« 理論武装(私は日立製作所の長井聡と考えている)が名前を隠してコメントしてきとる。AKBとか鉄道について、ファンと労働者はどうやって思いを共有できるか?の個人的考察。 | トップページ | ・・・じゃあ食べログってなに? → 大西さん、料理にしてもずぶの素人が自分のブログで好き勝手に書くのは料理人の誰もが嫌がりますよ。 »

2016年12月28日 (水)

こういうコメントが出て来るというのは、むしろいい内容ということちゃうか? → 機関紙前進の白痴化が凄まじい。新年号は中学生レベル。

このコメントを読んで思った。
てか私諸般の事情あって読めてないけど。


中核派全学連37©2ch.net

http://echo.2ch.net/test/read.cgi/kyousan/1481902809/22

22 : 革命的名無しさん (アウアウカー Sa4f-Ej/n)2016/12/27(火) 20:33:26.04 ID:MWFOTVPaa
機関紙前進の白痴化が凄まじい。
新年号は中学生レベル。
世代交代の失敗。
老齢幹部の引退とともに、中核派は消滅だろう。

中身が読めてないからWeb上で見れるところだけやけど、

http://www.zenshin.org/zh/f-kiji/

どうしても機関紙やからカタい文章の中にも、自分らがリアルに闘ってきた内容が盛り込まれていて、まずまずええんちゃう?

むしろこうやって、ダメダメと言ってくるのがいるということは、権力にダメージを与える内容になれていると思う。

私なんかむしろ、もっと”中学生レベル”を貫徹したらええと思う。

なんたって私はリアルに人生を”中学生レベル”で貫徹しとるんやから。

中学生の純粋なココロを揶揄するのに、”厨二病”という言葉があるけれども、”厨二病”おおいにけっこう、と開き直る若者が増えていいと思う。

私は、「そんな子供みたいなことを言うな。大人になれ。」とか言ってしまう風潮とか、”左翼は若者が一度は通る道”みたいな、さも喧伝されている雰囲気、こういうものがすべて、権力側が意図して流してきた風説と考える。

逆をいえば、いくら少子化のいまとはいえ、中学生にターゲットを絞って中学生を組織化できたら、それが大学生みたいに偏差値で輪切りされたのではなくて、地域ごとのコミュニティでtwitterとかLINEで拡散してまうんやから、大学生以上に拡散力あると思う。
中学生相手だから警察も下手に手出しできんし。

中学生が、親に向かって、「やはり社会ってこうじゃなきゃダメなんじゃないだろうか?」とか真剣に言い合うとか。

そんな切り口から、意識的に中学生でも分かる文章を書いていく、というのは私はアリと思う。

”ちゅうかくは”を名乗るのだから、内的革命で”ちゅうがくは”になって中学生を相手にしてみました!テヘペロ!・・・って軽すぎるか?w

いやマジで、
「たとえばあなたが30歳になった2030年に、日本政府は、子供をつくれる若者はごく一部と推計している。あなたはいくら勉強しても、子供もできなければ、そもそも結婚もできない世の中が待っている。子供をつくれる若者は”勝ち組”のごく一部だ。そんな社会でいいのか?」
と問うたら、中学生のほうが真剣に考えるんちゃうかなあ?

大学生のほうが逆に、「自分は”勝ち組”だから」とか思うとるのが多いかもワカラン。

この統計データ呆れるよなあ。

http://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/whitepaper/ja/h27/html/nc251110.html

少子高齢化が進むからICTの導入が必要、なのではなくて、ICTの導入が進んで、賃下げで働けなくなって、子供が作れなくなったから少子化になっとるんや。

ニワトリが先かタマゴが先か、なんて議論ではなくて、もう確実にICTの導入が人類を苦しめているのが現実やのに、日本政府が政府ぐるみでそれを誤魔化しとる。

白痴化しとるのは中核派ではなくて、日本政府やっちゅうねん。

« 理論武装(私は日立製作所の長井聡と考えている)が名前を隠してコメントしてきとる。AKBとか鉄道について、ファンと労働者はどうやって思いを共有できるか?の個人的考察。 | トップページ | ・・・じゃあ食べログってなに? → 大西さん、料理にしてもずぶの素人が自分のブログで好き勝手に書くのは料理人の誰もが嫌がりますよ。 »

世界の真の平和に向けて」カテゴリの記事

日本の無法独裁政府組織(JLDGO)工作活動」カテゴリの記事

日本の腐敗について」カテゴリの記事

コメント

フツーにダメだからダメだと言ってるんだろ。
何が権力にダメージを与えているだよ。
ワタシ、コメントで攻撃されとる→権力側がワタシを怖がっとるというのと変わらんなあwww
バカ丸出しwwwww

お前のしてる事は今の世の中を何一つ帰れないよ。

お前って子孫残せると思ってんの?
ブサイクな面して何ほざいてんの?
その行為すらした事ねぇ童貞野郎がさ、お前はケツ掘られてんのがお似合いだっつーの!

今年、やっと38で課長に昇進しました。
大西さんは退職されていたんですね。
やっぱりというか何というか。

久々にあの頃(海外企画の調査?)を
思い出して皆で盛り上がりましたよ!

来年は自分のことだけ考えてください。近寄らないで触られるのも嫌だし!!大嫌いです…って先輩たちが言ってますよ!!

331 : ひなな ◆D5uz5CxsVasC 2016/12/27(火) 21:20.02.28 ID:??? 
ディズニー行きたかった。。。

340 : はにわ ◆a2hY/S8ODbP4 2016/12/28(水) 00:01.30.03 ID:??? 
>>331
ディズニー楽しかったよ(o^^o)💕 
次は行こうね🍀

341 : ノザ ◆voovNwJa3. 2016/12/28(水) 00:18.28.20 ID:??? 
楽しかっです!
ハピネス!🌝

343 : たなべ ◆4TcNU5Ioaw 2016/12/28(水) 00:30.16.15 ID:??? 
>>340>>341
楽しかったね(^ω^)
また行こう!

350 : おーにっちゃん ◆CsvquZNDeKXO 2016/12/28(水) 01:05.48.05 ID:??? 
ワタシももっこり…もとい、こっそりついて行くぞw

その前に、カネないけど・・・

352 : はにわ ◆a2hY/S8ODbP4 2016/12/28(水) 01:30.17 ID:??? 
>>343
また行きましょう(o^^o)✨ 

大西秀宜君。

>いやマジで、
>「たとえばあなたが30歳になった2030年に、日本政府は、
>子供をつくれる若者はごく一部と推計している。
>あなたはいくら勉強しても、子供もできなければ、
>そもそも結婚もできない世の中が待っている。
>子供をつくれる若者は”勝ち組”のごく一部だ。そんな社会でいいのか?」
>と問うたら、中学生のほうが真剣に考えるんちゃうかなあ?

「少子化」話が出て来たのは近年の事なんだよ。
君は週刊プレイボーイ系カスゴミ信者らしいから理解できないだろうが。

過去には「人口爆発」が喧伝されていて、連中もそうした情報を盛んに流していた。

余談だが、スペースコロニーとか火星移住計画なんてのは、
元々、これへの解決策として案出されている。

だが、カスゴミや知識人連中はバブル景気崩壊後から「少子化話」を喚き散らす様になり、
それまで喧伝していた「人口爆発」については語らなくなった。

人口は多ければ良いってもんでもない。資源やインフラなどが不足するからだ。

古代クメール帝国(今のカンボジアを中心とした地域にあった)は高度な水利システムを構築していたが、
時が経つにつれ、人口が増え、システムが対応しきれなくなった。
これが同帝国滅亡の遠因になったという。そして最終的には、タイのアユタヤ朝に滅ぼされた。
現在、カンボジア内にて、クメール・ルージュによる破壊や内戦の惨禍を逃れて残っている遺跡群はその証拠。

少なすぎてもいかんが、足りない分は、
ロボット技術や恒久的ワークシェアリングでの雇用などで解決できる。移民は要らない。
文化的に異なる移民を労働力として用いても国士様(藁)や排外馬鹿を増強するだけ。

君は、日常的に『同じ日本国民である心身障害者に』罵言を吐き、
いじめている屑どもが移民排斥活動に身を投じないと言えるか?君や我々が働けば移民など要らん!!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1860320/69014546

この記事へのトラックバック一覧です: こういうコメントが出て来るというのは、むしろいい内容ということちゃうか? → 機関紙前進の白痴化が凄まじい。新年号は中学生レベル。 :

« 理論武装(私は日立製作所の長井聡と考えている)が名前を隠してコメントしてきとる。AKBとか鉄道について、ファンと労働者はどうやって思いを共有できるか?の個人的考察。 | トップページ | ・・・じゃあ食べログってなに? → 大西さん、料理にしてもずぶの素人が自分のブログで好き勝手に書くのは料理人の誰もが嫌がりますよ。 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック