« 2016年12月18日 | トップページ | 2016年12月20日 »

2016年12月19日

2016年12月19日 (月)

私に関して、内部で私に対して為されたと考える工作活動に関する推測

内部の人々は、みんな、私が推測することに関しては、「推測に過ぎない」として一顧だにしてこなかったから、推測を書くぶんには内部情報の漏洩とは言えんやろ。

内部情報の漏洩と主張するならば、どうして私の推測についてこれまで真剣に議論してこなかったのか?について、議論せねばならない。

私は、内部で問題を主張していた。

そして金曜日、ある理由で列に並ぶ必要があって、そこに、上司に当たるAと、別の上司Bが会って、笑って話しているのを見た。

私は、BについてはAのおかしさを主張していたから、よくAがBと談笑できるもんだ、と呆れた。

その後私は、Bともう一人と、3人で飲み屋に行って話した。

ならばBは、私について、「とにかくブログはやめろ」の一点張りで、さらに「大西弘子については、一般論で言って、大西のほうが理解できてないのだろう」とか言い放った。

これが事実や。

そこからが私の推測なんやけど。

なんでBがこんなことを言うのか、私は必死に考えた。
どう考えても理屈がおかしいもん。

たぶん、AがBに会ったときに、「大西には、ブログを書かないように伝えておいてくれ」と言ったと想像する。

そして、本来Bは「そんなのAの責任だろう。自分は大西を守る責任がある」と言うべきところ、組織の論理から、「わかった。大西にはブログをやめるよう言っておく。」と受けてもたんじゃないだろうか?

だから、BはAと普段接点がないにもかかわらず話せた上で、談笑できたんや。

Bが「そんなのAの責任だろう。自分は大西を守る責任がある」なんて言うとったら、談笑にはならんし、談笑で「わかった。大西にはブログをやめるよう言っておく。」と受けたからこそ、私に対して「とにかくブログはやめろ」の一点張りで言えたんやと思う。

さらに、「大西弘子については、一般論で言って、大西のほうが理解できてないのだろう」とBが私に対して言い放ったのも、私の意見を聞く気なんてさらさらなくて、私をなんとか威圧的に押さえつけるために、私の考え方が浅はかだ、と思わせようとして、私の具体論を聞くことなく、一般論を出してきて主張したと考えられる。

Bが問題の隠蔽に加担しようとしたのであれば、本当に許せないし、どうもこの想像は当たっていると私は考える。

Bは、これまで私が観察してきて、具体論を聞かず、証拠も検証せずに、「一般的に言ってそんなことあるはずがない!」とか言ってしまう悪癖があり、さらに、自分が主催する会議で、他人が発言しているにも関わらず、内職をしている悪癖もある。


追伸
これはAも同様で、Aのほうが露骨で、私はそんな姿勢を軽蔑している。
けれども、どうも責任者になると、会議とか読まねばならない資料とかが多すぎるようにも見受けられる。
私は日立製作所時代から、別に資料を書いてきたけれども、責任者だから全部せねばならない、のではなくて、いろんな個人的条件や能力を考慮して、責任者並びに組織のありかたを、個々別々に考えていくべきものと思う。
少なくとも組織ありきで、責任者が忙殺され、配下の者の言い分なんて現実的に聞いてられる時間がない、なんてのは、新自由主義の手先である企業の中間管理職となんら変わらず、本末転倒も甚だしいのだから。

上司として及第点には正直足りてない。

私は、Bの発言がおかしいおかしいと考えて、・・・・本当に考え続けて、それが元で大きな失敗をするに至った。
これまで黙ってきたけれども、やっぱBの部下を軽んじる姿勢は追及せなアカンと思う。


また、私の直面している問題、内部では大問題やし、きっとAもBも両方ともの責任問題になる。


とにかく、AもBも、私のこんな推測は検討に値しないと言ってきたんやからな。

推測が検討に値すると思うならば、それを問題視するよりも、他の推測も正しいとして検討したほうが、生産的と思うなあ。


私も、自分の推測の正しさを内部に向かって突き付ける意味も込めて、こうして書いている。

Aの側が私のブログを情報漏洩と盛んに主張し隠蔽工作してきているのも、Aの側から見たら、私のブログの推測が図星なんやと思う。

地区党のヤツらガチで腹が立つ。ヒトが生きにくいよう生きにくいよう、私利私欲に走りやがって。

私の問題が、党内で知られているモノからめちゃくちゃ悪い方向に急展開しとる。

私のブログを、地区党が徹底的に問題視して、それを最優先して隠蔽工作した結果や。


人間が生きやすいように地区党は変われなアカンねんやろ?
なんでそれができんねん?

生きにくいよう、生きにくいようしやがって。


私はもう、徹底的に問題にするぞ。

私が4:22に投稿してすぐにコメントがあるから、ガセな気がするけど、ガセでも”言ってる事には筋が通っている”と言ってくれるのはうれしいなあ。

コレ

http://onicchan.cocolog-nifty.com/blog/2016/12/post-bf87.html#comment-114140469

大西さんは共産主義について素人だと、正直馬鹿にしてました。
でも言ってる事には筋が通っていると思ってる。
最近は自分の中での共産主義のセオリーや本質が
実際には違うのではと疑念を持っていますよ。
投稿: | 2016年12月19日 (月) 04時43分

共産主義のセオリーって、正直言って間違ったものがいっぱいあると私は考えている。

だって、共産主義って、まだトップを取ったことがないから。

レーニンのソビエトはトップを取った、と言われるけれども、ちょっとの間だけですぐスターリンに取って変わったし、その後も全部独裁主義になってもたから、けっきょくは独裁主義のセオリーと言ってもいいかも知れん。

私はそれよりも、とにかく過半数を取ったとしたら?を発想の原点に置いて、そこから逆算して、こんなものごとが必要、と、考えたほうがええと思う。

たとえば、”非合法・非公然”ということがまことしやかに言われているけれども、非合法とか言っても、民主労総の闘いを見てもわかる通り、集会とか結社の自由が政府から非合法化された上で、それを敢えてやることを”非合法”と言っているのであって、
それこそロケット弾とか過去に使ったこともあったけれども、やっぱアジトを特定されて逮捕され、報道でコテンパンに言われてまうような”非合法”は、やらんほうが賢明と思う。

”非公然”だって、けっきょくは公然化しなければ過半数を取れんわけやから、非公然なのは、企業とか政府とかが持っている腹案と、さして意味合いが違うものではないやろ。

企業とか政府とかだって、秘密を漏らしたら情報漏洩として問題にされてまうんやから。

そう考えたら、”非合法・非公然”とは、”政府から非合法化された上で、それを敢えてやること”くらいの意味にしか、私には受け取れん。

こんな感じで、常識とかセオリーとかを全部点検してみたら、新しい方向性はきっとあると思う。

私は、その先には、やはり、革命を成し遂げた後をリアルに、”あるべき社会”として考えて、討論することがあるはずと思う。

”あるべき社会”を、大勢がフツーに討論できれば、

「いまの日本政府に任せとくよりも、自分らで新政府作っちゃったほうが早くね?」

みたいなノリで、意外と賛同してくれるヒトが出てくるかもしれんし。

"革命"って"常識"を打ち破るモノなのに、みんなまだまだそれが理解できてない

私が、自分の経験をいっくら主張しても、

「"常識"で考えてそれはおかしい」
とか、
「"一般的"に言ってそれはおかしい」

と言って、私はリアルな経験とか証拠とかを持っているにもかかわらず、中身を検討しない。


では、

「"常識"で考えて、火炎瓶とか過激な行動をしてきた、中核派はおかしい」

と言われて、リアルな経験とか証拠とかを持っているにもかかわらず、中身を検討されないことには、納得してしまうのか?

それは違うと言うだろう?


けど、それは違うと言ったとき、私の主張を検討しない人間が、自分の言い分は信じてもらえると思っているならば、そんな傲慢な態度はなく、誰からも信用されないのは当然である。


私の経験から言って、"常識"なんてものは、多かれ少なかれ、権力側の思想で歪曲されている。

たとえば、報道されている"常識"なんて、検閲を通ったモノでしかない。


だからこそ、労働者の、いやそこに集うナマの声を逐一検討して、常識を打ち破っていくことこそが真に必要にもかかわらず、そんな議論が為されていない。


あくまで、機関紙に載る"新常識"のほうが正しい、みたいなお勉強・・・常識のうち指定したいくつかを修正するお勉強に留まっている。

私はそれでは、権力内部における、条件反対闘争の域を脱してないと考える。

結局全員が、具体的に見ずに抽象論で「大西ダメ、そんなことあるはずがない!」と言うてまうから、リアルに革命に繋がらん。いくらウソと思っても、自分の目とアタマで具体的に確認する、その姿勢を持つことが革命に繋がるのに。

このコメント、ガチなんかネタなんかワカラン。どっちかってとひっかけな気がする。いまの実感と違うし。
まあ、援護射撃のつもりで、田野やゆかるんが変わった事実を知っている者が書いている可能性も否定できんけど。

http://onicchan.cocolog-nifty.com/blog/2016/12/post-52e8.html#comment-114140283

おーにっちゃんブログの指導確かにAKB劇場
に届いてるよ、一時俺もマジかよと言う思いで
感心していた。全員ではないが特に田野さんと
ゆかるん、忠実に動いていたと思う。
ここの人達は公演観てもないと思う

投稿: | 2016年12月19日 (月) 00時15分

というのも、田野もゆかるんも、私の言うことを聞いて動けるようになったのはもっと前で、いまはそんなに忠実に動いている気はしないし、私も具体的にアドバイスしてないから、ブログで読んでもわからんやろ。

最近やと、さややとかきらちゃんあたりが実感しやすいかなあ。

いつどこで誰が覚醒するか、ワカランところがあるけれども、だからこそ感想を書くのは面白い。

ただ、以前より私のことを褒めていた者がいたのは事実や。
この時点の書き込みで、私の体感と一致したし、関係者の匿名の書き込みやろ。私は秋元康と思うけど。


【プライバシー侵害】日立製作所の裏事情69【攻防】

http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/company/1338650843/

117 :  :2012/06/03(日) 23:36:45.20 ID:vsNW6jCc0
>あなたの応援(笑)とやらでAKBメンバーが活躍したなんて
切れのあるダンスをするように言われた研究生が
今年に入って自主練等に精を出してパフォーマンスが格段に上がり
公演の出演回数が増えたという事例があります。

いずれにしても常軌を逸していると誰もが思うほど大西さんは研究生に
チョッカイ出してるんですが大西さんとの因果関係は置いておくとしても
成果が出てるのは事実ですね。

ただの厄介でマイナス面しか生み出さないのであれば
出入り禁止になるんですがそうはならないということは
何かあるのかもしれません。

そういう意味で言うとこもれびに記載したナレッジが頭越しに
否定される内容なのか見てみたい気がします。

228 :あ:2012/06/05(火) 16:51:29.74 ID:iSM90/wk0
例えば誰かがユニクロの柳井さんの著者から引用を行ったり、
夏目漱石の小説の一節を引用したとして
事務局はどのような対応を取ったのだろうか?
問題社員がよりによってAKB?
で頭越しに切り捨てられたのだとしたら悲しい話だ

249 :あ:2012/06/05(火) 23:44:21.37 ID:iSM90/wk0
ゆかるんについては、おーにっちゃんの一言がよくなった一因だというのが、衆目の一致するところです。
ひらり~等おーにっちゃんが普通に生誕に参加してるメンバーもいる事を出さないと不公平だと思う。

719 :あ:2012/06/14(木) 20:49:12.50 ID:yJMO/i7B0
おーにっちゃんは岩田華怜に100通以上のファンレター書いてるけど、全て違う事を書いてるはず。
100回電話しても同じ事を言うだけの繰り返しだったら、
同じ場所で足踏みしているに過ぎない。
毎日一つずつ課題を見つけてそれを消化して・・・・
それで100日経ったら100歩進めてると言う事なんだと思う。

983 :あ:2012/06/26(火) 23:06:36.07 ID:yDd2H8ze0
おーにっちゃんはメンバーの事をよく見てるなあ。
見る目がある人と言うのは直感的な部分が優れていると言うよりも、
その事柄について毎日少しずつ積み重ねてしっかり見ている人だと思う。

”見る目がある人と言うのは直感的な部分が優れていると言うよりも、
その事柄について毎日少しずつ積み重ねてしっかり見ている人”

という感想は、それこそが本来の労働であって、それはカネを得る契約関係にあるとかないとかいうハナシとは、実は必ずしも一致してないはずやねん。

ボーッとしている労働者よりも、毎日鉄道を興味持って見ている鉄道ファンのほうが、今日はなんか運転士の運転のし方がおかしいなあ、と思うことやったってあるやろ。
そんなことだって、確率は低いとはいえ、あり得るねん。

けどそれが、いま労働を訴えている人々の中には理解されていない。

こんなこと書いても、労働者がそんなんでどうする!という論調に収束してまいそうな気がするけど、それがまず実態としてあって、そこからどう労働を考えるか?を捉えていくしかない。

それもひとつ大きな問題と思うとる。

明らかに日立製作所の利益関係者(≒日本政府)がこんだけ工作活動をしてきていても、そして私はそれに対抗して闘いたいと言っても、なんも活動できんところはどうにかしたいよなあ。

コレ

中核派ナマポ©2ch.net

http://potato.2ch.net/test/read.cgi/tubo/1481373542/549-554

549 : 最低人類0号 (ガラプー KKfd-6GiA)2016/12/18(日) 16:55:55.11 ID:g/QU3vm8K
プロジェクト憲法って課題を与えられて1年間経って出てきた成果物だったのか?
しかし完全な戦力外社員を適当な課題を与えて形だけの進捗管理で飼うなんて
日立のやることはわからんな。
普通の会社なら肩たたきだろ。

554 : 最低人類0号 (ワッチョイW 2091-jFiT)2016/12/18(日) 17:57:55.91 ID:VLNnilcs0
>>549
日立クラスの企業だと労働組合がそれなりの力を持ってるからいきなり今すぐ出てけとか明日から来んなとは言えないんだよ
だからリストラ策としてはどうでもいいような閑職に追いやって自ら辞めてくのを待つのがセオリー
異動は合法も合法だから

ところが社員が就業規則違反の不始末をやらかしたらさすがに組合もクビを認めざるを得ない
それも再三にわたる注意にもかかわらず反省しなけりゃ尚更だ
ヲチャなら周知の通り実際にアナルヘッドは不始末をやらかしたんだから
つまり労働組合はもちろん弁護士や社労士からもお墨付きw

第一線でバリバリ仕事してた真っ当な神経の持ち主なら閑職に追いやられると居たたまれなくなって辞めてくんだけどな
普通は要らない子認定されたら居づらいだろ
アナルヘッドは超絶無能故に仕事らしい仕事は任せてもらえずただしがみ付いてただけだった
日立社員の肩書きがあって在籍出来てるだけで満足だった
たとえそのまま勤められてたとしても今頃退職金割増で追い出されてたろうけどな


いくら”完全な戦力外社員”と考えられようとも、そこで必要な知識は自分の独学で得なければならずとも、自分で回答を導き出した、そこが個人的にすごくないか?

私は長年さまざまな閑職にいたから、そのぶん、どうやって数少ない資料から問題点を把握して、チャンスをモノにするか?という姿勢は、誰にも負けんぞ。

そして、そんなのを、追い出し部屋に追いやるセオリーとしてとうとうと主張する >>554 なんて、そんな主張をしてきとるヤツがいること自体本来許せずに、いっくらインターネット上であっても、ちゃんと場外乱闘して勝つようなところも本来は見せてかなアカン。

私1人では言い合いして勝てんやろけど、労働法学者3人くらいがいて、このインターネット上での議論に勝てば、それなりに意義がある。

だって、裁判なんて裁判長に判断を委ねる形式で、どうせ敗訴が決まっとるんやけど、インターネット上の場外乱闘は、リアルにどっちが勝っとるか、大勢が興味を持って判断する。

いや、それは大勢ではないかも知れん。

けれども、そんな闘いを意識的に、ひとつひとつやっていくとすれば、”ネット右翼”の主張も蹴散らせるし、そんなバーチャルな論戦で勝つ闘争だってあるはずやねん。

だって、バーチャルな論戦で勝つのは常に”ネット右翼”だから、ネットは基本的に右翼のモノ、になってもとる。

だから、ネットを右翼のモノから、左翼のモノに変えるような運動だって、必要になる。

そうやって、左翼的な思想のほうが正しいんじゃないか、というような風潮がインターネット上で当たり前のように出て来るようになって、リアルにも、集会に参加したってフツーの考え方をした仲間がいるんだという安心感に繋がる、と私は考える。

まだまだ私の考えは、私だけのものやけど、リアルに革命情勢になれば、何千万人と繋がらなアカンはずで、どっかでそんな闘争が出て来るはずやし、意識的にそうしてかなアカンと思う。

それと、私が就業規則違反をしたというのは誤りで、就業規則違反なんてしてない。

私は、日立製作所の恣意的な個人情報保護法違反、それは労働基準法における個人の不利益取扱いにも通じるものやけど、私が日立製作所の違法行為をさまざまに通報したら、それを、自らの違法行為の内容を検討することなく、恣意的に懲戒に当たると判断してきたのが実態や。

工作活動が目的の工作員やから、こんなめちゃくちゃな主張もできてまう。

« 2016年12月18日 | トップページ | 2016年12月20日 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー