるらしい。そのへん民主的ではない)と、その上司はわからずやで、ストレートに言うとバカで、そこがひとつの問題である!と、広くインターネットに対して訴えかける!!!!!!

まだあんな酷い日立製作所の上司のほうが、それでも民主的やったぞ!!!!!!

中核派は全体的には革命党やけど、内部的には反革命的な思想が千円、・・・・・・・・・じゃなくて蔓延しとるのが実態やぞ!!!!!!

そんな組織は信用されず、一般人は革命よりも、小池百合子の体制内改革を支持してまうぞ!!!!!!!!!!!!

ビラなんていっくら刷ったって、自分らで満足できるデキであったって、それがただしいかどうか判断するのは相手であって、相手に届かんもんをいっくら配ったって、マスターベーションでオナホに向かって精子をふりまいとるのと同じやぞ!!!!!!!!!!!!

オナホに向かって精子をふりまきました!って、何万回振りまいたって意味ないぞ!!!!!!!!!!!!

一回好きなヒトとエッチしました、のほうが、リアルな闘いなんやぞ!!!!!!!!!!!!


オマエは、好きなヒトを見つけようとしたことがあるのか???????????????????


アカン、イライラして書いてもた。

けどいまのは、部下ではなくて上司に向けて言うとるんやからなあ。

インターネットに向けてでも書かな、アイツらことの重大さを理解せん、というのは、この1年半の闘いで心底理解したから、こうやってやむを得ず書いている。

私も1年半ガマンして、それでさえも、中核派内部で体制的にいろいろと隠蔽しようとする圧力を、ひしひしと実感するんやから、ホンマにやむを得ずの決起や。

だから、革命を起こすために、タブーとされとる、インターネットに向けて内的矛盾を主張する、というのだって、正直あり得る、と私は言いたい。

いや、タブーはタブーなんやけど、そうやって、内部でおかしなことを隠蔽しようとする圧力には、外部の目も用いて、激しく抗さな、革命なんてできんよ。

この投稿はいろいろと波紋を呼ぶやろけど、波紋を呼んだほうがええと思う。

それだけ内部がおかしいんやから。

2016/12/1 AKB48 「僕の太陽」公演 あべま生誕 感想 

総括

きらちゃんがまたよくなっていて、本当に最近の楽しみになっている。

きぃちゃんも動きが良くなって、この2人が公演を引っ張っているとさえ言える。
しーちゃんもやけど、前ほどの勢いまでは感じんかった。

なぁちゃんを久々に観て、よく頑張っとるとは思ったけど、久々に出てきてMVP、とまでは言い切れてないし、個人的になぁちゃんのパフォーマンスはどう捉えたものか、自分なりに整理できてないというのもある。


あべまとか、他メン、いや、一般人に対してそうやけど、アドバイスを考えて、改めて思ったことを。

けっこう大勢が、アドバイスするときに、相手のやり方を見ることなく、
「自分のやり方がゼッタイだ!オマエもこういう風に直せ!」
と、説教している。
それが自分のプライド、誇り、になってしまっている。

私はそんな人々を見て、どうして相手のやり方を観察しないんだ、と思ってしまう。

いっくら自分が20年とか30年とか生きてきたとしても、相手にだって、15年とか20年とか30年とか、私だと41年の蓄積がある。

自分のプライドを訴えるというのは、ウラを返したら、相手のプライドをへし折ることになってしまう。

だから、そんなやり方は即刻やめて、相手と自分の差を考えて、それを自分がどう解釈するか、そこまで考えねば、対話にはならない。


そう考えると、人間意外と、"対話"をすること自体少ないことに気づけると思う。


あべまの場合だと、本当の初期の頃はもっととがっていたし、とがっていたからこそ、萌に対して分かり合えるところがあるんやろ、それだけ優しい性格を持っとるんやろとは思う。

しかし、それが芸能活動とあんまリンクしてないのかもなあ、とも思うてまう。
優しい性格って、芸能人というよりもお母さんに必要なものやから。

いや、お父さんにも欲しいとこやけど、まだまだお母さんのものになっとる。

わかりやすくは、パフォーマンスを向上したほうがええんやろけど、それはあべまの考えとは違うねんな?
パフォーマンス向上はあんまやってこんかったし。

それはええけど、とにかくどうやって、"ウリ"を見つけるか、それはできるだけ頑張って見つけて欲しいと思う。

たとえば、ちぃちゃん以上のお母さんキャラになる、というのもアリかもなあ。
べつに先輩と同じことをして、先輩を追い出す存在になったっていい。
先輩って追い出されてナンボの存在やから。

しかしそんな中で、先輩に対する尊敬の念は失わず、先輩と一緒に共存して生きてく気持ちもまた必要やな。

それが"仲間"なんやし。

この文章を読むことによって、あべまもなんか少しでも思えられたら、私が頑張って考えたかいがある。

あべま生誕

ハッピーバースデーの歌で、誰かラッパーみたいに言うとった。
いずりなか麻里子と思うけど、下向いとったからワカランかった。


手紙、あべまにタメ口って、田野かなあ。
いや萌ってw

あべまが"超えろ"を、"チョーエロ"って読んどった、ってマジかよw

携帯を冷蔵庫に入れとったと言うとるけど、そういや私も昔旅行のキップを、ゼッタイなくさないようと思って冷蔵庫に入れて、それを忘れたことあるなあ。
昔のキップは、虫がくわんように、防虫剤が入っとったのか、キップに匂いがついとった。


20歳のことを言うとるけど、特に悔しいこととかは言うてないなあ。
自分の意見がゼロになっちゃった、と言うとる。

21歳は、自分に自信を持てるように、ハッキリ言えなくてもどかしい、と言うとる。
その、なにかを早く見つけて欲しいなあ。

自信マンマンで誰々推し!って言うてもらえるためには、自分も、もっともっと自信ありげにせななあ。

いずりな推しとか、麻里子推しとか、少ないやろけど、自信持って言えるやん。

あべま推しが少ないとは思わんけど、あべまにも自信マンマンなとこがあったら、もっとファンは増えると思うで。


En4.ハイテンション

しーちゃん元気ええなあ。

きらちゃんは今回また成長したなあ。

ひなながガニ股で頑張っとる。
ガニ股ガニ股と書くけど、目立つこと自体悪くない。
目立って、さらにそれが誰にも認められる、そこまで頑張って持ってかなアカン。

EN3.僕の太陽

えりぃ、いい動きしとる。

なぁちゃん、ゆいり、きらちゃん、いいぞ。

きらちゃん大きな動きができとる。

きぃちゃん、なぁちゃん、こみはる、よく動けとる。

きぃちゃんとりわけ元気いい。

きらちゃん、きぃちゃん、飛び跳ねがいい。

ゆいりも脚の動きいい。
上半身は今日はおとなしめかなあ。


EN2.BINGO!

きらちゃん、いい動きしとる。

みゆみゆ、いつもよりは動いとる。褒めとるのかけなしとるのかワカラン指摘やけど、事実や。

きぃちゃん、こみはる、しーちゃん、あえり、動けとる。

しーちゃん、靴の紐長すぎないか?


MC きぃちゃん/えりぃ/なぁちゃん/みゆみゆ/いずりな/きらちゃん/ゆいり/こみはる
お題:公演について

なぁちゃんが、Lay down が楽しくなった、と言うとる。

セクシーな自信がないとイヤなの、私もわかるなあ。

きらちゃんが、みんな研究生の頃にどんなキャッチフレーズだったのか、と言うとる。
みんな12期あたり、キャッチフレーズやらんヤツ多かったしなあ。
最近のメンバーはよくキャッチフレーズしとるなあ。

真っ赤なゆいりんごだって、最初のほうはやってなくて、特別、と言うとったりしたしなあ。


MC ひなな/みやび/あべま/さっほー/あえり/麻里子/萌/しーちゃん
お題:あべまについて

ツンデレは、自分からツンデレと言えんよなあ。
言えんからこそのツンデレやしなあ。

言えたら、それはビジネスツンデレやもんなあ。

あべまは、缶ジュースを開けられんから、メンバーに頼むんやって。

EN1. Lay down

みゆみゆ、きらちゃんとの2人パートでほとんどか全く声出してないなあ。
もっと声出して欲しい。

えりぃのブカブカ破れタイツ、なんか気になるなあ。


アンコール マリアコール、やったと思う。私もネットを見ていたし。


M13.夕陽を見ているか?

ひなな、よく動けとる。

その上げた脚を、もう少し頑張って内側に持ってこれたら、セクシーになる。

きらちゃんと麻里子が、左胸に黄色いハンカチ付けとるけど、あんなんあったっけ?

あったら、5年越しの発見になるなあ。

しかしこういう細かい技から、AKBの衣装は手を抜くようになったよなあ。


MC いずりな/萌/えりぃ/みゆみゆ/ゆいり/なぁちゃん/きぃちゃん/こみはる
お題:自分の天然エピソード

私の、昨日の、大西洋はパシフィックオーシャン!
ってのが天然やろ。
iPadで電車降りる駅を手前で降りたり乗り過ごしたりって頻繁にあるし。

こみはるはしーちゃんを最初みやびと呼んで、次にスタッフさんと呼んだんやって。


集合写真 マリア様がセンターで
ひなながどこまでも塩対応されとるw


M12.デジャビュ

えりぃ、よく踊れとる。

前よりも上手く目だてるようになったやろ。
なにを変えたのかまでは私もワカランけど。


M11.そんなこんなわけで

きぃちゃん、よく動けて、髪がグシャグシャで、セクシーやぞ。

なぁちゃん、動き目立っとる。
ただしカクカクしすぎて、観てしんどくも思う。
どうしたら、観て疲れずに、気持ちよく思ってもらえるか、という視点はやっぱ持って欲しい。

それでも、敢えて、自分はキレのある動きを追求するならばいい。
(私も毎回指摘すると思うけど)

M10. 竹内先輩

ひななすんごいガニ股やなあw
まだひななは、おさるさんっぽいとこある。

こみはるまずまず動けとる。
公演に慣れたらダレるタイプなんかなあ。

他の公演でも、最初はめっちゃ目立っとった。
ダレずに、回を重ねるごとに目だてるようにならななあ。


MC  しーちゃん、こみはる、麻里子、なぁちゃん

お題:聞いてなかった

なぁちゃんが、この公演ではしーちゃんがいっちゃん頑張っとる、と言うとる。
私のここ最近の思いと同じやなあ。

なぁちゃんがいなくなると、こみはるいじりにw


M09.向日葵 しーちゃん、こみはる、麻里子、なぁちゃん

2日前と全員違うw

なぁちゃん、声安定しとるなあ。

こみはる、可愛らしい動きしとる。
声量足りてないのが惜しい。

なぁちゃん、音程はなんか合うてないなあ。

こみはるのイメージが、他の3人のイメージと違って勇ましくないのはいい。
女性としてカッコいいのと、オトコっぽくて勇ましいのは違うんやなあ。

しかし、間奏の終わりのひまわりがグングン伸びるとこは、なぁちゃんがいっちゃんよかった。

M08.愛しさのdefense 萌、みやび、ひなな

ひななの動きがいっちゃんオモロイ。
ガニ股であんまセクシーちゃうけど。

みやびまずまずの動きしとるんやけど、目立つには足りんなあ。

萌は動きがカタにはまっていて、そのカタを破って欲しいんやけど。

M07.ヒグラシノコイ みゆみゆ、あえり

みゆみゆ、もっと明るく歌えんかなあ。
安定感はあるんやけど、そんなに上手く聴こえん。

あえりよりは数段上なんやけど。

みゆみゆ、自分の歌声の録音聴いてみな。
自分のイメージと合うとるか?
歌手と比較したらまだまだ足らんやろ。
そこをちゃんと理解して欲しい。

てかまさか、絶対音感が鈍ったとかないやろなあ。
念のため。


M06. 僕とジュリエットとジェットコースター きらちゃん、あべま、いずりな

きらちゃんが、キレというよりも自然な動きで、大きな幅を実現できとる。

てかきらちゃんなんか落とした?
床に手を出してすくい上げたぞ。

あべまといずりなは、大場チーム4のときにいっぱい出とったなあ。

M05. アイドルなんて呼ばないで ゆいり、えりぃ、さっほー、きぃちゃん
ポンポン隊:麻里子、萌、みやび、しーちゃん、ひなな、こみはる

ゆいり、生歌がまだちょっと惜しいなあ。
なんでワカランかなあ。

麻里子の飛び跳ね方がすごい。

ひなな脚よく動いとる。

こみはる、さっほー、いいぞ。


MC 

さっほー/萌/ゆいり/えりぃ/きぃちゃん
みやび/あべま/麻里子/こみはる/ひなな/しーちゃん
あえり/いずりな/みゆみゆ/なぁちゃん/きらちゃん

お題:自分のいいところ、特技

さっほー、今日声かれとる。
あべまのことを"まるちゃん"と言うとる。

なんかしーちゃんは一生見つけられない特技があるはず、とか難しいこと言うとる。
ぶっちゃけ、特技がない、と言うてまうとこを、こんだけ説明できるって、特技やなあw

こみはるはこの公演初めてやって。
そうなのか。

麻里子は声大きいなあ。
ガチで舞台で必要とされると思うぞ。
ヒロインになれるかはともかく。

あべまはメンバーからの声援が大きいなあw

なぁちゃん、この公演4年ぶりとか。

みゆみゆは1時間くらい電車に乗る、と言うとる。
キャンパスが遠いんかなあ。
降りるヒトってだいたいソワソワしとったりするから、それを嗅ぎ取るということかなあ。
スマホに没頭しとるのとか、遠くの街の地図を見とったりしたらまず絶望的やからなあ。

あえりは、テンションを上げられる、と言うとるけど、しんみりしたとことのギャップが出せたら、セクシーになれると思うぞ。


M04.ビバ!ハリケーン

いまさらやけど、この最初の振り付け、恐竜のイメージやんなあ?

なぁちゃんは、ドキュメンタリーで取り上げてもらって、胸のつっかえが取れた気がするなあ。

こみはるは私もっと動いて欲しいんやけど。


M03.未来の果実

みやびみっけた。
このタイミングでみやび見つけること多い。

きぃちゃん、髪おろしてイメージ的になっつんっぽくなった。


しーちゃんええなあ。

麻里子みっけた。

なぁちゃんも、これまで以上の張り切りやなあ。

きらちゃん、ふわっと動きが軽くていい。

ひななおるなあ。
脚がよく動いとる。


M02.RUN RUN RUN

きぃちゃん、いずりな、久々のなぁちゃん、なんかしーちゃんがさらにパワーアップしとるなあw

さっほー、珍しくこみはるおるなあ。

あやか、萌、あえりもおる。

いや、あやかと思ったデコ出し、みゆみゆかも。

M01.Dreamin' girls 

ゆいり、えりぃちゃん(自分からそう書いとったと判断するから)、きらちゃんはわかる。

背が高いのは、主役のあべまやろなあ。

【ネタバレ】"疾風ロンド"観た。大コケと聞いてはいるけど、俳優上手いし中学生のストーリーもできているし、コレは素直に言える佳作や。

"君の名は。""この世界の片隅に"みたいに、どうしても肩ひじ張って観てまう映画は採点厳しくなってまうけど、逆に肩ひじ張らずに観て採点甘くなる場合もある。

特に若手とか無名とかやと、頑張って欲しいと思ったりする。

監督の吉田照幸さんは2作目らしいし、こういう映画を作ればいいと思う。

しかしコレでコケるとすると、売り方、宣伝のしかたが悪いんちゃう?

てか"あまちゃん"の演出家でもあるのか。

ホンマは、"あまちゃん"の演出家待望作!みたいに売ったら良かったのに、能年玲奈を出さん締め出しの方針のとばっちり食うたんかなあ。

いや、能年玲奈が悪いのではなくて、社会が悪いんやけど。

そういう意味では、今日能年玲奈(のん)がヒロインの"この世界の片隅に"と対で観たのも、偶然でない気もするなあ。

まず優子は、"ロマンス"でも褒めたけど、アイドルとしてではなく女優として演技できとった。

まあヒロイン役をするにはちょっとトシ行き過ぎな感じもするから、そのへんの方向性はあるやろけど、今後三十路、30代のキャリアウーマン、とか、逆にそこから脱落してもがく女性を演じるとか、考えたら役なんていくらでもあるんやから、いろんな役に挑戦して欲しい。

私も原作知らんかったから、阿部寛が雪原で炭疽菌を探し求める、というくらいしか知らんかったけど、ゲレンデで中学生が淡い恋をして、女の子を思うココロの上で、「オヤジ、悪いことを隠すなよ」というカンジで言うとるのが、とてもいいカンジがした。

長野の男の子兄弟が、最後、「育美はオマエに気があるんだよ」とお互いに言っていて、それを東京に帰る、阿部寛の子が寂しそうに見とるのが印象的やった。

男の子兄弟の弟は、炭疽菌を使って同級生を殺そうと思っていたのに、阿部寛の子は、親に向かって、人殺しの菌を作ろうとしていたことを、ちゃんと世間に対して詫びるべき、と言って、阿部寛も研究所長を裏切って、事実を発表しようとした。

その男の子の強さを、女の子もちゃんと理解していると思うし、これから2人は恋人にはならんかもやけれども、その絆は永遠のものと思いたい。


吉田照幸さんは、こんな内容を映画にするんやから、ホンマは能年玲奈を起用すべきところできてない、という無念さがあって当然と思う。

それを、今回は娯楽作として描いてもたけど、その奥には、能年玲奈をまた使いたい!という意思として、ずっとココロに持ち続けて、できたら主張としても表現して欲しい。

つけめんとJR東日本研究開発センター

つけめんとJR東日本研究開発センター
つけめんとJR東日本研究開発センター
つけめんとJR東日本研究開発センター
つけめんとJR東日本研究開発センター
これから優子の出る映画観ます

内容よりも、優子がちゃんと演技できとるか気になって。

誤解すんな。"宣伝という意味では、伊達娘のほうがいいと思う。"というのは、私が主体ではなくて、伊達娘のほうが八方手を尽くして宣伝しとるということ。そこからつらつらと。

そんなコメントがあったから、念のために書いとく。

私はべつに、接するという意味では、誰も差別する気はないけど、そりゃさまざまなことに対してヤル気があったり、あと私のことが好きやったりするのには、応えたいと思うとる。


そらフツー、こんだけ頑張って応援するんやから、私がAKB内で好かれてもおかしくないやろ。


自慢ちゃうけど、中核派内でもけっこう人気なんやぞ。
ホンマは権力に隙を与えてまうから、ブログも書かないということで本来は意思統一しとるとこなんやけど、そんな関係があることもあり、暗黙の了解みたいなトコある。

私のこれだけの主張を、討論できる場が用意できてない、という理由もある。

加えて、中核派に入っても、新興宗教とか、他の共産主義者らが陥った、言論統制にはならんということを、ちゃんと示したくて、敢えて書いとるとこもある。

そうして、国家権力が敢えて分断を作り出しているところに、自分らも乗っかってしまっているところがあって、やっぱそれを超えて、
「中核派でなんか悪いか!?」
ってヒト前で堂々としとれるヒトが、一人でも増えること、そんな連鎖が、リアルな革命であるとも思うし。


さて、「この世界の片隅に」再度観てきた。

丁寧に描いとるし、とりわけ背景がいい感じの絵になっていて、いいと思った。

すずさんは流産してもたん?想像妊娠?
そこは描いてないよなあ。

あと、ゆかるんにイメージ繋がるけど、ユーカリの木って、広島とか、フツーの家に植えてあったの?
コアラ育てるわけでもないのに?
また調べよう。

あと製作スタッフに"岩田圭介"ってあって、確か伊達娘のお父さんと同じ名前やけど、単に同姓同名やんなあ?


つけ麺 弐☆゛屋 (にぼしや) 
https://tabelog.com/saitama/A1101/A110103/11022056/


についてコメントあって、まずまず美味しそうやから、ゆかるんに関係あろうがなかろうが、どっちでもいいと思って来た。

« 2016年11月30日 | トップページ | 2016年12月2日 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

最近のトラックバック