« 秋元康は主張を変えたなあ。ゼロから生み出すということはない、と言うとったのに。こういうスジが通ってないのが権力者の汚いところや。 | トップページ | 敵か味方かワカランけど・・・、いやどのみち敵やなw なんか分断工作してきとるのがおる。冬山登山と勝手に考えるなよ。 »

2016年12月30日 (金)

地区党は、自分らが実のところ搾取の主体になっていることを、もっともっと反省せなアカンと思う。”個人の自由”をとにかく徹底的に否定された記憶がある。

地区党のあり方には、いろいろと批判したいところがある。

日本政府の腐敗を主張する前に、自分らもだいぶ腐敗しとると思わなアカン。

ココに書くべきではない、と言われるやろけど、いやだってコレは歴史上多くの人々が陥ってきた過ちやから、そういう過ちはちゃんと白日の下に晒して、今後そうは進まないようにしよう、という人々の意思に変えてかなアカンと思う。
それは内々にじゃなくて外に向けて発信できてこそ、人々から信頼されると思う。

私の上に立つとされる者は、”個人の自由”ではダメなんだ、とずっと言ってきた。

けれども、私は、”個人の自由”を追求してナニが悪いねん?と思った。

”個人の自由”を追求して、たとえば恋愛したいとか結婚したいとか、休みが欲しいとか、給料がもっと欲しいとか、そんな欲求を語ってなんか悪いんか?

それを語るのを、「それは”個人の自由”だ、それではダメで、我々の活動に賛同しろ」、みたいな言い口で言われて、それはおかしいおかしい、いくら過激派ったってこのヒトが言うとることは、どうも極左団体の中の体制派、極右だと思ってきた。

たぶん、学生運動あたりから極左しか知らんから、それ以外の選択肢がないんやと思う。

いろんな考えを見渡した中で、得た結論がいまの自分なのではなくて、最初から党で、それ以外の考え方には触れてもきてないならば、いっくら極左であっても、体制派になってまうやろ。

私はそれって、これを言っちゃおしまいやけど、スターリン主義の核心やと思う。

それがどうも、そのヒト個人だけでなく、地区党が、極左内極右みたいな、左翼みたいに見えて、やっとることは右翼と同じやねん。
なんたって「体制の言うことを聞け!」やからな。

そう考えると、私と入れ替わりくらいの時期に、地区党のことをスターリン主義と批判して出てった、ちょっとインテリのヒトがいたこととも整合性がつく。

私もその文章はチラッと読んだ。
地区党のヒトらはやたら怒っていたけれども、私は実感するところもあったし、地区党はもっと真剣に議論せなアカンやろ、と思ってきた。

そんな経緯があってこそ、ココにこうして書いている。

そんな、リアルなヒトの言葉をも、「スターリン主義と批判するようなヤツがいることは許せん!」みたいにして、それがもう地区党がスターリン主義であることを証明してもとったんや。

なんでそんなのを、地区の外の全体が感知できんのか、私にはヨウワカランけれども、やっぱ相互に慣れ合いがあって、仲間とはいえもう少し厳しい目でチェックするようなとこもあらなアカンねやろ。
とにかく私に見つかったのがウンのツキやと思う。

「なんかそのハナシは、部分的に見るとその通りなのかもワカランけれども、全体を通すとスジが通ってない」というのを見つけ出すのが、個人的に上手いと思う。自画自賛すると。

だって、いくら権力側が理不尽なことを言うとしても、それに対抗するために、自分の主張は抑えて、とにかく革命に結び付くとは到底思えない、個人的に展望が見いだせない、ビラ配りに参加させられて、こんなの無意味やと思ってきた。

社会に問題と思うことがまずあれば、それを解決する手段が必ずあって(「ゼネストすれば革命を起こせる」みたいに、全く根拠がない空論はダメ)、その手段をまずは見つけ出して、その手段の正当性をつねづねチェックし合う、そういう戦いこそが必要と考える。

私はよく、富士山に登る場合のたとえ話を出すけれども、革命が富士山の頂上とすると、いまは1合目にもいるかワカランけれども、とにかく登山ルートを自分達なりに想定して、そのルートを着実に登っていることを確認し合ったらええねん。

ルートから外れることだってあるやろ。
そういう場合は、ルートに戻るのが基本やけれども、誰もが想定してない道を分け入っていくのが革命家のありかたやし、そんな場合が起こり得ることはつねに想定しとかなアカン。

中野洋さんの名言で、「迷ったら左」というのがあると聞いたけれども、(左翼という意味で左と言ったと思うけど)リアルに左を選ぶかはともかく、少なくとも、想定したルートに沿っているか?を判断材料にしたり、想定したルートに沿っているから迷わない!と断言するようなことはあってはならない、と考えるなあ。

とにかく、”個人の自由”は最大限尊重されるべきと考える。

だって”個人の自由”を徹底的に奪っているのが権力者なんやから。

なのに、権力者に対抗するのが必要だからとして、”個人の自由”を、党に対する費用として納めさせ、それだけでなくビラ配りとかで、本来働いていたら得られた給与なども全て無償奉仕で貢献させて、その責任者とされる者自身は、革命への展望を全く持ってないとすると、それこそがもう私の持つ自由なりカネなりの搾取そのものになっているのであって(責任者は自分でさえもそれを気づいてない気がするけれども、実態として)、そこはちゃんと認識してもらわなアカンと思う。

いくら「資本家が搾取するものなんだ」、と主張したところで、自分が、集まってきた仲間から搾取する主体になってどないすんねん!

まあとはいえ、そんな、誰もが誰も、これまで想像できてこなかった、革命的な考えを持てるとは思えんし、そこはなんか上手いこと考えなアカンなあ。

しかしとにかく、

想定したルートに沿っているか?を判断材料にしたり、想定したルートに沿っているから迷わない!と断言するようなことはあってはならない

コレは言えるんちゃう?

その革命の山を、リアルに登っているのは、党の人々というよりも労働者なんやから、労働者が登山しているときに持つ不安については、徹底的に向き合わなアカンと思う。

« 秋元康は主張を変えたなあ。ゼロから生み出すということはない、と言うとったのに。こういうスジが通ってないのが権力者の汚いところや。 | トップページ | 敵か味方かワカランけど・・・、いやどのみち敵やなw なんか分断工作してきとるのがおる。冬山登山と勝手に考えるなよ。 »

世界の真の平和に向けて」カテゴリの記事

日本の腐敗について」カテゴリの記事

コメント

大西秀宜君はこういう。

>なのに、権力者に対抗するのが必要だからとして、”個人の自由”を、党に対する費用として納めさせ、
>それだけでなくビラ配りとかで、本来働いていたら得られた給与なども全て無償奉仕で貢献させて、
>その責任者とされる者自身は、革命への展望を全く持ってないとすると、
>それこそがもう私の持つ自由なりカネなりの搾取そのものになっているのであって
>(責任者は自分でさえもそれを気づいてない気がするけれども、実態として)、
>そこはちゃんと認識してもらわなアカンと思う。

>いくら「資本家が搾取するものなんだ」、と主張したところで、
>自分が、集まってきた仲間から搾取する主体になってどないすんねん!

だったら中核派から離れないとな。活動をやめ、普通に働くか、帰郷しなさい。
"借金"は完済されたと実母からの葉書に書いてあったんだろ?
君の帰郷にとっての障壁は無くなったのだから実家に戻れるはずだ。

日本国憲法13条や22条にあるように、個人の自由は公共の福祉に反しない限度で行使できます。権利があるからといって皆が好き放題したら法治国家とは言えませんよね。

大西さんは組織から金や労働力を搾取されるのが嫌なようですが、それならなぜ脱退しないのですか?大西さんの主張に賛同する人は既にいて、さらに大西さんの主張が正しいのであれば、新たに組織を作ったほうが合理的ですよ。
また、金や無償奉仕を構成員に求めないで革命することは不可能です。リーダーに金が豊富にあることが前提となり、そのような人物は革命をするはずがありませんからね。

マルクス主義の基本的な洗脳方法は、自分がマルクス主義だという事を隠した「嫌がらせ役 」によって相手を追い込み、「懐柔役」が それを助けて恩を売り、取り込むというやり方を使います。
まず、「嫌がらせ役」に属する人が自分がマルクス主義だという事を隠し、対象を虐め抜きます。
そして、相手が弱った所を見計らって、「懐柔役」の人が、さも、「嫌がらせ役」の人と繋がりがないように装い組織に取り込みます。
この「嫌がらせ役」に相当する役目を現在主に担当しているのは創価学会というマルクス主義が偽装した宗教団体です。
だから、彼らは目立つような形で嫌がらせをする訳ですよ。
批判する側にとって都合の良い利敵行為で。
そして、懐柔役であるマルクス主義の本体がそれに対しての相談にのり、懐柔する訳です。
このスレのような露骨なやり方でね。

創価学会に迷惑してませんか?
http://itest.2ch.net/echo/test/read.cgi/kyousan/1420038441

こんな人を馬鹿にした洗脳方法。
どう思いますか?
「それを命令している側が、それを言うな」という感じですよね。
この露骨なマルクス主義のやり方に関して、皆さんの意見を聞かせて下さい。
下記の私の住所に手紙を送って頂いてもよいですよ。

【兵庫県尼崎市東難波町3-25-1県営住宅402 】

【荒谷直人 】

私、「注釈の人」こと荒谷直人は彼らマルクス主義の足下で17年以上も戦っています。
毎日、その彼らに殺人紛いの嫌がらせを受けている以上、正体を隠す理由もないので。
誰からの命令も無き、素直な意見をお待ちしてます。
賛成の方は私の所に手紙を送る際は偽名を使って下さい。
私の協力者と見なされターゲットにされてしまいますので。
郵便局の中でも私の住所はチェックされているようですからね。
実際、私が住所を晒して暫く経ちますが、いままで一切、私にこの関連の手紙が届いた事はありません。
これだけ目立つ行動を取っている人物の家の割には不自然ですよね。
いままで、私に手紙を送られた方は、郵便局内部で揉み消されたものと見て下さい。

大西さん、冬山登山をするためには、そのための装備が必要です。
革命=冬山登山だとすると、「資本論」は必要な装備です。
ルート以前に大西さんは冬山登山をする訓練が不十分な上に
装備もない。
僕たちはそんな人に登山の案内をしてもらうのは不安です。
それはわかりますよね?

おいカス!
理想語ってねぇで現実みろや!現実は人とまともな会話が成り立たない腰抜けだろ?
発達障害者だからナマポもらってる事白状しろよ!この件逃げんなや

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1860320/69050500

この記事へのトラックバック一覧です: 地区党は、自分らが実のところ搾取の主体になっていることを、もっともっと反省せなアカンと思う。”個人の自由”をとにかく徹底的に否定された記憶がある。:

« 秋元康は主張を変えたなあ。ゼロから生み出すということはない、と言うとったのに。こういうスジが通ってないのが権力者の汚いところや。 | トップページ | 敵か味方かワカランけど・・・、いやどのみち敵やなw なんか分断工作してきとるのがおる。冬山登山と勝手に考えるなよ。 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

最近のトラックバック