« 2016年12月6日 | トップページ | 2016年12月8日 »

2016年12月7日

2016年12月 7日 (水)

それらしき電話がなかったし、権力に迎合する気はナッシングやけど、E235系に関する私の主張が正しいということだけは受け取っとく。→ E235の主張を評価されたとの事だよ

コレ

http://onicchan.cocolog-nifty.com/blog/2016/12/post-d51e.html#comment-114115848

大西君、何度の電話連絡でも君は取らない
E235系の時だがね
何の為の携帯だい?まあいい

名前は言えんがある部長から君の復職について
言ってくれとの話があった。まあ君は工作員の
工作というだろう。
E235の主張を評価されたとの事だよ
復職と言っても給与は期待しないでと言っていたよ
様子見て決める意向だったと思うが
会社は日本有数のコンプライアンスを誇って
寛容な期間を未だに設けようとしているのに

この記事はどういうことなのか、説明を
いただきたい
投稿: | 2016年12月 7日 (水) 20時50分

こんなみみっち過ぎる内容で復職なんてしたくない。

私はE235系とか鉄道の技術職とか、いやそれはそれで大事なことやけど、もっと大きなこと=世界革命をしたいと思うとる。

けれども、大きなことをしたいからこそ、小さいことに真剣に取り組む、現場でとことんやれて、現場で支持を得ることは必要やわなあ。

そういうわけで、権力者から技術を認められようがどうしようが、関心ありませんので、お引き取りください。

ついでに、息をお引き取りいただいてもかまいません。チーン♪  ・・・あ、大西弘子も、息をお引き取りいただいてもかまいません。

警察公安の真髄を射た発言やなあ → 野村克也「王と長嶋は、やっぱり天才だった」 ~ 人間だけでなく猫を含めた心理戦論について

コレ

野村克也「王と長嶋は、やっぱり天才だった」 2016年12月07日 18時00分 日刊大衆

https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12205-25801/

王と長嶋は、正反対のタイプだけど、やっぱり天才だった。バッターボックスで、打者の気持ちを揺さぶろうと始めたささやき戦術が一切効かなかったのが、2人だけいるんだけど、それが王と長嶋。

まず、長嶋は聞いてないんだよ。“最近、銀座行ってんの?”って聞くと、それに対する返事が来ると思うでしょう。長嶋は違うんだよ。“ノムさん、このピッチャーどう?”って。こっちの話を全然聞いてないから会話にならない。王はちゃんと会話になる。“ノムさんは行ってんの?”とか。少しは集中力が切れたかなって思うんだけど、ピッチャーが振りかぶると、その瞬間に隙がなくなる。王の集中力はすごいんだよ。

警察公安に対する、完黙・非転向の真髄は、ようは”ささやき戦術”に屈しないことやと思う。

いやそれだけじゃない、と言われるやろけど、相手の意図する方向から、いろんな言葉を投げかけられても、それに動じない態度が必要と考える。

それに、勾留中にいっくらこちらが罵倒できても、だから釈放になる、という構図はないねんしなあ。

外から主張してもらってはじめて釈放される。

このたとえバナシでは、王と長嶋は、そんな、外に出すことがない内々の誘い話には乗らなかった、ということと捉えたらいいと思う。

私は内外に対して問題と思ったことを、内外に対して主張する。

だから、内外から問題視されるけれども、これまでとは一線を画して、権力の攻撃から自律して防御しとる、と思う。

だって、権力が私を不当逮捕したと想像したらわかることや。

内部に潜ったほうが、権力は恐怖に思う、と言う人々がいるけれども、私はインターネットでやり合って、ドイツに亡命申請して、フツーならば強制送還された時点で日本政府からボコボコに言われていて当然なんやけど、日本政府は表立ってはなんも接触してこんかった。

もうそれが、私のことをそれだけ怖れとるということに繋がるやろ。

権力は、ありのままを外に向かって主張する者がいること、それこそが本当に恐怖やねん。

たとえばコレ。

渋谷暴動45年、大坂容疑者は 暴露本や情報提供相次ぐ 2016年12月6日17時31分

http://www.asahi.com/articles/ASJCL3GB5JCLUTIL00Y.html

警視庁は事件発生から丸45年の11月、有力な情報提供者に報奨金を支払う制度の対象にこの事件を加えた。上限は300万円。1カ月で27件の情報が寄せられ、「大坂容疑者に近い人が都内に住んでいる」というメールもあった。これまでの情報は、公開手配を始めた84年以降、平均すると年10件未満。11月以降、情報提供のペースは伸びており、新たに5万枚のポスターを全国に配った。

めちゃくちゃ恣意的な記事で呆れる。そりゃこんな記事が出たからやろがおい。


手配の中核派容疑者に懸賞金=45年前「渋谷暴動」-警察庁

http://www.jiji.com/jc/article?k=2016110100081&g=soc

大坂正明容疑者の指名手配ポスター。有力情報に公的懸賞金が支払われる=29日、警視庁
45年前に警察官が殺害された「渋谷暴動事件」で、警察庁は1日、殺人容疑などで指名手配されている中核派活動家の大坂正明容疑者(67)の逮捕に結び付く有力情報に公費で懸賞金を支払うと発表した。上限は300万円で、期間は来年10月末まで。

事件は1971年11月に発生。中核派系全学連の学生ら約150人が警戒中の関東管区機動隊の部隊を襲撃し、新潟県警の中村恒雄巡査=当時(21)、殉職後警部補に昇任=が鉄パイプで殴打された上、火炎瓶を投げ付けられ死亡した。
警察当局によると、警視庁が今年1月に摘発した東京都内にある非公然の「赤羽アジト」に、大坂容疑者が一時期潜伏していたことが判明。現在も組織の逃走支援を受けて活動を続けている可能性が高いと判断し、情報提供を呼び掛けることにした。情報提供は警視庁公安1課03(3581)4321まで。(2016/11/01-06:35)

そりゃ、11月はじめに300万円の懸賞金をかけたら、一攫千金、というか一攫300万円をかけて通報してくるヤツがおるやろ。

逆にとれば、そんなヤツが全国で1ヶ月で27件しかなかったって、警察公安も有力な情報にこと欠いたと言うとるのも同然や。

だって、有力な情報があったならば、わっざわざ記事にするよりも、なんも書かずにコソコソしとったらええやん。

そっちのほうが、受ける身にすればよっぽど怖いし。

私には、朝日の記事は、警察公安はなんも証拠を掴めませんでした!とゲロしとるとしか取れんよなあ。

とにかく、相手を揺さぶるには、そんな心理戦が必要やねん。


てか時事通信の、

”警察当局によると、警視庁が今年1月に摘発した東京都内にある非公然の「赤羽アジト」に、大坂容疑者が一時期潜伏していた”

って、たぶんそれ、赤羽の逮捕後の勾留理由開示公判でもなかった内容を、時事通信(マスコミ)が勝手にデッチ上げとるやろ。

私はそんな内容全く把握してないぞ。




心理戦というならば、こんな記事がある。

猫の恩返しかな? 野良猫を会うたびに撫でていたら猫の集会に招待される 2016年12月06日 18時50分 BIGLOBEニュース
https://news.nifty.com/article/item/neta/12112-6512848604/

ツイートを検索したらコレやな。

https://twitter.com/HOMEALONe_ksk/status/804937147539066880?lang=ja

集会に招待された写真までなければ、猫から”愛情表現と感じ取った”なんて、勘違いも甚だしい!と言われてまうやろ。

私が伊達娘から感じた、なんてレベルとは違う。
なんたって相手は猫なんやから。

けど、猫でさえそんなことがあるんやから、人間でゼッタイにない!思い違いや!なんて、第三者が勝手に判断できるようなもんではない。

しかし人間の世界だからこそ、具体的にわかる証拠を伊達娘の側も出せんというもどかしい面もあるんやけど。

個別には回答せんけど、なんか今日になってやたら ”日立製作所に残っていたほうが良かった” と煽るコメントが多いよなあ。日立製作所困っとるよなあ。

私は、日立製作所に拘る気なんてハッキリ言ってない。

日本政府を打倒できたら、同時に日立製作所だって打倒できる。

どっちが先とかどっちが後とかあるやろけど、けっきょく共倒れになる。

それを怖れて、日立製作所の者が工作活動してきとると私は判断する。

給料が何十万とか、仮にひと月に百万円とかあろうが、弱い人々を苦しめていいはずがない。

私は日立製作所に入所した当時から、インテリボンボン長井聡はとりわけやったけど、長井聡をはじめとして、所員全員が、グループ会社・協力会社の者を分断してこき使って、それを自分の仕事としてしまっているその姿勢、それが問題と言ってきた。

那須透、長谷川晋、庄司雅幸、藤原和紀、戸次圭介、いっぱいおるけど、やっぱ長井聡はとりわけおかしかったよなあ。

那須透もアホやのに威張っていてたいがいおかしかったか。

だからかいま、長井聡は”理論武装”として、私が結婚式に行くというハガキを送ったにもかかわらず行かんかった、っていちゃもんつけてきとるやん。

けどそんなん10年以上前のことやぞ。13年くらいか。

しかも、上司であった者が部下に向かってインターネット上で主張できるような内容ちゃうわなあ。

上司として認められる人格ではないと判断したので、結婚式には参加しませんでした!

コレでなんか文句ある?


まあ、こんな思想を内包しとったからこそ、私は新人の頃から疎まれた。

私は、学歴は高いけれども、やっとることは幼稚園児な彼らの下で働くよりも、学歴は大卒だけでなく高卒とかおるけど、やっとることは崇高な人々の下で策を練れるいまのほうが、幸せやぞ。

伊達娘がツイッターのほうのトップの背景画像と紹介文をDVD関連に変えとるけれども、なんか中途半端やなあ。

コレ

https://twitter.com/karen0513_/with_replies?lang=ja

トップの背景の画像と、説明文は確かにDVDについて述べとる。

けれども、LINEブログのほうはなんも反映なし。

http://lineblog.me/iwata_karen/

同一人物が意志をもってやるならば、全部ガサッと変えてまう気がするよなあ。

LINEブログではDVDについて触れてないのは、敢えてなのか?

まあ伊達娘はまだまだ、1つか2つくらいやり終えたら後を忘れてまうくらい、詰めが甘いところがあるから、真相はワカラン。

10の課題を自分の中で想定すれば、10の課題を全部やり終えて、ようやくひと息つける。

なんて言っても、私だって2つか3つくらいでひと息ついてはいるんやけど。

(ちなみに気が乗らないことは、私こそけっこう後回しにするタイプやけど)

伊達娘もだから、LINEブログをまだ変えてないならば、ちゃんと変えよう。

セクシーなショットを見せることの是非はともかくとして、私はもっこりしたぞ。

それは道徳ではなくて生理現象やからなあ・・・・ いやここで書くなと言われるかもやけど、それしか伝える手段がないから書く。

それで公安が来て、新しい法律を根拠にして私を逮捕して、検察が、無料掲示板に書けばいいのに、個人ブログに書いたのが問題!と言うならば、ここ1ヶ月くらいか、私の2ちゃんねるへの書き込み環境から、書き込みができない状況に、個人ができるレベルではなく集団の意思において為されてきていたことを、弁護人は主張してくれるやろ。


・・・コレは、私が完黙した後のことを書いとる。

完黙・非転向と、こうやってインターネット上で書くこととは根本的に違うと、私は勝手に解釈している。

だって、インターネット上で書くことは、公知の情報で、検察が恣意的に解釈しようとも、弁護人はまたそれに流れ的に反論が可能や。

ところが、刑事の前で喋って、刑事が恣意で歪曲した調書について、弁護人が反論するのは難しい。

まあ私はそれさえをもやってのける意思があるけれども(だってAKSら相手に、私一人弁護士6人という裁判を経験したし)、刑事が恣意で歪曲した調書を書かれるような場面は作らないでおこうと思う。

私も黙秘すべきと思うところでは一転して黙秘する場面があるのは、先日も書いたところやし。


てか伊達娘について改めて気づいたことを。

共産主義がナントカと書いていて悪いけど、想像したよりおっぱいちっちゃいなあw
もちっと頑張って発育できたかもなあ。

実は私あんまおっぱい興味ない(過去好きになったヒトはおっぱいで選んでない)から、個人的にはどうでもええけど、一般的にいうとあるに越したことないしなあ。

あんま可愛くない顔しとる、コレは実は重要や。
個人的にはサンプルの8枚目みたいな表情のほうが好み。

(そもそも私自身が、イケメンの対極みたいなカオとか風体とか生活なんやから、言えた義理ないわなあw)

けれどもまた、伊達娘はどうしてか、歯を見せるのを嫌がるんやなあ。なんでかなあ。
ひななには逆に歯を見せんほうが可愛いと言っても歯を見せてまうのとは対照的やなあ。

伊達娘は肉付きがいいから、歯を見せたほうがアクセントがあって可愛いと思うねん。
逆にひななは、肉付きがなくて、歯を見せることによって輪郭がシワっぽく見えてまうから、お澄まししとったほうが可愛いと思うねん。

私はそういう違いを言うとる。

そういやさっき、伊達娘がヘンなコメントしとる。

https://twitter.com/karen0513_/status/806446538394202114?lang=ja

いやコレ、20代に対してについての内容やから、女子高生が卒業すると同時に会社に入れたい、という意味でツイートしとる、と汲み取れなアカン。

まあそこまで汲み取った上での、敢えてズラした返信かもやけど。

元の、岩崎貞文さんの、

”やっぱ若い人で流行ってるものと、若い人に流行らせようとしてるものは似てるようで遠い。”

というのはアタリマエやな。

”やっぱ若い人で流行ってるものと、若い人に流行らせようとしてるマルクス主義革命は似てるようで遠い。”

と書いたら、どんだけ遠いかがわかるやろ。

だいたいそもそも、私には似ているようにさえ見えないし。

むしろ革命を起こそうとする者のほうが、若い人の中で流行っているものの中に、革命的な要素があるんじゃないか?と、積極的に入って行って掘り出さなアカンと思う。

若い人の成長なんて、それ自身がもう内的革命なんやから、若い人の成長という内的革命に寄り添えないでどないする。

悪いけど、世界の先生方は、たとえば日本でいっくら”日教組”なりなんなり言って先生の運動をしていたところで、しょせんは先生が
「自分達はこんだけ偉いんだ!生徒よ、臣民よ、ひれ伏せ!」
と言うとっただけやねん。

いや私だって先生の運動の詳細は知らんけど、結果として学校が民営化とかめちゃくちゃに攻撃を受けている実態を見たら、さらには私の学生時代を照らし合わせても、先生が生徒の考えを捉えて自分を変える、内的革命に取り組んでこんかったことは明白や。

その、岩崎貞文さんのツイートをいくつか読んで、面白い問いがあった。

https://twitter.com/sadatoilmoil/status/805210693234462720?lang=ja

岩崎 貞文
‏@sadatoilmoil
私にはこの中で圧倒的1番好きな表情があります。

さてそれはどれでしょうか?
(どうでもいいw)

さ、今日も1日頑張るぞ💪
ミオヤマザキ、ツアーセミファイナルです

#石原さとみ https://www.instagram.com/p/BNk1SuHjgSa/

私は、ツイッターとかインスタにコメントがないけれども、挙げるならば右下かなあ。

スマホを見て、カレシにどんな返事を書こうかというわくわく感みたいな、ストーリーを感じるねん。

ほかの表情からは、可愛いさは感じられても、ストーリーまでは感じられんやろ。

石原さとみって、ホリプロでヘレン・ケラーをやっとったんやなあ。

いまだに顔と名前が一致してないけど。

てか石原さとみって、調べたら1986年12月24日生まれなんやなあ。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9F%B3%E5%8E%9F%E3%81%95%E3%81%A8%E3%81%BF

伊達娘が、DVD発売記念イベントに合わせて、石原さとみに対して、

「石原先輩、30歳おめでとうございます!」

とか言ったら、ヘレン・ケラーの三重苦ばりに、30回くらいひっぱたかれそうやなあ・・・ よりによって同じ事務所の先輩の30歳の誕生日だけに・・・・。

たとえ週刊文春の記事であろうと、こういうのはちゃんと労働問題として取り上げたほうがいいと思う。→ ユニクロ潜入記者 横田氏解雇される

コレ

ユニクロ潜入記者 横田氏解雇される 2016年12月07日 16時00分 週刊文春

https://news.nifty.com/article/magazine/12113-20161207-6861/

ユニクロでアルバイトとして働いていたジャーナリストの横田増生氏が、12月3日解雇を通告された。横田氏は、昨年10月からアルバイトとして勤務し、12月1日発売の「週刊文春」でルポ「ユニクロ潜入一年」を発表していた。

この日の14時前、シフトに入っていた横田氏は、いつも通り新宿の「ビックロ」に出勤。ユニクロの人事部長から解雇を通知された。記事の寄稿が就業規則に抵触し、同社の信用を著しく傷つけたとの理由だったという。

横田氏は、記事に間違いがあるのかを確認したところ、人事部長は「中身の吟味はしていない」とし、懲戒解雇ではないとも説明した。

「週刊文春」は、横田氏の解雇理由の確認や記事に対する見解を、ユニクロを運営するファーストリテイリングに求めたが、「お答えすることはありません」(広報部)との回答だった。

解雇に至る詳細な経緯を含めた横田氏の取材レポートは、12月8日発売の「週刊文春」に掲載される。

文/「週刊文春」編集部

”記事の寄稿”が、”同社の信用を著しく傷つけた”とある。

もちろん本来は、職場の内々のことをいちいち週刊誌に出されたら、仲間がヒヤヒヤするからダメ、というのはある。

だから、労働組合的に考えてどうかと思うところはあるけれども、会社としても、その記事の実態を把握したら、
「社内で問題点があるところは改善するが、職場内部の者が不安に思う可能性があるので、週刊誌に書くのはやめてもらえないか」
みたいな言い方になるのではないか?

少なくとも、いきなり解雇は行き過ぎではないか?
解雇権の濫用ではないか?

そもそも、信用を著しく傷つけるようなことを、会社側がしていることがそもそも問題で、それを隠蔽するために解雇するのであれば本末転倒で、この一件で十分裁判できてまう。

てか横田増生氏って調べたら、とことんユニクロに執着しとるなあ。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A8%AA%E7%94%B0%E5%A2%97%E7%94%9F

いまは直接労働組合を作るというオハナシではないけど、まずこの内容を持って横田増生氏はユニクロとキチンと裁判して、そのために横田増生氏はユニクロの人々が入れる、闘う労働組合に入って、その上で裁判闘争を、労働組合の実態も加えて書く、というような闘い方もあると思うなあ。

私はどうしてもそう考えてしまうけど。

トランプが、孫正義がアメリカに投資すると言ったとして称賛したとか、徐々にボロが出てきとる。

テレビで観た。

私はちっちゃい頃から疑問やったけど、”黒字”になる必要性、いまもってヨウワカラン。

家計だって考えたら、トントンでええはずやねん。

まあ子孫のためとか、自分の不安のためとか、家を建てるため、クルマを買うため、の費用は必要やろ。

けど、その目的ならば、仮にローンの金利がゼロならば、借りたらええだけやん。
そうやって仲間うちで貸し合っていたら、別に”黒字”であることなんてゼンゼン必要ない。

日立製作所にいるときだって、公共の利益のためには、めちゃくちゃな黒字を出したらアカンといって、人件費から算出した総費用(但し計算上の人件費は実際の給与の10倍くらい)に対して何割とか、もう何割やったか忘れたけど、見積りの上限を決めとった。

まあそれもいまとなっては、めちゃくちゃ高額に見積もって出したところで、糾弾されることなんてないとは思う。
ATOSの見積りは初期の赤字を埋めるために高いと聞いたし。いまもかワカランけど。

但したとえば大手私鉄間で
「ウチは〇〇億円なのに、あなたのところは××億円、違い過ぎる!」
と問題視されるようなことはあるやろし、ある程度の値段には入っとるんやろ。

それは談合と似たような”慣れ合い”で、大きな目で、引いた目で見たら、日本の企業は海外に対してだけでなく国内に対しても護送船団方式で、大企業群を守ってきたんやろ。

それでな、孫正義というのは莫大なカネを持っとる。トランプもそうや。

彼らがどうやってカネを掴んだかといえば、本来必要でない”黒字”をひねり出してきたからや。

誰からひねり出してきたかというと、今回トランプに入れてきたような、貧民層やねん。

いや貧民層のもう少し上かも知れん。働いて、ロボットを動かしてくれな、利益にならんから。

トランプはそういう意味では、ロボットさえ動かす権利を与えてもらえてない人々の意志を集めることができた。

けれども、それで、新しいロボットを動かそうとしとる。

安倍晋三が言うてきたトリクルダウンと同じで、トランプが孫正義とツルんで、新しいロボットを動かしはじめたとしても、けっきょく自分らはちっとも豊かになってないぞ!そもそもロボットを動かす権利を、いまもって与えてもらえてないぞ!って言い出すぞ、と思う。

パククネへの、セウォル号事件のときになにをしていたか、などの糾弾が激しいやろ。

アレはホンマに革命情勢と思う。

私が逆の立場で、それこそ韓国の官僚ならばと想像すると、パククネを即刻降ろして、誰か新しいヒーローに挿げ替えるやろ。

韓国ではそれができんということは、民衆による革命情勢が激しいのか、ほかにも理由があるのか、私はそこまでは読めてない。

"階級闘争"の中の"プロレタリアート"はひとつなのか?

議論していて感じるのだけど、私は、この問題からは避けて通れないものと思う。

人間には虚栄心があって、それに資本の側が付け込んで、さまざまな地位や職位、褒章、その結果としての賃金、で、人々は資本の側から差別され分断されていると感じる。

けどそれは一面的な解釈だけで、実は資本があろうがなかろうが、封建制社会だろうが、そんなの知ったこっちゃない動物の世界だろうが、自ら差別を意識的に作り出している。

人間には虚栄心があって、どうしても、誰かよりも上の立場である、オマエよりも博識なんだ、などと考えてしまう。
その根底は、ボスザルしか子孫を残せない動物の世界で、ボスザルになりたい、というような意識と繋がっていると思う。


あらゆる差別を考えず、全部平等と考えるのが、マルクス主義、らしい。
私のいまの解釈は。

しかし、つまるところ人間の虚栄心が、マルクス主義の中からさえ分派をたくさん作り出してきた歴史を考えると、プロレタリアートでさえ平等ではなく、だからこそ真の平等=虚栄心との対決、をしっかりと見据えねばならないのではないか?

それでも、"虚栄心"では解決できない、差別があるとも思う。


たとえば民族差別を受けている者が、平等であろうとする中でどんな虚栄心と闘うのか?(差別は資本家だけが作り出した概念、とは言い切れないと思う)
たとえば障害者が、平等であろうとする中でどんな虚栄心と闘うのか?

こういう問題は、もっと深く考えるべきなんじゃないか?

と思う。

ストーカー規制法がSNSへの書き込みを規制対象にしたとか、それは私のブログの書き込みとなんら関係はない。

コレ

http://onicchan.cocolog-nifty.com/blog/2016/12/w-d08f.html#comment-114112566

www.asahi.com/articles/ASJ8461JZJ84UTFK00X.html

投稿: よ~く読みましょうねぇ~ | 2016年12月 6日 (火) 13時58分

SNSもストーカー規制法の対象に 自公案まとまる 2016年8月4日19時55分

自民、公明両党は4日、SNSを使った執拗(しつよう)な書き込みを規制対象に加え、罰則も強化するストーカー規制法改正案をまとめた。議員立法として秋の臨時国会に提出する予定で、野党の理解も得て成立をめざす。

両党は、東京都内で5月、音楽活動をしていた女子大学生がファンに襲われた事件を受けて検討してきた。改正案では、「つきまとい等」の規制対象に、相手に拒まれたにもかかわらずSNSでメッセージを送信したり、コメントの書き込みを続けたりすることを追加する。

ストーカー行為を被害者の告訴が必要な親告罪から非親告罪に変更。ストーカー行為に関する禁止命令違反は、現行の「懲役1年以下、罰金100万円以下」から「懲役2年以下、罰金200万円以下」に引き上げる。また、加害者に対する警察の警告を経ずに、都道府県の公安委員会が禁止命令を出せるようにする。

が可決されたんやな?

けど、これって、誰かのSNSなどに出向いて自分が書き込んだ、とかではないと規制できんやろ?

自分のSNSで、誰かのことを書いていた、であれば、なんら問題ないやろ?
いっくら警察公安が私の家に来て、岩田華怜に似せた音声で騙して、私に上申書を書かせたからといって、私のブログの書き込みを止める理由にはならん。

そんなんがまかり通れば、近い将来、安倍晋三とか天皇についていくつか書いただけで、「それがストーカー行為だ」と言われて逮捕されてまう世の中になってまう。

戦争下ではそんなのアタリマエやから、じゅうぶんあり得るんやけど、だからこそ今後想定できることとして、ココに意図的に書いておく。

« 2016年12月6日 | トップページ | 2016年12月8日 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック