« 伊達娘の渋谷イベントに行きたかったけれども、現実の道のりはまだまだ遠い。しかし近づいてはいる。 | トップページ | 権力者による言論統制の一例。2ちゃんへの都合悪い書き込みは、意味不明な語句をコピペして埋め立てて、議論が成り立たんようにするねん。 »

2016年12月24日 (土)

やっぱ、”運動”は手段であって目的ではないよな。大勢が”運動”を目的にしてもとるのがおかしくて、そこを直さななあ。

私も、考えんでもええことを、それでも考えてまう。

こうしたほうがヒトに説明しやすいんじゃないか、とついつい考えてまう。

”運動”は手段であって目的ではない。

じゃあ、自分らの目的ってナニか、というと、私は”革命”と書いてきたけれども、実は”革命”も目的ではないと思う。

だって、”革命”を目的にしたら、現に韓国では革命できてまいそうな情勢やけれども、じゃあその後にくるものがナニかワカランようになってまう。

やっぱ、目的って、革命を起こすか起こさざるかにかかわらず、「自分達による、生きやすい社会の追求」、ようは民主主義の実現、やと思う。

表面上民主主義に見えて、自分らの意見が、政治家にいっこも届かん!と思うとるヤツらも多いやろ。

そしてそれは、政治家に対して資本家からカネがいく仕組みができあがっていて、私はその仕組みの最上位には官僚がいる、と言っている。(地区党のヤツらはこのへんの理解もあいまいや。マルクス主義でナニ理解してきてん。)

だって、東大卒のいっちゃんアタマがいいとされる人間が、こぞって官僚になるんやから、ようはそれがいっちゃん安定して儲かる仕組みが、民間企業に就職したり、選挙で当選するよりも安定しとる仕組みが、出来上がっとるねん。

そして、そういう強者の側の仕組みをひとつずつひっぺがすことをやろうとしても、彼らの団結のほうが強くて、それに対抗するには、弱者のほうがより大勢集まって団結して、革命をするしかないよなあ、と思うとる。

ストライキだって、私は軽々しく言いたくないけれども、強者の団結に対抗する手段として有効やねん。

そこを見定めることなく、なんでもかんでもストライキストライキと叫んで、ネガキャン報道されて、余計にストライキがイメージ悪いものになってまう、というのは正直避けたいし、だからこそ、ストライキは秘策だからこそ、スローガンに入れたくないと、個人的には思っている。

スローガンにする、というのは、大勢の意思になる、ということやからな。
まだ日本はその情勢にないと考えている。

これらのことを整理すると、「自分達による、生きやすい社会の追求」を本来の目的として、人々に対して訴えてかなアカンねん。

けれども、これまでの”運動”は、「自分達による、生きやすい社会の追求」という本旨が理解できぬままに、なんか上手く説明できんけれども、先輩がストライキで闘ってきたのだから、自分らもストライキで闘って当然なんだ、みたいな風潮がある。

地区党は悪い方向にさらに一歩先に行って、完全に”運動”を目的にしていて、だからビラを何枚配れたから良かった、街宣で喋れたから良かった、みたいなことになってもとる。

”運動”がまるでゲームで、ビラを配ったから何ポイント、署名を取れたから何ポイント、みたいな感じで、10ポイント取れたから勝利!!!!みたいなカンジになっとる。

・・・・で、「自分達による、生きやすい社会の追求」というのをちゃんと目の前のヒトに訴えて、共有できたのかよ?

そんな、根本的な思いが欠落しとるねん。

だから私みたいに、地区党に対して苦言を呈するだけでなく、私が生きにくい現実にぶち当たっても、なんのアドバイスもなにもできんねん。

そんな状態で、ビラばっか配っていて、どうやって「自分達による、生きやすい社会の追求」を実現するのか、全く理解不能や。

けれどもたとえば、リアルに働く仲間を捕まえて、「あなた、一緒に生きやすいようになにかしよう」と言い出すことならば可能やなあ。(・・・いやそれこそが難しいんやけど・・・。)

やっぱ人間、勉強ばっかしとったらアホになるだけで、勉強はテキトーなところでやめて、「勉強したことは現実にホンマに起こっとるのか?」と実験してみることのほうが大事やんなあ。

私なんて科学的にも政治的にも法律的にも、勉強はざっくり学んだ上でテキトーなところでやめて、実験ばっかしてきて、勉強したように上手くいかんなあ!と思うとるんやけど、中核派の人々も、言っちゃ悪いけれどもまだまだ実験が足りてない。

多くのヒトは、他人の実験した結果について、さらに誰かの言ったことを引用して、評論しとるに過ぎない。

自分が先頭に立って実験してみる、それこそが内的革命やし、自分が実験してみるヒトでそこらじゅうあふれかえったら、もうリアルに革命になってまうやろ。

« 伊達娘の渋谷イベントに行きたかったけれども、現実の道のりはまだまだ遠い。しかし近づいてはいる。 | トップページ | 権力者による言論統制の一例。2ちゃんへの都合悪い書き込みは、意味不明な語句をコピペして埋め立てて、議論が成り立たんようにするねん。 »

世界の真の平和に向けて」カテゴリの記事

日本の腐敗について」カテゴリの記事

コメント

何故、今日岩田のところに行かなかったのか?
キチンと説明しろよ

賛同者なんて一人もいないのに誰に向けてクリスマスに発信してるの?

連投ご苦労様。基地外はこうでなくちゃ。

ワタシいっこも悪くない!
ワタシの話を聞けなの!
言いたいことはこれだけでちゅか〜〜?wwwww

♪だってだってだって、だってだってなんだもん!
お願い〜お願い〜傷つけないで〜www

大西秀宜君。

>やっぱ、”運動”は手段であって目的ではないよな。
>大勢が”運動”を目的にしてもとるのがおかしくて、そこを直さななあ。

そうした組織・団体を「運動体」と呼ぶ。君一人の力で"直さななあ"出来る程甘くないぞ。
この手の団体は、「運動するために存在している」ので、内部からの変革を不能にしている。

止められないんだよ。彼らにとって「運動」をやらかす事が主目的になっているからな。
世間に対して駄々こねるのが目的と言って良い。反/脱原発運動家とその手下どもを見るがいい。
連中は「大深度地下処分」などへの妨害をしているから。

これが可能になると、連中の言い分である「原発はトイレのないマンションだ」が崩壊し、政府や電力会社に対して反体制駄々をこねられなくなるからだ。

ある意味、中核派・動労などは姿は組織であっても、
「たまたま」成功した大西秀宜君なんだよ。君の鏡の半身だ。

>(地区党のヤツらはこのへんの理解もあいまいや。マルクス主義でナニ理解してきてん。)

マルクス主義を「べんきょしーや!!(by実母)」
そして得た成果で対抗しろ。話はそれからだ。

>やっぱ人間、勉強ばっかしとったらアホになるだけで、勉強はテキトーなところでやめて、
>「勉強したことは現実にホンマに起こっとるのか?」と実験してみることのほうが大事やんなあ。

>私なんて科学的にも政治的にも法律的にも、
>勉強はざっくり学んだ上でテキトーなところでやめて、実験ばっかしてきて、
>勉強したように上手くいかんなあ!と思うとるんやけど、
>中核派の人々も、言っちゃ悪いけれどもまだまだ実験が足りてない。

過去記事で君は実母から「べんきょしーや!!」と叱責され続けて、
その記憶から逃れられないが故に、学ぶ努力を中途半端にしている事が解ったが、

だからと言って、"実験ばっかしてきて"はいかんだろ。実験の裏付けは"勉強"なんだから。

>多くのヒトは、他人の実験した結果について、
>さらに誰かの言ったことを引用して、評論しとるに過ぎない。

大西秀宜君による自己紹介乙( ´,_ゝ`)プッ

岩田というのはチビでハゲで貧乏なおっさんが好みなんだ
変わってるね

大西さんは分をわきまえる
という言葉を知らない?
大西さんの立場で口を出していい部分とそれについては
何も考えなくていい部分があるのは理解したほうがいい。
まずは目の前の自分に与えられた仕事を完璧に他人から
文句を言われないようにこなそう。
誰も大西さんが憎くてダメだししてるわけでなくて、できてないから
文句を言う。
会社員時代は仕事を小分けに「しても満足にこなせないから
できる仕事はないはずなのに
毎晩遅くまで残ってお花畑を考えてたよね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1860320/68974319

この記事へのトラックバック一覧です: やっぱ、”運動”は手段であって目的ではないよな。大勢が”運動”を目的にしてもとるのがおかしくて、そこを直さななあ。 :

« 伊達娘の渋谷イベントに行きたかったけれども、現実の道のりはまだまだ遠い。しかし近づいてはいる。 | トップページ | 権力者による言論統制の一例。2ちゃんへの都合悪い書き込みは、意味不明な語句をコピペして埋め立てて、議論が成り立たんようにするねん。 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック