« 2017年1月20日 | トップページ | 2017年1月22日 »

2017年1月21日

2017年1月21日 (土)

なんかAKBも資本主義の中枢であることをガンガン主張してきたなあ。今度はアイドルを株式に見立てるアプリを開発したんやって。

コレ

AiKaBu 公式アイドル株式市場アプリ(アイカブ) PR映像 / AKB48[公式]

https://youtu.be/Fk06Mwz82CU

もうイロイロと終わっとるやろ。

株式もなにも、一人のアイドルを巡っていろいろとバトルさせるのは、これまでもやってきたことやん。

それに株式市場の論理を適用したところで、もう終わっとる。

株式市場の論理というと、毎日毎時間、総選挙が行われとるということや。

あるときだけ誰かを1位にするために、めちゃくちゃ株を買うけど、そのカネはスグにスってまう、ということだってあり得る。

とにかく、AKBは、秋元康=安倍晋三、日本政府は、これまでもアイドルを資本主義の最先頭、・・・動労千葉が闘う、JR東日本よりもさらにその先に立ててきたけれども、これからさらにその先頭を切っていくと主張しとるんや。

しかし、こんなアプリに興味を示す人間おらん。

むしろ、こんなアプリを開示することによって、さらに選抜総選挙が意味のないモノになるしかないと思うけどなあ。

理論武装=長井聡がコメントしとるけど、知らんわ。

コレ

http://onicchan.cocolog-nifty.com/blog/2017/01/post-80d3.html#comment-114229271

大西さんはこもれび関係の飲み会で航空の人が
鉄道は線路があるから保守が大変ですねと言ったのに対して
飛行機のほうが空を飛ぶのだから整備が大変だと
ずれた返しをして周囲を当惑させたととある女性から聞きましたが
事実ですか?

投稿: 理論武装 | 2017年1月21日 (土) 19時41分

もう5年以上前のハナシ、そこまで覚えてない。

ただ、整備ではなくて、制御がタイヘンと思っているのは事実で、それは1999年に大みか工場の面接で東原敏昭と話したとき、東原の方から言うてきたことや。

というのも、東原曰く、鉄道は問題があったら止まったら安全やけど、飛行機は問題があっても止まったら落ちる、そんだけ難しい、と、1999年の時点で言うとった。

それでなんか問題か?

”鉄道は線路があるから保守が大変ですねと言ったのに対して
飛行機のほうが空を飛ぶのだから制御がタイヘン”

と返したのであれば、それはなんらおかしいことではないよなあ。

だって、御巣鷹山だけでなくて、マレーシア航空がいっぱい墜落しとることを見ても、飛行機の安全性の担保って鉄道とは比べもんにならんほど重要なのは事実や。

鉄道は無人でも動くようになっとるけれども、飛行機は未だ2人のパイロットが乗っとるんやぞ。

キャビンアテンダントら保安要員だって、大勢配置せなアカン。
その事実を理解せなアカン。

左翼について、権力からハチャメチャな工作コメントがあった。それに対しての反論。

コレ。もう主張がハチャメチャやなあ。

http://onicchan.cocolog-nifty.com/blog/2017/01/post-7304.html

予言wwww運命wwwww
妄想も大概になwwwwww

おーにっちゃんさぁ、左翼ってのはすぐに分裂するんだよ。
なぜだかわかるかい?
彼らは常に少数派だからだよ。
少数派であるが故に純粋にならねばならない。
純粋であるが故に、話し合いによって利害関係を調整することや妥協することは許されないんだよ。
だから一時の連帯をしても、結局は分裂し内ゲバで消耗を繰り返す。
同志と言いながら相手よりも優位に立とうとし、自分の主張を組織の主張と言い換えて絶対服従を強いるのは彼らの生存戦略なんだよ。
その辺りはかつての学生運動の歴史を紐解けばわかることだけどね。
まぁロクに理解も出来ていないマルクス主義を振りかざし内ゲバで仲間をリンチしておきながら、目の敵にしていた大企業や官公庁に親に買ってもらったスーツを着て就職した連中の末裔だからね、今の左翼は。
そういった連中に異議を唱えるということがどういうことか言わなくてもわかるよね?
投稿: | 2017年1月21日 (土) 19時40分

> おーにっちゃんさぁ、左翼ってのはすぐに分裂するんだよ。
> なぜだかわかるかい?
> 彼らは常に少数派だからだよ。

逆で、常に少数派と思わされている現実がある。

たとえば、中核派のやったデモは全く報道されんのに、中核派よりも小さな規模のデモでもの涙・・・(なんてココで言ってもわかるのはAKBのメンバーくらいやろな)
デモをやって、日本共産党系のシールズは報道されるのに、中核派だと報道されんとか、そんな現状がある。

その、”常に少数派”と思わされている現実を打破せなアカンと思うて、私はこうしてインターネット上で、なんとか多数派になるべく書いとる。

> 少数派であるが故に純粋にならねばならない。

ゴメンその理屈はワカラン。

多数派だろうが少数派だろうが、純粋であるのは人間の真理やろうが。
どっちかなんて関係ない。

> 純粋であるが故に、話し合いによって利害関係を調整することや妥協することは許されないんだよ。

純粋であればこそ、話し合いによって利害関係を調整するって可能や。

だって安倍晋三見てみろよ。話し合いによって利害関係を調整なんてしてないやろ。強行採決のどこが話し合いやねん。

あとはもうコメントする必要性さえ感じん。

伊達娘の昨日の配信をちょこっと観たこと、それと、ゆかるんともえきゅん、せいちゃん、さとねちゃんについて。

伊達娘の昨日の配信を、最後ちょこっと観た。
だから1200人のうちの一人ではあるのか。

歌を歌うとるのはええけど、なんかこなれた感じで、カラオケっぽいノリで、なんか違うと思った。
もっと素直な声で歌えんかなあ。

ミュージカルとか、ホンマによく歌えとるヒトの聴いとったら、もっと素直に歌えるやろ。

なんかそれが違うと思った。

”よしめぐ”の再現度が高いと褒められとるみたいで、まあそれはいいかと思うけれども、あんま再現度にこだわって欲しくない思いもある。

というのも、再現ったって結局はその役のマネになってもて、マネをする人間は自分のオリジナルを魅せられんと思うから。

そのあたりを考えて、その上でマネをしとるならば、まあそれでもええとは思うけど。

そういえば昨日私は祐天寺のナイアガラに行ったけど、その後伊達娘の通うU-PRIDEから2件くらい手前の、かぶら屋 祐天寺店に、2時間以上いた。

だからナニというとなんでもないけど。

次にゆかるん。

最近、メンヘラキャラがなくなってきたと、2ちゃんで読んだけれども、なんか昨日は”わたしの気持ちってみんなにとどいてるのかな”と書いてあって、だいぶめんどくさいキャラが出てきたと思う。

思い返したら、やっぱそうして気持ちをヒトに届けたい思いが爆発して、”ドスドスダンス”と言われる激しいダンスになったんやと思う。

そして、その気持ちを抑え込んでおしとやかなダンスにしとったら、また改めて、気持ちが届いてないと思うてまうんちゃう?

まあ、そうやって、自分の気持ちが届いてないと思ったら、どうしたら気持ちが届くか?と思って、また、ダンスとか文章とか歌とかが激しくなる、という繰り返しやと思う。

それでまた”ドスドスダンス”になってもええ。

そのダンスがダメと、先生とか舞台監督とかから言われても、やはり自分の気持ちを届けるには、こういうダンスじゃないとダメなんです!と言い返せるようになる、それもまた成長や。

私なんかそうやって、一般人のセオリーとは違うことをいっぱいやってきた。

そういえば、昨日一緒に飲んだヒトは、私について、私の人生を本にしたら、伝記にしたら面白いと言ってくれた。
私は、自分でも伝記にしたら面白いと、ドイツに亡命したあたりから思っていて、いまもそう思って敢えて行動している、と言った。

誰かが書いた教科書よりも、自分がリアルに感じて思ったことのほうが真実、と思えるようになったら、さらに一歩踏み出せると思う。

次にもえきゅん。

”冷静、丁寧、正確に”を投稿で書いとるけど、私はそれを否定してきた。
それがAKBでいろいろと主張し出した最初かもなあ。

まあどうしてもえきゅんが書くかというと、もえきゅんはいろんなところで、冷静でなくて炎上してまうことがままあるから、それを戒めて書いたんとちゃうか、と思う。

それはええよ。自分を振り返って一旦冷静になることも必要や。

けれども、自分を振り返って一旦冷静になっても、やっぱココはガンガン突かなアカンところと思ったら、徹底的に攻めろ。

伊達娘にしても田野にしてもゆかるんにしても、けっこう12期はガンガン行くやろ。

もえきゅんも、文章で前よりもおしとやかになってきたと思うところはあるんやけど、それでおとなしくなってまうのではダメで、突き抜けるところは突き抜ける意気込みを、もっともっと持って欲しい。

次にせいちゃんについて。

なんかジブリ作品についていっぱいツイートしとるなあ。

https://twitter.com/seina_fuku48/status/822452353722744833

私からコメントして欲しいのかなあ。

”君の名は。”を観たら、”耳をすませば”も輝きを失ってまうと思うんやけど、まあそれでも”耳をすませば”も女の子からするとキュンキュンする物語やんなあ。
自分のことが好きで、図書館で本を、自分の好みを理解して、いっぱい前借りして読むなんて、そんなオトコ世界で見ても、私くらいしかおらんよなあ。

次にさとねちゃんについて。

コレさとねちゃんのコメントかなあ。

http://onicchan.cocolog-nifty.com/blog/2017/01/post-1f19.html#comment-114225945

お気に入りのポン・デ・ライオン🐯のお皿を落として割っちゃいました😱

さよなライオン…😭
投稿: さとね | 2017年1月20日 (金) 21時21分

もしかしたら、モバメで送っ取る内容かもなあ。

けどそれをココで知れるとしたら、やっぱ工作員の書き込みではないよなあ。

しかし、さとねちゃんは中学1年で、まだいたいけな感じで、なんかコメントするのもこっちが恥ずかしいと思うてまうのに、伊達娘は中学1年でなんであんな貫禄があったのかなあ?

せっかくやからコレも出しとこ。

http://onicchan.cocolog-nifty.com/blog/2017/01/post-1f19.html#comment-114225708

0395 最低人類0号 (ササクッテロラ Sp87-OIWc) 2017/01/20 19:16:20
大西とは3回くらい飲んだが、自分の考えを延々と30分くらい話すので閉口した

普通会話って10秒話して、次行ってって行くもんだけど、大西は30分で大論文文みたいな話をして途中で話を挟ましてくんないので、途中でどんどん人が逃げて最後誰もいない状態とかになってた

それでも結構心配して付き合ってあげる人もいたけど、みんな工作員にされたり名前出されたり可哀想でした

自分は3分くらい大西の話を聞いて逃げたんだけど、それでも色々トラウマです。

誰かに否定されると口癖のように1000000回に一回はと言ってたのを思い出します。面倒なんで誰も反論しなかったけど。

3回飲んで三回とも海外旅行の苦労話見たいのを延々話してました。本人はすごいつもりみたいでしたが、単なる観光レベルで何言ってんだかと思ってました。

日立というか、木漏れ日ではかなりの有名人でしたよ。ネガテイブな意味で。大西がいるからコミュニティ参加しない人もいるくらいに。その木漏れ日も解体して過去の大西を知る人も辞めたり色々で、もうあんまり残ってないね。

そう言えばダイビルの知り合いに大西のこと聞いたけど誰も知らなかった

投稿: 最悪板日立社員の証言 | 2017年1月20日 (金) 20時40分

コレ、私には記憶がない。

けど、こんなこと書いてくるのは、日立国際ビジネスの五十嵐和香くらいしかおらん。

そもそも私は自分語りは大してせんし、”1000000回に一回は”なんて言ったことはない。

たとえば、日立製作所時代に関わっていた鉄道の安全性だって、10の-9乗というのがひとつの指針やったけど

https://www.ntsel.go.jp/kouenkai/h26/5_tashiro.pdf

コイツが言うとる”1000000回に一回は”というのは、10の-6乗になってまうし、そんな言葉発するはずがないやん。

てか田代維史って、元日立製作所で、私もお世話になった。
田代さんには悪い思い出はない。

ワカラン。 → おーにっちゃんさぁ、左翼における組織批判がどういうことかわかってるのかなぁ。

コレ

http://onicchan.cocolog-nifty.com/blog/2017/01/post-c654.html#comment-114229009

おーにっちゃんさぁ、左翼における組織批判がどういうことかわかってるのかなぁ。
まぁ特別扱いされてるみたいだから大丈夫かwwwwww
もう少し勉強したほうが良いと思うけどなwwwwwwwwwwwwwww

投稿: | 2017年1月21日 (土) 18時14分

知らん。

いや、これまで”総括”されたこともあるし、いろいろと問題があったのも理解しとる。

けど、私が言うとるのは核心で、いくら中核派の中央が、大西許せん!と言ったところで(さすがにそれはないと思うけど)、私が予言したほうに歴史は進んでいく。

私の予言に反して歴史が進んだことなんて、そうそうないやろ。

だいたいEUからのブレグジットだって、2016/6/23投票で翌日結果判明やったけど、私が日立製作所を懲戒解雇されたのが2012/6/22で、翌日の2012/6/23にドイツに向けて亡命申請の旅に出たんやけど、そのオリンピックイヤーのキッカリ4年後に、ブレグジットを受けていっちゃん打撃を受けたのは、ドイツ銀行のあるドイツやし、イギリスに工場を建設した日立製作所やっちゅうねん。

ほかにも、予言を当てとる。

変な運命いっぱいある。

だいたい、何度も書くと工作員が言うのは明らかやけど、日立製作所への入所を決める、工場の面接に立ち会って、「大西を絶対に採れ!」と言うたのは、当時大みか工場交通システム設計部長で、いま日立製作所の社長である東原敏昭やっちゅうねん。

そんな私が、中核派の現状と将来を言い当てられんはずがない。

正義はマルクス主義にではなく、中野洋ーアーリーン・イノウエにあるんちゃうんか?

私は中核派で、マルクス主義という共通認識があるから、世界が結集できる、と学んだ。

けど、マルクス主義って無味乾燥で、コレで革命っておぼつかんと思うとる。

それよりも、私が共感するのは中野洋やし、アーリーン・イノウエやねん。

マルクス主義者は世界におるけど、韓国の民主労総がどうして動労千葉に学ぼうと思ったかというと、マルクス主義者にない思想が動労千葉にあったから連絡してきたわけで、そうすると、マルクス主義に固執するよりも、動労千葉の思想の根幹にある、中野洋の思想から学んだほうがええやろ。

アーリーン・イノウエが、組織化の秘訣として、去年"one mouth, two ear"を訴える論文を出したら、けっこう内部で沸いたやろ。

マルクス主義で沸き上がらんのに、中野洋ーアーリーン・イノウエの思想で沸き上がるならば、中野洋ーアーリーン・イノウエの思想を、マルクス主義よりも根本に置いて学ぶようにしたほうがええんちゃうん?

そんな発想、中核派で聞いた気がせん。

中核派は、中野洋ーアーリーン・イノウエの思想は、マルクス主義よりも低いモノと考えて、何度も出てきては消えとるように感じる。


だいたい中核派は、マルクスの"疎外された労働"論を勝手に読み替えて、「労働とはつまらないものなんだ」と言ってきた。

それが最近になってようやく、"疎外された労働"というのは資本主義によって搾取された結果そうなるのであって、自分たちは労働を疎外させてはならない!という意思を持てるようにしよう!みたいに言うとる。

けど、私からしたら、運転士とか車掌とかは憧れやし、芸能人だって憧れや。

芸能人だって、たとえ貧乏でも、自分の意思を表現できるから幸せを感じられるやろ。

マルクスの"疎外された労働"論を使って怒りにするよりも、労働者の誇りにかけて、ではどういう社会にしていきたいか?をもっと建設的に議論してったら、仲間なんて自然と増えるんや。

その考えをストレートに表すには、マルクス主義ではストーリーがおかしくて、中野洋ーアーリーン・イノウエ、その上の労働の奪還論、そんなストーリーのほうが人々はスッと受け入れられる。


言い換えたら、自分らが築き上げたという自負がある"マルクス主義"をバッサリ捨て去る勇気を持てたときに、革命を起こせるともいえるか。

やっぱ革命って”アタリマエ”を覆す闘いやわなあ。

「革命って”アタリマエ”を覆す闘い」と書くと、たぶん、「そんなことはアタリマエだろう」というヒトがいるだろう。

けれども、それ自体がもうアタリマエのパラドックスに陥っとると思う。

いろんな例があると思うけれども、たとえば、「労働者が不安に思うことは安易に怒りに転換できる」という、中核派のアタリマエは誤りや。

大勢のヒトが将来を不安に思うからこそ、結婚もできずに少子化が進む。コレは事実や。

けれども、それを、権力に対する怒りに変えてこれたか?
少子化がどんどん進んでいるけれども、それを権力に対する怒りに変えられてない結果として、いまの日本政府がある。

ただ、ここ数日の官僚の天下り問題とか、私なんか

「日本政府は問題を発見したときに、清廉潔白にやろうとしています」

というポーズだと思うし、大きな問題を隠蔽するために小さな膿みを出す”目くらまし”やと思う。

また、「仲間になったら意思が一緒で、革命に向かって団結できる」というのは、”アタリマエ”ではなくて願望でしかない。

意思を一緒にして、革命に向かって団結するためには、相互が理解することが必要や。

「それもまた、アタリマエだろう」と言われるやろけど、現実的に”路線”とか言って、相互の理解は比較的軽視しとる。

だからこそ、中核派内でも、あんまお互いの出自とか知らんかったりする。

てか、”あんまお互いの出自とか知らん”って、改めて考えると、私に近いヒトはそこまで認識してないかもやけど、それでも中枢のヒトは考えとるやろけど、スパイとかガサ入れ対策やろ。

けど、スパイとかガサ入れ対策があるといって、仲間を理解することを軽んじて、”あんまお互いの出自とか知らん”ような状態にしとるとすると、それこそアーリーン・イノウエさんというか、その前に中野洋さんが言った、目の前のヒトの言うことを理解し、家族までをも全部知る、ということと完全に相反する。

それは権力に対する迎合やし、権力の思うツボにハマっとる。

言い換えると、目の前のヒトの言うことを理解し、家族までをも全部知る、こんな仲間ができたら、みんな生きやすいと思うやろし、そりゃ、たとえカネはなくとも、こんなヒトとならば子供ができてもなんとかやってける、と思って少子化対策にもなると思うし、その結果が、仮に怒りを結集できなくても、日本政府にとっての恐怖になると思う。

その中で全員でなくてもいいから、有志が、怒りを結集して起ち上がったらええやん。

だから、こんなこと言うと非常にヘンかもやけど、別に中核派に結集したからとして、全員が全員ビラを配ったり、集会に参加せんでもええとも思う。

だって、ビラを配ったり、集会に参加するというのは、いっくら帽子とかマスクとかしたところで、やっぱ権力側に名前を知られるということで、そりゃ一大決起やねん。

一大決起とは、目の前のヒトの言うことを理解し、家族までをも全部知ったり、中核派のファンと思う段階の、さらに向こうにあるはずのものやねん。

だから、決起に行き着かなくても、「中核派ナントナクええんちゃうか?」みたいに思う人間がいるような土壌でないと革命なんて行き着かんわけで、もっと手前に、団結とかストライキとか堅苦しいことばかりでなくて、もっと中核派があけっぴろげに、森羅万象について主張したら、「中核派ナントナクええんちゃうか?」と思ってくれるヒトが増えて、興味を持ってもらえて、それが段々と理解を増やしていく基盤になると思う。

私がAKBを観に行って、公演の感想を必ず書いているのも、そんな「中核派ナントナクええんちゃうか?」みたいな発想になってくれる若者を探しているというのもある。

やっぱ、若者を獲得したいと思ったら、ジジイが主張してきたことをいっくら叫んでもダメで、若者が興味があるもの、もっというと若者が頑張っているものを自分らが率先して理解して、自分らが若者の中に入って行って、自分らは若者の頑張りを見てどう考えるか、をガンガン叫んだほうがわかりやすいやん。

若者がどう思うかワカランけれども、「なんか自分らについて言ってくるのがいる」と話題になったら勝ちやねん。

大勢おるんやから、話題になるということは、全員が否定的に考えるのではなくて、たとえ一部でも好意的に見てくれとるということやねん。

私なんて、AKBメンバーの中でそれこそ話題の中核なんやから、同じ闘いをもうちょっと広めたらええだけなんやけど。

このAKBを用いた、若者の中に入っていく主張は、もう中核派のアタリマエの対極にいる。
そしてこの、ブログを用いた闘争も、中核派のアタリマエの対極にいる。だからやめろと言われる。

中核派は、若者は未熟なんだから、一方的に教えるしかないだろう、みたいな発想ばっかやねん。教師もおるのに。
未熟だろうがなんだろうが、そこで自分の人生をどうやっていくか?を真剣に考えている者と、真剣に考えているところでちゃんと議論してかなアカン。

そこで、自分らが考えてきたことと、若者たちが出した考えが異なるかもワカランけれども、そんな解を若者が出してきたときに、

「君たちは未熟だからそう言うのであって、我々は歴史的にこういう結論を出してきた」

みたいに言うてまうのは誤りで、

「ああなるほど、あなたがたはそういう考えなんだね」

と言って、どうしてそういう考えになるのか、コッチから出て行って検討する、そんな意志を持つことこそが、もはや革命やねん。

だって、

「君たちは未熟だからそう言うのであって、我々は歴史的にこういう結論を出してきた」

みたいに言うてまうのは、中核派が体制を取ったと仮定すると、もう完全に体制派の、極右の発想やろ。

「ああなるほど、あなたがたはそういう考えなんだね」

と言って、どうしてそういう考えになるのか、コッチから出て行って検討する、コレが体制に抗する、極左の発想やねん。

そう考えると、中核派の”アタリマエ”を覆せたら、ホンマに革命に到達すると思うやろ。

だから、外的革命と内的革命はひとつのもの、と私は言うとるんやけど、まだまだ理解してもらえてない。

みんなは理解してくれるか?

もうなんか日本政府の工作員はハチャメチャな主張をしとるなあ。

コレ

http://onicchan.cocolog-nifty.com/blog/2017/01/post-dab8.html#comment-114226603

http://www.setana-syo.police.pref.hokkaido.lg.jp/keibi/images/oosaka.gif
若い警察官を鉄パイプ等でメッタ打ちにしたあげく火炎瓶を投げつけて焼き殺した異常者グループの一人。この大坂正明というのはキチガイだ。
この大坂正明というキチガイの逃亡を手助けしているのが中核派。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000086781.html
キチガイ大坂正明容疑者をかくまっていたとして中核派の永井隆に逮捕状が出ている。
中核派というのは過去に起こした事件を反省もせずに活動を続けているオウム真理教と同じような異常な集団。そんなのが世間の人に相手にされると思っているのか?
オウムと同じような気持ち悪い集団がよ。

投稿: 中核派が政権取れるとでも思っているのか? 目を覚ませ!大西 | 2017年1月20日 (金) 23時35分


大坂同志が必ずしも悪くないかというと、そうでもないのかなとも思うけれども、日本政府はそんな理屈で星野文昭同志を冤罪の罪に問うて、星野文昭同志に何十年間の獄中生活を強いとって、そこが違うと思うよなあ。

その事実を隠蔽して、こんなコメントを書いてきとるのは、日本政府の工作員・・・・てか公安しかおらんと私は考える。

個人的にいうと、そりゃいっくら敵であろうが、やっぱ殺したらアカンやろ。(それは戦争でも同じな)

けれどもな、その次に、アカンことをしとるのは、我々中核派だけでなく、日本政府の警察公安、という事実も一方にはあるねん。

その、我々だけが懺悔して、日本政府はゼッタイに懺悔せんとすると、それはどういうこっちゃねん?といって、懺悔する気にならんやろが。

だって、対等な闘いではないんやぞ。
めっちゃ強力な、日本政府を相手にしとるんやぞ。

殺したらアカンとはいっても、権力の横暴に対して、それはアカン!といって抵抗する闘いはあると思う。
それに対して、(あくまで我々は正として考えた場合やけど)たまったま権力に対してダメージを与えることもあり得るやろ。

そんな思いも含めたら、いろいろと思うところが出てくるんちゃうんか?

« 2017年1月20日 | トップページ | 2017年1月22日 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近の記事

カテゴリー

最近のトラックバック