« 2016年12月4日 | トップページ | 2016年12月6日 »

2016年12月5日

2016年12月 5日 (月)

私が岩田華怜によるものと判断したコメントの後で、想像できた通り岩田華怜のイメージビデオの画像が公開された。こういう情報をキャッチし報道できるから、私はなかなかインターネットをやめられん。

まず、このコメントがあった。

http://echo.2ch.net/test/read.cgi/kyousan/1480769339/208-209

208 : もち ◆6jk5Q5LG/Y/P 2016/12/05(月) 17:20:31.88
今日、画像が上がります。はっきり言ってこのお仕事嫌。

209 : もち ◆6jk5Q5LG/Y/P 2016/12/05(月) 17:21:40.12
はー(´・ω・`)みんな私をなんだと思っているんだ。私はオトコの玩具じゃないぞ。
私は女優だ。絶対に成功させてやる。

私はコレを、岩田華怜によるものと判断したから、今日岩田華怜のイメージビデオの画像が公開されると想像したけど、実際に公開された。
題名とかハラタツけど。とにかく21:45とかそのあたりに公開されたから掲載されたんやろ。

岩田華怜のイメージビデオ、誰が買うんですかね... [無断転載禁止]©2ch.net

http://shiba.2ch.net/test/read.cgi/akb/1480941934/

1 : (pc?)@無断転載は禁止2016/12/05(月) 21:45:34.99
パッケージ詐欺が酷い

http://www.idol-nippon.com/wp-content/uploads/LPFD-305_h4.jpg

http://www.idol-nippon.com/product/%E5%B2%A9%E7%94%B0%E8%8F%AF%E6%80%9C%E3%80%8C%E3%81%84%E3%82%8F%E3%81%9F%E3%81%8B%E3%82%8C%E3%82%93%E3%80%80%E3%81%B5%E3%81%81%EF%BD%9E%E3%81%99%E3%81%A8%E3%80%8D/

そして、岩田華怜本人は、twitterでもイメージビデオ発売について全く触れてないし、事実としてイヤな仕事やったんやろ。

https://twitter.com/karen0513_/with_replies?lang=ja

こういう情報を私がどうして仕入れられるか?

それは、私がファンレターとか、その後ブログなどで、AKBメンバーについて感想を延々と書き続けてきたし、その過程でまだ私が日立製作所にいる時代から、私はもうAKBメンバーの中で人気者となり、その後AKBメンバーがインターネット上に匿名で記載してくるまで、関係が築けとるからや。

もちろん、匿名やから、ニセモノだって出て来るけど、5年間、何度も工作活動を受けてきて、私もいろんな手口のノウハウもつけてきた。

権力を相手に逮捕された場合は、完黙・非転向で闘わなアカンところやけど、こうやってアイドルが私に接触してきとるし、それを私が感づいていることから、問題視されんためにも、権力は私に手を出せんような緊張関係がある。

そういうのは理解して欲しい。


私は仲間内から、ブログを書くことを非難されるけれども、伊達娘だって、事務所から、インターネット上にコメントを書くことを非難されて、トリップとか方法を何度も変えてトライしてきた。

上の過去の方針はあるやろけど、目の前に現実にトライしてくれている女の子が間違いなくいるのだから、仲間内も、その事実から逃げずに、しっかりと認識して欲しい。

いや路線論で、やりたくない闘争からは逃げたがるのもわかるんやけど。


けど、やりたくない闘争から逃げとったら、絶対反対闘争ではなくなる。


国鉄の1975年のスト権ストだって、ゼネストにしなかったことが、敗北の原因と言われている。


そうすると、やりたい闘争だけ取捨選択している状況では、勝ち目なんてないのは自明や。
なんでそんなことがワカランかなあ・・・・




伊達娘も、私と闘う気があるならば、組合事務所とかに相談の手紙でもちょうだいよ。

ネタと思われたら捨てられるやろけど、ちゃんとした内容やったら捨てられずに私のところに回してもらえると思う。

そこからどうするかは、みんなノウハウないやろし、私が考えるしかないやろけど・・・

コレたぶん伊達娘やろなあ。きっと今日にイメージビデオのビジュアルが出るのがイヤで書いてきたと私は想像する。俳優の労働組合を作るならば手助けするぞ。

コレ

http://echo.2ch.net/test/read.cgi/kyousan/1480769339/208-209

208 : もち ◆6jk5Q5LG/Y/P 2016/12/05(月) 17:20:31.88
今日、画像が上がります。はっきり言ってこのお仕事嫌。

209 : もち ◆6jk5Q5LG/Y/P 2016/12/05(月) 17:21:40.12
はー(´・ω・`)みんな私をなんだと思っているんだ。私はオトコの玩具じゃないぞ。
私は女優だ。絶対に成功させてやる。

”もち”は、色白でちょっとむっちりしていたところを、”大福”とか言われていたから伊達娘が自分のことを”もち”と書いたのが由来やなあ。
イメージビデオのビジュアルが出たら、余計にその可能性は確実なものになる。

首記のような理由じゃないと、書いてこれんやろ。

それ以外にココに書く理由なんかないし。

女優だからといって、本来はセクシーな仕事をしなければならない理由はないんやけど、能年玲奈の件でもわかるとおり、自己を主張したら突然干されてまうのが芸能界やからなあ。

伊達娘もたぶんホリプロは、ミュージカルに出られるから入ったんやろけど、ホリプロは、ミュージカルの仕事だけ与えるわけちゃうやろし。

コレ見て、一応労働組合作っとるヒトいるらしいけど、どんだけ活動ができるか不安や。

http://spotlight-media.jp/article/248680954060455169

てか伊達娘が、いやAKBメンバーも含めて、ほかのアイドルでもなんでもいいけど、この労働条件を変えようと思うならば、労働組合を作る手助けならばできるぞ。

てか伊達娘がそれを主張した途端に、私の国家権力ぐるみの裁判偽装→公安が家に来たウソ偽装等々が露わになって、1面トップニュースになるのは間違いないし、世界を変えられる闘いができるのは間違いないんやけどなあ。

"路線と時代認識"に加えて、"状況判断力と機動性"が必要、と朝に書いたけど、そもそも中核派は革命党やから"状況判断力と機動性"は本来備えていることになっているのか。けれども現状違う気がする。

"状況判断力と機動性"は当然のように備えていて、だから(将来まで含めてどれだけ100点に近い判断をしていたかはともかく)そこらじゅうで事件を起こしていたといえる。

だから、"状況判断力と機動性"ばかりで動いていた反省もあって、"路線と時代認識"を強調しているのかも、とも思ってしまう。

いや、それでも、事実を見て「どうしてそうしたの?」という疑問が湧いてないところに、弱さがあると思う。

私に関していうと、

・どうして日立製作所から個人情報を不当収集されたのか?
・どうして日立製作所から懲戒解雇されたのか?
・どうしてドイツまで亡命したのか?
・どうしてドイツから強制送還されたのか?
・どうしてAKBにこだわるのか?とりわけ岩田華怜に結婚を申し込んだりしたのか?

とか、疑問は山ほど湧いてくるはずなのであるが、"路線と時代認識"を誤用、というか悪用して、自分らの"路線と時代認識"からは関係ないから、ほっとこう、というのが、いまの中核派の私に対する態度なのは間違いない。

私はそうではなく、私がやってきたことに意味があり、意味があるからこそ工作活動を受け続けているのだから、自分らだけの殻に閉じこもった"路線と時代認識"からは一線を画して、新しい者が主張する"路線と時代認識"を、"状況判断力と機動性"の上に築けないか、と言っている。

しかし、どうもなんとなく、他のヒトの私に対する態度などから、私の上司に当たる者が私のことを単なるバカ、程度にしか上に上げてなくて、中核派全体の認識としては、大西はバカ、ということになっているらしい。

いやもうそれ権力側の術中に見事にハマっとるんやけど・・・・

だから私は、まだまだ中核派は権力側の術中においての条件闘争しかしてないと、ここは強く言う。

動労千葉は絶対反対、というのはあるけど、私が日立製作所から懲戒解雇されたのは、そんないい加減な理由からではないし、先日も書いたけど、小池百合子が悪用しようとしている、公益通報という制度の根本矛盾の証拠を、私は持っている。

そういうと、"路線と時代認識"ばかり強調したあげく、証拠を軽視している人々が多いのも問題である。

権力側から出てくる証拠なんて限られるのだから、権力側から出てきた証拠なんて、美味いところだけじゃなくて骨までしゃぶり尽くすくらい検討して当たり前と思う。

それが根本的に弱い。

私から見たら、中核派はまだまだ頭デッカチばっかで、"状況判断力と機動性"がほとんどない。

まあ、そこを変えていくのも私の使命とは思うけれども、なんでみんな、私がブログでこんだけせっせと書いても気づけんのか、やっぱ本になっているか、バカとされている人間が言っているかのハクの違いに、迎合しているのだろうと思ってしまう。

だいたいそもそも、権力から与えられたハクの違いなんて関係なくて(それは中核派内だって同じことのはず)、現場の労働者の言うことのほうが正しいのだ!というのが中核派の主張なのだから、そこで根本矛盾に陥ってしまっているし・・・・・・

もう私から見たら、外に働きかけるというよりも、先に内的革命すべきところがわんさかあるんやけどなあ。

"路線と時代認識"に加えて、"状況判断力と機動性"が必要と思う。

というのも、"路線と時代認識"だと、ヒトの後ろからついて行って、最前線で闘っている人々に対して、外野からヤジを飛ばせてまう。

外野にいるのではなくて、自分から闘いを切り拓いていくには、"状況判断力と機動性"がゼッタイに必要と思う。

あんま書かれてないけど、間違いないやろ。


それで、私がインターネットで受けている、権力からのさまざまないじめ攻撃について考えているうちに、労働運動でいじめ問題を、団結のために単に、関わらねば良いこととして、取り上げてこなかったのも問題と思う。

権力は、全員の賃上げをする費用はないけれども、企業法務などに使うのと同じ程度の費用で、組合対策工作員を雇っていて、団結しようとする者の分断を意図的にしていると、私は考える。


そんなの考えづらい、と言われるけれども、私は意識的に権力から攻撃を受けるようにし向けてきて、権力の攻撃のバリエーションを知っているつもりや。


ところで昨日、伊達娘だけでなくゆかるんも書き込んできたのか?

イス倒したとか、復調できたんやろか。

私は返信してない。こういうので工作活動をして私の信用を失墜させようとしとる。けどそれを見抜けてない中核派の目もアシアナ、じゃなくてフシアナなんやけど。

コレ工作やなあ。20代と30代の違いも一瞬で理解したし、どのみち返信なんてしてない。

これまでなかったタイプの攻撃で、私を怖がっているのはわかるけど、さて中核派はこんなのも見て、みんな、インターネットだからアタリマエ、で過ごしてまうのかなあ。

地道に活動するのも大事やけど、インターネットで大勢を取るのも大事や。

民主労総の闘いも、インターネットを決して軽視してないやろ。

なんでその重要性が理解できんのかもまたフシギや。

今後、インターネットをこれまで以上に活用し出す方針に転換するとして、ようやく理解する、のでは遅すぎる。

http://onicchan.cocolog-nifty.com/blog/2016/12/12-a89d.html#comment-114108636

仮名ですけど 聖奈っていいます
いつもブログ読ませていただいてます
大西さんの考え私と同じで共感出来ます。
ここでは話せないのでメールアドレス載せます
メールくれると嬉しいです。

いきなりメールくれって言っても
怖いですよね。私のプロフィール
特定出来ない程度に

30歳 女性
専門学校卒
現在、派遣社員
不当な扱いで休業中、労基に相談中

投稿: 20代前半女子 | 2016年12月 5日 (月) 00時44分

http://onicchan.cocolog-nifty.com/blog/2016/12/12-a89d.html#comment-114108657

大西さん早速の返信ありがとうございます
残念ながら釣りでございました。こんな夜分に
かなりの長文すみません
20代前半とかいて、文には30代とか書いちゃったんで
警戒されると思いましたw

やっぱり女には返信しちゃうんっですよね!
これ浮気症ですね

投稿: | 2016年12月 5日 (月) 01時22分

やっぱみんなどうも、自分の中に矛盾を抱えていることを理解できてない。まだまだアタマデッカチや。

だって、まずもってみんな、自分達の路線は正義、と思っている。・・・①

そして、その正義を、日本政府がさまざまに、逮捕とか過激派キャンペーンとかで意図的に歪曲し、理解されづらくしている。・・・②

この、①②ともに、大勢の認識が一致するところと思う。

そして私は、

私に対して、正義を、日本政府がさまざまに、変人であるとかなんとか、意図的に歪曲し、理解されづらくしている。・・・③

この③を主張しているけれども、③が真実とは誰も考えようとはしてない。

そんな組織がいっくらビラとか集会で主張したって、一般人は②を信用しようとしないよ。

私が③を主張しているのだから、③が真実かどうか検証してみる。

自分からそれをする姿勢を見せたら、結果はどうであれ、人々も、②の可能性もあるのかなあ、とリアルに考えると思う。

しかし、自分から相手の訴え③を理解しようとしない人間たちが、一般人に対して②を信用しろといっても、難しいよ。

ようは、解決すべき順番が違うねん。

私以外に③を主張している者がいないから、なかなか理解できんやろし、それが重要とは思えんヒトも多いやろけど、そこは越えねばならぬ壁なはずや。

« 2016年12月4日 | トップページ | 2016年12月6日 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック