« 2016年12月9日 | トップページ | 2016年12月11日 »

2016年12月10日

2016年12月10日 (土)

伊達娘にライブの感情がない、と書いて、その対極として"君の名は。"を挙げていろいろ公式ビジュアルガイドを読んだけど、想像した通りやん。~ さややについても。

私もカンがええよなあ。

たとえば新海監督インタビューのP59の最後あたりから、RADWIMPSが、映画に合わせて歌詞を変えてきたと書いてある。

具体的には、


私たち越えれるかな、
この先の未来、数え切れぬ困難を。
言ったろう?2人なら
笑って返り討ちにきっとできるさ


と書いてある。

RADWIMPSのインタビューでは、それ以外にも歌詞がいいから、監督がセリフを減らして、代わりに歌を聴かせるようにしたり、歌を聴かせるために尺を長くしたと言うとる。


けど、RADWIMPSの案を完全に採用したわけではなくて、監督がイメージを伝えるためにめっちゃ長文の感想と注文が何十回と来てイヤになったとも、P81あたりに書いてある。

私が伊達娘にイヤがられてもファンレター出し続けたというのは、そういうことなんやと思う。

だから、"君の名は。"の中でRADWIMPSの歌って、映画の中であるにもかかわらず、ライブ感に溢れているとも言える。


私は上で上げた歌詞とか、"あと少しだけでいい"を繰り返す歌詞とか、現実を考えると違うかもわからんけど、ガチガチに真剣になりきらずに、「できる、できる、できるよ」というような、根拠のない自信を、2人で言い合う、というようなことって必要と思う。

私ずっと言うとるやん。

"あと少しや"なんて、日立製作所時代から言い続けてきた。

まあ、それは少しではなかったわけやけれども、そんなんどうでもええ。

私が日本政府ぶっ潰したら、私と同じ思いをする人間は、当座のところいなくなる計算になる。
新しい革命政府だって当然のように腐敗するし、私の目が黒いうちはなんとかするつもりやけど、私が死んだ後のことまで責任持てん。


改めて、私ずっと言うとるやん。

ひとりで考えるから悩んでまう。

相手にちょっとアドバイスする、そのちょっとの努力をお互いにしただけで、人間はもっと生きやすくなる。

RADWIMPSの歌って、全体的にそんな主張やろ?
いやそれは新海誠の主張かもやけど。
私は新海誠を通してしか、RADWIMPSについて知らんし。


伊達娘も、なんか正解がある歌ではなくて(いや正解なんて自分で見つけるしかないんやけど)、RADWIMPSの歌とか歌ってみたほうがええのかなあ。

今泉さんのボイトレとか、祐天寺のダンスレッスンの先生も、そんな観点を持ってないのか?


あと、改めて思ったけど、さやや、よくよく考えると、もえきゅんとかひななとか、かよよん、あえり、とか、同期とゼンゼン仲良くしてないよなあ。

同期はライバルではあるんやけど、お互いに切磋琢磨できるライバルであって、切磋琢磨できる関係がなかったらダメになる。

切磋琢磨できずに、さややは、誰かから認められる存在になると思うか?
AKBの先輩だって、順位はついたかもやけど、芸能界ではなかなか苦しんどる。

優子は演技はできとるし、批判的な記事が出るというのも、ひとつの勲章と思う。
いや実際天狗になっとるかもワカランけど。


けどとにかくさややは、これから卒業して劇団にでも入って、劇団のみんなと一緒に、たまには裏方に回って、実践していくしかない。
(芸能事務所に入ったとしても、実態として似たようなもんやろ)

だからこそ、実践を想定して、AKBにいるうちからAKBのメンバーを大切にして欲しいと思う。

まあ、いまさらドラフト1期と仲良くするのは難しいわな。

けど、ドラフト2期に対して自分のノウハウを教えるというのはあるよなあ。

そして、ドラフト2期の全員と友達になったら、友達の友達は友達、という理屈で、ドラフト1期と仲良くできるやろ。

私が難攻不落のヒトと仲良くなるための秘策な。

狙ったオトコを落とすのだって、そいつの友達全員と仲良くなったら、外堀り埋めてまえる。


コレはさややだけに言っているのではなくて、誰に対しても言っている。

革命家に対しても、言っている。

あ、そうそう、ついでに書くと、安藤雅司さんが、P68で、アニメで人間の骨格をどう表現するか?という話で、それを具体的に考えた先輩として近藤喜文の名前を出しとって、伊達娘もさややも生まれる前に亡くなったヒトやけど、彼の考え方が"君の名は。"にもリアルに生きていることを、感じて欲しい。


自分が亡くなって18年経ってさえ、こうして、自分の考え方を大事に思って、新しい創作活動をしてもらえる、そういうのこそが、自分が生きた証ちゃうか?

熱海駅に軽便鉄道の機関車が

熱海駅に軽便鉄道の機関車が
熱海駅に軽便鉄道の機関車が
熱海駅に軽便鉄道の機関車が
熱海駅に軽便鉄道の機関車が
さっきの人車鉄道の後に、明治40年、ということは1907年か、から熱海〜小田原間を走ったという機関車。


ついでに駅前で営業しているのが、マクドナルドと笑笑だったので、笑笑に入ったけど、ちょこっと食べて1,951円もした!

よくばりプレート、680円ということで頼んで、値段のわりにはまずまずだけど、あと生ビールと牛丼で1,951円もするか?

てかレシート放ったのがまずかったなあ。

これからアクティーで帰ります。

熱海なう

熱海なう
熱海なう
熱海なう
ガチで熱海来ました

てか入り口右手側のモニュメントが気になって見たら、大江戸温泉物語あたみ園って、1896年に開業した゛豆相人車鉄道゛の熱海駅舎跡なんやな。

伊達娘に歌の実践を、と思って"君の名は。"のCDを買ったけれども、青春18きっぷで熱海に向かっている件

私だってここ最近ゼンゼン旅行もしてないんやから、ちょっとくらい小旅行したってええやろ。
いまの時間になったのは不本意やけど。

大江戸温泉に入って、とんぼ帰りするつもり。


伊達娘はもう少しライブの感情がないと。

前から指摘し続けとることやけど、なんか想像できる100点の歌い方を、小手先でしている感が否めんねん。

想像できる100点から外れていいから、ライブで感じた感情を込められな、舞台に立つ意味がない。

その手本を示す題材として、"君の名は。"の歌なんかちょうどええなあ、と思ったから、大枚はたいて買った。

今晩できるかワカランけど。
昨日、試しに試聴できるとこは試聴したんやけど、試聴だけってのもどうかなあと思った。


あと、さややは、私はパフォーマンスを見て、よく頑張っていると思うけれども、伊達娘だけでなく12期とか、10,11期あたりには言ってきたことやけど、自分だけ良かったらええわけではない。

AKBが落ち目なのは事実だけれども、そこで自分だけでなく仲間のメンバー全員が、芸能界でちゃんとやってけている、そういう関係は、長い目で見て必要と思う。

伊達娘のまわりは、そんな、芸能界でやってく気力があるメンバーばっかやろ。

こういうのは10年経ったらだいぶ違う。

神7と言われた先輩に、芸能界で共演し合うようなカンジないやろ。

AKBでの成功は、リアルの成功とは違う。


さややも、そういうところは考えて欲しいなあ。

さややがメンバーに溶け込めてないというアンチコメあるけど、事実かもなあ

コレ

http://shiba.2ch.net/test/read.cgi/akb/1481318008/l50

検討してみる価値ある。
ゼッタイとは言えんけど。

だいたい私が好きなメンバーって一匹狼なとこあるし。

私が書かされた上申書について、いろいろ文句が書いてあるけど、事実やからしゃあない

私は警視庁公安部の、家のあたりではまず見かけん、明らかに地元の警察ではない、品川ナンバーの車中で、岩田華怜を名乗る者と電話させられ、その証拠として、
「我々も口約束で裏切られたらイヤだから」
とかいう理由で、岩田華怜を名乗る者との電話の内容を基にして書類を書かされて、最後に題名として"上申書"と書かされた。
それはまぎれもない事実や。

公安はさらに、私に対して、
「どこに出かけるかなども、ブログに書かない旨を書け」
と言ってきたけど、
「私がどこに行くかどうかは全く関係ない」
と言い返して、その文面は書かんかった。

警察公安の真の目的は、私がブログを書かなくすることと思った。

それは当時、"見ているぞ"という脅迫が、インターネット上、さらにはやってきた公安の刑事からの電話がリアルいっぱいあったことからも推測可能や。

警察公安は、私がブログに書くことは、間違いなく恐怖やねん。

そこなかなかみんな理解してくれんけど。

いや、亡くなるまでに手を差し伸べられなかったのか?のほうが問題やろ → AV女優・紅音ほたる追悼番組に感動の声殺到

コレ

AV女優・紅音ほたる追悼番組に感動の声殺到 「心から尊敬する」 2016年12月09日 16時30分 しらべぇ

https://news.nifty.com/article/item/neta/12189-20161040438/

称賛されるのはええけど、やっぱいろんな非難を受けて当然と思う。

非難がないらしきことが気持ち悪い。

個人的に、41年間見てきて、ルックス的に世界中で可愛いのはゆかるんやと思う。

・・・・なんて言うとまたハレーションあるやろけど、私はその事実を述べねばならない。

ゆかるんは、その事実にいっぱい応えてきたとは認知するけれども、まだ十分には応えていないし、伊達娘は(どうしても名指ししてまうけど)、ゆかるんの美貌からするとどうしたって劣ってまうけど、パフォーマンスとかトータルで勝っているという確証を得るだけのモノは得られてない。

ゆかるんが美女として取り上げられてない社会がおかしいし、そんな社会を変えてかなアカン・・・・のかな? いやそれは社会がおかしいのかどうなのかはヨウワカランけど、ゆかるんはガチで美人やと思う。

って書いたら、伊達娘は美人じゃないのか!ってツッコミがあるのは想定するけど、伊達娘も当然のように美人と思うけれども、美人度合いからするとゆかるんのほうが美人と思う。

じゃあどうして私がゆかるんよりも伊達娘を選んだか? というと、夢の大きさが核心かなあ。

逆にいえば、ゆかるんにはそんな”意思”が、もっと欲しいよなあ。

私が、ゆかるんとかさややとか、もえきゅんとか、伊達娘以外に取り上げるのは、1人だけ取り上げたら終わり、というのではない、AKBを(いま運営はどう考えとるかワカランけど)ひとつの学校として考えたいと思うとるところはある。

伊達娘の動画を観たけど、オクターブ下げて歌うとる上に、あんま感情がこもってないから、30点かなあ・・・

コレ

https://www.youtube.com/watch?v=MeiZfnUomXU&feature=youtu.be

別にオクターブ下げて歌って悪いワケではないけど、そこは守って欲しかったとも思う。

その上で、なんか流しとるよなあ。

そうじゃないやろ。

もっと、感情を込めて歌えんかなあ・・・・ 手本を見せたろかなあ。

なんで最底辺の私が、プロの歌手に対して手本を見せなアカンねんなあ・・・ブツブツ。

いや手本を見せられるかはともかく。

伊達娘がtwitter書き込みしとるのと、私の書き込みタイミングが同じやなあ。

コレ

https://twitter.com/karen0513_/status/807253667602579456?lang=ja

偶然ではあるけど、念力なんかもなあ。

« 2016年12月9日 | トップページ | 2016年12月11日 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近の記事

カテゴリー

最近のトラックバック