« 2016年12月22日 | トップページ | 2016年12月24日 »

2016年12月23日

2016年12月23日 (金)

2016/12/23 AKB48 木﨑チームB ただいま恋愛中 18:00 公演 まちゃりん生誕 感想

総括

チームBというと、ゆりあがキャプテンやし、りょーちゃんが副キャプテンやし、両方ともあんまおらんかったり、りょーちゃんはそれほどパフォーマンスにチカラを入れてないし、そんななかでもえきゅんがよく纏めていると思う。

いやそれでも、卒業を決めたうめたとか、チーム4だともう少し動けとるあやかとかが、あんま動けてなく見えて、動けてないように見えるメンバーをどう動かすか、が、もえきゅんの次の課題とも思う。

そういえばひななも言うとったなあ。
僕の太陽公演で、まちゃりんを教えることで、逆に自分も勉強になったって。

私は常に言うとるけれども、自分のアタマのイメージなんてけっこう適当なもんや。

けど、適当なもんを相手に伝えようと思ったら、なにか言葉とか、会える機会があれば動作とか、そんなので表現せな、とにかく何らかの表現で相手に伝えな、伝わらんねん。

日本では、「空気読め」と言われて、知らない自分のほうが悪い、みたいなことにされてまうし、してまう人々が多いし、正直世の中に出たらそんな上司ばっかやけれども、自分がじゃあ上司になったときに、部下に対して「空気読め」と言って押し付ける、
そんな連鎖を続けて行ったらアカンやろ、と思う。

やっぱ、ダメな連鎖は自分が断ち切らなアカンねん。

それだけ、ヒトに対してちゃんと言うべきことが言えるようになったら、まあもえきゅんもひななも、アイドルとしてめちゃくちゃ売れる望みはあんまないけど、ヒトのココロに残る存在になれるんちゃうか?

今日はそういう意味では、もえきゅんだけでなくひななも、積極的に発言して、この2人の発言からは公演を良くしようという思いが伝わってきた。

あゆちゃんとれいちゃんも、よく動けとる。

できたら名前をトップに出せるように・・・、って2人とももうあとなにを頑張ったらトップになれるか、と思うやろし、私もいい案はないけど、あとは存在感なんかなあ・・・・いや存在感はある。
2人ともまだまだ幼い感じがして、可愛いんやけど、女性としてはこれからと感じさせるところがあるのかなあ。

きらちゃんは、いつもかなり踊れとると書いとるのからすると、ちょっと踊り方が足らん気がしたけど、みんな頑張っとるからかなあ?

この公演の練習が足りてないならば、そこは頑張りしろかなあ。

あと、まちゃりんについても言うか。

初期はゼンゼン踊れてなくて、だいぶ頑張って踊れるようになったけれども、動きにたどたどしさが残っているのも正直なところや。

観客に中国語を話すヒトが多かったことからも、台湾人や中国人のヲタのココロを掴んではいるみたいやけど、日本に来たんやからやっぱ日本のAKBメンバーとせめて同じくらいに歌ったり踊ったりできるようにはしたいところや。

あと、台湾のAKB研究生が出てきとったけど、私はもう台湾でAKBは流行らんのとちゃうか?と思うとる。

いや流行るかもやけど、そうやって市場を食い潰していくことが、あるべき姿かというと違うと思う。

私は、5年前に、AKBがいろんな支店を出して、海外にも進出するとなったときに、秋元康の曲をそのまま翻訳するのではなくて、土地土地の人々に曲を作らせるとかせなアカンし、そもそも公演を、何曲か歌ってMCをして、みたいなツマランフォーマットの上で考えたら必ず失敗する、と言ってきた。

当時2ちゃんで、私はゼッタイにアキブータン(秋元康)だと思っているけれども、アキブータンは私に対して、”AKB”というのをひとつのジャンルにする、とまで言ってきた。

コレやな。

http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/company/1342634333/215

215 :あ:2012/07/22(日) 11:58:16.01 ID:d+Dh1oOrO
ミュージカルの1ジャンルなんて小さな話じゃない
様々なエンターテイメントを包含したAKBというジャンルを世界に打ち立てていくんだよ

アキブータン以外にこんなことを言う主体っておらんやろ。

けど、ジャンルを打ち立てるということは、搾取とは無縁になることやねん。

お茶の間でテレビで無料で見て応援するヒトが大勢いる、そんな中で、それこそCDを1枚買って、会いに来るヒトがいたってええやん。
そんな奇特なヒトとはトコトン話す。
ミュージカルで、楽屋裏に行って、出演者と会話する、というのとなんらカワラン。

そういう気さくなものにできてこそ、はじめてジャンルになれた。

握手券でぼったくりしとるアキブータンとは、根本的にありかたがゼンゼン違う。

AKBグループも、潰れる運命にあるとは思うけれども、残るのであれば、そういう、収益構造の考え方を大幅に変えることは避けられんやろなあ。
と私はずっと言い続けとるんやけど。



まちゃりん生誕

ビデオが出てきたぞ。
台湾研究生から。
てかいっぱい出てきたけど、まちゃりんは台湾研究生のことあんま知らんのちゃう?

まちゃりんは、泣いとる。
ホームシックみたいな感覚なんかもなあ。

台湾にAKBを作っても、成功するとは思えんなあ。

手紙も誰かから来た。

あやかとか言うとるけど、関西弁って誰やねん?
と思うたら、NGTの"あやかに"やって。

言うたことは、フツーかなあ。

En5 クリスマスがいっぱい

れいちゃんよく動けとる。

あゆちゃんもよく動けとる。

もえきゅん、奈子、いいぞ。

あえりとあやかはイマイチ動けてないんちゃうか。

サンタの衣装で集合写真

En4 なんて素敵な世界に生まれたのだろう

サンタの衣装で出てきたぞ。

ゆいり脚よく動いとる。

せいちゃんもよく動けとる。

れいちゃん、サンタというか、北方の民族衣装みたいやなあw
スカートちゃうという理由が大きいけど。

チームB 映像

En3 ハイテンション

皆さんかけ合いのところ一緒に言ってくださいね、ってもえきゅんが言うとる。
自分が責任者と思うとるんやろなあ。

あゆちゃんともえきゅんが踊れとる。

あ・ど・れ!は、ひなながよかった。

En2 制服が邪魔をする

もえきゅん、自由な動きしとるなあ。

見た目はちょっと違うとはいえ、自分の中のイメージでは、いい時のゆかるんみたいに考えとると思う。

きらちゃんも動けてはいるんやけど、もえきゅんの前やともえきゅんばっか目立ってまうなあ。

En1 LOVE CHASE

もえきゅんはチームBのエースやなあ。

たなみん、顔が上に上がってもとる。

もえきゅんの動きは、鬼気迫る演技になっとる。

れいちゃん、その手の動きの範囲いい。
できるだけ遠くを回るイメージで。

アンコール まちゃりんコール

M13 軽蔑していた愛情

まきちゃん、もっと動けるやろ。

もえきゅんの動きがいっちゃん好みかなあ。

MC 後半
たなみん/あゆちゃん/うめた/あえり/きらちゃん/ゆいり/あやか

お題:ただいま恋愛中公演1周年の思い出

うめたは、Faint の初日でゆりあとみるきーと出て、潰されそうと思うたんやって。

MC 前半
せいちゃん/奈子/れいちゃん/もえきゅん/まちゃりん/ひなな/まきちゃん

お題:まちゃりんについて

最初は通訳がいた、とか。
ロビーの観客も、中国語で喋っとる。

M12 BINGO!

あゆちゃんの動きいいぞ。
ポニーテールの髪がよく振れとる。

せいちゃん、奈子、よく動けとる。

ひなな動けとる。

うめた、あえり、たなみん、イマイチ動けてないぞ。
あやかもイマイチ。

あやかはまだ、公演ごとに波があるんかなあ?

M11 君が教えてくれた

出だしあゆちゃんいいぞ。
ちょい強引やけど、経験上、強引な動きできるヤツはヤル気あると思う。

曲に自分を合わせる一方よりもいい。

もえきゅん、れいちゃんも強引なタイプやけど、こういうのがいるから公演が良くなる。

ゆいりけっこう細かい動きしとる。

まちゃりん、たどたどしいなりに横の動きはできとる。

M10 Mr. Kissman

ひななよく動けとる。
あやかまだまだ動ける。

れいちゃんええ動きしとる。

せいちゃん、普段歌ってないとこの生歌なんか、音程めちゃくちゃやった。

うめた、リズムに乗れてない。
卒業するまでに身につけてけ。

もえきゅんええ動きしとる。
カモシカみたいな動きしとる。

まちゃりんはなんかまだまだたどたどしさが残るなあ。

M09 ダルイカンジ

きらちゃん、ゆいり、あゆちゃん、奈子が目についた。

MC  ひなな、きらちゃん
お題:習いごとを活かしてなにかする

2人とも、いっぱい習いごとしとるなあ。

コーラスで、2人でブレス体験
2人ともあんま長く歌えんなあw

48x48は2304やろ。
(x-2)^2=x^2-4x+4
で、xに50を代入したらええねん。

M08 帰郷 きらちゃん、ひなな、れいちゃん

きらちゃん、ソロちょい低いんちゃう?
というかオクターブ上げたらええんか。
なんかイマイチ乗れてない。

れいちゃんはオクターブ高い音程で歌うとるやろ。

れいちゃんのイメージで、きらちゃんも歌えんかなあ?

ひななもきらちゃんと比較したら、オクターブ高いイメージやんなあ。

みんな動きはまずまず動けとる。
ただ歩くだけでも、敢えて内股気味にして腰を振っただけでも、ダンスに見える。

M07 Faint うめた、あえり、あやか

あ、あやか前回もココで出とる。

あやか、おとなしいなあ。

あえりがいっちゃん動けとるといえば動けとる。

M06 純愛のクレッシェンド せいちゃん、ゆいり、たなみん

この3人歌ええなあ。

ここのゆいりはええ声、音程しとる。
いや、ソロパートもっと高い声欲しいなあ。

せいちゃんもまだガニ股なぶんセクシーに見えん。
脚の使い方って、やっぱ難しいと思う。

たなみんがゼンゼン違うポーズしたのは、振り間違いか、敢えてしたのか。

M05 春が来るまで もえきゅん、まきちゃん

このコンビ久々に見た。

まきちゃん、前よりも滑舌良くなったんちゃう?

もえきゅんは動き方見とったら、身長がまだ成長しそうな気がするなあ。
前はまきちゃんと同じくらいの背と思うとったのに、明らかに大きくなっとるし。

もえきゅんもう一歩内股にできんか?
まだガニ股に見える。

M04 7時12分の初恋 奈子、れいちゃん、きらちゃん、あゆちゃん、まちゃりん

奈子前より音程合うとるんちゃうか?

せいちゃんは昨日書くの忘れとったけど、発声ええよなあ。

動きはあゆちゃんときらちゃんがいい。

まちゃりんまだたまに、振り間違いしとるなあ。

あゆちゃん、動きいっちゃんええけど、タイミングちょい雑かなあ。

MC
きらちゃん/あゆちゃん/もえきゅん/奈子/せいちゃん
まちゃりん/ゆいり/まきちゃん/あやか/たなみん
ひなな/あえり/うめた/れいちゃん

お題:サンタさんから欲しいもの

あゆちゃん、奈子と比較したらちょっと背が高いなあ。

もえきゅんは、まちゃりんは皮から餃子を作れてすごい、と言うとるけど、台湾出身やし、小籠包のほうが作って欲しいかなあ。

ひななが、まちゃりんのことが好きかー?ウオー!ってヲタとやりとりしとる。
こういうかけ合いができたら、公演オモロイし、ヲタから認識してもらえるよなあ。
1推しにしてもらえるかはともかく。

M03 Only today

ちっちゃいの、カチューシャがあゆちゃんで、そうでないのが奈子かなあ。

カチューシャのほうが、とりわけよく動けとる。

あのピンクのロングあやかかなあ?イマイチ動けてない。

ひなな左右の振りよく動けとる。

れいちゃん、あゆちゃん、いいぞ。

ゆいりときらちゃんはもっと動けるやろ。

M02 くまのぬいぐるみ

まきちゃんみっけた。

あ、カチューシャまちゃりんみっけた。

2人パートがソロパートになったりして、悪くないなあ。

うめたイマイチ動けてないぞ。

M01 ただいま恋愛中

たなみん、もえきゅん、せいちゃん、れいちゃん、ゆいり、うめた、あゆちゃん、きらちゃん、あえり、かな。

奈子っぽいのおるなあ。きぃちゃんではないよなあ。

ひななもみっけた。

まちゃりんどこやねん。

れいちゃんよく動けとる。

上手側が歯抜けで寂しいなあ。

やっぱ、地区党内に公安のスパイがいる可能性を検討せなアカンのとちゃう? だってビラ配り等で得た仲間は”釣った魚に餌は要らない”では、いつまで経っても結集しようがないやん。~ スパイ活動についての考察

私は、中核派を知って最初の頃から、自分の相手をしてくれるヒトがなんかおかしくて、もっと目の前のヒトの意見を取り入れられないものか、と思っていた。

けれどもそれは、自分の相手をしてくれるヒトの資質によるもので、そのヒトの資質がないと思っていた。

・・・・けどや、最近になって、その、資質のないヒトを、地区党のトップは恣意的に利用して、自分達が前面に出なくてもいい構造にしているところまでを、私は掴んだ。

そんな事実を掴んだからこそ、私は地区党のトップらのおかしな行動について糾弾しとるし、地区党のトップらはそれを”情報漏洩”として、私について高圧的に糾弾してきた。

私はなおも糾弾の手を止めてないし、ウラでなにが起こっとるのかワカラン。

ただ、別のところで私はいま窮地に立っていて、本来地区党の者は”細胞”として最前面に立って私を支援せねばならないところ、ガン無視して保身に回っとるキリギリスさま、じゃなくてありさまや。

私もこれまでそれなりの費用と労力を、地区党に対して出してきたけれども、彼らが出すビラとか機関紙、本、等々の内容は、地区党で私に対して実行されることは全くない。

地区党は、中核派が築き上げてきた歴史を、もう完全に本棚の上に積んでおくだけの”お勉強”にしてしもとる。

そんなの、共産党の築き上げてきた歴史を、リアルに実行できん日本共産党となんの違いもないやないか。

どっちの本の中身が素晴らしいかどうか、ではなくて、自分達は、勉強したことをリアルに実行するし、リアルに実行することを勉強に変えていくんちゃうんか?

なんかそのあたりの考え方が、地区党はもう完全にイイカゲンになっていて、考え方よりも体制をどう守るか?になってしまっている。

いやそれってもう”新自由主義”そのものやないか、とか思うたりもする。

しかし、なんでこんなことが起こってまうのか、人間とはけっきょくはそういうものなのだ、と思うてまうところはあるけれども、ひとつの原因だけに収束させるのではなくて、他の方法も検討せなアカンと思う。

私、中核派を内部から見てきて、内部に公安のスパイがいると考えて動いたほうがいいと、つねづね思ってきたけれども、地区党にもいると考えたほうがええんちゃうかなあ?

こんなにgdgdにもかかわらず、ウチの地区党には最近ガサ入れ来てないらしいことも怪しいしなあ。

内部に公安のスパイがいて、この地区は労働運動に結び付かん、と公安が考えとるからこそ、ガサ入れがないとは考えられんか?
私の思い過ごしか?

だって、冷静に見ても、さっきから書いているように、権力から見て本当に問題なのは、私がAKBで実現して追い出されたように、どっかの集団の中に活動家がヒョイっと入って、そこのみんなが「そうだそうだ!」と言い出す、コレがいちばん怖いんとちゃうん?

そうすると、地区党だって、下手にビラ配りなんか頑張らずとも、内部に入ってきたヒトに対してお互いがトコトン理解して、生きやすいと思う、そういうモノを作ったら、公安の妨害があろうとも、友達を連れて来ることは、難しいけど、できなくはないやろ。

内部に入ってきたヒトに対してお互いがトコトン理解する、その努力を惜しんで、そんなのやってるくらいならばビラ配りしよう、では、いつまで経っても仲間の団結はできんし、ビラ配りで得られる程度の団結では、何億年経っても革命なんて起こせん。

そんなん当たり前のことやろ。

けど、私の地区党では、”そんなのやってるくらいならばビラ配りしよう”というのがフツーの認識やねん。

”そんなのやってるくらいならばビラ配りしよう”と言うとる、そんな考え方については、昨日は、中核派の上のほうがそんな評価基準を持っているのじゃないか?と書いたけれども、やっぱ革命党にそんな評価基準があるとはちょっと思いづらい。

そうすると、私の地区党の中に、ビラ配りを重要視して団結をさせないように、公安が仕込んだスパイがいると考えたほうが妥当なんちゃうか?

”団結をさせない”という観点から見ると、この闘いは腑に落ちるけど、この闘いはちょっと違うんちゃう?というのが正直ある。

あんま書くとイロイロ都合悪いとも思うし、別に公安が活動をせずとも、意思がある人間が動いてこそ、そこに運動が生まれるのであって、運動が全方位で綺麗な形になってないからといって、それはおかしいとは即座には言えん。

けれども、世界革命を起こすという一番の目標のために、どんな陣形がいいのかというのは、すごく大局的な観点から考えられるべきことがらであるし(いつも考えろとは言わないけれども、見直しは必要や)、私はそんな観点からはあんま考えられてないんちゃうかなあ?と思うたりもする。

違う観点から言うと、公安だって、いろいろ考えるやろ。
スパイとわかりやすい捨て駒を送り込んで、中核派に「我々は、スパイとの闘いに今回も勝った!」と思わせておいて、実はもっと入念に仕込んだスパイを、ジックリ送り込むとか、なくはないと思うなあ。

てか、KGBの元スパイが言うとることを検索したら、私の考え当たっとるよなあ。

https://courrier.jp/translation/56841/2/

ベズルコフは2012年、ロシアのビジネス誌「エキスパート」の取材で、自分は「超人的なスパイ」などではなく、シンクタンクに勤務する一人のアナリストのように働いていたのだと語っている。

「諜報活動は、ジェームズ・ボンドのやっているような、危険な大冒険ではありません。あんな風に行動していたら半日も持ちませんよ。
一流の諜報活動とは、“標的”が明日考えうることを察知することであり、昨日何を考えていたかを知ることではないのです。あらゆる極秘情報が保管された“金庫”があたっとしても、明日にはその中身の半分が古くなって使い物にならなくなるのですから」

”一流の諜報活動とは、“標的”が明日考えうることを察知すること”
このヒトコトに尽きる。

そのために中核派に潜り込んで、いざ革命を起こされるときに反動的に動けるような分子を、そこらじゅうに作っとると私は想像するなあ。

そして私は、日本政府が明日考えるようなことを、こうやってブログでガンガン書いとるんやから、中核派にとってよりも日本政府にとってのほうが、このブログは問題と思われとるし、だからこそこのブログにはいっぱい工作活動があると、私は考える。

« 2016年12月22日 | トップページ | 2016年12月24日 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック